日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

「刻々と変化する反復」を特徴とする現代音楽作曲家 フィリップ・グラス Philip Glass 

 

昨年読んだベスト本の一冊に彼の自伝が入っている。

フィリップ・グラス自伝 音楽のない言葉 Words Without Music 500ページを一気に読ませる強力なエネルギーは彼自身の執念はもちろん、魔宮NYパワーによりドライブが! 

 

 

 

一方、今作 アクナーテン Akhnaten

彼が作曲した3つ目の オペラのうちの最後のもの。

 

 

特徴的なのは、

 

第1作:浜辺のアインシュタイン

第2作:サティアグラハ

METライブビューイング:サティアグラハ スペクタルな反復音楽でガンジーの思想家としての覚醒を「体験」

 

と違い、

 

第3作:アクナーテン は前2作と違い、時代が古代エジプト、だということ!

20世紀なアインシュタイン、ガンジーときて、一気に「紀元前」に飛んでるところが実に挑戦的。

 

 

当ブログ的な解釈でいうと、彼の「刻々と変化する反復」は「エネルギーの渦」

このためどちらかといえば、20世紀な内容の方が合っているように感じた。

 

が、ここは感覚的に、重要な解釈どころ。

ご興味ある向きには映画館でご確認いただきたい!

 

 

蛇足:

もうひとつ今回のプロダクションで特徴的な点が。

「ジャグリング」を演出に取り込んでいる。

 

ここも当ブログ的解釈はある、がノーコメント(笑)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 備忘録:令和... 「アクセスさ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。


 
編集 編集