JA8MEMのつれづれ日誌

趣味のアマチュア無線での出会いやカメラ片手の散策の出来事を写真とともに綴るブログです。

“秋色鮮やか”...新中野ダム公園

2013-10-31 23:35:16 | 赤川水源地・ダム公園
 気温が冷え込んだこともあってか、紅葉の名所では彩りを増しているという...。今年の紅葉は早いんだろうか?...、それとも遅れているんだろうか?...。先日テレビで、道内各地では紅葉される前に葉が枯れたり、赤の色づきが悪いと放送されていた...。ところで、函館は?...。

 
 午後、紅葉スポット「新中野ダム・ダム公園」を訪ねてみた。ダム公園は昭和61年にダムと森林が持つ水源保全の役割を、自然の中で楽しみながら学ぶことを目的として設けられ、春は桜、秋の紅葉を楽しむ多くの市民が訪れている。

                                
 風もなく小春日和の陽気とあって、グループの他に数組の老人ご夫婦の姿が見受けられる...。サクラの葉は既に落葉しているものもあるが、モミジは赤や黄色に染まり今が見頃...。この紅葉をバックに記念撮影のグループも...。

                       
 公園内には大雪ダム、豊平峡ダム、笹流ダム、新中野ダムの北海道での主要な4つのダムのミニチュアがあり紅葉されたモミジとのコラボレーションがその地を連想させてくれる...。

          
 新中野ダム公園には約50種類、3,400本の樹木が植えられている。これらの木々の葉が次々と色づき秋色を楽しむことが出来そうだが、今週末の三連休後半は天気が芳しくない予報...。ダム公園の紅葉見物は、早めの方がよさそう...。


いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
 
コメント

今年の運行を終えた、チンチン電車“箱館ハイカラ號”...

2013-10-31 22:26:21 | Weblog
 車で五稜郭を走っていると前方にチンチン電車“箱館ハイカラ號”が軌道をトコトコと走っているのが見える...。4月から函館の街を走り続け、今年の運行は今日が最後とのことで、追い越して千代台町でカメラを手に待ちかまえることにした。

 
 “箱館ハイカラ號”の走行速度は時速20kmと自転車並みのスピード...。眺めていてもノンビリとした感じが、可愛さをまき散らして走っているようにも見える。ただ、これ以上スピードを上げると騒音や揺れが激しくなるので乗り心地が悪くなるという。しかし、それが町並みを眺めるのに適した速度、そんなことからチンチン電車は函館の街に似合うのかも知れない...

 今年“箱館ハイカラ號”は、夏場の2ヵ月間を路面電車開業100周年の復刻花電車として活躍し、全国から多くの電車ファンを呼び込んだ。来年も、再来年もチンチンとカネをならしながら函館の街を走り続けて欲しい...。

                               
 ところで、車を止めた千代台町電停前にある「千代台公園」のイチョウ並木が色づき始めている...。木によってはまだ青い葉も残っており、全体的にはまだら模様の感じ...。

     
 並木から落ちる黄色い葉っぱが歩道を埋め尽くすのももうすぐ...。


いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
コメント (2)

紅葉求めて“真駒内川”を上る...せたな町

2013-10-30 23:45:00 | せたな町・今金町
 所用でせたな町へ車を走らせる...。函館を発つ時から天気は優れず山並みには霧が覆っており、途中、八雲町あたりでは雨が降り出す...。それでも、国縫から美利河峠を越えると大きな青空も覘き出す...。

 紅葉を期待した美利河峠や美利河ダム周辺は、既に紅葉は終わりに近く木々の葉は落ちている方が多い。所用を終えてそんな話の中で、「真駒内ダムの紅葉は?...。」と訪ねると、「まだ終わってないと思うよ、昼休みに行ってみたら...。」と声を掛けをしてくれる。これ幸いと車を走らせた...。

        
 「真駒内ダム」は、狩場山地を水源とする真駒内川を堰き止め造られたダムで、市街地から約10kmほどのところにある。途中、山頂に白いものが見える道南の最高峰狩場山(1520m)を目にしながら車を進めるが、沿道の木々の葉が落ち道路は葉っぱが敷き詰められたところもある...。

                                
 ダム周辺は、狩場山地が見渡せる景色の美しい場所で「真駒内ダム公園」として整備されている。この時期ではさすがに訪れる人もなく、一際静けさの漂うダムの水面には見ごろは過ぎたものの、まだまだ鮮やかな紅葉が映り込んでいる...。

 
 ダムからは狩場山登山道にある真駒内川上流の美しい渓谷へと続く...。役場で、「ダムの上の渓谷が綺麗だけれど、熊もいるから気をつけて...。」と送り出された。そんな山奥までは...、と思いつつも紅葉に見とれながら、「もう少しだけ...。あと少し...。」と車を進め、気がつくと道路の舗装も切れている。
                               
 ここには「熊戻り渓谷」という景勝地がある...。熊も恐れをなして引き返すほどの危険な渓谷というところのようだ。しかし、この景色は、道南の秘境と呼ばれるにふさわしい雰囲気がある...。

 もう少し進みたかったが時計は許さず、また、携帯電話も圏外でここで熊に遭遇したらと思うと、残念ながら車を戻すよりない。来年は、ゆっくり時間を取って、何人かで来ることにしよう...。


いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
 
コメント

秋の夜に浮かぶ、輝く“紅葉”...

2013-10-29 22:21:14 | 見晴公園
 今年も香雪園では、市民や観光客に夜の庭園の美しさを知ってもらおうと「はこだてMOMI-G(もみじ)フェスタ」に合わせてライトアップが行われている。紅葉の見ごろはもう少し先だろうと勝手に思いこんでいたが、今朝、「香雪園の紅葉が見ごろ...。」の新聞報道を見て、慌てなくっちゃ...、とカメラ片手に出掛けてきた。
                                   
 ライトアップは今年で5年目...、園内の散策路や園亭、温室などを水銀灯で照らされている。人気の「カエデ通り」は紅葉されたヤマモミジやイタヤカエデなどがライトに照らされ秋の夜に浮かぶように輝いている...。

    
 市民やツアーで来られた観光客も散策を楽しみ、紅葉の素晴らしさに感嘆の声を上げているが、ツアーの観光客の皆さんは次の予定もあってか「後10分...。」と時計を見ながら駆け足で一回り...、もっとゆっくり見ていけばいいのに...。

 

                                    
 ライトアップは園亭と温室、園内の橋も行われている。日中見る建物とライトアップされた建物では全くと言っていいほど雰囲気が異なる。特に園亭は、静けさの中に幻想的な美しさを見ることが出来る...。

  
 また、緑のセンターでは、函館で活躍するアーティストが日替わりで登場するミニコンサートが開かれている。今夜は、アコーデオンのソロで聞き慣れたシャンソンやタンゴを演奏...、大勢の方が耳を傾けていたが、周りに飾られていたステンドグラスが雰囲気を盛り上げてくれる...。

 アコーデオンの演奏が終わり、さて、もう一回りゆっくりと散策を...、とセンターを出るとなんと雨...、しかも結構な勢いで降り出し散策どころではない。駐車場まで駆け足で戻り、今日のウォーキングも兼ねる始末...。想定外の雨にたたれはしたが、いつもの香雪園と違った雰囲気で楽しむことが出来た。秋の夜長、ライトアップされた紅葉と函館で活躍しているアーティストのミニコンサート...、楽しんでみては如何だろう...。ちなみに、ライトアップは11月10日(日)までの毎日16時から21時まで...。

いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
コメント (2)

桔梗の丘は“秋満開”...

2013-10-28 21:32:40 | Weblog
 今朝の函館は久し振りの青空が広がったが、その分放射冷却とやらなのか最低気温が2.6℃と今季一番の冷え込みで、当然のことながらストーブに火が入った...。この冷え込みも今日までで明日からは平年並みに戻るという...。

 
 桔梗の丘はダイコンやニンジンなど根菜類の収穫を終えた畑で、マリーゴールドが満開となり、黄色やオレンジの花が青空と鮮やかなコントラストを描いている...。

           
 花にカメラを向けているとネギ堀に来たという農家の方が、「きれんだべー...。今が最高だ、後2,3日すれば土さすき込むんだ~...。」と話してくれた。マリーゴールドの根には、土の中に潜むセンチュウという虫の嫌いな臭いがあって、花が終わり土にすき込むと堆肥と害虫駆除の効果がある優れものとのこと。

                                
 それにしても一面に咲き誇る花は“秋満開”をイメージさせる見事さ...。マリーゴールドは、函館山を見下ろしながら冬の到来の近いことを教えているのかも知れない...。

いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
 
コメント (2)

“大沼公園の夜”を幻想的に彩る...

2013-10-27 22:04:52 | 七飯町・大沼公園
 旅行代理店のツアー客がライトアップされた紅葉を遊覧船から楽しむ企画に合わせて、今年も大沼公園広場に地元の小学生手作りの“カボチャのランタン”が並べられている...。

 
 広場には大小200個あまりのカボチャのランタンが並べられ、また、紅葉された木々も公園広場と西大島橋付近に設置されたライトに照らされて、“大沼公園”は幻想的に彩られている...。小学生が丹精込めて作ったランタンはお化けの他にネコのようなかわいい顔をしたものもあり、独創的で楽しい...。
          
 バスで到着した名古屋から来たツアー客は、地元YOSAKOIソーランチームの踊りと特産品が並べられている特設の会場で、お・も・て・な・し、を受けた後、遊覧船に乗り込み紅葉見学...。
                                                             
 紅葉された木々をライトアップと乗り込んだ遊覧船が照らす明かりで赤や黄色に染まった彩りを楽しんでいる...。係の方に訪ねると、「週末の台風27号の影響でキャンセルもあったが、3日間で約700人に楽しんでもらえた...。」とのこと。

 
 大沼公園には午後4時前に着き湖畔の遊歩道の散策を楽しんだが、いつもの駒ヶ岳の撮影ポイントで三脚を立てているカメラマン...。「30分ほど待っているんだけど駒ヶ岳の山頂が顔を出してくれなくて...。」と...。次から次と雲が湧き上がっているので無理だと思うけど日暮れまで待つそうだ...。

          
 ところで、紅葉は?...。夕陽が美しいといわれている小沼もそろそろ見ごろを迎えそう...。



いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
コメント (4)

“大沼公園の紅葉”まもなく見ごろに...

2013-10-24 23:49:59 | 七飯町・大沼公園
 長万部町二股渓谷の見事な紅葉を目にして、函館へ戻る道中は時折雨の降る天候だったが、頭の中からあの素晴らしい秋色は消えずルンルン気分でハンドルを握る...。ちょっと待てよ!!...、大沼公園の紅葉は?...と少しだけ寄り道をすることにした。

      
 湖畔の周遊道路の木々の葉も色づいているが、見頃まであと少し...。しかし、森林公園にある国際セミナーハウスの駐車場付近のモミジなどが赤やオレンジなど色鮮やかに染まり、訪れる見物客を喜ばせてくれる...。

                              
 紅葉にカメラを向けていると、奥の方で眺めていたご夫婦が「この角度が素晴らしいですよ...。」と教えてくれる...。教えられた角度から1枚...。

  
 デーサービスセンターの皆さんも車椅子で見物した後記念写真を撮られていたが、ちょっと肌寒く風邪などひかなければいいが...。ここ森林公園周辺でもまだ青い葉が色づき始めたものも多く、見ごろのピークは今月末...。

いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
 
コメント (2)

秋色に染まる“二股渓谷”...

2013-10-24 22:40:40 | 八雲町・長万部町
 遅れていた道南各地の紅葉も朝晩の冷え込みが厳しくなり、見ごろを迎えつつあるが、峠や山間部では早くも散り始めた葉もあるようだ。灰色の雲に覆われての生憎の天候だったが、長万部町の紅葉スポット“二股渓谷”を訪ねる...。

 
 JR函館線・二股駅近くの国道5号から山々に囲まれた二股川の上流に道なりに上っていく...。2,3kmほど走ると二股川沿いの広葉樹が美しい彩りに包まれ、秋色に染められている...。

       
 道路は整備されいたって走りやすく、所々で車を止めその光景をカメラに収める...。ここは紅葉だけでなく車や人がいると絵になるぞ!!...、と車の来るのを待つが一向に来る気配はなく、結局はこの素晴らしい紅葉を独り占め...。

                             
 「紅葉撮影は青空でないと...。」と思っていたが、ある雑誌に「紅葉は曇りの方がしっとりと落ち着いた光景を醸しだし、むしろ小雨が降るくらいが紅葉撮影には条件がよい。」と書いてある。そのことを信じてシャッターを押したのだが...。

  
 さらに上流へと上ると紅葉に包まれた「二股ラジウム温泉」に着く。ここは北海道の有名な秘湯のひとつ...。これから雪の季節を迎えると湯治客で賑わうそうだ....。万病に効能があるという天然のラジウムと石灰が含まれた由緒ある温泉で、次の機会には日帰り入浴で試してみようかな...。

                                
 渓谷の木々に見事に色づいた葉も、山間を吹き抜ける風に紙吹雪のように舞い始めている。明日からの天気は強い風と雨模様...。天気が回復する来週まで持ちこたえられるだろうか...。

いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
コメント (8)

今日のランチは“困った時の居酒屋さん”で...

2013-10-23 23:10:31 | ランチ
 昨日の夜、札幌の知人から、「ちょっと相談があるので明日お邪魔する。」との電話...。わざわざ来なくとも電話やメールで用が足りないんだろうか...、と話したが、「顔を見ながら相談したい。」とのこと。多分、ランチが目的だろうと勝手に思いこみ、空港から少し豪華にと函館駅前のホテルのレストランに案内した...。

 
 ところが、ホテルのレストランは女子会の予約で席が取れず、よし!!それじゃ...、と“困った時の居酒屋さん”に席を変えることにした。ここは、これまでも友人や知人が「何処に行く...。」や「なに食べる...。」といわれた時など困った時に何度か案内した頼りになる居酒屋さんだ...。

                                
 昼時とあって結構混んでいたが、個室に案内してもらいメニューを見ながら仲居さんに「今日のお勧めは?...。」と訪ねると、「ドリンクサービスのお膳は如何ですか...。」と10食限定のお刺身膳、お寿司膳、焼き魚膳、そばorうどん膳を指さすと、知人は間髪入れず「お寿司膳でお願いします...。」とオーダー...。「じゃ、俺も」...。

 
 運ばれてきた大きなトレーの上には、寿司が10かん横並び、揚げたての天ぷらと野菜サラダ、みそ汁が載せられている...。知人は、「寿司は小ぶりだね...。」といいながら口に運んでいる。寿司屋さんの比べると確かに小さいが、どれも生きが良く美味しい...。食べ終わった後に知人も、「小さいと思ったけど腹一杯だわ...。アワビも旨かったなあ...。」と満足の様子...。
                                          
 食後にサービスのコーヒーとデザートに小さな大福が2つ...。「これは一人で2つ?...。」と運んでくれた仲居さんに訪ねると、「妻楊枝があるので、お一人お一つで...。」とのこと。

 個室とあってコーヒーを啜りながらノンビリとさせてもらった...。ところで相談事は?...。電話でも十分足りる話だったので、お見込みの通りやっぱり知人は函館でのランチが目的だったのかもしれない...。


いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
 
コメント (2)

“千軒の山並み”は紅葉が見ごろ...

2013-10-22 21:28:56 | 松前町・福島町
 所用で松前町に車を走らせる...。どうしたことか、ここ何ヵ月か松前町に向かう時は天気が優れない。松前町でも「memさん、天気の悪い時を狙って来てるんでないの...。」といわれる始末。今日も知内町を過ぎてずっと雨に降られワイパー全開...。それでも白神岬を交わすと雨は上がったものの空は黒い雲に覆われている...。

 
 この時期残念ながら松前公園は花もなく、サクラの木の葉もやっと色づき始めたところと絵になる光景を見つけられず、挙句の果てに昼食を予定していた道の駅は定休日と散々...。諦めてハンドルを函館に向けて戻すと...、街はずれの笈部川に架かる橋の上から眺める千軒の山並みは黄色やオレンジに染まった木々に覆われている...。
                        
 ここはちょっと寄り道を...、と国道から大千軒岳(1072m)に続く道道石崎松前線に入る。国道から10kmほど奥に入ると紅葉が見ごろを迎え、山深い道は色鮮やかに紅葉し、秋の深まりを感じさせる...。

  
 舗装はされているものの道幅は細くカーブが続き、曲がるたびに異なる彩りが広がり風情を楽しめるが、反面「カーブの向こうに熊はいないだろうなあ~...」、といった恐怖も感じられるような山道...。熊との遭遇を危惧しながら、30分ほどの紅葉見物だった...。


いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村
コメント (2)