ハリーの「聴いて食べて呑んで」

日々増殖を続ける音源や、訪問した店、訪れた近代建築などの備忘録

つたや (3) @岐阜県各務原市

2018年10月21日 | 岐阜県(岐阜・老舗)

平日の夜に嫁が犬山市に用事があると言うので、ついでにJR鵜沼駅の向かいにあるとん焼の名店「つたや」で降ろしてもらう。7時と遅い時間だったので何も残っていないのは覚悟の上(※この店は4時開店なので7時頃だとすでに”終了ムード”なのだ)。店の前で車を降りると外にまで賑やかな声が漏れている。暖簾をくぐるとさすがにコの字カウンターはもう半分位しか埋まっていない。びっくりしたのはそのほとんどが女性だったこと。3人連れが2組、2人連れが1組。女子会? 昔はこういう店に女性だけってありえなかったけれど、いい時代になったもんです。主人の姿は見えず、女将さんと若い衆と給仕の女性だけ。焼きの担当は若い衆。酒をひやでもらう。銘柄は「白雪」かな。ちろりとコップが運ばれた。訊かずとも女将さんが残っている串物を教えてくれた。「ねぎま」「ほほ」「きも」「とん」「たん」、珍味は「ひぞう」だけ残っているとの事。面倒臭いので全部1本づつタレでお願いした。

こちらはもとより味付けが濃いのだが、どの部位の串もかなり濃いめ。若い衆の焼きは強めだったのでやや硬い。肉質は保証付きなのでもう少し控えめな火入れでもいいんじゃないかな。つまみの追加は漆黒に煮えたぎるおでん鍋から「どて」「あぶら」「はんぺん(棒)」を。コテコテに煮込まれていて旨い。1人で呑んでいるとえてして周りの声がよく聞こえるものだが、2つの3人組がそれぞれうるさいのなんの。カウンターって2人はいいけれど、3人超えると男女問わず途端に声が大きくなるもの。自分の両側にそれぞれ3人組女性客が居て、挟まれる格好になっていたのでちょっと耐えられず…。嫁が迎えにくるのはずっと後の予定だったが、店を出て嫁の居る場所まで散歩がてら歩いて行くことにして(→鵜沼は木曽川を挟んで愛知県犬山市と隣合っています)勘定してもらった。(勘定は¥2,000程)

以前の記事はこちら (1)(2

 

 


 

↓ 名鉄電車のライトに照らされる夜の三連トラス鉄橋「犬山橋」(大正14年・1925・建造)。夜の橋から水面を覗き込むのって怖いナ…(近頃高所恐怖症気味)。

 

 


 

とん焼 つたや

岐阜県各務原市鵜沼山崎町3-146-2

 

( 岐阜 ぎふ 鵜沼 うぬま JR鵜沼駅 とん焼き 焼きとん とんやき ホルモン ホルモン焼き 居酒屋 酒場 老舗 名店 炭焼き 近代建築 いぬやま 一億 )

コメント

平工アイスクリーム店 (2) @岐阜県岐阜市

2018年08月18日 | 岐阜県(岐阜・老舗)

ある暑い日(って今年はずっと暑いが)に目当てのかき氷屋が休みで振られたので更に冷たいものが欲しくなり、どこかないかなと車を走らせていた時に思い出した金竜町の「平工アイスクリーム店」(創業昭和22年・1947)。久しぶりに寄ってみようと狭い路地に入っていく。車をどこに止めておこうかちょっとウロウロし店へ向かう。狭い店内は満席。持ち帰り、あるいは外に出してある椅子で食べるならすぐに窓口から出してくれるようだが、さして時間はかからないだろうと少しだけ外で待つことに。数分待って店に入って「せんじ」をお願いしてお金を置く。

すぐに冷たい「せんじ」が運ばれた。今様の凝ったフルーツたっぷりのかき氷ではなくシロップをかけただけのかき氷。フワッと掻かれた氷が体をクールダウンしてくれる。安いし十分に旨い。食べていると、さっき店を出た人が帰ってきて、客:「ごめん、お金払うの忘れとったー。」奥さん:「私らも覚えとらんかったわー。」と呑気な会話(笑)。また待つ人が出るといけないのでササっと食べて外へ。窓口で主人にモナカの「アイスクリーム(バニラ)」をお願いして詰めてもらう。手で受け取り、暑い外気ですぐに溶けてくるので車へ戻る間にかぶりつく。自分好みのくちどけが良く氷成分の多いさっぱりタイプ。氷もアイスもどちらも旨かった。(勘定は氷¥220、モナカ¥60)

以前の記事はこちら

平工アイスクリーム店

岐阜県岐阜市金竜町4-6

 

( 岐阜 ぎふ 梅林公園 ひらく 平工アイスクリーム カキ氷 かきごおり アイスモナカ アイス最中 アズキクリーム )

コメント (2)

正玉堂 (2) @岐阜県岐阜市

2018年08月14日 | 岐阜県(岐阜・老舗)

暑い日差しを避けて久しぶりに金宝町の「正玉堂」へ。創業120年という老舗餅菓子屋。売り場の横から中に入ると喫茶スペースがあり、赤いビロードのソファがある昭和喫茶店風情。こちらへ逃げ込んだ。最初は「みょうがぼち」か「鬼まんじゅう」で冷たいお茶でもと思っていたのだが、壁に貼ってある”味自慢!いそべ焼き”の文字が目に入ると、猛烈に餅が食べたくなった。何もこの暑いさなかに食べなくてもとは思ったが、ちょうど少しお腹が空いていたこともあって老齢の女将さんに「いそべ焼き」をお願いする。この日先客は1組。帰る際に鬼まんじゅうをどっさり買い込んでいったのは会社か何かのおやつだろうか。

しばらくして運ばれた「いそべ焼き」は大きな海苔に巻かれた焼き餅が3つ。「アチチ…」と言いながらかぶりつく。たれの味がずいぶんと控えめで素朴な味。甘辛い砂糖醤油でべっとりというようなものが多いので、こういう感じの磯辺焼きは初めてかも。あらためて緑茶ときゅうりの漬物が添えられたので間に挟みつついただいた。きゅうりの漬物によく合って旨いなァ。そういえばここ自分の好物の「オムライス」もあるんだよな。次はそれで。(勘定は¥500)

以前の記事はこちら

餅菓子 正玉堂

岐阜県岐阜市金宝町1-15

 

( 岐阜 ぎふ きんぽう町 しょうぎょくどう 手造り工房 もち 餅 もち菓子 みょうがぼち みょうが餅 赤飯 和菓子 饅頭 喫茶 いそべやき 磯辺焼 磯辺焼き )

コメント

とよだや (2) @岐阜県本巣郡北方町

2018年07月01日 | 岐阜県(岐阜・老舗)

自宅の裏庭にみょうが(茗荷)が植えてある。周りの草を引くぐらいで何の世話もしていないが毎年律儀に元気な葉を伸ばし、その根元には芽が沢山出てくるので、刻んで薬味にしたり酢漬けにしたりして楽しませてもらっている。今年も青々とした葉があっという間に伸びてきた。すると思い出すのが岐阜県の郷土菓子「みょうがぼち」。でも自分の住んでいる近所で売っている店は知らず、過去に別の岐阜市内のいくつかの店で買った程度。

以前にゆめ未来さんのブログを拝見して北方町の「とよだや」(創業昭和元年・1926)が有名だと知ったのだが、季節のものなのでタイミングが合わず、まだ戴いていなかった。自分ちの葉を見て、今年こそと勇んで出かけたのはよかったのだが(5月後半)店に出るのは6月からだそうで叶わず。それでも帰って店のHPを再確認したら自分の訪問のすぐ後に例年より早く販売が始まったようだった(涙)。

今年も逃す訳にはいかないので、ちょっと無理矢理用事を作って再度訪問。今度は店頭に「みょうがぼち」の幟がはためいていた。バイクでは箱で持って帰られないので、店に入って性懲りもなく小分けをお願いし、帰って包みを開ける。綺麗な緑のみょうがの葉に包まれた「みょうがぼち」には葉の青臭い香りが移っている。小麦粉を練ったという皮はつるんとした表面で厚いけれどまだ柔らか。中には淡い色のそら豆の餡。そら豆の味そのものといった感じで粒感も残してある。甘味は強くないが口いっぱいに自然な味が広がる。その素朴な味と風味を楽しんだ。以前よそで買って帰ったものはあまり旨くなかったこともあったので「あまり期待するなヨ。」と嫁に釘を刺しておいたのだが、嫁もこちらの「みょうがぼち」はとても気に入った様子。こうして季節のものをいただけるというのは有難いなァ。(勘定は¥150/個)

以前の記事はこちら

 

 


 

↓ 揖斐郡大野町にある「鳥本家住宅」。以前に見た写真と表にある大野町の文化財の標柱から、てっきり門構えと奥の日本家屋が貴重なのかと思っていたが、帰り際にふと変わった建物の壁が見えた。あぜ道を歩いていくと…

 

何とも不思議な洋館(写真下、建築詳細不明)が出現! 瓦屋根で下見板張りの建物だが、壁から2方に飛び出た出窓の意匠がスゴイ(玄関側は見えず)。窓からはドレープカーテンや古そうな椅子の背が見えてしっかり洋間のようだ。帰ってから調べてみると、明治天皇の岐阜行幸の折に休憩所として建造され、その後県庁警察屯所として使用された建物だそうで、のちに移築されたものだとか。なぜそんなものがここに…。中を見てみたいなァ。

    

 


 

菓匠庵 とよだや

岐阜県本巣郡北方町栄町1-75

 

( 北方 きたがた 本巣 もとす 菓匠とよだや 元祖みょうがぼち みょうがもち 茗荷餅 郷土菓子 和菓子 近代建築 大野町指定文化財 )

コメント

武蔵野本店 (2) @岐阜県岐阜市

2018年06月29日 | 岐阜県(岐阜・老舗)

 

久しぶりに岐阜市神田町の「武蔵野本店」へ。創業は大正3年(1914)というから100年を超えた老舗だ。現在は3代目だとか。店に入るとこの日は見た感じ男性の1人客ばかり。奥の座敷には入ったことがないが、そちらにも何人か小さい卓の前に座っている。一番奥のテーブル席に座り、「ざるそば」を、この日の目当て「特製だるまセット」で注文する。小寒い日だったので酒を1本つけてもらった。なので「だるまセット」のご飯を半分にしてもらう。

まずは燗酒が運ばれる。でもまだ手を付けない。しばらくして「ざるそば・特製だるまセット」が届けられた。サンプルとは違ってしっかりと蓋がされており、まさに”だるま”。蓋を開けるとエビフライ、から揚げ、玉子焼き、麻婆豆腐、蒲鉾、お浸し、サラダ、とご飯が詰まった弁当が現れ、その下の段は桶になっており、中にざるそばが入っている。汁物でもOKのこのだるまの入れ物、大垣の「鶴丸」にもあるのだがその昔流行ったことでもあったのだろうか。上のおかずをつまみにしながら酒を呑む。楽しいナ。こんな弁当式だから作り置きかと思いきや、どのおかずもちゃんと出来立てなのが嬉しい。

酒が無くなったところでご飯に移行。半分とお願いしたけれど思いのほか量がある。そして最後はそばに。つゆは猪口で別添え。刻みネギと練りわさびも。ざるにしたのは酒を呑んでいる間に麺がグズグズになるのが嫌だったから。店の日めくりカレンダーに寺町の「大橋生麺合資会社」とあったからそちらの麺だろうか。茹で加減は軟らかく、つゆは甘めの濃いめ。どうというそばではないが構わない。それよりも量が多くて手繰っても手繰っても減らない(汗)。控えめにしたつもりが結局お腹一杯になってしまった(笑)。ご飯の量を普通にしていたら撃沈していたかも…。麺類に400円足すと出来るこの「だるまセット」。この入れ物欲しいんだけれどどこかに売ってないかな…。(勘定は¥1,390)

以前の記事はこちら

↓ 表のショーケースに飾られた「だるまセット」のサンプル(写真下左)。蓋付きで下の段に麺類が入る。

 

 

武蔵野本店

岐阜県岐阜市神田町3-12-2

 

( 岐阜 ぎふ 柳ヶ瀬 やながせ むさしの むさしの本店 むさしのほんてん 釜飯 釜めし 蕎麦 そば 饂飩 うどん 麺類食堂 大衆食堂 ダルマセット 達磨セット )

コメント

丸デブ総本店 (3) @岐阜県岐阜市

2018年06月25日 | 岐阜県(岐阜・老舗)

岐阜市の柳ヶ瀬周辺をうろつく時にいつも停めている駐車場から歩いていると、日曜なら大行列が出来ている老舗中華そば屋「丸デブ」に天候のせいか誰も並んでいない。久しぶりに入ろうかと入り口に立つと、自動ドアが故障したようで主人が四苦八苦やっていらっしゃった。主人は最近目を悪くしたらしく、ちょうど頃合いだからと厨房内は跡継ぎに任せるようになったのだとか。いつもより空いているとはいっても人気のこちら、もちろん相席。自分が座るとすぐに後客が入ってき、結局満席になった。「わんたん」を注文。

お盆の上につゆをこぼしつつ(←標準です)、やや小振りの丼ぶりにぎりぎりまでつゆが注がれた「わんたん」が登場。この日は以前感じたことのある動物系の匂いもあまりなく、特有の和風中華の出汁も”和”の方に振れている感じ。添えられたレンゲは金物なのでつゆをすくっても熱い熱い。中にたっぷり入ったわんたんの具はごく僅か。最初は白いが時間と共にすぐにつゆの色に染まっていく。トゥルントゥルンの皮をずるずるとすすっていく。最初数を数えてみようかなと思ったが、崩れてすぐに1個がどれか判別出来ないようなるので諦めた。中にはえらく長いものもあるので下手にすすると熱くて大変なことに。わんたん以外には葱と脂身の無いチャーシューが3つのみ。カマボコが無かったのは忘れたのかしらん。久しぶりに食べた「わんたん」、お腹もいっぱいになったのでつゆまでは飲み干さずにおいた。(勘定は¥400)

以前の記事はこちらこちら

 

丸デブ総本店

岐阜県岐阜市日ノ出町3-1

 

( 岐阜 ぎふ 丸デブ 丸デブ總本店 まるでぶ まるでぶそうほんてん ラーメン ワンタン 中華そば 老舗 創業100年 100年食堂 )

コメント

長崎屋 (2) @岐阜県本巣郡北方町

2018年06月23日 | 岐阜県(岐阜・老舗)

季節の「みょうがぼち」を買いに北方町の和菓子屋「とよだや」へ行くも発売はまだ(※訪問5月後半。でもすぐ後に発売され始めたらしい…)ということで、久々に創業100年を超える和洋菓子の「長崎屋」へ。ずらっとケースに並んだ菓子を眺めるも、車ではないので普通の生菓子は買って帰れない。そこで「レモンケーキ」と、前に訪問した時から気になっていた「チョコボール」の丸い化粧箱入りの小さいものがあったので購入した。

気温はさほど上がっていない日だったが、バイクを飛ばして家に持ち帰る。「レモンケーキ」はパウンドケーキをカットして個別包装したもの。しっとりとした生地とほのかなレモン風味。そしてお目当ての「チョコボール」。化粧箱には3つ入っていてコロンと可愛らしいボール型。外側がチョコレートでコーティングしてあり中はパウンドケーキ。少しお酒が効いているようで意外にも大人の味。コーヒーに抜群に合うがなんせひと口サイズ、3人で分けたので1個では全然足りない。結局次は車で行かなきゃということになった。(勘定はレモンケーキ¥170/個、チョコボール¥500/箱)

以前の記事はこちら

 


 

 ↓ 北方町商店街の近代建築「啓文社記念館(旧・啓文社)」(大正15年・1926・建造)に再訪。北方はあの高田渡の生誕地だそうで、この建物でも時々音楽ライヴイベントが行われているようだ。

 

 

 


 

日本菓子・西洋菓子 長崎屋

岐阜県本巣郡北方町北方1507

 

( 北方 きたがた 本巣 もとす 長崎屋 ながさきや 和菓子 洋菓子 ケーキ パン 老舗 近代建築 北方商店街 高田渡 ワタルカフェ )

コメント

丸万 (2) @岐阜県岐阜市

2018年05月18日 | 岐阜県(岐阜・老舗)

店の前を通った時に漂う出汁の香りにつられて「丸万」へ。この日柳ヶ瀬商店街では「サンデー・ビルヂング・マーケット(通称:サンビル)」が開催されていたので結構な人出。以前は弥生町の方まで店は出ていなかったが、出店者が増えたのか、この日はこちらの方まで店が並んでいた。今だって日によっては閑散として空き地も目立つ商店街だが、こうして若い人達が集まるのはとてもいい傾向じゃないだろうか。店に入ってもほぼ満席の盛況で衝立のある座席には座った人の頭が並んでいた。一番奥の席にだけひとつ空きがあったので着席。壁に掲げられた「懐古」「追取」の迫力ある文字が見える。この日は「チャーシュー麺」を注文。

しばらくして濃い色のスープの「チャーシュー麺」が運ばれる。旨そうな水面にはチャーシュー、細メンマ、ピンクの縁の蒲鉾、そして刻みネギ。チャーシューの切りは小さいが沢山のっている。噛み応えがあるタイプ。麺はかなりの細麺で縮れはあまりない。スープの色は濃くても角は立っておらず、あくまで優しい味わい。好きだなァ、ここのスープ。食べ終わった後に丼ぶりに残ったスープをついつい、もうひと口、もうひと口とレンゲですくってしまう。旨かった。次は「ワンタン麺」か、夏のみの「冷やし中華」を頼んでみようかな。(勘定は¥650)

以前の記事はこちら

 


 

↓ 人出の集まるイベントの効果は素晴らしいが、そうは言ってもどんどん空き地化が進む商店街の内部。やはりこういう小路は消えていく運命に。 

 

 

 


 

 

和風中華そば 丸万

岐阜県岐阜市弥生町5

 

( 岐阜 ぎふ 柳ヶ瀬 柳ヶ瀬商店街 まるまん マルマン ラーメン 中華そば 天ぷら中華 サンビル サンデービルディングマーケット )

コメント

あじろ亭 (3) @岐阜県岐阜市

2018年05月11日 | 岐阜県(岐阜・老舗)

久々に岐阜市の伊奈波神社参道にある創業明治40年(1907)の洋食屋「あじろ亭」へ。近所を散歩して街のところどころに見つかる歴史あるものに目を向けつつ、開店時間を待って店の中へ入り、テーブル席に腰を下ろす。給仕の女性が1人。女将さんの姿は見当たらなかったが、厨房にも2人居るようなので跡継ぎでも出来たのだろうか。この日はわざわざバスに乗ってやって来たので「ビール」と「メンチボール」を注文した。お通しは大根と人参のなます。ビールはキリンラガーの大瓶。ビールにはひじきの小鉢も付いてきた。昼一の極上の1杯を呑み干しゆっくりとした時間を過ごす。相変わらずBGMも無い静かな空間が貴重だ(なので厨房の声まで丸聞こえだが・笑)。しばらくして2組の後客が入ってきたが、みな落ち着いた年齢で、会話も声を落としているのでいい感じ。

しばらくして「メンチボール」が運ばれた。自分の経験からいくと古い洋食屋で「メンチボール」というのは大抵いわゆる”ハンバーグ”のこと。逆に「ハンバーグ」というと目玉焼きがのせられている事が多い。どうしてこうなったのか分からないが何だか面白い。自分の浅い経験から言うと「メンチボール」の方が玉ねぎなどの繋ぎが少ないような気がするが…。こちらの「メンチボール」は付け合わせが豪華。インゲン、タケノコ、カボチャ、ニンジン、ズッキーニ、ジャガイモ、レンコンと多彩な野菜がソテーされている。古い洋食屋の「メンチボール」はしっかりと肉の詰まったタイプのものが多いが、こちらは軽い感じのもの。ソテーされた玉ねぎののった優しい味のデミグラスソースで味付けされている。各テーブルに用意されている瓶に入った淡い茶色のソースも基本は同じものかしらん。独特のコクと酸味があって旨い。ビールを呑みながらゆっくりとやっつけた。老舗洋食屋をこんな風に使うと何となく贅沢な気分。(勘定は¥1,500)

以前の記事はこちらこちら

 


 

↓ 店のはす向かいに建つ建物(建築詳細不明)。今まで気付かずにいたが、表だけ洋風なのは以前何かの商店だったのだろうか。

 

↓ 前を通る度に写真を撮ってしまう存在感抜群の「石原美術(旧・日下部合資会社事務所)」(大正2年・1912・建築)。「石原美術」の看板が外されていたが…。

 

 

↓ 近くの通りの路地に入っていくとこんな風情のある建物がまだあちらこちらに見つかる。こちらは「御料理・徳廣」(建築詳細不明)

 

↓ 古い建物にあった玄関灯。昔の建物に付属するこういった照明器具は多くが1点物や少数生産物で、どれも本当に個性的で素敵だ。

↓ 登録有形文化財にも指定されている「松喜(旧・松喜仏壇店)」(明治44年・1911・建造のち増改築)。今はもう商店としてはやっていない様子。

 

 


 

 

欧風料理 あじろ亭

岐阜県岐阜市伊奈波通1-65

 

( 岐阜 ぎふ いなば神社 あじろてい 洋食 洋風料理 欧風料理 ミヤビヤ ミヤベヤ 高等ライス 老舗 近代建築 国登録有形文化財 )

コメント

植東 @岐阜県岐阜市

2018年03月25日 | 岐阜県(岐阜・老舗)

先日「梅まつり」が行われた岐阜市の梅林公園。さすがにその日は人出が多く、公園内も屋台が沢山出て賑やかだった。その時はあまりの人出に素通りしただけだったのだが、もう一度公園に行ってみる。前週と違い人の数は減り落ち着いた感じ。それでも天気が良く、花を愛でる人達や家族連れで賑わっている。田楽で有名な「植東」の前まで行ってみると緋毛氈(ひもうせん)が敷かれた席が作ってあり、外でも田楽を楽しめるようだ。ちょうど営業開始時間だったので「豆腐でんがく」と「酒(白龍・純米)」の食券を買う。「どちらでお召し上がりになりますか?」と訊かれたので券売のすぐ前の席でいただくことにした。

売り子は女子高校生のアルバイト3名。他にも調理服を着た男性店員が沢山。後からも次々と客がやってきて、思い思いの席に着いて出来上がりを待ち始めた。親に連れられた子供達は非日常の飲食スペースに興奮気味だ。しばらくして田楽箱に入った「豆腐でんがく」と酒が運ばれた。酒は冷蔵の1合小瓶。「豆腐でんがく」は全部で5本。3本が赤味噌で2本が白味噌。木の芽が1枚のっている。手に取って見るとなんのことはない、1本の両面にそれぞれ赤味噌と白味噌が塗られているのだった。熱々を口に入れる。赤味噌の風味と白味噌の甘さ、両方が混じり合うのだが、これがなかなかいい。すぐに冷たいのを猪口でキュッと。旨い旨い。山椒をもらって振りかけたりして楽しんだ。日差しが暖かく、のんびりとした雰囲気もごちそう。見上げると(種類は全然分からないが)白い梅の花と、桜もちらほらと咲き始めていた。次はちゃんと店の中でもいただこう。(勘定は¥1,050)

 


 

↓ 梅林公園内には蒸気機関車「D51-470」(昭和15年・1940・製造)が展示してある。園内の桜の老木もだんだんと桃色に。

 

↓ 金竜町の「梅林湯」(建築詳細不明)。味のある建物。いつ頃まで営業していたのだろう。

 

 


 

 

植東

岐阜県岐阜市梅林4

 

( 岐阜 ぎふ 梅林公園 ばいりん公園 うえとう 田楽 でんがく とうふ田楽 いも田楽 芋でんがく おでん 菜めし 菜飯 花見 銭湯 )

コメント