ハリーの「聴いて食べて呑んで」

日々増殖を続ける音源や、訪問した店、訪れた近代建築などの備忘録

川村屋賀栄 (2) 愛知県瀬戸市

2019年01月16日 | 愛知県(尾張・老舗)

瀬戸市散策の締めくくりは銭湯。前から入ってみたかった「日本鉱泉」へ。80年以上の歴史があるのだとか。以前は数多あったという瀬戸市内の銭湯も数少なくなり、古(いにしえ)の風情を残しているのはここくらいか。明るいうちに建物を見に行き、営業が始まるまで他で時間を潰す。その際に寄ったのは和菓子の「川村屋賀栄」。以前訪れた時には雨模様であまり外観をよく愛でなかったが、瀬戸川沿いに建つ建物には細かい彫りがあって貫禄充分。店に入るとこの日の店番は若い衆。この方が7代目だろうか。何を買うかは決めていなかったのでショーケースに並んだ菓子を物色。そこに一風変わった「猫饅頭」を発見(正式名称は「ねこ饅頭たま」だそう)。何で猫なのかなと思ったら、瀬戸市内には”猫が多いから”と書いてあった(はず)。確かに市中を散策していると自由に歩き回る野良猫(あるいは飼猫)に沢山遭遇したなァ。それと好物の「草餅」「最中」を購入した。

家に持ち帰り翌日にいただく。「ねこ饅頭」は包みから出す時にうっかり皮を剥がしてしまったが、猫の肉球が模ってある。しっとりとした皮の中にこし餡が入ったもの。でも皮の部分の風味は洋菓子のような感じ。「草餅」は全周包んであるのではなく2つ折りの形。つぶ餡がたっぷり入っている。よもぎの風味はさほど強くない。「最中」の最中種は立体的な花を模っている(菊かな)。こちらもつぶ餡。甘さは控えめ。最中種は日を跨いだのでしっとりしているがそれも良し。「ねこ最中」というものもあるらしいが…。(勘定は¥750)

以前の記事はこちら

 

 

 


 

↓ 銀杏木町にある「日本鉱泉」(建築詳細不明)。開場前から客が何人も待っている。風情ある建物の中に入ると脱衣所のロッカーは木製ガラス窓付き。そして浴場側には富士山のモザイクタイル画が。しかも入口の両脇に円柱が立っており、そこにもびっしりとモザイクタイルが。素晴らしい。浴場の中のタイル画は帆掛舟と島。古い設備なのでシャワーの勢いは弱く、湯船はまだ温かったが、常連さんが「まだぬるいでしょ。でも8時頃だと熱すぎるから(笑)。」と声を掛けてくれる。その通り、ゆっくり使っていると段々いい湯になってきた。

 

 

↓ 「日本鉱泉」にも近い米問屋「スズリョーベルックス(株)(鈴亮)」(建築詳細不明)。社屋は向かいにあるビルのようだが、こちらは小売店舗かな。とても風情ある町屋。

 

 


 

川村屋賀栄

愛知県瀬戸市栄町25

 

( 瀬戸 せと 川村屋 賀栄 がえい 和菓子 御菓子司 おんかしつかさ せとがわまんじゅう ねこまんじゅう にほんこうせん スズリョー 鈴亮 近代建築 銭湯建築 ) 

コメント

賀登光本店 @愛知県瀬戸市

2019年01月11日 | 愛知県(尾張・老舗)

瀬戸市内を流れる矢田川沿いの刎田町(”はねだちょう”と読むのだそう)にある麺類食堂「賀登光本店」へ。最近はどこの土地へ行っても”麺類食堂”の閉店が相次いでいるが、この瀬戸市も例外ではないようで、以前あった食堂がいくつか廃業していた。後継の問題もあり、こういう傾向は今後加速するだろうが歯止めはかからないだろう。チェーン店やコンサルタント肝入りの店ばかりになってしまったら全然面白くないんだけどなァ…。こちらはそんな心配が無いようで、昼時には横の駐車場がいっぱいに。少し時間を外して店に入るとちゃんと麺打ち場もある本格手打ちのようだ。厨房の中には若いのを含む男性が3人も居て先行きは安心だろう。さほど大きくない店にも関わらず給仕女性が2人も居るのでその盛況ぶりが伺える。軽く麺をすすりたかったので「ころうどん」を注文。定食にするとご飯と惣菜が付くようだが食べ歩いてもいたので単品にしてもらった。

混んでいるのでやや時間がかかって「ころうどん」が登場。小振りな丼ぶりに盛られた「ころうどん」は”ころ”とはいってもつゆがたっぷりかけられている。つゆには少し甘さもありいい塩梅。手繰った麺は角が立ってしっかりとコシのあるもの。これは旨い麺だ。別添えの刻みネギ、おろし、ねりわさびをつけながらスルスルッと喉を通っていく。うどんがこれなら他の麺類も旨いに違いない。本当は欲張ってもう一品何か頼みたかったが何とか思いとどまった。おでんで一杯やって、麺か丼物で締めるのも良さそう。(勘定は¥550)

 


 

↓ 川を挟んだ向かい側の杉塚町にある長屋(建築詳細不明)。もうこういうひと続きの建物を他人が使い分けるようなものはなかなか見なくなってきた。

↓ 登録有形文化財に指定されている「日本基督教団瀬戸永泉教会」(明治33年・1900・建造・昭和5年改修)

↓ 敷地が広くて全体像が掴み難い陶磁器卸問屋「旧・山繁商店」(明治・大正・昭和にかけて建造)。主屋は失われたらしいが、いくつもの建物が国指定有形文化財に指定された。どの建物が何なのか分かり辛いし、見学することも出来ない。今後整備されるのだろうか。

 

 

 


 

 

めん処 賀登光本店

愛知県瀬戸市刎田町5

 

( 瀬戸 せと かどみつ かとみつ かどみつ本店 麺類食堂 大衆食堂 うどん そば 蕎麦 中華そば ラーメン 定食 丼物 近代建築 登録有形文化財 )

コメント

大阪屋本店 @愛知県一宮市

2018年12月13日 | 愛知県(尾張・老舗)

日曜休みなので今まで入ることが出来なかった愛知県一宮市の「大阪屋本店」。創業は戦前で現在4代目だという歴史ある店。モーニング・サービスや朝食もやっている喫茶店でありながら食事も出来る店だ。ある祝日(訪問11月)に店の前を通ったら開いていたので、急きょ近くにバイクを停めて寄ってみた。いかにも街中の看板建築という感じの店の入口扉の把手にはコカ・コーラのマーク。店内はL字カウンターになっていて中にはお母さんが1人。後ろの壁にもメニューが貼ってあるがカウンターの上にも置いてあったので眺めてみる。”ウチのかあちゃんの味と意地”という文言が勇ましい(笑)。定食、洋食、中華そば、うどん、そば、それにランチも用意されている。思ったよりも食堂寄り。「中華そば」と激しく迷って注文したのは「オムライス」。お母さんの調理が始まる。ケチャップライスを炒めたのとは別のフライパンに溶き卵を流し入れ、出来た薄焼き玉子の上にライスをのせてから皿をかぶせて、よっこいしょとひっくり返す作り方。

「はい、どうぞ。」と完成した「オムライス」が手渡された。上からケチャップがジグザグにかけられている。さっそくスプーンを入れていく。玉子の焼きはやや強め。縁が少し焦げ気味なのはご愛敬。中はポークケチャップライス。玉ねぎがみじん切りでなく細めのくし切りなのが珍しい。意外と肉が多めなのが嬉しいナ。中のケチャップライスがイイ感じなので上からのケチャップはちょっと多過ぎるか。この辺の加減の好し悪しは自分のその日の気分にもよるから難しいところ(普通はそこまで気にしないかな…)。なんだかとても落ち着く雰囲気なので運転がなければビールでも呑みたい気分。次はオールドファッションな「中華そば」にしようかな。(勘定は¥650)

 

喫茶・食事 大阪屋本店

愛知県一宮市大江3-12-20

 

( 一宮 いちのみや 大阪屋 おおさかや おおさかやほんてん 喫茶 カフェ 食堂 大衆食堂 麺類食堂 ラーメン 老舗 定食 洋食 戦前 )

コメント

松華堂 @愛知県半田市

2018年10月18日 | 愛知県(尾張・老舗)

半田市の歴史ある和菓子屋「松華堂菓舗」へ。風格ある建物で、これも一種の看板建築。道路に面した壁面は洋風とは言えないかもしれないが、すぐ隣に”らしい”建築もあって、2つ並んで独特の雰囲気がある。元々は内海で江戸時代に創業し、11代目が名古屋の「両口屋」で修業し、明治時代に半田に移ったのだとか。凄い歴史だ。風格あるガラス木戸を引いて中に入るとショーケースに様々な菓子が並んでいた。自分があれこれと迷っている間にも、表には買い求める人の車が次々に停まる。歴史ある店だけあって名物もひとつに限らずいくつも。もちろん上生菓子もあるが、遠い地まで遠征している身では買い求めることが出来ない。持ち帰りやすいもの、と探していると、”明治時代創製以来変わらぬ製法で一本一本手づくり”という名目で「松かげ」という焼菓子があった。これと「十三夜」という最中を購入して持ち帰る。

自宅に帰ってから包みを開ける。「松かげ」は薄紙にひとつひとつ包まれている。真ん中に穴が開いていて、正直最初は何の形か分からなかったけれど、松の葉を模しているらしい。なるほど。こちら創業当時も「松屋」という屋号だったそうだ。サクッとした食感で甘く、例えると硬めの”玉子ボーロ”のような風味。なのでコーヒーも…いや、コーヒーこそ合いそうだ。「十三夜」は普通の最中よりも薄く、これも最中種の模様はよく分からないが、開いた松葉だろうか(それともカモメ?)。中はつぶ餡で甘さはしっかりめ。普通の最中より薄いので口当たりが良い。どちらも旨い菓子だった。(勘定は「松かげ」¥540、「十三夜」¥130/個)

 

 


 

↓ 店の向かいにある立派な料理旅館「末廣」(大正12年・1923・建造)。かつては「春扇楼」と呼ばれ、半田三大楼に数えられたのだとか。創業は明治15年。べんがら塗りの玄関部分は扇の形に抜かれている。座敷などはかなり広そうだ。

 

 ↓ 店の隣に建つ「旧・大沢歯科」(建築詳細不明)。あまり古い建物ではないかもしれないが、2階ガラス窓の枠などに時代の意匠が残っている。

 

↓ 黒塀の立ち並ぶ運河沿いにある「キッコウトミ(株)第二工場」(建築詳細不明)。もう使われていないようでかなり傷みが激しくなっている。建物脇の路地は崩壊の危険の為か、台風通過の結果か、通行止めになっていた(実際に一部崩壊している)。

 

 

 


 

御菓子所 松華堂 (松華堂菓舗)

愛知県半田市御幸町103

 

( 半田 はんだ しょうかどう しょうかどうかほ 和菓子 上生菓子 半田名物 銘菓 近代建築 妓楼 妓楼建築 料亭 亀甲冨 )

コメント

後藤商店 @愛知県一宮市

2018年09月15日 | 愛知県(尾張・老舗)

一宮での昼食後のおやつに本町商店街にある餅菓子の「後藤商店」へ。歴史のありそうな店だが普請はまだ新しく、草餅やわらび餅など様々な菓子が並ぶ店舗の奥にテーブル席がある。この日もかき氷目当てだろう客が次々と入ってきていた。空いていた席に座り、冷たい水を持ってきてくれた給仕の女性に「みたらし団子」を注文。表に焼き台があったのを見て急に食べたくなったのだ。さほど時間がかからず「みたらしだんご」が3本皿に盛られて運ばれた。

時間の速さから想像出来たが、残念ながら焼きたてではなくすでに焼いてあったもの。ほんのり温かいがちょっと残念。少し炙ってくれると嬉しいんだけれど。さすが餅屋、団子は軟らかく、いい甘辛さ加減。自分は甘辛い団子だとやっぱり熱いお茶が好きなので「温かいお茶はありますか?」と尋ねると「ありません。」と即答。にべも無い。盛夏とはいえ和菓子屋だからちょっとお手拭きやお茶が用意されていても良さそうなものだが、持ち帰りが主ということなのだろう。次は名物だという「鬼まんじゅう」を買って帰ろうかな。(勘定失念)

 


 

↓ アーケード街は店舗の上を眺めると元の建物の色々な意匠が垣間見えて楽しい。3枚目の「一宮市青色申告会」だけはハリボテっぽいけれど(笑)。

 

 

 

↓ 元はここにもアーケードがあったはず(建築詳細不明)◇。通る度に気になるんだけれど、2階の木枠の窓やパステル調に塗装された壁面を見ると結構年季が入っていそうな建物。

 


 

 

後藤商店

愛知県一宮市本町3-7-26

 

( 一宮 いちのみや 真清田神社 後藤餅店 鬼まんじゅう 鬼饅頭 和菓子 かき氷 近代建築 本町アーケード商店街 )

コメント

日の出寿司食堂 (2) @愛知県一宮市

2018年08月28日 | 愛知県(尾張・老舗)

休みの日に嫁と娘がとあるショッピングモールに行くと言う。「一緒に行く?」と訊かれたが、「…んな訳ナイッ(行く訳がないだろうの意)。」(←自分がショッピングモールが苦手な事を知っているので家族も本気では誘っていません)…と返事してから思い直す。「じゃオレを途中で降ろしてくれない?」ということで現地付近まで運んでもらい、踏切で停まったタイミングで車を降り、最寄りの「木曽川駅」まで歩く。そこからJRに乗って「尾張一宮駅」まで1駅揺られ昼酒開始。しかも帰りは迎えの車付きというVIP待遇だ(笑)。一度やってみたかった「日の出寿司食堂」での昼呑み。店が開いたばかりとあって先客は居なかったので年季の入ったテーブル席に座り、酒を”ひや”で、つまみには「あなご天ぷら」と「どて煮」をお願いした。

徳利に入った酒は「白鹿」。正一合入っているかは怪しい小さめの徳利だが、ぎりぎりまでは注がれている。ガラスコップに注いでクイッっと。サクッと揚がった「あなご天ぷら」にはつゆと大根おろしが付いている。どっぷり浸けたり、卓上の塩と山椒で山椒塩を作って食べたり。あぁ、昼間の酒は旨いナー。「どて煮」はもちろん八丁味噌味。しっかりと濃いめに煮込まれていて、真四角に切ったこんにゃくが珍しい。いい味だ。もちろん酒をお代わり。「すなぎもイタメ」を追加。玉ねぎと炒められているが味付けは濃いめ。塩胡椒と醤油かな。これはビールだったか。皿に溜まる油も多いので、置いてあったライターを皿の下に挟んで傾け、油を切る。その頃になると調理場から親父が切ったばかりの刺身の皿をいくつか運んで冷蔵ケースに並べ始めた。じゃ、ともう1本追加(笑)。選んだのはマグロ。さっとたまり醤油が置かれた。マグロの切りは厚く、赤身の調子もいい。テレビの高校野球の音をBGMにして、残った天ぷらつゆと大根おろしだけでいつまでも呑んでいられる気分。でも長っ尻(ちり)は止めて勘定してもらった。(勘定は¥2,600程)

以前の記事はこちら

 

 


 

↓ 「JR木曽川駅」までの道のり途中にあった「黒田小学校校門」(建築詳細不明)。門柱の上部分のちょっとしたデザインが素敵。

↓ 「尾州織物工業協同組合」(建築詳細不明)。戦後の建物かもしれないが、とても雰囲気のある大きな建物。HPのギャラリーを見ると屋内にも素敵な意匠が残っているようだ。

↓ 以前にも見た「JR木曽川駅」に残る古い煉瓦造りの「JR東海道本線木曽川駅・倉庫」(大正元年・1912・建造、移設」を駅舎から撮影。貴重な明治時代の木造建築だった駅舎を見てみたかったなァ。

 


 

日の出寿し食堂

愛知県一宮市本町3-4-1

 

( 一宮 いちのみや 日の出寿し 日乃出寿し 日乃出寿し食堂 日乃出寿司食堂 日の出寿司食堂 大衆食堂 洋食 金露 近代建築 近代化産業遺産 )

コメント (2)

キリン亭 (2) @愛知県犬山市

2018年08月11日 | 愛知県(尾張・老舗)

酷暑が続く東海地方。ある休日に犬山市の洋食店「キリン亭」へ。昭和元年(1926)創業という歴史ある店。開店してすぐの時間に店前の駐車場に車を滑り込ませた。店内はすでに先客が数組。こちら夏場はかき氷もやっているのでそれを目当てに来る客も多いようだ。広い店内のテーブル席のひとつに座りメニューを手に取るも、店内の黒板に”本日のどんぶり”として「かつ丼」とあり、特に目当ての品も無かったので何も考えることなく注文した。

しばらくして大きめのプラスチック製の丼ぶりに盛られた「かつ丼」が登場。大根と豆腐の入った味噌汁、それにたくあんが付いている。犬山の古い食堂でカツ丼といえば、なぜか目玉を落としたタイプが何軒もあって興味深い。こちらも老舗なのでもしやと思ったが、そうではなかった。玉子でとじてあるので大別すればオーソドックスなタイプだが、玉子は流し込んだだけではなくスクランブル状になっていた。かといって”とじ玉子後のせ”タイプともちょっと違う。黄身の色が鮮やかで、三つ葉の彩りもいい。つゆの味付けは濃くなく上品で、やや薄めのかつはカリッとした衣をまとっている。丼ぶりが大きいのでもう少しかつにヴォリュームがあるといいが、ひょっとすると”本日の”は通常の品と違って価格を落としたサービス品になっているのかもしれない。次は「カツカレー」か「チキン南蛮」を。(勘定は¥750)

以前の記事はこちら

 

味処 キリン亭

愛知県犬山市天神町1-5

 

( 犬山 いぬやま きりん亭 きりんてい 洋食 定食 食堂 SYOKUDOU レストラン カツ丼 亜種 ランチ かき氷 かきごおり 老舗 オムライス 犬山城 城下町 )

コメント

キリン亭 @愛知県犬山市

2017年09月04日 | 愛知県(尾張・老舗)

観光客で賑やかな犬山駅の西側と違い、ほとんど観光客は見当たらず実直に地元住民中心といった感じがある駅の東側。ここに昭和元年(1926)創業という長い歴史を持つ洋食屋があるのを知ったのはまだ最近のこと。早速訪問しようと向かったが、店に到着したのは夜7時少し前。まだ周囲は明るいが、この店は駅至近で中型商業施設の近くにありながら閉店時間が早いようなので慌てて店に入る。先客は1人。外から思っていたよりも中は広く、モダンな内装ではあるが座敷席もかなり広い。テーブル席に腰かけメニューを眺める。定食中心で、洋食屋とはいえ天ぷらや丼物もある。注文したのは…いつもの通り「オムライス」(←マンネリ)。注文した後に女将さんが表の幟を仕舞い始めたのでやはりギリギリだったようだ。

まず運ばれたのは胡麻ドレッシングのかかったサラダ。デザートで使うような小さいフォークだったのでちょっと食べ辛い。続いてやってきた「オムライス」。白い平皿に盛られた「オムライス」は薄焼きで包まれたクラシックなタイプ。やや小ぶりだが綺麗な紡錘形で、ケチャップがたらされている。脇には赤い福神漬けとパセリ。黄赤緑の彩りもイイ。スプーンを入れてみる。中はチキンケチャップライスでややしっとりめ。口に運ぶとほのかにバターの香りがする。洋食屋のオムライスならではのちょっと洒落た感じがあって旨い。大盛にも出来るようなので大盛でもよかったかも。かき氷もやっているが8月末で終わりだそうなので、次はカツカレーかな。(勘定は¥750)

この後の記事はこちら

キリン亭

愛知県犬山市天神町1-5

 

( 犬山 いぬやま きりん亭 洋食屋 食堂 SYOKUDOU レストラン ランチ かき氷 老舗 オムライス 犬山城 城下町 )

コメント (2)

金銀花酒造株式会社 @愛知県一宮市

2017年07月24日 | 愛知県(尾張・老舗)

古い酒造は建物に見どころが多かったり、そもそも日本酒が大好きなのでよく訪れている。こちら愛知県一宮市の「金銀花酒造」にはずっと以前にも来たことがあるのだが、その時は店のすぐ前で地元らしき人達が酒盛りをしており(笑)、寄りつき難い雰囲気だったので見送ったことがある。ある休日に「石刀神社」の参道にある酒造を改めて訪れてみた。創業は享保年間と思われる。参道の街路樹の間に瓦屋根の店があった。奥が作業場なのだろうが中に入っていく訳にはいかず、全容はよく分からない。かなり年季が入った店の中に入ると、店の方の趣味なのか「〇沢永吉」の写真が目に付く。いつもなら酒はたいてい1升瓶で買うが、この日乗ってきた方のバイクにはサドルバッグが無いので、大きなものは持って帰られない。ちょうど定番酒の300mlの小瓶があったので味見がてら買ってみた。若奥さんに支払いをして持ち帰る。

早速開けて呑んでみる。古い酒造の定番酒なので重め甘めの口当たりだろうとは予想していたが、甘めかと思いきや想像したよりは辛口。自分好みのグッと腰の座ったやや重めの飲み口。それでも冷や(常温)でもスイスイと入っていくのはただの呑兵衛だからか。燗をつけると更に良さそうな味だ。細かい香りや酸味は…、量が少な過ぎて覚えちゃいないナ(笑)。やっぱりいくら何でももう少し呑み足さないとよく分からない。ハイ、次は1升瓶で買います。でもこちらの酒は店ではあまり見ないので、またここまで来なくちゃダメかな。(勘定は¥370)

金銀花酒造株式会社

愛知県一宮市今伊勢町馬寄字山之小路19

 

( 一宮 いちのみや 金銀花 きんぎんか きんぎんか酒造 酒蔵 石刀神社 いわと神社 清酒 日本酒 酒 本醸造 本醸造酒 矢沢永吉 )

コメント

大関屋 @愛知県一宮市

2017年06月04日 | 愛知県(尾張・老舗)

愛知県一宮市の「真清田神社」東側の参道脇に店を構える「大関屋」。創業は昭和7年(1932)で現在3代目だとか。佇まいは、食事も出来る喫茶店という東海地方では殊のほか多いタイプ。昼どきは少し過ぎていたが、店に入るとなかなかの客入り。店は昭和喫茶の雰囲気で2階もあるようだ。給仕のおばちゃんは3名だったが、見たところ調理も女性がやっていた。先客は飲物でおしゃべりをしている年輩の女性達が多かったかな。メニューには定食、洋食、丼ぶりと揃っていたが、中から好物の「オムライス」を注文した。

まずは千切りキャベツと人参のサラダが運ばれる。最初からフレンチドレッシングがかかっていた。しばらくして「OZEKIYA」と銘が入った平皿に盛られた「オムライス」が登場。上からかかっているのはデミソース。きっちり下面まで玉子が巻かれていて、その玉子も表面こそ焼きは強めだけれど、とろみが残ってペラペラでないタイプ。早速スプーンを入れてみると、中は薄めのチキンケチャップライス。旨い。デミソースはサラッとした感じで色も濃くないが、しっかりとコクがあり、口当たりもとてもいい。やっぱりこの地方の喫茶店は侮れないなァ。次はそのデミグラスソースを使ったハヤシライスに決定か。(勘定は¥780)

 


 

↓ 訪問時、快晴の真清田神社では神事が執り行われていた。

 

↓ 江南に移動して訪れたのは「滝学園」の創始者・滝信四郎が創設した「瀧会館(旧・瀧文庫)」(大正4年・1915・建造)。玄関口の唐破風など素晴らしいが利用はされていない感じ。

 

↓ 敷地の端にある蔵(倉庫)には煉瓦造りの腰壁があった(写真下右)。建造当初のものだろうか。

 

↓ ついでに以前も訪れた「滝学園本館」(昭和元年・1926年・建造、写真右側)と、「講堂」(昭和8年・1933・建造、写真左側)まで足を延ばす。どちらも登録有形文化財。

 

 


 

喫茶・食事 大関屋

愛知県一宮市真清田1-4-1

 

( 一宮 いちのみや 真清田神社 ますみだじんじゃ おおぜきや カフェレスト大関屋 Cafe Restaurant Ohzekiya オムライス 流鏑馬神事 やぶさめしんじ 近代建築 瀧学園 )

コメント