JA8MEMのつれづれ日誌

趣味のアマチュア無線での出会いやカメラ片手の散策の出来事を写真とともに綴るブログです。

豪華客船“飛鳥Ⅱ”、台風を避け突然の入港...

2017-10-25 23:09:51 | Weblog

 今年の客船の寄港は11日の「フォーレンダム」(61,214㌧)で終わったはずだが、昨日の朝、台風一過の青空の函館港に豪華客船“飛鳥Ⅱ”(50,142㌧)が突然の入港した...。

 “飛鳥Ⅱ”は、博多港発着のチャータークルーズで、21日に博多港出港して新宮、東京、常陸那珂、石巻など太平洋岸を巡る9日間の旅の予定だったが、超大型の台風21号が東海地方に上陸の可能性もあるとのことから、急遽、日本海を北上する航路に変更し、函館を目指した...。

                                                                                         

 函館港には、昨日の朝午前8時港町ふ頭に入港...。真っ白な船体は、2隻のタグボートに曳かれて着岸したが、何処か疲れた様子にも見える...。

 

 “飛鳥Ⅱ”は、函館港に1泊...。客船は夜間航海を続け、早朝に目的地に寄港し観光を楽しみ、夜出港すると行ったケースが多いが、今回は函館に28時間の停泊。乗客の皆さんは、紅葉真っ盛りの函館で、紅葉見物や夜景見物などノンビリと楽しみ、今日の正午に出港...。

                                                                                                    

 出港は、函館名物「イカ踊り」で見送りをするとの話を聞き港町ふ頭へ...。30人ほどの市民や関係者の皆さんが、「イカ踊り」でお見送り。数こそ少ないが、今年はもう踊れないと思っていただけに、元気な活きの良い踊りを披露...。 

           

 “飛鳥Ⅱ”のデッキには大勢の乗客の皆さんが手拍子で盛り上げ、一緒に「イカ踊り」を楽しむ姿も...。定刻正午、大きな汽笛の音とともに岸壁を離れていく。と、デッキから、乗客の皆さんは充分函館を楽しまれたのか、デッキから声を揃えての「ありがとう!!」の大合唱...。この後、“飛鳥Ⅱ”は石巻港から高知港を経由して博多港に戻るというが、心配なのが台風22号、週末日本に接近との予報もある...。ともかく「御安航」を祈るのみ...。

                                                                                    

 函館市の担当者から「memさん、これで今年は本当に終わりですから...。」と声を掛けられた。確かに今年も入港、見送りに顔を出させてもらったが、来年も通わせてもらおう...。

コメント