ハリーの「聴いて食べて呑んで」

日々増殖を続ける音源や、訪問した店、訪れた近代建築などの備忘録

柳ヶ瀬天ぷらクラブ (2) @岐阜県岐阜市

2021年11月28日 | 岐阜県(岐阜)

ある休日の昼、用事があって柳ヶ瀬商店街に出掛け、昼食は久しぶりに「柳ヶ瀬天ぷらクラブ」で連れと一緒に。店が出来てもう4年以上が経つ。その間に品もいくつか増えているようだ。先客でカウンターはいっぱい。入口すぐの席が空いていたので座らせてもらった。以前と同じく調理は女将さんで、主人が給仕。本当は酒と一緒に天ぷらを食べたかったが、車の運転があるので我慢しての丼物。選んだのは表の立て看板にもあった「令和天丼」。連れは野菜が2種類選べる「楽市定食」を注文した。

しばらくして大きめの丼で「令和天丼」が運ばれた。丼からはみ出る大きさの大穴子、海老、鱚、人参、茄子、蓮根、かぼちゃ、えのき、という豪華な布陣。これに味噌汁とつぼ漬が付いている。一瞬食べ切れるかなという不安がよぎる盛りの良さ。天種には上から濃いめの甘辛だれがかけてある。さっそく魚介天から箸をつけた。サクッと揚がって、量ほどには重くない天ぷら。もちろん旨い。ご飯と一緒に掻き込んだ。たれは多めにかかっているが、もう少し少なめでも良かったかな。ご飯との一体感がある天丼ではないが、充分満足。全部平らげた後は腹がいっぱい。(勘定は¥2,150/2人)

以前の記事はこちら

柳ヶ瀬天ぷらクラブ

岐阜県岐阜市柳ヶ瀬通3-16

 

( 岐阜 ぎふ 柳ヶ瀬 柳ケ瀬 やながせ 柳ヶ瀬商店街 天ぷらクラブ てんぷらクラブ 天麩羅 天婦羅 テンプラ 天丼 定食 丼 )

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

道頓堀 @岐阜県可児市

2021年11月27日 | 岐阜県(中濃)

岐阜県可児市のJR太多線沿いの旧道にあるたこ焼き屋「道頓堀」へ。車で通ると分かるが、”とことんまずい店””不愛想で態度の悪い店””めちゃくちゃまずい店”などの強烈な文言が並ぶ小さな店だ。もちろんブラフであることは想像がつくが、実はこの店には10年以上前にこの辺りに仕事で来ていた時に何度も寄った事がある。その時は店名は知らず。たぶん店主は同じ方だと思うが(未確認)、当時の店看板はここまで酷くは無かった(笑)。空き地に車を停め、主人に表の看板の「たこやき・1箱15個入・500円」をお願いした。以前はこんな数じゃなかったはずだが、1人には多過ぎる何とも中途半端な数だ。味が選べるとのことなので醤油でお願いした。主人の物言いはとても丁寧で、もちろん全然”不愛想”でも”悪い態度”でもない。「あと4分で焼けますので。」と告げられ、世間話をしながら出来上がりを待った。

渡されたビニール袋を持って車に戻り店から離れ、行儀が悪いが交差点で車が停まった時に透明パックを開ける。入っていた串で恐る恐る口の中へ。「ん?」。熱くない…(苦笑)。大きめの「たこやき」は表面が硬めの揚げ焼きのような食感。上から醤油と青海苔がかかっている。おかしいと思ってもう一つを口に入れても…、やっぱり熱くない。明らかに焼いてから時間が経ち生地の小麦粉は糊化していて、もったり。一体何に4分かかったんだ?(苦笑)。大好きなたこ焼も、ぬるいと致命的。以前はこんな事はなく美味しくいただいた記憶があるから、たまたま悪いタイミングだったんだろう。でも看板のブラフはちゃんと裏切ってくれないと(笑)。次に寄った時には焼き立てのたこ焼きに遭えますように。(勘定は¥500)

 

ジャンボたこやき 大阪道頓堀

岐阜県可児市下切2511-1

 

( 可児 かに 道頓堀 大阪道頓堀 どうとんぼり たこやき たこ焼 たこ焼き お好み焼き おこのみやき お好み焼 テイクアウト 持ち帰り )

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新角屋 @名古屋市中区・伏見

2021年11月26日 | 名古屋(中区)

伏見駅に近い錦2丁目にある食堂「新角屋」。以前に立ち寄った時は閉まっていたが、コロナ禍だったからかな。ある平日の昼過ぎに訪ねると無事暖簾が掛かっていた。店は奥に深い造り。広くはない店なのに厨房に2人、給仕が3人も居る。錦とは言ってもビルが立ち並ぶ側なのでサラリーマン客で混み合うのだろう。テーブル席に腰掛けて品書きを眺める。基本はうどんとそばと定食。でも一品料理も多いので仕事終わりに立ち寄る客も多いのかな。そういえば外の看板には”飲み処・味処”とあったな。この日は日差しが強く、外を歩くと額に少し汗が滲むくらいの陽気だったので「コロそば」をお願いしてみた。

しばらくして運ばれた「コロそば」は、上にワカメがのって、つゆはざるそばで使うつゆのように色濃いもの。味も濃いめだ。刻みネギとねりわさびは別皿で。天玉は卓上にあらかじめ用意してあるものが使えるようになっている。そばはしなやかで喉越しの良いもの。つるつるっといける。天玉も入れてみたが、この天玉はちょっと時間が経っているのか硬くて今ひとつ。わさびを箸先につけながら刻みネギだけ少し足していただいた。次は夕方に立ち寄って、何か一品を頼んで酒を呑んで帰ってみよう。(勘定は¥600)

 


 

↓ 御園座の隣にある「山口銀行名古屋支店」(昭和41年・1966・建造)は看板が下ろされていた。圓堂政嘉氏の設計で名現代建築として名高いのだが…。名古屋城の鯱を描いた建築家・中村順平氏製作の大モザイクタイル壁画もこれで見ることは出来なくなってしまった。解体なのか、保存なのか…。(→すでに解体が始まっているようです・訪問10月)

 


 

新角屋

愛知県名古屋市中区錦2-18-33

 

( 伏見 ふしみ 錦 にしき しんかどや 麺類食堂 大衆食堂 うどん そば 丼物 現代建築 モザイクタイル 解体 名建築 )

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

カントリー・ロックの逆襲’98~テイク・イット・イージー / Various Artists

2021年11月25日 | カントリー

カントリー・ロックの逆襲’98~テイク・イット・イージー / Various Artists (1998)

The Country-Rockin' Trust」と称してカントリー・ロックを特集した企画物。主幸者は誰か知らないのだが、ジャケなどの流れからするとレコードコレクターズ誌とかディスクユニオンが絡んでいそう(←ライナーちゃんと読め)。好物のストーンズ(The Rolling Stones)とか、スワンプ・ロックとかに関わり合いは深かったにも関わらず、若い頃はあまり積極的に聴いてこなかったカントリー・ロックだが、だんだん効く機会が増え耳も慣れてきた。姉妹盤がどれくらい出ているのか知らないが、この98年盤に収録されている曲とアーティストは以下の通り。

01 Take It Easy - Jackson Browne
02 I Must Be High - Wilco
03 Little Sister - Dwight Yoakam
04 She - Gram Parsons
05 You Know The Rest - Steve Earle
06 Willin' - Little Feat
07 Shoot For The Moon - Poco
08 Never Ending Song Of Love - Delaney & Bonnie & Friends
09 Luxury Liner - Emmylou Harris
10 Paid In Advance - Commander Cody & His Planet Airmen
11 Caryatid Easy - Son Volt
12 Colorado - Stephen Stills Manassas
13 Faded Love - Doug Sahm And Band
14 Down In The Curchyard - Chris Hillman
15 Turn Around - The Beau Brummels
16 Silver Threads And Golden Needles - Linda Ronstadt
17 Sugar Magnolia - The Grateful Dead
18 Kind Woman - Buffalo Springfield

有名曲、有名アーティストが多く、とっつきやすいラインナップ。リトル・フィートやスティーヴン・スティルスのマナサスにカントリーっていうイメージは無かったけれど、こうして選曲された曲を聴いてみると、なるほどそういう素地もしっかりあったんだなァと再認識出来る。ま、あまり間口を広げすぎると、ただでさえCDの収納場所に困っているのにまた増やしてしまうから、こういうコンピ盤で聴く程度にしておこう。でもマナサスはちょっと気になったりして(笑)。

ネットオークションにて購入(¥1,084)

  • Label ‏ : ‎ ダブリューイーエー・ジャパン
  • ASIN ‏ : ‎ B00000J9WM
  • Disc ‏ : ‎ 1
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

井桁屋 (2) @岐阜県岐阜市

2021年11月25日 | 岐阜県(岐阜)

久しぶりに旧市役所の東にある食堂「井桁屋」へ。この辺りも市役所の移転で人の流れが変わっただろうナ。店に着くと意外にも(失礼)真新しく見える暖簾が。店に入ると先客は無し。土間のテーブル席で女将さんがテレビドラマを見ていらっしゃった。壁の黒い木札に白文字で書かれた品書きには無いのだが、紙で貼り出してある「かつ丼」をお願いした。この時点で値段は不明。壁の古い鏡には古い書体で「桔梗屋」の銘が入っていたし、日めくりもあったので麺類はそちらからだろう。奥で主人も調理しているようだが姿は見えない。仕上げは女将さんがやっている。

しばらくして「かつ丼」が蓋付きの丼ぶりで届けられた。黄色いたくあん付き。蓋を開けると、濃いめのつゆでとじられた玉子がかつの上からかけてある”後のせ”タイプに見える。でもかつの感じからいくと少し煮こんであるだろうか。かつは多分揚げ置きのものなのでよく分からない。つゆは甘さが控えめでいい感じ。丼を持ちあげてガツガツといただいた。あわてたので喉が詰まりそうになり、卓上のやかんからお茶を注ぎ、収める。ちょっとご飯の調子が良くなかったが、綺麗に平らげて勘定してもらった。(勘定は¥700)

以前の記事はこちら

 

お食事処 井桁屋

岐阜県岐阜市川端町3

 

( 岐阜 ぎふ いげたや いげた屋 麺類食堂 大衆食堂 うどん そば 丼物 麺類 カツ丼 )

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする