ハリーの「聴いて食べて呑んで」

日々増殖を続ける音源や、訪問した店、訪れた近代建築などの備忘録

喜久屋本店 @名古屋市港区・築地口

2018年08月01日 | 名古屋(港区・南区・緑区)

自分がチョイスをミスってかなり待たされた挙句、お腹も満足とまではいかなかった中華料理店に行った際に、どうにも気になった店があった。はす向かいにある年季の入った麺類食堂「喜久屋本店」。どうしようか迷って先の店に入ったのだが、普段なかなか来ない場所だし、ご飯物を何かお腹に入れてもいいかなと思い切ってこちらの暖簾もくぐってみた。土間が奥に続く古いタイプの店内には小上がり席が2つとテーブル席が4つ。先客はおらずひっそりと静まり返っていて、女将さんと思しき老齢の方が奥にいらっしゃる。壁に掛かった品書きに「そばきし」があったので、そばにきしめんのつゆなのか、きしめんにそばのつゆなのか気になって方針変更。麺続きだが注文してみた。

自分 「そばきし下さい。」

女将 「…。」

 …どうもお耳が遠くていらっしゃるようだ。

自分 「(大きい声で)そばきし下さいっ。」 と、ここで女将さんが自分に気づき、

女将 「いらっしゃいませ。」

自分 「そばきし下さいっ。」

女将 「…はぁ?」

自分 「そ・ば・き・し。」

女将 「…そばはないよ。」

自分 「…(えーっ?何じゃそりゃ…)。」

 仕方がないので、結局方針を元に戻してご飯物の中から「志の田丼」を選ぶ。

自分 「じゃ、志の田丼下さいっ。」

女将 「はぁ?」

自分 「し・の・だ・どん・下さいっ。」

女将 「味噌ラーメン?」

オイオーイッ、志村けんの”ひとみばあさん”のコントか(苦笑)(※脚色ありません)。結局席を立って品書きの下に行き、品書きを指差してやっと「志の田丼」を注文したのだった(しかも後から品書きを見たら「味噌ラーメン」なんて無いし・笑)。御御足(おみあし)も悪いようでゆっくりとゆっくりと調理場に消えていく女将さん。奥からは水の流れる音が聞こえてくるのみで調理らしき音は聞こえてこない。それでもマジックのように「志の田丼」が完成し、ゆっくりとゆっくりと運ばれた。

中部地方の麺類食堂では標準といっても過言ではなかった「志の田丼」も、麺類食堂の減少と共にだんだん品書きから消えていっている絶滅危惧メニュー。”しのだ”とあるように”揚げ”がメインの丼ぶりだ。こちらの「志の田丼」はつゆで煮込まれた揚げと、ピンク色の縁のカマボコ、それに長ネギというシンプルでいて標準的なもの。下のごはんがのぞいてしまうくらい具の盛りは少なめ。つゆは丼ぶりの下に溜まるほどたっぷり。味はなかなかで、濃いめの色をしたつゆも甘過ぎず、添えられたたくあんを挟みながら美味しくいただいた。そしてまた大声を出してお勘定してもらったのだった…。あぁ、面白かった。どうぞお元気で。(勘定は¥500)

 


 

↓ 中川運河と山崎川(堀川)を結ぶ運河に架けられた「名古屋港跳上橋(旧1・2号地間運河可動橋)」(昭和2年・1927・建造)。現在線路は廃線となり可動はしていないので開いたまま。

 

↓ 「港橋」(昭和11年・1936・建造、再建)。現在運河は埋め立てられて橋としての役目を終えて橋脚も無いが、親柱と欄干は整備され広場に残されている。

 

 


 

喜久屋本店

愛知県名古屋市港区名港1-19-13

 

( 名古屋 なごや 築地口 つきじぐち 喜久屋 きくや 麺類食堂 大衆食堂 うどん きしめん そば 中華そば 近代建築 近代産業遺産 名古屋港 跳ね上げ橋 )

コメント

二十番 @名古屋市港区・築地口

2018年07月26日 | 名古屋(港区・南区・緑区)

あまり立ち寄ることのない名古屋市港区周辺まで足を延ばす。昔の遊郭の名残などを探索した後に昼食に向かったのは、地下鉄の築地口駅近くの中華料理屋「二十番」。創業は昭和46年(1971)だとか。あまり人通りの多くない日曜の昼に、こちらの店だけ次々と客が吸い込まれていくのを見て決めてみた。外看板に”自家製麺”と書いてあるのが気になる。店に入ると左右に並んだテーブル席は満席。年配の客が多い。給仕の女性に「1人。」と告げると相席ならと案内してもらえた。自分の後も相席での客入りが続き、すぐに待ちも出る盛況ぶり。凄い人気だなァ。麺が気になったので好物の「ワンタンメン」を注文。あらためて店内を見回すと「チャーハン」率がかなり高い。おっと、そうするべきだったかとメニューを見直してみると、ランチの「チャーハン・ラーメン」のセットがとても値打ちなようだ。

他の客の注文の他に出前注文も入っている様子。ビールでつまんでいる人も居るので提供はかなり混乱気味。どうも「チャーハン・ラーメン」以外の注文は後回しにされているようでかなり時間がかかっている。注文が前後するくらいは何とも思わないが、後客にどんどん配膳されるようになってくると話は別。給仕の女性も遅いと気付いていたので何も言わなかったが、「チャーハン・ラーメン」の羨ましいこと…(苦笑)。かなり待って自分よりも随分後に席に着いた向かいの相席客の「ラーメン」と同時に「ワンタンメン」が登場。見た目がラーメンとほとんど変わらないのが悔しい(笑)。それはさておき肝心の自家製麺は黄色みがかった中太麺。プリッとした歯応えで”町中華”にしてはなかなかの麺。スープは濃いめの色、海苔と刻みネギが沢山入っている。ワンタンは薄皮でツルンとしたタイプ。具の少ないものが少ししか入っていないので、これなら普通のラーメンで十分、同額でチャーハンが付けばそちらにするよね、そりゃ。(勘定は¥700)

 


 

↓ マンションが並び立つ駅の東側の一角は、かつて「港陽園」と呼ばれた遊郭があった場所。開発されて名残の建物は多くないが、やや不規則な道路だったり、妓楼建築が残っていたりする。下は一等大きな建物(建築詳細不明)。モザイクタイルで装飾された1階部分はカフェーだったろう部分も。玄関上の屋号は「かもめ」。のちには下宿として使われたようだ。2階の欄干部分が広く、かつてはここから町の賑わいを見下ろしていただろうか。

 

 

↓ 他の場所にもそれらしき建物がいくつか残っていたが、こんな建物を見てかつての賑わいを想像する好事家はもうあまり居ないだろうナ。

 


 

 

中華料理 二十番 港店

愛知県名古屋市港区名港1-18-3

 

( 名古屋 なごや 築地口 つきじぐち 20番 中国料理 ラーメン 炒飯 ランチ 出前 近代建築 遊郭跡 赤線 こうようえん 妓楼建築 転業旅館 )

コメント (2)

きむら @名古屋市港区・荒子川公園

2018年07月19日 | 名古屋(港区・南区・緑区)

バイクで名古屋市港区の古い建物を探したり、下之一色町の古い街並みをウロウロしていたある日。目当ての何軒もの店に振られて昼飯どきを逃しつつあった時に飛び込んだのは、たこ焼きと焼きそばの「きむら」。次々と店前の通りに車が停まっていくのを横目で見て引き返した。通り沿いの小さな店だが、小さいハコに店員が3人も居たので人気の程が分かるというもの。たこ焼きの他に焼きそばもあるのだが、次から次へと売れていくようで、じゃんじゃん焼かれている。横に椅子が置いてあったがそこで食べていいのか分からなかったので持ち帰りで「たこ焼き」の6個入りを注文。味付けはしょうゆ、ソース、塩コショウ、ニンニクポン酢から選べるという。いきなりでどれを選んでいいのか分からなかったので先頭の「しょうゆ」でお願いした。

発泡スチロールの容器に入れられて、箸とマヨネーズが付いている。熱々をハフハフ言いながら頬張る。トロリとした生地の軟らかい「たこ焼き」の具はタコのみ。そのタコの調子(鮮度)がいい。出汁の風味で食べさせるタイプの生地はなるほど旨い。これは濃い味付けが無くても十分にいけるやつ。でも”塩コショウ”や”ニンニクポン酢”のたこ焼きって食べたことないからちょっと興味があるかも。「焼きそば」も買えばよかったなァ…。(勘定は¥400)

 


 

 ↓ 生憎の空模様だったが、やっと「三菱航空機(株)大江事務所(旧・三菱重工業名古屋航空機製作所本館)」(昭和11年・1936・建造)を訪れることが出来た。言わずと知れた「零戦(零式艦上戦闘機)」が設計されたと言われる建物。この大江工場から岐阜県の各務原飛行場(現・航空自衛隊岐阜基地)まで、零戦の試作機は牛車で運ばれたのだとか…。

 

 

 

↓ 名古屋港の近辺では古い建物はあまり多く見つけられないが、バイクで走っていた時に見つけた下見板張りの建物(建築詳細不明・郵便局だったとか…)

 

きむら

愛知県名古屋市港区高木町2-28-10

 

( 名古屋 なごや 名古屋港 木村 たこやき たこ焼き たこ焼 お好み焼き おこのみやき 近代建築 堀越二郎 ゼロ戦 零戦 スタジオジブリ 風立ちぬ 宮崎駿 )

コメント

寿司英 (2) @名古屋市港区・築地口

2015年09月20日 | 名古屋(港区・南区・緑区)

熱田区に用事があった日の夜、足を延ばして築地口の「寿司英(すしひで)」へ。予約して2年ぶりの訪問。店は地下鉄名港線の築地口駅で降り、歩いてすぐのところ。まだ口開けの時間とあって店の中には先客がおらず、カウンターの端に案内される。前回のようにおまかせでお願いしてある。酒は前にもいただいたことのある、こちらの店の名前の付いた北陸のお酒。瓶入りで氷入りの木の升に寝かされて出てくる。酒肴を邪魔しない、なかなか使い勝手の良い酒だ。そのうちにだんだんと客も増えてにぎやかになってきた。

まずこちらの名物とも言える八寸(順番で言うと先付だけれど鮨屋なので)。ひと口の酒肴が綺麗に盛りつけられている。じゅんさいや揚げた沢ガニ、お凌ぎの押し寿司など。見た目も涼やかでいい。自分のような早喰い、早呑みだとあっという間になくなってしまうので、出来るだけゆっくりといただく。その後、これまた定番の穴子の洗いや青柳の茶碗蒸し、それにイシガレイの肝醤油などが出されて握りへ。この日はとろ、関さば、漬け鮪、鰯、海老、赤貝、雲丹、穴子など(順不同)。どれも端正な握り。やや小ぶりの握りだが口に入れた時のバランスはとてもいい。巻物は海苔巻き(干瓢)をもらい、追加はこはだ(新子)をいただいた。2枚づけで丁度いい大きさ。せめて2枚づけくらいでないと「らしい」味わいは出てこない(と思う)。水菓子(西瓜)が出て、了。

特におまかせの組立は変わっていないが、値打ちな勘定でしっかり楽しませてくれる。若い人達でもここだったら鮨屋入門として最適じゃないだろうか。実際にテーブル席には若いカップルの姿もあった。若旦那は2年も前の自分の事を覚えていてくれたようだ。自分は人の顔を覚えるのがとても苦手なので、飲食店でそういう場面に出くわすと無条件で尊敬してしまう。帰り際に隣の席に腰かけた派手めなカップルは、女性がプンプンと香水の香りを振りまいているし、男性はごつい腕時計を木のカウンターの上にのせてしまっている。どちらも鮨屋ではご法度(というか、どこでもね)。帰り際でヨカッタ…。まるで漫画のエピソードような状況だったが、自分も人のフリ見て気を付けよう。(勘定は¥7,000程)

前回の記事はこちら

寿司英 (すしひで)

名古屋市港区港楽3-5-21

( 築地口 つきじぐち 名古屋港 名港 めいこう 寿司英 すしひで 銀座久兵衛 久兵衛 )

コメント

寿司英 @名古屋市港区・築地口

2013年09月28日 | 名古屋(港区・南区・緑区)

地下鉄の築地口駅を降りて歩いて数分の所にある人気の鮨店。車で近くを通った事がある位で、この近辺に来ることはほとんど初めて。店は一見すると街場の鮨店と見紛うが、店内、カウンター周りはすっきりとされている。ご家族での経営だが、後を継いだ若い大将が自分のやりたい事をしっかり実現させているように感じられる。場所柄何かのついでに寄るといったところではないので、早い時間だったがしっかりと予約して訪問した。

おまかせで頼んであったのだが、まず出てくるここの名物とも言える八寸は見た目にも華やかでうれしい。10種類くらいの酒肴がそれぞれきれいに盛りつけられ、まずこれでお酒を充分に楽しめる。その後もいくつか火を入れた酒肴などが続き、日本酒がすすむ。種類は少ないが、こちらのお店の名前がラベルに貼られたオリジナルな瓶入りのもの(富山だったか)が思いのほか良く、充分に楽しませてもらった。

お茶に切り替えて握りに移行。握りは端正な形で、街場の鮨屋のような野暮ったさはない。これはやはり修業先(東京の老舗名店)ゆずりなのかな。タネもおまかせで伝えた値段の割にとても頑張っていて充分に楽しめる。締め物の按配もなかなかでそれぞれのバランスがいい。いくつか追加で注文したが値段を見てびっくり。安すぎるくらいの値段。相当頑張っていただいたのか、どの客でもこの位なのか。とても値打ちだった。。

ピリピリとした緊張感の中で食べる鮨ももちろん有りだとは思うが、結局そういう店に訪問するのは数回までだ。こちらでは母君であるおかみさんの自然体で暖かい対応が、慇懃無礼にマニュアル化された接客サービスにしっくりとこない自分にすんなりと入ってくる。若大将もキッチリと丁寧だが、色んなところに話を繋いでいける器用さも持ち合わせていて、鮨屋はやっぱり人だなぁと思わせてくれるアットホームな感じがうれしい。(勘定は¥8,000)

この後の記事はこちら

寿司英 (すしひで)

名古屋市港区港楽3-5-21

コメント