ハリーの「聴いて食べて呑んで」

日々増殖を続ける音源や、訪問した店、訪れた近代建築などの備忘録

くらうど @岐阜県岐阜市

2018年04月20日 | 岐阜県(岐阜)

小塩屋」の近くの銭湯「ゆのヤマヨ」までわざわざ行って、めちゃくちゃ熱いスチームサウナで汗を流してから岐阜駅に戻り(このパターン多いナ)、満を持して(何の?)円相グループの新店「くらうど」へ。以前「ニュートン・バル」があったアクティブGの2階の同じ場所。「さけ」「めし」等と書かれた暖簾が力強い。以前は店の前にまで来ていながら結局何となく入らずにいた。店頭のディスプレイの所に小さく”飲み放題”と書いてあったのを目ざとく見つけていたので、カウンター奥に案内された後に品書きで探してみた。でもその記述が見つけられず、注文を取りに来た店員に尋ねても「?」状態。結局リーダー格の店員に訊いて初めて注文が通った。

こちらの店の特徴は岐阜県内の特産物を使った料理や各所の名物料理、それに県内の酒造の酒が楽しめるところ。岐阜県内に居ても飛騨地方と美濃地方は別の”クニ”同然だし、美濃地方だけ見ても東濃、中濃、西濃の各地方では異なる特色を持つので、自分のように各地に連綿と伝わる郷土料理や特色ある食材に強い関心があっても、一般的にはなかなか食べる機会が少ないのが現実。なるほどこのグループらしく面白いところに目を付けたと思う。

特に腹を満たしたい訳ではなかったので、注文したのは「岐阜もの八寸~前菜盛り合わせ~」という便利な品。ニジマスの甘露煮、赤かぶの漬物、煮たくもじ(漬物を使った煮物)、こも豆腐など(全部は覚えられず)。全体的に飛騨地方寄りのラインナップ。これをチビチビやりながらグイッといく寸法(儲からない客だ・苦笑)。酒はリストに載っている20種類余りの中からどれでも注文でき、グラスで提供される。1杯の量は少ないので自分のような酒呑みにはちょっとまだるっこしいし、店の人も次から次へと大変だろうが、こんなに色々な酒を一度に呑める機会はそうそう無いので素直にうれしい。風呂上りの胃の腑に沁みるなァ。

覚えているだけで「竹雀」(池田町)、「若葉」(瑞浪)、「長良川」(各務原)、「日本泉」(岐阜)、「金華山」(岐阜)、「百十郎」(各務原)、「房島屋」(揖斐川)など各種の酒を和らぎ水を脇に置いていただいた(複数回いただいたものも)。これだけ色々あると色だけでもウイスキーのように色付いたものから濁っているものまで様々だし、味わいもライトなものからフルボディのものまで色々。楽しい。八寸だけでは申し訳ないと、自然薯を推しているようにも見えたので「豆腐と自然薯のステーキ」を追加。途中からは燗をつけてもらったりして香りを立たせ、色んな表情の県産酒を堪能した。飲み放題は1時間のはずだが誰も何も言わないので自己申告して(笑)、了。次はもうちょっといろいろ酒肴も頼みますので…。(勘定は¥3,500程)

岐阜県のおいしいお酒とお料理 くらうど

岐阜県岐阜市橋本町1-10-1 ACTIVE-G 2F

 

( 岐阜 ぎふ 岐阜駅 アクティブG 円相 円相フードサービス 日本酒 酒造 酒蔵 美濃地方 飛騨地方 岐阜県産 イナダシュンスケ )

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

Jazz and '80s / Various Artists

2018年04月19日 | ジャズ

Jazz And '80s / Various Artists (2006)

80年代のヒット曲をジャズにアレンジしてしまおうという安直な企画アルバム(笑)。以前購入したストーンズ(The Rolling Stones)他をボサノバ風にアレンジするという企画盤と同レーベル、同シリーズのよう。あれを意外と気に入って聴いているので、安いこともあってつい手が出たが、こちらはボサノバではなくジャズ・アレンジだということには買ってから気が付いた。収録されている曲はこちら。

01. SHould I Stay Or Should I Go (The Clash)
02. Do You Really Want To Hurt Me (Culture Club)
03. Boys Don't Cry (The Cure)
04. Sweet Dreams (Are Made Of This) (Eurythmics)
05. Don't You (Forget About Me) (Simple Minds)
06. In The Air Tonight (Phil Collins)
07. Hungry Like A Wolf (Duran Duran)
08. Like A Virgin (Madonna)
09. Patience (Guns'n' Roses)
10. With Or Without You (U2)

と、あの時代に洋楽を聴いていた人なら誰でも知っている超有名曲。これがヴォーカル・ジャズっぽくアレンジされている。「くだらない」と言ってしまえばそれで終わるが、これらの曲が身に染みこんでいるエイティーズ世代の自分には十分楽しめるし、アンニュイな雰囲気(笑)と、演奏クオリティーがなかなかなので、”スーパーのBGM”になることは免れている。調べもしていないが、きっとミュージシャンは有名なアーティストなんかではなく、どこかの腕っこきのスタジオ・ミュージシャンで、打ち合わせでアレンジャーに「ハイ、大体こんな感じで」と楽譜を渡されてすぐに録音してしまうようなものなんだろう(←勝手な想像です)。人気シリーズのようで、何と続編もあって3枚組のデラックス盤も出ているようだ(→買ったりして…笑)。

ブックオフにて購入(¥280)

  • CD (2006/2/28)
  • Disc : 1
  • Format: Import
  • Label : Warner Music Latina
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中華亭本店 (2) @岐阜県多治見市

2018年04月19日 | 岐阜県(東濃・老舗)

珍しく家族(+老犬)でお出かけ。多治見市笠原町にある「モザイクタイルミュージアム」を訪れた。建築家で近代建築に造詣の深い藤森照信氏が設計した特異な建物。多治見駅からも遠いこんな外れの町にもう30万人を動員したそうだから大成功なようでなにより。この日も老若男女で賑わっていた。駅方面に戻って昼食に向かったのは創業昭和24年(1949)の「中華亭本店」。もちろん家族で行くのは初めて。隣の駐車場に車を停め中へ。以前は機能していなかった券売機で食券を購入したが、とうとう「水ギョーザ」が無くなったようで「中華そば」か「チャーシューメン」、それに「ごはん」「チャーシューミニ丼」というシンプル極まりないラインナップに。全員チャーシューメンを選択し購入。店内は地元客中心で、相変わらず券売機無視のカウンター注文も受け付けていた。

程なくして「チャーシューメン」が登場。チャーシューで埋め尽くされた水面には小さい海苔が2枚。チャーシューメンには赤縁のかまぼこは付かないようだ。ストレートの細麺はお約束のやわやわの茹で加減。これがすっきりとした鶏ガラ醤油のスープとは相性抜群。優しい味なのでスルスルと胃の腑に落ちていく。最近の旨味過剰なラーメンに慣れた嫁や息子も素直に旨いと言っていた。やれやれ(家族は自分好みの年季の入った店に行くのをかなり警戒します・笑)…。もう終わりと思ってもついついスープをすくうレンゲが止まらない。旨かった。多治見にはこういういかにも”中華そば”っていう感じのものを出す古い店が何軒も健在でうらやましい。(勘定は¥2,700/3人)

以前の記事はこちら

 


 

↓ 笠原町にある「モザイクタイルミュージアム」(平成28年・2016・建造)。こう見えて4階建ての面白い建物。さすがフジモリ氏。展示物は多くないが評判も上々なようだ。

 

 


 

中華亭本店

岐阜県多治見市御幸町2-84

 

( 多治見 たじみ 中華亭 ちゅうかてい 中華そば ラーメン チャーシュー麺 老舗 水餃子 笠原町 モザイクタイル 陶業 藤森照信 看板建築 路上観察学会 )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

愛松屋 (2) @愛知県稲沢市

2018年04月18日 | 愛知県(尾張)

以前にも”ソース後がけ焼きそば”を求めて訪問したことがある愛知県稲沢市の名鉄・奥田駅近くにある駄菓子屋「愛松屋」に再訪。店の近くまで行くとシャッターが半分閉まっていたので「すわ」と思ったが、暖簾が掛かっていたので店の戸を開ける。中にはご高齢のお母さんが健在でいらしたのでひと安心。以前よりも駄菓子売場の品が少なくなっていたので半分シャッターを閉めていたのかな。前回は”麺切れ”で食べられなかった焼きそば目当てなので「焼そば食べられますか?」と尋ねると、「(鉄板が)あったまっとらんで時間かかるけどええかな?」と言われたので「大丈夫です。」と答えて無事調理が始まった。ヨカッタ。ゲーム卓が3つ置いてある飲食スペースはもちろん先客がおらず、お母さんが自分の為に電気を点けてくれた。カウンターの傾いた丸椅子に座る。時折踏切の警笛と線路を走る電車の音が聞こえるが、あとは至って静かな店内で、以前と同様にゆっくりと、そして静かに調理が始まる。

調理を見ていたが実際には”ソース後がけ”ではなく調理時にソースもかけている。でもその量はほんの僅かで下味程度。出来上がると「お待ちどうさま。」「足りなかったらかけてね。」とソースも一緒に渡された。イチゴの柄(笑)の平皿に盛られた「焼そば(並)」は、キャベツが入っていて刻み紅生姜がのせられている。調理途中で「玉子入」にしててもらうのを忘れたのに気付いたが、結局そのままでいただいた。まずはそのままで。やっぱり味付けは淡く、麺にパリッとした焼きめが入っている部分もある。次はソースをかけて。量は多くないのであっという間に完食。お母さんが元気そうでなにより。(勘定は¥250)

以前の記事はこちら

 

愛松屋

愛知県稲沢市奥田長角町70

 

( 稲沢 いなざわ 奥田 おくだ あいまつや あいまつ屋 名古屋鉄道 奥田駅 お好み焼き おこのみやき ヤキソバ 焼きそば やきそば ソース後がけ ソースあとがけ 駄菓子 )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぎょうざやよっちゃん @名古屋市北区・徳川

2018年04月18日 | 名古屋(東区・北区)

嫁が後から車で拾ってくれるという素晴らしい休日の昼にフラフラと立ち寄ったのは、東区徳川の赤塚のバス停のすぐ前にある「ぎょうざやよっちゃん」。昼の外れた時間にも開いていてありがたい。こじんまりとした店にはL字カウンターがあり、先客のおばさまは気の良さそうな主人と楽しそうにおしゃべりしていた。腰を下ろしメニューを眺める。基本的には「焼き餃子」と「スープ餃子」のみで、飲料に「牛乳」があるのが珍しい。まるで三重県の某人気店みたい。「瓶ビール(大)」と「焼き餃子」を注文した。メニューには”8個入160kcal”と表示されているが本当だろうか。

 瓶ビールは「アサヒスーパードライ」。しばらくしてから出された「焼き餃子」は薄皮でニンニクは入っていないのだとか。なので「にんにくラー油」なるものが卓上のボトルに用意してある(使わなかったが)。底面がサクッと焼けていて、優しい家庭的な味の餡で軽いのでいくつでも入りそう。この軽さならカロリー表示も間違いないかもしれない。卓上の醤油と酢を自分で小皿にブレンドしていただいた。しっかり食べ始めたらきりがなさそうなので、グッと我慢して一皿で何とかビールをやっつけた。次は牛乳を試してみるか…(ウソ)(勘定は¥930)

 

 

ぎょうざやよっちゃん

愛知県名古屋市東区芳野3-4-14

 

( 名古屋 なごや 餃子屋よっちゃん 餃子 ぎょうざ ギョーザ 牛乳 コーヒー牛乳 新味覚 水餃子 昼呑み 昼飲み )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加