ハリーの「聴いて食べて呑んで」

日々増殖を続ける音源や、訪問した店、訪れた近代建築などの備忘録

The Condensed 21st Century Guide To King Crimson 1969-2003 / King Crimson

2016年09月20日 | プログレッシヴ

The Condensed 21st Century Guide To King Crimson 1969-2003 / King Crimson (2006)

今まであまり芳しくない結果に終わりながら、またもやプログレにチャレンジ(←しつこい)。今度は大御所キング・クリムゾン(King Crimson)。鬼才ロバート・フリップ(Robert Fripp)率いるクリムゾンだが、メンバーの変遷や、音楽性の変遷も、ほとんど知識は無く…。フリップ自身の活動は、デビッド・ボウイ(David Bowie)やブライアン・イーノ(Brian Eno)との共演で聴いてはいる。誰もが知る代表作「In the Court of the Crimson King(クリムゾン・キングの宮殿)」は高校生ぐらいの時に、どこで借りたのだか、カセットテープに吹き込んだもの(死語)を持っていた。もちろん当時もプログレなるものはよく知らず、ロックの名盤という括りで聴いたに過ぎず、1曲目を除いて強い印象は持っていない。このベスト盤でも、そのアルバムの1曲目「21st Century Schizoid Man(21世紀の精神異常者)※」で始まる。

※現在は過剰な自主規制の為か、過去に普通に使用されていた言葉や題名まで規制がかかり、「21世紀のスキッツォイド・マン 」という変な邦題になっている

熱狂的なファンに支えられているバンドなので、永年に渡ってファンの心を掴んで離さない”何か”があるのだろうけど、自分は正直それが何か、まだ全然分からない。ま、たぶんファンからしたらこのガイド盤から聴くなよ、っていう話なんだろうけど。彼ら(もしくはフリップ自身)の独特の世界観は、決してコマーシャルなものではないので、なかなか取っつき難いが、70年代の曲はむしろロック・バンドとしてではなく、ジャズ・ロックのバンドとして捉えた方がしっくりくるのかもしれない。

今回このガイド盤を聴いてみて、80年代からのエイドリアン・ブリュー(Adrian Belew)を起用してからの音楽性(まるっきりニューウェーヴ!)にはびっくりした。この辺りに当時少しでもかすっていたら大ファンになっていたかもしれない。自分が好きだったボウイ、トーキング・ヘッズ(Talking Heads)、ブライアン・イーノ、ポリス(The Police ※アンディ・サマーズのギター)辺りと寸分違わぬ雰囲気。エイドリアン・ブリュー(なぜかフルネームで呼んでしまう)のヴォーカルはヘッズのデイヴィッド・バーン(David Byrne)そっくりだし、フリーキーなギターはボウイの「Scary Monsters」(80年)収録の「It's No Game」や「Scary Monsers (And Super Creeps)」でフリップ御大が見せた演奏と直結。いいなァ、この感じ。まるっきり同じ土俵の上だ。クリムゾンがこんなだったとは(ひょっとしてこの時期はクリムゾン・ファンに不評だったりして…)。

この2枚組を聴いて、少なくとも1973年の「Larks' Tongues in Aspic」、それに1981年の「Discipline」は買おうと思ったので、ガイド盤としての役割は充分に果たしている。

中古店にて購入(¥380)

  • CD (2006/11/22)
  • Disc : 2
  • Format: Original recording remastered
  • Label : WHDエンタテインメント
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Original Album Classics / Mahavishnu Orchestra

2016年06月28日 | プログレッシヴ

Original Album Classics / Mahavishnu Orchestra (2007)

相変わらず学習せず、こういうセット物を買ってしまうわ、自分にプログレ的なものは向いていないと何度も経験したはずなのに、ひょっとしてこれならと購入してしまうわ、と迷走が続いている「皆もすなるプログレといふものを、我もしてみむとてするなり」シリーズ続編。今回購入したのはマハヴィヌシュ・オーケストラ(Mahavishnu Orchestra)の5枚組廉価紙ジャケセット。安けりゃいいってもんでもないが、1枚200円ならハズしても…という訳の分からない損失計算を元に聴いてみた次第。彼らをプログレと呼ぶのには両論あると思うが(初期は別として)これをジャズあるいはジャズ・ロック、あるいはフュージョンとも括りづらいので困った(一般的にはジャズ・ロックなのかな)。ので、自分が聴いてみた感触に基づき「プログレ」にカテゴライズしてみる。もちろんこのバンドに対する予備知識はほとんど無く、唯知っていたのは、あのジョン・マクラフリン(John McLaughlin)の作ったバンドという事ぐらい。ジョン・マクラフリンと言えばエレクトリック期のマイルス・デイビス(Miles Davis)のアルバムに何枚も参加し、名前が曲名にも採用されているという超絶テク・ギタリスト。

時期がエレクトリック・マイルスと被っているので、特に最初の頃のアルバムではマイルスのアルバムでも展開したようなジャズ・ロックを聴くことができ、なかなか幸先良い。もうギターの音なのかどうなのか分からなくなってしまうほどのバカが付くほどのテクニック。メインと言っても過言ではないくらいバイオリンの音もかなり効果的で重要な音楽的ファクターになっている。インド音楽の影響が強く感じられる曲もあり壮大。後年になると更にそういった感じになってくる。ただ自分の音楽的趣向としてはそういったものに音楽的カタルシスが感じられるかというと…。つまり、正直「イケない」。ジャズ・ファンクっぽい曲などではいいんだけどなァ(ファンの方、すいません)。などとムラがありつつも結構ターンテーブル(といってもCDだが)に載せる機会は多くなっている。特に3枚目のライヴ盤はイイ。

オークションにて購入(¥1,000)

  • CD (2007/11/16)
  • Disc : 5
  • Format: Box set, CD, Import
  • Label : Columbia
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Pictures At An Exhibition / Emerson Lake & Palmer

2016年04月20日 | プログレッシヴ

Pictures At An Exhibition / Emerson Lake & Palmer (1971)

「皆もすなるプログレといふものを、我もしてみむとてするなり」シリーズ(笑)。数々のプログレ名盤に当たっては砕けてきた自分が次にチャレンジしたのは、プログレ名盤には必ず選出されるだろうというエマーソン・レイク&パーマー(Emerson Lake & Palmer)の「展覧会の絵」。1971年の発表。もちろん原曲はムソグルスキーのピアノ組曲で、ライヴ音源を中心として、アレンジ、追加がなされているよう。アルバムが発売された経緯なんかも初めて知った(当時よくあった海賊盤対策)。それほど当時彼らの人気が盛り上がっていたとは。

自分が彼らを初めて見たのは「Isle of Wight Festival(ワイト島フェスティヴァル)」のVHSテープ映像だったから随分後になってからのこと。その時の彼らのアグレッシヴなステージを(1曲だけ)見て強い印象は残ったのだが、掘り下げるまでは至らなかった。もとよりキーボード(オルガン、モーグシンセサイザー、ハモンドオルガン)の音は好き。アルバムはちょっと狂気を含んだ超絶技巧のキーボード中心だが、周りの演奏も劣らずすごい。というか、これをライヴ演奏してまとめるって何と無謀なことか…。しかも当時のシンセは気温や湿度でかなり調子が狂ったというし。アルバムとしてはあっという間に終わってしまうくらい短いが濃密。この作品に思い入れが強い人がかなり多いのは今まであまり理解出来なかったけれど、スピーカーで大きい音出しをしてみたら印象が変わった。

これらの曲って昔テレビ番組か何かのジングルに使われたかな? その印象があってか、なかなかロックとしては耳に入ってこない。

ブックオフにて購入(¥500)

  • CD (2011/2/25)
  • Disc : 1
  • Format: CD, Import, Original recording remastered
  • Label : Colum

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Thick As A Brick / Jethro Tull

2015年11月07日 | プログレッシヴ

Thick As A Brick / Jethro Tull (1972)

ジェスロ・タル(Jethro Tull)の1972年発表の傑作「Thick As A Brick (邦題:ジェラルドの汚れなき世界)」。傑作と書いたが自分の最も苦手なジャンルであるプログレッシヴ・ロック。これが本当に傑作であるかは全然分かっていない(理解できない)のが実情。ジェスロ・タルと言えば、1968年に収録されながら、1996年にようやく日の目を見たローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)の「ロックンロール・サーカス」での映像が初めての体験。ぎこちなく片足を上げながらフルートを奏でるインパクトのある映像(しかもギターはブラック・サバスのトニー・アイオミ!)で、一発で気になる存在になった。その後、ベスト盤を購入して聴いたが、やはりその音楽性は一部の曲を除いて自分にビタッとはハマらず…。

このアルバムについては、ひと昔前まではジェラルド少年が書いた詩に音楽をつけたというデマがまことしやかに語られていて、自分もガイドブックに書いてあった事を信じていたが、自分の興味を遠ざけるのに充分だった(その時点でコンセプト・アルバムとしては大成功だとも言える)。もちろんこういうタイプのアルバムでストレートに歌詞を理解出来ないのは致命的だが、このCDで初めて聴いてみて、その豊かな音楽性には感心。牧歌的な雰囲気だがロックらしさもあり、2曲収録で1曲が(アナログで)片面20分強切れ目無しという長尺で、壮大。イアン・アンダーソン(Ian Anderson)のフルートはもちろん、オルガンの奏でる音がキモになっている。2(アナログでいうB面)の始まり方は好き。でもずっと愛聴出来るアルバムかというと、また別の話。アナログで出会っていたらその後は違ったかもしれないが…。プログレでも一部には好きな曲やアルバムはあれど、イエス(Yes)でも、ピンク・フロイド(Pink Floyd)でも、キング・クリムゾン(King Crimson)でものめりこめず、続けて聴かないアルバムが増えるのみ…(買わなきゃいいのにチャレンジは続けている)。

中古店にて購入(¥280)

  • CD (1998/6/1)
  • Disc : 1
  • Format : CD, Import
  • Label : CHRYSALIS

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Fragile / Yes

2015年01月04日 | プログレッシヴ

Fragile / Yes (1972)

様々なジャンルの音楽を分け隔てなく聴く自分だけれど、やはり馴染めない音楽っていうのはあって、それのひとつがいわゆる「プログレ」。ではそういうアルバムを持っていないかと言えば、そんなことはなく、代表的なピンク・フロイド(Pink Floyd)の作品をはじめ、アナログやCDを10指に余る位は持っているし、好きな曲もある。広義での「プログレ」であれば、ドイツのカン(Can)やクラフトワーク(Kraftwerk)はそう称しても差し支えないだろうと思うし、ツェッペリン(Led Zeppelin)やブラック・サバス(Black Sabbath)なんかもアルバムによってはそう呼んでも構わないかもしれない。そうなるとファンであると言ってもいい。でもやはり心底好きな作品があるかというと怪しい。コンセプトがあるアルバムでは言葉の壁が大きいし、テクニック至上主義の音楽は昔から苦手だ。ピンク・フロイドの名盤と言われる作品でも聴き倒したとは言えず、自分的名盤には程遠い。ピンク・フロイドと並び称される代表的プログレ・バンドのイエス(Yes)がどんなファン層に支えられているのかは知らないし、ファン層が重なっているのかは分からないのだが、イエスに関してはベスト盤と80年代のトレバー・ホーン(Trevor Horn)が関わった作品しか聴いた事が無いので、この名盤、そして邦題「こわれもの」として知られるこの作品を見つけて迷わず購入してみた。

自分がイエスを初めて聴いたのは高校時代にレンタル・ビデオ店で借りた「ビート・クラブ」の映像に入っていたこのアルバム先頭の1。そこでは他の70年代ハード・ロック・バンドと容姿も変わらないし、ポップな曲ということもあって違和感なく、というより結構気に入って繰り返し見た。その後、80年代にポップなバンドとしてのイエスは単発で好きだったが、それっきり。そんな状態で、発売から既に40年以上が経過しているこのアルバム。相変わらず聴きなれた1は好きな曲だ。それ以降の展開は決して得意ではないが、アイデアあふれるバラエティに富んだメロディと、アナログ録音ならではの肌触りの音はかっこいい。かなりクラシック寄りのアコースティック・ギターの音色も70年代ハードな音に無理なく溶け込んでいる。それでもやはり一番好きなのはドラマチックな展開を見せる1や9なんだけど。

中古店にて購入(¥324)

  • CD (2003/2/3)
  • Disc: 1
  • Format: CD, Original recording remastered, Import
  • Label: Elektra / Wea
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

The Very Best of Jethro Tull / Jethro Tull

2013年04月06日 | プログレッシヴ

Tull

The Very Best of Jethro Tull / Jethro Tull (2001)

片足を挙げ、フルートを吹くイアン・アンダーソン(Ian Anderson)率いるジェスロ・タル(Jethro Tull)。最初に聴いたのは1968年からずっとお倉入りで、1996年に突如オフィシャル発売となった「ローリング・ストーンズ・ロックンロール・サーカス(The Rolling Stones Rock'n Roll Circus)」。それまでは全く聴いた事が無かった。ジャンルとしては「プログレ」とされている事が多かったし、「フルート」って…ねぇ? しかしそこで見たジェスロ・タルは異形ではあったが、なかなかかっこ良かった。ちなみにその時ギターはトニー・アイオミ(Tony Iommi)。一時的にメンバーだったのかな。

残念ながらその後オリジナル・アルバムまでは手が出なかったが、現在も根強い人気を誇っていて、近々来日するということもあってベスト盤を買ってみた。

上記にも収録されていた18を含む20曲。一応本人選曲らしい。音楽性からいってもベスト盤にそぐわないアーティストだとは思う。けれど自分はもともとプログレが苦手なこともあってこのベスト盤のようなつまみ食いが丁度いいのかも。個人的にはフルートの音色とブルース音楽が融合したような初期なら楽しんで聴ける。

何度もチャレンジしてはいるが「プログレ」にカテゴライズされる音楽が苦手。ピンク・フロイド(Pink Floyd)はアルバムも結構持っているし、イエス(Yes)もあるし、…あと何だ? でも心から好きになれて愛聴したアルバムは無いんだよなぁ。同じプログレに入れられる事もあるドイツのカン(Can)とかだと大丈夫なのに。

オークションにて購入(¥489)

  • CD (2001/10/31)
  • Disc: 1
  • Label: EMIミュージック・ジャパン
  • コメント
    この記事をはてなブックマークに追加