日刊魔胃蹴

暑すぎてつらい。

ダイスケはん&ナヲのギンギラギンにさりげ肉 2013.5.18~5.24 PART1

2013年06月30日 | マキシマムザホルモン
マキシマムザホルモン ダイスケはん&ナヲの
ギンギラギンにさりげ肉っ!!



5月18日~24日放送分のギン肉は、ナヲちゃん曰く「根性の3本録りの3週目」でございます。今回もオープニングからホルモンのお友達バンドからのメッセージを紹介。
自己紹介前、某バンドのメンバーたちのFacebookから、「津田大輔」になりすました人から「友達申請」が来ていて、ダイスケはん本人だと思って承認したらしい。偽物だと分かった瞬間、「そっちの流れだった?やらかされた!」と失意に陥りました。
というわけで、今回はこの人たちです!
「マキシマムザホルモンのギンギラギンにさりげ肉をお聴きのみなさん、そして、ダイスケはん、ナヲちゃん、おはこんばんちは!the telephonesです!
ボーカルの石毛輝さんは、挨拶の時に「ナヲちゃん」と呼んでしまい、「ナヲさんです!ごめんなさい!」と詫びを入れました。ナヲちゃんは御年37歳でございます。そういう私も「ナヲちゃん」と呼んでます。シンセサイザーの「ノブ」こと岡本伸明さんは、「腹ペコペッコリのノブです」と自己紹介してました。
Telephonesとホルモンは、昨年の「オヤジ狩られTOUR 2012」の大阪公演で対バンを実施。ライブ当日に「ディスコ禁止令」が出され、リハーサルで「I Hate DISCOOOOOOO!!」の「ディスコ」の部分を「ジャスコ」に変えて連呼しておりました。この時「先輩恐いな…」と思ったけど、「ジャスコはジャスコで切れ味が良かった」と好感触を得たそうです。石毛氏によると「ディスコで限界を迎えたらジャスコに変更する」と示唆しています。
そんなthe telephonesは、今年3月に1stシングル『Keep Your DISCO!!! / Ring a Bell』、さらに4月17日にはニューアルバム「Laugh,Cry,Sing… And Dance!!!」をリリース。現在は全国ツアーを実施していて、7月21日にはツアーファイナル公演「野音 DE DISCO!!!」が日比谷野外音楽堂で行われます。
お別れ前に自分たちの曲紹介をノブさんが担当。しかし、「ダイスケさん、ナヲさん、しみゆうさん…。俺は続けていきますよ!何を?準備はいいですか!?」なぜ3人の名前を呼ぶ!?曲はどうした?忘れましたか…。

Telephonesからのコメントを聴いたダイスケはんは、「バカだなあ。ノブは」とノブさんのミスをダメ出しを入れる。「バカと思ったけど、あそこまでバカとは思わなかった」と呆れてあります。ナヲちゃんは同じドラマー仲間の松本誠治さんについて話し始め、某バンドマンの結婚式で松本さんが「バンドマンって公表しないんですよね~。結婚を」と発言。ちなみに松本さんは今年3月に一般女性と結婚したことを発表しています。松本氏はコロコロとヘアスタイルを変えるので、ナヲちゃんは結婚式で松本さんと気付かずに社交辞令でお辞儀。対バンライブの後もちょくちょく会っているけど、この時ばかりはわからなかった。
ナヲちゃんは「フェスの会場でもスタッフの人にアーティストっぽい人がいる」と言った後、ホルモンのPA(音響)を担当していた石川さんは「SA(音響)よりSAみたいな格好をしていた」と暴露。

「じゃないアーティスト」の話で、ダイちゃんは「○○ズのあの人以外に誰ですか?と言われてもわからない」、「メガネの人でリーダー」と言った後、ナヲちゃんが「ジャスコゥ!」と一言。テレフォンズや9mmはキャラが立っているけど、某バンドのベーシストはキャラがわからないらしい。この後トークの内容があまりにも過激すぎるため、バンドの実名を伏せるための「ポン」の効果音が続きました。ナヲちゃんはとあるバンドの女性メンバーらしき人?を「思った以上にブス」と言い放ちました。ナヲちゃんも相当なブスだけど。ダイちゃんも「見た目は雰囲気あるけど、朝パッて見たらブスやな」と問題発言。IものGかりのY岡K恵さんのことかしら。
ナヲ:RAD(RADWIMPS)は全員わかるけど、とあるバンドのメンバーの名前はわかっていても、パートがわからないという。
ホルモンのイメージについての話で、ギターの亮君は「無口だけど見た目でわかる(太っている&髭とロンゲ)」、ダイちゃんとナヲちゃんは「メディア班担当」。残るベースの上ちゃんは「太ってない方、タトゥーいっぱいの方」という感じか。ダイちゃんは「『じゃない方』とは趣旨が違うけど、きょうだい(姉弟)がいることを認知している人もいるじゃん。ナヲと亮がきょうだいだとわかっていても、どっちが上か下かわからない人もいる」と語る。一部のファンでは「亮君=兄」と勘違いする人もいるでしょうねえ。ナヲちゃんはさらに、「ダイちゃんとあたしが兄弟だと挙げる人もいる」と言い、ダイちゃんが通っている病院の先生も「お姉ちゃん元気?」と勘違いされていた。ダイちゃんは一人っ子なんですけど…。

ダイスケはんは、じゃないアーティストの特徴をいくつか取り上げました。
「写真を撮ってください」とカメラを渡される。 … dustboxのJOJIさんが、あるフェスのフードコートでお客さんにカメラを渡され、客同士の記念写真を撮影していた。その様子をアンドリュー(BBQ CHICKENS)がツイッターで「ただいまJOJIが客を撮影なう」とつぶやいていた。
②ホルモンあるあるとして、ナヲちゃんとしみゆうをよく間違われる。最近ではなくなったけど、昔は2人の後ろ姿と髪型が似ていたので、メンバーですら間違うこともあったそうだ。最近では「ダイちゃんとしみゆうの後ろ姿が似てきている」と指摘されているらしい。
アーティスト本人よりイケてるマネージャーも中にはいて、locofrankのマネージャーの櫻井さん(通称・さくちゃん。773Four RECORDS代表取締役)は、ロコフランク以上にアーティストっぽい顔をしているらしい。ナヲちゃんがアジカンの後藤さんのエピソードを語り、「ゴッチさんはフェスで朝、『おはようございます』と挨拶したら、アルバイトの控室に通され、そのまま座っていた」と暴露。スタッフさん、誘導ミスですよ。


PART2へ続く…。



にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
 

5点ビハインドをひっくり返して逆転勝ち!攝津139球の熱投で今季初完投勝利!

2013年06月29日 | HAWKS

現在3連敗中の福岡ソフトバンクホークスは、28日からQVCマリンフィールドに乗り込んで千葉ロッテマリーンズとの3連戦。パリーグ首位のロッテに少しでもゲーム差を縮めておきたいところです。ロッテ・成瀬善久、ソフトバンク・攝津正の両エースが先発した3連戦第1ラウンドは、ホークスが中盤に猛反撃を見せました。



スタメンはこちら
  千葉ロッテ        福岡ソフトバンク
1(二)根元俊一       (一)中村  晃
2(右)角中勝也       (二)本多雄一
3(指)井口資仁       (左)内川聖一
4(三)今江敏晃       (三)松田宣浩
5(一)大松尚逸       (中)長谷川勇也
6(左)荻野貴司       (右)江川智晃
7(遊)鈴木大地       (指)吉村裕基
8(捕)里崎智也       (遊)今宮健太
9(中)岡田幸文       (捕)細川  亨
 (投)成瀬善久       (投)攝津  正



ホークス先発・攝津は、初回に2死から井口のヒット、今江の四球で1,2塁と立ち上がりから得点圏に走者を背負いますが、大松を2塁ゴロに打ち取り無失点に抑えます。しかし2回、1死から鈴木と里崎に連打を許すと、岡田の2塁ゴロをホークス2塁手・本多がファンブルしてしまいオールセーフ。満塁のピンチを背負った攝津は、根元に押し出し四球を与えて先制点を許すと、続く角中の1塁ゴロ→1塁手・中村がエラーしてしまい、2人の走者が生還。なおも2,3塁で井口に低めの変化球を弾き返され、レフト前タイムリーヒットでさらに2点献上。攝津は2回に満塁から5失点を喫してしまいました。
序盤に5点ビハインドを背負ったホークスですが、4回までロッテ先発・成瀬の前に1点を返すことができず。5回、吉村の四球、中村のヒットで2死1,2塁と反撃のチャンスを掴み、本多が成瀬の4球目のストレートをフルスイング!ライトへ高く上がった打球はぐんぐん伸び、ロッテファンのいるライトスタンドへ!本多の3ラン本塁打で3点を返し、3-5と2点差に詰め寄ります。
6回、ホークスは先頭の長谷川がセンター前ヒットで出塁すると、続く江川はライト前ヒットを放ち、吉村の代打・ラヘアが四球を選んで無死満塁と同点&逆転のチャンスを作ります。ここで今宮が四球を選び、押し出しで1点差とすると、なおも満塁で細川の代打・ペーニャがロッテ2番手・伊藤義弘の変化球を叩きつけ、センター前に抜けるタイムリーヒット!3塁走者が生還して5-5の同点!2塁走者・ラヘアも本塁に突入するも、ロッテ中堅手・岡田の好返球&捕手・里崎のブロックに阻まれてアウト。その後、2死満塁となり、内川がロッテ3番手・服部泰卓のチェンジアップを弾き返し、センター前へのタイムリーヒットで6-5と勝ち越し!こうなるとホークスは止まりません。なおも3人の走者を置いて、松田が三遊間を破るレフト前への2点タイムリーを放つと、長谷川もセンター前タイムリー→2塁走者・内川生還でもう1点追加。この回は打者一巡の猛攻で一挙6点を挙げ、9-5と大逆転。5点ビハインドから4点リードに変えました!
2回に5点を失った攝津は、3回以降はしっかりと立て直し、6回裏に2つの三振を奪うと、7回はロッテの上位打線を相手に3者凡退。8回はヒットによる走者を背負いながらも、後続を打ち取り0点に抑えました。
9回、ホークスはこの回先頭の江川が、ロッテ5番手・藤岡貴裕のストレートを完璧に捉え、左中間スタンドへ飛び込むソロ本塁打で10点目。その裏、攝津が完投をかけて9回のマウンドへ上がり、途中出場・江村直也と岡田を連続三振を奪い、最後の打者・根元俊一をシンカーで空振り三振に斬って取り3アウト!最後は三者連続三振で締めて見事完投勝利!ホークスが10-5でロッテに逆転勝利です!


試合結果 パ・リーグ 2013/06/28(金)
ロッテ-ソフトバンク 10回戦 (5勝5敗、QVCマリン、18:16、12464人)
H 000 036 001  10
M 050 000 000  5
【投手】
(ソ)摂津-細川、山崎
(ロ)成瀬、伊藤、服部、中郷、藤岡-里崎、江村
【責任投手】
(勝)摂津12試合8勝3敗
(敗)伊藤11試合1勝1敗
【本塁打】
(ソ)本多2号3ラン(5回、成瀬)、江川3号ソロ(9回、藤岡)


いやぁ~、0-5で負けていると知った時は「ああ今日もどうせ負けだわ」と半ば諦めがちでしたが、中盤に5点差を一気にひっくり返し、最終的には10-5で大逆転勝ち。5回に本多選手が反撃の3ラン本塁打を打てば、6回には打者一巡で6得点のビッグイニングが生まれました。投げては先発の攝津投手が9回を投げ切り今季初完投勝利。3連戦の初戦を制したホークス、チームの連敗も3で止まりました。この1勝はデカイかもしれない。
攝津投手のこの日の成績は、9回まで打者37人に対して139球の力投を見せ、被安打7・8奪三振・3与四死球・5失点・自責点0という内容でした。初回に2人の走者を出しながらもゼロに抑え、2回には味方野手のエラーと自らの押し出しなどで5失点。他の投手だったらその時点で諦めるけど、鷹のエースは続投を選択。3回から徐々に調子を上げ、最後までロッテ打線に追加点を許さず。9回は圧巻の3者連続三振で締めくくりました。味方が逆転したおかげもあり、今季8勝目を手にしました。
打線の方はチーム全体で14安打。5回に成瀬投手から反撃の一発を放った本多選手は、開幕戦の満塁アーチ以来、約3か月ぶりの今季2号ホームラン。2回のエラーを帳消しにしたのと同時に、チームに流れを引き寄せる快心の一打だったといえるでしょう。クリーンナップトリオも勝利に貢献し、内川選手は6回に逆転タイムリーを打ち、松田選手はレフト前への2点タイムリー、そして長谷川選手は3安打1打点の猛打賞をマークしました。2試合連続スタメンの江川選手は、9回にダメ押しの3号ソロ本塁打。26日の日本ハム戦で1軍昇格を果たし、2試合連続ホームランで結果を出しています。1軍に長く定着するためにも、打撃好調をキープできればいいんですが…。
29日・土曜日の予告先発は、ロッテ・西野勇士、ソフトバンク・パディーヤとなっています。パディーヤ投手はここ3試合で勝利がなく、6月15日の巨人戦以来約2週間ぶりの登板です。ロッテ・西野投手は育成から昇格し、今季すでに7勝をマーク。育成出身の苦労人VSメジャーリーグ通算108勝投手、勝つのはいったいどっちだ。


にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
 

砂の新皇帝ここに君臨!ホッコータルマエが5連勝で帝王賞制覇!

2013年06月27日 | 競馬

2013年の上半期のダート交流重賞のグランプリレース・第36回 帝王賞(JpnI ダート200m 12頭立て)が26日、東京・大井競馬場で行われました。今年の帝王賞は「ダート頂上決戦」に相応しく、超豪華メンバーが揃いました。中央からは昨年のジャパンダートダービー馬⑪ニホンピロアワーズ、東京大賞典を制した⑥ローマンレジェンド、今年の川崎記念でGI2勝目を挙げた②ハタノヴァンクール、かしわ記念でGI初タイトルを獲得して現在4連勝中の⑧ホッコータルマエ、JBCクラシック覇者③ワンダーアキュート、GI2勝⑨テスタマッタの6頭が参戦。地方勢からは中央時代にダートGI3勝を挙げた⑤スーニ(船橋)、今年4戦3勝・南関東のエース格①フォーティファイド(大井)、笠松代表④トウホクビジン、兵庫代表⑦エリモアラルマなどが出走しました。



レース直前の単勝の上位人気は、1番人気はニホンピロアワーズ(2.6倍)、ローマンレジェンドが僅差の2番人気(2.7倍)、ホッコータルマエ3番人気(4.1倍)、4番人気ワンダーアキュート(6.6倍)、5番人気のハタノヴァンクール(9.2倍)までが10倍を切っていて、6番人気以降はテスタマッタ、フォーティファイド、スーニと続きました。
スタンド前からのスタートで、ホッコータルマエとニホンピロアワーズが好スタートを切ったが、ワンダーアキュートが鼻に立つ。2番手の位置にはアワーズとローマンレジェンド、タルマエはインの4番手、外側の5番手に⑫トーセンルーチェ(船橋)、テスタマッタは折り合いが悪そう。ゴール板を通過し、1,2コーナーから向正面に差し掛かり、アキュートがレースを引っ張り、2番手のところにルーチェとニホンピロアワーズが並走、ホッコータルマエ4番手、ローマン5番手追走。中団の6番手にハタノヴァンクール、テスタマッタ7番手、8番手スーニ、フォーティファイド9番手、トウホクビジン10番手と続く。後方は先頭からかなり離れ、11番手⑩エナージバイオ(川崎)、エリモアラルマがしんがり。
3コーナーを回り、ワンダーアキュート、ニホンピロアワーズ、トーセンルーチェ、ホッコータルマエの4頭が先頭集団を作る。特にタルマエは外に持ち出していて絶好の位置だ。4コーナー手前でルーチェが先頭集団から脱落。4番手グループにいるテスタマッタとローマンレジェンドは前の3頭を捕らえるのは難しそう。最後の直線をアキュートが先頭で入り、このまま逃げ粘るかと思いきや、真ん中からにホンピロアワーズ、外からホッコタルマエが迫る。残り150mでタルマエが先頭に立ち、ラスト100mで完全に抜け出す。アワーズが2番手に浮上するも万事休す。ホッコータルマエがニホンピロアワーズの追い上げを振り切り1着ゴールイン!並み居る強豪馬を破って、かしわ記念に続いてGI2連勝です!



全着順&払戻金
1着⑧ホッコータルマエ  2.03.0
2着⑪ニホンピロアワーズ 1馬身
3着③ワンダーアキュート  1馬身1/2
4着②ハタノヴァンクール  2馬身1/2
5着⑨テスタマッタ    3馬身
6着⑥ローマンレジェンド 2馬身1/2
7着⑫トーセンルーチェ  1馬身1/4
8着①フォーティファイド 4馬身
9着⑩エナージバイオ    大差
10着⑤スーニ      5馬身
11着④トウホクビジン  3馬身
12着⑦エリモアラルマ  6馬身

単勝 ⑧ 410円
複勝 ⑧ 140円 ⑪ 120円 ③ 170円
枠連複 【6】-【8】 470円
枠連単 【6】-【8】 950円
馬連複 ⑧-⑪ 460円
馬連単 ⑧-⑪ 990円
ワイド ⑧-⑪ 200円 ③-⑧ 440円 ③-⑪ 320円
三連複 ③-⑧-⑪ 960円
三連単 ⑧-⑪-③ 3850円


GI馬が7頭も参戦し、降り頻る雨によってドロドロの不良馬場で行われた今年の帝王賞は、単勝3番人気だったホッコータルマエが、ニホンピロアワーズとワンダーアキュートとの叩き合いを制して優勝。3コーナーで先頭集団に加わると、直線で外から伸びて、ラスト100m辺りで抜け出しました。2着にはニホンピロアワーズ、スタートから先頭を走り続けたワンダーアキュートは、最後粘れず3着。2番人気だったローマンレジェンドは6着に終わり、掲示板を外しました。6着のローマンまでJRA勢が独占し、地方勢はトーセンルーチェの7着が最高でした。
優勝したホッコータルマエは、今年5月のかしわ記念に続いてのGI勝利で通算2勝目。今年はここまで6戦5勝、2月の佐賀記念から重賞5連勝です。鞍上の幸英明騎手、同馬を管理している西浦勝一調教師は帝王賞初勝利となります。
タルマエはデビューからずっとダートを走り続け、昨年6月の青梅特別で古馬を一蹴すると、3歳ダート重賞・レパードステークスで重賞初勝利。同世代のライバルであるローマンレジェンドとハタノヴァンクールに比べると、タルマエは「実力はあるけど勝てない」イメージがありましたが、今年ようやく本格化。佐賀記念を皮切りに快進撃が始まり、3月の名古屋大賞典、4月のアンタレスステークスと重賞競走を連勝。かしわ記念ではエスポワールシチー、同期のローマンを破りGI初V。そして今回の帝王賞も連勝中の勢いを見せつけ、「ホッコータルマエ時代到来」を告げるかのような勝利。この半年で破竹の5連勝、飛ぶ鳥を落とす勢いで「新ダート王」に上り詰めました。今後はJBCクラシック(@金沢競馬場)、JCD、暮れの東京大賞典の「秋のダート王道路線」に進むと思います。今のタルマエの勢いと充実ぶりからすると、「秋ダート3冠完全制覇」も行けるでしょう。



にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
 

ダイスケはん&ナヲのギンギラギンにさりげ肉 2013.5.11~5.17 PART2

2013年06月25日 | マキシマムザホルモン
5月11日~17日に放送されたギンギラギンにさりげ肉は、PART1で6月26日に最新アルバムをリリースする9mm Parabellum Bulletからのメッセージが流れました。コメントの内容は、①北海道でダイスケはんがホタテの刺身を一口食べたとき、恍惚の表情を浮かべていた。②ボーカルの菅原さんが『ホルモンの楽屋を訪れた際、パンツ一丁で周辺をウロウロしているマキシマムザ亮君を見た』と語っておりました。PART2の今回は、久々に開催されるリスナー参加企画の模様をレポート!


「腹ペコモノマネ選手権!」
今年3月に行われた「腹ペコモノマネ選手権」が、2か月の沈黙を経て4回目を迎えることになりました!
「全国100万人のホルモンファンの諸君。ってなんでやねん」ホルモンのファンって100万人はいないと思う…。ナヲちゃん曰く「2か月足らずで一定の応募数が達した」そうですが、最低でも5~6人達しないと企画が成り立たないのかしら?前回は「『しまじろう』のとりっぴいの弟」、「ミスターサタン」、「グーフィー」のモノマネを披露した新潟県上越市・冷やしきゅうりさんが裕勝。「冷やしチャンピオン」名義で今回も登場して大会連覇なるか?それとも新チャンピオン誕生か?第4回・腹ペコモノマネ選手権、開幕です!

まず最初の挑戦者は、①群馬県高崎市・ナッツパンピーさん。
パンピー:「はいもしもし。」 ナヲ:「どうも。お世話になっております。岩崎さんですか?」
どうやらナッツパンピーさんの本名は岩崎さんのようです。
ナヲ:「どうもおせわになっております。3度の飯より?」 パンピー:「飯が好き!」
突然ホルモンからの電話が掛かってきて、「おーっほっほ」と驚かれたパンピーさん。収録当時は仕事の息抜き中だったそうです。パンピーさんは多くのレパートリーを送ったらしいんですが、本人は「何を送ったか忘れちゃった」前途多難だ!
まずは「アナゴ君とマスオさん」1つのネタで複数のキャラクターを真似るという離れ業に挑戦。その二刀流ネタを聴いてみましょう。
アナゴ:「フグタ君、今夜一杯どう?」
マスオ:「いやぁ~、サザエが待ってるしなあ。どうしようかな?じゃあ1回だけ!今夜は飲むぞぉ~!」
おーっ!どちらも完成度が高くて上手い!スタジオのホルモンの2人も拍手を上げております!ナヲちゃんは「アナゴさんも今までの中で一番クオリティが高いんじゃない?」と大絶賛。「本物のアナゴさん(若本規夫さん)を超えたんじゃない」とダイちゃんが言うと、「岩ちゃん」ことパンピーさんも「狙っていますね」と自信満々に言い放ちました。ナッツパンピーさんの「本物を超えたアナゴさん」は、殿堂入りが決定。
「アナゴ君とマスオさん」以外にもレパートリーがあるそうですが、岩ちゃん曰く「だんだん下がっていく」と自信無さげに仰っています。2つ目のネタは「ドラゴンボールのミスターサタンのセリフ」です。「おぉぉっ!じゅんいちくん何かを!?」
3つ目は「まんが日本昔ばなし」の「あんころもちこぞう」の一部から。
子供(市原悦子):「おら、あんころ餅が食いてぇー」  おじいさん(常田富士男):「隣村まで行ってみな~」
「あんころもちこぞう」も完成度高し!今回2度目の殿堂入りでございます!

まだまだあります!「マリオとヨッシー NINTENDO 64バージョン」はこんな感じ。
マリオ:「ヨッシー!ヨッシー!」 ヨッシー:「は~い。」NINTENDO 64ユーザーじゃないからわからない。
ここからは人間シリーズ。ボズ・スキャッグスの代表曲「We're All Alone」の歌詞の一部を唄った後、ラストは「西城秀樹(ため息バージョン)」でございます。岩ちゃんは「送った覚えがない」と言ってますが、どんなため息をつくのかしら。「ハァ~~~ン!!!」力強っ!
「アナゴ君とマスオさん」のアンコールをやった後、最後の方に、ナッツパンピーさんが「昨年の『GUNMA ROCK FESTIVAL 2012』にscrumblesというバンドのメンバーとして出演した」とカミングアウト。出口で帰りの車に乗ろうとしていたダイちゃんに「ファンです」と声をかけたという。


1組目でいきなり殿堂入りのネタが2つも生まれ、幸先のいいスタートを切りましたね~。ナッツパンピーさんがほぼ優勝を手中に収めたといっても過言ではないか?この後の参加者がパンピーさんを上回るモノマネを出してくるのか?
福岡県久留米市・痴漢車トーマスさん おっとー!ナヲちゃんが常連リスナーを引き当ました。
「ダイスケはん、ナヲ姉、おはこんばんちは。トーマスです!今回は希望の学校に進学できたので、記念にモノマネ選手権に出場します
トーマス君、高校生活楽しんでますか?新しい友達とかできてる?高校初の中間テストはどうだった?
一応電話してみたけど、呼んでも出てくれず、留守番電話になっちゃいました。というわけで、ダイちゃんがトーマスのために留守録メッセージ。
「もぉ~っ、また落とされましたよー。何回やってもわかっときながらも落ちるんです。あっ、ごめんなさい。錦野旦です。すいません、ちょっとねまた落とし穴に落とされてしまったので、愚痴でも聞いてもらおうかなと思って、いつものBARで待っておきます。 3度の飯より飯が好きな錦野旦でした。
スター・錦野旦さんといえば、とんねるずの番組で「落とし穴」によく落ちるんですよね~。落とし穴の他にもフジテレビのカトパンや三田パンに「錦野うるせーよ」と罵られたり、マイクを向けられたらハウリングが起きたりと「スターいじり」がよくあります。

3人目は新潟県南魚沼市・ずん田きな子さん
「ダイスケはん、ナヲちゃん、おはこんばんちは。初めてメッセージを送ります。モノマネ選手権エントリーお願いします」
初メールでいきなりモノマネ選手権に参戦するというずん田きな子さん。「スーパールーキー」の予感が漂う彼女が、ホルモンの前で衝撃デビューを飾れるか。しかし、電話を鳴らしても出ず、留守電に接続。ダイちゃんは今度、誰に成りすます?
あっ、どうもオジンオズボーンです。えっと~、一応ですね、Ozz Festの方があるので、ライブにしたんですけど、ちょっと道に迷ってしまったので、どうしようかなと思って電話してみました。また電話します」
うーん、ナッツパンピーの後は2人連続で留守電ですか。なかなか出てくれませんね~。というわけで今回はタイムアップ。この続きは次回に持ち越しです。

ホルモンの最新情報、リクエスト曲「F」の後は、ショートメール紹介となった「ケツノポリス」のコーナーです。
今回は静岡県・乱蜜さんからの「ショートスモールハンマー」を紹介。
「身内ネタになりますが、仕事場の男の人が、仕事場でとある男が採用された時のことです。職場の人に自己紹介する際、彼がおどけて狩野英孝の『ラーメン、つけ麺、僕イケメン!OK!』と言おうとしたのですが、緊張したのか、素で間違えたのか『ラーメン、イケメン、僕つけ麺!OK!』と言ってしまいました。以来、そいつのあだ名は『つけ麺』です。
そういえば最近、狩野英孝さんは『ラーメン、つけ麺、僕イケメン!OK!』と「スタッフぅ~!」をやらなくなりましたね~。 というわけで、これにておわり。




にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
 

俺が世代最強だ!ゴールドシップが「4歳3強対決」を制してグランプリ連覇達成!

2013年06月24日 | 競馬

2013年の中央競馬の上半期総決算・第54回宝塚記念(GI・芝2200m 11頭立て)が23日、阪神競馬場で行われました。昨年の勝ち馬でファン投票1位のオルフェーヴル不在の中で行われた今年の宝塚は、昨年の年度代表馬⑪ジェンティルドンナ、春の天皇賞馬③フェノーメノ、春天5着の雪辱に燃える⑩ゴールドシップの「4歳3強」が参戦。ジェンティルは昨年11月のジャパンカップ以来、実に7か月ぶりの国内レース。フェノーメノはGI2連勝、ゴールドシップは昨年の有馬記念に続いてのグランプリ連覇に挑戦します。3強以外では、春天2着の⑥トーセンラー、AJCCで久々の重賞勝ちを果たした④ダノンバラード、現在2連勝中の準オープン馬⑨ローゼンケーニッヒ、重賞3勝の⑧ナカヤマナイト、暴走ペースメーカー⑤シルポートなどが出走しました。


レース直前の単勝オッズは、1番人気がジェンティルドンナ(2.4倍)、2番人気ゴールドシップ(2.9倍)、3番人気フェノーメノ(3.2倍)。やはり3強が人気の上位を独占&単勝1ケタ台。4番人気以降は10倍以上。トーセンラー、ダノンバラード、シルポートと続きました。
スタンド前でのスタートで、ジェンティルドンナが好スタートを切るが、シルポートが先手を奪う。2番手の位置にジェンティルとダノンバラードがつけ、ゴールドシップは後方からではなく4番手と早めの競馬。いつものゴルシじゃない!?5番手のところにトーセンラーとナカヤマナイト、フェノーメノは7番手でゴール板を通過しました。
1コーナーを回ったところで、シルポートが早くも後続を引き離して独走態勢。3強を意識しているのかどうかわわからないが、最後まで影を踏ませぬ走りでファンをアッと驚かせるのか?大きく置かれた後続勢は、ダノバラが単独2番手、3番手ジェンティル、ゴールドシップ4番手追走。5番手にトーセンラー、その後ろの6番手にフェノーメノ。中団7番手に①ヒットザターゲット、8番手ナカヤマナイト、9番手②タニノエポレット、10番手⑦スマートギア、ケーニッヒがしんがり追走という展開。
果敢な大逃げで先頭をひた走るシルポートは、前半1000mを58秒台で通過。内回り3コーナーに差し掛かり、ゴールドシップが3番手のジェンティルに並びかけ、5,6番手で追うフェノーメノも追い出し始める。4コーナーのところでジェンティル、ゴルシ、フェノーメノの3頭が横一線。そんな中、シルポートは後続に大差のリードを保ったまま最後の直線コースに差し掛かる。ただ、2番手との差が徐々に縮まる。残り300mあたりでダノンバラードがシルポートを捕らえるが、残り200mでゴールドシップが抜き去って先頭に浮上。ジェンティルドンナとフェノーメノは2番手のダノンバラードを追うも、全然脚が伸びてこない。ゴールドシップはラスト100mを切って一気に突き放し、堂々と先頭でゴールイン!そして2着にバラードが入り、ジェンティルは3着、フェノーは4着まで…。



全着順&払戻金
1着⑩ゴールドシップ     2分13秒2
2着④ダノンバラード     3馬身1/2
3着⑪ジェンティルドンナ   クビ
4着③フェノーメノ      1/2馬身
5着⑥トーセンラー      2馬身
6着⑧ナカヤマナイト     1馬身1/2
7着⑨ローゼンケーニッヒ    クビ
8着⑦スマートギア      1馬身3/4
9着②タニノエポレット     3馬身1/2
10着⑤シルポート        ハナ
11着①ヒットザターゲット    1馬身1/2

単勝 ⑩ 290円        
複勝 ⑩ 140円 ④ 370円 ⑪ 120円
枠連 【4】-【8】 2560円        
馬連 ④-⑩ 5150円  
馬単 ⑩-④ 6180円
ワイド ④-⑩ 850円 ⑩-⑪ 210円 ④-⑪ 860円        
3連複 ④-⑩-⑪ 2910円        
3連単 ⑩-④-⑪ 23420円



上半期の最強馬を決める宝塚記念は、単勝2番人気だったゴールドシップが、2着に3馬身半差をつけて完勝。「4歳3強対決」を制し、世代最強を証明してみせました。昨年の有馬記念に続いてのグランプリ秋春連覇達成で、GI4勝目を手にしました。2着にはダノンバラードがジェンティルドンナとフェノーメノの追撃を振り切り、粘って2着を確保し、「3強崩し」に成功。1番人気だったジェンティルドンナは3着、フェノーメノは4着に終わりました。どちらも重たい馬場のせいで直線で伸びてきませんでした。ジェンティルは凱旋門賞へ弾みをつけるためにも勝っておきたかったんですが、内容的には完敗でした。前走から3か月の休み明け、初めて背負った56キロの斤量の重さ、道悪で鋭い末脚が使えなかったのが敗因か。フェノーメノは春の天皇賞の反動が出たのでしょうか?距離的にも勝てる可能性は十分あったんですけど…。
優勝したゴールドシップに騎乗した内田博幸騎手は、ヴィクトリアマイルに次いで今年GI2勝目。宝塚記念はエイシンデュピティに騎乗して勝利した2008年以来で、5年ぶり2勝目となります。表彰式ではバック転を披露し、ゲストプレゼンターを務めた武井壮さんにボディブローを入れようとしました。ステイゴールド産駒は2年連続制覇で、同レース通算4勝目となります。
前走の春天ではハイペースについて行けずにまさかの5着に敗れたゴールドシップですが、今回のレースでは一変して先行策を取る作戦に出ました。あくまでも個人的見解ですが、前回の反省を踏まえる意味合いもあったし、シルポートがハイペースの大逃げを打つ事を想定して先行策を取ったのでしょう。道中はジェンティルをピッタリとマークし、3,4コーナー中間点を過ぎたところでスパートを仕掛け、直線では溜めていた脚を一気に爆発させました。道悪の馬場が味方したし、位置取りも上手くハマり、スタミナの差が勝敗を分けたような感じかな。同世代のライバルを軽く一蹴して見事復活、次なる目標は未定だけど、秋は海外に行って、凱旋門賞かブリーダーズカップターフ、香港ヴァーズに挑戦してもらいたいです。精神力のある彼なら海外でも通用すると思うけど…。


上半期のGIシリーズが終わり、来週からは夏競馬が始まります。30日のメインレースは、福島競馬場で3歳重賞のラジオNIKKEI賞、中京競馬場ではサマースプリントシリーズ第2戦・CBC賞が行われます。ラジオNIKKEI賞には、毎日杯2着のガイヤースヴェルト、アドマイヤドバイ、桜花賞6着のサンブルエミューズ、ダービー10着のフラムドグロワール、ケイアイチョウサン、バロンドゥフォール、ミエノワンダー、シャイニープリンスなどが登録。CBC賞には、マジンプロスパーを筆頭にハクサンムーン、サドンストーム、ザラストロ、バーバラなどが出走を予定しています。
あと、28日は大井競馬場でダート交流GIの帝王賞があります。昨年のJBCクラシックを勝ったワンダーアキュート、GI2勝のハタノヴァンクール、JCDの勝ち馬ニホンピロアワーズ、東京大賞典馬・ローマンレジェンド、かしわ記念でGI初勝利のホッコータルマエ、GI2勝テスタマッタ、中央時代にダートGI3勝を挙げたスーニ(地方・船橋所属)といったGIホースが7頭も出走します。「上半期のダートのグランプリ」の名に相応しい豪華メンバーがそろい踏みで、例年以上にワクワクするようなレースになりそうです。


にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
 
トラックバック (6)

打線好調で2連勝!大場翔太は今季初勝利!

2013年06月23日 | HAWKS

交流戦明けの初戦を大勝し、楽天を抜いて2位に返り咲いた福岡ソフトバンクホークス。22日はクリネックススタジアム宮城に乗り込んで東北楽天ゴールデンイーグルスと対戦しました。試合前、選手を乗せるはずのバスが事故渋滞につかまり、選手宿舎に到着できないアクシデントが発生。この緊急事態に球団マネージャーたちがタクシーを30台も手配し、選手たちはKスタ宮城までタクシー移動。予想外の形で「アウェーの洗礼」を受けたホークスでしたが、試合では前日と同様に投打で相手を上回りました。


スタメンはこちら
 ソフトバンク       楽天 
1(一)中村 晃      (遊)松井稼頭央
2(二)本多雄一     (二)藤田一也
3(指)内川聖一     (中)聖澤  諒
4(三)松田宣浩     (指)ジョーンズ
5(右)長谷川勇也   (三)マギー
6(中)柳田悠岐     (一)銀次
7(左)ペーニャ     (左)小斉祐輔
8(遊)今宮健太     (捕)嶋  基宏
9(捕)細川 亨      (右)島内宏明   
 (投)大場翔太     (投)戸村健次 
この日の先発は、ホークスは久々の1軍登板となる大場翔太、楽天は今季2勝の戸村健次。ホークスは内川がDH、ペーニャがレフトに入りました。


ホークスは1回、2死から内川と松田が四球を選び、1,2塁と得点圏に走者を置いたが、長谷川は楽天先発・戸村の前にセンターフライで2者残塁。2回、柳田とペーニャが共に内野ゴロに倒れますが、前日4安打の今宮が戸村の5球目のストレートを振りぬき、打球はレフトへ高く舞い上がりそのままスタンドイン!今宮のホームランでホークスがこの日も先制点を奪います。しかしその裏、ホークス先発・大場が楽天4番・ジョーンズにレフトへの2塁打を浴びると、1死3塁で銀次をレフトフライに打ち取ったかと思ったら、左翼手・ペーニャが落球。この間に3塁走者が生還し、1-1の同点とされた。
ホークスは3回と4回に2イニング続けて戸村の前に3者凡退に終わり、一方の大場も2イニング連続3者凡退に抑える好投を見せます。同点のまま迎えた5回、ホークスは1死から今宮の2塁打、細川のレフト前ヒットで1,3塁と勝ち越しのチャンスを作ります。この場面で1番・中村がストレートを弾き返してセンター前タイムリーヒット!3塁走者が生還して勝ち越しに成功。なおも2人の走者を置いて、本多がライトへのタイムリー2塁打。2塁から細川が還り1点追加。ホークスは4連打で2点を奪い、3-1とします。
2点の援護を貰った大場は5回裏、嶋の2塁打、松井の敬遠の四球で2死1,3塁と反撃のピンチを背負う。ここは無失点で切り抜けたいところだったが、藤田との場面で1塁へ牽制しようとしたところ、ボークを犯す。投手としてやってはいけないミスで1点を失った。なおも2死2塁で一打同点のピンチだったが、藤田をライトフライに打ち取り、相手の反撃を1点に抑え、勝ち投手の権利を得てマウンドを降りました。
6回、ホークスは1死から柳田とペーニャの連続ヒットで1,3塁と追加点のチャンスを作るが、今宮が痛恨の併殺打。その裏、2番手で登板した五十嵐亮太が楽天のクリーンナップから3者連続三振を奪います。
1点リードで迎えた7回、本多の四球&盗塁で2死2塁の場面で、内川が戸村のカットボールを捉え、右中間を破るタイムリー2塁打。ホークスに大きな追加点が入ると、松田のレフト前ヒットで1,3塁とチャンスを拡げ、長谷川の3塁タイムリー内野安打でこの回2点目。さらに柳田の四球で満塁となり、途中出場・金子圭輔が四球を選び、押し出しでもう1点追加。9回、長谷川と柳田が連続安打を放ち、1死1,2塁で金子が楽天3番手・ハウザーの直球を弾き返し、レフトフェンス直撃のタイムリー2塁打。2人の走者が生還。結局試合は8-2で前夜に続きホークスが快勝しました。


パ・リーグ 2013/06/22(土) 試合結果
▼楽 天-ソフトバンク 8回戦 
(ソフトバンク5勝3敗、Kスタ宮城、18:00、19717人)
H 010 020 302  8
E 010 010 000  2
【投手】
(ソ)大場、五十嵐、岩崎、ファルケンボーグ、山中-細川、山崎
(楽)戸村、片山、ハウザー-嶋
【責任投手】
(勝)大場3試合1勝2敗
(敗)戸村5試合2勝1敗
【本塁打】
(ソ)今宮4号ソロ(2回、戸村)


いやいやいや、打線が調子いいですなあ。今宮選手の先制本塁打、「切り込み隊長」の中村選手の決勝タイムリー、打率部門でトップを争う長谷川選手と内川選手がともにタイムリーヒットが生まれました。楽天投手陣に対して先発全員安打の15安打で8得点。もう勢いが止まらんっ!って感じ。2試合続けての快勝で楽天に2連勝、日曜日を待たずして3連戦勝ち越しを決めました。また、この日はパリーグ首位・ロッテが日本ハムに敗れたため、首位との差が1ゲームに縮まりました!いよいよ首位が見えてきたぜー。
この日の先発投手の大場投手は、5回まで投げて72球、被安打3・3奪三振・1与四死球・2失点という内容。5イニング中3イニングで3者凡退に抑えたけど、2回にはペーニャ選手のエラーで1点を失い、5回には自らのボークで失点を喫してしまいました。本人も「いらない点を与えてしまった。ブルペンにも迷惑をかけてしまい、チームに申し訳ない」と反省。でも、味方打線の援護もあり、今季3度目の先発登板で初勝利を挙げました。パディーヤの代役を最低限果たした大場投手、来週もう一度先発登板のチャンスが回ってくるかもしれません。次も結果を残して先発ローテーション入りを大きくアピールできるといいですね。
先発全員安打の打線は、中村選手、本多選手、長谷川選手、柳田選手、今宮選手の5人が2安打のマルチヒットを記録。5回にタイムリー2塁打を打った本多選手は、2試合連続で打点をマーク。長谷川選手は打率を.350に上げております。1安打だった松田選手は連続試合安打を「21」に伸ばしました。先発メンバー以外では、6回にペーニャの代走で出場した金子選手が、最初の打席で押し出し四球を選び、9回の2打席目ではダメ押しの2点タイムリー2塁打を放ち、この試合3打点。守備固め中心の選手がバッティングで結果を出したのは嬉しいですね。
ホークス2連勝、同一カード3連勝にリーチをかけて迎える3連戦最終日の23日は、楽天・ダックワース、ソフトバンク・帆足和幸の予告先発となっています。交流戦で4戦4勝の好成績を残し、いまやホークスの左のエース格となった帆足投手、「楽天キラー」ぶりを発揮してもらいたいところです。



にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
 

楽天VSソフトバンクIN郡山 21安打13得点の大勝で2位再浮上!

2013年06月22日 | HAWKS

プロ野球のセパ交流戦が終わり、21日からペナントレースが再開。4度目の交流戦優勝を果たした福岡ソフトバンクホークスは、パリーグ2位・東北楽天ゴールデンイーグルスとの3連戦。21日の初戦は、福島県郡山市にある郡山総合運動場開成山野球場で行われました。この日はソフトバンク・攝津正、楽天・則本昂大の先発で始まり、ホークス打線が物凄く繋がりました。


スタメンはこちら
 ソフトバンク       楽天 
1(一)中村 晃      (遊)松井稼頭央
2(二)本多雄一     (一)銀次
3(左)内川聖一     (中)聖澤  諒
4(三)松田宣浩     (指)ジョーンズ
5(右)長谷川勇也   (三)マギー
6(中)柳田悠岐     (右)島内宏明
7(指)ラヘア       (左)小斉祐輔
8(遊)今宮健太     (捕)嶋  基宏
9(捕)細川 亨     (二)藤田一也
 (投)攝津 正     (投)則本昂大
ホークスは1番打者の中村がファーストに入り、柳田が7番センターに回り、ラヘアが7番DHでスタメン入り。


1回、ホークス先発・攝津が2つの四球で2死1,3塁と先制のピンチを背負いますが、マギーを遊撃フライに打ち取り無失点。ピンチをしのいだホークスは2回、先頭の長谷川がライトへの3塁打を放つと、無死3塁で柳田が楽天先発・則本のスライダーを打ち上げ、ライト前にポトリと落ちるタイムリーヒットで1点を先制。1死後、今宮のレフト前ヒットで1,3塁と追加点のチャンスを作り、細川がスクイズを決めて2点目。
3回、ホークスが内川の2塁打と連続四球で2死満塁と追加点のチャンスを作るも、ラヘアが空振り三振に倒れて3社残塁。その裏、攝津が1死から松井と銀次の連続ヒットと聖沢の四球で満塁と一発浴びれば満塁のピンチを背負います。しかし、4番・ジョーンズを遊撃ゴロ併殺打に打ち取り、反撃を許しません。
4回、ホークスは今宮の死球、細川の犠打、中村のヒットで1死1,3塁。突き放したい場面で本多がレフト前タイムリーヒットで3点目。ピンチの後のチャンスをしっかりとモノにします。しかしその裏、攝津が2死から連打を浴び、藤田の場面で1塁走者・嶋が2塁盗塁→刺そうとした捕手・細川が2塁悪送球。この間に3塁走者が生還し、1点返されます。
2点差とされたホークスですが、5回に2死2塁で今宮がレフト線へのタイムリー2塁打で4点目。6回には1死2塁で内川のセンター前タイムリーでもう1点追加すると、2死2塁で長谷川がしぶとくレフト前タイムリーで6点目。さらに2死満塁で今宮のレフト前への2点タイムリーヒットが生まれ、この回4得点を奪って8-1と突き放す。
終盤に入っても打線の勢いは止まらず。7回には1死2塁で内川がレフト前タイムリーを放つと、1死2,3塁と長谷川の犠牲フライで10点目が入り、柳田の1塁ゴロを1塁手・銀次が後逸してもう1点加わり、この回3得点。1点返された後の8回、今宮がこの試合4安打目となる3塁打で出塁すると、途中出場・山崎勝己のレフト前タイムリーで11点目。そして9回は柳田の1塁ゴロの間に3塁走者が生還して13点目。楽天投手陣から13得点を奪う猛攻を見せたホークス、13-2の大勝で連敗ストップです。


パ・リーグ 2013/06/21(金) 試合結果
楽 天-ソフトバンク 7回戦 
(ソフトバンク4勝3敗、郡山、18:01、11214人)
H 020 114 311  13
E 000 100 100  2
【投手】
(ソ)摂津、五十嵐、柳瀬、千賀-細川、山崎
(楽)則本、ハウザー、菊池、宮川、片山-嶋、小山桂
【責任投手】
(勝)摂津11試合7勝3敗
(敗)則本13試合6勝4敗


郡山で行われた3連戦の初戦は、交流戦24試合で12球団最多の135得点を挙げたホークス打線が、その勢いを見せつける結果に終わりました。初回に2点を先取すると、4回以降は毎回のように得点を重ね、終わってみれば今季最多の21安打13得点の圧勝でした。3回裏に1死満塁のピンチを背負った攝津投手が、一発が怖い楽天の主砲・ジョーンズ選手をゲッツーに仕留め、その直後のホークスの攻撃で本多選手のタイムリーが勝負の決め手となったんじゃないかと思います。チームの連敗も2で止まり、再び2位に浮上しました。
先発の攝津投手は、6回まで112球を投げ、被安打7・奪三振ゼロ・3与四死球・1失点という投球内容でした。立ち上がりから走者を背負う場面が続き、序盤の3イニングで2度のピンチを凌ぎ、4回には連打から味方の守乱で1点を失いました。それでも打線の援護に恵まれ、自身3連勝となる今季7勝目を手にしました。
21本のヒットを放った打線は、内川選手と今宮選手が1試合4安打。長谷川選手も3安打2打点の猛打賞で打率も.349に上げています。この日のヒーローとなった今宮選手は、最初の打席でシングルヒット、5回の第3打席ではレフトへのタイムリー2塁打、6回にはレフト前2点タイムリーを放ち、5打席目には3塁打を放ち、ホームランが出ればサイクルヒット達成だったんですが、9回の6打席目は三振に倒れ、サイクルならず。快挙達成とはならずも、プロ入り初の4安打は“あっぱれ”でしょう。2回に先制打を打った柳田は、3試合連続で打点をマーク。4番・松田選手は2安打のマルチヒットを記録し、交流戦からの連続試合安打を19に伸ばし、打率も3割に到達してきました。
22日・土曜日は楽天の本拠地であるクリネックススタジアム宮城に舞台を移します。予告先発は楽天・戸村健次、ソフトバンクは大場翔太となっています。当初はパディーヤ投手が投げる予定だったんですが、右肩の違和感を訴えて登板回避。その代役として大場投手が登板します。大場投手は今季2試合登板して0勝2敗。急遽巡って来た先発マウンドで結果を残し、ローテ入りをアピールできるでしょうか?土曜日も打線がうまく繋がれー!




にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
 

プロ野球交流戦MVPを獲得したのは長谷川勇也!

2013年06月20日 | HAWKS

プロ野球の日本生命セパ交流戦は、6月18日の「広島東洋カープVS北海道日本ハムファイターズ」戦で全日程終了。セパ両リーグの対戦成績は、パ・80勝、セ・60勝で、今年もパリーグ勝ち越しという結果で幕を閉じました。19日は交流戦の表彰選手が発表され、最優秀選手(MVP)には福岡ソフトバンクホークスの長谷川勇也選手が選ばれました。


長谷川選手は24試合で打率4割1分8厘、3本塁打・18打点の成績を残し、ホークスの4度目の交流戦優勝に大きく貢献。ヒット数もトップの41安打を記録し、首位打者&最多安打の「交流戦2冠」を達成。この日ヤフオクドーム内で開かれた記者会見で、長谷川選手は「3番の内川さん、4番・松田選手の後ろなので、走者が出た場面で打席に立てて、そこで打てたことでMVPになれたと思います」とMVP獲得の要因を語りました。MVPの賞金200万円の使い道は、昨年9月に生まれた長女に何かをプレゼントするとのことです。
長谷川選手はこの交流戦で、MVPに相応しい活躍ぶりを見せてくれました。交流戦が始まった当初は1番打者でしたが、5月19日の中日戦で5番に起用されると、その試合で4安打の猛打賞をマーク。それから5番固定され、5月23日のDeNA戦から6月6日のヤクルト戦まで15試合連続ヒットを記録し、5.29の巨人戦では値千金の決勝3ラン本塁打、さらに6月8日の中日戦で4安打の固め打ち。長谷川選手を5番に固定したことで、ホークス打線の攻撃力が一気に上昇。5月26日~6月1日まで5連勝、6月3日~13日まで引き分けを挟んで6連勝を飾りました。

長谷川選手の活躍ぶりが目立ちましたが、3番の内川聖一選手、4番・松田宣浩選手も当たっていました。内川選手はこの交流戦で5本塁打。特にVS阪神戦では4試合で3本塁打。打率.385は2番目の成績。松田選手は19試合連続安打、打率3位の.360、23打点は全選手トップ。交流戦前は打撃不振に苦しんでいたけど、今では.299まで打率が上昇し、3割目前です。中村晃選手はチームの切り込み隊長としてブレイクを果たし、今では柳田悠岐選手、吉村裕基選手を差し置いてレギュラーの座に就いています。パリーグのペナントレースでも巧打で相手を翻弄させてほしいですね。

投手陣では、帆足和幸投手が4試合に登板し、トップタイの4勝をマーク。攝津正投手はアウェーの阪神戦とヤクルト戦で2戦連続KO負け。その後、6月1日の広島戦で8回1失点、疲労蓄積で一度ローテーションを外した後、13日のヤクルト戦では7回途中4失点ながらも勝ち投手になりました。その一方で、寺原隼人投手が左脇腹肉離れで離脱、大隣憲司投手は「黄色じん帯骨化症」を発症して今季絶望。先発投手の故障離脱は本当につらいです。特に大隣投手の黄色じん帯骨化症は、国が指定する難病だそうで、今月21日に手術を実施します。難病を無事に克服して、再び1軍のマウンドに戻ってこられることを願っています。
投手陣の中で最も活躍が目立ったのは、今や中継ぎのエースとなった千賀滉大投手。10試合に登板して16奪三振・3ホールドを挙げ、全試合無失点。もちろん交流戦での防御率は0.00です。現在のシーズン防御率は0.76点。好調が続けばオールスターの可能性も高いぞ!

21日からはペナントレースが再開。福岡ソフトバンクホークスは郡山と仙台に乗り込んで、パリーグ2位・東北楽天ゴールデンイーグルスとの3連戦を戦います。現在、首位・ロッテとは2.5ゲーム差の3位につけているホークス。まずは交流戦後の3連戦を勝ち越して2位を奪い返してほしいですね。「松中信彦表彰式ボイコット問題」をきっかけにチームは2連敗中だけど、交流戦での破竹の連勝劇をもう一度みたいものだ。




にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
 

ダイスケはん&ナヲのギンギラギンにさりげ肉 2013.5.11~5.17 PART1

2013年06月19日 | マキシマムザホルモン
マキシマムザホルモン ダイスケはん&ナヲの
ギンギラギンにさりげ肉っ!!



5月11日~17日放送分のギン肉は、冒頭からいきなりホルモンと交友のあるバンドからのメッセージを紹介。井上ディレクターによると、「PART1」とのことです。つまり、今回は2つもコメントを流すってことですか!?

まずは自己紹介前に、ホルモンとの対バンツアーで北海道を回っていたとき、ホタテ料理店でダイちゃんがお刺身を一口食べてから恍惚の表情を浮かべていたのを目の前で見ていたことを話し、メンバーたちは「ネタなのか?」と思って見ていたら、本気だったので思わず笑ってしまったんだとか。ドラム・かみじょうさんはこのツアーだけで5キロも太ったらしい。
というわけで、「マキシマムザホルモンのギンギラギンにさりげ肉をお聴きのみなさん、ダイスケはん、ナヲさん、そしてダイスケはん、おはこんばんは!お元気ですか?久しぶりですよねきっと…。9mm Parabellum Bulletです!
9mmは「PUNK SPRING」でホルモンに初めて出会い、「F-X」(福岡のロックフェス)で楽屋を訪れたとき。『マキシマムザ亮君がパンツ一丁で周辺をウロウロしていた姿を見た』とボーカルの菅原卓郎さん言ってました。ベースの中村和彦さんによると「北海道ツアーでも亮君はパンイチでライブしていて、その日一日パンイチで過ごしていた」と暴露。寒い北海道でパンイチになる亮君、風邪引かなかったか?
そんな9mm Parabellum Bulletは、5月29日に5枚目のシングル「Answer And Answer」をリリース。6月26日には最新アルバム「Dawning」が発売されます。「9周年盤」と言われている完全生産限定盤には、17曲も収録されてあるPV集入り。7月からは最新アルバムを携えての全国ツアー「Breaking The Dawn Tour 2013」も行われます。

前回の放送の時にコメントで登場した元BOφWYの高橋まことさんが「9mm」のことを「ナインミリ」と仰ってましたが、正しくは「キューミリ」です。言い間違いの話で、ダイスケはんがWAGDUG FUTURISTIC UNITYのKYONOさんに会った時、「ホルモンあの曲いいよね~。『恋“は”メガラバ』」先輩の前で萎縮したのか、間違いを指摘できなかった…。
「PUNK SPRING」でのエピソードで、9mmは急遽来日できなくなったパラモア(Paramore アメリカのバンド)の代役として出演。ホルモンはその頃から「9mm」の存在を知っていて、「ポストHOLSTEIN」と勝手に呼んでいました。ナヲちゃん曰く「あのときのかみじょうはポップだった」そうです。ナヲちゃんとかみじょうさんは楽屋で「ウォレットチェーン(財布についてあるチェーン)」の話で盛り上がり、かみじょうさんが付けていたチェーンの値段が異常に高く、20万円もしたんだとか。他にも高額なネックレスや指輪も付けていたので、ナヲちゃんは「お前はボンボンか!?」とツッコミを入れました。

「F-X」で再会した時は、打ち上げでダイちゃんとアジアンカンフージェネレーションの後藤さんが喋っているときに、ベロベロになっていたかみじょうさんが現れ、横山健さん、BEAT CRUSADERSと絡んでいる時も、ナヲちゃんの近くにかみじょうさんが付いていたそうだ。ナヲちゃんは「こいつ新人ですけど、20万円のウォレットチェーンをしてるんで、マジ嫌なヤツなんで…」と先輩たちの前で上篠さんを紹介していました。ダイちゃんも今では上篠さんと仲がいいけど、当時はうるさい後輩という理由で苦手でした。
余談で、打ち上げで他のバンドと話をしない亮君が、たまたま横山さんと隣同士となったので、一度話しかけようとしたら、OKBとPIZZA OF DEATH RECORDSのスタッフとの喧嘩が勃発。騒ぎを聞いた横山さんは「ちょっと行ってくるわ」と仲裁に入るため、席を離れたのでした。結局ホルモンは9mm上篠さんと喧嘩騒動のせいで、横山健さんと会話するチャンスを逸したのであった…。
ライブ本番では、前半は完璧だったけど、後半に入ってナヲちゃんのビーター(ドラムアクセサリーの一種)が飛んだり、亮君のギターのアンプの音が出なくなったりとトラブルが相次ぎました。終了後はかなり落ち込んだ様子。ライブでのアクシデント連発、上篠のせいで打ち上げも散々…。何もかも不本意でしたねえ。


PART2では、リスナー参加企画「腹ペコモノマネ選手権」の模様をレポート!


にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
 

パドトロワ「夏の短距離王」連覇へ好発進!東京では戸崎圭太騎手がJRA移籍後重賞初勝利!

2013年06月17日 | 競馬

父の日だった6月16日は、今週から開幕した函館競馬場で「サマースプリントシリーズ」の開幕戦・函館スプリントステークスが、東京競馬場では3歳ダート重賞・ユニコーンステークスが行われました。


函館メイン・第20回函館スプリントステークス(GⅢ・芝1200m)は16頭立てで争われ、昨年のこのレースでロードかな六を破って優勝し、前走の高松宮記念で2着と惜敗した⑫ドリームバレンチノ、昨年のサマースプリント王者⑭パドトロワ、昨年函館1200mで2勝を挙げた①フォーエバーマーク、②テイエムオオタカ、⑧スギノエンデバー、⑤シュプリームギフト、3歳馬⑨ストークアンドレイなどが参戦しました。
ばらついたスタートで始まったこのレース、先行争いでフォーエバーマークが押しながら鼻を奪い、パドトロワが2番手につけ、3番手に⑥ビウィッチアス追走。4~6番手の位置に⑬ハノハノ、②テイエムオオタカ、④マイネルエテルネルが一団を形成。その後ろの7番手ドリームバレンチノが控え、中団の8番手にシュプリームギフト、③サクラアドニス9番手、10番手に⑩アフォード、⑦アウトクラトール11番手と続く。後方グループには12番手⑯アドマイヤセプター、スギノエンデバー13番手、14番手に⑮エーシンホワイティ、⑨ストークアンドレイが15番手。⑪スプラッシュエンドがしんがりで追う展開。
3,4コーナー中間点を過ぎ、フォーエバーが依然として先頭でレースを引っ張り、パドトロワが2番手でマーク。外に持ち出したバレンチノが5番手、シュプリームも6番手まで進出。4コーナーから最後の直線コースに差し掛かり、パドトロワが逃げるフォーエバーマークに迫り、最内からビウィッチアス、間からシュプリーム、ハノハノ、外からドリームバレンチノが追いこむ。しかしバレンチノは伸びてこない。ラスト100mを切って、パドトロワがフォーエバーをかわし、外からシュプリームギフトが詰め、ほぼ2頭が並んでゴールインしたが、わずかにパドトロワが先着しました。

濃霧の中で行われた函館スプリントステークスは、ゴール前で先頭に躍り出たパドトロワが最後の直線での叩き合いを制して優勝。昨年のサマースプリント総合優勝場が2連覇へ好発進です。鞍上の勝浦正樹騎手は、2007年の朝日杯フューチュリティステークス以来、約5年半ぶりのJRA重賞勝利となりました。2着だったシュプリームギフトは最後追い込んで来ましたが、アタマ差で敗れました。1番人気に支持され、連覇を狙ったドリームバレンチノは、直線伸び切れず7着。59キロの斤量を背負って臨んだんですが、この馬には重かった。なお、このレースで5着だったスギノエンデバーが最後の直線で外側に斜行。降着とはなりませんでしたが、乗っていた北村友一騎手は22日、23日の2日間で騎乗停止となりました。
昨年のキーンランドカップ以来となる重賞3勝目を手にしたパドトロワは、函館SSには3年連続で参戦し、おととしは6着、昨年は4着に終わりましたが、3度目の正直でようやく優勝を果たしました。サマースプリント総合優勝後、スプリンターズステークスで8着、京阪杯で15着、前走の京王杯スプリングカップで14着と過去三走は惨敗が続きでしたが、夏の始まりとともに復活してきました。この後はアイビスサマーダッシュか、キーンランドカップに参戦予定。重賞連勝で史上2頭目のサマスプ連覇なるか?


東京メイン・第18回ユニコーンステークス(GⅢ・ダート1600m)は、未来のダート界を担うかもしれない3歳馬15頭が出走。初ダートの端午ステークスで4馬身差の圧勝を遂げた⑫サウンドリアーナ、昨年の全日本2歳優駿を勝った③サマリーズ、ダート3戦負けなし、3勝はすべて東京コースの⑦チャーリーブレイヴ、他にも⑥ベストウォーリア、①エーシンレンジャー、⑩ノウレッジなどが参戦しました。
芝コースからのスタートで、チャーリーブレイヴがやや出遅れ。ダートコースに入り、⑨ヴァンフレーシュとサマリーズの先行争いは、サマリーズが前に出て、ヴァンフレーシュ2番手。エーシンレンジャー、ノウレッジ、⑨クロムレック、⑪コンプリートゲームの4頭が3番手集団を形成し、その後ろにベストウォーリア7番手。中団の8番手グループにれたチャーリー、②ショウナンダイラ9番手、⑬ミヤジマッキーがつける。注目のサウンドリアーナは中団より後ろの11番手辺りを走っているが掛かり気味か。④サウンドトゥルー、⑭ケイアイレオーネが後方3番手から追い出し始め、⑤タッチザターゲット、⑮ベリトゥーベリーが単独最後方。
3コーナーを回り、サマリーズ先頭、ヴァンフレーシュ2番手は変わらず。クロムレックが3番手に浮上。コンプリートゲームも4番手。レオーネが後方から一気に前の位置まで上がり、リアーナは大外に持ち出した。15頭一団の状態で最後の直線に入り、残り400mのところで先頭集団はサマリーズ、ヴァンフレ、クロムレック、ノウレッジ、ケイアイレオーネと5頭横一線。残り200mでベストウォーリアが馬群を割って先頭に立ち、外からサウンドリアーナが一気に追い込んで来たが、ベストウォーリアが抜け出して先頭でゴールイン!サウンドリアーナは猛追見せるも2着まで…。

ダート王への登竜門レース・ユニコーンステークスは、単勝3番人気のベストウォーリアが残り200mで馬群から抜け出し、サウンドリアーナの追い上げを振り切り、2着に1馬身1/4差をつけての快勝。ダート無敗馬を一蹴し、重賞初挑戦で初勝利を飾りました。1番人気で2着だったサウンドリアーナは、上がり3ハロン・34.9秒は出走メンバー中最速タイムだったけど、道中うまく折り合えなかったのが敗因でしょう。でも、直線での力強い走りを見ると、今後に期待が持てそうです。2番人気だったチャーリーブレイヴは出遅れが響いて8着。GIウィナーのサマリーズは10着に沈みました。
優勝したベストウォーリアに騎乗した戸崎圭太騎手は、JRA移籍後初の重賞制覇となりました。今年3月にJRAジョッキーの仲間入りを果たし、現在まで関東リーディングで2位の57勝と好成績を残しながらも、重賞勝ちが遠かったけど、ようやく移籍後初勝利。重賞勝ちも地方時代を含めて通算4勝目となりました。戸崎騎手、おめでとうございます。


さあ来週・6月23日は、阪神競馬場で上半期のグランプリレース・宝塚記念が行われます。ファン投票1位のオルフェーヴルの回避は残念でしたが、昨年の年度代表馬・ジェンティルドンナ、春の天皇賞馬・フェノーメノ、巻き返しを狙う芦毛の怪物・ゴールドシップGI馬3頭が出走します。他にも春天2着・トーセンラー、ダノンバラード、2連勝中のローゼンケーニッヒ、ナカヤマナイトなどが出走予定。どうでもいい話ですが、今年の宝塚記念の表彰式のプレゼンターを務めるのは、陸上十種競技の元日本王者で、百獣の王を目指している武井壮さんです!間違っても武井咲ではありません!




にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ