ハリーの「聴いて食べて呑んで」

日々増殖を続ける音源や、訪問した店、訪れた近代建築などの備忘録

辰己家 @岐阜県岐阜市

2019年02月19日 | 岐阜県(岐阜)

岐阜県庁近くで仕事の用事があった時に昼食に向かったのは、庁舎の裏手にあるうどん店「辰己家」。初めて伺ったのだが建物は意外と大きく、前面には後から造り足したような新しい棟(座敷席になっていた)もある。店に入った時はまだ開店して間もなくだったので客は少なかったが、昼休みになったら県職員らが押し寄せるんだろう。メニューを広げるとうどんの種類がかなり多く、「親たぬき」「きこり」「福笑い」「雷」などあまり見慣れない名前も(特に内容は書いてない)。うどんは”名物大黒うどん”、そばは”手打ち恵比寿そば”という名前が付いていた。酒のメニューがマジックで消してあるのは昼から呑んでしまうけしからん職員でも居ただろうか(笑)。自分が選んだのはこれもよく内容が分からない「いとこざる」。こういうのは店員に内容を尋ねない方が面白いので、さも前食べたことがあるかのように「”いとこざる”を”でっち”で。」とお願いした。こちらではセットメニューにこれまた個性的な「大番頭」「でっち」という名前が付けられていて、それぞれ”付出し+かしわ唐揚+五目御飯”、”付出し+五目御飯”が付く。

しばらくして運ばれた「いとこざる」は、うどんとそばがそれぞれの桶に盛られたいわゆる合盛りの一種。なるほど。”でっち”は煮物の小鉢、五目御飯、漬物が付いてきた。麺のつゆはしっかり濃いめ甘めの古(いにしえ)の東海地方仕様。刻みネギとねりわさびが付いている。うどんは中細麺。ふわっとした口当たりだがヤワではなくいい感じ。そばは麺肌なのか水切りの加減なのかやや水っぽく感じるもの。繊細な風味を味わう趣味蕎麦ではないので、もちろんどちらもつゆにどっぷりと浸していただく。途中ではねりわさびもつゆに溶いて手繰った。野暮だが旨い。小鉢の煮物は鶏肉、いんげん、人参、蒟蒻、がんもに玉子焼きも付く多彩な顔ぶれ。五目御飯は色付きが薄く、ほとんど具の姿も見えないもの。味付けもごく薄味。しっかりとした量があり、麺と飯で満腹になった。次もどれか変わった名前のうどんを頼んでみよう。(勘定は¥740)

辰己家

岐阜県岐阜市薮田南3-9-3

 

( 岐阜 ぎふ 岐阜県庁 たつみや 辰巳家 饂飩 蕎麦 定食 丼物 手打ち 手打 煮込みうどん 合い盛り ランチ )

コメント

幸味亭 @岐阜県大垣市

2019年02月18日 | 岐阜県(岐阜)

岐阜県大垣市での昼食。駅から歩いて行ける距離で大通りに面していながら、今まで入ったことのなかったとんかつ屋「幸味亭(ゆきみてい)」。裏の駐車場に車を停めて店内へ。店の中は長いL字のカウンター席とテーブル席が3つほど。先客がビールをやっていたが、残念ながらこちらは運転のある身…。ランチの設定でもあるのかなと思ったら休日はやっていないようなので、普通に「とんかつ定食」を注文。年配の主人が「ヒレかロース、どちらに?」と訊いてきたので「ロース」でお願いした。とんかつ屋なのに品書きに「ぎょうざ」があるのは何でだろう…(そういうイレギュラーな品が気になって食べたくなる性分)。静かに調理が始まり、女将さんが付け合わせなどの皿を準備。主人のとんかつの調理が終わる頃に合わせて女将さんが大きな飯碗にごはんをよそい始めた。飯碗が大きく量が多そうだったのであわてて遮り、小さい茶碗にして減らしてもらった。

揚がったばかりの大きなとんかつに包丁が入れられ、カウンター越しに渡される。付け合わせは千切りキャベツ、トマト、きゅうり、そしてポテサラ。味噌汁と漬物も。ソースは別の小鉢に入れられている。かつをひと切れつかみ、ソースをつけていただく。衣はカリッと硬めで揚がっていたが皿に直置きなのであまり長持ちはしない。ソースはかなり酸味の強いとんかつソース。脂身がしっかりとあり、その甘さとソースの酸味が合わさって旨い。ただこのソースの強い酸味は食べ進めるとだんだん効いてくる。ご飯と味噌汁、付け合わせで口をリセットしながらいただいた。次は「みそかつ」にしてみようかな。(勘定は¥1,000)

 


 

↓ 古い食堂「鶴丸」のある林町の通りの郵便局の隣に今まで気付かなかったタイル壁の素敵な建物があった(建築詳細不明)。屋号が木製の文字看板なのだが残念ながらいくつも欠損していて読むことは出来ない。この通りには風情ある町屋の建物がまだ何棟も残っていた。

 

 


 

幸味亭

岐阜県大垣市宮町1-37-1

 

( 大垣 おおがき 大垣駅 ゆきみ亭 ゆきみてい とんかつ とんかつ屋 みそかつ 味噌かつ 定食 ランチ 近代建築 スクラッチタイル 看板建築 )

コメント

大黒屋 (2) @愛知県一宮市

2019年02月17日 | 愛知県(尾張)

以前初めて訪れて外観からはイメージ出来なかったなかなか風情のある店内の様子が心に留まった一宮の「大黒屋」に再訪。店の南側に数台分の駐車場があるのでそこに車を停めて店内へ。この日は最初女将さんの姿だけのように見えたが、厨房の奥に主人も居たようだ。石油ストーブの焚いてある土間のテーブル席に腰掛け、配膳カウンター上に掲げられた品書きの黒い木札を眺めてしばし迷う。結局、品書きの先頭にあった好物の「かつ丼」にしてみた。テレビを見ながら出来上がりを待つ。

意外と早く「かつ丼」が登場。出来上がり時間やかつの温度からすると揚げたてではなかったかもしれないが、自分にとって”揚げたてサクサク”は決してかつ丼の必須事項ではないので、それはそれで構わない。早速かつを取り上げてみると一片が四角い。揚がったかつにこういう包丁が入れてあるのか、こういう形で揚げてあるのか確かめなかったが、経験上こういうタイプのかつ丼はあまり多くない。かつはしっかりとつゆで煮込まれて、つゆととじ玉子と一体化している。口中で混然一体となって、旨い。濃いめに色付いたつゆの味付けは少し甘め。たくあんとお茶で時々口を変えながら美味しくいただいた。そういえば一宮には駅西にも同じ屋号の店があったはずだけれど何か関係があるのかな。(勘定は¥650)

以前の記事はこちら

 

大黒屋

愛知県一宮市真清田2-8-5

 

( 一宮 いちのみや 真清田神社 ますみだじんじゃ だいこくや 大衆食堂 麺類食堂 中華そば ラーメン 丼物 洋食 カツ丼 かつどん うどん そば )

コメント

Ellington Uptown / Duke Ellington

2019年02月16日 | ジャズ

Ellington Uptown / Duke Ellington (1952)

デューク・エリントン楽団(Duke Ellington And His Orchestra)が1952年に発表した「Ellington Uptown」。ストーンズ・ファンの自分にとって、このアルバムに収録された名曲「Take The 'A' Train(邦題:A列車で行こう)」のこのテイクは思い入れが強い。自分がストーンズを聴きだした頃(1981年)の全米ツアーのオープニングに採用され、その後に発表されたライヴ・アルバム「Still Life」や、83年のライヴ記録映画「Let's Spend The Night Together」の冒頭でこのテイクが流れ、アナウンスと共に幕が開きコンサートが始まる興奮の一瞬を演出する曲だったのだ。昔は情報が少なかったのでデューク・エリントンの「Take The 'A' Train」ならひとつだと思って親父(ビッグバンド・ジャズ好き)の持っているCDを聴いたのだが”あの”テイクと微妙に違いがっかり。その後、このアルバムに収録されているものが”あのテイク”らしいと知り(確証は無し)、その1曲だけは先んじて聴いていたのがアルバムとして聴くのは初めて。

この頃のビッグ・バンド・ジャズを聴くと子供の頃に何百回も観て、いまだにDVDで観ることがある「トムとジェリー」(もちろんハンナ&バーベラ時代)を思い出す。当時決して上品ではなく、圧倒的に黒人が主体でヒップだったろうジャズをよくあそこまでアニメーションとシンクロさせたものだと今でも感心する(しかも戦中~戦後期。戦争に負けるはずだ…)。アルバム当時のデューク・エリントンの存在がどれ程だったのかはよく知らないが、何しろあのマイルス(Miles Davis)でさえ心酔する御大の音楽。このアルバムを聴いていても「トムとジェリー」の音楽を聴いているようだなんて言ったらファンに馬鹿にされるだろうか(笑)。曲中のドラム・ソロなんかを聴いているとBPMはえらく高いし、前衛的(破壊的?)に聴こえたりもして意外。曲のテイストもヴァラエティに富んでいて、ゆえにアルバムとしては何だかまとまりが無いようにも聞こえる。件の「A列車」は…、だめだ…この曲が始まるやいなや81年のストーンズのあのステージしか思い浮かばない(ま、その為に買ったようなもんだが)。これに「Under My Thumb」のギターイントロが重なり、風船が舞い上がる…。

オークションにて購入(¥380)

  • CD (2004/3/8)
  • Disc : 1
  • Format: CD, Import
  • Label : Sony Jazz
コメント (2)

若松屋阡壱 @愛知県犬山市

2019年02月16日 | 愛知県(尾張・老舗)

犬山口駅近くの日本料理店「井筒定」へ行った際に、ついでに隣の和菓子屋「若松屋阡壱(せんいち)」へ入ってみた。創業は昭和2年(1927)で現在は3代目だとか。こちら桃を使った菓子で有名な店。旬は初夏から秋にかけてだと思うが何度か季節を外してしまい、結局今回も季節外れになってしまった。店の表には「菓子歴史館」とあり、説明書きも掲げられている。大都市では空襲で和菓子製造にまつわる道具類の多くが焼失したが空襲の無かった犬山には残っているのだとか。それらを展示してあるのだそう。店に入るといくつもの菓子が並んでいたが、自転車(カゴ無し)なので生菓子は持ち帰り出来ない。そこで「有楽窓(うらくまど)」というこちらの銘菓と、「大納言最中」、「かがり火」という菓子を選んでみた。

「有楽窓」は細く薄い上品な焼菓子。犬山に現存する国宝の茶室「如庵」の窓をモチーフにして作られたのだとか。餡が挟まれているのだが桃の果肉も練り込まれているそうで口に含んだ後にほんのりと桃の香りがする。「大納言最中」は包みに”備中”と書かれていたが小豆の産地だろうか。シンプルで絵柄の無い最中種で粒あんが入っている。やや甘め。「かがり火」は小さなどら焼きが半分折りにされている。こちらも粒あんで甘め。もちっとした皮が旨い。そういえば歴史館の展示は店内に飾られていた木型等のことだろうか。それとも他に展示スペースがあるのかな。うっかり買ってすぐに店を出てきてしまったが、次はしっかり店の人に訊いてみよう、桃の季節に。(勘定は¥329)

 

 


 

↓ 犬山口駅方面から人通りの多い城下町へ向かう途中には昭和なビルが両脇に並ぶ。平日はどうか知らないが見る限り空きが多そう。2階3階は何に利用されているんだろう。

 

↓ 犬山城下は最近観光客がすこぶる多く、商売っ気が強い店ばかりでアレだが、一本外れるとのんびりとした雰囲気。べんがら塗りの建物(建築詳細不明)の軒下には照明がぶら下がっているので三業に関わる店だったろうか(Googleマップには「理容店」と出ているがはたして?)

 

↓ こちらも丹羽の立派な松の木や、塀が松の形に抜かれていて往時を偲ばせる風情ある建物(建築詳細不明)。玄関屋根部分やペンキ塗りの柱はなぜか洋風な感じに見える。

 

 


 

若松屋阡壱

愛知県犬山市大字犬山字南古券186

 

( 犬山 いぬやま 犬山城 城下町 犬山口 わかまつやせんいち 和菓子 御菓子司 老舗 うらくまど 桃菓子 桃酔菓 とうすいか 近代建築 三業 妓楼建築 )

コメント