JA8MEMのつれづれ日誌

趣味のアマチュア無線での出会いやカメラ片手の散策の出来事を写真とともに綴るブログです。

ブログ開設4周年...

2010-12-31 20:52:08 | Weblog
 ブログを初めて今日で、4周年...。
 先日もブログを覗いてくれている方に「まだ4年でしょう...」と言われた、「とんでもない。飽きっぽい性格が5年目に突入だよ。」と答えた。どう受け取ってくれたか別にして、「3回更新できるかなあ~...、3ヵ月持つだろうか...、3年は無理だろう...」と思いながら始めたブログだが今も続いている...。

 しかし、内容は始めた頃と同じで、これといった成長もない。このブログにはいろんな機能やパーツが充実しているのだが、「手引きを読んで理解をして作業に入る...」、歳を取るとこれがまた億劫で「まあ、いいや。」となってしまい、変わらずのブログ初心者だ...。

 それでも最近は函館を離れた方から「懐かしく見せてもらった。今度は○○も見てみたいね。」とメールでリクエストをもらうこともある。そんなことを励みに、来年も函館の明るい話題を発信していこうかなとも考えている。「カメラ片手に散策の出来事を写真とともに綴るブログ」新しい年はどんなブログが出来るかな...。

                     
 ところで、、我が家の孫娘も4才を迎えた。今年から年少で幼稚園に入園、大丈夫なのだろうかと心配したが、見学させてもらった運動会、お遊戯会はそれなりにこなしてきた。特に最近は口八丁、手八丁でとても太刀打ちできる相手でなくなってしまった。これまでブログと競争してきたつもりだが今年も完敗、来年は後ろを離されないように追っかけていこう...。(写真は、11月14日幼稚園のお遊戯会で)
コメント

今年も、あと2日...

2010-12-29 23:10:14 | Weblog
 この時期になると新聞、テレビなどで「今年の十大ニュース」や「この一年」といった報道が多い...。しかし、残念ながら今年も暗いニュースばかりが脳裏に焼き付いている。確かに毎日報道されるニュースでも事故や事件などが幅をきかせており、記者はなぜほのぼのとした明るいニュースを探すことをしないのだろうと常々思ってしまう...。

 これは今日のラジオから...。今年の漢字は「暑」だったが、リスナーに来年に求める漢字1文字を聞いたところ1位が「明」、2位が「楽」だったそうだ。来年はみんなが「明るく楽しい1年」を期待しているのだろうなあ...。本当にそうあって欲しいものだ...。

                  
 そんな放送をイヤホーンで聞きながら今年最後の五稜郭公園ウォーキング...。日中のミゾレ混じりの雪も夕方には止み、西の空には太陽の明るい光も覗く...。年末を控えて公園には相変わらず外国人のツアー客の多さには驚かされる。正月までには国に帰れるのだろうか...、いらぬ心配をしながら今日はしっかりと外堀1周...。
コメント

ランチの忘年会は“老舗の鰻屋さん”で...

2010-12-28 21:28:54 | ランチ
 今日は仕事納め...。それを口実に友人との「情報交換を兼ねての昼食会」も1年の締めくくりとして忘年会を計画した。それにしても昼食会は月1度だったが、友人の情報は豊富で正確だった。いつも、「誰からの情報?...」と訪ねるのだが、「それだけは勘弁して...。」という。確かに情報源を明かすと、新たな情報が途絶えると言うから...。

 
 今回案内されたところは、本町にある老舗の鰻屋さん...。余り大きな店ではなく、急な階段を登って2階の座敷に入ったがこぢんまりして意外に落ち着ける...。彼のお薦めは函館の旬の新鮮食材を使用した特別ランチ“はこだて ランチョン”...。この店のメニューは「箱館奉行所復元記念特別ランチ」、今年の函館を顧みるに相応しい...、と早速注文...。

                        
 運ばれてきた料理はお盆に2つ...。当然ながらメーンは鰻、白焼きを蒸したものでわさびと醤油で食べるのだが絶品、その他の野菜の天麩羅、お刺身、茶碗蒸し、野菜の煮物、前菜などどれも一つ一つ丁寧に料理されているのが伝わるほどの出来映え...、しかもどれも旨い!!。なにより料理の品数とボリューム感は、このままお酒があれば夜の宴会に移れるほどの豪華なランチ...。最後に手づりデザートもつき、これまで何度か“はこだて ランチョン”を食べたがここはお得感がありお勧めだ...。
 
 ところで、年が明けると地方統一選挙で道南各地でも首長選挙や市町議会議員選挙が予定されている。特に議員選挙は定数が削減されどこも厳しく、立候補を予定されている方は正月もないらしい。しかし、どこの自治体も財政・経済とも厳しい状況にある、首長、議員とも地域の活性化に向けて頑張って欲しい...。そんな情報で盛り上がった...。
コメント

函館公園の雪景色...

2010-12-26 22:36:54 | 函館公園、函館山
 よくもまあ~...、降るもんだ。我が家の前は新たに20cmほどの積雪、すでに近所の皆さんは雪かきを始めている...、競走をしているわけでもはないのだが、何となくせかせられる思いで雪かきを始める。昨日より雪質は重く、足腰に負担が掛かっているのが感じられ、歩道の除雪を含めてタップリ1時間...。

 
 一汗かいた後、雪見見物ではないが「函館公園」に車を走らせた。当然のことながら、一面の雪景色...。松やイチイに雪が積もって庭園ならではの幻想的な美しさを見せている。
                           
 公園内には踏み固められた1本の道が出来ていた...。最初に歩いた人の後を歩幅も同じような足跡で、雪見も楽しいがこの道の行く先にも興味が湧く...。しかし、間もなくすると公園の管理人が押す除雪機がその足跡を消し、きれいな道を作っていく...。

 
 函館八幡宮を眺められるところで足を止めた...。函館山の木々に付いた雪が山肌を覆い、そこに見える八幡宮の社、この美しさはまた格別...、これに朝日があたたったらと思うとぞくぞくする...。
                           
 公園には4、50分ほどの滞在だったが、途中で除雪機のけたたましい音はしたものの、公園の静けさに包まれた雪景色は心を和ましたくれる...。次は、朝日に輝く雪景色を見たいものだが...。
コメント

“SL函館大沼号”吹雪の中を驀走...

2010-12-25 20:32:58 | Weblog
 北海道の上空に真冬並の寒気が入り込んだとあって、函館も昨日から風、雪ともに強まり今朝は銀世界どころか猛吹雪...。積雪は10cm、しかし我が家の玄関先は吹きだまりになって優に30cmはある。サンタさんからのプレゼントは“大雪”...、早速、ママさんダンプを持ち出し雪かき開始...。

 JR函館駅は「はこだてクリスマスファンタジー」にあわせて函館-大沼間に“SL函館大沼号”を運行...。蒸気機関車C11型を使って週末に1日2往復走っていたが今日がその最終運行日...。一度は爆走する勇姿をカメラにと思いつつも、今日まで延び延びに...、しかもこの吹雪ではと躊躇していると午後になって晴れ間も見え、「今だと...」と七飯町の跨線橋のある場所に走る...。

                  
 この雪の中、跨線橋の上にはすでに三脚を立てて待機しているカメラマンもいる...。ところが、まもなくSLが来る...、その時に激しい吹雪きに見まわれレンズに雪が容赦なく吹き付ける始末...。SLは煙を噴き上げ驀進してくるが、雪で見えないよう...。

 あっという間にSLは通過...。何だったんだ...。でも、SLが来るまでの10分余りカメラマンさんからSLの魅力、雪の中を走るSLは人気があって、全国からSLファンが大勢函館に来ていること、また、SL撮影のポイントや撮影のスポットなどを教示いただき無駄な時間ではなかった。まあ、春には今日聞いたことを参考にサクラの花の下を走るSLを追っかけてみようかな...。
コメント

当たったらどうする?...

2010-12-24 21:48:02 | Weblog
 車でラジオを聞いていると「年末ジャンボ宝くじの発売は今日まで...、東京・西銀座のチャンスセンターには3億円当選の夢を抱いく購入者で長蛇の列が出来ている。」と流れてきた。そうか、今日はクリスマスイブ、しかも大安吉日...、関係ないけど雪も降り出したし、何かのサインかも知れない...、と勝手に思いこみチャンスセンターに...。

 
 東京・西銀座ほどではないが、美原のチャンスセンターにも購入者の列...。今年の年末ジャンボは億万長者が倍増となり444人も誕生するそうだ。倍増されたからといって当たるかどうかは別の問題なんだけど...、そのチャンスは確実に広がった...。

                                                          
 これまで何年も年末ジャンボを買い続けているのだが、残念というか当然のことながら300円を超える当選金を手にしたことはない。先客は1万円札を何枚か渡し宝くじを束にして持っていったが、その後でちょっぴり言いづらかったがささやかに連番で10枚購入した...。

 不思議なもので、宝くじを手にすると当たったような気にさせられ、何となく笑みがこぼれる。大晦日の抽選日まで1週間...、年が明けたら444人の億万長者の1人になっているかも...、そんな夢を見させてもらおう。しかし、本当に「当たったらどうする?...。」、「そんな心配するんじゃない!...。」だって...。
コメント (2)

天使の響き?...、ハンドベルコンサート

2010-12-23 20:58:32 | 五稜郭公園
 週末は低気圧の接近で荒れるとの予報であったが、幸にも函館は今のところ平穏...。明日は札幌から知人が昼に着く飛行機で来るとの連絡、大丈夫だろうか...。また、昨日気象台から3ヵ月予報が発表され、この冬は気温が高めで暖冬傾向が続くそうだ。さて、当たるかな?...。

 
 午後、五稜郭タワーアトリウムで茨城県北浦三育中学校「エンジェルス・ベルコワイヤー」の皆さんによるハンドベルコンサートが開催された。今回は結成30周年を記念して12月17日から釧路を皮切りに旭川、小樽、苫小牧、札幌と北海道ツアーを行い、函館が最後の演奏地...。
                            
 「エンジェルス・ベルコワイヤー」は13名の部員で並べられているベルは50個以上、ベルの重さは小さいものは200gから大きいものになると7kgのものもある。一人で3個から4個を担当し、時によっては2個ずつ両手に持ったり、手首を素早く返すなどして巧みに音を出す...、とても中学生とは思えない。

 
 今日の演奏は「涙そうそう」やクリスマスソングの「もろびとこぞりて」など数曲を聴かせてくれたが、顧問の先生は「ハンドベルは、ピアノの鍵盤をベルがそれぞれ担当しているので、演奏者の息が合わないときれいな音にならない。三育中学校は全寮制で寝食を共にしているので...。」と解説してくれた。それにしてもハンドベルの音はまさしく「天使の響き」...、今日も良いものを聞かせて貰った...。
コメント (4)

今日のランチは“豚骨ラーメン”...

2010-12-21 22:34:49 | 八雲町・長万部町
 札幌の知人から「道南へ年末の挨拶廻りをしたいのだが、付き合って...。」との電話、「それじゃ長万部駅で合流し南に下がろう...。」と早朝長万部町へ車を向ける。そういわれると今年も残すところ10日余り、“今年は何をしたんだろう”と振り返ると毎度のことながら1年が早すぎるんだよう...、振り返る余裕すら与えてくれない。

 
 長万部から今金町、せたな町を経由して八雲町でお昼です...。昼食は、これまでも八雲町を車で通る度に派手な看板が気になっていたバイパス沿いにあるラーメン店に案内...。昼食時間帯とあって広い駐車場も満杯...。

                              
 メニューに“お好みにあわせ調整します”とあるが、よく理解しないまま「ネギシャーシュー麺、塩味を普通で...」と注文...。運ばれてきたラーメンは、脂っこい豚骨スープで、かなり脂も浮いている。麺は太めのストレート麺、具は刻みネギにメンマ、チャーシューが3枚に海苔も添えられ白ゴマが散らしてある。

 塩ラーメンは透き通ったスープというイメージだったが、豚骨スープとあって濁った感じにはちょっと躊躇しながらも口にした...。ところが、スープは太麺のラーメンに以外といったら失礼だがピッタリで...、旨い...。味が少し濃いめだが、それを好みによって濃いめ、薄めに、また、麺はかため、柔らかめに、脂も多め、少なめに調整してくれる。今度は、味を少し薄めに、脂は少なめに調整してもらおう...。そう、追加で注文した“餃子”はパリッとした焼き加減で絶品...。

 
 ところで、今日は皆既月食・赤い月が見られたはずだが...。日中の青空も夕方になって薄い雲が空を覆いだし、あいにく欠けた月の出は見ることは出来なかった。6時半頃に空を見上げたがご覧のとおり靄の中に半分ほどに戻った月...、天気も良く期待していただけに残念...。しかし、来年も日本では6月15日と12月10日の2回皆既月食が見られるそうだ。来年だったら大丈夫見られそう...。
コメント

温泉ホテルに1泊...

2010-12-20 22:32:56 | せたな町・今金町
 所用で今月2度目のせたな町...。朝9時の打合せなので函館を6時半に出発すれば間に合うとも思ったのだが、天気予報を見ると「雪」...、ならば前泊が安全と昨日の夕方せたな町へ車を向けた。それでも昨夜の峠はアイスバーン状態でソロリソロリの運転で意外に時間を費やしてしまった...。

 
 せたな町に着いた頃は峠の雪がミゾレに変わっていたが、食事の後、朝の天気の心配もせずにノンビリと温泉に...。このホテルの温泉は全身浴や歩行浴、打瀬浴、サウナなど7種類の浴室を備えたスパハウス、特に和風の庭園風露天風呂で冷たい風に吹かれながらの温泉は最高!!...。
                           
 今朝は、ミゾレ混じりの雪で道路はシャーベット状態で車は走りづらそう...、前泊は正解だったようだ。このホテルには平成11年(1999年)8月、天皇・皇后両陛下が北海道南西沖地震災害復興状況御視察で奥尻島行幸啓の際に宿泊されたとのことで、当時両陛下がホテルの入口で町民に手を振られている大きな写真がロビーに飾られていた。天皇陛下もこのホテルの温泉に入られたのだろうか...。

       
 ところで、所用を終えての帰り道...、気温が高くなったのだろうか峠のあちこちでひとかたまりの雲が発生し、山肌をなめるように流れていく...。もう少し近づいてシャッターを押そうとするのだが、見透かされたかのようにスッーと消えていく...。
コメント

力作集う...、写真道展

2010-12-19 12:55:56 | Weblog
 五稜郭町・芸術ホールギャラリーで開催中の「写真道展・函館巡回展」を見学...。「道展」で知られる写真道展は半世紀以上の歴史を誇る道内最大級の写真公募展で、道内の写真愛好家は「道展」入選を目指し、日夜、被写体を追い求めているそうだ。今回は、応募作品は4,890点のなかから選ばれた入賞・入選作品247点の力作が展示されている。

                   
 作品は、「自由」、「観光・産業」、「ネイチャーフォト」の3部門に分けられ、それぞれ風土・生活、観光的風景・祭り・産業、野生動植物・自然風景などが題材とされている。さすがに今回展示されている作品は入賞・入選作とあってどの写真も素晴らしいものばかりだが、この作品をカメラにとらえるには偶然だけの技でなく、その陰の努力が滲み出ている。

 この巡回展で、写真は主役を引き立てる脇役の存在が必要なこと、タイトルがその写真を読ませていること、題材は何処にでもあることなど多くのことを学び、改めて写真の魅力を知ることが出来た。ちなみに、函館巡回展は今日の午後3時まで...。
コメント