日刊魔胃蹴

暑すぎてつらい。

ダート新時代の到来だ!ローマンレジェンドが東京大賞典でGI初優勝!

2012年12月30日 | 競馬

ダート交流重賞の総決算であり、地方競馬唯一の国際GI競走・第58回 東京大賞典(GI・ダート2000m 12頭立て)が29日、東京・大井競馬場で行われました。中央勢からは、川崎でのJBCクラシックを制した②ワンダーアキュート、ダートGI7勝の⑦エスポワールシチー、GI4勝の⑨トランセンド、ジャパンカップダート4着の⑧ローマンレジェンド、3歳ダート王④ハタノヴァンクール、2000m初挑戦①ナムラタイタンの6頭が参戦。迎え撃つ地方勢は、NAR年度代表馬4回の⑥フリオーソ(船橋)と⑩ボンネビルレコード(大井)の2頭はこのレースを最後に引退。ホッカイドウ競馬代表⑤モエレビクトリー、③フォーティファイド、⑪シャインモーメント、⑫ケイアイゲンブがエントリーしました。


直前の単勝オッズでは、1番人気がワンダーアキュート(1.8倍)、2番人気ローマンレジェンド(2.6倍)、ハタノヴァンクール3番人気(7.9倍)。4番人気以降はエスポワールシチー、フリオーソ、トランセンド、ナムラタイタンと続きました。
スタンド前でのスタートで、エスポワールシチーが躓いてしまい、後方からのスタート。先行争いで、フリオーソが先手を取り、モエレビクトリー2番手、ローマンレジェンドは4番手、その後ろにワンダーアキュート5番手から。トランセンド8番手、ヴァンクール9番手、エスポワール11番手、ボンネビルレコードはしんがりでゴール板を通過しました。
1,2コーナーを過ぎて向正面に入り、フリオーソが先頭、2番手にモエレビクトリー、ナムラタイタン3番手。少し離れた4番手のところにハタノヴァンクール、5番手にローマンがつける。中団の6番手グループにアキュート、フォーティファイド、トランセンド、ケイアイゲンブが固まっている。エスポワール10番手、ボンネビル11番手、最後方にシャインモーメントが追走。
3コーナーを回り、タイタンが2番手、ヴァンクール3番手に浮上し、ローマンレジェンドも進出。さらにワンダーアキュートも加わってきた。4コーナーから最後の直線に差し掛かり、ローマンがフリオーソを捉えて先頭に躍り出て、外からアキュートが迫って来る。2頭が叩き合うと、最内からハタノヴァンクールも来た!そしてラスト100mでローマンレジェンドが抜け出し、ハタノヴァンクールの追い上げるを抑えて先頭でゴールイン!ローマンレジェンドがジャパンカップの雪辱を晴らしました!


全着順&払戻金
1着⑧ローマンレジェンド  2:05:09(重)
2着④ハタノヴァンクール  1/2馬身
3着②ワンダーアキュート  アタマ
4着①ナムラタイタン    7馬身
5着⑦エスポワールシチー  3/4馬身
6着⑥フリオーソ     2馬身
7着⑨トランセンド     1馬身1/4
8着③フォーティファイド  5馬身
9着⑩ボンネビルレコード  4馬身
10着⑫ケイアイゲンブ  10馬身
11着⑪シャインモーメント 6馬身
12着⑤モエレビクトリー   1馬身

単勝  8 260円
複勝 8 100円 4 140円 2 100円
枠複 4-6 900円
枠単 6-4 1,540円
馬複 4-8 1,040円
馬単 8-4 1,530円
ワイド 4-8 300円 2-8 130円 2-4 210円
三連複 2-4-8  390円
三連単 8-4-2  2,940円


ダート戦線の1年を締めくくる大一番は、ラスト100mでワンダーアキュート、ローマンレジェンド、ハタノヴァンクールの3頭が激しく叩き合い、最後は真ん中から抜け出したローマンレジェンドが先着し、東京大賞典を制しました。2着争いの方は、ハタノヴァンクールがゴール手前でワンダーアキュートをかわして2着になり、アキュートはアタマ差3着に敗れました。フリオーソはスタートから逃げを見せ、地方勢最上位の6着、ボンネビルレコードは10着でラストランを終えました。
GI初Vを成し遂げたローマンレジェンドは、今年のダート界で急激に成長した馬でした。昨年12月から今年11月のみやこステークスまで6連勝をマーク。ジャパンカップダートでは、初GIのプレッシャー、主戦の岩田康誠騎手の不在が響いて4着に敗れましたが、岩田騎手が戻った東京大賞典で見事勝利し、ダート界の世代交代を実現させました。今年は7戦走って6勝、重賞3勝の好成績。来年2月のフェブラリーステークスで、ニホンピロアワーズとの直接対決に勝てば、ドバイワールドカップ挑戦もあり得るのではないでしょうか?ダート戦線の主役に躍り出たローマンレジェンド、来年の活躍に期待しよう。




にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ




ありがとうゴジラ!松井秀喜が20年間のプロ野球人生にピリオドを打つ。

2012年12月29日 | Sports

「ゴジラ」という愛称で親しまれ、巨人とヤンキースなどでプレーした松井秀喜選手が、日本時間28日に現役引退を表明。豪快なホームランで日本球界とメジャーを震撼させた日本最強スラッガーがついにユニフォームを脱ぐ時が来ました。



ニューヨーク市内で行われた引退記者会見で、「20年間にわたるプロ野球人生に区切りをつけたい」と引退を宣言。チャンスを貰いながらも結果が出なかった事が引退に繋がったと述べました。今後については未定ですが、将来的には指導者になると示唆していました。

松井選手の引退を惜しむ声も相次ぎました。
92年のドラフト会議でくじを引き当て、松井選手を巨人の4番打者に育て上げた長嶋茂雄氏は、「大好きな野球を続けたいという本心よりも、ファンの抱く松井像を優先した決断だったように思う。最後の2,3年はヒザの故障と戦う毎日で、本人も辛かったであろう。2000年の日本シリーズ、2009年のワールドシリーズでチームを優勝に道牡オタホームランが目に浮かぶ。ユニフォームを今は『現代で最高のホームランバッター』という言葉を贈りたい」
ヤンキースのイチロー選手 「中学生の時から存在を知る、唯一のプロ野球選手がユニホームを脱ぐことがただただ寂しい。」
福岡ソフトバンク・王貞治会長 「自分の選んだ道を歩んできただけに、悔いのない野球人生だったと思う。お疲れさまでした」
巨人・原辰徳監督 「一つの大きな時代が終わったんだなあという気がした」


松井選手は星稜高校時代に1年生のときから4番打者に抜擢され、3年間で通算60本塁打を放ちました。92年の選抜高校野球では3本塁打をマーク。その年の夏の全国高校野球選手権大会では、明徳義塾高戦で5打席連続で敬遠されるという出来事がありました。
1993年に読売ジャイアンツに入団し、5月2日のヤクルト戦(東京ドーム)でプロ第1号本塁打。1年目から11本塁打と2桁本塁打を記録。3年目の95年に初めて巨人の4番に起用され、開幕4番を務めた96年には38本塁打・99打点の活躍でセリーグMVPを獲得。98年には34本塁打・100打点で本塁打王&打点王の2冠を獲得。その後、2000年から2002年までの3年間、全試合4番フル出場。2002年には自己最多の50本塁打を記録。巨人在籍10年間で本塁打王3回、打点王3回、首位打者1回獲得し、MVP3回受賞。
2002年オフにメジャーリーグ挑戦を表明し、ニューヨーク・ヤンキースにFA移籍。2003年、本拠地・ヤンキースタジアム開幕戦でメジャー初アーチとなる満塁弾を放つと、2004年には31本塁打。しかし、2006年に左手首を骨折。日本時代からの連続試合出場記録が1768試合で途切れました。2007年5月に日米通算2000本安打を達成。2009年のワールドシリーズで3本塁打、1試合6打点の大活躍でヤンキースの世界一に大きく貢献し、日本人初のワールドシリーズMVPを獲得。
2010年にロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムに移籍すると、翌年にはオークランド・アスレチックスに入団するも、シーズン終了後にFA公示。2012年、無所属のままシーズンを迎え、4月30日にタンパベイ・レイズとマイナー契約を結び、5月末にメジャー昇格。その初戦でホームランを放って復活を印象付けたが、34試合に出場して打率.147、2本塁打と低迷し、7月25日に戦力外通告されました。
プロ20年間で日米通算507本塁打(NPB332、MLB175本)・2643安打・1649打点、生涯打率.293でした。



今年は金本知憲選手、小久保裕紀選手、城島健司選手といった日本を代表する野球選手の引退が相次ぎましたが、年の瀬に入って松井選手の引退が届きました。度重なるケガもあれば、浪人生活→途中でメジャー復帰→解雇と苦しい時期もあったので、引退が明らかになって「とうとう引退の時が来たんだなあ」という思いが生じました。松井選手の打った瞬間にホームランとわかるようなバッティングは、観ていてスカッとしたし、東京ドーム看板直撃弾、ライト方向への特大アーチを何度見たことか…。それに大飛球が落ちず、天井に消えたというイリュージョンのような珍プレーも記憶に残っています。巨人軍の4番打者は過去に76人いますが、私の中では4番といえば松井選手だと思います。
巨人とヤンキースという日米の名門球団で4番打者を務め、日本シリーズとワールドシリーズでMVPを獲得。日本が世界に誇る長距離砲・ゴジラの豪快なアーチがもう見られないのは非常に残念としか言えません。松井秀喜選手、20年間本当にお疲れ様でした。



にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ



トラックバック (1)

安倍晋三氏が5年ぶりに首相に復帰。今の日本の危機を突破できるか?

2012年12月27日 | Weblog

12月16日の衆議院総選挙で、自民党が296議席を獲得して圧勝。総選挙から10日後の26日、特別国会が開かれました。この日の衆議院&参議院の本会議で新しい首相を決める「首相指名選挙」が行われ、安倍晋三自民党総裁が衆参両院で選出。これにより、安倍氏が第96代内閣総理大臣の就任が決定しました。安倍氏は2006年9月~2007年9月まで首相を務めており、約5年3カ月ぶりの再登板となります。



本会議前、野田佳彦内閣の臨時閣議が開かれ、全閣僚の辞表を受理して総辞職。2009年9月から続いた民主党政権が幕を閉じました。野田前首相の在任期間は482日間で、民主党政権の中で最長を記録し、戦後の歴代首相の中で19番目の長さでした。
午後から衆参本会議場で首相指名選挙が開かれ、衆議院では安倍氏が328票、民主党新代表・海江田万里氏が57票、日本維新の会代表・石原慎太郎氏が54票、渡辺喜美氏(みんなの党)18票、志位和夫氏(日本共産党)8票、森裕子氏(日本未来の党)7票、福島瑞穂氏(社民党)2票、自見庄三郎氏(国民新党)1票、無効3票。300票以上を集めた安倍氏が選出されました。
一方参議院では、1回目の投票で安倍氏が103票、対する海江田氏が87票。過半数に達しなかったため決戦投票となり、結果は安倍氏107票、海江田氏98票で、安倍氏勝利。なお、この決戦投票でみんな、共産、社民、国民、維新の会が白票を投じ、31票に達しました。


夕方には第2時安倍内閣の閣僚人事が発表され、官房長官に就任した菅義偉氏が閣僚名簿を読み上げました。

[首相]          安倍晋三氏
[副総理・財務・金融相]  麻生太郎氏
[総務相]         新藤義孝氏
[法相]          谷垣禎一氏
[外相]          岸田文雄氏
[文科相]         下村博文氏
[厚労相]         田村憲久氏
[農水相]         林芳正氏
[経産相]         茂木敏充氏
[国交相]         太田昭宏氏(公明党)
[環境相・原子力防災担当相]石原伸晃氏
[防衛相]         小野寺五典氏
[官房長官]        菅義偉氏
[復興相]         根本匠氏
[国家公安・拉致相]    古屋圭司氏
[沖縄・北方相]      山本一太氏
[少子化・消費者相]    森まさこ氏
[行革相]         稲田朋美氏
[経済再生相]       甘利明氏

18人中10人が初入閣となった新内閣には、かつて首相を務めた麻生太郎氏が、副総理および財務大臣と金融担当大臣を兼務。自民党前総裁の谷垣氏が法務大臣、9月の総裁選挙で安倍氏と競り合った石原伸晃氏が環境大臣に。連立を組む公明党からは太田氏が国土交通大臣に、参議院からは山本一太氏と森まさこ氏の2名を起用。
安倍首相は就任会見で、第2次内閣を「危機突破内閣」と位置づけ、デフレ対策と経済再生を最優先で取り組み、全ての閣僚に震災復興、危機管理に取り組むよう指示したとのこと。経済再生のために金融政策、財政政策、成長戦略を力強く進め、デフレ脱却のために大型補正予算案を編成すると述べました。会見途中、杉田和博官房副長官が脱水症状によるけいれんを起こして倒れるというハプニングが起こりましたが、杉田氏は大事に至らず。政権発足初日から幸先不安が残ったか?


5年ぶりに総理の座に就いた安倍氏。1回目の時は2007年の参院選での敗戦、「潰瘍性大腸炎」による健康不安を理由にわずか1年で退任。2度目となる今回も課題山積で、円高・デフレ是正、TPP参加、原発問題、震災復興をスピードアップできるかどうか。外交面では民主政権で冷え切った日米関係の強化、韓国と中国の関係の改善が求められます。あと、来年夏の参院選対策もしないといけません。自民が勝利すれば「ねじれ国会」も解消されるし、政権も安泰すると思います。ここ最近首相がコロコロと変わり続けているので、安倍首相にはぜひとも長期政権を築いて、日本を建て直してもらいたいものです。


にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ



トラックバック (1)

ダイスケはん&ナヲのギンギラギンにさりげ肉 2012.11.24~11.30 PART3

2012年12月26日 | マキシマムザホルモン
11月24日~30日放送分のギン肉のPART3は、ダイスケはんの留守電を聴いて折り返しの電話をしてきたOVER ARM THROWの菊池信也さんがモノマネを披露。そして今や番組恒例となった心理テストの模様をレポート。


ダイスケはんとナヲちゃんが、香川県の郷土料理「あん餅雑煮」の話をしている最中に電話が鳴り出し、電話の声の主・菊池さんが「ニューヨークヤンキースのトレードで…」とイチロー選手との交換トレードの件で、GMに扮したダイちゃんに向かって「ニューヨークヤンキースのイチロー自信無くて、寝起きで…、辞退ってできますか?」と返答。菊池さんの声と喋り方で寝起きだなあと分かります。
ナヲちゃんが菊池さんに「辞退する理由・経緯を氷室っぽく歌っていいですか?」と要求すると、「野球よりサッカー♪」とサッカーが好きである事を明かしました。でも本当の理由は「寝起きで顔がむくんでいたから」だそうです。菊池さんはダイちゃんの留守電を聴いた時、思わず水を噴き出してしまったらしい。よっぽど面白かったの?
ホルモンの2人に「これラジオなんですよ。」、「まさに電波乗ってるから」と説明され、「う~わ~」と凹む菊池さん。本番中のトークの合間に割り込んでしまい「すいません」と謝罪したのでした。
Good 4 Nothingのマッキンさんによると、この番組の放送回の収録前日に菊池さんと一緒にいたそうで、「キク、ハッスルしとったで」と仰ってました。これに対し菊池さんは「一番ハッスルしたでしょ、あの人が。」とマッキンの方がハッスルしていたと主張。「でもあの人、電話中にウンコしてたで」マッキンさんが都内某所でウンコしてたのは事実でございます。

そんなわけで、「モノマネの達人」といわれている菊池さんにモノマネを披露してもらいます。サザエさんの「アナゴさん」、番組の鉄板ネタ、マッキンの十八番ネタ「武田信玄」がありますが、菊池さんは「鉄板」が何なのか、武田信玄のイメージが思いつかないようだ。まずはアナゴさんから。「フグ田く~ん」完成度の高さにホルモンも爆笑。
続いて「武田信玄」のマネですが、「武田真治かあ?」と名前を間違える。信玄じゃわからないので、本人の希望により武田久美子さんに変更。同じ武田でも大違いだ。「ちょっと、その貝殻は汚いから使えない…」武田久美子さんといえば「貝殻ビキニ」が代名詞でありますが、「貝殻汚いからダメ」って言うかなあ?菊池さん曰く「貝柱がついているから使えない」とのことです。
最後は菊池さんなりのスティッチに挑戦。「お前の…」失敗した~!どうした菊池!?そんなわけでご協力ありがとうございました。ダイちゃんは「寝起きでモノマネはキツい」、ナヲちゃんは「是非とも起きてる時にリベンジしてもらいたい」と菊池さんの再挑戦を期待するコメントを言ってました。


さて、雑煮トークの再開。「一番ポピュラーな雑煮は何か?」という話で、ナヲちゃんは「隣の町田さんのお母さんが作った雑煮」つまり「澄まし汁+野菜類+鶏肉+焼き餅」というのが一般的じゃないかと持論。関東では四角い餅+醤油味が基本ですからね。姉の住んでいる愛知(東海地方)では、澄まし汁+餅菜+角餅です。ナヲちゃんは新年に向け、リスナーに全国各地のお雑煮、地元の習慣といった「おらが街の正月情報」を呼びかけていました。



リクエスト曲「絶望ビリー」の後は、エンディング恒例の心理テスト。
兵庫県尼崎市・そしてたくあんさん。
「あなたはある日、駅の自動販売機でジュースを買う事にしました。財布から小銭を取りだしたその時、手が滑ってしまい10円玉を落としてしまいました。さらに不運な事に10円玉がコロコロ転がり自動販売機の下へ。さて、あなたならどうしますか?」
A:そんなドジはしない。  B:10円ぐらい気にしない。 C:すぐに捕れそうなら拾う。  D:意地でも拾う。

ダイちゃんとナヲちゃん、ミキサー・ミッちゃんは「C」を選択。井上ディレクターは「B」をチョイス。ナヲちゃんが「中目黒に女がいる」と選択肢にないような事を言ってました。ちなみに私は「A」を選びました。

「この心理テストでは、過去の恋人から貰ったプレゼントに対するこだわりがわかります」
A…「『失敗』という文字が自分自身の辞書にはない」そんな強気なあなたは、過去の恋人からもらったプレゼントをすぐに手放してしまうでしょう。
D…「10円と言えどこ決してあきらめない」モノに対して貪欲なあなたは、過去の恋人からもらったプレゼントを丁寧に保管し続けるでしょう。
B…「10円なんて大した金額じゃない!」と考えるリッチなあなたは、そもそも過去の恋人からどんなプレゼントを貰ったかすら性格に思い出せないくらいサバサバとした性格。
「過去は過去、現在は現在」あなたなら恋人と別れてもすぐ次の恋に中目黒に走りだせます。
C…とても現実的な考えを持つあなたは、過去の恋人からもらったプレゼントを別れた後でも使用し続ける事でしょう。
「別れた事は辛い。でも必要だから使う」きっと付き合っていた時にもらったプレゼントもとても実用的なものかも…。

みなさんはどれに当てはまりましたか?そんなわけで今回はこれにて終わり。
P.S. 最近ギン肉のPodCastの更新が遅れています。井上ディレクターさん、早く更新してください。





にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ




2012年中央競馬FINAL!最後の重賞ウィナーはサンカルロ!

2012年12月25日 | 競馬

23日の有馬記念は3歳馬のゴールドシップが優勝を果たし、22年ぶりに芦毛のグランプリホースが誕生しました。下半期GIシリーズは全て終わったけど、クリスマスイヴで振替休日の24日も競馬が開催され、阪神競馬場で阪神カップ(GⅡ・芝1400m 18頭立て)が行われました。このレースには、前回の勝ち馬⑬サンカルロ、2011年桜花賞馬①マルセリーナ、京阪杯2着⑦アドマイヤセプター、⑪クラレント、⑮ファイナルフォームの3歳馬2頭、②マジンプロスパー、⑧シルポート、③フラガラッハ、⑩ガルボ、⑱レオアクティブなどが参戦。今年最後の重賞レースの勝ち馬は?


スタートは全馬綺麗に揃い、先行争いで⑤テイエムオオタカがハナに立ち、いつもは先頭で逃げるシルポートは前で走れない。3番手の位置にガルボとマジンプロスパー、5番手⑥フィフスペトル、アドマイヤセプターと⑨コスモセンサーが6番手で並走。8番手のところにクラレントと⑫オセアニアボス、中団グループにはオリービン、サンカルロ、⑯インプレスウィナーが横並び、⑰ブライトライン13番手、14番手にサンカルロ。外の15番手にレオアクティブ。フラガラッハ、マルセリーナ、⑭スプリングサンダーの3頭が後方集団を形成。
内回り3コーナーで、シルポートがようやく先頭に立ち、ガルボが単独3番手に浮上。プロスパー4番手、セプターとクラレントは7番手集団の中で控えている。サンカルロとファイナルフォームはまだ中団。4コーナーから最後の直線コースに差し掛かり、ガルボがシルポートをかわして先頭に立ち、その後ろにオセアニア、アドマイヤセプター、ファイフォ、クラレント、大外からサンカルロとインプレス、ブライトライン、レオアクティブと横に拡がっている。残り100m粘るガルボをオセアニアボスが内から迫りにかかるが、大外から急襲したサンカルロが一気に突き抜けて先頭でゴールイン!

サンカルロ昨年に続いて阪神カップ連覇達成!!同時に2012年最後の重賞ウィナーとなりました。ラスト3ハロン34.4秒の末脚で、大外から一気の追い込みで他馬をまとめて差し切っちゃいました。まるで前日の有馬記念の再現を見るかのようでした。サンカルロはこれで重賞4勝目、うち阪神1400mでは3勝を挙げています。改めて阪神は得意ですね。2着にはガルボ、3着には2番人気のファイナルフォームが入り、1番人気だったアドマイヤセプターは7着に終わりました。


さてさて、今年最後のWIN5の結果の方に参りましょう。
対象レース1 阪神10R・リボン賞  ②クイーンリヴィエラ(7番人気)
対象レース2 中山11R・2012フェアウェルステークス  ⑤グランドシチー(2番人気)
対象レース3 阪神11R・阪神カップ  ⑬サンカルロ(3番人気)
対象レース4 中山12R・ハッピーエンドカップ  ⑦ラフレーズカフェ(5番人気)
対象レース5 阪神12R・2012ファイナルステークス  ⑤アルゴリズム(5番人気)
今回のWIN5は、1番人気が全敗という結果に終わり、「②-⑤-⑬-⑦-⑤」の組み合わせで、払戻金は37,752,700円で、18票が的中しました。当たった皆さんおめでとうございました。


というわけで、2012年の中央競馬も全日程が終了しました!今年はジェンティルドンナが史上4頭目の牝馬3冠を達成し、ジャパンカップでオルフェーヴルを破って年間GI4勝。ゴールドシップが牡馬クラシック2冠&有馬記念制覇で「新・芦毛の怪物」となりました。日本ダービーでディープブリランテが制し、ディープインパクト産駒にダービー馬が誕生。しかし、ブリランテはその後、屈腱炎を発症して現役引退となってしまいました。
他にも、香港GI・クイーンエリザベス2世カップでルーラーシップが優勝、ロードカナロアが日本と香港のスプリントGI制覇。そしてオルフェーヴルが凱旋門賞で2着惜敗。日本馬初の快挙までもう少しのところででソレミアにかわされました。

2013年の中央競馬は、1月5日の東西金杯からスタート。6日には京都競馬場で3歳重賞・シンザン記念があります。来年も競馬界が明るい一年になり、ファンが興奮するような熱いレースを楽しみにしております。




にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ



21世紀の芦毛の怪物だ!ゴールドシップ豪快に差し切って有馬記念制覇!

2012年12月24日 | 競馬

2012年の中央競馬を締めくくるグランプリレース・第57回有馬記念(GI・芝2500m 16頭立て)が23日、中山競馬場で行われました。牡馬クラシック2冠馬⑬ゴールドシップ、香港GI馬で国内無冠返上を目指す⑨ルーラーシップ、春の天皇賞馬⑭ビートブラック、秋の天皇賞馬②エイシンフラッシュ(ミルコ・デムーロ騎手が尿管結石で断念。代打・三浦皇成)が参戦。他にも今秋アメリカ遠征を行った⑧トレイルブレイザー、⑩ダークシャドウ、菊花賞2着③スカイディグニティ、金鯱賞勝利の勢いそのままに有馬に挑む⑥オーシャンブルー、2年連続で3着の⑪トゥザグローリー、中山コースと相性がいい⑮ナカヤマナイト、アルゼンチン共和国杯を勝った⑯ルルーシュ、GI2勝の①ローズキングダム、今回がラストランとなる⑫オウケンブルースリなどが出走しました。


単勝の上位人気は、1番人気がゴールドシップ(2.7倍)、2番人気ルーラーシップ(2.7倍)、エイシンフラッシュ3番人気(10.0倍)、ダークシャドウ4番人気(10.8倍)。5番人気以降はナカヤマナイト、ルルーシュ、スカイディグニティ、ビートブラック、トレイルブレイザーが続きました。
注目のスタートで、ルーラーシップが大きく立ち遅れ!あまりいいスタートじゃなかったゴールドシップは直ぐに後方に下げた。先行争いの方は、④アーネストリーがビートブラックをかわして先手を取り、ビートブラック2番手、3番手にルルーシュがつける。1周目のスタンド前に差し掛かり、アーネストリーがレースを引っ張り、ビーブラ2番手、3番手の一には、内側ローズキングダム、外にルルーシュ、中団の5番手グループにはディグニティ、エイシンフラッシュ、トゥザグローリー、ダークシャドウ、トレイルブレイザーがいて、ナカヤマナイト12番手。出遅れたルーラーシップは最後方から後方4番手まで押し上げ、ゴールドシップは最後方で1コーナーを回った。
1,2コーナー中間点を過ぎたところで縦長の状態となり、先頭のア-ネストリーは1000mを60秒5で通過。ビートブラックがピタリと2番手につけ、3番手ルルーシュ、ローキン4番手。5番手⑦ダイワファルコン、スカイディグニティ6番手。7番手の位置にフラッシュ、ダーク、トゥザグロの3頭が横並び。その後ろの10番手にオーシャンブルー、トレブレ11番手と続く。後方グループは、ナカヤマナイト12番手、13番手のところにルーラー、⑤ネヴァヴション、オウケンブルースリが外から追い上げ開始。ゴールドシップは依然として最後方。
残り800mのところで、ゴールドシップがロングスパートを仕掛け、残り600mで中団まで上がって来た!一方先頭争いでは、アーネストリーとビートブラック、ルルーシュとダイワファルコンの4頭が並んだ。4コーナーを回って最後の直線!ファルコンとビーブラが競り合う中、内からエイシンフラッシュが抜け出して先頭に躍り出る!三浦皇成初GI制覇か!?大外からゴールドシップとルーラーシップも上がって来ている。真ん中からオーシャンブルーもやって来た!ラスト100mでオーシャンがフラッシュを捕らえたかと思ったら、ゴールドシップが一気にかわして先頭でゴールイン!なんという強さだ!!大外から一気の追い込みで豪快に差し切ってみせました!



全着順&払戻金
1着⑬ ゴールドシップ    2分31秒9
2着⑥オーシャンブルー   1馬身1/2
3着⑨ルーラーシップ     クビ
4着②エイシンフラッシュ  1馬身1/2
5着③スカイディグニティ   1/2馬身
6着⑩ダークシャドウ     ハナ
7着⑮ナカヤマナイト    3馬身
8着⑯ルルーシュ       2馬身1/2
9着⑭ビートブラック      アタマ
10着⑦ダイワファルコン    3/4馬身
11着④アーネストリー     アタマ
12着①ローズキングダム    1/2馬身
13着⑧トレイルブレイザー    3馬身1/2
14着⑫オウケンブルースリ    1馬身1/2
15着⑤ネヴァブション      3/4馬身
16着⑪トゥザグローリー     10馬身
払戻金
単勝  13 270円        
複勝  13 130円  6 530円  9 140円
枠連  3-7 3350円        
馬連  6-13 3730円  
馬単  13-6 5200円      
ワイド  6-13 1250円  9-13 240円  6-9 1360円        
3連複  6-9-13 4020円        
3連単  13-6-9 24250円        


冬の中山に新たなる芦毛の怪物が誕生しました!3歳馬・ゴールドシップが古馬勢を蹴散らして有馬記念を制覇!最後方から一気のまくりを仕掛け、直線では大外に持ち出し、ラスト50mでエイシンフラッシュとオーシャンブルーをまとめてかわしました。上がり3ハロン・34.9秒は16頭中最速のタイムです。これでゴールドシップは皐月賞、菊花賞に次いでGI3勝目。2着には単勝10番人気だったオーシャンブルー。GI初挑戦で2着と健闘したから、来年の活躍が大いに期待されますね。終わってみれば、ステイゴールド産駒の1,2フィニッシュ。今年の漢字である「金」に反映した結果となりました。
3着のルーラーシップは、秋GI3戦連続で3着入線。三たびスタートで出遅れましたが、今回はかなりひどかった。スタート直前にゲート内で立ち上がって、他馬より1秒近く遅れて出るような感じでした。その瞬間をテレビで見た時は「もう終わった」と確信しました。鞍上のウィリアムズ騎手も「スタートがすべてです。やれることはやったけど…」と肩を落としていました。レース後には発走調教再審査の処分が下されました。まあ当然だよな…。
優勝したゴールドシップに騎乗した内田博幸騎手は、4度目の有馬記念挑戦で初勝利。今年のGI勝ちは3度目となります。内田騎手はゴールの瞬間、ガッツポーズで勝利をアピール。表彰式ではロンドン五輪金メダリストの村田諒太選手(ボクシング)たちと一緒に記念撮影。写真を見ると、身長差が違いますな~。村田さんが背が高いのか、内田騎手が小さいのか…。ステイゴールド産駒は昨年のオルフェーヴルに続いての連覇。芦毛の馬が有馬記念を勝ったのは、オグリキャップ以来22年ぶりです。また、このレースでは3年連続で3歳馬が勝利しています。
グランプリ制覇で競馬界の頂点に上り詰めたゴールドシップ、この1年を振り返ると、共同通信杯で後のダービー馬・ディープブリランテを破り重賞初制覇。皐月賞では道悪の内側から抜け出して快勝。日本ダービーでは5着に敗れた後、秋初戦の神戸新聞杯で勝利。菊花賞では最後の直線で早々と先頭に立って勝利。3000mの長丁場を簡単に克服しました。そして有馬記念で初めて古馬と対戦し、大外から鮮やかに差し切り勝ち。本当にワイルドな勝ちっぷりでした。今年は6戦して5勝、GI3勝の好成績。「最優秀3歳牡馬」のタイトルは間違いなく決まり、あとはジェンティルドンナを抑えて年度代表馬を受賞できるかどうかですね。4歳になる来年は海外挑戦もあるかと思ったら、どうやら国内に専念するそうだ。オルフェーヴル、ジェンティルドンナとの対決が早く見てみたいですねえ。

1年の総決算・有馬記念が終わり、今年の中央競馬もこれにて閉幕かと思ったら、今年はまだ終わりません。24日は阪神競馬場で短距離重賞の阪神カップがあります。これが今年最後の重賞レースとなるんです。⑦アドマイヤセプター、⑬サンカルロ、⑮ファイナルフォーム、⑪クラレント、⑧シルポート、①マルセリーナ、③フラガラッハ、⑩ガルボなどが出走を予定しています。さらにWIN5もありますよ。クリスマスイヴの日に最高賞金2億円の「クリスマスプレゼント」が飛び出るといいですね~。



にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ


トラックバック (7)

有馬記念の前日は、中山大障害とラジオNIKKEI杯2歳ステークス!

2012年12月23日 | 競馬

年末の大一番・有馬記念を前日に控えた22日は、東西で注目の重賞レースが行われました。中山競馬場では冬の最強ジャンパー決定戦・中山大障害(J・GI)、阪神競馬場では2歳重賞のラジオNIKKEI杯2歳ステークスがありました。


第135回中山大障害(J・GI 芝4100m)は16頭で争われる予定でしたが、⑥ナリタシャトルが競走除外で15頭立てとなりました。昨年の中山大障害&今春のグランドジャンプを制し、GI3連勝を目指す⑨マジェスティバイオ、2007年の勝ち馬⑧メルシーエイタイム、2009年のGJ覇者③スプリングゲント、昨年のGJ優勝馬⑪マイネルネオスのGI馬4頭が参戦し、他にも⑤マーベラスカイザー、⑭バアゼルリバー、⑫アグネスラナップが出走しました。
ばらついたスタートで始まったこのレース、最初の5号生垣障害を④セクシイスイートが先頭で飛越。1周目のスタンド前で、スプリングゲントが2番手につけ、3番手⑦アイティゴールド、メルシーエイタイム4番手、5番手マーベラスカイザー、バアゼルリバーとマジェスティバイオは中団グループにつけた。先頭を行くセクシイスイートは、スタンド前の連続障害(水ごう&生垣)、1,2コーナー中間点の3号障害をトップで飛越。向正面に入り、セクシイが先頭、ゲント2番手、3番手アイティ、カイザーが4番手に浮上し、エイタイム5番手。6番手の位置に①トウシンボルトと⑯トーセンオーパスが並び、マジェスティは8番手、9番手アグネスラナップ。バアゼル10番手追走。
先頭グループは大障害コースに差し掛かり、セクシイスイートがバンケットを駆け上がって最初の難関・大竹柵障害を先頭で無事飛越。後続も続々と飛越し、最後方の②カピターノまで15頭無事にクリア!逆コースを回るところで、セクシイの先頭は変わらず、マジェスティバイオが7番手まで浮上。マイネルネオス11番手、12番手⑮ブチカマシ、⑬セイエイ13番手、⑩ドラゴンハンター、②カピターノと続く。再び大障害コースに入り、大生垣障害を先頭のセクシイスイートが飛越すると、後続も無事に飛越。2つ目の難関も落馬無し!
順回りに入り、3号障害を飛越したところでマーベラスカイザーが3番手まで進出。先頭争いではスプリングゲントが一旦先頭に並びかけるが、セクシイスイートが再び前に出る。3コーナーのバンケットで先頭争いはセクシイ、ゲント、カイザーの3頭に絞られ、バアゼルはまだ5番手、マジェスティバイオは中団の7番手。最後の5号障害の前にスプリングゲント先頭、マーベラスカイザー2番手に上がり、最終障害を2頭並んでジャンプ。バアゼルリバーとスプリングゲントも必死に追い上げる。
全てのハードルを終え、残るは平地勝負。ダート→芝直線コースに入り、マーベラスカイザーが先頭に躍り出ると、そのままラストスパートへ。2番手争いはスプリングゲントが粘るが、外からバアゼルリバーとスプリングゲントが追い込む。先頭のマーベラスカイザーは最後突き放して悠々と先頭でゴールイン!バアゼルリバー2着に入り、スプリングゲントが3着でゴールインしました。


4100mの過酷なレースを制したのは、単勝3番人気のマーベラスカイザーでした。道中は4番手でレースを進め、最後の障害の手前でスプリングゲントに並び、最後の直線で先頭に立ち、2着に3馬身差をつけての快勝でした。マーベラスカイザーは平場のレースで2勝した後、昨年10月に障害入り。初障害の未勝利戦と今年4月のオープン戦で勝利を挙げ、5月の京都ハイジャンプでは3着に入りました。2度目の重賞挑戦となった今回、初勝利&GI制覇を飾りました。
鞍上の熊沢重文騎手は、J・GI初制覇。以前から「日本ダービーと中山大障害で勝ちたい」と公言していましたが、デビュー27年目で悲願の中山大障害初勝利です。熊沢騎手は平地GIでも3勝しており、過去には1991年の有馬記念でダイユウサクとのコンビでメジロマックイーンを破る大金星を挙げています。レース後のコメントでは「勝ったら障害競走を卒業しようと思った」と障害撤退をほのめかすような発言をしていましたが、今後も続ける予定。史上初の平地&障害GIジョッキーとなった熊沢騎手、次はグランドジャンプを狙いに行きましょう。


阪神メイン・第29回ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(GⅢ・芝2000m)は、来年の牡馬クラシックでの活躍が期待される7頭が出走。このレースはデビュー2戦2勝の⑦エピファネイア、同じく2連勝の④キズナ、札幌2歳ステークス2着の①ラウンドワールドの3頭に注目が集まりました。
スタンド前でのスタートで、ラウンドワールドが少し出遅れてしまう。先行争いで④バッドボーイが前に出て、キズナが2番手につけ、エピファネイアが3番手グループ、②リアルマイスター6番手、ラウンドワールドはしんがりでゴール板を通過しました。1,2コーナーから向正面に入り、バッドボーイが先頭でレースを引っ張り、キズナが2番手追走、その後ろにエピネファイアがピッタリとつけている。4番手に③アクションスター、5番手⑤アドマイヤドバイ、6番手にリアルマイスター、ラウンドワールドは依然として最後方を進んでいる。
先頭を行くバッドボーイは前半1000mを1分6秒台の超スローペースで通過。内回り3コーナーを回り、エピファネイアがじわっと進出しはじめ、前の2頭に接近。リアルマイスターとラウンドワールドの後方2頭も集団に加わる。7頭が一団となり、4コーナーから最後の直線へ。内のバッドボーイ、真ん中のキズナ、外からエピファネイアの3頭が横一線で競り合い、残り200mでわずかにエピファネイアが先頭に立つ。残り100mでキズナが下がり、バッドボーイ懸命に食い下がるが、エピファネイア抜け出してゴールイン!

エピファネイアVSキズナの「無敗対決」は、エピファネイアの勝利!直線での叩き合いを制して重賞初勝利を飾りました。これでエピファネイアはデビューから無傷の3連勝。2013年のクラシック戦線の主役候補に名乗りを挙げました。2着のバッドボーイは、道中はマイペースで先頭をひた走り、直線でも粘りを見せましたが、半馬身差で敗れました。2番人気だったキズナは3着に終わり初黒星、もう1頭の注目馬・ラウンドワールドはスタートミスが最後まで響いて6着に終わりました。
勝ったエピファネイアは、父はシンボリクリスエス、母はシーザリオという血統。お父さんは有馬記念で連覇、お母さんは日米オークス馬。父母合わせてGI6冠の良血馬です。来年の春には無敗で皐月賞を制しそうな予感がするし、日本競馬界を背負って立つ存在にまでなるかもしれません。



23日は今年最後のGI・有馬記念!前日の単勝オッズでは、⑬ゴールドシップが1番人気(3.0倍)、⑨ルーラーシップ2番人気(4.1倍)、3番人気が②エイシンフラッシュ(7.4倍)。この上位3頭が10倍以下で、4番人気以降は⑩ダークシャドウ、⑮ナカヤマナイト、③スカイディグニティ、⑯ルルーシュ、⑭ビートブラックと続いています。一部情報によると、ルーラーシップは有馬記念が現役ラストランになるという噂があるそうです。国内GI初制覇で有終の美となるのかどうか?混戦モード漂うこの一戦、2012年のグランプリレースは、23日15時25分に発走です。


にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ



ダイスケはん&ナヲのギンギラギンにさりげ肉 2012.11.24~11.30 PART2

2012年12月22日 | マキシマムザホルモン
11月24日~30日放送分の「ギンギラギンにさりげ肉」のPART1は、 この番組をいつも聴いているというHOT SQUALLの赤間俊義さんが電話に登場し、ホルモンから突然の生電話に「はちゅしゅちゅえん」と噛み倒してました。自慢のモノマネでは、サザエさんのアナゴさんのモノマネに挑み、「スティッチのマネをやれ」の指示にもアナゴさんをやりとおしました。さらにマッキンさんも登場。都内某所でウンコしながわ電話に出て、マッキン流のスティッチにホルモンの2人も大爆笑でした。


PART2の今回、2012年が終わりに近づいているということで、この企画を用意。
「もう一度聞きたい!年忘れ!ギン肉総集編スペシャル 2012」
ダイスケはんとナヲちゃんが「ギン肉になってから何もない」と言っておりますが、今年もいろんな出来事がありました。ナヲちゃんの手元には井上ディレクターからのメモがあり、「腹ペコの皆さんがもう一度聴きたいギン肉の名シーンをリクエストしてください。今までの内容に関しては、ギン肉のホームページの方に掲載してありますので、どしどしご応募して下さい」と読み上げました。
昨年10月にスタートした「ギン肉」は今年の秋に1周年を迎え、11月24~30日放送分で通算61回目。1周年記念のお祝い企画も全くなく、普通に「夏フェスレポート」をやってました。「100回目の時は用意してますよ。井上さん」とナヲちゃんが言ってますが、10回目、20回目、60回目のときも全然特別な事をしていません。もしかしたら100回目も特別企画も無く、普通にダイスケはんとナヲちゃんの他愛ないトークで迎えるんでしょう。
ダイちゃんが「10回目空欄になってる」と指摘してますが、10回目の時は吉川晃司さんからのコメントがありました。ダイちゃんがインフルエンザで欠席し、マネージャーのしみゆうさんが代打を務めた20回目は、ASIAN KUNG-FU GENERATIONが登場。30回目は上田正樹さん(これはサプライズだったかな)、50回目が10-FEETの逆ドッキリがありました。
ネット局も1月に20局、4月には2減5増で23局、そしてこの秋の改編では「減らなかったのだ、ただ笛もしなかったのだっ!現状維持なのだっ!」
くるりがゲストで登場した回は、「ギン肉」&「ラ・くるり」のコラボが実現。ダイちゃんとナヲちゃんがくるりの番組にも出ちゃいました。ホルモンと親しいアンジェラ・アキさんは2回もコメントを寄せ、2回目のときは「振り込め詐欺に遭いかけた」という話を語りました。他にもホルモンと同世代だったことが分かったBRAHMANのTOSHI-LOWさん(ダイスケはんが最も恐れている人)、PENICILLIN、嘉門達夫さんからもコメントをいただきました。
「第33回 FM沖縄事件勃発~さらばT川プロデューサー~」 FM沖縄からの番組継続の連絡メールの確認を怠ったとして、番組責任者・T川プロデューサーが謝罪。その後T川氏は他部署へ飛ばされたのであった…。


ここでリスナーからのメールを紹介
①福岡県久留米市・痴漢車トーマスさん(15歳)
本文の内容がおげれつなため省略され、P.S.の部分からです。
「P.S.その1 アワードを絶対やると言ったんですけど、どうなったのですか?僕はやってもらいたいです。」
②宮崎県宮崎市・生さん
「ギン肉の皆さん、おはこんばんちは!定期宮崎「絆」です。宮崎の人気ラジオ番組『耳恋』では、リスナーから『ギン肉ではメッセージの事を絆と呼んでいるので、耳恋も何か考えましょう』というメッセージが届きました。
どうですか?宮崎では『ギン肉がやってるからやる』という感じが普通の流れになって来ているのです。だから早く着たらいいじゃないですか。この前『どこかアワード』みたいな話になった時、全然宮崎の事思い出していなかったようでしたので、ぜひ今一度考えてみてください!
ちなみに、イオン宮崎サテライトスタジオ付近の売場が、最近リニューアルされて、とても素敵になりました。ではでは。」
ホルモンアワード関連のメールが続けて紹介され、宮崎開催を希望する生さんから「イオン宮崎」の情報を送ってくれましたが、ダイちゃんは「イヤだ」とゴネてました。「耳が恋した」は「ギン肉」の影響受けすぎだよなあ、何もかも長友ディレクターのせいだ。

他にも食べ合わせに関するメールが多数来ています。
③香川県丸亀市・ジューショックさん
「ダイスケはん、ナヲさん、おはこんばんちは。さつまいも大好きジューショックです。(畑田本舗のスイートポテトマジおすすめです)
というわけで、食い合わせのことなんですが、時期的にも年末年始に差し掛かるタイミングなので、我が地元香川県の郷土料理・あんもち雑煮をぜひ試していただけないでしょうか?話題に上がる度に『それ絶対まずいやろ』と言われ、果てには『うどんばっか食いよるから、味覚がおかしいんちゃう?』とまで言われる始末。本当に悔しいです!だもんで、ホルモンの2人にあんもち雑煮のリポートをお願いしたいと思います。塩豆大福がありなら、あんもち雑煮もありやと個人的には思います」
「あんもち雑煮」とは、白味噌仕立てのスープにあんこ餅(丸い形)が入ってあり、江戸時代から讃岐地方でよく食べられています。ダイちゃんは「あんもち雑煮」が大好きで、上京するまでは当たり前だと思っていたんだとか。みそ汁とあん餅を一緒に混ぜて食べると甘しょっぱい味になるという。関東出身のナヲちゃんも「食べてみたい」と興味を示しております。


そんなわけで、この続きはPART3で…。




にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ



有馬記念2012枠順発表!世相馬券も考えてみました。

2012年12月21日 | 競馬
中央競馬の2012年最後のGIレース・第57回有馬記念(12月23日@中山競馬場)の枠順が、20日に発表されました。運命の枠順はこちら!



1-1 ローズキングダム(牡5、岩田康誠)
1-2 エイシンフラッシュ(牡5、M.デムーロ)
2-3 スカイディグニティ(牡3、C.スミヨン)
2-4 アーネストリー(牡7、福永祐一)
3-5 ネヴァブション(牡9、田中勝春)
3-6 オーシャンブルー(牡4、C.ルメール)
4-7 ダイワファルコン(牡5、北村宏司)
4-8 トレイルブレイザー(牡5、武豊)
5-9 ルーラーシップ(牡5、C.ウィリアムズ)
5-10 ダークシャドウ(牡5、R.ムーア)
6-11 トゥザグローリー(牡5、蛯名正義)
6-12 オウケンブルースリ(牡7、田辺裕信)
7-13 ゴールドシップ(牡3、内田博幸)
7-14 ビートブラック(牡5、石橋脩)
8-15 ナカヤマナイト(牡4、柴田善臣)
8-16 ルルーシュ(牡4、横山典弘)


今年はGI馬7頭が参戦し、皐月賞&菊花賞の牡馬クラシック2冠を果たしたゴールドシップが7枠13番、GI2戦連続3着のルーラーシップが5枠9番、秋の天皇賞馬・エイシンフラッシュは1枠2番、春天覇者・ビートブラック7枠14番、アメリカのブリーダーズカップターフに挑戦したトレイルブレイザーが4枠8番、今年JRAGI6勝の岩田康成騎手はローズキングダムに騎乗し、ローキンは1枠1番に入りました。

ファン投票1位・オルフェーヴル、GI4勝を挙げたジェンティルドンナが不在と例年より盛り上がらだろう今年の有馬記念。その中でGPホース最も近いのは3歳馬のゴールドシップではないかと思います。今年は5戦4勝の好成績、皐月賞では道悪をモノともせず勝利。菊花賞では1番人気に応えて見せました。連勝中の勢い、55キロの軽斤量、皐月賞と同じ7枠と好材料が揃っています。
過去に芦毛馬が有馬を勝ったのはオグリキャップ1頭のみ。メジロマックイーン、ビワハヤヒデ、セイウンスカイといった芦毛の名馬たちも有馬では勝てませんでした。今回ゴールドシップが勝てば、史上2頭目の快挙となり、オグリと肩を並ぶのではないでしょうか。
古馬勢では、ファン投票2位のルーラーシップに期待が寄せられています。今年4月にクイーンエリザベス2世カップで優勝、宝塚記念ではオルフェに次ぐ2着、秋の天皇賞で3着、ジャパンカップでも3着と上位に入っています。これまで国内GI7度挑戦して未だ勝利なし。父・キングカメハメハ、母・エアグルーヴが果たせなかった有馬記念制覇の夢を今年こそ叶えられるか?スタートで出遅れなければ、GI制覇も行けるはずだ。


さてさて、「有馬記念の世相馬券を考える」のコーナーが今年もやってまいりました。
ロンドン五輪、金環日食などの理由で「金」が今年の漢字に選ばれ、東京スカイツリー開業、山中伸弥教授がノーベル賞受賞、自民党政権復帰など色々ありました。
・今年の漢字馬券「金」…ゴールドシップ、ステイゴールド産駒(ナカヤマナイト、オーシャンブルー)
・ロンドン五輪関連…ローズキングダム(バラの王国、イギリスつながりの馬名)イギリス出身のライアン・ムーア騎手が騎乗するダークシャドウ
・今年の有馬記念は「天皇誕生日」に開催…天皇賞馬のエイシンフラッシュとビートブラック、12月23日「⑫ー②-③」
・マヤ文明の「2012年12月21日人類滅亡説」…「⑫-②-①」
・東京スカイツリー開業…「スカイ」ディグニティ、3連単で「⑥-③-④」 
・自民党政権復帰…294議席だから「②-⑨-④」
・日本維新の会…エ「イシン」フラッシュ、石原慎太郎の「石」→「①-④」、橋下徹の「橋」→「⑧-④」
・第三極政党…3がらみ(3番、3枠の馬)
・韓国大統領選挙で朴槿恵(パク・クネ)氏が当選し、韓国で初めての女性大統領誕生…「⑧-⑨」(パク)
・尖閣諸島&竹島の領土問題…周りが海に囲まれている→オーシャンブルー、中国船の相次ぐ領海侵犯→船=「Shio」だから、ゴールド「シップ」、ルーラー「シップ」
・イチローヤンキース移籍…背番号「31」→「③-①」
・尼崎連続殺人事件…主犯・角田美代子→「すみ」のつくもの "スミ"ヨン騎手(スカイディグニティ)、"角"居勝彦厩舎(ルーラーシップ)、美代子→「③-④-⑤」
・中央道笹子トンネル崩落事故…ダークシャドウ(ダーク→トンネルは暗い、中央自動シャドウ)

というわけで、世相サインをいくつか考えてみました。昨年は「絆」で「オルフェーヴル&池添謙一」、維新の会→エイシンフラッシュが来ましたが、今年は「金」にちなんで、ゴールドシップなどのステイゴールド産駒、「スカイツリー」でスカイディグニティが来るのではないかと思われます。天皇誕生日で天皇賞馬が馬券に絡むというのもあるかもしれないなあ。とにかく、信じるか信じないかはあなた次第ですっ。


にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ



ダイスケはん&ナヲのギンギラギンにさりげ肉 2012.11.24~11.30 PART1

2012年12月19日 | マキシマムザホルモン
マキシマムザホルモン ダイスケはん&ナヲの
ギンギラギンにさりげ肉!


ナヲ:「よいしょーっ!いよっ、やって参りました!ギンギラギンにさりげ肉の時間となりました!よいしょーっ!」ナヲちゃん、オープニングからやかましいぞ。
ダイスケはんの話によると、 HOT SQUALLの赤間さんは「ギン肉」を毎回聴いていて、10月にダイちゃんがHOT SQUALLのライブに行った時、赤間さんが「出してくださいよ!」とゲスト出演を直訴。その話を聞いたナヲちゃんは、赤間さんに急遽生電話。

さっそく電話をかけると、赤間さんがすぐに出てきました。
ナヲ:「もしもし、お世話になってます。赤間さんでよろしかったでしょうか?」
赤間:「そうです」
ナヲ:「三度の飯より?」 赤間:「飯が好き!」
ダイ:「おい赤間、お前『ラジオ出たい出たい』言うてたから、いま電波に乗っかってるぞ。お前の声が」
ナヲちゃんが「抱腹絶倒の自己紹介をしろ」と要求すると、「HOT SQUALLボーカルの赤間でシュッシュ!」うーん、抱腹絶倒とはいえないかも…。念願のギン肉の出演が叶った赤間さんは、「もっとちゃんと前に言ってくださいよ~!」とダイちゃんに泣きつく。いきなりだったから心の準備ができてなかったんでしょうね。ダイちゃんが「全国22局に流れてる」と伝えると、「マジッすか!」と驚いてました。
HOT SQUALLの残りのメンバーも登場し、「イエーイ!」と大喜び。3人が集まっている理由について聞かれると、打ち合わせをやっていたそうです。赤間さんはテンションが上がったのか「ヤベエ!はちゅしゅちゅえん!」と噛みまくり。知らない電話番号が出た時は、「何かの請求かなと思った」そうだ。赤間さん、何か有料系のやつをやってたのか?
せっかく電話に出たので、得意のモノマネをやってもらう事に。赤間氏曰く「最近広島でゲットしたつるっつるのモノマネ」を披露。まずはサザエさんのアマゴさんから「さっそくづくん(?)」すいません、何と言ったのか分かりませんが…。この番組では鉄板とも言われている「スティッチ」にも挑戦。キャラクター自体知らないだろう赤間さん、自分なりのスティッチはこんな感じでした。「じゃ、フグ田君」それ穴子さんじゃねえか!ホルモンの2人も思わず大爆笑し、ナヲちゃんが赤間氏に「50万ポイント」を進呈。最後に「ラジオ最高!」と3たび穴子さんのモノマネを披露した赤間さん、最高のネタありがとうございました。


もう1件生電話をしようとする2人、マッキンさんの武田信玄のモノマネも聞きたいけど、ラストに置いといて、OVER ARM THROWの菊池信也さんにかけてみるが、「電話に出る事ができません」のアナウンス音が流れました。ダイちゃんが留守番電話のメッセージを入れ、「菊池君、穴子です」とアナゴさんのモノマネをしてました。「あんまり似てないな」と言ってましたが、アナゴっぽさが出てましたよ。
メッセージの続き。「あのー、ニューヨークヤンキースの方で、イチロー選手との交換トレードが成立いたしましたので、その旨お伝えしました。これ聴きましたら、折り返しお電話を事務局の方に頂けますでしょうか?ありがとうございました。GM(ゼネラルマネージャー)でした。」菊池さんがウソ留守電を聞いたら、間違いなく噴き出すでしょう。

モノマネの達人である菊池さんが空振り。ナヲちゃんはラストチャンスのつもりでマッキンに生電話。
ナヲ:「もしもし?まさのり?信玄ですか?」 ダイ:「武田信玄さんですか?」
武田信玄ことマッキンさんは、都内某所でウンコをしていたそうです。自己紹介で「Good 4 Nothingの…ッキンです」と「マッキン」の「マ」が聞き取れませんでした。
マッキン:「ラジオ?」そう疑い気味ですが、あなたはいまラジオに出ています。「そろそろ武田信玄やってくれないかな」とダイちゃんが頼むが、「もうええて~。たまにお客さんに言われるから…」と拒むマッキン。番組内でも「マッキンに武田信玄やってくれと言ったら、『またあれか』と天狗になっていた」というチクリメールが紹介されました。
ナヲちゃんから「新しいモノマネのレパートリーが出来た」という情報が入ったそうですが、マッキンは「できてません!」と完全否定。まずは電話に出た人がみんなやっているスティッチに挑戦してもらいます。マッキンも全然わからないようで、マッキン風のスティッチはどんな感じになるのか?「クークー!」動物の鳴き声ですか?ラストにお待ちかねの武田信玄をどうぞ!「風林火山っ!」マッキンさん、トイレ中に失礼しました。

いやあマッキンさん、笑いのセンス持ってますね~。急なムチャぶりでもしっかり笑いを取るんだからなあ。というわけで、PART1はここまででーす。


にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ