蕎麦やら、酒やら、料理やら・・・ピアノやら・・・それにしても、ドーナンダ?たむらん

趣味の蕎麦打ち、元来の酒好き、そして料理作りと仲間と一緒にわいわい、と
たまに思いつくあれこれと・・・趣味も

慣れか開き直りか

2010年08月29日 17時26分47秒 | Weblog

空を見上げれば、夏雲の上のほうに、薄い筋状の長い雲が見える
あれは秋の雲なのではないか、と夏の終わりを期待させる
まだまだ夏は終わらないと知っているものの、この暑さは多少はなんとかならんかいの、と思う。
炎天下に置いている車に乗り込み、ハンドルを握ったら火傷しそうになったぞ。

とはいえ、朝・夕、なんとのう暑さの山を超えたのかもしれんとかすかに感じるものがあるのも事実
も少し、この暑さを「飲まずにおれるかい」と利用させてもらいましょうか。

 

ねこまる様:そうか、その手があった。
       根絶やしにするという発想しかない悲しさ…
       しばらくしたらまた生えてくるでしょうから、やってみましょう。

コメント (1)

熱帯性気候

2010年08月22日 16時18分38秒 | Weblog

温暖化を通り越して、日本じゅう熱帯化である。
某日夕方、仕事を終わって屋外に出ると、ムワ~っとした熱気に包まれた。
「こんな空気の中に一日中おったら具合も悪ぅなるわ」と思う。

平日は一応空調の効いた屋内仕事である。
休日は家の中だけで過ごすばっかりじゃのうて、買いもの行ったり、家の周囲の草取りやらなんやらかんやらある。
そんな作業をやらにゃいけんと思うと仕事に出とったほうがまだ楽かもしらん、と思うこともあるけど、
平日にはできんことがあるんで、休日のそうしたたいぎぃ作業もちーとは我慢できる。
そりゃなんといっても、作業して大汗かいた後のシャワーとビールだ。
これがのうて何の大汗作業かい、っちゅうもんだ。

草取りをしながら、
丹精込めて植えた花木はこの猛暑でぐったりしとるのに、多少萎えてはおるもんの雑草のなんと強いことかいのと思う。
家の周囲に生えとるドクダミの葉っぱのなんと生き生きしとることか。
地表の草だけ取っても根が残ったらまた生えるだろうと、根こそぎ取りをしないと気がすまんので、
ドクダミなんぞがあると、根っこを取るんにどんどんと土を掘り返す。
地中の中の白い根っこを途中で切らさずにそっくりと掘り返せたときはとっても嬉しい。
でもまたしばらくすると何故か芽を出すんだけど……。
今日も、昼間っから美味しいビールを飲むためだけに草取りやらの屋外作業をした。
ドクダミの根っこを掘りながらふと思う。
「わしゃ、根っこを掘って掘って掘り返して、雑草にしてみりゃええ具合に深ぅ深ぅ耕してやっとるんじゃなかろうか」
開墾型の草取りは、逆効果かもしれんのである。
妻がやるように地表に出とる草だけとって、地面は固いまんまにしとくほうがええのかもしれんのう、とも思う。
だが、我が性分としては「根こそぎ」でないと気が治まらんのである。

 

チョイ悪様:ちゃちゃジイ様:(まとめてレスですみません)
       出不精も出ずっぱりもいずれも…やっぱしバランスなんかのうと思います。
       かく言う私も親父くらいの歳になって、どうなってるのかなんて分かりませんし。
       先ごろ読んだ山本周五郎の「ながい坂」に「歳と老いはちがう」という一節が出ており膝を叩きました。
       

コメント (1)

また休日

2010年08月15日 16時58分51秒 | Weblog

夏休み明けて、2日間仕事に出てまた土日、、
この休みの間に、自分の実家、妻の実家へと動き回った。
いずれも1泊のチョー短期滞在だが、たまには老親の様子を見ないといけない年頃になったのだと感じた。
   鳥取砂丘の「砂の美術館」にアフリカの動物が連れてこられてました。
それが、なぜか、ペンギン。


70代半ばというのは、世間的には「まだ若い」などと言われるが、やはりもうええ歳なのである。
両方の母親の目下の気がかりは、両方の親父が出歩きたがらないこと、既に隠居の身、
たまには旅行とかに行ってのんびり温泉につかり、美味いもんでも食べに行きたいと思っても、
つれあいは、そんな気が起きない、というちょっとした不満をたらたらと喋るのである。
それをじっと聞くのも役目だと思いつつ、子が誘えば、孫が誘えば行くだろうかと思案しても、おそらく「めんどくさい、たいぎい」などと言うのだろうと思う。
「じゃ、おふくろだけでも、、」というわけにもいかんし。

せいぜい、顔を見せてあげることくらいもんか。
息子が独立し、親も年老い、自分も平均寿命の半分過ぎて、これからの人生を考えることも要るようになったんだなぁと思う。

 砂の像の象   砂丘と海 


ねこまる様:出来上がってしばらくしたら雨が降り出して、残念ながら完成祝いは屋内で。
       正直、最初は乗り気ではなかったのですが、出来上がってみると、癒しのスペースとなりそうです。

チョイ悪様:いや~、電動器具の威力のおかげですなぁ。
       電動丸ノコはすぱーっと切れるし、斜めカットも簡単、電動ドライバーはグリグリねじ込むし。
       これらがなかったら到底やる気になりましぇん。

               わっしも、高いところは嫌いじゃないです。
       

コメント (2)

またまた不定期

2010年08月11日 16時20分46秒 | Weblog

ブログをご覧の皆さま、残暑お見舞い申し上げます。
暑い日が続いとります。
月曜から3日間、夏休みをいただいておりました。
めったに帰省せんのですが、親父の具合も気になるし、で土日は帰省しとりました。

自宅に戻ってのんびりしようとの目論見ははずれ、妻がねこの額ほどもない庭にウッドデッキを備えようと言い始めた。
もちろん、施工は私の役目である。 施工前  こんな狭いとこに…ウッドデッキ?

計って、図面書いて、ちと納得いかんからまた計って…計るたびに長さが違うのはどして??
ま、施工しながら対応しようと開き直って、部材を購入、2日がかりで形にはなった。
施工後、、 約3平米弱、午後は日陰になる。

しろうとながらまぁこんなもんか。
妻は、ここで午睡を楽しむのだとか。
せっかくの夏休み、のんびりとはいかなんだ。

 

チャチャじい様:”つぶやき”なみの短さならつぶやき返しやすいでしょうかね。
         今いち、ツイッターってのがようわからんのです。

ねこまる様:暑いこの時期、大汗かいて、さっぱり流して、ビールをぐピーっとやるのがたまりませんなぁ。
       美味しいもの食べて元気つけにゃいけません。

コメント (2)

2週間ぶり

2010年08月01日 23時23分52秒 | Weblog

東京に1週間出張したために、前後含めてバタバタしてて2週間ぶりです。
昨年の夏に広島に戻って以来の1年ぶりの東京でした。
懐かしいというよりも本社のお見知りおきの方々とも久しぶりに会ったという感じでした。
詳細、近況などなどは、次回以降ということにさせていただき、生きておりますとのご報告で今回は締めさせていただきとうございます。

 

ちゃちゃジイ様:自分は「何に」こだわっているのだろうか、と自問自答しますが、
       なんだか、明確な答をまだ整理できておらんような気がしとります。

ねこまる様:息子の成長とともに自分も歳とっていってるのだと感じさせられます。
       息子も先がまだまだ長いですし。

コメント (2)