日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

NY旅行中に、雪が降った先週の木曜の午後、新名所ミートパッキング・ディストリクトで遭遇した「ハドソン川の奇跡」の一部始終の総論です。




歩いていると、ヘリコプターがぐるぐるとハドソン側周辺~ミートパッキング地区をまわりだし、最初は1機だったのがどうも増えつつあるよう。

ピンときて川側へ接近すると、なんかわさわさし始めていた。。。
旬のイタリアンのDel portの横を通り(確かに内装がすごい)その先のビルの先端のバーのテレビにBreaking newsが写っていたのでみると、川の上に突き出ている飛行機の尾翼が!
飛行機が落ちたらしい!

まずテロを疑ったが、そうではないらしいので、騒がしくなってくる中、もう少し川沿いの中心地へそろそろと。
次々とかけつける救急車、警察関係の車、そしてボランティア・ベースの救急チーム。

思い出してみると、ちょっと前に大っきな音がしたような気も。
どんどん駆けつけてくる野次馬と共に、同じハドソン川沿いでも特に突き出た部分に移動。
しばらく固唾を呑んでいたが、作業が終了したらしくフェリー他数隻がこちら方面へ向かい出したので終了を理解。

ここで移動し、近くのパブに入ってテレビに。
当然、バーの人々はテレビに釘付け。
乗客及び乗務員155人が無事ときいて一同ホッと。

テレビから次々と出てくる新情報。
ここは3つのテレビがあって、そのうち2つがこのニュースなので、多面的に情報が出てくる。
チャンネルは1つがニューヨーク・ワン、もひとつがCNN。
(ちなみにもうひとつはマンU vs チェルシー このエリアはイングランド人が多いんです)

しばらくして、NY市長のブルームバーグ氏の報告スピーチおよび航空会社の担当の報告が。
そしてフェリーの船長のスピーチ(この人の判断がまた的確だったと確信した)
アメリカ人のスピーチってなんてうまいんだ!とまた唸ってしまった。
オバマのように準備もできない中で、ここまでできるなんて、凄い。

「飛行機がラガーディアから飛び立った2分後にはもう落下しはじめた」
「機のエンジンは1基のみならず、2基ともダウンした」
「機長はただちにハドソン川への不時着を判断するという正しい判断をした」
「着陸後、機長は機内を2度往復して誰もいないことを確認して最後に機を降りた」
「機長のすばらしい行動、フェリーの船長及びクルー、警察の正しい判断があった」
「引退した警察官もかけつけ、活躍するとともに彼らの行動を絶賛した。911で亡くなった兄弟をもったある人物も今日活躍した。」
「NYという街がすばらしいことを、この人たちが行動で証明してくれた。」
「フェリーのメンバーはNYの過去の事件をふまえ、不測の事態にいつでも対応できるように準備していた。このため、冷静に行動することができた」
「このようなチームで今日このようなことを成し遂げたことを誇りに思う。」

あまりのスピーチ上手にわたしゃ~もう泣きそうになりましたよ。。。。。
そんな様子をみて近くにいたテレビ局のレポーターが寄ってきて、「あんたかい?最初から全部観たっていうのは!」とか言い出したので、即断ったが(笑)
下手してたら、テレビでコメントしてたと思うと、今でもああ冷や汗.....


総論なので、ここで本当に書きたかったことを。
<次々とかけつける救急車、警察関係の車、そしてボランティア・ベースの救急チーム。

最も印象的だったのはこの部分だったのだ。
警察関係、救急関係にまじってけっこうな割合で、革ジャンに独自のロゴいれたチームが何組もいたのだ。
なんなんだろうこの人たちと思ってロゴを読むと、地元のボランティア・ベースの救援チームなのだ。
しかも、警察と合流すると、警察の人たちも嬉しそう。
「お~来たか!お前ら3人組がいないとはじまんねえよな~」なんてやってる。
NYという街の磁力が、こういうボランティア・パワーを持たせているのだろうか。

そういえば、NYの消防隊はもともと各エリアの自警隊などがベースだということを思い出した。
そして、そういう人たちがたくさん911の現場にも駆けつけたのだろうなのは間違いない。
そういう人々を巻き込んだビル崩壊のことを思うと、心が痛む。
「ハドソン川の奇跡」を思う時、このNYのボランティア精神について実感したことを忘れないだろう。

蛇足だが、オバマの就任挨拶でいうと以下の部分のような人たちだろうか。
It has been the risk-takers, the doers, the makers of things.
Some celebrated, but more often men and women obscure in their labor、
who have carried us up the long, rugged path toward prosperity and freedom.



コメント ( 10 ) | Trackback ( 25 )



« 映画:007 慰... DVD:アフター... »
 
コメント
 
 
 
トラックバックありがとうございます (海香)
2009-01-25 12:17:00
こんにちわ!「海香のかほり」のミカと申します。
トラックバックありがとうございます
記念すべき初めてのトラックバックさんです!
なんかブログを世に認められたような気がしてとても嬉しいです!
画面がとってもキレイでうらやましいです!
きちんと整理されているし、見やすいし、分析も多角的で・・・マトをついて共感するものばかりです。
今回の「ハドソン河~」についてもかなり勉強になりました!
今後もご指導、ご愛顧いただきますよう
よろしくお願いいたします!
 
 
 
コメントありがとうございます (onscreen)
2009-01-25 16:09:57
なんと!初めてのトラバでしたか!
(う~ん責任重大だなあ....)

しっかし検索エンジンで、No.1とはすごいですねえ。
「かほり」というところがポイントでしょうか。

拝見してると、ダンス系がかなりお好きなようですね。
今度アップしますが、Nyで観たFuerzabrutaという、アルゼンチンのグループのパフォーマンスが凄かったですよ!!

では~
 
 
 
NYからの報告 (東京老人)
2009-01-25 18:12:29
トラックバックありがとうございます、

私も金曜日、上野の頭上に、6機のヘリコプターが飛び回るのを見ました、
アキハのビル火災だったのですが、
代表訪問にできないものですかね、

またちょくちょく訪問させてもらいます。

 
 
 
完璧があるとすれば・・・・ (cadboy)
2009-02-02 16:00:40

トラバ どもども! m(_ _)m
 
 
 
TBありがとうございますm(_ _)m (みかんママ)
2009-02-14 20:45:34
初めまして、TB頂きありがとうございます。
拙ブログのTB機能が不調で、TBのお返しをさせて頂きたい所ですが、送信失敗ばかりでコメントさせて頂きます…スミマセン

事故現場に遭遇されたとは、貴重な体験をされたんですね。
私もかつて短期滞在でNYにおりましたが、その時分は平和そのものでした。
素晴らしいエントリを拝読でき、感謝致します。
ありがとうございます。
 
 
 
コメントありがとうございます! (onscreen)
2009-02-15 16:40:23
東京老人さん
<上野の頭上に、6機のヘリコプターが飛び回るのを見ました、

私もあの日神田におりまして、
「またか」と思いました(笑)

 
 
 
完璧とは (onscreen)
2009-02-15 16:42:08
cadboyさんコメントどうもです。
完璧を作り出した大事な要素についての説明がまだ足りないと思い出したので、それについてまたアップする所存です。
よろしかったらご覧下さい!
 
 
 
NY最高ですよね (onscreen)
2009-02-15 16:45:21
みかんママさん

コメントありがとうございます。
喧噪な街でありつつ、静かでもある街、NY。
Melting Potとかよく言われますが、ホント魅力的な街ですね!
この「ハドソン川の奇跡」について、まだ書き足りないことがあるのを最近再認識したので、近々追記する予定です。
よろしかったら、そちらもご覧下さい。
 
 
 
Unknown (atts1964)
2016-10-03 10:20:40
凄い体験をされましたね。
読ませていただくと、この奇跡は機長と副機長の素早い対応だけでなく、着水後の迅速な救助活動も大きく起因していたんですね。
機長が最後までしっかりと乗客をくまなくチェックしていたシーンも今回の映画には入っていましたし、実際の忠実な画き方をしていたのを改めて記事から読み取ることができました。
TBしていただきありがとうございました。
映画記事ですがこちらからも貼らせてくださいね。
 
 
 
コメントありがとうございます (onscreen)
2016-10-09 00:39:03
そうなんです、映画まだ観れてないんです...

この連休中にはなんとか、と思っているところです!
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
ハドソン川の奇跡に思う 「通報しました」の報道 (AQUALUNA-空と海が出逢う場所)
15日、日本時間の16日に起こった事故。 NY発の旅客機がハドソン川に不時着、155人全員救助 写真 ハドソン川に不時着したUSエアウェイズ機 ニューヨーク(CNN) 米連...
 
 
 
ハドソン川の奇跡〜見ものは徹底した事故調査 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Sully。クリント・イーストウッド監督。トム・ハンクス、アーロン・エッカート、ローラ・リニー、ジェフ・コーバー、オータム・リーサー、サム・ハンティントン ......
 
 
 
「ハドソン川の奇跡」:またしてもクリントの軌跡 (大江戸時夫の東京温度)
映画『ハドソン川の奇跡』は、まだ記憶に新しい2009年の出来事とその後の日々を描
 
 
 
映画「ハドソン川の奇跡(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ハドソン川の奇跡(字幕版)』(公式)を本日、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら70点にします。 ざっくりストーリー 2009年......
 
 
 
ハドソン川の奇跡 (atts1964の映像雑記)
2016年作品、クリント・イーストウッド監督、トム・ハンクス主演。 2009年1月15日、極寒のニューヨーク。 160万人が暮らすマンハッタン上空850メートルで突如、航空機事故が発生......
 
 
 
ハドソン川の奇跡 (atts1964の映像雑記)
2016年作品、クリント・イーストウッド監督、トム・ハンクス主演。 2009年1月15日、極寒のニューヨーク。 160万人が暮らすマンハッタン上空850メートルで突如、航空機事故が発生......
 
 
 
「ハドソン川の奇跡」 (ここなつ映画レビュー)
縁あってジャパンプレミアに参加することができた。今回も又舞台挨拶の写真撮り放題で、更にラッキー!最近のSNSなどが大流行りの時代に、効果的にインフルエンスさせるには写真及......
 
 
 
ハドソン川の奇跡 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★★【5点】(10) 今まで、着水なら安全と思っていた大きな勘違いに反省しきり。
 
 
 
『ハドソン川の奇跡』 イーストウッド遂に乗り出す (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  なるほど、物議をかもす映画である。  ワーナー・ブラザースの重役は、『ハドソン川の奇跡』をいつ封切るべきか思い悩んだという。旅客機がマンハッタ......
 
 
 
『ハドソン川の奇跡』 イーストウッド遂に乗り出す (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  なるほど、物議をかもす映画である。  ワーナー・ブラザースの重役は、『ハドソン川の奇跡』をいつ封切るべきか思い悩んだという。旅客機がマンハッタ......
 
 
 
「ハドソン川の奇跡」凄い、素晴らしい…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ハドソン川の奇跡] ブログ村キーワード  世界中を驚愕させた実話をトム・ハンクス主演で映画化。「ハドソン川の奇跡」( ワーナー・ブラザース)。メガホンを取ったのは、ク......
 
 
 
ハドソン川の奇跡 / Sully (勝手に映画評)
後に“ハドソン川の奇跡”と呼ばれることになるUSエアウェイズ1549便不時着水事故の機長チェズレイ・サレンバーガーの著書『機長、究極の決断』を下にした映画。 いやぁ、あの奇跡......
 
 
 
ハドソン川の奇跡 (セレンディピティ ダイアリー)
クリント・イーストウッド監督×トム・ハンクス主演、2009年ニューヨークで起こっ
 
 
 
「ハドソン川の奇跡」 (或る日の出来事)
いやー、シンプル。
 
 
 
ニューヨークの善意。『ハドソン川の奇跡』 (水曜日のシネマ日記)
2009年1月15日、ハドソン川に不時着して乗客全員が生還したという実際に起きた航空機事故の様子とその後を描いた作品です。
 
 
 
ハドソン川の奇跡 (こんな映画見ました~)
『ハドソン川の奇跡』---SULLY---2016年(アメリカ)監督: クリント・イーストウッド出演: トム・ハンクス、アーロン・エッカート 、ローラ・リニー 2009年にニューヨークで旅客機が......
 
 
 
ハドソン川の奇跡 (映画好きパパの鑑賞日記)
 2009年にニューヨークで離陸直後の航空機がハドソン川に不時着し、乗員・乗客が無事だった事故は記憶に残っていますが、その裏でこんなことが起きていたとは知りませんでした。......
 
 
 
『ハドソン川の奇跡』 淡々とした機長の姿 (Days of Books, Films )
クリント・イーストウッド監督の映画の主人公は、いつもアメリカ人の原型ともいうべき
 
 
 
『ハドソン川の奇跡』 (こねたみっくす)
ハドソン川の奇跡。それはNYをトラウマから救った功績。 2009年1月15日、NYのハドソン川に不時着水したUSエアウェイズ1549便。乗客乗員155名の命を救ったチェズレイ・サリー・サレンバ......
 
 
 
「ハドソン川の奇跡」 Sully (2016 WB) (事務職員へのこの1冊)
飛行機のエンジンがすべて機能不全に陥り、しかし冷静に対処した機長の判断のおかげで乗員乗客全員が救出される……これだけのお話なのである。いくらクリント・イースト......
 
 
 
[映画『ハドソン川の奇跡』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
映画『ハドソン川の奇跡』予告編 ☆・・・邦題がダサく感じて、傑作揃いのイーストウッド作品だが、それほど乗り気の鑑賞ではなかった。 のだが、う~む、やっぱり傑作でした。......
 
 
 
ハドソン川の奇跡 SULLY (まてぃの徒然映画+雑記)
2009年1月15日、USエアウェイズ1549便で起こったハドソン川への不時着水。両エンジンがバードアタックで停止する中で死者を一人も出さずに不時着水に成功した機長のサリー(トム・ハ......
 
 
 
ハドソン川の奇跡  監督/クリント・イーストウッド (西京極 紫の館)
【出演】  トム・ハンクス  アーロン・エッカード  ローラ・リニー 【ストーリー】 2009年1月15日、真冬のニューヨークで、安全第一がモットーのベテラン操縦士サレンバーガー機......
 
 
 
サリー機長の判断 (笑う社会人の生活)
24日のことですが、映画「ハドソン川の奇跡」IMAXを鑑賞しました。 乗客乗員155人を乗せた航空機がマンハッタンの上空でコントロールを失い、機長は必死に機体を制御し ハドソン川に......
 
 
 
ハドソン川の奇跡 (銀幕大帝α)
SULLY 2016年 アメリカ 96分 ドラマ 劇場公開(2016/09/24) 監督: クリント・イーストウッド 『アメリカン・スナイパー』 製作: フランク・マーシャル クリント・イーストウ......
 
 


 
編集 編集