JA8MEMのつれづれ日誌

趣味のアマチュア無線での出会いやカメラ片手の散策の出来事を写真とともに綴るブログです。

ブログ開設“8周年”...

2014-12-31 22:02:09 | Weblog
 「JA8MEMのつれづれ日誌」をブログとして開設してから今日で“8周年”...。
 「へえ~、もう8年もなるんだあ~...。」というのが実は正直にところだ。飽きっぽい性格で3ヵ月は続かないだろうと始めたブログも、3年が過ぎ、気がつけば8年にもなっている。

 しかし、内容は始めた頃と大して変わりばえもせず、これといった成長もない。毎年、年始めに今年こそ見栄えの良いブログにしようと誓うのだが、その努力をする根気がなく、結局は「まあ、いいや」となってしまい、変わらずのブログ初心者だ...。まして業務の関係で行動範囲も狭められ、最近ではブログを見てくれている友人からも「ブログのネタに困ってるな。カレンダーの白(未更新の日)が多いぞ...」と心配の声も聞こえる...。

 それでも「ブログランキング」に参加させてもらい、多くの方に応援いただき常に上位にランクさせてもらっており、そんなことを励みに、ブログ9年目の来年も函館のブロガーの皆さんとともに、函館の旬な明るい話題を発信していこうかなと考えている。さて、「カメラ片手に散策の出来事を写真とともに綴るブログ」...、新しい年はどんなブログが出来るかな...。

                        
 ところで、我が家の孫娘も8歳、小学校の2年生...。折角友達も出来たのに4月に転校し、新しい友達が出来るんだろうかと心配したが、放課後友達が遊びに来たり、公園を友達と走り回ったりと心配は杞憂と終わっている...。また、最近は「もう、ちゃん付で呼ばないで!!...」とすっかり大人びてしまい戸惑うこともあるが、それが成長の証しなんだろうなあ~と感じることも多い。こうして孫娘は成長しているのに、同じ8年でもブログはなかなか成長できないでいる...。来年こそ少しでも近づけれるように頑張ろう...。(写真は、10月4日小学校の発表会で)


今年1年、応援ありがとうございました。いつもの応援に、感謝申し上げます。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
コメント

見納めかな?今年の“夕陽”...

2014-12-29 21:39:44 | Weblog
 この時期、朝日はどの辺りから昇り、夕陽はどの辺りに沈むのだろう...、と22日の冬至以降、天気予報を眺めながら何時でも出動できる態勢を整えているのだが、日中は青空を見せても朝夕は黒い雲が邪魔をし見ることが出来ない...。

 
 今日の“夕陽”はスッキリとはいかないが、邪魔をする雲も見当たらず「今日は日没まで見られるかも...」と勝手に決め込んで、午後4時14分の日没をと五稜郭町にあるマンションの5階に待機...。

                             
 “夕陽”は空と函館の街を赤く染め、函館山を目指してゆっくりと傾いていく...。カメラの絞りを絞り込んでいくと、“夕陽”の後ろに彗星のような尾を引っ張っているようにも見える...。だからどうってことはないのだが、初めて見る現象に何となく満足感を味わうことが出来る...。

  
 そんな光景をファインダーから覗いていると、やはり雲に邪魔されて午後4時6分静かに雲の中に消えていく..。天気予報によると、明日から気圧配置が西高東低の冬型の変わり、函館では朝日も夕陽も難しいという...。ということは、今年の“夕陽”は今日で見納めになるかも知れない...。



いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
コメント (2)

ランチの忘年会は、“眺望抜群のレストラン”で...

2014-12-26 22:20:31 | ランチ
 友人との月に一度の情報交換を兼ねての昼食会...。今年もほゞ毎月函館市内のレストランを案内してもらいながら、多くの情報を耳にすることが出来た。先月からは情報通のゲストも加わりさらに充実した情報交換会に...。

    
 先週、友人から「26日は仕事納めだから、ランチも忘年会をやろう!!...」との誘いがあり、ゲストの事務所に集合することになった。ところが、五稜郭で渋滞に巻き込まれ約束の時間を10分ほど過ぎてしまい、彼らからも「五稜郭は混んでいるから函館山方向へ...」と函館駅前にあるホテルのレストランに向かう...。
                                          
 ホテルの最上階(10階)とあって目の前の函館湾や函館山が一望でき、“眺望抜群のレストラン”...。「食事と景色を満喫できる」がウリとのことで、早速メニューを眺める。仕事納めだしソバランチかなと思っていたが、メニューに載っている重箱から海老天が飛び出している「上天重」の写真が目に入り、3人揃って「これだ!!」と指をさす...。

  
 ほどなくして運ばれてきた「上天重」...。ご飯が見えないほど天ぷらが並べられ、その数10個、具材も大きな海老2本の他にホタテ、イカの海鮮ものから、サツマイモ、タマネギ、オクラの野菜などが...。しかも、どれもサクサクして美味しいのだが「年寄りには量が多すぎない?」といいながらも完食...。
                                      
 レストランには昼食時とあってサラリーマン風の2,3人のグループが入れ替わり立ち替わり食事をしていたが、さほど気にすることもなく食事の後飲み放題のコーヒーを口にしながらノンビリさせてもらう...。眺望の良さも料理の一品といわれるので、旅からのお客を案内するにはいいかもしれない。

 ところで、情報交換は?...。確かに3人になるといろいろなジャンルの情報を耳に出来る。忘年会とあってこの1年の出来事を振り返りながら、裏話も聞くことが出来た。「来年も、月に一度は...」と継続を約束...、さて、新年はどんな情報を聞けるかな...。

いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
コメント

海に浮かぶ“赤いツリー”に魅せられて...

2014-12-25 21:54:03 | 函館港
 先月末から赤レンガ倉庫群前の岸壁で行われていた「はこだてクリスマスファンタジー」...。今年も何度か足を運び皆さんと一緒になって盛り上げてきたつもりだがいよいよ今日が最終日、雪が降りしきりホワイトクリスマスとなった会場に向かう...。

 
 カナダ・ハリファックス市から1万8千㎞を超えて届けられた高さ20mの巨大“クリスマスツリー”...。このツリーには緑や赤、白色など10万個のLED電球が吊され。まばゆい光を放ち、港町函館の夜を彩ってくれた...。

                               
 海に浮かぶ巨大ツリーは日没と共に点灯され市民や観光客を出迎える...。今年は特に時間毎に色が変わり“赤いツリー”は赤レンガに映え、その光にすっかり魅せられた...。

   
 今日の最終日は時折激しい雪が降りつけ、見学には大変だったがレザー光線に降りつける雪が浮かび上がり幻想的な光景は感動的で、観光客の皆さんも雪だるまのようになってカメラを向けていた...。
                               
 午後6時から行われる点灯式...。全国から駆けつけてれる点灯者がメッセージを読み上げるシーンは感動あり、涙ありで彼らにとっての想い出になったと思う。その後、来場者のカウントダウンで点灯、と同時に花火が打ち上げられ、冬の夜に華やぎの灯りをともすツリーと、夜空を焦がす花火の競演で彩りを添える...。
                                                      
 その花火がなかなか上手く撮影できない...。絞りを開けるとツリーが白くなり、絞りすぎると花火が写らない...。絞りいじっているうちに花火は終わる...、と悪戦苦闘が続いた...。
 
    
 今年は東アジアからの観光客が多く、彼らの会話を聞きながら「ここは函館?...」と驚くほど会場を埋め尽くしていたが、楽しそうで会場を盛り上げてくれていた...。

 函館の冬の風物詩として定着した「クリスマスファンタジー」も終わり、間もなく正月がやってくる...。引き続き行われている「はこだてイルミネーション」、「五稜星(ほし)の夢」に、2月には「函館海上冬花火」も予定されており、まだまだ寒い函館の冬を楽しめる...。


いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
コメント (2)

函館駅へと続く“光のアーチ”...

2014-12-23 21:07:59 | Weblog
 「天皇誕生日」の祝日でノンビリしていたが、カレンダーを見ると今年も1週間を残すだけ...。街中は休日にもかかわらず車が溢れ、慌ただしさが伝わってくる。そう慌てずにノンビリ行けばいいのに...、と思っていたが「ノンビリしている場合じゃないでしょ!!...、年賀葉書は終わったの!!...」だって...。

 それはそれ...、と於いといて、夕方何度目かの「クリスマスファンタジー」が行われている赤レンガ倉庫群・ベイエリアに足を運んだ。途中、函館駅前のイルミネーションが目に止まり、ちょっと寄り道と車を駐車場に...。

  
 毎年、西部地区の坂道を彩る「はこだてイルミネーション」を、今年は来年度末の北海道新幹線開業を見据えて函館駅から朝市、ベイエリアへ続く「開港通り」まで拡大して行われている。函館駅前広場の植え込みもイルミネーションで飾られ「光の花壇」が...。

                               
 駅舎から国道までの歩道上に高さ約3.2m、幅約3mの“光のアーチ”が10基並べられ観光客を出迎える...。まだまだ他都市で行われているものに比べると見劣りするかも知れないが、この“光のアーチ”幻想的な空間を作り出している...。

 
 “光のアーチ”を潜り駅舎へ向かうと、駅舎のガラスに映り込む“光のアーチ”がホームまで続いているようにも見え、楽しませてくれる...。JRで函館に来た人、戻る人が想い出に残してくれればいいね...。


いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
コメント

SL最後の勇姿“クリスマスファンタジー号”...

2014-12-21 21:41:25 | 七飯町・大沼公園
 今年も、はこだてクリスマスファンタジーに併せ函館-大沼公園間にJR北海道が“SLクリスマスファンタジー号”を運行している。しかし、JR北海道では今年の運行を限りに廃止の以降を打ち出し、七飯町を始め観光関係者の皆さんも存続の陳情を行っているようだが...。

                              
 そんなこともあって、最後の勇姿を期間中毎日でもと思っていたがなかなか叶わず、今日やっと大沼公園の撮影スポットに車を走らせた...。沿線には大勢のSLファンがカメラを構えている。大沼公園駅近くで待機で...、小雪がちらつく中大きな汽笛とともにSLが近づいてくる、その迫力に圧倒されながらシャッターを押す...。

 煙を残しSLが去った後、顔見知りのカメラマンさんも「寂しくなるねえ...、これから走っている間毎日でも通おうと思って...」と別れたが、確かに走っている間は感じなかったが、いざ廃止となると寂しいもんだ...。

    
 帰りに大沼と小沼の境目にある「白鳥台セバット」に立ち寄ると数人のSLファンが三脚を立て待機している。戻りのSLを待っているとのこと...、それじゃと一緒に仲間に入れてもらうことにした。オオハクチョウが14,5羽悠然と泳ぎ回っている。このオオハクチョウをバックにSLを狙う...。

                               
 踏切がカンカンカンとSLが近づいてくるのを知らせている...。皆さん緊張した面持ちで「着たぞ!!...」と声がかかり緊張感が伝わってくる...。しかし、戻りのSLは最後尾で煙も出ておらずちょっと迫力が...。

  
 今回の運行でSLは函館から姿を消す...。せめて、北海道新幹線と一緒に走る姿を見たかったなあ...、と先日七飯町藤城でカメラを向けてみた。SLの走る後ろの新幹線の走る姿が見えたような気がした...。

いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
コメント

今日のランチは、道の駅「北前船・松前」で“石鍋うどん”...

2014-12-18 21:35:51 | 松前町・福島町
 年末の挨拶廻りとかで木古内町から松前町、江差町の渡島半島南西部を一廻りの日程で知人が運転する車に乗った...。昨日の爆弾低気圧の影響を少し心配しながら向かったが、時折青空も覘き津軽海峡に波浪警報が発表されたとのラジオからの情報も穏やかで、まずは一安心...。

    
 松前町までの挨拶を終えたところで昼食休憩...。迷うことなくお馴染みの道の駅「北前船・松前」に...。「今日はラーメンにする...」と決めて入ったのだが、大きな看板のメニューで料金を確かめようとすると、隣に「この時期だけの限定メニュー」が並んでいる。どうも「限定」に弱く、特に大きな絵柄で描かれている“石鍋うどん”が目に入り、「これだ!!、これに決める!!...」と券売機に向かいボタンを押す...。

                                   
 この時点では、道の駅から海峡を眺めていると陽の光が煌めき春を思わせるような感じで、知人とも「昨日でなくて良かったなあ」と話をしながら“石鍋うどん”を待つ...。

   
 「14番さんどうぞ!!...。」と呼び出され、カウンターでトレーに乗せられた“石鍋うどん”を受け取る...。「熱いので気をつけて...」といわれたが、確かに石鍋の中は煮えたぎり、湯気がモウモウと立ち上がり見るからに熱そうだ...。ホタテやエビ、イカ、天ぷら、餅、蒲鉾、ゆで卵など10種類を超える具材が乗っかってメーンのうどんが見えないほど...。一混ぜしフウフウしながらも、ついだし汁まで飲み干してしまうほどの美味しさ。やはり「限定」ものは間違いない...。

 さて、腹ごしらえをしたところで江差町に向かおうとすると、先は黒い雲に覆われている...。気象警報は解除されたようだが「あの雲は、ちょっとヤバイよ...」ということで取り終えず引き返そうと意見が一致、車は函館に向けた。向かう先の筈だった厚沢部町のトンネルで正午過ぎ、スリップしたと思われる乗用車同士が衝突しての死亡事故があったようだ。どんな状況かは定かでないが、結果無理せずに戻ったのは正解だったかも知れない。冬道の運転は、気をつけよう...。
                                    
 ところで、車を函館に向け振り返ると松前城が見送ってくれるかのように佇んでいる...。松前城の下の通りを道路拡張事業にあわせ、町並み整備が進められ、通りの約500mほどの商店や民家などが白壁と黒い屋根瓦に改装、電線の地下埋設で電柱も消え、まさに城下町の雰囲気を漂わせている。この場所の整備も最終段階、来春の花見の季節にはこの場所から満開の桜に包まれた松前城を眺められるかもしれない...。

いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
コメント

夢はでっかく“7億円”...

2014-12-17 21:21:50 | Weblog
 猛烈に発達しながら北上してきた爆弾低気圧...。気象台から「数年に一度の猛吹雪」が起きる恐れがあるとの防災気象情報が発表され、道内各地で大雪や暴風、高潮による被害が発生、住民へ避難指示や避難勧告が出され、交通機関も欠航や運休などが相次いでいるようだ...。

 函館市内の小中学校は今日一日臨時休校となり、時折強い風や吹雪に悩まされたが大きな被害の情報はない。しかし、明日も一日暴風雪による警戒が必要とのこと...、現在風は治まっているようだが油断は出来ない...。

 
 ラジオから「不要不急の外出は控え、安全の確保を...」と流れてきたが、一方他局では「今日は大安吉日、でっかく当たる年末ジャンボ...」のCMも聞こえてくる。発売日は明後日まで、大安吉日は今日限りという...、これは不要不急の外出には当たらないだろうと吹雪の中をチャンスセンターに車を走らせる...。

 さすがに吹雪とあってチャンスセンターの前は閑散としている...。年末ジャンボは毎年欠かさず10枚購入しており、今年もそのつもりで窓口の前に立ったが、先日から、YUPの総会の抽選会ではトランシーバーが当たり、五稜郭タワーの創業50周年記念搭乗券でA賞獲得と験が良いことに託け、ちょっぴり欲が出てつい「連番、30枚!!」と叫ぶ...。
                                 
 手にした30枚の宝くじ...、なんか当たりそうな番号が並んでいる。年が明けると目の前に“7億円”の札束が...、そんな夢を抽選日の大晦日までみられそうだ。わが家に戻り「本当に“7億円”当たったら!!、どうする...」、に「馬鹿じゃないの!!...」だって...。


いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
コメント

“寒波”襲来!!...

2014-12-14 22:22:45 | Weblog
 先週の天気予報で「週末は日本列島に寒気が入り込み、全国的に気温が低く日本海側では大雪に警戒を...。」と発表された。週末は衆議院議員選挙が行われるのに、投票に行くのも大変なんだから予報は外れて!!...。

                      
 そんな願いもむなしく函館も3日間連続で最高気温が0℃を超えない真冬日が続き、断続的に雪が降り積雪は今日現在で21cm...。昨日から朝晩、近所の皆さんと雪かきに追われ、一気にママサンダンプを押し続けたたこともあって身体のあちこちが悲鳴を上げている...。

近所の方も「去年の歳前はこんなに降らなかったのにねえ~...」と雪空を眺めながら精を出しているが、今週末あたりにも寒気が流れ込む予報で年末までまだまた降りそうだ。長期予報では、この冬の降雪量は「少なめ」と言ってた筈なのになあ...。


いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
コメント (4)

早くも始まった“サクラの剪定”...五稜郭公園

2014-12-12 20:48:37 | 五稜郭公園
                             
 今日の函館は日中陽射しもあったが、最高気温で-0.2℃と今年3度目の真冬日...。五稜郭公園のお堀もいつの間にか凍結し白い雪に埋め尽くされている。今週末は寒気が覆い厳しい寒さが予想されており、年末を控えいよいよ本格的な雪の季節になりそうだ...。

      
 そんな中で五稜郭公園では春への準備“サクラの剪定”作業が始まった。やっと樹木の冬囲いが終わったばかりなのに、毎年こんなに早くから始めていたんだろうかと訪ねると、「公園内には約1,600本のサクラの木があるので、3月上旬まで終わらせるには今から始めないと間に合わない...」とのことで、今年が特に早いわけではないそうだ。
                                  
 公園の北側、中央図書館前から順次行われ、今日は14,5人ほどの係の方がサクラの木にハシゴを掛け、1本1本傷んだ枝や古い枝をのこぎりで手際よく切り落としていく...。見ていると「えっ!!その枝も切るの...。」と思うような太い枝もばっさりと切り落とす。しかし、木を活性化させるにはその大胆さが必要で、それが春に満開のサクラを咲かせる秘訣とか...。

 
 “サクラの剪定”は、寒風吹きすさぶ中を1日20~30本ずつ行われるという...。これから雪が積もると除雪をしながらの作業で大変だそうだが、見事な花を咲かせるためにも頑張って...。


いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
コメント