五叉路のグラフィティ

田舎者からの便り...。

不滅の年代記

2017-02-18 05:38:10 | 音楽

ロック音楽は、60年代末から70年代初頭にかけ、ビートルズとストーンズが
拡散させ、多様な広がりへと開花していった。ハード・ロック、プログレッシブ・
ロック、ブラス・ロック、グラム・ロック・・・。だが流行ものロック何するものぞ!と
Creedence Clearwater Revivalが登場。全米ヒットチャートを駆け抜けた
骨太でアーシーなロックンロールを聴いてくれ。~春一番(盤)!~春よ来い!!

オール・ザ・ベスト・コレクション
C.C.R. / クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル
アナログ時代に各々2枚組で出ていたコンピレーション2LPを2CD化したもの。

Chronicle           / The 20 Greatest Hits          (1976)
Chronicle Volume Two / Twenty Great CCR Classics  (1986)
1枚目は原盤タイトルとおり素晴らしいヒットシングルを集めたクロニクルで
2枚目はシングルB面およびアルバムからの発売順傑作選といった趣き。

あのポール・マッカートニーが”プラウド・メアリー“を聴いて『なんてすばらしい
黒人グループなんだろうと思った。白人だとわかったとき、びっくりした。』と
言わしめるほど。ナッシュビルやメンフィスあたりのアメリカ南部音楽をやる
地元バンドのようだが、実はカリフォルニアの偉大なロック・グループなんだ。

9曲続けてのミリオンセラーを誇る不滅の曲の数々。”トラベリン・バンド
”“ローディ”、”フール・ストップ・ザ・レイン“、”フォーチュネイト・サン“ ・・・
寒い冬をブッ飛ばすにはCCRの熱いロケンロールを聴くのが一番!!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アズトランのアサーッ!

2017-02-10 06:49:37 | 音楽

今年2017年は酉年だってねって、干支にちなんだブログを新年早々書くべきところを
(もう2月に入っているが)今になって書いています。筆不精なもので。(テヘッ)
1970年代に谷岡ヤスジ氏の漫画で“アサーッ!”と雄たけびをあげた鳥がありました。
30年の時を経た後にあらわれた同じ構図のアルバム・ジャケットでいってみよう!



Good Morning Aztlán / Los Lobos
グッドモーニング・アズトラン/ロス・ロボス (2002)
アルバム1曲目からベテランらしからぬ性急な曲で始まり、タイトル曲
“アサーッ”と爽快な気分が味わえる。もちろん彼らの持ち味のテックス・メックス
ダンスミュージックも含んだ大人のロックで、これぞプロの仕事といえる作品。

哀しいかな日本じゃ唯でさえ人気がないグループなのに、ピコ太郎の
PPAP(Pen-Pineapple-Apple-Pen)ならぬ、悪評高い”鼻血ブー!”な
CCCD(コピーコントロールCD)にて日本では発売されてしまい無視された
アルバムでした。もちろん僕は、日本発売の糞CCCDなんか買わず
Webで注文した輸入盤(初回限定ボーナスCD付)CDを買った。

新年早々トランプ米大統領が、メキシコとの国境に障壁を建築すると豪語して
おりました。それもメキシコのお支払で。物の本によればこの地域は、伝説的・
神話的な古代においてはアステカといわれる人々が住む地域だった。さらに
失われた自由で幸福な場所アズトラン(Aztlán)と呼ばれた場所だったかも。

だからこの地域にいる鶏は、
CADD(Cock-A-Doodle-Doo) の米国風でも、KIKIRIKI のメキシコ風でも
KEKK(Kok-E-kok-Ko) の日本風でもなく
”アズトランのアサーッ!”とCDジャケットのような鳥が鳴いているんだよ、きっと。
さーって どうだったかな    ~ 酉年の朝にて ~  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

愛に狂って

2017-02-04 06:53:03 | 音楽

昔々『産業ロック』なんて日本のヒネくれロック評論家筋から揶揄されるロック
グループ群がありました。ポップで親しみやすいメロディーのロック・サウンドで
ウケてるグループ達を指して、ヤッカミ半分でそう呼ばれていました。80年代に
商業的に大成功をしたJourneyもその代表の一つとされていましたね。

そのJourneyが、今年 E .L.O、パール・ジャム、イエスやJ・バエズらと共に
『ロックの殿堂』入りをしたんだ。お祝いを兼ねていってみよう!

エスケイプ Escape / ジャーニーJourney (1981)
サンタナを源流とするジャーニーの演奏は優秀ですね。ニール・ショーン(ギター)は、
卓越してるし、好き嫌いは別としてスティーブ・ペリーのハイ・トーンも侮れないものだ。

“愛に狂って”    Don't Stop Believin' (全米9位 )や
“クライング・ナウ”   Who's Crying Now   (全米4位)、
“オープン・アームズ” Open Arms     (全米2位) の3曲の大ヒットを生んだ。
一番好きな曲は、邦題が考えすぎで玉に瑕の『愛に狂って』。いい歌だな~と思う。


ここからは、私信です。 “愛に狂って” ・・・といえば、
ウチの娘が、昨年末に(愛に狂って?)婚姻届を出した。

Don't Stop Believin’

Hold On!

幸せになってほしいものです。 ~立春の朝にて~ 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

SPOOKY TOOTH

2017-01-28 15:25:55 | 音楽

口腔ケアは、健康長寿を伸ばすとか、糖尿病、腎臓病、心筋梗塞、
さらには認知症などの疾病の抑制に効果が大きいと言われています。
年齢は50代後半になり、まだ大きな病気はしたことないけど、
そうなる前にセルフケアしなきゃと考えました(・・・てな訳で、)。

新年早々に一念発起して、歯石取りに歯医者さんへ行ってきました。拷問台
(診療チェアー)に座り、サディスト歯科医のなすがまま、超音波スケーラーの
キュイ~ンと鳴る音と小粋なJAZZのBGMが医院内で鳴り響き競演するなか
30分間にわたるスケーラーやら器具のひっかき棒やらによる容赦ない攻撃で、
僕の口腔内は血みどろの惨劇でしたが、無事帰還してまいりました。(泣)

WOW!僕の時は『歯』に関連するヘビーなロックをBGMにしてくれないかな。
そう、スプーキー・トゥース(Spooky Tooth)がピッタリではないのか!
お気に入りは、 Spooky Two (1969)、 The Last Puff(1970)だ。

この2枚の再発されたCDは、どちらも素敵。英国のロックグループでありながら
米国南部R&Bフィーリングを醸し出す骨太な楽曲(Evil Woman)がカコイイ。
さらに『スプーキー・トゥー』のボーナストラックには、ザ・バンドの“ウェイト”
The  Weight)が入ってるし、『ザ・ラスト・パフ』には、

ビートルズの超ヘビーな“アイ・アム・ザ・ウォルラス”(I Am The Walrus)と
エルトン・ジョンの“君は君の親父の息子”(Son Of Your Father
2曲のカバーが秀逸です。

こんなRockをBGMに使ってくれて、綺麗で丁寧な対応をしてるれる歯科助手
さんがいる歯医者だったら、歯石落としに毎月でも通えるのにな~。
僕が行っている歯科医は、ジイ様がひとりで施術してくれる所なのだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つらい浮世

2017-01-21 17:50:20 | 音楽

ついに、トランプで糞(ババ)を引いた米国国民の
第45代大統領にカード氏が就任した。・・・なんか変?

こんな最高におめでたい(おバカな)国民を祝福するため
今夜は最高にイカしたロックの傑作アルバムを聴いて乾杯しよう!

フリーク・アウト!/ マザーズ・オブ・インヴェンション
Freak Out!(1966)  / The Mothers of Invention
ロックグループでは史上初の2枚組LPのデビュー・アルバムで、賛否両論は
起きたが売れなかったアルバム。現在、アナログ盤は高騰して買えませんね。

アナログ盤でいえば、1枚目はR&B、 ドゥーワップ、ポップス、R&Rなどの
フレーヴァーがちりばめられたロック音楽で、楽しいパーティーにもOKよ!
問題なのが2枚目。特に最後の4面目にいたっては、奇怪なバカ騒ぎの音楽の
洪水なので笑ってしまいます。これが元で、リーダーのフランク・ザッパの作る
音楽は前衛、実験的で難解だと言われるなど、変なレッテルを貼られたのでしたね。

とらんぷ氏よ!最近日本も少し持ち直してきているので、自国第一主義で行くなんて
何と馬鹿なこと”ばかり言わず、今後も日本への”風は変わらす”ご贔屓の程
よろしくお願いします。そういや、8年前にも似たようなことココで書いてたよな~。
~ああっ何という”つらい浮世”なんざんしょ。~

P.S.

拝啓!プレジデント トランプ閣下 就任式のパーティーのラストダンスには
ドゥーワップ”捨て去った恋”を踊っていただきましたでしょうか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加