ハリーの「聴いて食べて呑んで」

日々増殖を続ける音源や、訪問した店、訪れた近代建築などの備忘録

島正 (2) @名古屋市中区・伏見

2018年06月14日 | 名古屋(中区 老舗)

ふと店の前を通ったら中の様子が見え、いつものようにいっぱいではなさそうだったので思わず暖簾をくぐってしまったのは、伏見の創業昭和24年(1949)のどて焼き(味噌おでん)の店「島正」。いつも混んでいて店に入るのは4年ぶりくらい。変形カウンター席はほぼいっぱいの盛況で、少し詰めてもらい入口付近に腰掛ける。自分の後は数人入って満席になった。カウンターの内側には主人と女将さんをはじめ、若いのも2人居て大忙しの様子。涼しい夜だったので最初から「上等賀茂鶴」(広島)を常温でお願いする。近くの老舗「大甚」も賀茂鶴なのだが何かいわくがあるのだろうか。ちろりとコップが渡される。”どて焼き”と呼ばれる味噌おでんのタネは「豆腐」「里芋」「玉子」をお願いした。

平皿に盛られたおでんダネは串に刺さったまま。八丁味噌のつゆがしっかりと染み込んで濃く色づいている。こちらでいつも思うのだが、皿につゆは盛ってくれないのでタネだけ食べる感じになる。どうしてもタネが乾き気味になるので少しでいいから上からかけてくれると嬉しいんだけれど…(頼めばやってくれるのかな)。濃い見ためとは違って口当たりも味もあっさり。「串カツ」を2本追加。味噌でもソースでもOKだが、味噌で。カリッと揚がった串カツが、くぐった味噌でだんだんふやけてくるのも旨い。いつも腹が減っていない時に来るので食べたことがないが、次は「どてめし」か「どてオムライス」を食べてみようっと。(勘定は¥2,100)

以前の記事はこちら

 


 

↓ 道の向こうに建つ、新築なった夜の「御園座」はこんな感じ。

 


 

 

どて焼き 島正

愛知県名古屋市中区栄2-1-19

 

( 名古屋 なごや 伏見 ふしみ しましょう 居酒屋 おでん 味噌おでん どて味噌 島田正吾 池波正太郎 散歩のとき何か食べたくなって きむらや 屋台 みそのざ 歌舞伎 ) 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大黒屋本店 (2) @名古屋市中区・錦

2018年05月21日 | 名古屋(中区 老舗)

午後遅い時間に錦を歩いていて、休憩がてら「大黒屋本店」へ。繁華街のど真ん中にある和菓子の老舗。創業はなんと安政元(1854)年。老舗とはいっても店内は小さな菓子の売場と落ち着いた喫茶店といった感じの内装。店に入ると外れた時間とあって先客はおらず、腰を下ろして品書きを眺める。”氷”はもう出ていたが、まだまだ食べたいとは思わないくらいの陽気。ショーケースの中の生菓子を選んでいただくことも出来るが、結局給仕の女性に「抹茶」をお願いした。店内は少し薄暗く、静かにクラシックが流れ居心地の良い空間。歩き疲れたので落ち着いたこの空間が有り難い。

しばらくして扇形の盆にのって「抹茶」が運ばれた。大黒屋の代名詞「落雁」がひとつ付いている。コリッとひとかじりして「抹茶」をいただく。良い香りとしっかりとした苦み。「ふーっ。」と一息。普通だと誰も客が居ないとかえって落ち着かないものだが、時間的なのかいつもそうなのか、あまり給仕の方が近くにいらっしゃらないのでゆっくりと出来た。外は快晴で忙しそうに歩く人や、飲食店に納品をする業者の車がひっきりなしに停まる。そんな様子をボケーと見ながら贅沢な時間を過ごした。もうすぐ冷たいものを求める客でひっきりなしの季節になるだろう。(勘定は¥570)

以前の記事はこちら

 


 

↓ 広小路通の「三井住友銀行名古屋支店(旧・三井銀行名古屋支店)」(昭和10年・1935・建造)。イオニア式オーダーが並ぶ建物の背は高くないが周りのビルを従える威厳がある。

 

 

 


 

大黒屋本店

愛知県名古屋市中区錦3-19-7

 

( 名古屋 なごや 錦 にしき 栄 さかえ 大黒屋 だいこくや だいこくやほんてん 和菓子 上生菓子 落雁 らくがん 干菓子 近代建築 銀行建築 )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スギモト本店 (2) @名古屋市中区・伏見

2018年05月15日 | 名古屋(中区 老舗)

御園座での観劇の前に創業明治33年(1900)という老舗精肉店「スギモト本店」に寄る。幕間の弁当をコンビニで買うのはつまらないし、御園小町で何か買うことは出来るだろうが、ギリギリの時間に行ってひょっとして大混雑だと嫌だなとこちらで先に買うことに(実際並んでいた)。弁当の売り始め時間も10時と早いし、歩いてもそうかからないので便利。店に入るとまだ弁当は並んでいなかったが「今出来ました!」とこれから並べるところだったようだ。高級弁当もあるが、比較的安価な弁当も揃っている。やはり牛肉をすき焼き風に味付けした弁当が多い。ふと目に付いたのは「黒毛和牛とチキンの玉子とじ弁当」。値段を見るとワンコイン+税とかなり安い。大きさも小さめでちょうどいいやと買ってみた。いつもなら弁当にはお茶を付けてくれるはずだが、無かったのは値段が安い弁当だったからか。

新御園座では歌舞伎座のように座席での飲食が可能なので、幕間に自分の席で弁当を開ける。歌舞伎座の席と違い足元の広さにかなり余裕があるのでまことに快適。弁当はさすがに安価だけあって牛肉の量は少なく玉ねぎと一緒に調理された肉片があるのみ。甘辛く味付けされているがさほど濃い味付けでなく食べやすい。錦糸玉子が敷かれていて刻み海苔は別パックで付いていた。出来てからそう時間は経っていないのでご飯に温かさも残っている。値段から入っているので想像通りの内容と満足度だが、やっぱり観劇っていちおう”ハレ”の日だから、次はもう少しお高い弁当を選ぼう(笑)。後から知ったのだが、あの「キュルノンチュエ」ってスギモトがやっているようだ。こちら本店でも買えるのかな。(勘定は¥540)

以前の記事はこちら

 


 

↓「THE CONDER HOUSE(旧・名古屋銀行本店)」(昭和元年・1926・建造)。最近ウェディングやレストランのスペースとして生まれ変わった。中を見られるチャンスと思い扉を開けたが、エントランスからいきなりレストランになっていて中を見て回ることは出来ず。再生はめでたいが、それはそれで何だか淋しい話。

 

 

 


 

スギモト本店

愛知県名古屋市中区栄3-1-35

 

( 伏見 ふしみ 御園座 みそのざ スギモト 杉本食肉産業 松阪牛 黒毛和牛 名古屋コーチン すき焼 すきやき 弁当 近代建築 銀行建築 鈴木禎次 コンダーハウス 河文 )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キッチン・ゲラン @名古屋市中区・栄

2018年04月21日 | 名古屋(中区 老舗)

平日の昼に栄に居ることが出来たので歩いて日曜休みのこちらへ。丸栄百貨店の裏手の路地にある洋食屋「キッチンゲラン」。次々と店が変わっていく界隈にあって昭和の雰囲気を色濃く残すこちら、創業は昭和28年(1953)だとか(未確認)。店はコの字カウンターだけでこじんまりとしていて奥が厨房になっているようだ。棚にはキープしてあるものだろう角ウイスキーが何本も並んでいて年季が入っている。女将さんだろうか年配の女性がカウンターの中で常連客と、昔この狭い通りであったという火事の話なんかをしながら談笑していた。何にするか迷ったが、ランチタイムはメニューを絞られている様子。店内に掲げてあったので外看板にも書かれていたカレーを、と「カツカレー」を注文した。すぐにお茶と水、それに紙ナプキンとスプーンが用意される。

テレビのニュースを見ながら待っていると、奥のコックコートの主人から渡された「カツカレー」が登場。細目のパン粉でしっかりめに揚げられたカツがカットされ、丸く盛られたライスにもたれかかり、その上から半分くらいにカレーがかけられている。福神漬けに加えて紅生姜が添えられているのが面白い。カレーの中の具材は形がなくなるほどに煮込まれていて、肉も繊維状になっているものが見えるのみ。さっそく一口。複雑な旨味とフルーティーな甘さが同居していて、食べ易くも辛い。古い店にしては意外にもしっかりとした辛さ。これは旨い。カツはロース肉。カレーがかかった部分と脂の甘さの対比が堪らない(どうしてカレーとカツはこんなに合うんだろう)。掻き込むスプーンは止まらず、あっという間に平らげた。次は「オムライス」か「ミートソース」か「ハヤシライス」か、それとも夜に単品でビールっていうのもいいなァ。(勘定は¥1,100)

 

 


 

↓ 今年で閉店が決まっている「十一屋呉服店」として創業400年(!)、「丸栄」としても75年の歴史を持つ「丸栄百貨店。今は稼働していないが店内の2基のエレベーター扉に描かれたデザインは画家の東郷青児によるもの。壁面のモザイクタイル絵も貴重だし、あの村野藤吾が設計した建物なんだけど、やっぱり取り壊すんだろうなァ…。

 

↓ 屋上にある、丸に栄の文字が書かれた看板ももうすぐ見納めか(現在屋上はビアホールになっていて昼間は立ち入ることが出来ない)。

 


 

カレーライス・肉料理の店 キッチン ゲラン

愛知県名古屋市中区栄3-8-122

 

( 名古屋 なごや 栄 さかえ 女子大小路 ゲラン GUERLAIN ゲラン一八 マルエイ デパート 洋食 ランチ 近代建築 廃業 閉店 再開発 )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

両口屋是清 本町店 (2) @名古屋市中区・丸の内

2018年03月19日 | 名古屋(中区 老舗)

大須~栄近辺を自転車でウロウロした休日。最後に寄ったのは和菓子の老舗「両口屋是清・本町通店」。ビジネス街なので休日のこの辺りはスッカスカなのだが、この店の前には車が停まっては出て行く。特に目当ての菓子は無かったが中に入ってショーケースを眺めた。さっと暖かいお茶とお菓子を出してもてなしてくれるのはいつだって嬉しいものだ。この日選んだのは「銘菓詰め合わせ」。箱入りでこちらの定番商品3つが入っている。見ため地味だが、こういう菓子こそその店の基本と言っていいのだろう。

家に帰って嫁と一緒につまんでみる。まず「志なの路」。玉子の入った焼き菓子で中は小豆餡。長細くて口に運び易い。包みも含めて懐かしさが溢れる味。「よも山」は「志なの路」の大きくて丸い版といっていいようなもの。「旅まくら」はしっとりとした皮に胡麻が散らしてある。こちらも長細くて食べ易い。食べていると胡麻の風味がふっと立ち上がる。これらの菓子に使われている餡はいわゆる普通の小豆餡よりも色が薄く水分も少な目。どれも地味で正直映えないのだが、しみじみと旨くお茶にぴったり。小さめなのもちょうどいい。嫁も「美味しいねェ」と気に入った様子。なるほどこういう菓子にこそしっかりと実力が現れるんだなァ。感心。(勘定は¥1,000程)

以前の記事はこちら

 


 

↓ 栄地区の再開発計画が進んでいる。近辺だけでも「中日ビル」「丸栄百貨店」「栄町ビル」「ニューサカエビル」の取り壊しが決定しているもよう。下は403年の歴史を持つ「丸栄百貨店」(昭和28年・1953・建造)。村野藤吾が設計。本館は焼け残った戦前の建物を増築しているんだとか。西側壁面にある圧巻のモザイクタイル画(何度見ても何が描かれているか全然分からないが・笑)も近く見納めなのか…。

 

↓ 隣に立つ「明治屋栄ビル」(昭和13年・1938・建造)は、4年程前にストアが撤退してすぐに取り壊されると思いきや、いまだに元のまま。

 

↓ 中古レコード屋と地下の飲食街で世話になっている「栄町ビル」(昭和39年・1964・建造)も取り壊し予定。すでにテナントは撤退が進んでいるようだが、昭和らしいデザインと親しみある飲食店がどうなってしまうのか…。

 

栄町ビルに入っている飲食店(一部)

・ジュース・サンドイッチ「うめや」※閉店
・とんかつ・ハンバーグ「いし河
・天ぷら「松月
・スパゲッティ「チャオ
・喫茶「ペリカン

 

 


 

 

両口屋是清 本町店

愛知県名古屋市中区丸の内3-14-23

 

( 丸ノ内 丸の内 まるのうち 本町通 ほんまちとおり りょうぐちやこれきよ せんなり 和菓子 御菓子司 干菓子 和三盆 和三盆糖 近代建築 )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浅ひろ本店 @名古屋市中区・大須

2018年03月13日 | 名古屋(中区 老舗)

大須の万松寺の北側にある麺処「浅ひろ本店」。創業は戦前か戦後か判然としないが、少なくとも60年以上の歴史を持つようだ。他の場所から大須に移ってきたという話も。隣は「コンパル本店」、向かいは「丁字屋」と歴史ある店が目白押し。休日昼どきの大須商店街はどこも人でごった返している。いつ頃だったか前は閑散とした時期があって元気がなかった商店街も、完全に息を吹き返し観光の外国人も多く、ここは一体日本なのかと疑ってしまいそう…。店内に入るといかにも蕎麦屋という和風の落ち着いた佇まい。数多いテーブル席もほぼ埋まり、立ち働く給仕の女性も3人程と活気がある。品書きには「中華そば(古き大須の変わらぬ味)」というものもあり惹かれたが、外看板にも名前があった「みそ煮込・玉子入」を注文して待つ。

しばらくして「みそ煮込」が土鍋に蓋をして運ばれた。穴の開いていない蓋なのでこれを受皿にして、熱々の麺を手繰り寄せる。麺は平打ちでコシは強くない。具材は花麩、ねぎ、そして椎茸。つゆには椎茸の出汁が強めに出て、香り良く旨い。玉子は白身もゆるいので提供直前に落とされた感じかな。少し沈めておいてからつゆを濁らせないように慎重に取り出しうどんに絡ませていただいた。自転車で外を走って冷えていた体がしっかりと暖まった。(勘定は¥830)

手打めん処 浅ひろ本店

愛知県名古屋市中区大須3-20-21

 

( 名古屋 なごや 大須 おおす あさひろ あさひろ本店 浅ひろ 麺処 手打ち うどん そば 蕎麦 きしめん 饂飩 煮込み 味噌煮込み )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やぶ (2) @名古屋市中区・新栄

2017年12月25日 | 名古屋(中区 老舗)

名古屋でも一等歴史がある蕎麦屋「名古屋やぶ」へ。先客は1名のみ。夜の営業が始まったばかりの時間だったが、この日は電車で帰るだけだったので、まず一杯いただこうと酒(菊正宗)を注文した。”ひや”で頼んだが出てきたのは常温でなく冷蔵酒(これはもう仕方がないネ…)。一緒に置かれた付き出しは海苔の佃煮。こうやってちょっとだけ何かを付けてくれると酒呑みは簡単に上機嫌になる(笑)。

酒肴は「やぶ特製しめさば」を注文。絞め具合は浅めで調子のいいもの。少し山葵を付けたり、醤油をほんの少しだけ付けたりと楽しんだ。よくあるジャズのBGMは要らないが、ちょっと暗めの照明の下で酒を飲(や)っているといい気持ちになってくる。パラパラと後客も入ってきた。そこで「粗挽ざるそば」を注文。茹で時間をセットしているのだろうが、ピピーッとタイマーを鳴らすのは不粋だなァ。混んでいる訳でもないので何とかならないものか…。それはさておき端正な蕎麦が運ばれた。切りが長く、量も意外に多い。上にのった刻み海苔はちょっと邪魔だが、蕎麦自体はのど越し良く旨い。サラッとしたタイプの蕎麦湯をもらい胃の腑を落ち着かせ、勘定してもらった。店を出る前に手洗いを借りたが、そこにはひっそりと広島カープ・グッズが。店主はカープ・ファンのようだ(笑)。(勘定は¥1,700程)

以前の記事はこちら

 

名代おそば・天婦羅 名古屋 やぶ

愛知県名古屋市東区東桜2-15-9

 

( 新栄 しんさかえ 東桜 ひがしさくら 名古屋やぶ 藪 藪蕎麦 やぶ やぶそば 名古屋藪 なごややぶ 矢場町 蕎麦 そば ソバ 大名古屋便覧 )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栄寿堂菓子舗 @名古屋市中区・東別院

2017年10月23日 | 名古屋(中区 老舗)

以前からその渋い外観に惹かれていた東別院の「栄寿堂菓子舗」へ。創業年は分からないが、建物は名古屋市の登録地域建造物資産に指定されていて昭和29年(1954)の建築だとか。店の表に置かれた名古屋城の形をした看板が時代を感じさせる。まだ暑い日だったので(訪問晩夏)半分開け放してあったガラス木戸を開けて中へ。中に飾ってある看板も年季が入って色褪せているが渋い。正面にあるガラスショーケースの中には饅頭などが置いてあった。奥から出てきた老齢の主人はラフな格好で「いやー、暑いねー」と残暑に参っている様子。この日はバイクだったので、主人に少量で申し訳ないと断って「養老饅頭」と「名城最中」をひとつづつ購入した。

家に帰ってから紙包みを開ける。「養老饅頭」はいわゆる酒蒸し饅頭。独特の香りのする皮の中には滑らかなあんこがたっぷり。酒蒸し饅頭はひとつあれば充分だがしみじみと旨い。「名城最中」は名古屋城を模した最中種(皮)の中に艶のあるこし餡。名古屋城を正面からではなく少し斜めから見た複雑な形の珍しい最中種。こんな形の最中もあるんだねェ。表の看板に納得。少し時間が経ってしっとりしてしまったが熱い煎茶と一緒に楽しんだ。(勘定は¥250程)

 


 

↓ 大須の仏壇通り、橘(たちばな)の辺りを散策。「ガトー・デュラ・メール・スリアン」(昭和14年頃・1939・建造)。古い建物を改装した洋菓子の店。

↓ そのすぐ隣に建つのは「楠木屋本店」(建築詳細不明)。黒漆喰で塗られた外壁と、その壁の逆読みの店名が風格たっぷり。

 

↓ 「柏彌紙店」(明治40年頃・1907・建造、昭和16年曳家)。この本町通り沿いは昭和12年頃に拡幅の為、建物の前面切取りや曳家が行われたのだそう。

 

 


 

 

栄寿堂菓子舗

愛知県名古屋市中区伊勢山1-3-9

 

( 名古屋 なごや 東別院 ひがしべついん 栄寿堂 えいじゅどう えいじゅどうかしほ 和菓子 もなか もなかだね 近代建築 登録地域建造物資産 認定地域建造物資産 )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雀おどり總本店 (2)名古屋市中区・栄

2017年10月05日 | 名古屋(中区 老舗)

日差しのきつい残暑の中、久しぶりにパルコの向かいにある「雀おどり總本店」へ。この日は朝から天気が良く、昼前にはかなり気温も上がっていたので、汗を拭き拭きこちらに避難。表の通りではイベントがあるらしくそこら中に警官の姿が。開店してすぐに店に入ったつもりだったが、すでに先客が座っていて、その後からもどんどん客が入ってきた。皆考えることは同じようでかき氷を注文している人が多い。自分もそのつもりで入ってきたので、水を置いてもらってすぐに「宇治金時氷」をお願いした。男1人なんて自分だけかと思いきや、時間帯だろうか男性1人客も何人か見えた。

しばらくして運ばれたかき氷は器にこんもりと盛られ、全面に抹茶みつがきれいにかかり、てっぺんにはどーんとあんこがのっている。まずは中腹に匙を入れ、抹茶みつの風味を味わう。ツメテー。氷の肌理は細かく、スーッと口の中で溶けていく。どうやってやるのか知らないが真ん中の方にまでしっかりとみつが滲みているので嬉しい。あんこをてっぺんから中腹に避難させ、混ぜたり、そのまま口に入れたりして楽しんだ。体は一気にクールダウン。今年はいつになくかき氷をいただいたような気がするが、こうやって抹茶みつをかけて食べるかき氷(宇治)っていつ頃からあるんだろう…。

一気に食べたし氷の量が多かったので体が冷えたが、老舗らしく温かいお茶もちゃんと出されているので、それを飲んで調整。飲み干した湯呑みの底に可愛らしい雀の絵が。勘定してもらう時にいつものように小さいサイズの「ういろう」をひとつ頂く。これは帰ってからのお楽しみに。次来るときは涼しくなっているだろうから磯辺焼きか雑煮を食べてみたいナ。(勘定は¥750)

以前の記事はこちら

 


 

 ↓ かつて堀川と中川運河を繋いでいた「松重閘門」(昭和7年・1932・建造)の2対のうち1対を堀川側から眺める。姿が水面に映ってこちら側もなかなかいい。

↓ 橘の仏壇通り(門前町通)にある仏具店「山田屋総本店」(明治43年・1910・建造)。白漆喰の塗籠(ぬりごめ)仕上げの壁面と、2階部分の額縁が特徴だそう。都市景観重要建築物。

 

 


 

雀おどり總本店

愛知県名古屋市中区栄3-27-15

 

( 栄 さかえ 矢場町 雀おどり総本店 雀踊總本店 雀をどり 雀踊り すずめおどり 老舗 ういろ ういろう 外郎 かきごおり カキ氷 わらび餅 和菓子 近代建築 )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やぶ @名古屋市中区・新栄

2017年05月06日 | 名古屋(中区 老舗)

新栄で昼食時に目当ての店に何軒か振られて、たまたま道路を走っていて看板が目に入った「名古屋やぶ」。あ、ここにあったんだと引き返し、店に。こちらはその昔、現在のパルコの傍にあり、外資が入ってきても立ち退かなかったと名を上げたあの店。ビルの谷間に実際に竹が生えていた店先を思い出す。入口に置いてある古い木板看板も昔掛かっていたものじゃないかな。小さい頃に両親に連れられてよく入った覚えがある(当時は蕎麦なんて全然うれしくなかったが・笑)。時代は変わり、あの場所からこことは別の場所に移転したが、しばらく休業していたと聞く。復活したとは聞いていたが場所までは知らなかった。こちら創業は明治38年(1905)とのこと。「藪(やぶ)」は江戸が出自の歴史ある蕎麦屋の屋号だが、この店がそれらとどういう関係にあるのか、それとも全く関係無いのかはよく知らない(「藪睦会」には属していない)。ただこの地でもかなり昔から評判が立っていて、未見だが戦前に発行されたガイドブック(便覧)にもその名が載っているとのこと。

店はマンションのテナントにあり、引っ込んでいるので目立たないところ。暖簾をくぐって中に入ると奥が調理場になっており、その前に小さなカウンター席があり、あとはテーブル席が6つ程。こじんまりとしている。暗めの照明の下、ひとつだけ先客が座っていないテーブルがあったので腰を下ろした。品書きを見て迷う。種物や丼物も揃っていて定食まである。通常の品書きには書いてないが、卓の上に立ててあったポップの「カレー南蛮せいろ」に引き寄せられてしまった。通常初めての時はざる蕎麦しか頼まないが”せいろ”なら蕎麦の調子も分かるだろうとこれを注文。

しばらくして「カレー南蛮せいろ」が運ばれた。小丼ぶりに入ったカレー南蛮のつゆはとろみがかなり強いもの。南蛮というわりには葱の切りは小さめ。蕎麦を手繰ってつゆ(餡)に浸け口に運ぶと、ドボッと餡も一緒に口に飛び込んでくる。じんわりと辛味と香りが伝わり、旨い。豚肉片も入って辛味も結構強い。蕎麦は端正なもの。量も多め。カレー南蛮って”強過ぎて”普段はあまり頼まないが、給仕の女性に「ご飯付けますか?」と言われて断ったのが惜しくなった(笑)。蕎麦湯を頼んで残ったつゆに足していただき、勘定してもらう。次は普通にざるそばをいただこうか、それともかつて名を馳せた「海老おろし」にしようか。(勘定は¥870)

この後の記事はこちら

 

 

名代おそば・天婦羅 名古屋 やぶ

愛知県名古屋市東区東桜2-15-9

 

( 新栄 しんさかえ 東桜 ひがしさくら 藪 藪蕎麦 やぶ やぶそば 名古屋藪 なごややぶ 矢場町 蕎麦 そば ソバ カレーなんばん カレーなんば 大名古屋便覧 )

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加