日刊魔胃蹴

暑すぎてつらい。

MAZDAオールスターゲーム2011第1戦 セリーグが怒涛の8連打&一発攻勢で逆転勝ち。

2011年07月23日 | Sports

セ・パ両リーグを代表する選手が集結するプロ野球真夏の祭典・MAZDAオールスターゲームが今年も開幕。今回のオールスターは10年ぶりとなる3日間開催で、22日の第1戦は中日ドラゴンズの本拠地・ナゴヤドームにて行われました。初戦はセリーグ中継ぎ&救援陣総動員、ルーキー・斎藤佑樹投手の球宴初登板など見どころ満載でしたが、お祭りらしくホームランがたくさん飛び出しました。


第1戦のスタメン
セリーグ
1(左)マートン(阪神)
2(中)青木宣親(ヤクルト)
3(一)畠山和洋(ヤクルト)
4(三)村田修一(横浜)
5(指)バレンティン (ヤクルト)
6(右)長野久義(巨人)
7(二)井端弘和(中日)
8(捕)相川亮二(ヤクルト)
9(遊)荒木雅博(中日)
 (投)岩瀬仁紀(中日)

パリーグ
1(遊)川宗則(ソフトバンク)
2(二)本多雄一(ソフトバンク)
3(指)稲葉篤紀(日本ハム)
4(一)小久保裕紀(ソフトバンク)
5(三)松田宣浩(ソフトバンク)
6(左)中田 翔(日本ハム)
7(中)糸井嘉男(日本ハム)
8(右)坂口智隆(オリックス)
9(捕)銀仁朗(西武)
 (投)寺原隼人(オリックス)

セリーグはヤクルトから4選手がスターティングメンバーに名を連ね、中日からは荒木と井端がスタメン入り。対するパリーグはソフトバンクから4人、日ハムから3人が先発出場。初戦の先発投手は、セリーグは中日の守護神・岩瀬投手、パリーグはオリックスの勝ち頭・寺原投手が担当。


試合序盤はパリーグが優位に進めます。1回、川崎が岩瀬の高めのスライダーを合わせて右中間へのシングルヒットを放つと、全セ右翼手・長野が後逸する間に川崎は一気に3塁進塁。続く本多が直球を叩きつけ、ショートへのタイムリー内野安打。ソフトバンク1,2番コンビの連打で1点を先制。続く2回、松田が全セ2番手・江尻慎太郎(横浜)からレフト線を破る2塁打を放ち、1死2塁で糸井がレフト前ヒット。2塁からマツダが生還し2点目。3回には稲葉が全セ3番手・榎田大樹(阪神)の3球目のストレートを捉え、ライトスタンドへのソロ本塁打で更に1点追加。3回を終えて3-0とします。
パリーグ先発・寺原はストレートを中心にセリーグ打線を翻弄。初回はマートン、青木、畠山の上位打線を打たせて取る形で3者凡退。2回はわずか6球で抑え、3回は井端に右中間を破る2塁打を浴びますが、後続をしっかり抑えて無失点。寺原は3イニングで1安打無失点で先発起用に応える好投でマウンドを降りました。
3点を追うセリーグは、4回に4番手の久保裕也(巨人)が味方の好守に助けられ3者凡退に抑えると、その裏に2死から村田が全力疾走で内野安打。続くバレンティンが全パ2番手・武田勝(日ハム)のチェンジアップをすくい上げ、右中間を深々と破る2塁打。1塁走者・村田が一気に生還して1点を返し、打ったバレンティンは送球が乱れる間に3塁まで進みました。
5回、全セは1死から相川がヒットで出塁すると、続く荒木が武田の3球目の直球を振り抜き、レフトポール際への大きな打球はそのままスタンドに飛び込む同点2ラン本塁打!これで3-3の振り出しに戻り、ここから全セが勢いに乗ります。マートンのヒット、青木の2塁打で1死2,3塁と勝ち越しのチャンスを掴み、畠山が低めのスライダーを上手くすくい上げ、レフトスタンドに飛び込む3ラン本塁打で6-3と逆転!なおも村田の内野安打で1死1塁の場面で、バレンティンが高めの球をフルスイング!打った瞬間にホームランとわかる打球は、左中間スタンドに突き刺さる2ラン本塁打!この回3本目の本塁打が出たその直後、長野も続き、初球を捉えてレフトスタンド一直線。何とこの回4本目のホームラン!しかも8連続ヒットと全セ打線がやりたい放題。滅多打ちにされた武田勝、大炎上でKO…。全パは3番手に斎藤佑樹(日ハム)が登場。
急遽マウンドに上がった斎藤は、最初の打者・井端を遊撃ゴロとしますが、相川と井端に連打を浴びて2死1,3塁とピンチを背負います。しかし、マートンを遊撃ゴロに仕留めて全セの更なる追加点を阻止。6回も続投し、青木にヒットを打たれるも、畠山を2塁ゴロ併殺打に打ち取り、村田を遊撃ゴロで3者凡退。オールスター初登板は無失点ピッチングでした。
9-3で全セ6点リードの7回、全パは先頭の糸井がフェンス直撃の2塁打で出塁すると、坂口が全セ7番手イム・チャンヨン(ヤクルト)を相手にファウルで粘り続け、最後は右中間へのタイムリー2塁打で1点を返します。なおも無死2塁の場面で、内川聖一(ソフトバンク)が代打で登場しますが、結果は3塁ライナー。この後も代打攻勢を仕掛けるも、中島裕之(西武)、井口忠仁(ロッテ)が揃って凡退。
8回、全パ5番手・岸田護(オリックス)が3者連続三振の快投を見せ、9回は全セ9番手・藤川球児(阪神)が先頭打者の糸井に2塁打を許すも、後続を抑えて試合終了。第1戦は一発攻勢を見せた全セが9-4で快勝しました。


マツダオールスターゲーム2011 2011/07/22(金)
セ・リーグ-パ・リーグ 第1戦 (セ・リーグ1勝、ナゴヤドーム、18:29、38008人)
パ・リーグ 111 000 100   4
セ・リーグ 000 180 00X   9
【投手】
(パ)寺原、武田勝、斎藤、森福(ソフトバンク)、岸田-銀仁朗、嶋(楽天)
(セ)岩瀬、江尻、榎田、久保、山口(横浜)、サファテ(広島)、
   林昌勇、浅尾(中日)、藤川-相川、石原(広島)
【責任投手】
(勝)山口1試合1勝
(敗)武田勝1試合1敗
【本塁打】
(パ)稲葉1号ソロ(3回、榎田)
(セ)荒木1号2ラン(5回、武田勝)、畠山1号3ラン(5回、武田勝)
   バレンティン1号2ラン(5回、武田勝)、長野1号ソロ(5回、武田勝)


ナゴヤドームで行われた第1戦は、オールスターに相応しい派手な試合展開になり、両チーム合わせて5本のホームランが生まれ、まるで「花火大会」のような感じでした。序盤の3イニングはパリーグが一方的だったんですが、セリーグ打線が全パ2番手・武田勝投手を攻めまくり、5回に打者13人で8連打&4本塁打で一挙8得点を奪う猛攻で逆転。全セの8連打、1イニング4本塁打はいずれもオールスター新記録です。9失点を喫して敗戦投手となった武田勝投手は、今までのプロ野球人生でボコボコにされたのは初めてじゃないかと思います。
第1戦の表彰選手は、最優秀選手にはヤクルトの畠山選手が選ばれて賞金300万円獲得。敢闘選手賞にはセリーグからバレンティン(ヤクルト)、パリーグからは3回1失点と先発の役目を果たした寺原投手が選出され、それぞれ100万円を手にしました。
それにしても今回はヤクルト勢が攻撃面で目立ちました。決勝3ランを放った畠山選手は、打った瞬間にガッツポーズを見せて、ホームランを確信しておりましたね~。バレンティン選手は4回に反撃のタイムリー2塁打、5回は2ラン本塁打を放ち2安打3打点。他にも青木選手と相川捕手が共に2安打のマルチヒットを記録しました。セリーグ首位の勢いは凄いっ。
一方のパリーグは、寺原投手が良いピッチングをしたのに、武田勝投手がぶち壊しました。3番手で登板した斎藤投手は、名前が告げられると場内から大歓声が湧き、初めての球宴で緊張もあったと思われましたが、プレッシャーをはねのけて1回2/3を投げて無失点という内容でした。打線の方は稲葉選手が3回にソロ本塁打、糸井選手が3安打猛打賞。他にも坂口選手が2安打1打点。

ソフトバンク勢はこの試合6人が出場し、川崎選手は先制点の足がかりとなるシングルヒットを放って先制ホームを踏めば、本多選手は2安打1打点。松田選手は最初の打席で2塁打。全パの4番を務めた小久保選手はノーヒットに終わりました。そして、肉離れで戦列から離れていた内川選手がオールスターに間に合い、代打で登場しましたが、結果はサードライナー。ヒットで復活を印象付けたかったですね~。7回裏に4番手で登板した森福允彦投手は、坂本勇人(巨人)から三振を奪い無失点。オールスター初登板でいいピッチングを披露しました。

23日の第2戦は、千葉ロッテマリーンズの本拠地・QVCマリンフィールドにて行われます。ロッテからは唐川投手や里崎捕手が出場するじゃないでしょうか。パリーグの巻き返しはあるのか、それともセリーグが連勝するのか?第2戦はデーゲーム開催で14時試合開始です。ナイターじゃないのでお間違いなく。




にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ



コメント (1)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
« 鷹の祭典最終日!西武に3連... | トップ | MAZDAオールスターゲーム2011... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
プロ野球同好会(名前検討中 (村石太マン&ニーレディ)
2011-07-23 10:19:45
荒木選手 同点ツーラン 凄かったです。
武田勝投手 かわいそうでしたね。
セリーグ ストッパー投手リレー おもしろかったですね。
記録にこだわる 落合監督采配 ですね。
2011年7・22 オールスターゲーム 

Sports」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

10 トラックバック

オールスターの結果 「宗ぽん」ホークス1、2番コンビで先制も報われずセリーグ逆転で先勝!! (はちたかランド2~鷹と80年代JPOPとともに~)
オールスターの結果(オールスター第一戦・22日) ×パリーグ4-9セリーグ○ P 111 000 100 4 C 000 180 00× 9 勝ち投手(S) 山口(横浜) 負け投手 武田勝(日ハム) ホームラン パリーグ 稲葉(日ハム・3回) セリー...
マツダオールスター第1戦 (あしたはきっとやってくるさ!)
全  セ ○9-4● 全  パ   
〔オールスター2011〕第1戦 シーズン中にも無い様なホームラン攻勢でセが先勝ち! (しっとう?岩田亜矢那)
昨日のフレッシュオールスター 鄭凱文がボカスカに打たれたから言う訳ではないが 「ストレート勝負以外出来ない、という風潮は如何なものか?」 とMBSラジオでもジョニー黒木らが散々警鐘を鳴らしていた。 そのお蔭で折角の投手戦が台無しになってしまった。 チキン清...
〔オールスター2011〕第1戦 シーズン中にも無い様なホームラン攻勢でセが先勝ち! (こちら、きっどさん行政書士事務所です!)
昨日のフレッシュオールスター 鄭凱文がボカスカに打たれたから言う訳ではないが 「ストレート勝負以外出来ない、という風潮は如何なものか?」 とMBSラジオでもジョニー黒木らが散々警鐘を鳴らしていた。 そのお蔭で折角の投手戦が台無しになってしまった。 チ...
プロ野球マツダオールスターゲーム2011第1戦 (FUKUHIROのブログ・其の弐)
(ナゴヤドーム) パシフィック111 000 100=4 セントラル 000 180 00X=9 <投手> (パ)寺原〔オリックス〕-武田勝〔日本ハム〕- 斎藤佑〔日本 ...
オールスターin名古屋 (FREE TIME)
今日から2011年プロ野球オールスターゲーム3連戦。 第1戦はナゴヤドームにてプレーボール。
2011オールスター第1戦 (いすみマリーンズ)
マツダオールスターゲーム第1戦~ナゴヤドーム パ・リーグ 111000100 4
【おとなの遠足+生観戦記】7/22 リニア・鉄道館とナゴドのオールスター(セ9-4パ)<mobile ver.>~帰宅後編集あり (ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2)
【帰宅後関連記事等へのリンクの追記、画像の編集あり】 (Ser.5606・2374日連続更新) 日付変わって、昨日は名古屋へ。 朝7時少し前に家を出て、小田原から新幹線のグリーン特典を有効活用して名古屋まで。 名古屋からはあおなみ線で金城ふ頭まで初乗り。 ←クリック...
0722 マツダ・オールスターゲーム2011? ~記録ずくめのオールスター開幕戦~ (かもめ中心すたいる。 ~A Seagull flies across Chiba~)
 今夜から、マツダオールスターゲームが3戦始まります。  第1戦の舞台は、尾張名古屋・ナゴヤドーム。 4-9  記録ずくめの、ナゴヤドーム第1戦になりました。特に、1イニング5アーチとまさるさんをボコボコにしてしまった・・・  ハタケも、マ...
オールスター2011第1戦、大花火大会でセ・リーグ勝利 (自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガース)
夏と言えばオールスターゲーム。1戦目はお祭りらしく大花火大会になった。