日刊魔胃蹴

暑すぎてつらい。

劉翔が、ウォリナーが、リレー日本代表が!世界陸上7日目

2007年08月31日 | Sports
 

世界陸上大阪大会もいよいよ終盤に突入。男子400mではジェレミー・ウォリナー(米国)、110mハードルは劉翔(中国)が金メダルを獲得。そして男子4×100mリレーの予選で、日本が38秒21のアジア新記録をを樹立しました!

まず、男子400mの決勝から。6レーンで決勝に臨んだジェレミー・ウォリナーは、序盤から飛ばしていきます。3コーナーで先頭に立つと、残り100mで2位以下を大きく引き離してゴール。優勝タイムは43秒45の自己ベスト。世界歴代3位と今季世界最高タイムで連覇達成です。お気に入りの長居スタジアムで世界新とはいきませんでしたが、来年の北京五輪で世界新誕生もあり得るでしょう。200mにも参戦して、タイソン・ゲイとの直接対決も見てみたいですね。
110mハードル決勝では、劉翔が中盤で追い上げると、テレンス・トラメル(米国)をゴール前で交わし、接戦を制しました。劉翔は世界陸上初優勝。中国初の金メダルをもたらしました。決勝では9レーンを走った劉翔、大外不利を覆す勝利でした。劉翔の最大のライバル、ダイロン・ロブレス(キューバ)は4位に終わりました。
男子4×100mリレーは、予選第2組でアメリカ、ジャマイカ、日本が登場。日本は塚原直貴、末續慎吾、高平慎士、朝原宣治のメンバーで予選に臨みました。一方、ジャマイカはアンカーにアサファ・パウエルを投入しました。レースは予想通りジャマイカとアメリカがレースを引っ張り、日本も負けずに先頭争いに絡みます。アンカーの朝原が、ナイジェリアを抜いて3位でゴール。38秒21の好記録で決勝進出、全体の順位でも3位に入り、メダル獲得の可能性も出てきました。この組で1位に入ったジャマイカのタイムは38秒02!ただ、アメリカは決勝で2冠王・ゲイが登場するので、金メダル争いは全くわからないでしょう。運命の決勝は明日。日本リレーチームには絶対にメダルを取ってほしい!

その他の競技では、女子200m決勝はアリソン・フェリックス(米国)が21秒81のタイムで優勝。100m金メダリスト、ベロニカ・キャンベル(ジャマイカ)は銀メダル、銅メダルにはスサンティカ・ジャヤシンゲ(スリランカ)が輝きました。フェリックスはこの種目2連覇です。
女子三段跳びは、ヤルヘリス・サビヌ(キューバ)が15m28cmで優勝。走り幅跳びとの2冠に挑んだタチアナ・レベデワ(ロシア)は銀メダルでした。
明日は男女4×100mリレーの決勝、女子5000mでは、福士加代子が1万メートルのリベンジに挑みます。


にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
トラックバック (1)

麺かたコッテリ! 8.30

2007年08月31日 | マキシマムザホルモン
祝!「マキシマムザホルモンの麺かたコッテリ!」100回達成!毎週聴いてて本当によかった!これからも聴き続けます!
今夜もこのタイトルコール、声を大にして叫ぶぜ!
3度の飯より飯が好き!
マキシマムザホルモンの麺かたコッテリ!

いきなり、別室でオナラをこいたそうですが、犯人は誰だ!オナラがファンファーレですか・・・。「屁レブレーション」やな。そういえば、この番組も2年経つんですね。よく100回もやらせてくれました。よかったよかった。蔵持さんは、毎週iPODに「麺かた」を録音しているそうです。番組愛がいいですな。
今夜は番組100回記念として、メンバーの私物をプレゼントする予定。ちなみにダイスケはんは、メガネしかありません。残るはダイちゃんの数少ない頭髪。(いらねー)
リスナープレゼントの行方は、クジで決まった人が私物を自宅から持参!埼玉在住の高見盛さんがパシリで行きます。(免除決定なので)クジの結果は…、「宮下さん」に決定!パシリ盛さん、宮下さんのマイAVだけは持ってかないで!
今夜は随時中継が入ります!時間までに間に合うか?宮下さん顔面蒼白です。今夜100回目のメイン企画は、100回までの経緯を振り返ります。ハムの人が3枚分にまとめました。ぶっ通し聴いても24時間超えてます。
まずはタイトルコール!①外国人バージョン、②「こっ」だめ③ナヲちゃん失笑編④今日は2,3分で終わります!「また来週!」早いわ!⑤「新・マキシマムザホルモン」⑥ダイちゃんフライング編などいろいろありますね。関西弁バージョンもありました!「めっちゃ好きやねん!」とか「海が好き!」などもありました。最初の頃はゆっくりとタイトルコールをやってました。最後はダイちゃん爆睡してたな。
特別企画コーナーもありました。最初は「カップめん選手権」、「なるほどざホルモン」、「MTHすごろく」がありました。だんだん下ネタが入りました。「肛門最前線」、「あえぎ声選手権」、「お宝鑑定団」とかありましたのう。
そして宮下より汚した男!誰だ?最低ダイスケはんSP!タンが出たとか、藤井隆のギャグとか、ゲップもありました。オイニーの「オエーッ」とか。あと卑猥な言葉も連発してました。オトコの中田ジャッジは大丈夫!心中覚悟です!放送禁止用語炸裂!収録なのでピーが出ます。ホントすまんのお。
さて、いよいよエンディングです。途中経過はどうなった?まだわからんか。ダイスケはん曰く「メタル好きに悪い人はいない!」さて、パシリ盛は電車で移動中です。ちなみにスパンキング系もあるそうです。「パシリ盛がイク!」は来週のお楽しみに!
これからも150回、200回とだんだん続けていきましょう!そして、このブログも2年、いや5年、10年出来るように頑張ります!ダイスケはん、ナヲちゃん、俺もついて行きます!
最後に一言、麺かた最高!

にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ

タイソン・ゲイ2冠達成!

2007年08月30日 | Sports

世界陸上6日目は男子200mの決勝が行われ、100m金メダリスト、タイソン・ゲイ(アメリカ)が19秒76で優勝しました。
準決勝を20秒ジャストで決勝進出したゲイは、4レーンで決勝に臨みました。スタートで5レーンのウサイン・ボルト(ジャマイカ)が飛ばしてきましたが、最終コーナーでゲイが逆転。残り70mくらいから独走態勢に入ったゲイは、他を寄せ付けず圧勝。19秒76は、マイケル・ジョンソンの持つ19秒79を上回る大会新記録。100mと200mの2冠は、モーリス・グリーンとジャスティン・ガトリン(どちらもアメリカ)に次ぐ3人目の快挙です。
ゲイは準決勝のときに左太もも、決勝前に右ヒザに違和感を訴えていましたが、その不安を吹き飛ばす圧勝劇でした。もし痙攣を起こしてたら、ボルトが金メダルになっていました。次は4×100mリレー。ゲイは決勝で3走目を走る予定です。なんでアンカーじゃないんだ。

その他の競技では、男子棒高跳びでは澤野大地が出場しましたが、まさかの記録無しで予選落ち。走り幅跳びでは、アービング・サラディノ(パナマ)が8m57で優勝。最後の跳躍で、アンドリュー・ハウ(イタリア)の8m47を超える大逆転勝利!ハウも6回目で大ジャンプで逆転トップに立ち、ウェアを脱ぎだすほど喜んでいましたが、1分後にサラディノがハウ以上の大ジャンプ。それでも、ハウは銀メダルを獲得しました。ハウの母ちゃん、大ジャンプのとき全身が震え上がって泣いてましたね。3連覇を目指したドワイト・フィリップス(米国)は1本目で8m30を飛びましたが、以後記録が伸びず3位に終わりました。
明日は男子では110mハードル決勝で劉翔が登場、400m決勝はジェレミー・ウォリナーが大会連覇に挑みます。女子200m決勝は、アリソン・フェリックスVSベロニカ・キャンベルVSサンヤ・リチャーズの3強が激突!
4×100mリレーの予選もあります。日本は末續慎吾、朝原宣治、塚原直貴などが出場予定。なんとか決勝に進出してもらいたい!


にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ

ブレイクの予感?松田が2戦連発! カズミも無失点の好投!

2007年08月29日 | HAWKS

昨日は9回までリードしながらも馬原がまさかの同点弾を浴び、延長11回降雨コールドで引き分けた福岡ソフトバンクホークス。今日もスカイマークスタジアムでオリックスと対戦です。この日も雨が降る可能性が充分ありましたが、なんとか試合開始まで持ちこたえました。今日の先発は、8月19日以来の先発となる斉藤和巳。中10日の登板が続いていますが、今日はどうなったんでしょう。

先発のマウンドに上がった斉藤は、初回に1死から村松に四球を与えましたが、ラロッカを空振り三振、ローズには3塁ファウルフライに打ち取って無得点に抑えました。2回に2死3塁と先制のピンチを迎えましたが、大引を2塁ゴロでピンチ脱出。
ソフトバンク打線は、オリックスの先発・平野佳寿の前に3回まで無安打でしたが、4回に"博多のタイソン・ゲイ"本多雄一がレフトへの2塁打を放ち先制のチャンス。1死3塁で多村がセンターへの犠牲フライで1点を先制します。
多村の犠飛で1点リードのまま迎えた6回、この回の先頭・本多が内野安打で出塁。川崎犠打で1死2塁、2死後松中の四球で1,2塁の場面で、柴原のセンター前タイムリーで1点追加。なおも1,2塁のチャンスに松田が平野の2球目のスライダーをジャストミート!打球はレフトスタンドへの豪快な3ラン!この回4点を追加し、5-0と一気に突き放しました。
先発の斉藤は、毎回ランナーを出しながらも後続の拙攻で6回まで無失点の好投、100球ジャストで中継ぎ陣に託します。
2番手で登板した藤岡は、オリックスのラッキー7を3人で抑えると、8回途中からは篠原が2者連続三振、9回、柳瀬がローズに一発を浴びましたが、最後のバッターを三振に仕留めて試合終了。ソフトバンクが8月最後の試合を白星で飾りました。そして、ソフトバンクは今季60勝目です。

オリックス-ソフトバンク 18回戦
(ソフトバンク10勝6敗2分、スカイマーク、18:00、12155人)
SH 000 104 000   5
BS 000 000 001   1
【投手】
(ソ)斉藤和、藤岡、篠原、柳瀬-的場、山崎
(オ)平野佳、山本、本柳、高木-日高、前田

【責任投手】
(勝)斉藤和10試合4勝3敗
(敗)平野佳22試合7勝11敗

【本塁打】
(ソ)松田4号3ラン(6回、平野佳)
(オ)ローズ38号ソロ(9回、柳瀬)


今日も松田が打ちました!4試合で3本塁打、今日は2安打のマルチヒットを記録し好調をアピールしています!今は小久保の代役を充分に果たしていますね。週末の日本ハムとの2連戦も期待できます!この勢いを持続すれば、3塁のレギュラーを奪取する可能性もあるかもしれません。その場合、小久保はDHにまわるかも。肋骨が心配なので。
先発に上がった斉藤和巳は、6回まで100球、打者22人に対して2安打・5奪三振・無失点の好投。3者凡退で終わったイニングが無いのに、3人で攻撃終了したイニングが2回もありました。特に4回はローズのヒットの後、北川を2塁併殺打で討ち取った場面は、今日の試合の分かれ目だったと思います。今日はオリックスの拙攻に助けられた感じですね。はい。
今日の勝利で王貞治監督が歴代単独8位の1238勝目を飾りました。おめでとうございます。もうひとつおめでたいニュース。的場直樹捕手に男の子が誕生しました。記念ヒットを打ちたかったところでしたが、3打数無安打に終わりました。お父さん、そろそろヒット打ってください!
ソフトバンクは木曜と金曜の2日間試合がありません。土曜日からは札幌ドームで首位・日本ハムと対決。札幌では5勝1敗と勝ち越しています。先日は福岡で大惨敗を喫しましたが、今度は札幌でお返しだ!


ただいまブログ村に登録中です!
みんなクリックするんだって!

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
コメント (3)   トラックバック (23)

朝青龍 帰国へ

2007年08月28日 | Sports
 
2場所連続出場停止、解離性障害と診断された第68代横綱・朝青龍がモンゴルに帰国することが決まりました。今日行われた日本相撲協会の緊急理事会で朝青龍の帰国を全会一致で承諾、朝青龍は29日にも帰国します。現地では師匠の高砂親方、医師が同行する予定。朝青龍のモンゴル滞在期間はまだ明らかになっていません。

事の発端は、7月の名古屋場所終了後、朝青龍が左ヒジ痛と腰を疲労骨折したため夏巡業を休場を表明。しかしモンゴルに一時帰国していた際、中田英寿とサッカーをやっていたことが発覚、「仮病疑惑」が出ました。日本に戻ってきた後、相撲協会に謝罪した朝青龍でしたが、師匠の高砂親方、大島巡業部長など相撲協会幹部が大激怒、後日「仮病疑惑」で2場所連続の出場停止処分を受けました。
処分を受けた朝青龍は、マンションで引き篭もる生活に突入。サッカーのビデオを見ては涙し、睡眠薬を食べるように服用していました。高砂親方は「話し合いがしたい」と主張。しかし、朝青龍は言うことを聞かず。遂にはうつ病の一歩手前まで体調が悪化してしまいました。その後診察のたらい回しが続き、20日に「解離性障害」と診断されました。
高砂親方は謹慎の間、国内で治療を専念すべきだと主張、一方で北の湖理事長はモンゴルに帰国したほうがいいんじゃないのと双方の意見が対立。そして今日、緊急理事会で朝青龍の帰国が全会一致で承諾することとなりました。

1ヶ月に渡った朝青龍騒動はこれで終止符が打たれたかもしれません。朝青龍は日本で苦しい生活を続けるより、モンゴルで気分転換したほうがいいと思っていました。日本にいても、マスコミの更なる報道で悪化が進んでいたでしょう。朝青龍不在の間、大相撲はもう1人の横綱・白鵬、新大関・琴光喜などが盛り上げてくれるはずです。そして、来年の初場所で強くて憎い朝青龍が復活するか注目されます。今はケガと解離性障害の治療、そして心のリハビリに専念して欲しいです。
-------------------------------------------------------
追記:朝青龍は今日、成田空港発の定期便でモンゴルに帰国しました。今後の進退は一体どうなるのか?成田での朝青龍の表情を見て、目が虚ろになってましたね。これでは復帰は厳しいかもなあ。このまま引退するんじゃないかな?引退後、断髪式を最後に日本の土を2度と踏むことは無いでしょう。
朝青龍のわがままを許してしまった相撲協会、負けてどーすんのよ。しっかりしてください。

にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
トラックバック (19)

2007年世界最速の男はタイソン・ゲイ!

2007年08月26日 | Sports

世界陸上大阪2007の2日目の注目レース、男子100m決勝はタイソン・ゲイ(米国)が9秒85のタイムで金メダルを獲得、世界記録保持者のアサファ・パウエル(ジャマイカ)は3位に終わりました。
レースは序盤、パウエルが頭抜け出す展開、しかし50m過ぎてからタイソンが伸び、残り20m付近でパウエルを逆転し優勝。終盤失速したパウエルは、ゴール前でデリック・アトキンス(バハマ)にも抜かれました。
アメリカ勢ではこの種目8勝目、4人目の世界陸上男子100mウィナーとなりました。ゲイはこの後、200m、4×100mリレーにも出場、3冠達成を目指します。
このレースを見て、パウエルは重かったのかそれとも疲れてしまった印象を受けました。「世界新で金メダル」を目標にしていたパウエルにとって、銅メダルは屈辱的でしょう。この借りは4×100mリレーでリベンジできるのか?
この2人の戦いは来年の北京五輪に続くと思われます。今度こそ世界新記録誕生の瞬間が見たいですね。
100mでは朝原宣治が準決勝まで進みましたが、準決勝1組で8位に終わり決勝進出はなりませんでした。一次予選ではタイソン・ゲイに先着、しかも今季自己ベストを更新する走りを見せ、2次予選まで順調に進みましたが、準決勝では世界の壁を超えられることが出来ませんでした。

世界陸上2日目は100m以外の種目で決勝が行われ、女子砲丸投げでバレリー・ビリ(ニュージーランド)が6投目で20m54を記録し逆転で金メダル。女子七種競技ではカロリナ・クリュフトが自己新記録の7032点で大会3連覇を達成しました。
明日は男子ハンマー投げと女子100mの決勝が行われます。ハンマー投げでは室伏広治がメダルに挑戦します。予選では実戦不足が露呈したかもしれませんが、ここ一番の爆発力で金メダル獲得なるか?


にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
コメント (2)   トラックバック (3)

2位奪還!

2007年08月25日 | HAWKS

福岡ソフトバンクホークスは今日からゲーム差無しの2位・千葉ロッテマリーンズとの2連戦。今日勝てば単独2位に返り咲くこの試合。今日の先発はルーキー・大隣憲司。現在連敗中の大隣は、ヤフードームでは初先発となります。

本拠地初登板の大隣は、1回にロッテ打線を3者凡退に抑える上々の立ち上がり。その裏のソフトバンクの攻撃は、2死から多村と松中の連打で先制のチャンス。しかし、ブキャナンが3球三振で先制ならず。
2回、大隣は2死1,2塁とピンチを迎えましたが、堀を空振り三振に仕留めてピンチ脱出。その裏、2死走者無しで松田がロッテ先発の清水の3球目のストレートをジャストミート!バックスクリーンへの先制ソロ本塁打。松田にとっては2ヶ月ぶりの2号ソロとなりました。
3回、先頭の川崎がヒット、多村が遊撃エラーでチャンスメーク、松中の四球で無死満塁とビッグイニングのチャンス。しかし、またしてもブキャナンが空振り三振。次の田上が押し出し四球で1点追加。なおも満塁のチャンスでしたが、後続が凡退。この回は1点止まりで2-0となりました。
先発の大隣は6回までロッテに3安打に抑え、出塁を許しながらもロッテの反撃を許さない好投が続きます。7回、大隣は先頭のズレータに四球、1死後ベニーにも四球を与えて1,2塁のピンチとなったところで水田と交代。2番手で登板した水田は、福浦と今江を打ち取って3アウト。
8回、ロッテ1死2,3塁でサブローのヒットで1点を返されます。2死2,3塁、同点or逆転のピンチの場面で馬原が登板。ここで里崎を空振り三振!更なる反撃を許しませんでした!
その裏、先頭の柴原がヒットで出塁。代打の代打・荒金が四球で1死1,2塁。2死後、川崎がセンター前タイムリーで1点追加、さらにロッテのセンター・早川の後逸で荒金も生還。ヒットとエラーで2点を追加しました。
9回、馬原は2死1,2塁とピンチを迎えましたが、早川を2塁ゴロに打ち取ってゲームセット。ソフトバンクが4連勝、これで単独2位浮上です!

ソフトバンク-ロッテ 17回戦
(ソフトバンク9勝6敗2分、ヤフードーム、13:00、35328人)
M 000 000 010     1
H 011 000 02X     4
【投手】
(ロ)清水、川崎、荻野-里崎
(ソ)大隣、水田、藤岡、馬原-田上、山崎

【責任投手】
(勝)大隣4試合2勝2敗
(S)馬原41試合1勝2敗32S
(敗)清水20試合4勝9敗

【本塁打】
(ソ)松田2号ソロ(2回、清水)

大隣投手、ヤフードーム初登板を勝利で飾り連敗ストップ!今季2勝目が6月以来の勝利となりました。そして、松田選手も久しぶりと言ってもいいホームランが出ました。そろそろ結果を出してもらいたい時期でやってくれましたね。不振で苦しんでいる柴原は2安打を放ちました。この試合をきっかけに不振脱出なるか?
残念だったのはブキャナンがチャンスで2打席連続三振。清水には相性がいいのに…。3打席目にようやくヒットが出ましたが、2三振はなあ。長打が出れば大隣をもっと楽に投げさせることが出来たはずです。
今日は投打の若手組で2位返り咲き、4連勝&同一カード5連勝を飾ったソフトバンク、明日は神内が先発予定。ホークスの先発陣、左腕多くないですか?一方、ロッテの先発は小林宏之。勝てないな…。(めっちゃ悲観的だな俺。)


ただいまブログ村に登録中です!
みんなクリックするんだって!

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
コメント (3)   トラックバック (22)

麺かたコッテリ! 8.23

2007年08月24日 | マキシマムザホルモン
よしっ、今日も「麺かた」聴くぜっ!
今週も山口敏太郎さんをお迎えして「おもろ恐い」トークでお送りします。宮下さんの「ベースケインフォメーション」、今週はやらないよね?
3度の飯より飯が好き!
マキシマムザホルモンの麺かたコッテリ!
今週で99回目!来週で100回目です。9並びってことは、恐怖の番号じゃん!チーン。
今週も登場!フルスイングの山口敏太郎さん!まず、ツアー中での怪奇現象話を。九州で対バンしていたバンドのボーカルの人が、女の子の霊が憑いていたそうです。で、ダイスケはんがオナラした瞬間、携帯が鳴り、電話番号も無かった…。山口さんいわく、「霊と交渉するときは電源が入っていない」らしいんです。ダイスケはんはもう一度オナラをしたら、オナラし返した…。
今夜も「恐怖びんびん物語でお送りします」なぜか元気一杯です。というわけで今夜はメール紹介。
①「ホルモンの曲を聴くと元気が出ます。入場曲に使いたいです!ナヲちゃんいいな。男子もいいな」そういえば、ホルモンの曲を使った人がいないなあ。あっ、K-1のTATSUJIさんが使っていたみたいですね。それに大阪の修斗の選手も使ってるみたいです。敏太郎さん「格闘家は霊感が強い。猪木さんや前田日明とかもそうです。相撲というのは縁起物で、手形はお守りです。日本人が相撲弱いのは霊感がないから」日本人力士の皆様、頑張って欲しいですねえ。
②「ナヲちゃんが綿毛なら、私は鼻毛を通じてやってきました。ラーメン大好き!八王子大好き!」終わりかい。敏太郎さんの八王子情報。「八王子に怖い建物があるので入らないほうがいい」
ポップなメールから一気に怪奇情報になりました…。

もうお別れですか!?スタジオがビッチャビッチャになってます。
敏太郎さんが「妖怪ブランドババア」の話をしていましたんですが、内容がよくわかりませんでした。
敏太郎さん2週間本当にありがとうございました。今度は冬にお願いします。エンディングは「今週のフルスイング敏太郎!」ビンタの被害者はダイスケはん!敏太郎ビンタを喰らった感想は?「脳に来るわ!」俺も喰らいたくねえ…。
来週は100回記念スペシャル!どんな内容になるのかは聴いてからのお楽しみ!


にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ

トラックバック (2)

小久保離脱…。でも、西武に3タテ。

2007年08月23日 | HAWKS

火曜日の試合でわき腹に四球を受けて途中交代した小久保裕紀が、左第11肋骨の骨折が判明し、今日登録抹消となりました。全治は未定ですが今季絶望の可能性もありそうです。逆転優勝へ向けて最大の試練を迎えた福岡ソフトバンクホークス、この試練を絶対に乗りきってほしい!

昨日は西武に連勝し久々のカード勝ち越しを決めました。今日も勝って西武に3連勝したいところ。今日の先発、ジェイソン・スタンドリッジが先発3連勝をかけて臨みます。
まず1回、スタンドリッジは無死1,3塁のピンチを迎えます。西武の3番・中島の遊撃ゴロの間に1点先制、カブレラ四球でさらにピンチが続きましたが、G.G.佐藤には空振り三振、和田をレフトフライに打ち取り3アウト。
西武の先発・河原から点を取りたいソフトバンクは4回、先頭の多村が初球を叩き2塁打。続く松中も初球を叩き、ライト線へのタイムリーヒットで同点。柴原送りバントのあと、田上がカウント2-2からの5球目を捉え、レフトスタンドへ放り込む逆転2ラン!打った瞬間ホームランとわかる一打でした。
5回、スタンドリッジは1死1,2塁でピンチを迎えます。しかしカブレラを見逃し三振、G.G.佐藤にはセンターフライに打ち取りピンチ脱出。その裏、四球で2死満塁のチャンスを迎えましたが、柴原がライトフライで追加点ならず。
6回、先頭の田上がヒットで出塁、井手犠打のあと、小斉四球、松田ヒットで1死満塁と追加点のチャンス。本多が2塁ゴロ→ホーム封殺で2死後、川崎が2塁内野安打で1点追加しました。
この3点のリードを2番手・ニコースキー、藤岡、水田、馬原の投手リレーで守り抜いたソフトバンク、西武に3連勝です。

ソフトバンク-西 武 18回戦
(ソフトバンク12勝6敗、ヤフードーム、18:01、31810人)
L 100 000 000   1
H 000 301 00X   4
【投手】
(西)河原、山崎、正津、岩崎-細川
(ソ)スタンドリッジ、ニコースキー、藤岡、水田、馬原-田上、山崎

【責任投手】
(勝)スタンドリッジ12試合4勝
(S)馬原40試合1勝2敗31S
(敗)河原2試合1敗

【本塁打】
(ソ)田上7号2ラン(4回、河原)

試合終了時間が10時を過ぎ、4時間超の試合時間を制したホークスが西武に3タテ、同一カード4連勝となりました。これで西武戦の負け越しが無くなりました。今日は3者凡退が少なかったですね。先発のスタンドリッジが3者凡退に抑えたイニングは4回だけ。あと、水田が投げた8回に3者凡退がありましたね。ホークスは毎回出塁の2ケタ安打、四死球での出塁も7度ありました。
先発のスタンドリッジは6回途中(5回2/3)まで107球、5安打・4四死球・5奪三振・1失点で今季4勝目。先発では3連勝!右の臨時エースになりつつありそうです。
小久保の登録抹消で急遽1軍に上がった小斉祐輔が指名打者で即スタメン入りしました。今日の成績は3打数1安打、8回の第4打席でプロ入り初安打を放ちました。西山道隆投手と同じく育成枠からプロ入りした小斉選手、これからも頑張って欲しいですね。
金曜日は試合無し、土曜日からはロッテとの2連戦です。とりあえず連勝で2位浮上、少しでも日本ハムとの差を縮めておきたい!


ただいまブログ村に登録中です!
みんなクリックするんだって!

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
トラックバック (25)

納得いかねえ!反町ジャパンVSベトナム戦

2007年08月23日 | soccer

「サッカー日本代表祭り」の第1弾は、オシムジャパンがカメルーンに完封勝利。第2弾は北京五輪アジア最終予選「日本VSベトナム」です。グループ1位通過で北京五輪出場が決まる最終予選、日本はベトナム、サウジアラビア、カタールと同じC組に入っています。今回対戦するベトナムは、先日のアジアカップのメンバーを中心としています。まず初戦のベトナムに大勝して、今後に弾みをつけたいところでしたが…。

本日のスタメンはこの通り。
GK 21 山本海人
DF 2 細貝萌
DF 3 青山直晃
DF 4 水本裕貴
MF 7 水野晃樹
MF 8 本田圭佑
MF 10 梶山陽平
MF 16 本田拓也
MF 17 柏木陽介
FW 9 平山相太
FW 20 李忠成

日本ボールのキックオフで始まった前半、序盤から猛攻を仕掛けます。2分に平山がミドルを放ちますがバーの上へ。7分、クロスボールからのこぼれ球を本田圭佑が狙うも、枠を捉えきれず。
15分、李が胸で落としたボールを平山が狙うが、キーパーにキャッチされる。今度は梶山がミドルを放つ!しかし、これもキーパーに取られた。26分、梶山の高めのパスに反応した平山が抜け出すと、DF3人を交わしてシュート!しかしゴール手前でDFにブロック、こぼれ球に李が押し込むもダメ。ゴールが遠い!
ベトナムも負けていない。19分にはレ・コン・ビンがドリブル突破で日本陣内を攻め込む。36分にはグエン・ミン・チュエンがベトナム最初のシュートを放つ。
このまま両チーム無得点で前半を折り返すかと思われたが、ロスタイムに右CKから柏木のクロスに、最後は青山がヘッドで先制!遂に均衡が破れた!前半は日本ペースで進むも、ロスタイムの1点だけ。さあ後半はゴールラッシュか?
後半開始早々、李がペナルティエリア手前でスルーパス、パスを受けた平山だったがシュート打てず。4分、水野のクロスにベトナムDFがクリア、ところがゴール枠内に吸い込まれそうになる。オウンゴールで追加点になるかと思った。
9分、細貝のクロスに李が走り込んだがDFにクリアされる。今後の試合のためにも大量点が欲しい日本は猛攻を続けるも、なかなか追加点が奪えません。
23分、細貝のクロスに反応した李がダイビングヘッドを放ったが、右に外れる。今度は柏木がスルーパス、最後は平山がシュート!しかしGKに阻まれた…。もったいない!
ここで日本は家長昭博と岡崎慎司投入。33分、家長が左サイドでドリブルを仕掛けてクロスを入れる。フリーになった平山が今度こそ決めるかと思われたが、ハンドを取られてしまう。VTRで見たらキャッチしそうだったぞ。36分、今日何度もチャンスを逸している平山が左足で狙うも、DFにブロックされた。何で決まらないんだっ!
残り2分、ベトナムが久々に反撃。FKの場面で、グエン・ブ・フォン(イタリアのGKじゃない)が強烈なシュートを放つ!ここは山本が横っ飛びで止めた!同点にされたらマジで最悪だった。
ロスタイムも必死に守った日本が1-0でベトナムに勝利。最終予選を白星スタートで飾ったものの、課題の残る一戦となりました。

勝ったとはいえ、納得行きません!できれば大量点で勝って欲しかったです。シュート15本以上放って、前半ロスタイムの青山のヘッドによる1点だけ。これでは物足りません。あと2~3点は取れてたはずだったのに。平山ぁ、この野郎…。
次戦は9月8日・アウェーでのサウジアラビア戦、12日にはホームでカタール戦と続きます。このままでは北京五輪出場が厳しいでしょう。決定力不足を解消して、最終予選を1位通過してほしいものです。

最後にU-17日本代表の情報をちょっとだけ触れます。
U-17ワールドカップ・グループリーグ第2戦「日本VSナイジェリア」の試合は、3-0でナイジェリアに完敗です。前半21分にオセニ、31分にクリサントスのゴールで2点を先制された日本は、後半37分、クリサントスにこの日2得点目を決められてしまいました。これでナイジェリアは2連勝、勝ち点6で決勝トーナメント進出決定、日本は1勝1敗、勝ち点3のまま25日のグループリーグ最終戦・フランス戦に臨みます。フランスに引き分けた場合、ナイジェリアVSハイチの結果次第で決勝トーナメント進出が決まります。

にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ にほんブログ村 サッカーブログへ

コメント (4)   トラックバック (21)