JA8MEMのつれづれ日誌

趣味のアマチュア無線での出会いやカメラ片手の散策の出来事を写真とともに綴るブログです。

“香雪園”はモノクロの世界...

2016-12-07 20:59:04 | 見晴公園

 今朝は4,5cmの積雪で久し振りの雪かき出動...。気温は氷点下6度ほどまで下がったこともあり、さらさら雪でそれほど難儀はしなかったが、それでも老体にはきつい作業だ...。これから先、本格的な雪のシーズンを迎え不安もよぎる...。

 この雪なら“香雪園”は奇麗かも...、と車を走らせた。既に何人かのカメラマンが三脚を立てている。白い雪が樹木を覆いモノクロの世界を創り出し、それがまた香雪園の雰囲気を醸し出してくれる...。

       

 “香雪園”は京都の浄土真宗知恩院の貫首が来函の折に「雪の中に梅香る園」という意味で名付けられたというが、確かに“香雪園”の雪景色は、また格別な味わいを持っている。雪を被った園亭も...。

                                  

 “香雪園”に着いた頃は、まだ厚い雲に覆われ空から雪が降っていたが、雲間から朝日が覗き降りしきる雪を眩しく映しだし、サンピラー?...でも出現しそうな幻想的な現象に感動...。

                             

 ところで、今日もエゾリスに遭遇...。この雪で餌に困っているだろうと思いきや、秋に隠しておいたオニグルミの実を雪の下から掘り起こし、口の周りに雪を付けて木の枝に登り食べている。それにしても隠した場所を良く覚えているもんだ...。

 

いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

コメント

大雪にも負けない“香雪園”の紅葉...

2016-11-10 21:39:27 | 見晴公園

 昨日、函館の街をを季節外れの銀世界に変えた大雪...。報道によると函館の積雪が最大14cmでこの時期の積雪としては25年振りだという。この雪の影響で飛行機やフェリーなど交通機関に遅れや欠航などが相次いだそうだが、東京に帰るの知人も朝一便の飛行機が飛ばず、午後まで待たされた愚痴っていたが自然には勝てない...。

 2,3日前まで「錦秋の輝き」を見せていた“香雪園”の紅葉...。この雪で、どう変わったか気がかりで道路が溶け出すのを見定めて車を走らせた...。なんと“香雪園”の正面入り口には絨毯が敷き締められたかのような見事な光景...。

                                    

 これが、紅葉された葉の上に雪が残ればその華やかさが一層際だつ...。昨日の大雪で強制的に落とされた葉も多いが、まだまだ負けるもんかと頑張る紅葉につい応援したくなる...。

 

    

今週末には力尽きてしまいそうだが、今年もここ“香雪園”に素晴らしい紅葉を楽しませてくれた彼らに感謝しながら、ファインダーを覗かせてもらった...。

 

いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

コメント (1)

錦秋の輝き“香雪園”...

2016-11-06 22:14:52 | 見晴公園

 五稜郭公園では雪の舞い散る中での紅葉見物となったが、公園を一回りして我が家に戻る頃には雪もやみ、青空が覗き出した...。折角だからと紅葉見物の梯子を...、と見晴町の“香雪園”に車を走らせた...。

 これまで“香雪園”に何度か足を運んだが、台風10号で園内の樹木が相当数倒れた現場を目にしていることもあって、今年の紅葉はちょっとというイメージで眺めてきた...。カエデ通りは、冷たい風は吹き付けているが家族連れの市民や観光客で賑わいを見せてはいるが、葉が落ち始め見頃は過ぎた感じ...。

      

 が、緑のセンター裏のモミジやカエデは紅葉真っ盛り...。これぞ錦秋の輝きと思われる見事さに、ファインダーから目が離れない。これほどまで鮮やかな紅葉に、「今年の“香雪園”はちょっとなあ...」といってきたことに反省しきり...。

                 

 園内では「着物散策体験が」行われ、着物を着た女性が紅葉の下を歩いている...。二人連れの女性に「後ろから1枚撮らせて...」とお願いすると、「どうぞ...」と声をかけて頂きファインダーを覗いていると「振り向きます...」とポーズを作ってくれた。近くでは、結婚式の前撮り撮影...、まさに錦秋の輝き。何時までもお幸せに...。

 

いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

コメント

見ごろを迎えた“香雪園”の紅葉...

2016-11-01 21:16:10 | 見晴公園

 今日から11月...。「今年の紅葉は早いの?、遅れているの?...。」といっている間もなく野山の木々は刻一刻とその姿を変えている。早い、遅いなどと言ってる暇はなそうだ。とにかく足を運ばなくっちゃ...。

   

 それじゃと、函館の紅葉スポットとして知られている“香雪園”へ...。紅葉は陽の光に輝く様が美しいのだが、生憎の曇り空...。しかし、「カエデ通り」のヤマモミジやイタヤカエデなども赤や黄色に染まり見ごろを迎えている...。

                                  

  早朝にもかかわらず、香雪園は観光バスで訪れたツアー客も含め大勢の紅葉狩りを楽しむ人たちで大賑わい...。ただ、気温が上がらずアノラックに首を萎めて見学という方も見受けられたが、季節の移ろいを感じながら散策しているだ...。

          

  “香雪園”は、明治時代に呉服商の岩船氏により築かれた純和風庭園「旧岩船氏庭園(香雪園)」で平成13年(2001)に名勝の指定を受けた北海道唯一の国指定文化財庭園...。

 エゾリスは最早冬支度なのか餌を求めて園内を走り回っている。「リスだ!!...」の声とともに観光客はカメラのファイダーを覗きながらリスを追いかけている...。木の枝に乗ったエゾリスは餌を手に「ここまでおいで...」といわんばかりの仕種...。

 

いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

コメント

秋の夜に浮かぶ、“紅葉”...

2016-10-22 21:30:47 | 見晴公園

 今朝の最低気温は1.8℃...。この秋一番の冷え込み、札幌からも初雪の便りも届き、いよいよ秋は駆け足で通り過ぎている感じがしないでもない。ただ、この寒さで函館近郊の“紅葉”が一気に進み、ちょっと例年より早い気がするんだけど...。

       

 函館の“紅葉”の名所「香雪園」...。見頃には少し早いが、それでも園内の木々は色づきはじめ、散策を楽しむ市民で賑わいを見せている。その「香雪園」では、今年も市民や観光客に夜の庭園の美しさを知ってもらおうと「はこだてMOMI-G(もみじ)フェスタ」が今日から始まった。夕食前、カメラ片手に「香雪園」へ...。

                                

 ライトアップはカエデ通りの他、園亭と温室、園内の橋などに昨年より20灯も増えたという。日中見る建物とライトアップされた建物では全くと言っていいほど雰囲気が異なる。特に園亭は、静けさの中に幻想的な美しさを見ることが出来る。

   

 去年に比べると紅葉は早いような気がするが、「カエデ通り」のヤマモミジやイタヤカエデなど色づき始めた木々の葉がライトに照らされ鮮やか...。

      
                            
  また、緑のセンターでは、毎夕函館で活躍するアーティストが日替わりで登場するミニライブが開かれている。今夜は「HKG函館きぼうゴスペルクワイア」...、函館を拠点にジャマイカ出身のゴスペルシンガー、ジョン・ルーカスを中心に活動するゴスペルクワイアで、ワクワクさせる歌声に大勢の方が耳を傾けていた...。

              

  陽が落ちるころ着いてゆっくり散策を楽しみながら...、と思っていたが、一気に暗闇に変わり何時もと違った雰囲気で楽しむことが出来た。秋の夜長、ライトアップされた紅葉と函館市内で活躍しているアーティストのミニライブ...、楽しんでみては如何だろう...。ちなみに、ライトアップは11月13日(日)までの毎日16時から21時まで...。

いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

コメント

秋の佇まい“香雪園”...

2016-10-07 21:38:51 | 見晴公園

 寒気が一気に押し寄せてきた...。そんな感じの北海道、稚内では平年より半月以上も早く初雪が観測され、標高の高い山々では初冠雪、石北峠は積雪5cmと冬タイヤ出なければ走行できないそうだ...。函館も今朝の最低気温は7℃と、遂にポータブルストーブを持ち出し暖を取る...。

 今朝、所用で“香雪園”前を車で走った途中で立ち寄り、少しの時間散策を楽しむ...。もちろん紅葉にはまだ少し早いが、それでも気の早い葉は色づき始めている...。

       

 この時間になると、“香雪園”には犬を連れて散歩をする方やカメラ片手に野鳥を探し歩く人などで結構賑やかだが、雰囲気は秋の佇まいを漂わせている...。10月22日(土)から「はこだてMomi-Gフェスタ」の開催が予定されており、今年は昨年より20灯ほど多い120灯のライトで色づいた木々を幻想的に照らすが、その準備も既に整っている...。

  と、突然目の前を「エゾリス」が走り抜ける...。餌のクルミを見つけると近づいても逃げようともせずカメラ目線で愛嬌を振りまいてくれる。彼らも冬への準備を始めたようだ...。

 

いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

コメント

“白露”...

2016-09-07 20:52:07 | 見晴公園

 今日7日は二十四節気の一つ“白露(はくろ)”...。「暑い夏も過ぎて、朝夕涼しい風に秋の気配を感じるころ」とある。しかし、今日の気温は、最高気温が28℃、最低気温でも19℃と平年よりも4,5℃も高く、函館でも秋はまだ先のような気候...。

 

 ならば、一足先に秋を探しに...、と見晴町・香雪園に足を運んでみた。陽が高くなってからの時間だったこともあって、草木に白露(しらつゆ)が見られる状況ではなかったが、「園亭」付近の木々は少し色づきちょっぴり秋を感じられる...。

    

 ところが、先日の台風10号で公園内の樹木があちこちで倒れたり折れたりと、その悲惨な状況に驚かされる...。「公園の樹木にも被害...」との報道を目にしていたが、香雪園がこれまでやられているとは思わなかった...。

 ちょうど、倒木を片づけている公園管理人の方は「台風の次の日は、倒木やちぎり折れた枝で公園内は歩けないほどで、こんな事は今までなかった。この先の紅葉も心配だ...」と落胆の色を隠せない...。何年か前にも台風の影響で、強い東風が海水を飛ばし木の葉を枯れさせたことが思い出されるが、まさか今年も...。

 

いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

コメント (2)

清々しい朝の“香雪園”...

2016-05-30 22:52:08 | 見晴公園

 続いた好天も一服...。早起きのついでにウォーキングは“香雪園”へと足を延ばす...。陽は薄雲の中に隠れていたが、新緑から深緑に変わりつつある公園の中は清々しさを感じ、気持ちが良い...。

 

 朝早くといっても、この時間になると犬を連れて散歩をする方やカメラ片手に野鳥を探し歩く人などで結構賑やかだ...。野鳥撮影で来たという方も、「鳥の声は聞こえても葉が邪魔をしてなかなか姿を捉えるのは難しくて...」と手持ち無沙そう...。

                                  

 緑のセンターの裏にあるフジ棚...。10本ほどのフジの木の枝が、棚に乗せられ上から滝のように下がる満開に咲き誇る花が、柔らかな日射しに照らされとても美しい...。今年は多くのフジの花を見てきたが、ここが一番かも知れない。

     

 フジの花と並んで咲く赤い花...。銘板には「ベニサンザシ」とあり、調べてみるとバラ科サンザシ属の落葉低木で、花や葉や実は食用にされ、果実を乾燥させたものは動脈硬化や高血圧に、花は心臓の老化を防止するという優れもの...。こんな花木も“香雪園”にあったんだ...。

              

 ところで、今朝のエゾリス...。兄弟なんだろうか、子リスが3匹足下を駆け回る。餌をねだっているのかも知れないが、近づいても驚きもせず、逃げもせず...。リスを見るたびに「“香雪園”は、まだリスが住める環境にあるんだなあ...」と感心しているが、このエゾリスの走る姿に何か癒される...。

 

いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

コメント (3)

早春の“香雪園”...

2016-03-16 22:42:33 | 見晴公園

 函館は既に積雪はゼロ、気温も10度を超えて、街を歩く人も重い冬のコートから色鮮やかな春のコートに衣替えして歩くご婦人の姿も見られ、春への歩みが加速された感じがする。朝の散歩ではないが、久し振りに“香雪園”へ足を延ばす...。

                                  

 朝日は輝いているものの気温は0℃近くまで下がっていたこともあって空気がピーンと張りつめ清々しさを感じる...。この時間になると平日にもかかわらず犬を連れて散歩をする方やカメラ片手に野鳥を探し歩く人などで結構賑やかだ...。

    

 “香雪園”に咲き始めた「マンサク」の花...。まだ満開とまでは行かないが、枝いっぱいの花を咲かせている。「マンサク」は黄金色の花が沢山ついて豊年満作だからこの名がついたともいわれているそうだが、この光景を見ると納得出来る...。この調子では今年は豊年満作が期待出来そうだ...。
   
                             

 ところで、今朝の「エゾリス」...。ガサガサと音が聞こえ、足元を見ると木の根もとでせっせと食事中...。近づいても驚きもせず、逃げもせずに至ってノンビリとした動きは「エゾリス」も春を感じているのかも知れない...。

 

いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

コメント

雪の“香雪園”はモノクロの世界...

2016-03-03 21:12:35 | 見晴公園

 弥生3月・ひな祭り...。この言葉を耳にするだけで春を感じさせてくれるが、今朝の函館は窓を開けると4,5cmほどの新雪で銀世界...。暦とは違ってまだまだ本格的な春は先のようだ...。

  

 積もった雪は湿って雪かきも結構な力仕事、この時期なんだから「ほっておけば消えるんだけどなあ...」と嘆きながら精を出す。その雪かきをしながら「雪の“香雪園”もいいかも...。」と、雪かきもほどほどにして車を“香雪園”に向けて走らせる。さすがにひっそりとしていたが、それでも園内にはカメラ片手の散策、犬を連れての散歩する姿の方も見受けられ、負けずに園内を歩き回った...。

                                 
                                   
 “香雪園”は京都の浄土真宗知恩院の貫首が来函の折に「雪の中に梅香る園」という意味で名付けられたというが、確かに“香雪園”の雪景色は、また格別な味わいを持っている。雪に埋もれひっそりした佇まいを見せている「園亭」...。

  

 40分ほど“香雪園”の新雪を踏みながら歩いたが、白い雪が園内の木々を覆いモノクロの世界を創り出し、それが「風景式庭園」を形成する“香雪園”の雰囲気を醸し出してしくれる...。

いつも応援ありがとうございます。今日も下のマークをクリックし、応援してください。

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ

コメント