ハリーの「聴いて食べて呑んで」

日々増殖を続ける音源や、訪問した店、訪れた近代建築などの備忘録

栄屋 @岐阜県関市

2018年07月24日 | 岐阜県(中濃・老舗)

※訪問は7月1日。その後7月7日の豪雨で店の裏を流れる津保川が氾濫し被災(床上浸水)され、現在営業再開に向けて作業中とのこと。心よりお見舞い申し上げます。(記述内容は被災前の状況です)

ある日曜日の午後に外出先から家に帰ったら、珍しく嫁と娘と息子がスタンバイ。鰻を食べに行こうと話がまとまっていた。店も知人に行ったことのない店を教えてもらったとのこと。その話にそのままのっかり、車を出してドライヴがてら関市の奥、上之保方面へ。のどかな山あいの風景を愛でながら田舎道を走ってきたが脇に入ると風情ある通りが残っており、その先に目指す「栄屋」があった。もとは料理旅館で創業140年にもなる老舗なのだとか。店のすぐ裏には川が流れている(※)。関市内には鰻で有名な店がいくつもあるが市街に集中していて、奥のこの店には来たことがなかった。(※件の氾濫した津保川)

店に入ると先客は地元の方達だろうか、ビール片手に賑やかに談笑中。テーブル席に座ってさっそく注文を入れる。何はなくとも瓶ビール(アサヒ・ドライのみ…)。丼物や定食以外の品書きが見当たらないので何かつまむものはないかと給仕の女の子に尋ねると、奥へ訊きに行き「骨ならあります。」とのこと。持ってきてもらった。各自は丼を頼み、自分はご飯は要らないやと「長焼」を単品で注文。すぐにビール瓶を空にして、日本酒は何があるか尋ねるとまた奥へ。どうもまだ新人のよう。女将さんがやってきて「御代桜」があると言うので常温でお願いした。各自の丼ぶりが届き、自分にはなぜか「長焼定食」が運ばれる…。ま、いいやとご飯を息子に押し付け、そのままいただくことにした。吸い物と漬物(守口漬1切)が付く。鰻は皮がパリッと焼かれていて身も厚い。タレはやや甘め。この地方らしくしっかり濃い目でなかなかいい。家族も旨い旨いとやっつけている。酒の残りとかば焼きでいい気分。吸い物には肝も入っていてなかなか値打ちな鰻だった。並ばなくてもいいし、これならドライヴがてらまた来たいナ。(勘定は¥12,000程)

※営業再開の暁にはぜひまた伺いたいと思います。

 


 

↓ 店の前のなかなか風情のある通り。次の機会にゆっくりと散策してみよう。(※写真は被災前)

 

 


 

栄屋

岐阜県関市上之保15170

 

( 関 せき さかえや さかえ屋 ウナギ うなぎ 鰻 うな丼 鰻丼 西日本豪雨 集中豪雨 床上浸水 上之保地区 津保川 )

コメント

まるみつ @岐阜県郡上市 (※臨時営業)

2018年04月26日 | 岐阜県(中濃・老舗)

 

バイクで遠出した帰り、郡上おどり(徹夜おどり)で有名な郡上八幡に立ち寄る。ちょうどこの日は「春まつり」だったようで、街の路地のあちらこちらに神楽が巡行して賑やか(郡上八幡の三大神社にそれぞれ神楽があるのだとか)。こういう街には最も相応しい春を告げる行事に何も事前情報なく当たる幸運。街を歩いていると「!?」…ある店が目に留まる。戦前から営業し、惜しくも2年前に閉店した軽食の「まるみつ」本店が…営業している!「あれ?復活したのか」と店先へ。腰の曲がった大女将さんも店頭に。もうそろそろ店じまいという感じだったが、「まだ大丈夫ですか?」と訊くと、「もう焼そばしかないですけど。」との事。願ったり叶ったり。若い男性が調理場に居て、詳しく訊くと、閉店してしまったがこの日は祭りなので”臨時営業”なのだとか。だからもうこれでお終いとの事。そうなのか…。もちろん「焼きそば」を注文した。

間もなくテーブルに置かれたのはパック入りの「焼そば」。……そう、店頭で販売していた残りしかないということなのだった。「中で食べていってもいいですか?」と訊くと「ハイどうぞ。」との事。箸と紙コップに入った水も置かれた。輪ゴムを取って「焼きそば」をいただく。こちらの焼きそばは昔からこちらに伝わる「パリパリ焼そば」。店頭にも「元祖パリパリ・丸光焼そば」と書かれている。大きめのキャベツと豚肉、その上からは海苔と炒り玉子、紅生姜がのせられている。さすがに冷めてしまっているのでモソモソとした食感。ソースの風味も飛んでしまっていて薄味に感じる。肝心のパリパリ部分もあるにはあるのだが、冷めた他の部分と同化してしまって”全体的に硬めの焼きそば”に(苦笑)。伝説となった焼そば(←大げさ)を食べられたことは嬉しかったが…。もう少し早く到着していればなァ。(勘定は¥500)

分店の記事はこちら

 

 


 

↓ 街中には各神社の神楽が賑やかに巡行。笛の音に合わせて獅子舞が舞い踊り、若い衆が声を上げる。街中が高揚感に包まれて、風情ある街をさらに趣あるものに。

  

↓ 何度も歩いているのに今まで気づかなかった近代建築の名残りを発見「小川屋洋品店」(建築詳細不明)。建物の上方をよく見ると庇にそれらしき意匠が見られる。

  

↓ 今は使われていない様子のこの建物(建築詳細不明)は、壁面から窓枠から庇から、豆タイルでびっしりと装飾されている。前はどんな商店だったんだろう。

  

 


 

 

味の店 まるみつ (※閉店しています)

岐阜県郡上市八幡町新町950

 

( 郡上 郡上八幡 ぐじょう ぐじょうはちまん マルミツ 丸光 丸光本店 まるみつ本店 老舗 パリパリやきそば 焼きそば やきそば 大神楽 春祭り 近代建築 ) 

コメント

ニュー柳屋食堂 (2) @岐阜県美濃市

2018年03月23日 | 岐阜県(中濃・老舗)

 

岐阜県美濃市で”とんちゃん”と言えばココ、旧名鉄美濃市駅近くの「ニュー柳屋食堂」。実際はとんちゃんや焼肉だけでなく定食や丼物もある食堂だが、やはり目の前の鉄板で持ち手付きの重しを使って焼くとんちゃんは格別。店の横には持ち帰りのビニール袋入りの「とんちゃん」や「焼肉(さがり)」売場があり、地元でのバーべキュー御用達。この日は仕事で店の前を通ったので、晩酌の供にと寄ってみた。中に入ると女性店員が梱包作業中。肉の入った袋がたっぷりと用意されていた。買って帰る人多いんだろうナ。

家に帰ってバーベキューという訳にはいかないのでフライパンを用意。嵩(かさ)を増す為と肉のみの罪悪感を消す為に、玉ねぎとキャベツを刻んで炒めて皿に上げ「とんちゃん」を漬かったたれと一緒にそのまま投入。じっくり火を入れていくとだんだん水分が出てきてホルモン特有の匂いがキッチンに拡がる。少し水分を飛ばして炒めておいた野菜を合わせ、完成。ビールを片手にいただく。息子を誘ったが奴はこの匂いが苦手とみえて遠慮がち。情けない…。しっかりとした弾力ある歯応えのとんちゃんはレバーなどの部位も入っているのでうれしい。たれには辛味も加えてあるのだが、ちょっと野菜の量が多かったのかあまり効かない。ビールも箸も止まらず、ほとんど1人で食べてしまった。次は野菜の量を控えようっと。(勘定は¥500/袋)

以前の記事はこちら

 

ニュー柳屋食堂

岐阜県美濃市広岡町255-14

 

( 美濃 みの 柳屋 ニュー柳屋 やなぎや ホルモン とんちゃん 焼肉 ラーメン バーベキュー 持ち帰り )

コメント (2)

大黒屋 @岐阜県加茂郡八百津町

2018年03月14日 | 岐阜県(中濃・老舗)

八百津町の老舗食堂「三勝屋」に行く時にいつも前を通るのだが開いていない「大黒屋」。それもそのはず日曜営業はしていない。先日、平日の昼に「三勝屋」へ寄った時も、ここが開いていれば入ったことがないこちらへ入ろうと思っていた。でも暖簾が掛かっていなかったので入れず。また同じようなシチュエーションで仕事でこちら方面に居たので、今度は時間を少し遅めにずらして行ってみると…開いていた。神社前に車を停め「三勝屋」の前を歩いて通り過ぎ、暖簾をくぐる。

何時頃建て直した建物なのかは分からないが普請は古くない。店の中はテーブル席が3つのみとこじんまりしていてご夫婦で商っていらっしゃる様子。でも隣の厨房はそれと同じかそれより大きいぐらいで扉と窓口で仕切られている。古い店だろうと予想はついていたが、店の”おしながき”によるとこちらの創業は何と昭和2年(1927)だとか。それって「三勝屋」(創業昭和8年)よりも古いじゃないか! あちらはメディアにも取り上げられて賑やかなのに、ちょっと店の風情が足りないか…。現在は3代目だとのこと。洋食もあり、好物のオムライスもあったので迷ったが、最近は集中して東濃~中濃地方のカツ丼(亜種)を食べているので「カツ丼(並)」をお願いした。それにしても昭和初期に開業したここにも「三勝屋」にも品書きに「ソースカツ丼」があるのは偶然なのか、それとも長野県とかからの影響があるのか興味は尽きない。

なーんてことを考えながらぼけーっとしていると「カツ丼」が登場。多めの漬物とカットバナナ(笑)が付いている。こちらの「かつ丼」は玉子を出汁で溶いたゆるゆるの餡がカツの上からかけられたタイプ。「三勝屋」も同じタイプなので”地域性”とみるべきだろうか。カツ丼の”中山道ライン”はやっぱり面白いなァ(八百津町は中山道の「御嵩宿」「伏見宿」からほど近い)。ゆるゆるとろとろの餡がたっぷりかかっていて、味付けは強すぎず、旨い。長葱の青いところと玉ねぎが同居しているのが珍しい。ご飯の方にまで餡が多めに溢れ、するするといただいた。次はオムライスか、それとも件のソースカツ丼か。日曜にやっていればまたすぐにでも行きたいんだけれど…。(勘定は¥650)

 

 


 

 ↓ 店のある通りを北上したところにあった下見板張りの洋間を備えた日本家屋(建築詳細不明)

↓ 木曽川沿いの古い通りに「雪中寒梅」「蘇水峡」という銘柄で有名な「古田酒造」(建築詳細不明・)があった。ひと気が無いなァと調べてみると2012年に事業停止しているようだ。

 

↓ 同じ通りで見つけたタバコ屋の痕跡。その昔は薬屋で、火薬なども扱っていたようだ。

↓ 夕暮れ時の「旧八百津発電所資料館(旧・名古屋電力㈱八百津発電所)」(明治44年・1911・建造 ※国重要文化財)。資料館の入口が北側なのでそちらばかりしか見ていなかったが、南側に行ってみるとこちらの壁面にもしっかり逆読みの「名古屋電力株式會社」の文字が。陽に当たってなかなかいい顔。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

大衆食堂 大黒屋

岐阜県加茂郡八百津町八百津3883

 

( 八百津 やおつ だいこくや 大衆食堂 麺類食堂 洋食 オムライス カレーライス かつ丼 かつどん 亜種 近代建築 国指定重要文化財 酒蔵 廃業 ) 

コメント

三勝屋 (3) @岐阜県加茂郡八百津町

2018年02月12日 | 岐阜県(中濃・老舗)

仕事で可児方面にいた時に随分と遠回りをしてわざわざ八百津町の昭和8年(1933)創業の老舗食堂「三勝屋」で昼食。店が開いて一番乗りで中に入った。壁にはずらりと地方の地名や相撲取りの名前が書かれたお土産提灯や、芸能人のサイン色紙が並んでいる。いつものように壁に並んだ木札の品書きを眺める。といってもほぼ決め打ちで来ていて、この日の目当てはオムライス。札には「平日のみ可」と書かれている(前から書いてあったっけか?)。厨房から誰も出てこないので、立って「オムライスお願いします。」と声をかけた。すぐに後客が入ってくる。平日なのでもちろん働いている人が多いが、学生諸君のグループもゾロゾロと入ってきた。人数が多いのでこの後にならなくて良かったとホッとする。その頃にはご高齢の女将さんも出ていらっしゃって元気に注文を取っていた。

しばらくして若い衆の手で「オムライス」が運ばれた。楕円の平皿に盛られていて薄焼きタイプなのだがその形がユニーク。両端がキュッとキャンディーのように締められていて、ライスの部分は横に倒れた四角柱といった感じ。何か型を使っているのかな。上からは多めのケチャップがたらされていて福神漬が添えられている。なかなかフォトジェニックなオムライス。さっそくスプーンを入れて口に運ぶ。中はしっとりとしたケチャップライス。最初は良かったのだが、ケチャップの量がかなり多く、上にかかったケチャップもあるので酸味が強過ぎる。昔からこの味付けなのか、それとも今回はたまたまだったのか…。もちろん食べ切ったが、いくら何でももう少し控えめな味付けでないとナ…。(勘定は¥830)

以前の記事はこちらこちら

 


 

 ↓ 店のすぐ横にある「熊野神社」(建築詳細不明)。鳥居の向こうには「目隠門」(昭和13年・1938・奉納)があり、龍や獅子が彫られていて、登録有形文化財に指定されている。

 


 

 

お食事処 三勝屋

岐阜県加茂郡八百津町八百津4118-1

 

( 八百津 やおつ 三勝屋 さんかつや パーコー にっぽん全国百年食堂 椎名誠 かつ丼 大衆食堂 麺類食堂 老舗食堂 洋食 ラーメン 中華そば 国登録有形文化財 )

コメント

廣見饅頭本舗 丸万 @岐阜県可児市

2018年01月11日 | 岐阜県(中濃・老舗)

岐阜県可児市の広見にある創業明治23年(1890)という歴史ある和菓子屋「丸万」へ。「元祖・廣見饅頭本舗」とあるが、これも屋号なのかな。この辺りにはあまり老舗と呼べる店は多くないので貴重な店だろう。大通りから1本入った所にあるが、周辺には新しそうな商業テナントもあった。店に入るとガラスショーケースに様々な菓子が並んでいる。洋菓子もあって、最近どの和菓子屋でも扱うことの多いフルーツ系の大福を推しているようだ。種類も沢山ある。他の菓子の種類も多いので迷ったが、”廣見饅頭”はシンプルな酒蒸し饅頭のようだったので、ものは試しと「モンブラン大福」、それに「栗のしずく」という菓子をお願いしてみた。

持ち帰った菓子をいただく。「モンブラン大福」はもちろんもっちりとした餅皮で包まれているが、食べてビックリ、中にはスポンジ生地も入っている。そうか、”栗”大福ではなくて”モンブラン”だもんな。生クリーム、栗ペーストが入っていて、アクセントに桃が使われている。もう何が”モンブラン”か分からなくなってしまうが(笑)、フレッシュな口当たりがあってこの工夫は面白い。これはコーヒーだな。「栗のしずく」は、いい香りの葉っぱで包まれていて、透明でプルプルの葛粉の皮の中に栗きんとんが入っている。味としては当然想像通りだが、なかなか手がこんでいてこれも旨い。老舗も色んな事にチャレンジする時代。(勘定は大福¥270/個、栗のしずく¥200/個)

 

元祖 廣見饅頭本舗 丸万

岐阜県可児市広見630-6

 

( 可児 かに ひろみ 広見 まるまん 御菓子司 和菓子 広見饅頭 広見まんじゅう フルーツ大福 )

コメント

末広堂 (2) @岐阜県美濃市

2017年12月17日 | 岐阜県(中濃・老舗)

仕事で岐阜県美濃市に居たのでちょっと寄り道をしてアイスクリームの「末広堂」へ。創業は昭和29年(1954)。店の入口の横に窓口があり、そちらで購入する。この日はいつもここに座っていらっしゃったご高齢のお母さんではなく主人が応対(ちょっと心配)。いくつか新作(柿、桜など※)も出来ていたようだったが、この日は「抹茶アイスモナカ」をお願いした。

※今年の4月に新発売されたのだそう

すぐに車に戻って、車の中でいただく。分厚い最中種(皮)の中にはとてもあっさりとした口当たりのアイス。静岡産の抹茶が入っているという抹茶アイスは、抹茶の風味が強い訳ではないが後味がとても良く旨い。サクッとした最中種と一緒に食べても口の中がモタっとしない。やっぱりここのアイスは好みだ。次は最中種からして違うという新作の「柿」と「桜」の両方いってみましょう。(勘定は¥130/個)

 以前の記事はこちら

 

末広堂 (末広堂美濃アイス)

岐阜県美濃市俵町2636

 

( 美濃 みの すえひろどう 美濃アイス 末広堂美濃アイス アイスモナカ アイス最中 新作 ) 

コメント

角鍬商店 @岐阜県関市

2017年12月11日 | 岐阜県(中濃・老舗)

小瀬(おぜ)の鵜飼も有名な岐阜県関市の、本町商店街にある「角鍬商店」へ。こちらは店の表にも書いてあるように「いかだばえ」(しらはえ=オイカワの佃煮)「蜂の子」などの佃煮を売る老舗。創業は江戸末期で現在5代目というから凄い。原材料は冷凍保存せず、季節のものを使い切り、製法も昔のままだという。店の前まで行くと老舗とはいっても建物は新しく、間口は広くないがシンプルで潔い凛とした空気がある(ちなみに向かいは人気の蕎麦屋「助六」)。思い切って暖簾をくぐると中にはショーケースがあるだけのすっきりとシンプルな店内。ガラスショーケースの中にあるものは箱入りのものばかりだったので量が多いかなと躊躇していたが、奥から出てきた女将に訊くと後ろに個別包装の品もあるとのこと。振り返ると細い棚にひっそりと並んでいた。中から「鮎の甘露煮」を選んで購入。

後から調べてみると「鮎の甘露煮」自体は30年程前からと、老舗にしては歴史が浅く意外だった。中サイズの鮎の甘露煮がそのままの姿でビニールで真空包装されており日持ちもする。そういえば今年の夏から秋にかけてはたくさん鮎の甘露煮をいただいた。和食店から戴いたり、知人の自家製を戴いたり。どれも材料は大して変わらない(たぶん)。もちろんそれぞれ味付けや口当たりの個性はある。こちらはさすがにそういった頂き物に比べると上品で、頭の部分も食べ易い。味付けは甘露煮としてはあっさりとしている方なので酒とぶつからない。この日は「菊正宗」の樽酒と合わせたが、ちょうどいい感じ。”わた”の苦味もしっかりと味わえて旨かった。次はやはり「いかだばえ」をと思うのだが、はえの佃煮(これも毎年知人に頂く)って味が濃くって、あまり減っていかないんだよなァ。(勘定は¥648/尾)

 


 

↓ 同じ本町通りにある「鈴木自転車店」(建築詳細不明)。これを看板建築と言っていいのか分からないが、角に面した2面は明らかに日本建築とは違う。

 


 

角鍬商店

岐阜県関市本町8-36

 

( 関 せき 角鍬 かどくわ かどくわ商店 老舗 川魚 佃煮 つくだ煮 つくだに いかだばえ 甘露煮 蜂の子 はちのこ 土産 贈答品 )

コメント (2)

角丸 (2) @岐阜県関市

2017年08月15日 | 岐阜県(中濃・老舗)

鰻の有名店が多い岐阜県関市。休日ともなるとその中の「しげ吉」、「辻屋」、「みよし亭」はいつも行列が出来てなかなか飛び込む気は起こらないが、「孫六」と、ここ「角丸」は余程の繁忙期以外は大抵並ばずとも入ることが出来るので便利。それぞれの店に”焼き”や”たれ”に違いはあるが、総じて関市は”地焼き”で、たれは濃いめのやや甘めだろうか(といっても同じ地焼きの関西で鰻を食べたことが無いので比較出来ない)。裏の駐車場に車を停め、焼き場の前を通って店に入ると程良い客の入り。創業は明治7年(1874)、2階に畳敷きの広間もある大店(おおだな)で、そちらにも多人数の客が入っているようだった。自分はあまりお腹が空いていなかったので、とりあえず瓶ビールと「鰻の骨唐揚」を注文。家族は「鰻丼」を注文し、結局自分はご飯を抜き「鰻長焼」にしてみた。

冷たいビールをゴクゴクとやり、骨をポリポリとやっていると、あっという間にビールは空に。もう1本追加して焼き上がりを待っていると家族の丼ぶりと自分の長焼が登場。みんなが丼ぶりをがっついているのを見ると、猛烈にご飯が欲しくなる(笑)。長焼もたれをくぐっているので余計にそんな気分に。”白焼”でお願いすれば良かったかな…。焼き加減は上々で、しっかりと脂がのっており、身の厚さもほどほどで旨い。それにしても鰻のたれの破壊力は凄まじいなァ(笑)。結局息子が食べなかった守口漬や、肝吸いの肝で最後のビールを流し込み、未練を残したまま了とした(←ご飯頼めっつーの)。(勘定は¥8,000程)

以前の記事はこちら

 

川魚料理 角丸

岐阜県関市東門前町21

 

( 岐阜 ぎふ 関 せき 関市 かくまる 鰻 うなぎ 鰻丼 うな丼 しげ吉 辻屋 孫六 みよし亭 )

コメント

康生 @岐阜県可児市

2017年06月15日 | 岐阜県(中濃・老舗)

 

岐阜県可児市の鰻屋「康生」に初訪問。こちら料理旅館として昭和2年に創業した老舗だが、沿革を見ると今の体制になったのは15年程前からになるのかな。中庭がある大店で、暖簾には”料亭”の文字もある。昼の口開けで暖簾をくぐったが、空いていても「廣見庵」と名付けられた離れに案内された。もちろんこちらはまだ新しいモダンな建物で、BGMにジャズが流れている(要るかな?)。こちらからも中庭が見えるので気を利かせてくれたんだろう。平日とあってか社用のグループ客ばかりで賑わっていた。メニュー写真といい、飾られたポスターといい、給仕女性の作務衣っぽい上着といい、”電通入ってる(※あくまでも比喩的な表現です)”感が強い(笑)。メニューから「うな丼・梅」を注文した。大勢の客がまだ配膳されていない様子なので待ち時間は長いが、鰻の店では仕方のないところ。

お茶の追加が欲しかったが、この離れには店員が誰も居ないので、大声出す訳にもいかないし、困ったナ…。しばらく待って錦柄の蓋付きの丼ぶりに入った「うな丼」が運ばれた。蓋を開けると鰻は尻尾側3切れ。身の厚さはまぁまぁといったところ。ご飯は多め。ご飯の量とのバランスが悪いので丼ぶりとしてはちょっとアレだが、皮側はカリッと焼かれていて、たれも甘過ぎず旨い。好きな粉山椒を振っていただいた。大根と人参の揚げ浸しの小鉢が付いてきたが、酸味がかなり強く、鰻を食べていてまるっきり口が変わってしまう(それを狙ったのかもしれないが、もっと酢加減を優しくても…)。漬物は守口漬でなく、壺漬けだったが残念。肝吸いもいただいてごちそうさま。(勘定は¥2,538)

 

料亭 うなぎ 康生

岐阜県可児市広見802-1

 

( 岐阜 ぎふ 可児 かに こうせい ウナギ 鰻 鰻丼 うな丼 老舗 料理旅館 うなぎの康生 奈良漬 )

 

コメント (4)