ハリーの「聴いて食べて呑んで」

日々増殖を続ける音源や、訪問した店、訪れた近代建築などの備忘録

キッチン・ダイシン @名古屋市千種区・今池

2018年05月25日 | 名古屋(千種区・守山区)

今池で夕食に立ち寄ったのは小さな洋食屋「ダイシン」。週3日のみの営業らしいのでなかなか入ることが出来なかった。店名のフォントも何となく洋食屋らしさいっぱい。店に入ってから知ったが創業して47年になるのだそうだ。間口の広くない店内に入るとテーブル席が奥に並んでいる。本棚には漫画が沢山並んでいてざっくばらんな雰囲気。大柄な年配の主人1人で賄っているようで忙しそう。アールデコ調のペンダントライトが下がった手前の席に腰を下ろす。メニューを眺めると気になる品が沢山。そこに「合ノ子」という代官町の「一正亭」で経験したような名前を見つけたので、それの単品とビールをお願いした。主人に「漬物はいいですか?」と言われたがどういう意味かは分からず…。

ビールを運んで来た主人は、「じゃ、これ食べとって。」と保温鍋を指差した。立って鍋の蓋を開けると、中には「タケノコとがんもの炊き合わせ」がたっぷり。これを自由に取ってつまみに食べていいとのことなのだ。「じゃ、いただきます。」と声を掛けると、奥から「いーよーっ!」と威勢のいい返事。もうこの辺りで完全にエネルギッシュで年齢不詳な主人のペース(笑)。”体力の限界を感じ”週3日の営業にしていると書いてあるメニューの記述が信じられなくなる(笑)。

しばらくして運ばれた「合ノ子」は大皿に車海老フライ、ハーフバーグ、ヒレカツ、帆立フライ、ウインナー、ポテサラ、グリーンサラダ、マカロニサラダとてんこ盛りのすごい内容。ハーフというハンバーグはどう見たって普通サイズ。軟らかいタイプでケチャップ寄りのソースがかかっている。海老フライはさすがに小さめなものの、帆立フライと一緒にタルタルソースでいただく。サラダにはフレンチドレッシング。この皿、洋食呑みには最高だ。他のテーブルに運ばれていく品々もどれも盛りがすごい。加えて主人は「お代わりしてよー。」と声をかけている。サービス精神の塊のような人だ。これでお茶もコーヒーもご自由にとポットに用意してあるんだから恐れ入る。今度はがっつりご飯を食べに来ようかな。(勘定は¥1,700程)

キッチン ダイシン

愛知県名古屋市千種区今池1-13-14

 

( 名古屋 なごや 今池 いまいけ だいしん キッチンダイシン 洋食 洋食屋 エビフライ ハンバーグ 大盛 セルフ あいのこ 合の子 ) 

コメント

今池屋 @名古屋市千種区・今池

2018年05月12日 | 名古屋(千種区・守山区)

以前から風情ある店先が気になっていた今池の鉄板焼きの店「今池屋」。この店の前を通ると店内の様子や喧騒が漏れ聞こえてくることが多く、1人では入り辛い感じだったのでなかなか伺うことが出来なかった。この日はちょうど開店したばかりの時間で先客は居なかったので、ちょっとだけならテーブルを占有しても迷惑にもならないかと入ってみた。土間に並んだテーブル席と小上り席が見える。まずは瓶ビールをもらう。キリンのラガー。冷蔵庫の中にはボトルワインも置いてあったりする。焼きものは「砂きも」を注文した。窓や入口が開け放してあるので、入ってくる春の風と冷たいビールが喉に心地良い。

給仕を担当するお兄さんが「砂きも」を運んできてくれた。表向きとは違い、どの皿の値段もちょっと高めだが量もやや多めか(1人呑みは想定されていないんだろう)。味付けは塩胡椒のみでコテを使って焼いていく(本当は焼いて欲しいんだけれど)。鮮度良く旨い。追加はこちらの名物的な「ほたて牛巻」。文字通り帆立貝の貝柱を薄切りの牛肉で巻いてあるもの。貝柱の粒が大きい。提供された時に一見強面だが優しいお兄さんに焼き方も教わったが、放っておいたら途中で焼き加減を見に来てくれた。こちらも味付けは塩胡椒だけなので思った通りの味だ。ビールは全然足りないが、追加するにはつまみも要るし、何を頼んでも量的にも味的にも単調になりそうだったので諦め、粉ものまでたどり着けず切り上げることに。分かってはいたけれど、やっぱり少なくとも2人以上で来ないとなァ…。(勘定は¥2,300)

今池屋

愛知県名古屋市千種区今池4-12-16

 

( 今池 いまいけ いまいけや 鉄板焼 お好み焼 居酒屋 焼きそば おこのみ焼 海鮮焼 )

コメント

鳥のちから @名古屋市千種区・今池

2018年05月06日 | 名古屋(千種区・守山区)

呑み屋の多い今池とあって最近では早い時間から呑める店もいくつか出来たが昔からの店では多くない。そのうちのひとつ、広小路通沿いにある「鳥のちから(ちから)」。いつも2時頃から開いているのかな。仕事関係の展示会場から早めに解放され帰宅するだけだった平日のある日に寄ってみた。昭和9年(1934)創業(未確認)というからとても長い歴史がある。”朝挽き若鳥専門店”として三河地鶏を扱っているそう。カウンターと小上り席があり、この日はカウンターに先客1人。もう何皿も並べてビールをやっていらっしゃる。自分も腰を下ろしてさっそく酒をぬる燗で、それに季節もので「空豆」をお願いした。給仕の女性は「どん燗ですね?」と復唱。もうかなり年配の人じゃないと通じない場合も多いので普段は”ぬる燗”としか言わないが、久しぶりに”どん燗”って聞いた気がする(「大甚」の女将も言っていたっけ)。

銘の入った徳利と蛇の目の猪口が運ばれた。酒は看板通りなら「大関」。お通しは高野豆腐と山菜の煮つけ。燗つけの温度はお燗番によって違うし、いい加減な店も多いが、こちらはしっかりと”どん燗”。まだ明るいうちからの嬉しいひととき。すぐに空豆が運ばれる。出汁で茹でてあり、独特の香りと口当たりで春を感じる。昔はこの風味が大嫌いだったが…変われば変わるもの。しばらくして頼んでおいた「串焼盛り合わせ」も出てきた。ねぎま、砂肝、もも、血肝、皮、というラインナップ。たれで焼いた串は無い。どの種も小振りな切りだが焼きの調子は良く旨い。ひと口かじってグイッっていう幸せを繰り返し、追加を何にするか迷う。名物「ちからだんご」というものがあったので、どんなものかも全然知らぬまま注文。するとカウンターの上に置いてあった大皿に盛られたハンバーグ状のものを取り出し、温め直して調理を加えて出てきた。千切りキャベツが添えられたその皿はケチャップソースで味付けされていて、それ自体は旨いが正直言って日本酒には合わず。これはビールだったなァ。(勘定は¥2,300程)

 

朝挽き若鶏専門店 鳥のちから (ちから)

愛知県名古屋市千種区今池5-2-1

 

( 名古屋 なごや 今池 いまいけ とりのちから ちから酒場 焼き鳥 焼鳥 やきとり 鳥料理 居酒屋 酒場 老舗 )

コメント

住よし JR千種駅ホーム @名古屋市千種区・千種

2018年05月01日 | 名古屋(千種区・守山区)

「住よし」と言えば名古屋駅のホームに店舗を多数出店している”きしめん”で有名な立ち食いそばの店。他所の土地から名古屋に辿り着くとよほど魅力的に映るのか「ここのきしめんが最高」なんて戯言を言う人も多い。ま、確かにあのシチュエーションで食べるきしめんが(特に寒い時期は)旨いには違いないが。実はこの「住よし」、千種駅のホームにも出店している。しかも名古屋駅の在来線ホームにある店と同様にお酒も扱っていて、ちょっとの時間を見つけて一杯やる人も多いと聞く。この日はこの千種駅に降り立った訳では全然ないのだが、仕事が予定より早く終わり、駅の目の前に居たのでわざわざ入場券を買ってホームにまでやってきた(←阿呆)。

ホームに降り立つと、思ったより端の方に「住よし・千種駅ホーム」があった。店舗の入り口に券売機があり、そちらでチケットを買ってから中に入る(反対側の中にも券売機あり)。電車通勤をしたことがないのでこんな機会はめったにないとワクワク。券売機にはしっかりとお酒がラインナップ。しかも生ビールから黒ビールから生貯蔵酒からチューハイからと意外なほど種類が多い。おつまみもきっちりと色分けされたボタンがあり、×マークのものもあったが15種類位あるようだ。いいねェ。そこで「特別純米酒」とつまみの「かき揚げ」をポチッと押してチケットを取り中へ。

中は忙しい時間を外していたこともあり男性店員1人で回していた。券を差し出すとすぐに酒を冷蔵庫から取り出しプラスチック枡の中に入れたグラスに注ぎこぼしてくれる。銘柄は安城市「神杉」の冷蔵酒。つまみのかき揚げは店内で揚げたかき揚げにつゆを足し、大根おろしと刻みネギが加えられる。いわゆる”ヌキ”というやつ。つゆは濃いめ。もちろん麺類で使うつゆそのままだろう。サクッとしたかき揚げがすぐにクタクタになっていく。これをちょこちょこつまみながら呑む酒はなかなか。途中で一味唐辛子を振ったりして楽しんだ。よく見るとおでんなんかもあるようだ(中で会計出来る)。こんな所が通勤途上にあったら頻繁に寄っちゃって大変だ(笑)。本当は囲われていない方がいいんだけれど冬は寒いか…。次にこの駅を使うことがあったらまた寄ってみようかなァ。(勘定は¥610、入場券¥140)

 

名代きしめん 住よし JR千種駅ホーム

愛知県名古屋市千種区内山3-24-8

 

( 名古屋 なごや 千種 ちくさ 千種駅 JR千種駅 ホーム 立ち飲み 立飲み 生ビール すみよし きしめん 名駅 新幹線ホーム 駅飲み )

コメント

一富士 @名古屋市守山区・大森

2018年01月25日 | 名古屋(千種区・守山区)

ある休日の昼時、車を停めていつもトランクに入れてある折りたたみ自転車を取り出して、近辺を散策中に気になった守山区八剣の食堂「一富士」へ。”和洋食”なんて書いてあったのでピピッと反応してしまい、店の前まで来るもカーテンで中が全く伺い知れない。周りは住宅街でさしたるランドマークは無く、車こそ走っているが人通りもそう多くない。躊躇したが思い切って入ってみるべく自転車を停め「誰も居なかったりして…」なんて考えながらドアを開けてビックリ。なんと、超満員! 全て中高年男性で、ほぼみんな呑んでる。なんだ、ここは…。店内は奥に長くテーブル席が7~8つあるが、どれも埋まっている。近くに塾でもあるのかなと思っていた外の自転車は全部ここの客だったか。一番手前の席だけ1人で座っている客が居たので「ここいいですか?」と相席をお願いして腰かけた。テレビでは競馬中継が流れていてそれを見ながら盛り上がっている人も居るが、別に場外馬券売場がある訳でなし、なんだろこの人口密度。あまりメシを喰ってる人は居ないが、自分はお腹が空いていたので「カレーライス」を注文した。

立ち働く主人の向こうには棚があり、そこには調理済みの惣菜が並んでいた。焼きそば、揚げ物などから、とろろ、ポテサラまで安い値付けの小皿が並んでいて、さぁ、呑んでくださいと言わんばかり。いいなァ…。しばらくして「カレーライス」が楕円のやや深めの皿に盛られて登場。赤い福神漬は別皿で添えられている。早速スプーンを入れるが、予想したよりもしっかりとした辛さがある細切れ肉の入ったポークカレー。こういう古い食堂だとほとんど辛さを感じない甘口のカレーであることも多いので意外だった。麺類、丼物、定食とひと通り揃っているが、何といっても小皿の惣菜が気になる。あれをいくつか取って呑んでみたいけれど、ここで呑むにはどうやって来れば…、それにどうやって帰ればいいんだ…?(勘定は¥450)

 


 

↓ 川北の味鋺(あじま)の木曽街道沿いにある「双葉酒造株式会社」(主屋:明治時代建造・詳細不明)。すでに廃業している蔵だが風情ある建物はそのまま残っていて、名古屋市の登録地域建造物資産に指定されている。

 

 


 

一富士

愛知県名古屋市守山区八剣1-501

 

( 名古屋 なごや いちふじ 大森 麺類食堂 大衆食堂 食堂 洋食 中華そば ラーメン 酒場 近代建築 登録地域建造物資産 ) 

コメント

大吉 @名古屋市守山区・大森

2018年01月19日 | 名古屋(千種区・守山区)

よく参考にさせていただいているトラっち。さんのブログで何度も紹介されていた守山区の「大吉」。ずっと行きたいナと思っていたが、この辺りに”ついで”はほとんど無く、もちろん土地勘も全然ないので、思い切ってココだけ目当てで車を走らせてみた。然したるランドマークもない街道沿い(強いて言えば守山警察署か)に店がある。”味噌煮込み”の店とは思えないポップな看板。裏腹に中に入るとかなり年季が入っている。創業して50年以上にもなるのだそうだ。狭いカウンター席とテーブル席が並んでいて、小さい小上がり席も1つ。カウンター席のパイプ椅子に座って品書きを眺める。何といっても気になるのは長渕剛の写真と共に壁に貼り出してある「10種類のスパイスが効いた!・親父の情熱にこみ・¥600」という品。他にも「冷たいみそ煮込みうどん」(!)なんてのもある。攻めてるなァ(笑)。初訪だったので「味噌煮込み・並・(玉子入り)」を注文。店は親子と思しき3人で切り盛りしているようだ。

しばらくして運ばれた「味噌煮込み」は安い値付けにも関わらず土鍋にしっかりと1人前。グツグツと熱く煮えたぎっている。具は玉子、葱、蒲鉾。なんと冷めてはいるがかぼちゃの天ぷらも一切れ別皿で付いている。それに揚げ玉。麺は煮込みにしてはやや細目の切りだが、特有のコシはしっかりとある。つゆはしっかりと出汁の風味強く、旨い。途中で玉子を潰して味の変化を楽しむ。にしても玉子と天ぷらが付いて……思わずもう一度品書きの値段を確認してしまう驚きの安さ。これで味がそこそこなら話のタネで終わるのだが、旨いので再訪必至。次はもちろん「親父の情熱にこみ」+ご飯で(実際他の客の注文率も高かった)。とてもいい店を教えていただいてありがたい。(勘定は¥550!)

 


 

↓ 守山区瀬古にある「庄内用水元杁樋門」(明治9、10年・1876、1877・開削、明治43年・1910・改修)。名古屋で唯一現存する人造石を使用した樋門だそうだ。この辺りにカワセミが飛んで来るのだそうで、アマチュアカメラマンの方が構えていらっしゃったので石造りの写真がしっかりと撮れなかったが、後で素敵なカワセミの写真を見せていただいた。

  

 


 

にっこりにこみ 大吉

愛知県名古屋市守山区八剣1-1112

 

( 名古屋 なごや 守山区 大吉 だいきち 味噌煮込みうどん みそにこみうどん みそ煮込み 味噌にこみ 土木学会選奨土木遺産 都市景観重要建築物 近代建築 )

コメント

キッチン欧味 @名古屋市千種区・吹上

2017年06月09日 | 名古屋(千種区・守山区)

吹上ホールでの用事が終わり、遅い昼食に出掛けたのは飯田街道沿いにある「キッチン欧味」。駅からは離れているし、この日は生憎の雨だったが、店の中はほとんどのテーブルが塞がっている人気ぶり。店の中は喫茶店っぽく落ち着く雰囲気。さっそくメニューとにらめっこ。好物のオムライスと激しく迷ったが、この店で特に強く推されているように感じたジャンボエビフライと、店名を冠したハンバーグを組み合わせた「ジャバーグ定食」なるものがあったので、赤い帽子とエプロンをした給仕の女性にお願いする。ちなみに「ジャバーグ」の”ジャ”はジャンボエビフライの”ジャ”(笑)。ライスとパンが選べるのだが、その時ちょうど運ばれていた他の客のライスが大きめの茶碗にこんもりと山盛りで、その客もびっくりしている様子だったので、慌ててライスを半分にしてもらう。

しばらくして丸い平皿に盛られた「ジャバーグ」とライス、味噌汁が運ばれた。メインには千切りキャベツと海藻のサラダ、それにパイナップルが添えられている。まずは濃いめのデミグラスソースがかけられたハンバーグ。ふわっふわの食感で口の中で崩れていく。デミソースは自分がよくステーキソースとして作るウスターソース+ケチャップの風味にも似て、間違いのない旨さ。エビフライは20cmほどもあるだろうか、たっぷりの自家製タルタルソースの上に横たわっていて、自分好みの細かいパン粉の衣をまとっている。どちらもライスとの相性は抜群。あー、旨い。無理すればあの大盛りライスでも食べられただろうが、半分といっても普通かそれ以上のヴォリュームはあったので賢明な判断。でも最後に食べようと思っていたパインを床に落とす不始末(そういえばついこの前も…、ヤバイな…)。(勘定は¥1,550)

 


 

↓ 今池にある「日本福音ルーテルなごや希望教会・今池礼拝所」(昭和23年・1948・建造)。あのヴォーリズの建築だとのこと。ちょうど併設の幼稚園の迎えの時間だったので写真は1枚だけ。

 


 

 

キッチン欧味

愛知県名古屋市千種区千種1-9-23

 

( 吹上 ふきあげ オーミ おーみ おうみ 洋食 ジャンボエビフライ ジャンボ海老フライ ハヤシライス 欧味風 近代建築 ウイリアム・ヴォーリズ ヴォーリズ建築 )

コメント

弘法屋 @名古屋市千種区・池下

2017年06月06日 | 名古屋(千種区・守山区)

用事で歩き疲れたやや暑い午後の池下駅。かき氷にはまだ早いが、ちょっと何か冷たいものを、と思ってこの店を思い出す。実は昨シーズンにもこの店にかき氷目当てで来たことがあったが、その雑多な雰囲気と、小さい飲食スペース(席は5つ程)に氷目当てで群がっていた女性達にひるんで(笑)、入ることが叶わなかった。その”果物屋のついでに端っこでデザート食べられ〼”的な雰囲気は相変わらず。店の中には男性2人と女性店員。普段着で飲食店の店員らしくないのは”果物屋”さんだからだろう。さすがに午後3時頃だったので先客はカップル1組だけだった。それでも気後れしながら着席し、メニューを眺める。へぇー「ローストビーフサンドイッチ」なんてあるんだね。まだかき氷はなかったので、勇気を出して(笑)「フルーツパフェ」を注文した(注・オッサン1人です)。

運ばれてきたパフェを目の前にしてたじろぐ。さぁ、どうやって食べようか。パフェにはスイカ、メロン、オレンジ、グレープフルーツ、イチゴ、ブルーベリー、パイナップル、バナナなどが微妙なバランスの上に刺さっている。慎重にフルーツを掘り出し味わっていく。どのフルーツももちろん旨い。中にはアイス、マンゴーフラッペ、ゼリー、ババロア、スポンジケーキ、クリームとこれも盛り沢山。特にババロアが気に入った。ただ果物屋さんだからもちろん旬のものを選んでいるのだろうが、スイカと黄色いメロンだけは風味もいまひとつ。わざわざこの時期(訪問4月末)には要らないなァという感じ。どのフルーツも食べ辛いのだが、一番香りが立っていて最後に残しておいたパインのひとつを案の定、床に落とす(涙)。どう食べてもオッサンじゃ絵にならない…。次は嫁か娘を連れて来ないと。(勘定は¥1,200)

フルーツパーラー 弘法屋

愛知県名古屋市千種区覚王山通8-70-1 名鉄パレサンクレア池下店 1F

 

( 池下 いけした こうぼうや KOBOYA 弘法屋 池下店 フルーツショップ フルーツ屋 かき氷 フラッペ パフェ ババロア )

コメント

松楽 @名古屋市千種区・吹上

2017年06月02日 | 名古屋(千種区・守山区)

仕事で名古屋市のイベント会場「吹上ホール」に用事があったので、現場到着前に腹ごしらえ。地下鉄駅から歩いて訪れたのは「中国料理・松楽」。こちら(自分は見たことがないが)メディアにも取り上げられる事が多い店らしい。評判なのはチャーハン。店の外にも写真入りの大きな看板があり、「こがし醤油香る究極の一皿・名古屋屈指の絶品チャーハン」の文句が。期待が高まるではないか。店は間口が狭く、中に入るとカウンター8席のみでこじんまりとしている。それでも老齢のご夫婦と若い衆の3人体制。ランチではラーメンとの「チャーラセット」(ママ)の方が値打ちなのは分かっていたが、食べ過ぎないようにと「チャーハン」を単品で注文した。

さっそく主人(御年80を超えるのだとか)によって調理が始まったが、ちょっとカバンから資料を取り出して目をやっていたら、電光石火の早技でチャーハンが出来上がっていた。鍋を使うカツッカツッという音も耳に入らず、玉子を先に炒めて、ご飯を鍋肌に焼き付けている様子だけ目に入っていたが、それにしても早い。かかった時間はたぶん3分くらいか。凄いなァ。白い八角形の皿にこんもりと盛られたチャーハンの量は、普通かやや少なめぐらい。具もネギ以外はあまり見当たらない。レンゲですくって食べてみる。米粒が油をまとってしっとりとした好みのタイプ。味付けに特に飛び出たものはないが、しみじみと旨い。添えられた紅生姜をつまんだり、スープで口を濡らしながら、あっという間に皿を空にした。この量だったらセットでもよかったか。チャーハンも旨かったが、メニューに載っていた焼売や春巻などの点心や、単品も更に旨そうだ。次はビール付きで何かたのんでみよう。(勘定は¥680)

 


 

↓ 千種小学校の近くで見つけた洋館。住人が居るのか少し微妙だったが、瓦のデザインも凝っているし、屋根上に尖塔があったり、玄関に門柱があったりと、とても興味深い建物。

 


 

中國料理 松楽

愛知県名古屋市千種区大久手町6-16

 

( 吹上 ふきあげ 大久手 しょうらく 中華料理 中国料理 中華飯店 広東料理 炒飯 チャーラ―セット ランチ 大久手小路 近代建築 )

コメント

かどふく新守山店 (2) @名古屋市守山区・新守山

2016年12月06日 | 名古屋(千種区・守山区)

以前に嫁と行って大満足で帰ってきた「かどふく新守山店」へ単独で再訪。用事終わりだったので、夜営業開始の時間に店へ。幅広きしめんで名前が挙がることが多い店だけれど、前回店に入るとかなり「蕎麦押し」な印象を受けたので、気になって仕方がなかった。幟(のぼり)も立ててあるし、店先にも「長野県産そば粉100%使用して手打してます」と出ている。腰を下ろして給仕の年輩の男性(主人?)に「ざるそば」と、前回その充実ぶりに感激した「ミニ親子丼」を頼むも…その男性に「アウトッ!」って言われてしまった。売り切れという意味だとは思うがアウトって…(苦笑)。ちょうど隣の席の人がその親子丼を食べていたので、ご飯でも切れたのかな?(でもまだ夜営業開始時間だ…) ま、すぐには他が思い浮かばなかったので、そばだけにしておいた。(※訂正・通し営業のようです)

信州八ヶ岳産の蕎麦粉を石臼挽きにするというそばは、最近では珍しくごついそば。切りは太目で、太さにもばらつきがある。長さも短かめ。しっかりキリッと締められていて、風味と力強さがあり、噛みしめる楽しみのある武骨なそば。最近は洗練された蕎麦切りばかり食べていたので、久しぶりにこんな野趣溢れるそばを食べた気分。つゆはやや濃いめ、甘めの東海地方タイプ。この組み合わせもなかなか面白い。あっという間に手繰り終わり、さらっとした蕎麦湯をいただいて、了。そば以外はきしめんだけで、この地方では珍しく、うどんも煮込みも無い店なので、次はこのそばを温かいつゆで食べてみたいなァと、もう次の訪問に思いを馳せて…。(勘定は¥850)

前回の記事はこちら

 

かどふく 新守山店

愛知県名古屋市守山区鳥神町287

 

( 守山 新守山 しんもりやま かどふく きしめん 幅広きしめん はばひろきしめん 蕎麦 そば 親子丼 信州そば 信州蕎麦 田舎蕎麦 田舎そば )

コメント