日刊魔胃蹴

暑すぎてつらい。

調教での事故が続発・・・。ジョワドヴィーヴルとフィフスペトルが骨折で安楽死。

2013年05月31日 | 競馬
先日の日本ダービーでキズナが優勝し、当日は東京競馬場に約14万人の大観衆を集め、競馬人気の再燃の兆しが見え始めましたが、その矢先で調教中での事故が多発しています。29日には2011年の阪神ジュベナイルフィリーズを制したジョワドヴィーヴルが骨折を発症して安楽死。さらに30日にはフィフスペトルも安田記念の最終追い切りで故障発生し、骨折で予後不良となりました。


ジョワドヴィーヴルは29日、栗東トレーニングセンターのCウッドチップコースの直線に入ったところで故障発生。異変を感じた調教助手がすぐに下馬し、獣医師も駆けつけましたが、左下腿骨開放骨折と診断され横不良。診療所にて安楽死処分となりました。同馬は父・ディープインパクト、母・ビワハイジ、姉・ブエナビスタという超良血馬で、デビュー2戦目の阪神ジュベナイルフィリーズで優勝し、2011年の最優秀2歳牝馬に選出。翌年の桜花賞で6着と敗れた後、右第1趾骨近位骨折を発症し、約10か月間休養。今年2月の京都記念で復帰し、中日新聞杯6着、ヴィクトリアマイルでは4着に入り、6月1日の鳴尾記念(@阪神競馬場)に出走予定でした。通算成績は7戦5勝。

ジョワドの急死から一夜明けた30日、今度は美浦トレセンで悲劇が起こりました。6月2日の安田記念に向けて調教を行っていたフィフスペトルが、ウッドチップコース内の直線で左後肢に故障を発生。馬運車で診療所に運ばれた結果、左第一趾骨粉砕骨折、左第三中足骨複骨折と診断されました。
フィフスペトルは2008年7月に函館競馬場での新馬戦でデビューすると、2戦目の函館2歳ステークスで重賞初勝利。その後、朝日杯FSで2着、NHKマイルカップで5着、2011年にはオープン競走の夏至ステークスを勝つと、京成杯オータムハンデを制して重賞2勝目をマークすると、マイルチャンピオンシップで2着と健闘。最後のレースとなってしまった今月11日の京王杯スプリングカップでは17着と大敗しました。通算成績は28戦5勝でした。


重賞勝ち馬が調教中のアクシデントによる死亡事故が2日連続で起きてしまい、そのニュースを知って驚きと悲痛な気持ちが入り混じっています。特にジョワドヴィーヴルはこの間のVMでは4着だったけど内容がよかったので、復活も見えてきただけにショックとしか言えません。彼女も阪神JFを勝った時はブエナの後継者として期待されていましたが、桜花賞で無念の骨折。ケガさえしていなければ、ジェンティルドンナ、ヴィルシーナと互角の戦いを演じていたと思います。京都記念で実戦復帰後、使い過ぎなところもあったのかな…。
フィフスペトルは、三浦皇成騎手に重賞初勝利をもたらした馬、短距離&マイル路線の常連馬という印象が強いです。GIにも11回も出走し、2着が2回ありました。2歳から7歳まで本当に息の長い競走馬生活でしたねえ。
ウッドチップコースは木片を敷き詰めて舗装された馬場で、クッション性に優れて、本来は脚力の負担を和らげてくれます。なのにウッドチップコースを走って骨折→安楽死する馬がいるんだから、コース自体に何か問題があるのかもしれない?不慮の事故で犠牲になられたジョワドヴィーヴルとフィフスペトルのご冥福をお祈り申し上げます。


にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
 

ホークスが巨人に連勝!前半を7勝5敗で終え、交流戦後半戦へ。

2013年05月30日 | HAWKS

現在2連勝中の福岡ソフトバンクホークスは、29日も東京ドームで読売ジャイアンツと対戦。前日の試合は吉村裕基選手の3ラン本塁打などで、巨人先発・杉内俊哉投手から5点を奪い快勝。交流戦前半戦最後の試合も勝利して、3連勝で東京遠征を締めくくることができたのか?



両チームのスタメンはこちら
  巨人          ソフトバンク
1(遊)坂本勇人     (右)中村 晃
2(中)松本哲也     (二)福元淳史
3(左)亀井善行     (左)内川聖一
4(捕)阿部慎之助    (三)松田宣浩
5(右)長野久義     (中)長谷川勇也
6(三)村田修一     (一)ラヘア
7(一)ロペス        (捕)山崎勝己
8(二)立岡宗一郎    (遊)今宮健太
9(投)澤村拓一     (投)寺原隼人
第2戦はソフトバンク・寺原、巨人・澤村が先発登板。ホークスは対右腕対策として、左打者の中村と福元を1,2番に起用。対する巨人は前日3安打の坂本が1番、亀井が3番、長野を5番に入れ。ロペスが7番降格。立岡が8番セカンドで先発出場。


ホークスは1回、巨人先発・澤村の立ち上がりを攻め立て、先頭の中村が四球を選んで出塁すると、福元の犠打、内川の内野安打で1死1,3塁と先制のチャンスを作ります。松田空振り三振で2死後、長谷川が澤村の5球目のストレートを捉え、左中間へ舞い上がった打球は大きく伸びてスタンド最前列へ飛び込んだ!長谷川の3ラン本塁打でホークスが3点を先取します!
3点の援護を貰ったホークス先発・寺原は、初回に2人の走者を背負いながらも長野をセンターフライに打ち取り無失点。2回と3回は打たせて取るピッチングで3者凡退に抑え、序盤3イニングは巨人に得点を与えません。
4回、ホークスは3つの四球で2死満塁と追加点のチャンスを迎えますが、福元が2塁ゴロに倒れて3者残塁。巨人はその裏、1死走者なしで阿部が初球カーブをすくい上げ、ライトスタンドへのソロ本塁打で1点を返すと、長野と村田の連続ヒットで1死1,2塁。ロペスは三塁ゴロ→2塁封殺の後、ホークス2塁手・福元が1塁へ悪送球。その間にランナーが生還し、3-2と1点差に詰め寄ります。
4回に2点を失った寺原は、5回に2つの四球で2人の走者を背負います。一打同点のピンチの場面で、前の打席で一発を浴びた阿部と勝負。ここはフォークで空振り三振に仕留め、巨人の同点を阻止。勝ち投手の権利を獲得した寺原ですが、6回に先頭の長野をライトフライに打ち取って1アウトを取った後、腰痛を訴えて降板。急遽2番手で登板した藤岡好明が後続をピシャリと抑えて無失点。
ホークスは終盤、7回に藤岡が内野安打の走者を出し、2死1塁で3番手・森福允彦が松本の代打・中井大介をセンターフライに打ち取り3アウト。8回は4番手・千賀滉大が長野から空振り三振を奪い、9回は5番手・岩嵜翔が巨人打線を3者凡退に抑えて試合終了。ホークスが初回の3点を守り切り、アウェーで巨人に連勝しました!


試合結果 セ・パ交流戦 2013/05/29(水)
巨 人-ソフトバンク 2回戦 (ソフトバンク2勝、東京ドーム、18:00、45694人)
H 300 000 000  3
G 000 200 000  2
【投手】
(ソ)寺原、藤岡、森福、千賀、岩崎-山崎
(巨)沢村、笠原、高木京、山口-阿部
【責任投手】
(勝)寺原6試合3勝3敗
(S)岩崎23試合1勝1S
(敗)沢村9試合2勝4敗
【本塁打】
(ソ)長谷川4号3ラン(1回、沢村)
(巨)阿部13号ソロ(4回、寺原)


何とか逃げ切った~!初回に3点を先制した後、4回にホークスが満塁のチャンスで無得点に終わり、その裏に阿部選手のホームランなどで2点を返された時は、流れが巨人に傾いて逆転されるんじゃないかと思われましたが、6回以降ホークス中継ぎ陣が巨人の反撃を退け、3-2で競り勝ちました。敵地・東京ドームで2連勝したのは、2011年以来2年ぶりです。2日連続でセリーグ首位叩きに成功、チームも3連勝で久しぶりの貯金1です!
先発の寺原投手は、6回途中(5回1/3)まで94球を投じ、被安打4・2奪三振・3与四死球・2失点という投球内容。3回までは無失点ピッチングだったけど、4回に阿部選手に一発を浴びたところからリズムを崩して2失点。5回もランナーを背負う場面で阿部選手と再び勝負し、今度は三振でお返ししました。自身2連勝で今季3勝目、成績も五分に戻したけど、腰を痛めてしまったので先発ローテから外れる可能性も出てきました。
打線の方はチーム全体で3安打。初回に長谷川選手のホームランで3点を取った後、2回以降は無得点。6回以降は4イニング連続で3者凡退に終わりました。欲を言えば4回に追加点を取ってほしかったです。決勝3ランを放った長谷川選手は、2試合連続で打点を挙げ、5試合連続ヒットと打撃好調です。
交流戦は前半の12試合が終わり、ホークスは7勝5敗で12球団中4位。2つ白星先行で後半戦を迎えます。エース・攝津投手の投げた試合で2敗しているのが痛いなあ。昨年の沢村賞重賞投手とは思えないほどの不調ぶり、次の登板でも悪い内容で負けたら、2軍で再調整もあり得るだろうな。今後の試合日程は、31日&6月1日に広島東洋カープ、2日と3日に阪神タイガース戦が控えています。広島には敵地で連敗したので、ヤフオクドームで連勝して2勝2敗の五分に戻してほしいですね。




にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
 

ホークス打線が元同僚・杉内を攻略!セリーグ首位・巨人に先勝!

2013年05月29日 | HAWKS

神宮球場での東京ヤクルトスワローズとの2連戦を1勝1敗で終えた福岡ソフトバンクホークスは、28日から東京ドームで読売ジャイアンツとの2連戦がスタート。セリーグを首位でひた走るチームを相手を叩いて、チームも上昇気流に乗りたいところです。初戦はソフトバンク・帆足和幸、巨人・杉内俊哉の左腕対決で始まりました。


両チームの先発はこちら
  巨人          ソフトバンク
1(右)長野久義     (右)吉村裕基
2(中)松本哲也     (二)李 杜軒
3(遊)坂本勇人     (左)内川聖一
4(捕)阿部慎之助    (三)松田宣浩
5(一)ロペス        (中)長谷川勇也
6(左)亀井善行     (一)ラヘア
7(三)村田修一     (捕)山崎勝己
8(二)中井大介     (遊)今宮健太
9(投)杉内俊哉     (投)帆足和幸



1回、吉村凡退の後、李杜軒がレフト線へポトリと落とすヒットを放ち、果敢に2塁を狙ったが、左翼手の好返球の前に憤死。2死後、内川と松田の連続四球で1,2塁となるも、長谷川が空振り三振に倒れ、巨人先発・杉内から先制点が取れず2者残塁。その裏、ホークス先発・帆足が2死から坂本の2塁打、阿部の四球で2人の走者を背負いますが、ロペスを2塁フライに打ち取り、無失点で切り抜けます。
ホークス打線は2回にラヘア、山崎、今宮の3人が全て三振に倒れ、3回も3者凡退に終わります。ホークスは長谷川から帆足まで杉内の前に5者連続三振を喫してしまう。一方、帆足は2回と3回に巨人打線を3者凡退に打ち取り、3回まで無失点の好投。
両チーム無得点で迎えた4回、ホークスは先頭の内川がセンター前ヒットで出塁すると、続く松田もセンター前ヒットで無死1,2塁と一打先制のチャンスを作ります。このチャンスをモノにしたい場面で、長谷川が杉内のスライダーを弾き返してライト前ヒット。2塁走者・内川が本塁へ突入するが、巨人右翼手・長野のレーザービームに阻まれて憤死。なおも1死1,3塁でラヘアが初球を打ち上げてライトフライ。3塁走者・松田がタッチアップし、長野が再び本塁へ送球したが、松田が先にホームイン!ラヘアの犠牲フライでホークスが1点を先制します。
6回、四球を選んだ内川が、長谷川の場面で2塁への盗塁を成功させ、2死2塁で長谷川が杉内の3球目のストレートをレフト方向へ流し打ち。打球は三遊間を破ってレフト前タイムリーヒット。2塁から内川が生還し、ホークスに2点目が入ります。7回には山崎の2塁打、帆足の代打・柳田悠岐の四球で2死1,2塁の場面で、吉村が杉内の初球スライダーをジャストミート!ライトへ上がった打球はぐんぐん伸び、そのままスタンドへ吸い込まれる!吉村の値千金3ラン本塁打が飛び出し、ホークスに大きな3点が追加して5-0と巨人を突き放します。
その後、7回裏から2番手で登板した千賀滉大が2イニングを無失点に抑え、9回は3番手・岩嵜翔が巨人クリーンナップをわずか7球で3者凡退に仕留めて試合終了。ホークスが巨人先発・杉内を攻略し、5-0で巨人に快勝しました!


試合結果 セ・パ交流戦 2013/05/28(火)
巨 人-ソフトバンク 1回戦 (ソフトバンク1勝、東京ドーム、18:01、45231人)
H 000 101 300  5
G 000 000 000  0
【投手】
(ソ)帆足、千賀、岩崎-山崎
(巨)杉内、笠原、青木-阿部
【責任投手】
(勝)帆足7試合3勝1敗
(敗)杉内9試合3勝3敗
【本塁打】
(ソ)吉村5号3ラン(7回、杉内)


東京ドームでの巨人との初戦は、ホークス打線がかつてのチームメイトだった杉内投手から5得点を挙げ、先発の帆足投手→千賀→岩嵜の投手リレーで巨人打線を沈黙。投打がかみ合ったホークスが5-0で勝利しました。アウェー2連戦の初戦を勝ったのは大きいですねえ。ホークスは26日のヤクルト戦に続き、2試合連続完封勝利。2連勝で勝率を5割に戻しました。5割復帰→すぐに負け越すんじゃなく、そろそろ貯金を始めた方がいいんじゃねえのか?
この日の先発の帆足投手は、6回まで95球を投じ、被安打3・1奪三振・1与四死球・無失点という投球内容。強力な巨人打線を相手に凡打の山を築き、ピンチらしいピンチは4回のみ。坂本選手に3本のヒットを許しましたが、それ以外は完璧でした。杉内投手との投げ合いを制して今季3勝目をマークしました。巨人戦にぶつけ、しかも相手が杉内だから勝てる要素がないんじゃないかと思いましたが、よく投げ勝ちました。2番手で登板した千賀投手は、この日も無失点ピッチングを見せ、防御率も0.94点といつの間にか0点台になりました。この調子でいけば、オールスター選出も夢ではないかも。
打線の方は杉内投手の前に11三振を喫しましたが、チーム全体で7安打5得点。久々に4番に入った松田選手は、この試合4打数1安打。4回にセンター前ヒットで出塁すると、ラヘア選手の犠牲フライで先制点のホームを踏みました。1安打だった内川選手は、6回に二盗を決め、自らの盗塁が追加点に繋がりました。そして左投手対策として1番に抜擢された吉村選手は、7回の第4打席で杉内投手から今季5号3ラン本塁打を放ちました。自身の本塁打は5月12日の熊本での西武戦以来となります。
29日は巨人・沢村拓一、ソフトバンク・寺原隼人の先発で行われます。交流戦前半戦最後の試合に勝って、3連勝で貯金1としたいところ。次の試合も勝てば、後半戦に弾みがつきそうな予感!




にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
 

ダイスケはん&ナヲのギンギラギンにさりげ肉 2013.4.20~4.26 PART2

2013年05月28日 | マキシマムザホルモン
4月20日~26日放送分のギン肉の前半部分は、先月メジャーデビューを果たした「SiM」からのメッセージが紹介されましたが、コメントが流れる前にダイスケはんが「SiM」用の原稿が書かれてあった裏紙を発見し、ナヲちゃんもその話を知ってドン引き。メール紹介では、船橋市のサンタさんの奥様の寝言ネタが読まれ、サンタ妻は真っ暗の中で『まっぶしい』と叫んでいたらしい。PART2もリスナーからのメールが続々と紹介されまーす。


②東京都大田区・カサカササカスさん
無事28歳になりました」はい。おめでとうございます。
「おススメアプリのコーナーです。『みつをメーカー』これは、自分で書きたいものを『にんげんだもの』で有名な相田みつをさん風の文字で書いてくれるというものです。お試しください」

ビタミンたっぷりの愛妻の丘からBOWBOWさんこれがラジオネームです!「愛妻の丘」=群馬県嬬恋村在住でしょうか?
「いつも毎週楽しく聴いています。この前の放送で、Facebookで成りすましの話を聞きました。以前、commで色んな人を探しているときに、『川北奈緒』と入れたなりすましと思うナヲさんが出てきました。他にも『川北亮』と調べたら、またしても成りすましの亮君が出てきました。コメントしてみると返ってきませんでした。他にもいるかもしれないので、検索し続けたいと思います。それでは」
以前の放送でFacebookにダイちゃんの成りすましがいる事に、ダイスケはん本人が怒っておりました。ホルモンメンバーの成りすましが他のSNSにもいるなんて許せませんね~。ナヲちゃんが「commって何?」と尋ねると、ダイちゃんが「吉高由里子がCMをやってた。カカオトークみたいなんでしょ?DeNAの」と返答。そう、commとはDeNAの無料通話アプリなんです。「DeNA.com♪」それを言うなら「DMM.com」ですよナヲちゃん。

④岐阜県美濃市・チューチューラブリーイソフラボンさん
「ダイスケはん、ナヲ姉さん、おはこんばんちは!ゾクッ・ヒヤッとする話です。
私がヒヤッとするアクションは、ラーメンを食べているときに器の端に傾けて置いていたレンゲが、スーッと汁の中に沈みそうになる時です。コレ本当にヒヤッとします。」
ラーメンのレンゲごときでヒヤヒヤする人はあなただけだと思います…。

⑤広島県・「アバラ・ボビー」さん
「ヒヤッ、ゾクッとなる言葉は『飛行機に乗る前の検査』」 要は手荷物検査ですね。そんなにゾクッとしないけどな。

⑥横浜市・腹ノフケント君
「ダイスケはん、ナヲちゃん、おはこんばんちは。最近スケボーを買った腹ノフケント君です。
遂に『マンガコーナー』が復活したことを小耳チャンネルからキャッチしました!早速僕のおすすめのマンガですが、『四月は君の嘘』というマンガです。2012年の漫画大賞のノミネート作品で、子供のころ天才ピアニストだった主人公が、母親の死後ピアノの音色が聞こえなくなってしまいます。主人公が中学生になり、あるバイオリニストの女の子の出会いから音楽の世界に無理矢理引き戻され、再度ピアノと向き合うという話です。まだ5巻しか出てないので、面白いのでぜひ読んでみてください」
「四月は君の嘘」は講談社の「月刊少年マガジン」に掲載されている作品です。タイトルからして少女漫画と間違う人も多いんじゃないかと思いますが、少年漫画の部類に入っています。

⑦富山県黒部市・ゆうさん
マンガ部略してマンブの皆様おはこんばんちは。私がおススメするのはアラサーではなくアラフォー女子漫画で、西炯子さんの『娚の一生』『姉の結婚』です。主人公のパイオツが「こんなん漫画やわぁ~」というくらい綺麗に描かれております既に読まれていたらすいません。他には松本大洋さんの『sunny』が小憎たらしいほど切ないです、3冊とも爆発的な面白さとは違うんですが、じわ~っと来ます。
関係ないですが、地獄絵図のジジババ楽しみにしています。『ますのすし』持って勝手にSoul Power(ライブハウス)の前で待ってます」
最初に紹介された「甥の一生」は、「甥」と書いて「おとこ」と読みます。「パイオツ」しか説明されていないので、内容が掴めないのが残念です。「アラフォー女子漫画」というから、かなり濃厚な作品になってるんじゃないでしょうか?

⑧吹田市・ホンピさん
「おすすめのがあります!それは、『スイッチガール』という少女マンガです。主人公は女子校生で、学校ではオシャレで人気者なんですが、家ではダサダサの服でいたり、実はくさやが大好物だったりのONとOFFの切り替わりが面白いです。その作者は昔にホルモンのライブに行ったらしく、『ピョンピョン飛び過ぎて途中でおしっこに行った』というエピソードが漫画に書いてありました。まだ読んでなければぜひ読んでみてください」
「スイッチガール!!」はテレビドラマ化もされていて、「ピカルの定理」に出演している西内まりやさんが主人公役を務めています。2011年11月に「シーズン1」、昨年12月には「シーズン2」がフジテレビTWO(CSテレビ)で放送され、今年春には地上波でもON AIRされました。余談ですが、下ネタがキツいなど少女漫画とは思えない内容が描かれているため、「子供に読ませたくない少女漫画」のワースト3位」にランクイン…。

⑨東京都町田市・しゅんさん
「ギン肉マンガ部のコーナーに投稿しま~す。最近僕がハマった漫画は、『我妻さんは俺のヨメ』という週刊少年マガジンに連載されている作品があります。内容は、冴えない高校生の主人公・青島等が、成績優秀で美人のクラスメイトである我妻さんという子に叶わぬ恋をするのですが、なんとタイムスリップすると、未来では自分のお嫁さんになっていて、それを実現するために日々奮闘するという内容なのですが、実は少しではありますがマキシマムザホルモンの単語が出てきたのです。カラオケでホルモンさんのあの名曲が歌われていたり、写真を撮るときあの定番ポーズが使われていたりと腹ペコの人にもおススメしたいです!
P.S. ツイッターで亮君がスタジオでペヤングを食べながら何やらレコーディングらしき画像が載っていましたが、6年半ぶりのアレは完成間近なのでしょうか?楽しみにしています」

⑩千葉県船橋市・サンタさん(2回目)
「最近はなかなかヒットはないんですが、その中でも最近ハマっているのが、特に男子におススメなのが『キングダム』という中国の歴史漫画で、三国志よりも前の話の漫画があります。これはめちゃめちゃ人気があります」
キングダムは週間ヤングジャンプで連載されている超人気漫画です。他にもビッグコミックスピリッツで連載中の野球漫画「ラストイニング」、バレーボール漫画「ハイキュー!!」という漫画も紹介されました。
その続きで、「もともと裏サンデーのネットの漫画で流行ってコミック化された『ワンパンマン』という漫画もおススメです。ヒーロー漫画で、ヒーロ-を目指す主人公が宇宙一強く、出てくる怪獣をワンパンチで倒すギャグ漫画です
タイトルからして「アンパンマン」の捩りである「ワンパンマン」は、作者のONEさんがWEBコミックサイトで連載を始め、その後に村田雄介さん(漫画家)が『となりのヤングジャンプ』でリメイク化。現在でもONEさん自身のHPでオリジナル版が掲載されています。

というわけで、今回のメールはリスナーからのおススメの漫画がたくさん紹介され、その中でもダイちゃんは「我妻さん~」に興味を示しておりました。注目漫画が溜まり次第、ギン肉マンガ部の活動が本格化しそうな予感。

リクエスト曲「ロックンロール・チェーンソー」の後も、短めのメールを紹介。
⑪長野県飯田市・唇の民さん 「ホルモン大好き!」 以上です!シンプルイズベストですねー。そんなわけで、今回はこれにておしまいっ!




にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
 

キズナ末脚炸裂で80代目のダービー馬に!武豊はダービー最多の5勝目!

2013年05月26日 | 競馬

日本競馬の祭典・第80回日本ダービー(東京優駿 GI・芝2400m 18頭立て)が26日、東京競馬場で行われました。2010年生まれのサラブレッド7197頭の頂点をかけ、優駿18頭が出走した今年の日本ダービーは、朝日杯&皐月賞馬⑧ロゴタイプ、皐月賞からの巻き返しを狙う⑨エピファネイアと②コディーノ、毎日杯&京都新聞杯で重賞2連勝中の①キズナ、他にもNHKマイルカップとの2冠を狙う⑬マイネルホウオウ、青葉賞馬⑦ヒラボクディープ、プリンシパルステークスの勝ち馬⑫サムソンズプライド、共同通信杯を勝った⑤メイケイペガスター、⑩タマモベストプレイなどが参戦しました。


レース直前の単勝の上位人気は、1番人気がキズナ(2.9倍)、2番人気がロゴタイプ(3.0倍)、エピファネイア3番人気(6.1倍)。4番人気以降はコディーノ(7.1倍)、ヒラボクディープ(20.7倍)、メイケイペガスター(27.6倍)、マイネルホウオウ(37.3倍)、③アポロソニック(61.6倍)と続きました。
スタンド前からのスタートで、キズナ、ロゴタイプ、エピファネイア、コディーノの有力勢は揃って好スタート。メイケイペガスターはやや遅れ気味。注目の先行争いは、サムソンズプライドがアポロソニックをかわすが、アポロも食らいついて2頭並ぶような感じでゴール板通過。ロゴタイプは4番手、コディーノ6,7番手付近、エピファは中団の位置、キズナは後方に下げて1コーナーを回りました。
1,2コーナー中間点のところで、アポロソニックが先頭、サムプラ2番手、離れた3番手にフラムドグロワール、内側4番手に⑯ペプチドアマゾン、その後ろの5番手にロゴタイプがつけている。向正面に差し掛かり、ペガスターが外からスーッと進出し、一気に先頭まで浮上。7番手④クラウンレガーロ、8番手⑱ミヤジタイガ、中団グループにはコディ、エピファ、ベストプレイ、ヒラボクディープが控えている。中団より後ろにはホウオウと⑥ラブリーデイ、キズナは15番手で追走し、⑪テイエムイナズマ16番手、後方は⑰レッドレイブンと⑭アクションスターという展開。
3コーナーを回り、残り1000m付近でエピファネイアがバランスを崩すが、なんとか福永祐一騎手持ち直した。そんな中、先頭がメイケイペガスターに代わり、アポロが2番手、ペプチドが単独4番手に上がり、ロゴタイプは6番手。コディーノとエピファネイアもまだ中団。キズナはまだ馬群の後ろ。脚力はまだ溜めたまま。先頭を行くアポロソニックとメイケイペガスターは早くも4コーナーから最後の直線に入り、残り500mでアポロが先頭に立つ。ロゴタイプは真ん中に持ち出し、ペプチドやエピファ、コディも好位で追い上げ、キズナは大外から届くのか!?残り200mでペプチドアマゾンとロゴタイプがアポロソニックに迫り、さらにはエピファネイアとキズナもやってきて、先頭争いは横一線!残り100mでエピファが先頭に躍り出るが、外から伸びてきたキズナが一気に捉えてゴールイン!鮮やかに、そして豪快に差し切ったキズナ、末脚一閃でダービーを制しました!!


全着順&払戻金
1着①キズナ            2分24秒3
2着⑨エピファネイア         1/2馬身
3着③アポロソニック         1馬身1/4
4着⑯ペプチドアマゾン         ハナ
5着⑧ロゴタイプ            ハナ
6着⑪テイエムイナズマ        3/4馬身
7着⑥ラブリーデイ           クビ
8着⑩タマモベストプレイ        ハナ
9着②コディーノ            1/2馬身
10着⑮フラムドグロワール        アタマ
11着⑤メイケイペガスター        クビ
12着⑰レッドレイヴン          アタマ
13着⑦ヒラボクディープ         3/4馬身
14着⑭アクションスター         1/2馬身
15着⑬マイネルホウオウ          クビ
16着④クラウンレガーロ         3馬身1/2
17着⑫サムソンズプライド        クビ
18着⑱ミヤジタイガ           3馬身

単勝 ① 290円        
複勝 ① 160円  ⑨ 240円  ③ 960円
枠連 〈1〉-〈5〉 690円        
馬連 ①-⑨ 970円  
馬単 ①-⑨ 1600円
ワイド ①-⑨ 460円 ①-③ 2630円 ③-⑨ 4470円        
3連複 ①-③-⑨ 17130円        
3連単 ①-⑨-③ 54950円


記念すべき80回目のダービーを制したのは、2005年のダービー馬ディープインパクトの子・キズナでした。直線で大外から追い込み、ゴール前でエピファネイアを捉えて差し切り勝ち。単勝1番人気の支持にしっかりと応え、7197頭の頂点に登り詰めました。2着に終わったエピファネイアは、3コーナー辺りで躓いて落馬しそうになるも持ち直し、残り100mで一旦は先頭に立ったけど、キズナに差されて半馬身差で敗れました。福永騎手も「勝った!」と思っただけに、さぞかし悔しかったでしょう。福永家の悲願成就は一体いつになるのか?
皐月賞との2冠を狙ったロゴタイプは5着。好位にいながらも抜け出せず。2400mでは長かったようだ。コディーノは伸び切れず9着。藤沢和雄厩舎は今回3頭出しで挑みましたが、残り2頭はフラムドグロワール10着、レッドレイヴンは12着と惨敗。NHKMC馬のマイネルホウオウは15着に終わりました。
優勝したキズナに騎乗した武豊騎手は、2005年以来のダービー制覇で通算5勝目。自身の持つダービー最多勝記録を更新しました。2005年にディープインパクトに騎乗して優勝、その8年後にその息子の馬に乗って優勝。同一騎手による父仔制覇は、ダービー80年の歴史で初めてとなります。先週は弟・幸四郎騎手がオークスを勝ち、今週は兄が続きました。2週連続で武兄弟がGI勝ちって素晴らしいですね~。管理する佐々木昌三調教師は、厩舎開業20年目でクラシック初勝利&同レース初制覇。また、ディープインパクト産駒は昨年のディープブリランテに続き、ダービー連覇達成です。
ダービー馬となったキズナは、2走前の毎日杯、前走・京都新聞杯、そして今回の日本ダービーで重賞3連勝。初めての左回り、相手が皐月賞組、長距離輸送と不安要素がありましたが、それらを一気にひっくり返してしまいました。ユタカ騎手の好騎乗も見事だったと思います。最後の直線で末脚を炸裂させたシーンは、先日の京都新聞杯の再現、いや8年前の父親を彷彿とさせ、先頭でゴールした瞬間は本当に鳥肌が立ち、感動してしまいました!今まで見てきたダービーの中で、最高のレースだったと思います。
この秋の目標は「凱旋門賞」に挑戦するプランがあり、既に登録を済ませています。オルフェーブル、ジェンティルドンナとの対決がフランスで実現したら、見ないわけにはいかないでしょう。凱旋門賞は3歳馬の斤量が軽くなるから、日本勢初優勝も期待できそう。とにかく、80代目のダービー馬の今後の動向にも要チェックですね。


オークス&ダービーの3歳牡牝の大レースが終わり、来週・6月2日は上半期の古馬マイル王決定戦・安田記念が行われます。マイルチャンピオンシップの勝ち馬・サダムパテック、GI2勝で前哨戦のマイラーズカップを勝ったグランプリボス、巻き返しを図るカレンブラックヒル、ヴィクトリアマイルで悲願のGI初制覇を果たしたヴィルシーナ、さらにスプリントGI3勝のロードカナロアがマイルに挑戦。そして香港からグロリアスデイズとヘレンスピリットの2頭が参戦します。他にも京成杯スプリングカップを勝ったダイワマッジョーレ、ダークシャドウとショウナンマイティの「中距離組」も登録しています。GI馬と中距離重賞の勝ち馬が参戦し、豪華メンバーとなりそうだから非常に楽しみな一戦となるでしょう。



にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
 
トラックバック (8)

ダイスケはん&ナヲのギンギラギンにさりげ肉 2013.4.20~4.26 PART1

2013年05月25日 | マキシマムザホルモン
マキシマムザホルモン ダイスケはん&ナヲの
ギンギラギンにさりげ肉っ!!



4月20日~26日放送分の今回は、オープニングで「ダメだこの番組は!」とダイスケはんがいきなり怒っています。ダイちゃんは収録前、今回放送分のメールをチェックしていたら、謎の裏紙を見つけ、一応めくってみると、この後告知コメントで登場する「SiM」の原稿のフォーマットでした。そのメモにはMAHさん(ボーカル)が喋る内容、流す曲が記載されてあったという。本来ならばコメントの後に話すつもりだったけど、敢えて紹介前に暴露。ナヲちゃんもこの件に「ひどい!」と憤慨されていました。ナヲちゃんは先日、SiMとたまたま顔を合わせた時、メンバーから「この間FM大阪でコメント録りましたんで」と言われたそうです。

そんなわけで、SIMのメッセージを聴くことに。
「マキシマムザホルモンのギンギラギンにさりげ肉をお聴きのみなさん、そしてダイスケはん、ナヲちゃん、おはこんばんちは~ん!」「SiMでーす!」×4自己紹介のあいさつ、メンバー全員重苦しいぞ…。
SiMはホルモンと何度もライブで顔をあわせていますが、初めてホルモンに誘われたのは2009年で、その時はドラム・GODRi さん(ゴリと読む)、SINさん(ベース)がまだ加入していませんでした。マネージャーの「ホルモンからオファーが来たよ」の一言を聞いたとき、SHOW-HATE (ショウヘイト ギター担当)さんは「ウソつけ。ホルモンが俺らの事を知ってるわけないでしょ」と思っていましたが、ホルモンが出演するイベントのオファーを受諾。初めて出会った時の第一印象は、「良い先輩ですよ。特にダイスケはんとナヲさんはね」とホルモンをヨイショ。ナヲちゃんを「カワイイ」と言ったSINさんに、「セフレ(SEXフレンド)にしてもらえばいい」と命令。ナヲちゃんは旦那さんもいるし、子供もいるぞ!
そんなSiMは、今年4月3日に最新シングル「EViLS」をリリース。この曲はユニバーサルミュージックから発売され、結成9年目にで悲願のメジャーデビューを果たしました。メジャー移籍記念&新曲発売を記念して、47都道府県のライブハウスを回る全国ツアーが現在実施中。7月には全国5大都市での追加公演も行われ、7月21日のSHIBUYA-AX公演でツアーファイナルを迎えます。実に3か月以上のロングランツアーだ!

SiMのコメントを聞いたダイスケはんとナヲちゃんは、「びっくりしたわ~!若手のSiMとは思わなかったわ~!」と驚いてました。ホントは知ってたくせに。「今はもうSiMの時代じゃないですか?」とナヲちゃんが言うと、「時代はTIMじゃないです。SiMです」TIMはまだまだ頑張ってます!TIMは競馬中継の司会をやってます!「俺たちS・i・M!」今度この番組でコメントかゲストで来た時、やってくれないかな?
ホルモンとSiMが初共演したのは、「MTV LIVE JAPAN TOUR'09 SPRING 」の金沢公演の時で、SHOW-HATEさんは現在より20キロ以上も太っていたそうです。それから2年後の2011年、東日本大震災復興支援ライブ「とどのつまり東日本」でSHOW-HATEと再会した時、ナヲちゃんが「こいつ誰やねん?スタッフかな?」と激ヤセしたSHOW-HATEさんに気付かなかったという。20キロ太っていた時もバンバン動けて、ホルモンのような「動けるデブ」だったんですが…。
ホルモンのベース・上ちゃんとSiMベース・SINは、バンド仲間から「上ちゃんシンちゃん」と言われるほどの仲良しで、上ちゃんの趣味のクライミングをSINさんも始めていたらしい。


SiMの告知コメントの後は、リスナーからの「絆」メール紹介でございます。今回も溜まりに溜まったメールをたっぷりと紹介。
①千葉県船橋市・サンタさん
「ナヲさん、ダイスケはん、おはこんばんちは!みんなから『サンちゃ~ん!』と呼ばれているサンタです!お2人もそうお呼び下さい」
これからは私も「サンちゃん」と呼ばせていただきます。サンタさんに敬意を込めまして。
「さて、そろそろ飽きられてると思いますが一応送らせていただきます『奥様の寝言シリーズ』でございます!なかなか期待しても出てこないのですが、久々に昨晩出ました!嬉しかったので一応投稿させていただきます。」
お待たせしました。サンちゃんの奥様がまた変な寝言をほざいたみたいで…。
「夜中3時ごろ、最近なぜか夜中にトイレに一度起きてしまうのですが、トイレから帰ってきて寝ようとした瞬間奥様がいきなり『まっぶしっ!』と言いながら手を前に突き出し、『いっちゃん、まぶしいわ!』とはっきりとした口調で言いました。あまりにも急に、しかもはっきりと言葉を発したものだから、自分も『えっ!?もう朝?』と勘違いし、『いやいや、真っ暗だし…』と納得しました。
『いっちゃん』とは、もうすぐ2歳になる娘のことで、最近何かをやるとマネをするようになったので、奥様はたぶん『まぶしい』の言葉と動作を夢の中で教えていたのではないかと思います。最近気がついたのですが、疲れていると寝言が出るようなので、この3日間子供が39度の熱を出し、看病をしていたので、疲れていたのではないかと思います。ナヲ姉の旦那さんも疲れているのではないですか?それでは新作が出たらまたご連絡します。」真っ暗の中で「まぶしい~!」と大きな寝言を出されると、めっちゃびっくりしますわー。サンちゃんの奥様、またしても強烈な寝言を残して下さいましたねー。「いっちゃん」もちゃんと「まぶしい」という単語を言えるかな?
寝言ネタを送ってくれるサンちゃん夫妻のために、ナヲちゃんが「寝言アプリ」を紹介。「快眠の森」というアプリは、本来は自分の睡眠状態を調べるものだけど、自動録音された寝言が文字化される機能もあります。ナヲちゃんも実際に使っていて、「うーん、ブルーできる」が録音されていました。アプリ内で録音されたものを流してみたけど、なぜかせき込む音しか聞こえませんでした。咳込んでいるのに「ふっ、デッサン」とか「ふっふっブック」と文字化されることも。なんでこうなるの!?  PART1終わり…。後半へ続く。



にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
 

さあ世代の頂点へ!第80回日本ダービー枠順発表!

2013年05月24日 | 競馬
5月26日に東京競馬場で行われる第80回日本ダービー(東京10R GI・芝2400m)の枠順が23日に発表されました!皐月賞との2冠&GI3連勝を狙うロゴタイプ、巻き返しを図るコディーノとエピファネイア、重賞2連勝中のキズナ、NHKマイルカップとの変則2冠に挑むマイネルホウオウなどが参戦する今年のダービー、気になる枠順はこうなりました。




1-1 キズナ       (武豊)
1-2 コディーノ     (C.ウィリアムズ)
2-3 アポロソニック   (勝浦正樹)
2-4 クラウンレガーロ  (三浦皇成)
3-5 メイケイペガスター (藤田伸二)
3-6 ラブリーデイ    (川田将雅)
4-7 ヒラボクディープ  (蛯名正義)
4-8 ロゴタイプ     (C.デムーロ)
5-9 エピファネイア   (福永祐一)
5-10 タマモベストプレイ (和田竜二)
6-11 テイエムイナズマ  (幸英明)
6-12 サムソンズプライド (田辺裕信)
7-13 マイネルホウオウ  (柴田大知)
7-14 アクションスター  (戸崎圭太)
7-15 フラムドグロワール (北村宏司)
8-16 ペプチドアマゾン  (藤岡康太)
8-17 レッドレイヴン   (内田博幸)
8-18 ミヤジタイガ    (松山弘平)

例年通りフルゲート18頭立てで争われるこのレース、キズナが最内枠の1枠1番に入り、コディーノは隣の1枠2番。ロゴタイプは4枠8番、エピファネイアは5枠9番に入りました。そのほか、NHKMCを制したマイネルホウオウは7枠13番、青葉賞馬ヒラボクディープは4枠7番、プリンシパルステークス覇者サムソンズプライドは6枠12番、共同通信杯馬メイケイペガスターは3枠5番に入りました。

ロゴ、エピファ、コディ、キズナの「4強対決」の予感が漂う今年のダービー。その中でもキズナとコディーノは絶好枠を引き当てました。特に1枠1番は過去10年で3勝、2011年には2着にも入っています。最近のダービーは内枠有利だから、1枠の2頭が馬券に絡んでくる可能性もあるでしょう。
キズナは京都新聞杯で見せた衝撃の末脚で完勝し、ダービー有力候補に浮上。調教でも22日の最終追い切りで併せ馬に2馬身先着し、ラスト1ハロンが12.4秒の好タイム。好調維持でダービーに臨むようですが、エピファネイアに直接対決で2敗していて、弥生賞ではエピファとコディに負けている。それに東京コースというより左回り未経験。長距離輸送をできればいいんですが…。
2冠制覇を目指すロゴタイプは、クリスチャン・デムーロ騎手とのコンビで参戦。現在4連勝中、当日も1番人気に支持されるだろうと思います。ただ、今回は簡単に勝てない気がします。まず「乗り替わりは勝てない」というジンクスがあり、弱冠20歳のクリスチャン騎手はダービー初騎乗。先日のオークスでもいいところがなかったからなあ…。府中経験はあるけど、どうも中山巧者のイメージが強い。レコード勝ちした皐月賞の反動が出る恐れもありそう。優勝か惨敗かどっちかになるだろう。
コディーノは今回、主戦を務めた横山典弘騎手からウィリアムズ騎手に乗り替わり。藤沢和雄厩舎はこのダービーに②コディーノ、⑰レッドレイヴン、⑮フラムドグロワールの「3頭出し」で挑みます。23日には異例ともいえる東京競馬場での追い切りを実施。ダービー初制覇に燃える藤沢軍団は本気だ。①6戦して3勝、全て3着以内と安定した成績、②府中経験があるという良い点があるけど、乗り替わりが吉と出るか凶に出るか。
クラシック前は主役候補と言われていたエピファネイアは、大一番で父・シンボリクリスエス、母・シーザリオの良血が開花するか期待されていますが、直前になってソエ(前脚にできる骨膜炎)を発症。脚部不安で嫌な予感プンプン。それに左回り未経験なんですよね。父は2002年のダービーで2着。息子は父の無念を晴らせるか?

2010年に生まれたサラブレッド7197頭の頂点を決める一戦まであと3日。レース当日の天気はは晴れ、良馬場で行われそうです。記念すべき80代目のダービー馬に輝くのは?運命の決戦は15時40分ごろに発走です。



にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
 
トラックバック (1)

寺原今季2勝目&松田グランドスラムで横浜DeNAに快勝!交流戦3連勝で勝率を5割に戻す!

2013年05月23日 | HAWKS

交流戦6試合で3勝3敗、現在12球団中6位の福岡ソフトバンクホークスは、22日と23日の2日間本拠地・福岡ヤフオクドームで横浜DeNAベイスターズと対戦します。DeNAは現在セリーグで3位、主砲・ブランコが20本塁打とセリーグ本塁打王を独走中。さらには昨季までホークスに在籍した多村仁志選手も古巣に復帰。DeNA強力打線を相手にホークス投手陣はどう立ち向かう?



両チームのスタメンはこちら
  ソフトバンク        横浜DeNA
1(一)中村 晃       (中)荒波 翔
2(二)福元淳史      (二)内村賢介
3(左)内川聖一      (右)金城龍彦
4(指)ラヘア        (一)ブランコ
5(右)長谷川勇也     (三)中村紀洋
6(三)松田宣浩      (指)ラミレス
7(中)柳田悠岐      (左)多村仁志
8(捕)山崎勝己      (遊)山崎憲晴
9(遊)今宮健太      (捕)城俊人
 (投)寺原隼人      (投)鄭凱文(ゼン・カイウン)
初戦は、ソフトバンクが2007~2010年までの4年間横浜でプレーしていた寺原隼人、対するDeNAは阪神から移籍の鄭凱文が先発しました。


1回、ホークス先発・寺原はDeNA先頭の荒波に対し、スライダーが外角高めに抜けるも、空振り三振を奪い1アウト。続く内村を2塁ゴロ、さらに金城にも2塁ゴロに打たせ、上位打線を3者凡退と上々の立ち上がり。ホークスはその裏、先頭の中村が四球を選ぶと、福元の場面で2塁盗塁を成功させる。1死後、内川とラヘアの四球で満塁とします。長谷川が遊撃インフィールドフライで2死後、松田がDeNA先発・鄭凱文の3球目のスライダーを捉えます!レフトへ上がった打球は大きく伸びてスタンドイン!松田の満塁ホームランでホークスが4点を先制!
味方から大きな援護点を貰った寺原は、2回以降もDeNAを翻弄し続けます。2回にはブランコを空振り三振に仕留め、中村ノリ、ラミレスを内野ゴロに打ち取り3者凡退。3回は下位打線を打たせて取るピッチングで3者凡退に退け、序盤3イニングを終えてパーフェクトピッチング。迎えた4回、荒波に四球を与えて初めてランナーを背負うと、内村にセンター前ヒットを浴びて無死1,2塁とピンチを背負います。この場面で金城を遊撃ゴロ→今宮3塁送球で荒波封殺。続くブランコをライトフライに打ち取り、2死1,3塁で中村ノリを3塁ゴロに打ち取って3アウト!無死1,2塁のピンチを0点で凌ぎます。
追加点を取りたいホークスですが、2回から4回まで鄭凱文の前にヒットが出ず。迎えた5回、先頭の今宮が死球で出塁すると、中村晃の場面で二盗を決め、さらに中村晃の2塁ファウルフライの間にタッチアップして3塁進塁。1死3塁と追加点のチャンスで、福元が初球を打ち上げてセンターへの犠牲フライ。ホークスがノーヒットで追加点を挙げ、5-0とリードを拡げます。
先発の寺原は6回までDeNA打線をわずか1安打無失点に抑える好投を続けますが、7回に先頭のブランコにセンターへの2塁打を許すと、自らの暴投で無死3塁とピンチを招きます。そして中村ノリにストレートを弾き返され、ライト前タイムリーを浴びて1点を失ってしまいます。なおも無死1塁の場面でラミレスを迎えますが、遊撃ゴロ併殺打で2死。その後、四球の走者を出すも、山崎憲を空振り三振に切り取り3アウト。寺原は7回を投げ切ったところでマウンドを降りました。
5-1と4点差に詰め寄られたホークスは7回裏、1死から山崎勝がセンターへの3塁打を放つと、続く今宮がDeNA2番手・福田岳洋の6球目の直球を弾き返してライト線を破るタイムリー2塁打で6点目。なおも2死3塁で途中出場・本多雄一が変化球を叩きつけ、センター前タイムリーでさらに1点追加。この回2点を追加し、7-1と突き放します。8回以降は中継ぎが登板し、8回に2番手・岩嵜翔、9回は3番手・ファルケンボーグが3つのアウトを全て三振で奪い試合終了。ホークスが7-1でDeNAを下して3連勝を飾りました。


試合結果 セ・パ交流戦 2013/05/22(水)
DB 000 000 100  1
SH 400 010 20X  7
【投手】
(D)鄭、福田、大田-高城、鶴岡
(ソ)寺原、岩崎、ファルケンボーグ-山崎
【責任投手】
(勝)寺原5試合2勝3敗
(敗)鄭2試合2敗
【本塁打】
(ソ)松田5号満塁(1回、鄭)


今回の試合は、初回に3四球から松田選手のグランドスラムで4点を先取すると、5回には死球で出塁した今宮選手が好走塁が追加点に繋がり、福元選手の犠牲フライで1点追加。5回までわずかヒット1本で5点も取れるとはねえ。先発の寺原投手も7回まで1失点の素晴らしいピッチングを見せてくれました。ホークスはこれで3連勝で勝率5割に復帰。交流戦も4勝3敗と白星先行です。ホームでの試合は負けないし、得点も上手く取れてます。う~ん、いい感じだぜ。
先発の寺原投手は、7回まで111球を投げ、被安打3・7奪三振・3与四死球・1失点という内容。5月1日の西武戦以来となる白星で今季2勝目となりました。強力なDeNA打線を相手に3回までパーフェクト、6回まで1安打と3塁を踏ませないピッチングを見せましたが、7回にブランコ選手の2塁打と暴投が重なり、中村ノリ選手にタイムリーを浴びてしまいましたが、失点はこの1点のみでした。寺原投手はオリックスに在籍していた2011年に横浜相手に2勝しているから、古巣・ベイスターズとの相性は良いみたいですね。
打線の方はチーム全体で5安打。複数安打を記録した選手はいません…。初回に先制の満塁本塁打を放った松田選手は、打席に立つ前はとても緊張されていたようで…。2死満塁からのグランドスラムは非常に大きかったですね。もし三振で終わっていたら、今回の試合は負けていたと思います。2日前の中日戦で2安打1打点、最近4試合で2本塁打と打撃も復調の兆しが見えてきたかも?
今宮選手は2得点に絡む活躍。5回には2塁ファウルフライの間に3塁進塁、福元選手の犠牲フライで5点目のホームを踏み、7回の第3打席ではライトへのタイムリー2塁打で1打点をマークしました。そして2日前に4安打と当たった山崎選手は、7回に3塁打を放ち、これで5試合連続ヒット。山崎バッティング好調という「初夏の椿事」はいつまで続くのでしょうか?
23日の予告先発はソフトバンクが大隣憲司、DeNAは新人の井納翔一となっています。大隣投手は4月29日のロッテ戦に登板した後、腰痛により登録抹消。2軍で再調整して、ようやく1軍に戻ってきました。復帰戦で白星を挙げ、復活をアピールしてもらいたいところ。木曜日もDeNAに勝って4連勝、久々の貯金生活突入だ!





にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
 

誘導馬・サクセスブロッケンが日本ダービーを盛り上げるために一肌脱ぎました!

2013年05月22日 | 競馬

今月26日に東京競馬場で行われる第80回日本ダービーを前に、かつてダートGI競走で3勝を挙げ、現在は東京競馬場の誘導馬として活動しているサクセスブロッケン(牡8歳)が、21日にダービーのPR活動として、東京都内のスポーツ新聞社を回りました。


PR活動前に「第80回日本ダービー特命宣伝部長」に任命されたブロッケンはこの日、特製のスーツ&ネクタイを着用、自らの名刺を持ってデイリースポーツ、スポーツ報知、サンケイスポーツ社、夕刊フジの4社を訪問。デイリー社を訪れた時は女子社員に顔を触られてご満悦。さらに、大手町の「サンケイビル」に到着した時は、東京のど真ん中を堂々とウォーキング。ランチしていたサラリーマン達も携帯電話片手にブロッケンを激写しておりました。
PR活動の任務を果たしたサクセスブロッケンは、「コンクリートジャングルにビビった。東京は人が多い」と大都会の風景に驚いておりました。ちなみに、ダービー当日は午前中の1~6レースまで誘導を務め、ダービーは馬房で観戦予定との事。


この日持参した名刺は、表面は「東京競馬場 第80回日本ダービー匿名宣伝部長 サクセスブロッケン」と自分のフェイスブックのURLが表記されていて、裏面には自分の顔写真を載せ、18頭を誘導するという「おれの夢のダービー」が描かれています。俺もブロッケンの名刺が欲しいんですけど、東京競馬場に行かないと貰えないのかしら。

サクセスブロッケンは2008年のダービーに出走し、その時は3番人気に支持されたんですが、最下位の18着に終わっています。その年のダービー馬はディープスカイで、NHKマイルカップとの「変則2冠」を達成しました。芝のダービーではボロ負けだったけど、交流GIのジャパンダートダービーで優勝し、「砂のダービー馬」となりました。その後、フェブラリーステークス、東京大賞典も勝利し、2011年に現役引退。引退後は誘導馬に転向し、Facebookまで開き、日常生活を関西弁で綴られています。なぜ関西弁かというと、現役時代は滋賀県の栗東トレーニングセンターで過ごしていたからじゃないかと思います。引退された今でもファンに愛され続けているブロッケンさん、この暑い中ダービーの告知活動お疲れさまでした。




にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
 

2夜連続の2ケタ得点で中日に連勝!パディーヤ来日初白星!

2013年05月21日 | HAWKS

日曜日の試合では、内川聖一選手が5安打6打点の大活躍、チームも今季最多の19安打12得点で大勝した福岡ソフトバンクホークスは、20日・月曜日も福岡ヤフオクドームで中日ドラゴンズと対戦しました。「ルーフオープンデー」だったこの日は、ソフトバンク・パディーヤ、中日・カブレラの先発で始まり、ホークス打線が前夜に続いて爆発しました。


両チームのスタメン
  ソフトバンク     中日
1(一)中村 晃     (中)大島洋平
2(二)福元淳史    (二)荒木雅博
3(左)内川聖一    (一)森野将彦
4(指)ラヘア      (三)ルナ
5(右)長谷川勇也   (左)和田一浩
6(三)松田宣浩    (指)山武司
7(中)柳田悠岐    (捕)谷繁元信
8(遊)今宮健太    (遊)井端弘和
9(捕)山崎勝己     (右)藤井淳志
 (投)パディーヤ    (投)カブレラ
ホークスは長谷川と松田の打順を入れ替え、長谷川が5番、松田が6番降格。山崎勝己がスタメンを被りました。対する中日は大幅に打順を入れ替え、荒木が2番、森野が3番、井端が8番に入りました。また、山崎武司が6番DH、藤井が9番ライトでスタメン入り。


1回、久々の1軍マウンドに上がったパディーヤは、中日先頭の大島をセンターフライに打ち取ると、続く荒木を遊撃ゴロ、そして3番・森野をシュート球で空振り三振を奪い、3者凡退と上々の立ち上がり。ホークスはその裏、中村と福元の1,2番コンビが中日先発・カブレラの前に凡退。2死後、内川が低めの変化球をうまく捉えてレフトへの2塁打で出塁。2死2塁でラヘアがカブレラの7球目のカーブをフルスイング!ライトへ上がった打球は、大きく伸びてスタンドイン!4番の一振りでホークスが2点を先取します。
2回、ホークスは松田のヒット、柳田投手ゴロ→カブレラのファンブルで1塁セーフで無死1,2塁のあと、今宮の遊撃ゴロ(進塁打)で1死2,3塁とチャンスを拡げ、山崎勝がストレートを弾き返してセンター前タイムリーヒット。2人の走者が一気に生還して2点追加。この後、中村のヒット、内川の四球で2死満塁となり、ラヘアの押し出し四球で5点目。なおも3人の走者を置き、長谷川が3塁強襲のレフト前タイムリーでさらに2点を加えると、松田もセンター前タイムリーでまた1点追加。ホークスはこの回、打者一巡の猛攻で6得点を挙げ、8-0。3回には山崎勝の2塁打、中村シングルヒットで1死1,3塁の後、福元が右中間を破る2点タイムリー2塁打を放ち、3回まで10得点を奪い、早くも2ケタ得点に到達。
ホークス先発のパディーヤは、打線の大量援護もあって3回まで中日打線をパーフェクトに抑える好投を見せます。ところが、4回に初めてランナーを許すと、1死から森野の四球、ルナの内野安打で満塁のピンチを背負います。ここはなんとか踏ん張りたい場面でしたが、和田に甘く入ったスライダーを痛打され、レフトスタンドへの満塁本塁打を浴びてしまい、4点を失います。5回も味方のエラーで走者を背負うも無失点に抑えると、6回は1死1,2塁とピンチを招くも、山崎武司を併殺打に打ち取り3アウト。パディーヤは6回を投げ終えたところでマウンドを降りました。
終盤に入り、7回に2人の走者を背負う場面で登板した3番手・森福允彦が後続を打ち取り無失点。8回には4番手・千賀滉大が打たせて取るピッチングで3者凡退に抑え、9回は5番手・山中浩史(この日1軍昇格)がわずか8球で3人の打者を退けて試合終了。序盤に大量点を奪ったホークスが、逃げ切り勝ちで中日に連勝です。


試合結果 セ・パ交流戦 2013/05/20(月)
ソフトバンク-中 日 2回戦 (ソフトバンク2勝、ヤフオクドーム、18:00、34740人)
D 000 400 000  4
H 262 000 00X  10
投手】
(中)カブレラ、武藤、小林、清水-谷繁、松井雅
(ソ)パディーヤ、藤岡、森福、千賀、山中-山崎
【責任投手】
(勝)パディーヤ2試合1勝1敗
(敗)カブレラ8試合4勝2敗
【本塁打】
(中)和田8号満塁(4回、パディーヤ)
(ソ)ラヘア10号2ラン(1回、カブレラ)


ホークスが前夜に続き2ケタ得点を叩き出しました。初回にラヘア選手の2ラン本塁打、2回には6得点のビッグイニング、3回は福元選手のタイムリー3塁打で2点を追加し、序盤3イニングで10得点を挙げて中日先発・カブレラ投手をノックアウト。この序盤の大量リードを守り切り、10-4で中日に快勝。この日73歳を迎えた王貞治球団会長の誕生日を白星で飾りました。ホークスはこの2試合で22得点!ヤフオクドームでの中日戦は2007年から13連勝となりました。
先発のパディーヤ投手は、6回まで91球を投げて、被安打3・3奪三振・3与四死球・4失点(被本塁打1)。序盤3イニングは中日打線をパーフェクトに抑えましたが、4回に先頭打者に出塁を許したことでリズムが悪くなり、四球と内野安打などで満塁となり、和田選手に満塁本塁打を浴びてしまいました。4回の誤算の後、5回と6回にランナーを出しながらも中日の追撃を許しませんでした。来日2試合目の登板で待望の初勝利です。試合後の談話では、「野手が取ってくれたのは大きかったですね」と大量援護した打線に感謝の意を述べていました。期待の助っ人に待望の初白星が生まれ、ホークス投手陣にまたひとつ明るい希望の光が見えました。
前日に19安打を放った打線は、この日は14安打で10得点。先制2ラン本塁打を放ったラヘア選手は、この交流戦2本目のホームラン。日曜日の試合前に早出特打を行い、その夜に2安打1打点。翌日はホームランと特打の効果が表れてますね~。最初の打席で本塁打の後、2回の第2打席では押し出し四球を選び、3打点を稼ぎました。この試合で活躍したもう一人が、9番キャッチャーで先発出場した山崎勝己選手で、4打席連続ヒットの固め打ちを見せ、2回の最初の打席ではセンター前タイムリーヒットで2打点を挙げました。打率も規定打席に達してないけど.429の高打率。「山崎神」と呼んでいいですか。他にも、長谷川選手と福元選手が共に2安打2打点、前日無安打だった松田選手も2安打1打点のマルチヒットを記録しています。2試合連続で1番に入った中村選手も2安打です。しばらくは中村選手を1番に固定した方がいいかな。
中日に連勝したホークスは、交流戦6試合を終えて3勝3敗の五分。今後の日程は22日と23日に横浜DeNAベイスターズ(@ヤフオク)、週末の25・26日は神宮球場で東京ヤクルトスワローズ戦、28・29日は東京ドーム戦で読売ジャイアンツ戦が控えています。DeNA戦では大隣憲司投手が復帰登板、寺原隼人投手がかつての古巣と対戦予定?次のカードも連勝すれば、上位進出も見えてくるぞ~!




にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ