日刊魔胃蹴

暑すぎてつらい。

砂のダービーも武豊&ハーツクライ産駒!ノットゥルノが3歳ダート王に輝く!

2022年07月13日 | 競馬

3歳世代のダート王者決定戦・第24回ジャパンダートダービー(GⅠ・ダート2000m 14頭立て)が13日、東京・大井競馬場で行われました。JRAからはデビューから3戦負けなし③ハピ、兵庫チャンピオンシップで9馬身差の圧勝⑥ブリッツファング、ユニコーンステークスを制した⑦ペイシャエス、ダート初挑戦⑬コマンドライン、ダート転向後4戦2勝⑭ノットゥルノ、JBC2歳優駿を制した⑨アイスジャイアント、中東遠征も経験①セキフウの7頭が参戦。地方勢からは東京ダービー2着⑧クライオジェニック(大井)、同じく3着⑩リコーヴィクター(大井)、兵庫ダービー馬⑪バウチェイサー(兵庫)、高知優駿覇者⑫ガルボマンボ(高知)らが参戦しました。


単勝の人気は、1番人気ブリッツファング(3.0倍)、2番人気ハピ(4.1倍)、3番人気ペイシャエス(4.7倍)、4番人気ノットゥルノ(5.6倍)まで10倍以下。その後はコマンドライン、セキフウ、リコーヴィクター、アイスジャイアント、④トーセンエルドラドと続きました。

スタートでセキフウがダッシュつかず。スタンド前の先行争いでバウチェイサー、リコーヴィクター、ブリッツファング、ペイシャエスらが行く中、リコーヴィクターが先手を奪う。コマンドラインやノットゥルノも先団グループに加わる。セキフウとアイスジャイアントは中団より後ろ、ハピは最後方で1コーナーを回った。
2コーナーから向正面に入り、リコーヴィクターが先頭、2番手ブリッツファング、3番手コマンドライン。4番手グループにはペイシャエス,バウチェイサー,ノットゥルノの3頭が並走。内側7番手トーセンエルドラド(大井)、8番手クライオジェニック、9番手ガルボマンボ。10番手セキフウ、11番手⑤コスモファルネーゼ(大井)、12番手②キャッスルブレイヴ(船橋)、ハピは13番手、アイスジャイアントは大きく離されて最後方を走る。
外回り3コーナーを過ぎて、ファングがリコーをかわして先頭に浮上。ノットゥルノが3番手に上り、エス4番手、クラジェネ5番手。後方にいたハピも外から猛追。コマンドは後退。
4コーナーから直線コースのところで、ブリッツファングが先頭、ノットゥルノが2番手、ペイシャエス3番手、ハピ4番手。残り200mでノットゥルノが先頭に変わり、3番手からエス、外からハピが差を詰める。ゴール前でエスがファングをかわして2番手に上がったが、ノットゥルノが先頭ゴールイン!ペイシャエス2番手、ブリッツファング3番手、ハピは4番手でゴール。



【ジャパンダートダービー全着順】
1着⑭ノットゥルノ     2分04秒6
2着⑦ペイシャエス      3/4馬身
3着⑥ブリッツファング    1/2馬身
4着③ハピ          1/2馬身
5着⑧クライオジェニック    10馬身
6着④トーセンエルドラド
7着⑤コスモファルネーゼ
8着②キャッスルブレイヴ
9着⑫ガルボマンボ
10着①セキフウ
11着⑩リコーヴィクター
12着⑨アイスジャイアント
13着⑪バウチェイサー
14着⑬コマンドライン

【払戻金】
単勝 ⑭ 560円
複勝 ⑭ 160円  ⑦ 160円  ⑥ 140円
枠複 5⃣-8⃣ 1,070円
枠単 8⃣-5⃣ 2,050円
馬複 ⑦-⑭ 1,030円
馬単 ⑭-⑦ 2,310円
ワイド ⑦-⑭ 370円  ⑥-⑭ 310円  ⑥-⑦ 300円
三連複 ⑥-⑦-⑭ 1,170円
三連単 ⑭-⑦-⑥ 8,090円


不良馬場の中で行われたJDDは、単勝4番人気のノットゥルノが優勝。4コーナー手前で2番手に上がると、最後の直線で1番人気のブリッツファングと叩き合いに。残り200mで抜け出し、ペイシャエスとハピの追撃を抑えました。3番人気のペイシャエスは2着、ブリッツファングはゴール前かわされて3着。2番人気のハピは4着。後方追走から大外一気の追い込みを見せるも及ばず。それでも上がり3ハロン「37.8秒」はメンバー最速を記録しました。
その他、クライオジェニックが地方勢最高の5着、高知のガルボマンボがセキフウに先着すると、兵庫のバウチェイサーもコマンドラインより先にゴール。コマンドラインは序盤は前の位置にいたけど、最後ズルズル沈みました。芝マイル戦で連勝した後、2000mのホープフルステークスで惨敗してからおかしくなりましたなぁ。

重賞初勝利のノットゥルノは栗東・音無秀孝厩舎に所属し、父はハーツクライ、母はシェイクズセレナーデ。今年3月の3歳1勝クラスで勝った後、伏竜ステークスと兵庫CSで2戦連続2着。この日は兵庫CSで敗れたブリッツファングに雪辱を果たし、GⅠ初制覇を果たしました。ダート転向後は5戦3勝、連対率は10割キープと成績安定です。
鞍上の武豊騎手は、2005年のカネヒキリ以来となるJDD通算4勝目。今年5月の日本ダービーではドウデュースに乗って優勝しており、芝とダートのダービーW制覇を達成。しかも同じハーツクライ産駒です。過去には2005年にディープインパクト&カネヒキリという同じ「金子真人ホールディングス」の馬でダブル制覇を果たしました。ノットゥルノも金子馬なので、クロフネやカネヒキリみたいにダート界の横綱級になってもらいたいです。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

飛躍の夏だ!プロキオンステークス&七夕賞

2022年07月10日 | 競馬

7月10日は福島競馬場でサマー2000シリーズの開幕戦・七夕賞、小倉競馬場はダート重賞のプロキオンステークスが行われました。昨年のプロキオンは3連単で194万円を超える高配当が出ましたが、今年も波乱となったのか。


第27回プロキオンステークス(GⅢ・ダート1700m 16頭立て)は、芝とダートのW重賞制覇に挑む⑯ラーゴム、前走3馬身差の快勝⑮サンライズウルス、昨年このレースで2着⑪トップウイナー、同レース3着⑤メイショウウズマサ、ダートGⅠ馬②サンライズノヴァ、小倉ダート1700mで勝利経験のある⑫ゲンパチルシファー、①エアアルマス、⑧エクレアスパークル、⑬ユニコーンライオン、⑦アルドーレなどが参戦。
スタートでサンライズウルスが遅れたのに対し、メイショウウズマサが好ダッシュを見せる。メイショウウズマサが行くかと思いきや、エアアルマスも先手を主張。ユニコーンライオンとエクレアスパークルとトップウイナーが3番手争い、ゲンパチルシファー6番手、ラーゴムは7番手、アルドーレは中団グループ、サンライズウルスはしんがりで1コーナーを回る。
向正面に入り、先頭集団はエアアルマス・メイショウウズマサ・トップウイナーの3頭がひしめく。エクレアスパークスが4番手、5番手にゲンパチルシファー、ラーゴム外側6番手、ユニコーンライオン7番手。中団グループにはアルドーレ,サクラアリュール,ヒストリーメイカーの3頭が固まり、11番手グループには④エブリワンブラック・③ロードレガリス・⑭ヴェルテックス・⑥アンセッドヴァウの4頭・15番手サンライズノヴァ、サンライズウルスは最後方。
3コーナーを回るところで、ユニコーンはズルズル後退。今度はアルマスが先頭に立つが、ウズマサも抵抗。ルシファーが4番手に上がり、外からヒストリーも上がって来る。ラーゴムは中団馬群より外の位置につけ、アルドーレは後方に下がる。
4コーナーから最後の直線に差し掛かり、ゲンパチルシファーがエアアルマスとメイショウウズマサを捕らえて先頭に立つ。2番手からヒストリーメイカー、さらにサクラアリュールが馬群を割いて追い上げる。残り100mを切って前を行くルシファーにヒストリーが外から接近、後続ではロードレガリスが猛追するが、ゲンパチルシファーがそのまま1着ゴールイン!ヒストリーメイカー2番手、3番手にサクラアリュールが入線。

2年連続の小倉開催だったプロキオンステークスは、4番人気のゲンパチルシファーが直線早めに抜け出し、後続の追撃を抑えて優勝。2着には14番人気のヒストリーメイカー。デビュー2年目の小沢大仁騎手、重賞初制覇まであと一歩でした。3着も12番人気のサクラアリュールが入り、3連単で719,650円と今年も荒れたレースとなりました。
3番人気のアルドーレは10着、2番人気のサンライズウルスはスタートで後手を踏んだのが響いて11着、1番人気のラーゴムは12着と人気上位3頭は全て2桁着順に沈みました。ラーゴムとアルドーレは共にオルフェーヴル産駒で期待してたのですが・・・。
重賞初制覇のゲンパチルシファーは、昨年10月の白川郷ステークス以来となる通算5勝目。トゥザグローリー産駒は2021年のカラテ以来の重賞制覇。鞍上の川田将雅騎手と佐々木昌三調教師はこのレース初勝利です。川田騎手とは2020年1月の小倉城特別で一度コンビを組んで勝利。今回再びルシファーに騎乗し、重賞制覇に導きました。この馬は小倉ダートで5戦2勝・2着1回・3着2回と常に上位で好走しています。重賞タイトルを手にしたけど、この秋のダートGⅠ参戦はあるのでしょうか。




福島メイン・第58回七夕賞(GⅢ・芝2000m 16頭立て)は、⑭トーラスジェミニ、②ロザムール、⑨ショウナンバルディ、⑤マウントゴールドと昨年の1~4着馬が揃い踏み。さらには春の天皇賞4着⑥ヒートオンビート、福島記念2着③ヒュミドール、福島民報杯で圧勝した⑪アンティシペイト、小倉記念優勝⑫モズナガレボシ、⑩ヤマニンデンファレ、⑬プリマヴィスタ、⑧フォルコメン、菊花賞で1番人気⑦レッドジェネシス、⑯エヒトが参戦しました。
スタートは16頭揃って飛び出し、好スタートを見せたロザムールがスッと先手を取り、トーラスジェミニが2番手、フォルコメン3,4番手。ヤマニンデンファレ5番手、ヒュミドールは最内8番手、ヒートオンビートは10番手、アンティシペイトは中団より後ろのポジション、モズナガレボシが後方2番手でスタンド前を過ぎて行った。
1,2コーナーで縦長の展開となり、ロザムール単独先頭、トーラスジェミニ2番手、3番手フォルコメン、4番手④エヴァ―ガーデン、5番手ヤマニンデンファレ。6,7番手のところにエヒトとヒュミドールが並び、8番手ショウナンバルディ、9番手アンティシペイト、10番手マウントゴールド、11番手ヒートオンビート。後方勢は①シークレットランと⑮ヴァンゲドミンゴが12,13番手、14番手からレッドジェネシスが追い出し開始。その後ろでモズナガレボシとプリマヴィスタが並走。
3,4コーナー中間地点で、ロザムールがまだ逃げて、フォルコ2番手、エヒトが3番手に上がり、エヴァガー4番手。ペイトが外から捲って上昇、ヤマデンもつれて上がって来る。ヒートはまだ中団の位置。
4コーナーで先頭争いはロザムール・フォルコメン・エヒトの3頭が並び、直線に入ってすぐエヒトが抜け出して単独先頭。残り200mでアンティシペイトが2番手に上がり、ヒートオンビートが大外からやって来たが、エヒトが一気に突き放す。残り100mでヒートがペイトを抜いて2番手になるも追撃はここまで。エヒトが後続を寄せ付けず1着でゴールし、七夕賞を制しました。


夏の福島の名物重賞は、6番人気のエヒトが快勝し、重賞初制覇。1番人気のヒートオンビートは2着。3着には2番人気のアンティシペイトでした。3番人気だったヒュミドールは5着。連覇を狙ったトーラスジェミニは最下位の16着。トップハンデ57.5Kgが影響したと思います。他にもショウナンバルディ11着、ロザムール12着、マウントゴールド14着と昨年の上位メンバーはみんな2桁着順でした。
勝ったエヒトは、森秀行厩舎に所属し、父がルーラーシップ、母がヒーラ。重賞はこれまで3度挑戦するも5着以内には入れず、4度目の挑戦で初めて勝利を収めました。鞍上の田中勝春騎手は、2019年の函館記念以来となる重賞勝ちを収めました。
この日は中団より前の位置を追走し、3コーナーで仕掛けると、4コーナーで先行勢に追いつき、直線で一気に突き放して最後は2馬身半差をつけました。前走の京都記念から5か月の休み明けだったけど、重賞ウィナーやGⅠ4着馬を抑えての圧勝。しかも「七夕賞レコード」のおまけまでつきました。馬名の意味はドイツ語で「本物」ですが、その名の通り、この馬の実力は本物かも?










  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新人女性ジョッキー・今村聖奈が重賞初騎乗初制覇!しかもJRAレコードだ!

2022年07月03日 | 競馬

上半期のGⅠシリーズも終わり、今週から夏のローカル開催がスタート。7月3日は小倉でサマースプリントシリーズの第2戦・CBC賞が行われ、今年デビューしたばかりの新人騎手が、衝撃の重賞デビューを果たしました。



小倉メイン・第58回CBC賞(GⅢ・芝1200m 17頭立て)は、昨年の優勝馬⑰ファストフォース、フィリーズレビュー3着②アネゴハダ、新人女性騎手の18歳・今村聖奈騎手が乗る⑤テイエムスパーダ、もう一人のルーキー・角田大河騎手騎乗の④シホノレジーナ、重賞2勝⑧タイセイビジョン、⑫スマートリアン、⑮スティクスなどが参戦しました。

スタートでスティクスとスマートリアンの8枠勢が好スタートを切り、スティクスが行くかと思いきや、今村聖奈のテイエムスパーダが先手を奪う。3番手集団は②アネゴハダ・③レジェ―ロ・⑬モントライゼ・ファストフォースの4頭が並び、中団馬群には①レインボーフラッグ・シホノレジーナ・⑩メイショウチタン・⑭タマモティータイム。11番手グループには⑯アンコールプリュと⑪カリボール、13番手⑩ロードベイリーフ、14番手タイセイビジョン、15番手スマートリアン、16番手⑥メイショウケイメイ、最後方⑦スナークスター。
3コーナーを回り、先頭のテイスパは前半600mを31秒7で通過。これは速すぎる!スティクス2番手、アネゴ単独3番手に浮上。ファスト4番手集団、ティータイムが大外から捲るように上昇。リアンとビジョンはまだ後方の位置だ。
4コーナー手前でテイエムスパーダが後続に差を拡げると、最後の直線でさらに突き放す。2番手からアネゴハダ、3番手スティックス、タイセイビジョンが最内を突いて追い込んでくるが、テイスパに追いつけそうにない。聖奈とテイエムスパーダのコンビは最後まで止まらず、そのまま先頭でゴールイン!2着争いはタイセイビジョンがゴール前でアネゴハダをかわしました。




18歳の女性ジョッキー・今村聖奈騎手がもの凄い快挙を成し遂げました!テイエムスパーダとのコンビでCBC賞を圧勝し、藤田菜七子騎手に次ぐ日本人女性騎手史上2人目のJRA重賞制覇と同時に、重賞初騎乗初制覇を達成しました。過去には武幸四郎氏、池添謙一騎手などが達成していますが、女性騎手では初めての偉業となります。勝ちタイム1分05秒8は、芝1200mのJRAレコード!昨年のCBC賞でファストフォースが出した1分06秒0を0.2秒も更新しました。
テイエムスパーダから3馬身半も離れた2着には3番人気のタイセイビジョンが入り、1番人気のアネゴハダは3着。昨年の優勝馬のファストフォースは12着。スタート前の落鉄が影響したのでしょうか。角田大河騎手のシホノレジーナは14着でした。
今村騎手に重賞初制覇をもたらしたテイエムスパーダも、これが重賞初勝利。前走の皆生特別に続いての連勝で通算4勝目をマーク。前半に殺人的なハイペースで飛ばすから後半ガス欠するかと思われましたが、今村騎手のムチでもう一段加速しました。小倉コースでは4戦3勝・2着1回と連対率100%。当然ながら次走は北九州記念で、鞍上は聖奈ちゃんで行くでしょう。

今村聖奈騎手は、元騎手で現在は調教助手の今村康成氏の長女として生まれ、2019年に競馬学校に入学し、今年2月卒業。3月に騎手デビューすると、デビュー17戦目で初勝利。5月7日から6月19日までの間は7週連続勝利を果たしました。今週末は小倉に参戦し、土曜日に1勝を挙げると、日曜日はCBC賞の後の最終12レースにも勝ち、2日間で3勝を記録。ここまで19勝を挙げ、新人騎手でトップの成績。来週にも20勝を到達するかもしれないし、あと12勝すればGⅠレースにも騎乗可能です。
レース後の勝利騎手インタビューでは嬉しすぎてハイテンションになるか、照れまくるか、泣くかと思いましたが、堂々とした受け答えを見せておりました。積極果敢な騎乗と同様、18歳とは思えない強心臓ぶりですな。
「女性新人騎手最多勝」、「7週連続勝利」、「重賞初騎乗初制覇&レコード勝ち」と様々な記録をうちたてていますが、このまま行けば「女性騎手JRA年間最多勝記録」の更新どころが年間50勝の可能性もあるでしょう。古川騎手の大活躍ぶりに、藤田菜七子騎手や古川奈穂騎手、永島まなみ騎手の先輩女性ジョッキーたちも刺激を受けているはず。菜七子も3年前の輝きを取り戻してほしいし、古川騎手と永島騎手もさらに勝ち星を積み上げてほしいです。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする