JA8MEMのつれづれ日誌

趣味のアマチュア無線での出会いやカメラ片手の散策の出来事を写真とともに綴るブログです。

“花の浮島”利尻・礼文島へ③...

2017-06-29 23:31:38 | 旅行

 礼文島最終日...。朝窓を開けると礼文島は霧雨と深い霧に包まれている。所用を終えて利尻島に渡って利尻空港から丘珠空港を経由して函館に戻る。フェリーの中でもツァー客の皆さん方も、天気に恵まれずちょっと不満そうだ...。

     

 利尻島の沓形港は本格的な雨と風...。タクシーの運転手さんも「雨程度なら大丈夫だけど、これ以上霧が深くならなければいいが...」と2,3観光スポットを走りながら不安そうな顔を見せる。

 それでも利尻島の東側にある姫沼を案内してくれると、雲間から雪の残る“利尻富士”がチラリと顔を見せてくれ、何故か運転手さんが大喜び...。しかし、利尻空港に相変わらずの雨と風、少し心配したが何事もなく飛行機は無事離陸...。

(乗り継ぎの丘珠空港は快晴)

 雨の利尻島を後に丘珠空港経由で函館空港に向かう...。丘珠も、函館も快晴、この青空が礼文島にあればいい旅だったのに...。

      

 いよいよ函館空港に着陸!!と思ったら飛行機はエンジンを吹かし再上昇...。「えっ!!、何事が起こったのか...」一瞬不安がよぎる。と「滑走路を“キツネ”が走りましたので、改めて着陸に入ります」との機内放送、乗客の皆さんからも安堵のため息が聞こえる。お陰で函館上空の遊覧飛行を楽しめた...。

 期待をして行った“花の浮島”利尻・礼文島への旅...。残念ながら天気には恵まれなかったが、美味しいものをタップリと食べさせてもらったし、300種といわれる高山植物の内の幾つかの美しい花々を目し、絶景も堪能させてもらった。出来れば天気のよいときにもう一度...、無理だろうなあ...。

コメント

“花の浮島”利尻・礼文島へ②...

2017-06-29 22:23:54 | 旅行

 2日目、早朝稚内港フェリーふ頭から礼文島を目指す...。生憎の天気は曇り空、乗船して見えるはずの利尻富士は影も形も見えない。ふ頭に向かうときタクシーの運転手さんは、「北海道は高気圧に覆われてよい天気何だけど稚内は高気圧の縁で雲がよく架かるんでねえ...」と話していたが、納得...。

     

 礼文島へは利尻島経由のフェリーでおよそ3時間だが、心配した揺れもなく1等船室に陣取り快適な船旅...。観光に訪れているツアー客の皆さんもデッキに出て一様に「利尻富士はどっち...」と探している様子だ。礼文島の香深港に近づくと函館港でよく見る白と濃紺のツートンカラーの豪華客船“にっぽん丸”(22,472㌧)が港外に沖止めにされている。

      

 つい先日函館港に入港していたが、今回は新潟港発着の「夏の利尻・礼文クルーズ」で花々を愛でながらトレッキングを楽しむらしい。ただ、天候がイマイチでは...。乗客の皆さんは沖止めされている“にっぽん丸”から通船で上陸...。

      

 

     

 

     

 礼文島に上陸してレンタカーを借りて島内観光へ...。パッとしない天候には地元の方も「いつもはこうでないんだけどなあ~...」といいながら「この先に利尻富士が見える」、「この時期の海の色は真っ青」、「ここから見る夕陽は最高」と説明してくれるが、観光パンフレットの写真で確認するよりない...。

      

 

 観光の途中、島の味覚をと漁業協同組合直営の食堂に立ち寄る。もちろん目指すは「ウニ丼」だが、店員さんから「ウニ丼は旨いが、ウニもタップリ入った“海鮮丼”の方がいい」とのアドバイスに、出された海鮮を自分でご飯の上にのっけて...。これを食べただけで利尻島に来た甲斐を感じ、大満足...。

 

コメント

“花の浮島”利尻・礼文島へ①...

2017-06-29 20:43:51 | 旅行

礼文島に所用が出来た...。一度はいってみたいと思っていた“花の浮島”利尻・礼文島をこの目で見られると胸がときめいたが、いざ交通機関は?ホテルは?とネットを何度も開くのだが、まさに観光シーズンとあって飛行機は満席、ホテルは高く難儀をしたがどうにか確保をして2泊3日の強行日程覚悟で函館空港へ...。

 

          

 天気の週間予報では稚内や利尻・礼文も天気はよいはずだったが、スマホで天気予報を確認するたびに怪しくなってくる。とはいっても日程は変えることも出来ず、快晴の函館を飛び立ち新千歳空港へ...。乗り換えで時間待ちの間に空港ビルで昼食...。道産そば粉と石狩川湧水で打ったという「そばと天丼セット」...。

 新千歳空港は多少雲はあるがまずまずの天気で、ANAのボンバルディアDHC8-Q400に乗り込む...。新千歳から稚内空港に向かう機上で機長から「搭乗の本機は、CO2削減・騒音低減といった環境性能に優れている飛行機での特別塗装機“エコボン”で、現在、特別塗装機は全国で2機よりなく、貴重な機種、是非旅の思い出に記念撮影を...」との案内。稚内空港到着後、他の乗客の皆さんと一緒になってシャッターを押す...。

コメント

雨に煙る“有珠善光寺”...

2016-06-09 21:17:24 | 旅行

 洞爺湖温泉に宿泊し、次の目的地は登別市...。ところが、朝から雨で生憎の天気どころかスマホから「大雨情報」流れてくる。国道37号を東に向けて走り出したが、時間が掛かりそうと、伊達ICから高速道に乗ることにした...。

      

 その途中、サクラやアジサイの花でも有名な“有珠善光寺”にちょっと寄り道...。時期的に、サクラは終わりアジサイには少し早いと楽しみはなさそう...。しかし、境内にはいると雨に煙る茅葺き屋根の本堂が雰囲気を醸し出してくれている...。

                             

 “有珠善光寺”は北海道最古のお寺といわれ、数度にわたる有珠山噴火にも耐え当時の歴史を今に伝えている。ご本尊の阿弥陀如来は北海道有形文化財にも指定されているそうだ。

   

 “有珠善光寺”の周辺は伊達市の公園になっており、1千本を超えるサクラやイチョウ、カシワなどの木々がある。また、四季を通して自然の息吹の感じられる花所で、これからは何百株のアジサイが公園を咲き埋める...。この時期、ツツジやボタンがかろうじて見られたが、いずれも最後の一花といった感じ...。それにしても、静かな公園で雨に濡れた木々の緑に癒されてきた...。

 

いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

コメント

“壮瞥滝”...

2016-06-08 20:36:49 | 旅行

   壮瞥町での所用を終え、地元の方に「隠れた壮瞥町の観光スポットを教えてくれませんか?...」と訪ねると、「隠すような観光スポットはないけど、強いていえば“壮瞥滝”かなあ...」とパンフレットを取り寄せてくれた...。

                                                                             

 三階滝は見たことはあるが、近くにあるという“壮瞥滝”は聞いたこともなく、パンフレットに「洞爺湖から唯一の流出口...」とあり期待を持たせる。国道からそれほど遠くないところで滝への入り口の看板がある。

              

 入り口から壮瞥川沿いの遊歩道が整備されており、新緑に囲まれ目にも優しく気持ちがいい...。100m程歩くと小さな社があり、その陰に轟音とともに水の流れ落ちる様子がうかがえる...。

                                                                                 

 “壮瞥滝”は高さが約18m、この時期は水量も多くその流れはダイナミックで飛沫は霧となって高く吹き上げられる...。この滝は、壮瞥町の名前の由来となった滝で、アイヌ語で「ソウ」は滝、「ペツ」は川の意味そうだ。

   

 もう少しこの壮観を眺めていたかったが、滝の飛沫が下から雨を降らせ、さらに上空からの雨も少し強くなってきたこともあり退散...。真夏の暑いとき、滝の飛沫をシャワーのように浴びるのもいいかもしれない。そんな機会はあるかなあ...。

 

いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

コメント

洞爺湖を赤く染める“夕陽”...

2016-06-07 22:25:01 | 旅行

 所要が入り、3泊4日の旅に出る・・・。最終の目的地は札幌だが、途中、壮瞥町、登別に立ち寄り、交通手段はレンタカー...、考えようによってはのんびりとした話だが、この歳になると車で走るのはちょっぴり億劫な気がしないでもない。しかも、どうも天気も味方をしてくれないようだし...。

                        

 明日は早朝の打ち合わせ...。と、午後函館を発ち壮瞥町のホテルに夕方近く到着。しかし、薄い雲に覆われていた洞爺湖上空も歓迎してくれるかのように“夕陽”が顔を覗かせてくれる。ホテルで「夕陽撮影のポイントは?・・・」と尋ねると、3か所ほど教えてくれたが、それらを回っているうちに陽が落ちそうなので、向かった先は“夕陽”が中の島を背にする仲洞爺へ...。

     

 次に、向かったところは小高い丘の上にある壮瞥公園...。ここには約300本の梅の木が植えられており、5月中頃には満開の梅の花と洞爺湖や羊蹄山、有珠山、昭和新山の大パノラマが楽しめるという...。今日の“夕陽”も最高!!これに満開の梅があったら...。

                              

 ホテルに戻る途中、洞爺湖畔からの眺め・・・。夕陽は洞爺湖を赤く染めながらゆっくりと8年前にG7が開催されたホテルの上を落ちていく。最後まで見届けたかったが、ホテルから「夕食は7時までに入らないと食べられませんから…」と言われていたこともあり、後ろ髪を引かれる思いでしぶしぶ車を戻す...。

 薄い雲に覆われ、なかば諦めていた洞爺湖の“夕陽”...。どうにか目にすることができた。できれば山並みに落ちるまで見届けたかったのだが、それは次の機会に譲ることに...。

いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

コメント (2)

千歳空港でのランチは、“函館定食”...

2015-11-27 22:38:47 | 旅行
 昨日に引き続きの打ち合わせも午前中に終え、帰りも新千歳便を利用することにして空港に向かう...。スマホで運航状況を確認するも「函館空港強風のため、天候状況確認...」とある。「いや、昨日もそんな状況で遅れても飛んだんで、大丈夫なはず」と高を括る...。

      
 中標津町に飛行機で戻る知人も同じように天候調査の状況だが、「焦ってもしょうがないから、飯でも食べて待とう...」と、空港内のレストラン街を見定めながら「郷土料理」店の暖簾をくぐる...。

 メニューを見ながら、お茶を運んでくれた係の方に「お勧めは?...」と訪ねると、お勧めメニュー表の中から「値段も手頃な“函館定食”は如何でしょうか」と指を指す...。2人で顔を見合わせながら「それにしよう...」とオーダーしたが、彼から「函館人を見破られたんでないか」と茶化される...。

                                
 運ばれてきた“函館定食”...。函館名物のイカソーメンに海老とホッケの天丼、カニ汁が添えられている。空腹だったこともあって箸の動きは速く、彼は満足したようだが、「この次は、本場の“函館定食”を食べに来て...」と誘ってしまった。しかし、ホッケの天ぷらはホコホコ感もあって美味しかったなあ...。

 ところが、食事を終え航空会社のカウンターに行くと「函館便は、函館空港強風のため欠航になりました」とつれない返事...。これが最終便、代替えはJR頼みと慌てて南千歳駅に向かい、函館駅行きの特急北斗に飛び乗った...。

 何とか間に合ったものの、およそ3時間狭い座席に押し込まれてしまう羽目に...。しかも、車を函館空港に預けたこともあって、五稜郭で下車し空港まで車を取りに走る...。なんとも運のない一日だった...。

 ところで、中標津に向かう知人の戻る飛行機も「天候調査」待ちで、札幌に戻って泊まるか、釧路までJRで行って釧路に泊まるかかなり悩んでいたが、悪運が強くほぼ定刻に新千歳を飛び立ち何事もなく着陸し、自宅に戻り電話を入れたときはノンビリと晩酌中...。

いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
コメント

 新千歳空港へ“恐怖の40分”...

2014-07-11 21:57:04 | 旅行
 昨日、午後1時からの打合せで札幌へ向かうことになった...。台風8号の影響で全国各地に暴風や大雨による被害をもたらし、北海道への直撃は避けられたものの、安心できない状況。しかし、函館は、朝から陽が差しもあり台風の影響はなさそう...。

  
 午前の丘珠便を予定して空席状況をチェックすると、なんと満席...。ならば午後1時に間に合わないが、午前11時50分発の新千歳便に搭乗することにして、函館空港に向かう...。ところが、搭乗手続きが始まると結構強い雨が降り出した...。

 滑走路に向かう途中で、客室乗務員から「本日は気流の関係で、揺れることが予想されますので、シートベルトを腰の辺りでしっかりとお締め下さい...」とのアナウンス...。案の定、滑走路を離れて上昇を始めるときりもみ状態の揺れ...。さらに雲の上に出たにもかかわらず、鳥が飛ぶような左右が交互に揺れだした。機長からも「気流の関係で大きく揺れておりますが、飛行の安全には影響ありませんのでご安心下さい...」と言ってはくれるが、「本当に大丈夫...」と思うほどの揺れは新千歳空港到着まで治まることを知らない...。

 結局、客室乗務員も席を離れることなく新千歳まで座りっぱなし...。飛行機に乗ってこんなに揺れたのは、相当昔の話になるが、まだ羽田へYS機が飛んでいる時に搭乗した飛行機が蔵王越えで大揺れを経験して以来になる。今は札幌に行くのにJRに乗っても何時事故に巻き込まれるか恐怖との声も聞こえているが、今回飛行機で“恐怖の40分”を体験してしまった

    
 ところで、今日の札幌は台風一過?なんだろうか、朝から快晴...。いや釧路など道東地方は台風から変わった温帯低気圧の影響でJRは終日運休になったようだ。それでも新千歳空港からの帰りの便は、この快晴のお陰か飛行機は揺れもなく、機上から室蘭市や駒ヶ岳などをカメラに収めることが出来るほど、快適な空の旅だった...。


いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
コメント

“東京スカイツリー”は、雲の中...

2014-04-18 23:56:47 | 旅行
 東京滞在中にせめて“東京スカイツリー”からの眺めを楽しみ、東京の土産話にと勇んで出掛けたのだが、なんということか東京は小雨交じりの寒い一日...。話を聞くと、「昨日までは晴天続きの汗ばむほどの陽気だったのに...。」と北海道から寒さを持ってきたかのような言い種...。
                                    
 “東京スカイツリー”には夕方昇って夕焼けから黄昏の街並みをゆっくりと見物させてもらおうと思っていたのだが、4時頃の浅草からの眺めでは既に350mにある天望デッキのあたりは雲に包まれ、450mの天望回廊は曇り中...。

 
 とにかく急げ...、と“東京スカイツリー”までは辿り着いたのだが、既に「天望回廊は視界不良です。天望デッキは何とか...。」との案内。確かに天望デッキでも350mとあっては函館山より高い位置にあるわけだから、函館山を見ても小雨交じりの天気では雲の中というのも納得...。

     
 しかし、これも土産話にはなるだろうと国内最速という40人乗りのエレベーターで天望デッキへ...。ちなみに、エレベーターは分速600m、時速になおすと36km...、わずか50秒で天望デッキまで運んでくれる。エレベーターの扉が開くと目の前に絶景が...、のはずが残念ながら目の前は真っ白...。それでも、時折雲の切れ間から目の下に見える街並みに歓声も上がる...。

             
 とはいっても取りあえずは“東京スカイツリー”を征服...。時間調整にカフェでコーヒーを飲んで宿泊のホテルへ直行...。
 ホテルでやけ酒?...、いや、ホテルから眺めるレインボープリッツの架かる東京の夜景を堪能しながら美味しいお酒を飲むことがで来た。しかし、天気には勝てないというがそれにしても悔しい!!...、快晴の“東京スカイツリー”、リベンジ出来るかなあ...。

いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

コメント (2)

今日のランチは、東京のホテルで“バイキング”...

2014-04-18 22:27:03 | 旅行
 東京に住む甥っ子の結婚式の招待を受け、出席のため飛行機で東京に向かった...。久し振りとあってあちこち東京見物を兼ねてとも考えたが、なかなか日程も許さず1泊2日で、明日の結婚式に出席だけの上京になってしまう...。

 
 そんな中で、今日の昼食は東京ドーム近くのホテルでランチを...、と羽田空港から向かう。会場は、ホテルの3階にあるレストラン、さすがに一流ホテルとあって豪華で広さも都内で最大級といわれているだけあって広い...。

                               
 レストランの入り口に「北海道フェア 2014」の大きな看板が掲げられている。4月、5月は北海道産の食材をふんだんに使った料理を楽しんでもらおうとの趣旨で開催されているという...。東京に来てまで北海道のものを?...、と首をかしげながら席に案内され、大きな皿を手にビュッフェ台に...。

    
 ビュッフェ台には 、洋食・中華・和食・スイーツと、バラエティ豊かな料理が並び、オープンキッチンでシェフが目の前で仕上げる料理を楽しむことが出来る...。「その数は?...」と係の方に訪ねると、「スイーツを入れると70種類近くになります。全部に挑戦してみてください...。」と笑顔でプレッシャーをかけてくる...。
                               
 ところで、北海道産の食材を使った料理は?...、と探し歩くと、北海道近海産の海鮮で「バラチラシ」、函館近海イカで「イカめし」、北海道産牛肉の「すき焼き煮」、知床地鶏の「ピリ辛煮」、宗谷産ホタテの「出汁巻オムレツ」、北海道産の「カボチャタルト」、十勝産とうもろこし「ホワイトショコラ」などなど...、で名札を眺めて歩くだけでも楽しい...。

    
 制限時間90分...、入ったとは「90分も居られないでしょ...。」と言っていたはずだが、気が付けば間もなく制限時間が来る...。余り食べていなかったような気がするが、それでも大きな皿で3,4回...、その後、スイーツに果物、コーヒーのデザートフルコースまでいってしまい腹一杯...、道産食材を使ってくれたホテルの“バイキング”は大満足...。


いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

コメント