ハリーの「聴いて食べて呑んで」

日々増殖を続ける音源や、訪問した店、訪れた近代建築などの備忘録

日之出屋 @名古屋市西区・中小田井

2018年07月13日 | 名古屋(中村区・西区)

名鉄の中小田井駅近くのうどん屋「日之出屋」へ。きしめんが旨いという評判を聞いてやって来た。店の造りはいかにもといった感じの(昭和の)和風で、”手打うどん”の文字が誇らしげ。夏暖簾をくぐって中に入るとしっかりと年季の入った佇まい。広くない店内には先客が3組。年配のご夫婦でやっていらっしゃるようだ。品書きを眺める前から”きしめん”とは決めていたが、この日は蒸し暑かったので冷たいのを探す。冷たいきしめんは書いてなかったので女将さんに尋ねると”ざる”や”ころ”が出来るとのこと。そこで「ころ」でお願いした。調理場の様子はあまり見えないのだがゴトゴトと音がしていたので、横の麺打ち場で麺帯からその場で切り出していたようだ。麺が大釜に落とされる。

しばらくして出てきた「きしめん・ころ」は器もしっかりと冷やされていて涼しげ。花かつお、刻みネギ、練りわさびが入っている(青物やカマボコが入っていたかどうかは失念)。つゆの色は真っ黒と言っていいくらい濃く、きしめんには珍しくあまり甘くない。麺を手繰り寄せると幅は1.5cm程もあるだろう麺で、しっかりと冷やされているせいもあるだろうがかなりの剛麺。軟らかめの食感が好きな人には手強い麺だが、手繰る度に噛む楽しみがあって評判通り旨い。この麺を煮込みにしたりしても旨いだろうなァ。ころにしてはちょっと値が張るが…。(勘定は¥800)

 


 

↓ 枇杷島駅辺りから自転車で美濃路(その昔、東海道の宮宿と中山道の垂井宿を結んだ脇街道)を散策。ところどころに町屋が残り、屋根神様が祭ってある建物も。

 

↓ ピンク色の豆タイル装飾が素敵な美容室「フジ美容室」(建築詳細不明)。明かりとりの窓といい、入り口の木製ドアといい往時が偲ばれる典型的な美容室。

↓ 「石原医院」(建築詳細不明)。古い建物ではないだろうが、看板に屋根が架けてあるのが面白かった。

 

↓ 潜戸の質屋「新川商事」(建築詳細不明)。土蔵造りでなかなかの風格。たぶんここではもう商っていないとは思うが…。

 

↓ 風情ある町屋の並び、工芸品の「伊勢安商店」と線香や蝋燭を扱う「薫香堂」(建築詳細不明)

↓ 街道沿いには日本家屋の玄関横に洋館が隣接する典型的な建物も見ることが出来た。(建築詳細不明)

 


 

手打うどん 味処 日之出屋

愛知県名古屋市西区中小田井3-343

 

( 名古屋 なごや 中小田井 なかおたい 名鉄 日の出屋 ひのでや 日ノ出屋 うどん そば 蕎麦 麺類食堂 美濃街道 近代建築 脇往還 )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エストマーレ (2) @名古屋市中村区・名駅

2018年07月05日 | 名古屋(中村区・西区)

ちょうど夕方に名駅に降り立ったので、そのまま名古屋マリオット・アソシア・ホテルに入り、メイン・バーの「エストマーレ」へ。この時間は”ハッピー・アワー・ツーバイツー”と称して値打ちな価格で2杯呑める時間帯。ちょうどドリンクのメニューもサマー・メニューに変わったところ。店内はまだ早い時間とあって三分位の客入り。カウンター席に座らせてもらいメニューを見せてもらう。どんなカクテルか分からないものもあったのでバーテンダー氏に尋ねて検討。最初に選んだのは「ミスティアミスト」という涼し気な名前のロング・カクテル。確かフランスのリキュールだったか(もう忘れてしまった)。これはクラッシュアイスに注いで軽くステアしただけだったと思う。マスカットだということで甘いのかと思いきやそうでもなく、すっきりして爽やか。薄暗い店内でゆっくりと口をつけながらボケーッとした貴重な時間を味わう。

次はシングル・モルト・ウイスキー「ボウモア」の12年をロックで。どうしても”アイラ島=海の蒸留所”というイメージが先行してしまって感想も”潮の香り”なんて言いたくなってくるのだが(笑)、この日に自分がぼんやりした頭で感じたのは最初のヨードや薬草のような香り。それが喉を通り鼻腔を抜けると柔らかな香りに変わって薫香が残る、といった感じ。氷が溶け出す頃には鼻も口も慣れて、より穏やかに変化していく。ま、自分が感じるのはこの程度の大雑把な感想。年に数度帰省する長兄が持ってくる貴重なウイスキーも、すでに酔っぱらった状態で「イイネーイイネー」と適当に呑んでいるので勿体無い(苦笑)。隣に座った方が「シガー(葉巻)いいですか?」と訊いてきた。もちろん「どうぞどうぞ。」(バーだもの)。久しぶりだからとバーテンダーに用意させて火をつけてもらったりする様子をずっと見ていたが、やっぱり羨ましいナー(時代に逆行して始めちゃうか…)。(勘定は¥1,200)

以前の記事はこちら

エストマーレ (ESTMARE)

愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 名古屋マリオットアソシアホテル 15F

 

( 名古屋 なごや 名古屋駅 名駅 メイエキ マリオット ESTMARE バー BAR メインバー オーセンティックバー カクテル ウイスキー ハッピーアワー BOWMORE )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エリックサウス KITTE名古屋店 @名古屋市中村区・名駅

2018年06月27日 | 名古屋(中村区・西区)

名古屋駅のJPタワーの商業施設「KITTE」。ついこの間出来たばかりと思っていたがもう2年経つんだねェ。自分はあまり大型商業施設に足が向かないので、こちらの飲食街もまだ数件しか利用したことがないが、やっと「エリックサウス」へ。その昔岐阜駅構内にあった「エリックカレー」で食べた頃からから何年経つのだろう。まだ南インドカレーが今ほど注目されておらず、サラッとして後口の良いカレーを当時珍しかった”ミールス”という形で提供する店がとても気に入ったのだが、お膝元なのに業態が変わったりして中途半端な感じになって結局消滅。その後、同グループが八重洲に「エリックサウス」を展開して人気を博し、東海地方に凱旋といった感じだろうか。店はほぼ満員の盛況。中央の大きいテーブルに空きは見えたので店頭で待つ。席は空いているのになかなか呼ばれなかったが、しばらくしてリーダー格の男性に案内され店内へ。最初なので「エリックミールス」にしようと決めていた。選べる2種のカレーは「マラバール風キーマカレー」と「青唐辛子ラムカレー」(※追金)を選択。小さいポップに「紀州南高梅のウールガイ」とあったのでこれも追加してみた。1人客も多いのだが、自分の座った大テーブルは対面でカップルが座っていて、遮るものが何も無く意外と近いので目が合ってちょっと気まずい。

しばらくしてターリ(ステンレス製の盆)にのった賑やかな「エリックミールス」が登場。サンバル、ラッサム、ヨーグルト、ワダ、ウプマ、2種類のライス、パパドなど(もちろん覚えられないので後から調べてます)。まずは以前にこちらの仕掛人が発信していたようにカトリ(ステンレス製の鉢)を外に出して混ぜるスペースを作る。なるほど今まで狭いターリの上で四苦八苦していたけれどこうすれば良かったか。そういえば店頭にミールスの食べ方がやさしく解説して載っていたけれど、あれが自分の席にも置いてあると便利なんだが。ヨーグルトだけはいつもどう使うとより旨くなるのか分からないが、後はテキトーに混ぜたりのせたりして食べていく。選んだラムのカレーはしっかりアニス(八角)が効いて旨い。最初はこれはどう、あれはどう、なんて考えながら食べているが、そのうちゴチャゴチャになって全て忘れてしまう(笑)。「ウールガイ」は塩が強く効いたまさに”梅干し”といった感じ。ライスが進んでしまい、バスマティ・ライスとサンバルをお代わり。ターリにのっている種類が多過ぎてとっ散らかっているように思えるミールスも、サンバルを中心に食べていくとしっくりくる。南インドのスパイスの効いた料理はあっさりと食べられて健康に良さそうだが、結局ライスをお代わりして満腹にしてしまい。体にいいんだか悪いんだか…(苦笑)。(勘定は¥1,580)

エリックサウス KITTE名古屋店

愛知県名古屋市中村区名駅1-1-1 KITTE名古屋 B1F

 

( 名古屋 なごや 名駅 めいえき キッテ Eric South 南インド 南インドカレー 印度 イナダシュンスケ 円相 円相グループ ニュートンバル マカロニ軒 )

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

タンドゥール (2) @名古屋市中村区・名駅

2018年06月21日 | 名古屋(中村区・西区)

夕飯を食べてから家に帰ろうとしたある日、駅からあまり遠くまで歩きたくないナ、と地下街へ降りてカレーの「タンドゥール」へ。コの字カウンターに先客は若い女性2人。給仕は前回とは違う(たぶん)おばちゃん1人。女の子がダイエット話をしているとおばちゃんが「これは美容食やでね」と相槌していた。迷うことのない唯一のメニュー「インドカレーとご飯」をまた”辛口”でお願いする。その場で小鍋で香辛料と混ぜ合わせて辛さを調節している様子。しばらくして楕円の大きなステンレス皿にご飯が、そしてカレーがグレービーボートになみなみと入れられて渡された。

なかなかの盛りのご飯。カレーをスプーンですくいご飯の上にのせていただく。カレーはこちら特有の玉ねぎがシャクシャクとした口当たりで、辛さはしっかありあるもののすっきりとしている。今でこそ南インドだ何だと選択肢は多いが、昔からこれってかなり個性的。他の具材はカレーに溶け込んでいて分からない。ご飯の硬めの炊き加減といい、カレーとのバランスといい、相変わらず文句なしに旨い。赤い福神漬を挟みながら掻き込んでいく。次こそ激辛で頼んでみようかな。あっという間に食べ終えたので、おばちゃんが「早いねー!」と。ハイ、よく言われます…。(勘定は¥750)

以前の記事はこちら

タンドゥール

愛知県名古屋市中村区名駅4-9-10 ミヤコ地下街

 

( 名古屋 なごや 名駅 めいえき 名古屋駅 なごや駅 タンドウール インドカレー カレー カレーライス エスニック料理 都地下街 )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

よもだそば @名古屋市中村区・名駅

2018年05月31日 | 名古屋(中村区・西区)

日本橋と銀座に店がある立ち食いそばの「よもだそば」が名古屋駅構内に出来たと聞いて寄ってみた。名古屋に店を出すくらいだからチェーン展開を始めたのかなと思ったが、現在のところ上記2軒以外の出店はここだけ。なぜ? 以前に夜遅くホテルに帰る前に銀座の店に入った覚えがあるのだが酔っぱらっていたので記憶が曖昧…。この日は用事があってたまたま店の前を通ったのだがつい券売機を覗いてしまった。もう有名になったが、こちらは日本蕎麦とインドカレーという奇妙な組み合わせの立ち食いそば。果たしてどんなカレーを出すのかなと「半よもだカレー」を食べてみた。

楕円の皿に盛られた「半よもだカレー」は量も少ないが、通常サイズには入っている骨付きの手羽元肉も入っていないシンプルなもの。オレンジ色をしたカレーはサラッとしたタイプ。ほぐれた肉片も入っていて立ち食いとはいえしっかりとした辛味があり、意外と本格的(とはいってもインドの”本格的”って実際はどこの何が基準になるのか知らないが)。酸味はトマト由来だろうか。でも今は昔と違ってインドカレーの選択肢も怪しい店を含めて増えてきたので、わざわざここで食べたいかというと…。変わり種のそばが多いようなので次はそれらか、名物という「かき揚げそば」を食べてみようかな。(勘定は¥320)

 

よもだそば 名古屋うまいもん通り広小路口店

愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 名古屋駅構内

 

( 名古屋 なごや 名古屋駅 名駅 めいえき よもだ蕎麦 インドカレー チキンカレー 特大かき揚げ )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゲンゲンバッハ (Gengenbach) @名古屋市中村区・名駅 (※閉店)

2018年04月14日 | 名古屋(中村区・西区)

何年も前からブックマークしておいたわりには伺うことが叶わなかった名駅近くのドイツ料理の酒場「クナイペ・ゲンゲンバッハ」。ある呑み歩いた晩に、そうだ近くにと思いつき寄ってみた。店はビルの地下に。ところが店先のボードにはなんと「4月28日を以って閉店」の知らせが…。ぎりぎり間に合ったと言うべきなのか、遅過ぎたと言うべきなのか。9年半営んでいたそうだ。人気のスペイン・バル「Bar Espana(バル・イスパニア)」の系列の店だというのは初めて知った。自分の記憶が確かなら、その昔イスパニアは名駅の1店舗だけだったが、今では5店舗という人気ぶり。なのにこちらは名古屋では貴重なドイツ料理の店にも拘らず閉店とは…。

雰囲気ある扉を開けて中に入ると何組もの客で賑わっている。昭和なビルに入っているが店はドイツ田舎風の内装で統一され、やや暗めで落ち着いた空間。席に案内されてメニューを眺める。ビールはもちろんとして、ここに来る前の店では刺身と惣菜少ししか食べておらず腹が減っていたので、ドイツ名物だという「シュバイネシュニッツェル」というドイツ風のカツを注文した。すぐにパンの入ったバスケットとザワークラウト(キャベツの酢漬け)が運ばれる。何とこれがどちらもお代わり自由だという。スゴイなァ。サービスし過ぎじゃないの? パンにはフランス風バゲットの他、ドイツらしいハードなパンも入っている。ザワークラウトは瓶詰の漬かったものぐらいしか食べたことがないが、こちらは水分が少なくしっかりと酸っぱくて旨い。この2つをつまんでいるだけでもビールやワインが進みそう。頼んだビールは有名な「レーベンブロイ」。陶器製のマグカップで出てきた。きめ細かい泡がしっかりと上面を覆っていて、スーッと入ってきてガスが腹に溜まらない。なかなか上手く注いである。

しばらくして「シュバイネシュニッツェル」が登場。大きな平皿の一面を覆い尽くすような大きなカツ。もちろん厚みは薄いがバターで揚げ焼きしてあるとあって香りが良い。まずはナイフとフォークで切り、熱々を頬張る。間違いナイ。味付けはシンプルに塩のみだろうか。普段ならここに何らかのソースをかけたくなるが、バターの風味のおかげか不思議と物足りなさは感じず、くし切りのレモンを絞ったりしてシンプルにいただいた。単品で追加しようと思っていた滑らかなマッシュポテトがカツの下に潜んでいて、これで料理のヴォリュームは十分。他にも何かを頼もうと思っていたが無理だった。もっと早く来るべきだったなァ…残念。もうあと1度くらい訪れることが出来るだろうか…。(勘定は¥2,500程)

 

※4月28日を以って閉店されます

 


 

↓ 名古屋駅前ロータリーのモニュメント「飛翔」(昭和62年・1987・建造)。こんな名前が付いているなんて初めて知った(笑)。再開発によって撤去されるらしい。

 


 

ドイツ郷土料理 ビール・ワイン ゲンゲンバッハ (kneipe Gengenbach)

愛知県名古屋市中村区名駅4-2-28 B1F

 

( 名古屋 なごや クナイペ ドイツ料理 居酒屋 酒場 ドイツビール ドイツビア ドイツワイン オレンジサンシャイン 駅前再開発 リニア中央新幹線 )

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アミー @名古屋市西区・城北

2018年04月08日 | 名古屋(中村区・西区)

名古屋城の北、城北近辺は電車の駅が遠く馴染みが薄いので自転車でウロウロしてみた。昼を過ぎて小腹が空き、近くで行きたかった麺類食堂2軒に寄ってみたが2軒ともに振られ、そうこうしているうちにランチ時間は過ぎてしまったので休憩がてら寄ったのがこちら「喫茶アミー」。出される洋食が旨そうで前から入ってみたかった。カウンターが5席ほど、テーブル席は4つの昭和クラシックなこじんまりとした喫茶店だが、店はしっかりと手入れされていて居心地がいい。天井の青空模様のクロスが優しい雰囲気。年配の主人1人でやっていらっしゃった。夜に響きそうだったので食べたかった洋食類は我慢して、コーヒーと手作りだという「プリン」を注文した。

テレビを見ながら待っているとコーヒーと「プリン」が運ばれる。コーヒーは銘の入ったソーサーの上にのったカップで、かっぱえびせんが付いているのが微笑ましい。酸味は控えめだがしっかりと濃い名古屋仕様。高杯のグラスに入った「プリン」は甘味抑えめで、カラメルに少々の苦みも感じられる大人の味。しっかりめのプルッとした口当たりでとても旨い。コーヒーとこういうカスタード・プリンって合うなァ。幼少の頃、母が作ってくれるプリンはこういう本格的(?)なプリンで、子供らしくハウス食品の牛乳で作るベタなプリンで充分だった自分は正直苦手だったが(苦笑)、今ではその旨さがよく分かる。長いことかかったなァ…(笑)。次は絶対に手作りハンバーグかオムライスで。(勘定は¥680)

 

喫茶アミー

愛知県名古屋市西区城北町1-110

 

( 名古屋 なごや じょうほく 名古屋城 黒川 浄心 庄内通 喫茶 純喫茶 洋食 ランチ 手作りプリン 特製プリン カスタードプリン )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

CRAFT BEER KOYOEN @名古屋市中村区・名駅

2018年02月25日 | 名古屋(中村区・西区)

知人と一緒に夜まで飲むつもりだったある日。その日は最初から荒天が予想されていたが、外は晴れ上がっていたので問題無し、と余裕をかましていた。でも天気予報が言う通り、雪混じりの冷たい風が吹き始めている。知人が「今日は早く帰っておいた方がいいかも。」と言い出したので「大丈夫、大丈夫。」と留保に務める(←呑む気満々)。しかし当人が帰る気満々になってしまったので、仕方なく駅に近い店で一杯飲(や)って帰ろうということになってしまった。ただし時間はまだ夜営業開始前の中途半端な時間。柳橋市場近辺に行ってもまだ準備中の店ばかり。大きいビルなら開いているだろうと、結局まだ真新しい「KITTE名古屋」へ。地下の飲食店街に行くも、どこもランチと夜営業の狭間でやっているのかどうか微妙な感じで(やってはいるのだろうが)気軽に呑めそうな店が見つからない。ここの店の並びでは自分は一択なのだが、生憎知人はインド・スパイス系が苦手のようでノッてこない。確かに呑む店じゃないしナ。名駅での昼呑みにこんなに苦労するのかと嘆きつつ、結局寒いけれど「CRAFT BEER KOYOEN」へ。

こちらサッポロビール名古屋工場の接待所として大正15年(1931)に開業した「浩養園」が母体なのだろう。さっそくビールをお願いする。まずは「浩養園ゴールデンエール」を注文。外がかなり寒かったので微妙ではあるが、乾杯。爽やかな香りと苦味がありなかなか旨い。でも少ないのであっと言う間に空になり「浩養園ダークヴァイツェン」を追加。2人ともあまりお腹は空いていないので、つまみの「マリアージュプレート」なるものと「フラムクーヘン」という軽めのピッツァを注文した。「マリアージュプレート」はスモークハム、ドライフルーツ、ナッツ、チーズ、チョコ、いぶりがっこなどが少量づつ盛られたつまみで、ま、どうということもなし(少なくともチョコは合っているとは思えない)。「フラムクーヘン」は軽くてちょうど良かったが、どうしても外の天候が気になって盛り上がらない。他にも色々なビールやつまみがあったが、結局軽く切り上げて終了。帰宅の途につくことになってしまった。外に出ると…まだ全然大丈夫(←「ホラ、言ったでしょ。」※)。(勘定は¥2,500程/人)

※しかしその後、帰宅途中で天候が急変し暗転。雪も降って交通に若干の影響も出たので、知人の判断は間違っていなかったのだった(笑)。

 

CRAFT BEER KOYOEN

愛知県名古屋市中村区名駅1-1-1 KITTE名古屋 B1F

 

( 名古屋 なごや 名駅 めいえき キッテ KITTE クラフトビール 地ビール クラフトビア こうようえん 浩養園 昼飲み )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

肉の丸小 @名古屋市西区・円頓寺

2018年01月22日 | 名古屋(中村区・西区)

円頓寺商店街を歩いていると、いつも調理服を着た店員が何人も居て活気のある精肉屋「肉の丸小」の前を通ることになる。看板に「MEAT SHO」(肉商の意?それとも”P”が取れただけ?・笑)と書いてあるのが面白い。よく知らないが、やはり創業明治28年(1895)の新栄のココや、浄心のココと関係があるのだろうか。ここで精肉を買って帰る訳にはいかないが、店の片側で売っているコロッケや串カツはすぐに食べる事が出来るので便利。すぐ横の棚には名古屋ならではのソース「太陽ソース」各種が並んでいた(たしか浄心店にも…)。この日は「ミンチカツ」を揚げてもらった。注文してから揚げてくれる。

その場で食べる事を告げて小さな紙袋に入れてもらい、手渡してもらう。行儀が悪いが歩きながらかぶりついた。「あっつぃ!」と口中を火傷した(←毎度学習しない)。何も付けていないが肉汁がたっぷりで、胡椒が強めに効いていて旨い。肉の比率は牛が7、豚が3だそうだ。これでビールを呑まずにいるのは犯罪行為だなァ…。明道町にあるカレーうどんで人気の「おか茂」で出しているミンチカツはこのミンチカツだと聞いた事がある。次はとんかつを除く全部(「コロッケ」「串カツ」「ミンチかつ」「ハムかつ」)を揚げてもらって、近くでビール呑もうかな。(勘定は¥180/個)

 


 

↓ 円頓寺商店街の東端「五条橋」(昭和13年・1938・建造 ※欄干には「五條橋」と書かれている)を下から望む。煉瓦の下の方は古いものだろうか。後から知ったが擬宝珠(ぎぼし)には「慶長7年」の銘も入っているのだとか。今度しっかり見てみよう。

 


 

肉の丸小

愛知県名古屋市西区那古野1-6-13

 

( 名古屋 なごや 円頓寺 えんどうじ 円頓寺商店街 肉のまるこ まるこ 精肉店 ミンチカツ メンチカツ コロッケ 五条橋 五條橋 )

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ロビン (2) @名古屋市中村区・大門

2018年01月18日 | 名古屋(中村区・西区)

かつては遊郭があった大門(おおもん)にある古い喫茶店「ロビン」へ。この日はまだ午前の早い時間。普段モーニング・サービスはあまり利用しないが、この日は最初から朝食代わりにするつもりで寄ってみた。寒い中、自転車で店に到着。朝4時から開店しているという店にとってはもう落ち着いた時間帯。先客はなく、自分の後に1人入ってきただけ。テーブル席に腰を下ろし「ホット」とひと言。これでコーヒーと他の全てが運ばれる。老齢の女主人と一緒に働いている女性は家族の方だろうか。カウンターの上にはドリップマシーンが数台並んで置いてあり、これで1杯づつ主人の手によってコーヒーが淹れられる。雑誌を読みながら寛いでいるとコーヒーとセットのトースト、ゆで玉子が編みカゴに入って運ばれた。

トーストは山切りのものが縦にカットされている。この地方の喫茶店は業務用のパンを使用するのが普通だがこれもそうなのだろうか。口当たりが軽くて香りもちょっと違うような…。バターが塗られていて香ばしい。コーヒーカップになみなみと注がれた苦味のあるコーヒーと一緒にいただく。ゆで玉子の殻を割って口にいれると…何と半熟玉子。喫茶店のモーニングでは堅茹でが当たり前なのでちょっとうれしい。塩を少し振っていただいた。漂うコーヒーの香りとダークウッドの内装が何とも落ち着く空間。店に響くシャンソンやビッグバンドのジャズがこの店の雰囲気とぴったりでイイ(よくある蕎麦屋や鮨屋のBGMとは違うネー)。朝からいい気分になって寒い外に出た。(勘定は¥350)

以前の記事はこちら

 


 

 ↓ 大門から名古屋駅方面へ行く道すがら駅西銀座で気になった建物「鬼頭不動産」(建築詳細不明)。周りが空き地になってポツンと残っている。

 ↓ その対角にある建物(建築詳細不明)。駐車場の奥で今まで全然気付かなかったが、窓は塞いでしまっているが建物の外壁には装飾と凝ったタイルが貼ってある。何の建物だったんだろう? (※銭湯だったという情報も)

 

 


 

珈琲家 ロビン

愛知県名古屋市中村区寿町36

 

( 名古屋 なごや 大門 おおもん ロビン 珈琲家ロビン 喫茶ロビン Coffee Robin ダフネコーヒー 純喫茶 純喫茶ロビン 中村遊郭 近代建築 )

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加