ハリーの「聴いて食べて呑んで」

日々増殖を続ける音源や、訪問した店、訪れた近代建築などの備忘録

Jamaican Explosion! (MOJO Magazine) / Various Artists

2018年05月11日 | 雑誌付録CD

Jamaican Explosion! (MOJO Magazine) / Various Artists (2016)

いつもの英音楽誌「MOJO」の付録CD。2016年7月号はレゲエの前身とも言えるスカ(Ska)、ブルー・ビート(Blue Beat)の15曲を特集。”スカ”と”ブルー・ビート”ってどう違うのかっていうのは難しい問題で自分もよく分かってなくて、はっきりとした説明が出来ない(”Blue Beat”に関してはレーベル名から名付けられただけじゃないかと思うが)。いずれにせよ裏打ちのダウンビートで、実はアメリカ南部からラジオの電波の届くカリブ海に浮かぶ島ジャマイカで、50年代のジャズやR&B、ソウル・ミュージックに影響を受けた新しい音楽。なので誤解している人も多いが、いわゆる民族音楽とはちょっと違う(ナイヤビンギなどそれに近い音楽はまた別の話)。”サウンドシステム”と呼ばれる屋外DJ設備で若者を虜にし、それがレゲエ(Reggae)として発展していく。もちろん中南米の黒人は主に奴隷として連れてこられたアフリカにルーツを持つ人達なので、抑圧の歴史が嘆きや闘争として音楽にも表現されている(もちろんただのラヴソングもあり)。

ここに収録されているのはスカを語るに外せない重要なアーティストが目白押しで、すべて発表時期は1960~62年の黎明期。多くの曲が他のコンピ盤にも採用されている。のちにレゲエのトップ・アーティストとなるジミー・クリフ(Jimmy Cliff)の初々しい最初期の作品12や、70年代後半のスカ・リヴァイヴァル(2トーン・スカ)でスペシャルズ(The Specials)にも参加したトロンボーン奏者、リコ(Rico)の11、その2トーン・スカの代表的なバンド、セレクター(The Selecter)がカヴァーした07も収録されている。自分も昔はアナログでこれらスカのアルバムを何枚も購入したが、80年代半ばにはレアで眺めていただけだった作品も90年代くらいになると再発編集盤などを中心に手に入れ易くなったと記憶する(針飛びには悩まされたが…)。まだまだ素朴な感じのR&Bそのものという曲からダウンビートのエッセンスが抽出されていく過程が垣間見えて興味深い。

01 Laurel Aitken - Bar Tender
02 Prince Buster & The Blue Beats - Independence Song
03 Roland Alphonso - Four Corners Of The World
04 Derrick & Patsy - Housewife's Choice
05 The Folkes Brothers - Oh Carolina
06 Byron Lee And The Dragonaires - Jamaican Rock
07 Leon And Owen & Drumbago All Stars - Murder
08 Azie Lawrence - Jamaican Blues
09 Bell's Group - Kingston 13
10 Winston & Roy With Count Ossie On The African Drums - Babylon Gone
11 Rico - Rico Special
12 Jimmy Cliff - Miss Jamaica
13 Don Drummond - Schooling The Duke
14 Clue J & His Blues Blasters With Vocal By Theophilus Beckford - Easy Snapping
15 Lord Creator - Independent Jamaica

オークションにて購入(¥465)

コメント

Let's Move (MOJO Magazine) / Various Artists

2018年04月29日 | 雑誌付録CD

Let's Move (MOJO Magazine) / Various Artists (2012)

毎度このブログではお馴染みの英音楽誌「MOJO」の付録CD。2012年12月号は”A Heavy Blues Collection”と題して、文字通りハードなギターをフィーチャーしたエレクトリック・ブルーズを特集している。いつも遊び心のあるアートワークは「Led Zeppelin Ⅱ」仕様(写真下)。

CDレーベル面のカラーリングもアトランティック・レーベル(写真下左)をちょっと模しているのがこの雑誌らしい楽しい拘りどころ。

 

気になる収録曲は以下の通り。

01 R.L. Burnside / Goin' Down South
02 Magic Sam Blues Band / I Feel So Good
03 Junior Kimbrough / I Gotta Try You Girl
04 Howlin' Wolf / Shake For Me
05 Hound Dog Taylor & The House Rockers / Give Me Back My Wig
06 Arthur 'Big Boy' Crudup / That's All Right
07 Lightnin' Hopkins / Let's Move
08 Junior Wells' Chicago Blues Band With Buddy Guy / Chitlin Con Carne
09 John Lee Hooker / Devil's Jump
10 Muddy Waters / I Can't Be Satisfied
11 Bo Diddley / Watusi Bounce
12 Elmore James / Rollin' & Tumblin'
13 Jimmy Dawkins / Triple Trebles
14 B.B. King / She's Dynamite
15 T-Model Ford & GravelRoad / How Many More Years

有名どころが主だが、テーマ通りぶっとい音を出している曲が選ばれている。まず、最初の「R.L. Burnside」でぶっ飛んだ。なんだこのスゴイ音は。彼のことは全然知らなかったのだが、60~90年代まではパート・タイム・ミュージシャンとして働いていたようで、デビューアルバム発表時が55歳という超遅咲き。この曲は1996年に発表されたアルバムに収録されていて、ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン(The John Spencer Blues Explosion)との共演だそうだ(どうりでこの音な訳だ)。そう、ホワイト・ストライプス(The White Stripes)やブラック・キーズ(The Black Keys)の前にはジョン・スペンサーが居たんだった。ちょっと懐かしいなァ。久しぶりにアルバムを引っ張り出してみようっと。他のフルボディのブルーズ曲も年代、有名無名に関わらず、どれもカッコイイ。

コメント

MOJO presents The Black Keys And Friends / Various Artists

2017年10月26日 | 雑誌付録CD

MOJO presents The Black Keys And Friends / Various Artists (2014)

英音楽雑誌「MOJO Magazine」の付録CD、2014年6月号はブラック・キーズ(The Black Keys)とその周辺を特集。コンピレーション・アルバムは無名のアーティストばっかりだとなかなか気を入れて聴けないタチなのだが、これはブラック・キーズの2曲を除いても内容が素晴らしい。もちろんドクター・ジョン(Dr. John)などの大物も収録されているのだが、その他の収録曲もテイストがばっちりブラック・キーズとシンクロしていて、違和感が全く無いので通して聴いていて気持ちがイイ。

それもそのはず、ブラック・キーズの2人が作曲、あるいは演奏で参加している曲(*)が5曲も入っている。しっかり調べれば他の曲にも何らかの形で参加しているのかもしれない。以前レビューしたStephen Dale Petitの06「Holla」も収録されていてうれしい。唯一年代が古いボ・ディドリー(Bo Diddley)の名曲10「Who Do You Love?」がしっかりとハマってしまうところがミソ。女性ヴォーカルの曲でさえしっくりときているのはやはり音楽に共通項が多いということだろう。それが何かっていうのはなかなか説明しづらいのだが。強いて言えば、音数の少なさ、アナログっぽいクラシックな音作り、ブルーズがベースになった曲作りといったところだろうか。一般に流通していないので手に入れにくいかもしれないが、お勧めの好盤。

01 The Black Keys -  Fever
02 Dr. John - Revolution *
03 Hanni El Khatib - Head In The Dirt *
04 Bombino - Azamane Tiliade
05 Black Lips - Do The Vibrate
06 Stephen Dale Petit - Holla *
07 The Sheepdogs - Feeling Good *
08 Pete Molinari - So Long Gone
09 Junior Kimbrough - Everywhere I Go
10 Bo Diddley - Who Do You Love?
11 Valerie June - Wanna Be On Your Mind *
12 Jessica Lea Mayfield - Our Hearts Are Wrong
13 Tennis (6) - It All Feels The Same
14 R.L. Burnside - Skinny Woman
15 The Black Keys - Gold On The Ceiling (Live In Studio)

オークションにて購入(¥697)

コメント

UNCUT Magazine / Various Artists

2017年05月30日 | 雑誌付録CD

 

 

 

前回と同時に購入した英音楽誌「UNCUT」の付録CDまとめ買い。2010年辺りに発売されたものが中心。最初の2枚は正直言って知らないバンド中心なのであまり引っ掛かるものは無かったが(あまり無名なアーティストの曲をじっくり聞いている時間もないので…)、残り4枚はなかなか”濃い”。

ニック・ケイヴ(Nick Cave)に影響を与えたゴシック・カントリー・ブルースの数々、キンクス(The Kinks)のレイ・デイヴィス(Ray Davies)に作風が似ている曲の数々、トム・ウエイツ(Tom Waits)が選びそうな曲の数々(実際に選曲には携わっていないと思う)、そしてトリはジャック・ホワイト(Jack White, EX.The White Stripes)がカヴァーしたブルース曲のオリジナル集。

持っている曲もそうでない曲もあるけれど、ニック・ケイヴ、レイ・デイヴィス、トム・ウエイツ、ジャック・ホワイトと、有名とはいえ一筋縄ではいかないクセのあるアーティストばかりなので、周辺曲もなかなかに渋いラインナップ。でも彼らのファンや、この近辺の音楽に少なからず興味がある人にとっては、かなり楽しめるCD4枚だろう。

 

UNCUT Western Skies (15 Tracks Of The Best New American Music) May 2010

01 Citay – Careful With That Hat
02 AA Bondy – Mightiest Of Guns
03 Drive By Truckers - Birthday Boy
04 Port O'Brien - My Will Is Good
05 The Antlers - Shiva
06 Fool's Gold - Nadine
07 Sam Amidon - Way Go, Lily
08 Roky Erickson With Okkervil River - Goodbye Sweet Dreams
09 Real Estate - Suburban Beverage
10 Spoon - Got Nuffin'
11 Avi Buffalo - Remember Last Time
12 Bear In Heaven - Deafening Love
13 Beach House - Norway
14 Richmond Fontaine - Four Walls
15 Joanna Newsom - In California


UNCUT We All Shine On! (15 Brilliant Tracks From The Best New Albums) July 2010

01 The Gaslight Anthem - American Slang   
02 Mountain Man - Soft Skin   
03 Peter Case - Banks Of The River   
04 Deer Tick - Twenty Miles   
05 Eamon McGrath - File Under Fire   
06 The Acorn - Restoration   
07 Ganglians - Valiant Brave   
08 Blitzen Trapper - Dragon's Song   
09 The Sadies - Another Day Again   
10 Wovenhand - Singing Grass   
11 Pete Molinari - Little Less Loneliness   
12 Teenage Fanclub - Baby Lee   
13 Los Lobos - West La Fadeaway   
14 Thee Oh Sees - I Was Denied   
15 Phosphorescent - Los Angeles


UNCUT Straight To You (The Gothic Country & Blues That Inspired Nick Cave) Aug 2010

01 Ella Jenkins - Wade In The Water   
02 Hank Williams - Alone And Forsaken   
03 Gene Vincent - Cat Man   
04 Memphis Slim - Grinder Man Blues   
05 Elvis Presley - Tomorrow Night   
06 Peg Leg Howell - New Prison Blues   
07 Johnny Cash - I'd Rather Die Young   
08 John Lee Hooker - I'm Gonna Kill That Woman   
09 Odetta - Another Man Done Gone   
10 Blind Willie Johnson - I'm Gonna Run To The City Of Refuge   
11 Dick Justice - Henry Lee   
12 Hobart Smith And Texas Gladden - Down In The Willow Garden   
13 Frank Hutchison - Stackalee   
14 Victoria Spivey - Murder In The First Degree   
15 Leadbelly - Black Betty   
16 The Alabama Singers - Jesus Met The Woman At The Well


UNCUT An Autumn Almanac (15 Songs In The Spirit Of Ray Davies) Nov 2010

01 Kate Rusby - Village Green Preservation Society   
02 Nick Lowe - The Rose Of England   
03 Squeeze - Pulling Mussels (From The Shell)   
04 Darren Hayman And The Secondary Modern - Pram Town   
05 Wreckless Eric - Reconnez Cherie   
06 Sandy Denny & The Strawbs - How Everyone But Sam Was A Hypocrite   
07 Erland And The Carnival - The Derby Ram   
08 Kevin Ayers - Baby Come Home   
09 James Yorkston - When The Haar Rolls In   
10 Field Music - Them That Do Nothing   
11 Richard Thompson - The Money Shuffle   
12 Bill Fay - Diamond Studded Days   
13 Robyn Hitchcock And The Venus 3 - Belltown Ramble   
14 Wild Billy Childish And The Musicians Of The British Empire - Joe Strummer's Grave   
15 Roy Harper - When An Old Cricketer Leaves The Crease


UNCUT Tom Waits' Jukebox Nov 2011

01 Captain Beefheart & The Magic Band - Floppy Boot Stomp
02 Man Man - Steak Knives
03 The Horrible Crowes - Mary Ann
04 Jack Kerouac - McDougal Street Blues   
05 Southside Johnny With LaBamba's Big Band - Down Down Down
06 Beirut - Payne's Bay
07 Howlin' Wolf - I Asked For Water (She Gave Me Gasoline)
08 Harry Partch - Ring Around The World: Phase One
09 William Elliott Whitmore - Not Feeling Any Pain
10 John Brim - Ice Cream Man
11 Jesca Hoop - City Bird
12 Califone Salt
13 Johnny Dowd - Easy Money
14 Frank Sinatra - One For My Baby (And One More For The Road)
15 The Low Anthem - Home I'll Never Be


UNCUT Jack White's Blues (The Original Versions Of 15 Classic Songs Covered By Jack White) Apr 2012

01 Little Willie John - I'm Shakin'
02 Blind Willie McTell - Lord, Send Me An Angel
03 Howlin' Wolf - I Ain't Superstitious
04 Son House - John The Revelator
05 Blanche - Who's To Say
06 Josh White - St James Infirmary
07 Son House - Death Letter Blues
08 Hank Williams - Tennessee Border
09 Blind Willie McTell - Southern Can Is Mine
10 Marlene Dietrich - Look Me Over Closely
11 Robert Johnson - Stop Breakin' Down Blues
12 Soledad Brothers - St Ides Of March
13 Patti Page - Conquest
14 Lead Belly - Boll Weevil
15 Terry Reid - Rich Kid Blues / To Be Alone With You

オークションにて購入(¥88/枚)

コメント

UNCUT Magazine / Various Artists

2017年05月22日 | 雑誌付録CD

 

 

英音楽誌「UNCUT」の昔の付録CDをまとめて入手。「MOJO」誌と同様に毎月CDを付録にしているUNCUT。最近は以前よりテーマを決めた特集CDを付けなくなっているので内容がつまらなくなっているようだが、この当時の付録は毎号充実している。各CDのテーマと曲目は下の通り。テーマとしては「殺人&刑務所」関連曲に絞った2009年1月と、スプリングスティーン(Bruce Springsteen)自身が選曲した2009年5月、「パンクの前からパンクだった」バンドを集めた2010年4月が面白い。太字は今回自分が引っ掛かった曲。以前から好きな曲や、アーティスト(ほとんどが有名どころ)も含まれているが、ガキの小遣いぐらいの安値でまとめて購入して、これだけの曲に惹かれたら充分だろう。

UNCUT Outlaw Blues (Murder Ballads & Prison Songs) Jan 2009

01 Johnny Cash - Folsom Prison Blues
02 Dave Alvin - Blue Wing
03 Big Maceo - County Jail
04 Bo Diddley - Cops And Robbers
05 Mississippi John Hurt - Frankie
06 Baskery - Haunt You
07 Woody Guthrie - Billy The Kid
08 Charlie Louvin - A Little Grave In Georgia
09 Cowboy Copas - Hangman's Boogie
10 Bob Frank And John Murry - Joaquin Murietta, 1853
11 Frank Hutchison - Stackalee   
12 Sam Amidon - Wild Bill Jones
13 Julius Daniel - 99 Year Blues   
14 The Handsome Family - My Beautiful Bride
15 Bukka White - Parchman Farm Blues

UNCUT Greetings From The Boss! (15 Tracks Handpicked By Bruce Springsteen)  May 2009

01 Robert Mitchum - The Ballad Of Thunder Road
02 Mississippi John Hurt - Candy Man Blues
03 Neko Case - The Train From Kansas City
04 Hank Williams - Lost Highway
05 Amos Milburn - Chicken Shack Boogie
06 Woody Guthrie - Hard Travelin'
07 Jimmy Reed - Take Out Some Insurance
08 Jimmie Rodgers - My Blue Eyed Jane
09 Bascam Lamar Lunsford - Dry Bones
10 Calexico - Across The Wire
11 The Mississippi Sheiks - The World Is Going Wrong
12 Gene Vincent - Baby Blue
13 Mahalia Jackson - God's Gonna Separate The Wheat From The Tares
14 Chuck Berry - Too Much Monkey Business
15 Louis Armstrong - St James Infirmary

UNCUT Music Is Your Radar (Rare & Unreleased Tracks From Damon Albarn's Record Label) June 2009

01 Hypnotic Brass Ensemble - Ballicki Bone   
02 Terry Hall & Mushtaq - Ten Eleven
03 Trembling Bells - Goathland
04 Abdel Hadi Halo & The El Gusto Orchestra Of Algiers - Ya L'Quadi
05 Errol Bellot - What A Wonderful Feeling
06 Were Omito - Aoko
07 Simone White - Bunny In A Bunny Suit
08 Candi Staton - I'll Sing A Love Song To You
09 Tony Allen - Moyege
10 Wareika Hill Sounds - Coconut Head Special
11 Moondog - Bumbo
12 Elmore Judd - Bass Bully
13 Kokanko Sata - Allah Kognuman Don
14 Las Malas - Amistades Te Hablo   
15 Parvaneh - Mansoori
16 Moritz Von Oswald Trio - Pattern 2

UNCUT Stone Free (15 Tracks Touched By The Hand Of Hendrix) Jan 2010

01 The Black Keys - I Got Mine
02 The Heads - Could Be, Doesn't Matter
03 Colour Haze - Silent
04 Comets On Fire - The Swallow's Eye
05 Toumast - Ikalane Walegh
06 Radio Moscow - No Good Woman
07 Howlin Rain - In Sand And Dirt
08 Terakaft - Ténéré Wer Tat Zinchegh
09 Dinosaur Jr - There's No Here
10 Nebula - The Dagger
11 Buffalo Killers - Leave The Sun Behind
12 White Denim - Say What You Want
13 Pontiak - Wax Worship
14 Earthless - Cherry Red
15 White Hills - Radiate

UNCUT Search & Destroy (15 Explosive Tracks By Bands Who Were Punk Before Punk) Apr 2010

01 The MC5 - Sister Anne
02 James Williamson With The Careless Hearts - 1970 (Live)
03 Johnny Thunders & The Heartbreakers - Born To Lose
04 Death - Keep On Knocking
05 Simply Saucer - Here Come The Cyborgs Pt 2
06 The New York Dolls - Pills (Demo)
07 Sonic's Rendezvous Band - Slow Down (Take A Look)
08 Figures Of Light - Seething Psychosexual Conflict Blues
09 The Monks - Oh, How To Do Know
10 The Flamin' Groovies - Slow Death
11 The Red Krayola - Wives In Orbit (Live)
12 The Scenics - Do The Wait
13 The 13th Floor Elevators - Fire Engine
14 Ducks Deluxe - I Fought The Law
15 Iggy & The Stooges - Search And Destroy

オークションにて購入(¥88/枚)

コメント

My Generation ( MOJO Magazine) / Various Artists

2017年04月28日 | 雑誌付録CD

My Generation ( MOJO Magazine) / Various Artists

英音楽誌「MOJO」の2015年8月号は、ジャケットから分かるようにザ・フー(The Who)に代表される60年代初期のモッド(モッズ)音楽集。副題は「15 Tracks Of '60s Beat-Filled Teenage Mod Angst」となっていて、ザ・フー自身の曲は収録されていないものの、レアなカヴァー曲が2曲(03、14)収録されている。ピート(Pete Townshend)自身、過去に「自分達はモッドなんかじゃなかった」と言ってみたり、「他の3人は違うけど自分だけは間違いなくモッッドだった」と言ってみたりと、モッド文化とザ・フーを巡ってはいつも論争があったが、現在はモッド文化を象徴するバンドだったという史観が定着したんじゃないか。このコンピの収録曲は以下の通り。

01 The Pretty Things - Don't Bring Me Down
02 Bo Street Runners - Bo Street Runner
03 Larry's Rebels - It's Not True
04 The Mike Cotton Sound - Make Up Your Mind
05 The Stormsville Shakers - Number One
06 The Artwoods - Can You Hear Me
07 The In Crowd - Stop! Wait A Minute
08 John's Children - But She's Mine
09 The Fleur De Lys - Wait For Me
10 The Golden Dawn - My Time
11 The Sons Of Adam - Mr You're A Better Man Than I
12 Andy Ellison - Cornflake Zoo
13 Katch 22 - Major Catastrophe
14 The Rockin' Vickers - It's Alright
15 The Syndicats - Crawdaddy Simone

ストーンズ(The Rolling Stones)最初期メンバーのディック・テイラー(Dick Taylor)が在籍したプリティ・シングス(The Pretty Things)、ロン・ウッド(Ron Wood)の兄のバンド、アートウッズ(The Artwoods)、マーク・ボラン(Marc Bolan)の在籍したバンド、ジョンズ・チルドレン(John's Children)など興味深いバンドが収録されているし、曲も他のアーティストで有名だったりするモッズらしさいっぱいの曲が並ぶ。どんなムーヴメントでも、周辺バンドはわんさか居て、もちろんあっという間に消えていく訳だが、キラリと光るバンドが居て、そこをすくい上げるようなこういう企画をやらせたら、やはり「MOJO」や「UNCUT」(最近精彩を欠いているが)などのイギリスの音楽誌は強い。

コメント

Radio Clash (MOJO Magazine) / Various Artists

2017年01月13日 | 雑誌付録CD

Radio Clash (MOJO Magazine) / Various Artists (2004)

英音楽誌「MOJO」の2004年9月号の付録CDはクラッシュ(The Clash)特集。2004年というと1979年の名盤「London Calling」の25周年記念盤が発売された頃なので、そのタイアップ特集だったのかも(CDだけの所有で雑誌がないので分からない)。収録アーティストと曲はこちら。

01 Mikey Dread - Saturday Night Style
02 The Last Poets - On The Subway
03 Sam & Dave - Hold On! I'm A Comin'
04 Lee Hazlewood - Run Boy Run
05 The Tennors - Ride The Donkey
06 I-Roy - Black Man Time
07 Warren Miller - Everybody's Got A Baby But Me
08 The 101'ers - Sweet Revenge
09 Television Personalities - Part Time Punks
10 Janie Jones - House Of Juju Queen
11 Tommy Steele - Singing The Blues
12 Thea Gilmore - I'm Not Down
13 The Spencer Davis Group - Every Little Bit Hurts (Live)
14 The Rulers - Wrong Em Boyo  3:20 
15 Joe Strummer - White Man (Live At The 100 Club)

自分の知っている範囲で、01はプロデューサー&共演者、08はジョー(Joe Strummer)の前身バンド、10はクラッシュがバックを務めた共演者、12、13、14はクラッシュがカヴァーした元曲、15はジョーの未発表ライヴ、他はミック・ジョーンズ(Mick Jones)とポール・シムノン(Paul Simonon)がセレクトした影響を受けた曲(01~07がそうかな)のよう。

レゲエとロック(パンク)の音楽的融合に、真の意味で成功していた数少ないバンドのひとつであるクラッシュだけに、影響を受けた楽曲にもレゲエ・ナンバーが入るし、ちょっと意外なソウル・ミュージックからの影響もなかなか興味深い。ジョーの前身バンド「101’s(ワン・オー・ワナーズ)」はパブ・ロックだが、ヴォーカルはもうしっかりパンク色になっている。その昔、このシングルを随分探して買った覚えがあるのでレコード棚のどこかにあるはず。カヴァーの原曲を聴くと、クラッシュのカヴァー能力の高さがよく分かる。どれもストレートなカヴァーなんだけれど、しっかりクラッシュの曲になっている。最後のライヴは詳しいクレジットが無いので、いつ頃のライヴか分からない。若かりし頃と比べて随分丸いが、過ぎた時の長さと、彼がもうこの世に居ないことを思うと感慨深い…。 

コメント

1-2-3-4! (MOJO Magazine) / Various Artists

2016年12月01日 | 雑誌付録CD

1-2-3-4! (MOJO Magazine) / Various Artists (2011)

英音楽誌「MOJO」の2011年4月号の付録CDは副題が「The Roots Of The Ramones」。収録曲目を見ると全てがラモーンズのルーツという訳ではないし、選曲意図が読めないものもあるが、コンピ盤としては、ニューヨーク・パンクと、それより以前の(主に)アメリカのガレージ・パンクの素晴らしいショーケースになっていると思う。気になる曲目はこちら↓。

01 Street Fighting Man - Walter Lure And The Ramones
02 Ballrooms Of Mars – T.Rex
03 She Talks To Rainbows – Ronnie Spector 
04 I Love You – Johnny Thunders & The Heartbreakers
05 Bird Dance Beat – The Trashmen  
06 Baby Let's Twist – The Dictators
07 Personality Crisis  –New York Dolls
08 Do You Want To Dance – Bobby Freeman
09 Give Him A Great Big Kiss  –The Shangri-Las
10 Can't Seem To Make You Mine – The Seeds
11 Oh Those Eyes – The Vagrants
12 7 And 7 Is – Love
13 Rocket USA – Suicide
14 Max's Kansas City – Wayne County (By Jayne County Meets The She Wolves)
15 Venus De Milo – Television

(収録雑誌が無いので)あまり詳しいデータが分からないが、1のハートブレイカーズのウォルター・ルー(Walter Lure)との共演は何の機会だったのかな。84年のアルバム「Too Tough To Die」のアウトテイクと同じだろうか。仲の良かったロニー・スペクター(もちろんフィル・スペクターの元妻で、ロネッツのヴォーカル)はジョーイ(Joey Ramone)のソロ曲を逆カヴァー。ザ・トラッシュメン(The Trashmen)の曲はもちろんラモーンズのライヴ定番曲「Surfin' Bird」関連。テレヴィジョン(Television)とは(同じ会場で)共演はあれど、音楽的関係は無かったはずだけど…。こういう出来の良い企画盤は選者の意図を探ったり、テーマとの関係性を調べたりするのも楽しい。

オークションにて購入(¥500)

コメント

Instant Garage (MOJO Magazine) / Various Artists

2016年03月08日 | 雑誌付録CD

Instant Garage (MOJO Magazine) / Various Artists (2003)

英音楽誌「MOJO」の2003年6月号の付録CDはミュージック・ガイド・シリーズで「Instant Garage」と題し、60~70年代のガレージバンドの特集。ジャケットやライナー部分のアートワークもかっこいいが、中身が凄い。有名どころ以外にも、2、17、21、23、26など、こういう企画では常連とはいうものの、渋めの選曲もあり、どの曲も痺れるくらいかっこいい曲ばかり。ちゃんとしたコンピレーションとして発売しても差し支えない素晴らしい内容だが、これが雑誌の付録とは…。恐るべし。

20のThe Iguanasはイギー・ポップ(Iggy Pop)がドラムスで在籍したバンドだ(彼の名「Iggy」はここから採られているはず)。正規発売物では初めて聴いた。作曲はイギー。ヴォーカルがイギーでないとしてもいかにもそれらしい雰囲気のあるパンキッシュな曲だ。トッド・ラングレン(Todd Rundgren )在籍のThe Nuzzの21はザ・フー(The Who)かよと突っ込みたくなるようなイントロで始まるサイケデリック・ロック。面倒臭いので各バンドの来歴を調べようとは思わないが、この面子、まだまだびっくりするようなクレジットがありそうだ。

01 MC5 - Kick Out The Jams
02 The Electric Prunes - I Had Too Much To Dream (Last Night)
03 The Sonics - Psycho
04 New York Dolls - Personality Crisis
05 The Ready Men - Shortnin' Bread
06 The Bush - To Die Alone
07 Jonathan Richman And The Modern Lovers - She Cracked
08 The Express - Wastin' My Time
09 Gil Bateman - My Daddy Walked In Darkness
10 Love - Seven And Seven Is 
11 Rocky And The Riddlers - Flash And Crash 
12 She - Outta Reach 
13 The Ramones - I Wanna Be Your Boyfriend (Demo)  
14 The Kinks - Milk Cow Blues
15 Little John And The Monks - Black Winds
16 The Alarm Clocks - No Reason To Complain 
17 The Count Five - Psychotic Reaction 
18 Artesians - Trick Bag 
19 Dean Carter - Jailhouse Rock 
20 The Iguanas - Again And Again 
21 The Nazz - Open My Eyes 
22 The Wailers [Tacoma] - Dirty Robber 
23 Paul Revere And The Raiders - Just Like Me 
24 Bunker Hill - The Girl Can't Dance 
25 Brave New World - Train Kept A Rollin' 
26 The Amboy Dukes - Baby Please Don't Go
27 The Rats [Akron, Ohio] - Rat's Revenge Part 2 
28 Mouse And The Traps - Sometimes You Just Can't Win

 

コメント

In Search Of Syd (MOJO Magazine) / Various Artists

2016年01月16日 | 雑誌付録CD

In Search Of Syd (MOJO Magazine) / Various Artists (2007)

英音楽雑誌「MOJO Magazine」の2007年9月号の付録CDは「15 Mind-Bending Freak-Outs!」と副題が付いていて、元ピンク・フロイド(Pink Floyd)の故シド・バレット(Syd Barrett)を連想させる「あっちの世界」のサイケデリックな楽曲を揃えたなかなかマニアックなコンピレーションCD。残念ながら当人の楽曲が収録されていないが、戦前のカントリー・ブルースから60年代のサイケデリック・ロック、現代のアーティストまで盛り沢山。時代の幅は随分と広いが、全体として不思議な統一感があるのがさすがだ。

01 Spacemen 3 / Things'll Never Be The Same
02 The Flaming Lips / She Is Death
03 Blind Boy Fuller And Floyd Council / If You Don't Give Me What I Want
04 Pink Anderson And Simmie Dooley / C.C. And O. Blues
05 Bonzo Dog Band /  Humanoid Boogie
06 Kevin Ayers / Oh! Wot A Dream
07 Jennifer Gentle / Take My Hand
08 The Mothers Of Invention / Who Are The Brain Police?
09 Gong / 5 And 20 Schoolgirls
10 The Bevis Frond / Portobello Man
11 Hawkwind / Cymbaline
12 Wooden Shjips / SOL 07 Pt 1
13 The Soft Machine / I Should've Known
14 AMM / Ailantus Glandulosa
15 Acid Mothers Temple & The Melting Paraiso U.F.O. / Crystal Rainbow Pyramid

名前は聞いたことがあっても、実際にアルバムを持っていない05や09、13なんかが面白かった。こういうコンピのいいところは、サンプラー的に聴けること。ここからまた興味が拡がって新しい音楽と出会う機会になったりする。特にMOJO紙やUNCUT紙に付録のCDは独特のセンスと遊びがあり気に入っている。それにしても毎号こんなマニアックな選曲の付録を付けることが出来るなんて凄いなァ。

コメント