日刊魔胃蹴

暑すぎてつらい。

麺かたコッテリ! 2009.2.26 PART1

2009年02月28日 | マキシマムザホルモン
冒頭からダイスケはんが「先週のを引きずってる…」と言って笑っています。ああ、前回の「おしりゴジラ虫たかお」という駒田さんのあだ名のことですね。これは駒田さんも怒ってましたね…。
3度の飯より飯が好き!
マキシマムザホルモンの麺かたコッテリ!

ナヲちゃんタイトルコールの際、咳しちゃいました。ダイちゃんに「ガラガラがおっちゃん」と怒られたのでした。オープニングから前途多難なスタートとなった今回、3年半近くやってるんだからしっかりしてくれ!

「今夜はあと1ヶ月で『この友達ともバラバラになるんだ…』そんな学生時代の甘酸っぱい青春トークをBayfmの電波に乗せてお送りしていきましょう」あ~っ、3月になるとお別れのシーズン、ってことは改編が近づいてるってことだな。この番組は何度も改編を乗り切っているんだけど、今回はなんか厳しそうな予感…。ダイちゃんの「この友達ともバラバラになるんだ…」って言うのは、番組終了の予兆なのか?
オープニングではKFN(花粉症)について2人が語っていて、ダイちゃんは昨年は楽だったんだけど、今年は暖冬だったから飛散量が多いから微妙にぐずついているらしいです。関東の花粉は奥多摩とか高尾山に来るってことは、ホルモンのホーム・八王子はかなり飛んでますね。事実、ダイちゃんが八王子にいたときは最悪でした。都知事が花粉症ということで、奥多摩で杉の木を伐採して違う木を植えようという都市伝説もあるそうですが、これって真実なの?「こんなことを言うとBが食いつく」Bちゃんは興味ないかもしれんぞ。
ナヲちゃんは先日、Bちゃん(山口敏太郎)をテレビで目撃したそうで、「サンデージャポン」でUFOの写真やフライングスネーク、「ツチノコ発見!」みたいな映像を出して解説していました。ナヲちゃんはミミズだろうと思ってます。そもそもツチノコなんているのかい?敏ちゃんはサンジャポファミリーとしてたまに出てるんですよ。ダイちゃん曰く「一番身近なサンジャポファミリー」、麺かたの準レギュラーですからね。でも、コッテラーからは「敏ちゃん出すな!」の苦情が出てるから、今後は出演するかどうか微妙になりました…。サンジャポはちょっと見てるんですけど、敏ちゃんが出てるところは見たこと無いんです。普段サンデープロジェクトだもんなぁ。
サンジャポファミリー繋がりと言えるのか、ナヲちゃんが「何ファミリーになりたい」と質問すると、ダイちゃんは悩んでも決められない、サンジャポ、欽ちゃんファミリー(萩本JAPAN)、だいじょうぶだぁファミリー(志村組)、つんくファミリー、竜兵会といろいろありますが、ダイちゃんは出川会を希望。出川会とは、エドはるみ・千秋・ウド鈴木(キャイーン)といったウリナリメンバーが中心。エドはるみと出川哲朗は同級生なんです。つぶやきシローが中心の「つぶつぶBar」は、マネージャーやスタッフなどが集まる飲み会なんですが、つぶやきがすごい酒豪で毒吐きまくりです。つぶやきまくっていた全盛期とは全く別ですね~!
他には和田アキ子ファミリーやいいともファミリーというのもあり、所ジョージファミリーならアウトドアに連れてってくれるし、森脇健児の「森脇ファミリー」なら森脇伝説を聞いてみたいそうだ。安田大サーカスの団長は森脇伝説をよく語ってますからね。それにバッファロー吾郎ファミリー、松本一家(まっちゃんツアーズ)もありますが、中でもバッファローファミリーはケンドーコバヤシ・友近・笑い飯・南海キャンディーズといった東京でも人気のある芸人が所属してますからね。ホルモンならバッファローファミリーに向いてそう。千原兄弟には2つの派閥があり、残念な兄・せいじさんの「セリーグ」、弟のジュニアさんの「Jリーグ」というグループがあるみたいだ。もし俺が芸能界にいたら、だいじょうぶだぁファミリー(志村会)に入りたいですねぇ。
お笑い界にはいろんな派閥があり、「政治でしょ?」ナヲちゃんが言うけど、芸能界の事情はわからないので…。「お前何派?」と聞かれると、ナヲちゃんは「うどん派?」と食べ物系を選びました。あぁ~、うどん派かそば派の方ですね。ダイちゃんは当然うどん派でしょ。関東と長野はそば派で、西日本のほとんどはうどん派、埼玉は全体的にうどん派でしょうな。小麦の生産地で加須うどんというのが有名ですから。それに最近は武蔵野うどんというのがあるし。ちなみにダイちゃんは「金丸派」自民党ですか!


長いオープニングトーク→「上原~futoshi~」の後、「今夜もですね~、メンバー・スタッフともに明日になれば『昨日の収録何してたっけ?』まあ30分では思い出せないトークをBayfmの電波に乗せてお送りして行きます!」自己紹介でダイちゃんが「ニャー」で伏せるほど危ない発言をしてました。ダイちゃんは「何派」だったの?3週間も内容が酷く、前回は生でダラダラ=生ダラ(収録だけどな)で喋り捲っていましたね。「生放送だったら軽い放送事故」(ダイちゃん)そうだよな。今回は前回読むはずだったメールを紹介していきます。ナヲちゃんたちが「読むダスよ」って言うのなら、がっつり読みましょう。

①福岡県・ベタ生ことペタジーニ
ツンデレナヲ姉えらダイスケはんこんばんは。一昔前までツンデレ女子がもてはやされてましたが、最近巷ではツンデレ男子がモテているそうです。たとえば、『あ~っ不味い不味い!お前の作る飯はマズいんだよ!こんな飯、俺しか食えねえよ!』とか、『お前トロいんだよ!もっと早くしろよ。まあお前みたいにトロいやつは俺みたいにヒマなヤツしか待ってあげないけどな』みたいな感じです。」
ツンデレ男子がよく言う言葉にダイちゃんは「あ~っ、いい~っ!」と快感!そしてスタン・ハンセンばりの『ウィーッ!』を2人で絶叫!しかも2回もです。俺も一緒に『ウィーッ!』と叫びてえよ。あの言葉は上から目線的なところがいいですよね。女性からすれば賛否両論、否定的な人が多そうな気がする…。
ここでダイちゃんに課題を一つ。「次の言葉の後に、ナヲ姉だったらどんな言葉を言われたらキュンと来ますか?またダイスケはんだったらどんな言葉を吐き捨てますか?お題は『くっせえなー!お前の足の爪の垢臭えんだよ!』の後に続く言葉を考えてください」
新妻・ナヲちゃんが「よくわからない!」と失笑したこの課題。ダイちゃんがじっくり考えて出した答えは…、「まあ、煎じて飲めるのは俺ぐれぐれぇ…」(ビシッ!というパンチ効果音)大事なところで噛むんじゃねーよ!女子が呆れて笑っちゃうぞ。やっぱりダイちゃんの噛み癖は健在ですねー。これぞダイスケスタイル!つまり言いたいのは「煎じて飲めるのは俺だけだよ」って事です。みんなは爪の垢を煎じて飲んじゃダメよ。あとでもう一回やってもダメ、「まあ、呂律が回ってないだけなんだけどな」開き直るなっつーの!もうパンチ2発目でっせ

まだまだ続きますが、残りのメール紹介は後半戦のほうで。まあ、麺かたレポは1回の放送分を2回に分けるのが普通なんだけどな。苦情&炎上覚悟で言ってみたんですけど、気持ち悪いですか?



にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ

コメント (2)

宮崎キャンプDay26 A組は一足お先に打ち上げ。

2009年02月27日 | HAWKS
生目の杜運動公園(アイビースタジアム)で行われている福岡ソフトバンクホークスの宮崎キャンプは、26日にA組の最終日を迎えました。1週間ぶりとなる今回のキャンプレビューは、第6クールの選手たちの動きを振り返りたいと思います。

第6クール初日の24日は、WBC候補から外れた和田投手と松中選手が1週間ぶりに合流。午前中はグラウンドがぬかるんでいたため室内練習場で汗を流していましたが、午後はグラウンド整備が完了したことで紅白戦がありました。和田はすぐにブルペンで投球練習を行い、70球を投げ込みました。「感触を確かめながら投げた」のコメントの通り、プロ野球公式球を使用しながらのピッチングとなりました。一部報道からは今季の開幕投手の最有力候補に挙げられているそうで、オープン戦は常に内容と結果が求められることになるでしょう。
午後の紅白戦は、松田・多村派の紅組VS小久保・松中派の白組という構図。紅組4番・多村は、4回の第2打席にバックスクリーンへの豪快な一発を叩き出せば、白組5番・小久保は3安打3打点と大活躍。多村と小久保が好調の中、紅白戦初出場の松中は2打席無安打に終わりました。なお試合は6-2で白組の勝利でした。B組ではセガサミー野球部との練習試合があり、先発・内田好治が5回1失点、2番手の大西正樹が2回パーフェクト、3番手・柳川洋平が2奪三振と育成組トリオが揃って好投を見せました。試合のほうは1-1の引き分けです。西スポによると、3番手で登板した柳川投手がA組昇格→オープン戦に登板する可能性があることが報じられています。同じ育成枠の堂上隼人捕手と共に「支配下選手登録」をゲットできるかどうか?

25日もグラウンド不良のため室内での練習。そんな中、秋山監督がキャッチボールで強肩を披露。40mの距離からストライクを連発したことで、多村選手も「えぐいよ…」とビックリ。昨年秋のキャンプでは97mの遠投を見せていたそうで、距離はやや短めだけど現役顔負けの強肩を見せてくれました。投げ終えた後は「おれの弱点は肺かな」と息を荒げていました。さすがに内臓系では年齢に勝てないのね…。秋山幸二46歳、まだまだ若いです。
ブルペンでは、大隣投手が60球投げ込めば、大場投手は72球を投げました。大隣は左ヒジの不安が全く無く、今後は2軍オープン戦にも登板予定。本人は開幕戦(4月3日)までに間に合わせようとは思っていないようです。まあじっくり。一方大場は、日曜日の紅白戦で3回2失点と結果を出せず。不安を残したままオープン戦に臨むことになりそうです。
右ひざ痛のため別メニュー調整が続いていたアギーラは、24日に病院で検査を受けたところ異常無しだったため、久々の打撃練習を行いました。「焦ることはないさ」と余裕を見せていましたが、ぶっつけ本番状態でオープン戦に臨むのはちょっと心配です。

そして迎えた最終日。最後の紅白戦は両チーム乱打戦と言っても紅組の打線が大爆発&白組は投壊状態でした。2回に金子圭輔がソロ本塁打、3回には仲澤忠厚がレフトポール際への2ランなどもあって大量7得点。松中はタイムリー2塁打、小久保はこの試合もヒットを放って好調をキープ。松田は6回に2死2,3塁の場面で2点タイムリーヒット、4回にはレフトへの2塁打を放ちました。試合は1~4回まで紅組が毎回得点を叩き出し、12-4と圧勝しました。
そしてブルペンでは、和田投手が終日にキャンプ最高の158球を投げ込み、開幕に向け順調に調整を続けています。今回のキャンプで巽真悟投手がチーム最多の1451球を投げ込み、同じくルーキーの摂津正は2番目の1443球を投げました。巽投手は28日のオープン戦(広島戦)で開幕投手を務めることになりました。
紅白戦終了後、斉藤和巳選手会長の一本締めでA組キャンプは終了。秋山監督はこのキャンプを振り返って、「全体で70点」と辛口の評価。前半戦の80点よりダウンした理由には、新外国人の不調というのを挙げていたそうです。それでも「大きな怪我が出なかったことが良かった」とリタイヤした選手が少なかったことに満足していました。WBC合宿でアキレス腱を痛めていた松中も、ホークスキャンプに戻れば元気に動いていましたからね。

A組のキャンプが終われば、28日からはオープン戦が控えています。土曜日は都城で広島戦、3月1日(日曜日)はアイビースタジアムでの試合が行われます。3月4日~9日まではヤフードーム5連戦、10日~15日までは関東遠征が続き、17日以降は全試合ヤフードーム、20~22日は中日戦、24~26日は阪神戦、27~29日は広島戦とセリーグ勢との3連戦が続きます。ある意味これは交流戦の前哨戦とも言えそうです。オープン戦は全24試合、最低でも勝ち越しを目指してほしいですね。松田VS多村の3番争い、若手選手による開幕1軍サバイバルが今年のみどころとなりますか。WBCばっかり注目を集めますが、オープン戦の方もお楽しみに。



にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ



WBC日本代表オーストラリアに連勝!

2009年02月26日 | Sports

WBC日本代表は24日,25日の2日間、京セラドーム大阪でオーストラリア代表との強化試合を行っています。初戦はダルビッシュ有が3四死球と制球面で課題を残したのに対し、岩隈久志が3回無失点の好投を見せました。打撃陣は豪州投手陣から8得点を奪う快勝でした。2戦目となった25日は、松坂大輔と杉内俊哉の左右エースが登板。この日も原ジャパンの強さを見せ付けてくれました。

スタメンはこんな感じ
1(中)青木宣親
2(遊)中島裕之
3(右)イチロー
4(左)稲葉篤紀
5(三)村田修一
6(二)岩村明憲
7(DH)城島健司
8(捕)阿部慎之助
9(一)内川聖一
 (投)松坂大輔
1~5番まではいつもと同じ。岩村が6番に昇格し、城島がDHに入り,阿部が先発マスク、内川が9番1塁で先発出場を果たしました。

日本は初回の攻撃を3者凡退で終わり、その裏に松坂が2者連続三振の後にヒットと2塁打で2死2,3塁と先制のピンチを迎えますが、ライジンガーを空振り三振に仕留めてピンチを脱出します。2回に村田の2塁打と岩村&阿部の四球で2死満塁と絶好のチャンスでしたが、内川が遊撃ライナーに倒れて先制ならず。直後に豪州は松坂を攻め立て、1死1,2塁からカールセンがライト頭上を越えるタイムリー2塁打。2人が生還して2点先制します。2点を許した松坂は次の打者を打ち取ったところで降板。2番手の杉内は、最初の打者・コリンズを空振り三振に仕留めて豪州の追加点を阻止。
早く同点に追いつきたい日本は3回、先頭の青木が豪州右翼手・ブライスのエラーの間に3塁を狙うも憤死。続く中島が四球、イチローの内野安打の後、相手のミスで進塁し、稲葉の2塁ゴロの間に中島が生還。続く村田の当たりを遊撃手がエラーしてしまい、日本は同点に追いつきます。
4回、日本は1死1,2塁から青木がレフトへの3塁打で2点を奪って逆転すると、中島のセンター前タイムリーで1点を追加。中島の代走・川崎宗則が盗塁&悪送球で3塁まで進み、イチローの1塁内野安打で生還してもう1点。この後稲葉のヒットで1,3塁の後、村田のライトフライを右翼手が落球して更に1点して、この回打者一巡の猛攻で5点を奪いました。
2番手の杉内は、3回に豪州打線を3者連続三振に仕留めると、4回には先頭打者を空振り三振に仕留めた後、後続も完璧に打ち取って3者凡退。打者7人に対して無安打の好投を見せました。5回から3番手で登板した内海も無安打、豪州打線に反撃を与えません。
試合は6回に1死1,3塁の場面で城島がレフト前タイムリー、内川の押し出し四球で2点を追加。8回には2死から福留と川崎の連続タイムリー2塁打で2点を追加して11-2と大きくリード。投げても渡辺俊介→山口鉄也→涌井秀章→藤川球児の投手リレーで豪州を沈黙。投打で圧倒した日本が豪州に連勝です。


2009/02/25(水) 日本-豪州 (京セラドーム大阪、18:00)
JPN 002 502 020  11
AUS 020 000 000  2
【投手】
(日)松坂、杉内、内海、渡辺俊、山口、涌井、藤川-阿部、石原
(豪)モス、ブラッシングトン、ケリー、スピアー、キャシディ
   ティムズ-カールセン、ハウス
【責任投手】
(勝)杉内
(敗)ブラッシングトン


侍ジャパンが2ケタ得点で圧勝!大阪での強化試合を連勝で飾り、5日からの第1ラウンドに弾みをつけました。先発の松坂投手は、エースらしい好投に期待が集まったんですが、2回途中まで打者10人に対して5安打2失点と不安を残す形となりました。対照的に杉内投手は5者連続三振を奪うなど豪州相手に無安打と見事なピッチングを披露。この内容だと先発以外にもロングリリーフを任せられそうですね。
打線はチーム全体で16安打の11得点と打線爆発。4番の稲葉は6打数3安打1打点の猛打賞、青木は3打数1安打2打点、イチローは5打数2安打1打点、城島は4打数2安打1打点とそれぞれ活躍しました。稲葉に至ってはこの2試合で8打数5安打、打率も.625と大当たりでした。イチローは前日に初安打、この日は2本の内野安打とイチローらしい打撃を見せました。今回の試合ですが、2ケタ安打&2ケタ得点を出したんだけど、14残塁出しちゃいました。満塁の場面で凡退するというのが3度あり、5回には城島が併殺打で倒れたというのもありました。満塁のチャンスをモノにすることが侍JAPANの今後の課題と言えそうです。

さてこの日は、WBCの最終メンバーが発表されました。アメリカ代表は全員メジャーリーガーで、デレク・ジーターが主将を務めるそうです。薬物疑惑で揺れているアレックス・ロドリゲスはドミニカ共和国代表に選ばれました。日本球界では、西武のボカチカがプエルトリコ代表に選出。ヤクルトの林昌勇は韓国代表、阪神の林威助が台湾代表に選ばれました。日本代表にとっては要注意人物の一人になるでしょう。
大阪の2連戦が終わり、いよいよ第1ラウンド決戦の地・東京ドームへ。28日に西武戦、3月1日に巨人との強化試合が続きます。投打が好調の日本代表、この勢いで残り2試合の強化試合も勝ってもらいましょう。


にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ

コメント (2)   トラックバック (22)

麺かたコッテリ! 2009.2.19 PART2

2009年02月25日 | マキシマムザホルモン
2月19日放送の「麺かたコッテリ!」は、3週間ぶりに虎ノ門スタジオでの収録となりましたが、ダイスケはんとナヲちゃんが喋りすぎたため、メイン企画が無しという事態になりました。全編フリートークというのは多分久しぶりだと思います。前半ではダイちゃんの腕時計話やよく買う雑誌などが語られていましたが、後半もいろいろ喋っちゃってます。

VAP駒田さんのリクエスト曲「アバラ・ボブ」が流れているとき、駒田さんはドラムを叩くフリをしていて、打ち合わせの時に足が2バスを踏んでいるような感じがしたとダイちゃんが言ってましたが、実はドラム経験があるらしいです。ドラム担当のナヲちゃんも「彼はドラマーですから」と実力を認める発言がありました。するとなぜか2人が爆笑、ナヲちゃんが「おしりかじり虫にちょっと似てるかもしんない!」の他に、タカアンドトシのトシ(坊主でツッコミ)に似てることに気づきました。
ダイちゃんが「駒田さんって芸能人で誰に似てます?」と駒田さんに聞くと、ヤンキースの松井秀喜選手(ゴジラ)に似ていると回答。目から頬骨にかけてあるかもとダイちゃんも納得。ゴジラに似てないというナヲちゃんは「昆虫でいうとカマキリ」と例えてみました。VAP駒田改めゴジラ駒田、めんどくさいので「コマキリ」に合体、それに「おしりゴジラ虫」というあだ名が…。これにはナヲちゃんも「駒田さん怒りますよ!」とご立腹。序に「おしりごじり虫」も…。つまり「おしりかじり虫+ゴジラ÷2」でこうなりました。これにはダイちゃんも満点バカ笑い。「おしりゴジラ虫」と「おしりごじり虫」どっちも嫌だな…。

そんなわけでエンディングに突入って早いなぁ。メイン企画をやらないとこんな感じになっちゃうんですか…。「というわけで今夜も、基本は先週までの居酒屋と変わらないトークをBayfmの電波に乗せてお送りしてきました。」ホントだよな。こういう雑談は居酒屋でやろうよ。「何だよこれ!なんにもしてねーよ!何もしてないんだよこれ。知ってた?」とナヲちゃん激怒。俺も同感だよ!雑談で20分過ぎちゃうんだから。メール紹介ぐらいして貰いたかったですよ。ダイちゃんまだ「おしりごじり虫」で笑ってるし!それに泣いてますね…。よっぽど可笑しかったんでしょうか?駒田さんは「おしりかじり虫作った人(うるまでるび)に悪いし、松井さんにも悪いわ!」とキレてました。ナヲちゃんは「全部似てないし!」だったら言うなよ。
ナヲちゃんは「もう酷いねホントに。先週・先々週と新年会の様子をやったわけでしょ?」と麺かたの現状に呆れるばかり。それに今週はフリートークで20分間だよな。最近の麺かたはこれで大丈夫なのでしょうか?この内容だと3月いっぱいで終わりそうな気がする…。新年会の件では、関係者の話では、ギリギリどころか明らかなアウトだったと酷評されました。ダイちゃんは「要は高見でしょ?」と高見さんを戦犯扱い。高見さんは「自分的にはまだ7分咲き」だとまだ満足していない様子で、終了後には田中さん(たなけん)に説教されていたらしい。たなけんさんもおやじギャグ連発しすぎだよな。それにがやがやしていて聞き取れない部分もありましたよね。ナヲちゃんは「ダメだねVAPって。だからダメなんだよ」とVAP批判。この際だから今年中にエイベックスかTOY'Sファクトリー、ソニーミュージックに移籍する?
ごじり虫で怒っていた駒田さんは、自分では大沢たかおに似ていると豪語。ウチの姉ちゃん大沢たかおが好きだったから、これを知っていたのなら相当ブチギレてるだろーな。ナヲちゃんは「なんとなくわかる!」、ダイちゃんは「ああ~」と納得して、大沢たかお+おしりごじり虫で「大沢ごじり虫」になった後、「おしりゴジラ虫たかお」という名前に変わったのでした。もっと嫌だよ!大沢たかおファンが滅茶苦茶怒るし泣くぞ!それに大沢たかお本人に失礼です。ダイちゃんが「今後何も無い限り、『おしりゴジラ虫たかお』が今年一番面白かったで終わり?」と麺かた流行語大賞の有力候補であることを示唆してました。
他のメンバーにも聞いてみると、クラさんはガレッジセールの川田さん、ミッちゃんはソウル五輪の背泳ぎで金メダルを獲得した鈴木大地さんに激似。その激似っぷりにナヲちゃん達もビックリ&大興奮!ガンちゃんは笑うと瀬川瑛子さんに似ていて、本当は松雪泰子さんに似ているそうだ。ダイちゃんは「大至急却下でお願いします!」と認めず。しみゆうは「宇多田ヒカルと渡辺満里奈と言うと喜ぶ」(ダイちゃん)そうだ。
何もしなかったことが影響したのか、ナヲちゃんがホルモン情報のときに噛めば、ダイちゃんも噛んじゃいました。しっかりしてください。ナヲちゃんが「来週は凄いよ」と新年会の苦情が殺到しているだろうと予測。フリートークで1本できたことで、「こんだけむき出しなホルモンを聞けるのは、麺かただけ!」ナヲちゃんは「他の人が興味が無かったから」。ダイちゃんは「この番組で映像配信できれば面白かったけど、ラジオだから伝えづらい」一度でいいから映像で見たいですよ。駒田さんが大沢たかおに似ているのか見てみたかったです。最後は久しぶりに「何だろなっ!?」「何でもねえよ!」の挨拶で終了。ホントに何にも無かったな今回。これでいいのかい?また次回。


にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ

コメント (2)

日本映画が世界制覇!「おくりびと」と「つみきのいえ」がアカデミー賞受賞!

2009年02月24日 | Weblog

アメリカの映画の祭典・第81回アカデミー賞が現地時間22日、ロサンゼルス・コダックシアターで行われ、「おくりびと」が最優秀外国語映画賞、「つみきのいえ」が短編アニメーション部門賞をそれぞれ受賞しました。日本の映画作品がアカデミー賞で複数の部門を受賞するのは史上初の快挙です。

外国語映画部門賞には、カンヌ国際映画祭で最高賞(パルムドール)を受賞したフランスの「ザ・クラス」、イスラエルの「戦場でワルツを」の2作品が本命とされていましたが、それを覆して「おくりびと」がオスカー獲得。当初は伏兵とされていましたが、結果的に番狂わせを起こしました。滝田洋二郎監督は「これが私にとって新しい旅立ちになる」と語り、主演で納棺師役の本木雅弘さんは「言葉にならない。まだ不思議」、広末涼子さんは「コングラチュレーションの嵐を浴びた」と喜んでいました。
この部門では過去に「ビルマの竪琴」、「羅生門」、「たそがれ清兵衛」、「どですかでん」がノミネートされたものの、いずれもオスカー受賞ならず。「おくりびと」が初めて外国語映画賞を受賞したことになります。現在でもロングラン上映中のところもあり、今回の受賞で上映する映画館が更に増えるかもしれません。一度映画館で見てみたいんだけど、なかなか行けないんだよな…。早くDVDかテレビで放送してほしい…。
短編アニメーション部門賞を獲得した「つみきのいえ」は、アニメ作品では「千と千尋の神隠し」以来6年ぶりの受賞となりました。加藤久仁生監督は壇上で「サンキュー」を連呼し、「So heavy(重いですね)」と言いながらもオスカー像を強く握り締めていました。この作品はROBOTが製作した12分の短編アニメで、全て手描きという心温まる作品だそうで、ナレーションには長澤まさみさんが担当しています。
本場のアカデミー賞で日本の作品が2部門を受賞したことは、日本映画界にとっては歴史的快挙としかいえません。「日本はまだ世界に通用しないんだろうな」と思っていましたが、世界を制したことは凄いと思いました。同時受賞は日本映画の実力が世界に認められたものであり、今後は世界中で日本映画が注目されることになると思います。今後も「おくりびと」のようにアカデミー賞やカンヌのパルムドールを受賞する作品が出てほしいですね。受賞作品に係った出演者とスタッフの皆さん、本当におめでとうございます。

日本旋風が少しだけ巻き起こった今回のアカデミー賞ですが、主演男優賞にはショーン・ペン(ミルク)が2度目の受賞。主演女優賞のケイト・ウィンスレット(愛を読むひと)は、6度目のノミネートで悲願の初受賞。助演男優賞は昨年1月に28歳の若さで他界したヒース・レジャー(ダークナイト)、助演女優賞には、『それでも恋するバルセロナ』のペネロペ・クルスがそれぞれ受賞しました。
そして作品賞には「スラムドッグ$ミリオネア」が受賞。監督を務めたダニー・ボイル氏が監督賞、音楽賞・脚色賞・撮影賞など最多の8部門を獲得しました。日本では4月に公開予定なので、ゴールデンウィーク注目の映画になることは間違いありません。日本でも人気がある「クイズミリオネア」をテーマにした映画だから、大ヒットするでしょう。



にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ

トラックバック (28)

麺かたコッテリ! 2009.2.19 PART1

2009年02月24日 | マキシマムザホルモン
ナヲちゃん:「えっ?もうええて!」
ダイスケはん:「遊ぶな!スタジオをおもちゃにするな」
番組冒頭で誰かが遊んでおりましたが、何をやったんですか?「酷いよ!」とナヲちゃんが現状に嘆いてましたな。
3度の飯より飯が好き!
はいマキシマムザホルモンの、はい麺かた、はいコッテリ~。

「今夜もですね『やれる事はやれる内にやっておこう』これを合言葉に、相変わらずの適当な事をBayFMの電波に乗せてお送りしていきましょう」
ナヲちゃんが「ダイちゃん時計変えた?」と気づきましたが、ダイちゃんは2つも使っているみたいです。時計が趣味のダイちゃんは、自分の服に合わせて腕時計を選んだりしています。特に黄色と黒のタイプが一番のお気に入り。時計屋で時計を見るのが好きで、「これいいわ~」と興味を持った目で見ているけど、次に持ち越してしまう。お気に入りの女性を見るのとほぼ同じ感覚なんですね…。
ダイちゃんが今使用している時計はG-SHOCKで、空前のG-SHOCKブームのときに買ったんだけどみんなが持っていたので嫌になってしまったことがあるらしい。新しく買ったBaby-Gは、アメリカ人がデザインした記念モデルなんだけど、ダイちゃんの手首がパンパンになってしまいました。ナヲちゃんが「時計の穴、だいぶ余るでしょ?」普通そうなんですが、ダイちゃんは手首が太いので一番前と言うよりは最後の穴の方に持ってきています。ナヲちゃんが「Baby-Gダメだからあきらめな。私が貰ってあげる」と注意したけど、「なんでやねん!」と譲るつもりは全くないようです。
話は変わり、先日ファンから「あんたは何してるんだ」というメールを貰ったダイちゃん、普段はスタジオでリハビリを行ったりしており、休憩時間にはスポーツ新聞を読むのが日課となっているのです。最近はジャンプやマガジンのような漫画雑誌ではなく、東京ウォーカーにはまっているそうだ。「情報通!」と連呼するナヲちゃん、洒落てるねー。東京ウォーカーは今年に入ってから買い始めたというビギナーさんです。東京歴は長いけど、今までこの雑誌を見てなかったってことなのね。入院中に試しに買ったら非常に面白くて、「こんなのがあるんか」「こんなスイーツがサンクスで出るんや!」と興味津々。そうそう、こういう雑誌は新商品とか掲載されてるし、埼玉の情報とかもあるんだよね。
他にも「サムライマガジン」や「ollie(オーリー)」といったファッション雑誌を毎月買ったり、音楽雑誌「DOLL (ドール)」は10年前から定期購読していました。山田五郎さんが編集長を務めていた「ホットドッグ・プレス」や「ポパイ」もあれば、「BOON」もよく見るとのこと。ダイちゃん世代が知っているような表紙ではないようで、特に「ホットドッグ」と「ポパイ」は大人向けの感じで下手すりゃ「PLAYBOY」(アメリカ版のやつ。週刊プレイボーイじゃないよ)みたいになっているときがある。見たこと無いのでわかりません。
あと、「モノ・マガジン」も最近買っている雑誌の1つで、ナヲちゃんも「あれ面白いよね」と絶賛。この雑誌は新製品を詳しく紹介したり、電化製品を分析する「家電芸人」タイプの人もいるそうです。ダイちゃんの話によると、1週間検証して、グラフにまとめたりしてるんです。自分こういうの見たことないなぁ。「QUANTO(クアント)」はプラモデルを取り扱う雑誌で、売ります・買います・友達になってという「バンドやろうぜ」的な公募コーナーが面白いそうだ。ダイちゃん曰く「現代でいうMixiみたいな感じ」だと説明、ひとつのコミュニティでみんなが集まるという感じですね。ナヲちゃんの知り合いには、「イッシー」という先輩がいて、「オス!おら悟空!クワガタのメスが好きな女の子募集」と書かれてあったハガキを八王子のローカル雑誌に投稿し、実際にその女の子がいたんだけど、その女性はもともと仲間の人でした(キヨちゃん)。

前半だいぶ喋ってますが、後半もダイちゃんとナヲちゃんが喋りまくりです。ってことは、メイン企画は無し?雑談だけの放送は寂しすぎますよ。まあ続きはまた後で。



にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ


WBC宮崎合宿最終日&最終メンバー発表で和田が落選ってなぜだ?

2009年02月23日 | Sports

WBC日本代表の宮崎合宿が最終日を迎え、22日も巨人との練習試合が行われました。最終日も雨にもかかわらず満員のファンが駆けつけ、練習試合では前日に引き続いて打線が爆発しまくり。試合後には日本代表の最終メンバーが発表されました。

練習試合の先発メンバーは前日と同じ。先発投手は涌井でした。
1(左)青木宣親
2(遊)中島裕之
3(右)イチロー
4(指)稲葉篤紀
5(三)村田修一
6(一)小笠原道大
7(中)福留孝介
8(捕)城島健司
9(二)岩村明憲
 (投)涌井秀章

試合は初回に涌井が2死満塁のピンチを迎え、坂本勇人にライトへ痛打されますが、イチローがファインプレーを見せてピンチを凌ぎます。2回にも先頭打者に2塁打を許しながらも無失点。2回裏、日本は稲葉と村田の連打の後、小笠原が四球を選んで無死満塁。ここで福留が巨人先発・金刃憲人の直球をライトへ弾き返す満塁本塁打で4点を先取。3回には村田と小笠原の連打で1点を追加、4回に1死1塁の場面で中島がレフトへの2ランを放って7-0とリード。
5回以降も日本の打線は止まりません。2死から福留の内野安打、石原慶幸の四球で1,2塁の場面で、岩村が右中間への3ラン本塁打を放ちます。6回、川崎宗則と亀井義行の連打で無死1,2塁。稲葉凡退の後、栗原健太の2塁打で2者が生還。この後小笠原も2塁打で続きもう1点加えました。
投手陣では、3回から2番手で登板した岩田稔が2回1失点、4番手の山口鉄也が打者5人に出塁を許さない好投を見せました。なお試合は7回終了時に雨が激しくなったため降雨コールド。13-1でこの試合も圧勝し、巨人との練習試合2連戦を連勝で飾りました。

■日本代表 13-1 巨人
G 001 000 0=1
J 041 233 0=13
(7回終了降雨コールド)
(巨)金刃、歌藤、西村、福田-加藤、実松
(日)涌井、岩田、渡辺、山口-阿部、石原
【本】福留、中島、岩村(日本代表)

この日も侍JAPANの打線が大当たり!3本の本塁打が飛び出す一発攻勢、2回から6回まで毎回得点の圧勝で宮崎合宿を締めくくりました。先制の満塁弾を放った福留は2打数2安打4打点、中島は3打数2安打2打点、岩村は3打数2安打とバットが好調でした。2試合連続で4番に入った稲葉は無安打、イチローは3打数無安打で2試合連続ノーヒット。イチローのバットに快音が聞かれないのは少し気になるところですが…。2試合とも同じ打順で大量点を挙げたということは、今の侍JAPANのベストオーダーと言っても良いのかな?


そして宮崎での代表合宿が終了し、数時間後に大阪での強化試合・オーストラリア代表戦の帯同メンバー、即ち日本代表の最終メンバー28名が発表されました。
<投手>
ダルビッシュ有 馬原孝浩 田中将大
涌井秀章 松坂大輔 岩田稔
岩隈久志 藤川球児 内海哲也
小松聖 渡辺俊介 山口鉄也
杉内俊哉
<捕手>
城島健司 阿部慎之助 石原慶幸
<内野手>
中島裕之 片岡易之 岩村明憲
小笠原道大 村田修一 川崎宗則
<外野手>
福留孝介 青木宣親 内川聖一 
亀井義行 稲葉篤紀 イチロー

この中で落選したのは、左アキレス腱を痛めていた松中信彦選手、西武の細川亨捕手と岸孝之投手、広島の栗原健太選手、和田毅投手の5人。松中選手の脱落は正直仕方ないけど、和田投手が落選とはどういう事なんですか!土曜日に4奪三振の好投を見せて最終メンバー入りをアピール、左の先発候補の貴重な選手だったのに、最終的には外すなんて信じられません!いくらなんでもこれはおかしいですよ。落選候補の亀井を残したのは「身内」だから?俺もWBCで和田が日本代表のユニフォームで投げる姿が見たかったですよ。落選を聞いた秋山監督のコメントには「チームにとっては大助かりだし、いいこと」と前向き発言。「なんか残念ですね」という気持ちは無いんですか?ホークスファンのほとんどが和田の落選に不満やショック、怒りを隠しきれない人が多いと思います。この怒りをどこにぶつけりゃええねん!
福岡ソフトバンクからは、馬原・杉内・川崎の3選手が出場。杉内は左のエースとして、馬原は抑え、川崎は守備要因か代走での出場がメインになるかもしれないけど、何らかの形で日本の勝利に貢献してもらいたいですね。
この後の予定は、24日と25日に京セラドーム大阪での強化試合・豪州戦、25日の2戦目には最終登録メンバーが発表されます。28日からは東京ドームで西武・巨人との練習試合を行い、3月5日からは第1ラウンドとなります。選ばれた選手にはぜひとも活躍してくれることを願っております。



にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ

トラックバック (22)

7歳2強敗れたり!フェブラリーSはブロッケン&カジノの4歳馬ワンツーフィニッシュ!

2009年02月23日 | 競馬

2009年最初の中央競馬GIレース、春のダート王決定戦・第26回フェブラリーステークスが22日、東京競馬場で行われました。今年はダイワスカーレットが2009年の初戦に使う予定だったんですが、浅屈腱炎で回避→引退ということになりました…。今年は、GI7勝の②カネヒキリ、昨年の覇者・⑨ヴァーミリアン、2007年優勝馬・サンライズバッカスの過去3年のフェブラリーSの勝ち馬が揃いました。もちろん勝てば史上初の同レース2勝目です。7歳2強に待ったをかけるのは、3歳ダート王・⑮サクセスブロッケン、ドバイに挑戦する⑭カジノドライヴ、JBCスプリントを制した⑤バンブーエール、根岸ステークス優勝馬・⑯フェラーリピサ、ダートに転向してから5連続連帯中の⑫エスポワールシチーなど。東京ダート1600mに16頭が出走し、ダート実力日本一の座をかけて争われました。

直前の単勝オッズでは、カネヒキリが1番人気(2.7倍)、2番人気にヴァーミリアン(4.1倍)、カジノドライヴが3番人気(5.0倍)、以下フェラーリピサ(8.8倍)、エスポワールシチー(9.4倍)と10倍以下が5頭も出ました。
ファンファーレが鳴り、順調に各馬がゲート入り。スタートの瞬間、サンライズバッカスが出遅れ、専攻争いではエスポワールシチーがダートに入ると同時に先頭に立ち、2番手争いにカジノドライヴとサクセスブロッケン、カネヒキリが4番手で内側から徐々に進出。フェラーリピサが5番手、ヴァーミリアンは7番手、バンブーエールは10番手のところ。後方では⑦ヒシカツリーダー、サンライズバッカスが15番手、⑩ビクトリーテツニーが最後方。
逃げるエスポワールは最初の600mを35秒台、800mを46秒台と速いペースを刻む。カジノとブロッケンの4歳コンビが続き、上位3頭は4歳が独占中。カネヒキリはフェラーリピサと並走、ヴァーミリアンは7番手で外側に持ち込む。残り600mから最後の直線に入ってもエスポワールが先頭、2番手とは3馬身のリードで逃げ粘る。カネヒキリが最内から追走し、カジノを捉える勢い。ヴァーミリアンも追い上げるが勢いが感じられない。フェラーリも外側から捉えるも届きそうにない。残り200で先頭争いが激しくなり、逃げるエスポワールをカジノが捉え、間からカネヒキリが突き刺すが、ゴール前でブロッケンが2頭を差し切ってゴールイン!ゴールの瞬間、内田博幸騎手がガッツポーズ!2着争いはカジノとカネヒキリが並んだものの、僅かの差でカジノドライヴが2着、カネヒキリは3着に敗れました。

最終成績&払戻金
1⑮サクセスブロッケン 1:34.6/レコード
2⑭カジノドライヴ   クビ
3②カネヒキリ     アタマ
4⑫エスポワールシチー  1.1/4
5⑯フェラーリピサ    1.1/2
6⑨ヴァーミリアン   クビ
7⑪アドマイヤスバル   4
8⑤バンブーエール   アタマ
9④トーセンブライト   1.1/2
10⑦ヒシカツリーダー  クビ
11①カフェオリンポス  クビ
12⑩ビクトリーテツニー  3/4
13⑥ナンヨーヒルトップ クビ
14⑧キクノサリーレ   クビ
15③サンライズバッカス 2.1/2
16⑬オフィサー     クビ

単勝 15 2,060円
複勝 15 450円 14 200円 2 130円
枠連 7-8 1,490円
馬連 14-15 4,710円
馬単 15-14 14,070円
ワイド 14-15 1,700円 2-15 1,180円 2-14 450円
3連複 2-14-15 5,730円
3連単 15-14-2 57,720円


サクセスブロッケンがゴール前での3頭の叩き合いを制して春のダート王に輝き、2着にカジノドライブが入って4歳馬のワンツーフィニッシュ。前人未到のGI8勝目を狙ったカネヒキリが3着に敗れ、ヴァーミリアンは直線で伸び足を欠いて6着と掲示板を外しました。4歳馬のワンツーとダートの2トップが敗れ、ダート戦線の世代交代を告げたレースとなりました。
サクセスブロッケンの優勝タイム・1分34秒6は、2005年優勝馬・メイショウボーラーが持っていた東京ダート1600mのレコードタイムを0.1秒更新。カネヒキリまでの上位3頭が同タイムでゴールしました。ブロッケンは昨年のジャパンダートダービー以来のGI2勝目、鞍上の内田博幸騎手はGI4勝目、前日のクイーンカップでディアジーナとのコンビで制したことで、2日連続の重賞制覇を飾りました。
ジャパンダートダービー以降、出るレースでは常にカネヒキリやヴァーミリアンが立ちはだかっていたんですが、ようやく7歳2強の壁をぶち破ることが出来ました。このまま7歳2強の時代が続いたらダート戦線に未来は無い、2頭を超える次世代の馬が必要だと言われていたときにサクセスブロッケンがやってくれましたね。2着のカジノドライヴ、4着のエスポワールシチーはブロッケンと同期の4歳馬。この3頭以外にも、ダート5連勝中のウォータクティクス、ユビキタス、キクノサリーレとダートの逸材が多数います。ブロッケンがGI制覇したことで、次はカジノがGIを獲る番です。ドバイワールドカップで「カジノドライヴ優勝!」という競馬ファンを歓喜の渦に巻き込むようなニュースを待ちたいところです。
3着に終わったカネヒキリはGI8勝の新記録達成はならず。短い間隔でのレースが続いたことで疲労が溜まっていたのか、内枠だった事が敗因だったんでしょう。復帰後も強い走りが続いたので、このレースも勝てるだろうと予測していた人も多かったんじゃないでしょうか…。4歳コンビに敗れましたが、まだリベンジするチャンスはあるかもな…。6着のヴァーミリアンですが、武豊騎手のコメントに「本質的にマイルの馬じゃない」とあり、確かに長距離クラスのレースが続いたことで感覚が掴めなかったように思えます。でもこの着順を見ると、右肩の違和感が影響したのかもしれません。しばらくは休養した方がいいでしょう。


この後のGIレースは、3月29日に第39回高松宮記念(中京競馬場・芝1200m)が行われます。その前哨戦が来週あり、阪神競馬場で阪急杯が開催されます。高松宮記念の他にも安田記念のステップレースでもあるんですね。ファイングレイン、ファリダット、ローレルゲレイロ などが登録されています。中山競馬場では中山記念が行われ、エアシェイディ、ドリームジャーニー、カンパニー、スマイルジャックが出走予定となっています。春の訪れとともにGI戦線がヒートアップ、今年の上半期の競馬界はどの馬が主役になるのか?




にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ


トラックバック (21)

侍JAPAN巨人に大勝で快調な滑り出し!

2009年02月22日 | Sports

WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)日本代表の宮崎合宿は5日目を迎え、21日には読売ジャイアンツとの練習試合を行いました。この週末は巨人との練習試合が続き、当落線上にいる選手はこの2日間でアピールしなければなりません。超満員のサンマリンスタジアム宮崎で行われた初戦は、和田毅が先発のマウンドに上がり、侍JAPAN打線がいきなり爆発しました。

この日の先発オーダー
1(左)青木宣親
2(遊)中島裕之
3(右)イチロー
4(指)稲葉篤紀
5(三)村田修一
6(一)小笠原道大
7(中)福留孝介
8(捕)城島健司
9(二)岩村明憲
 (投)和田 毅
青木と中島の1,2番コンビ、イチローが3番に入り、4番には稲葉を起用。下位打線は福留、城島、岩村のMLB組。和田と城島のバッテリーは福岡ソフトバンク(ダイエー)でも組んでいて、今回は約3年ぶりの再結成となります。

1回、和田は1死から谷佳知にヒットを許しますが、ラミレスを見逃し三振に仕留める上々の滑り出しを見せます。その裏の日本は、青木がライト前ヒット、中島が3塁線を破る2塁打で無死2,3塁の場面でイチローが登場しますが、巨人先発・東野峻の前に3球見逃し三振に倒れてしまいます。続く稲葉が東野のスライダーを捉えると、打球はライトスタンドに突き刺さる3ラン本塁打。稲葉の一撃で日本が3点を先制します。
日本は2回、2死から青木が盗塁を決めると、中島がセンター前タイムリーを放って1点追加。3回には相手のエラー連発でチャンスを広げると、福留が右中間を破る3塁打で2点追加。4回、中島、イチローの連続四球の後、稲葉がレフト2塁打を放って7点目、途中出場・栗原健太の3塁ゴロの間にイチローが生還してもう1点追加。4回まで毎回の8得点と大きくリードします。
日本先発・和田は、2回に巨人打線を3者凡退に抑えると、3回には簡単に2死を取った後、工藤隆人に四球を与えたところで降板します。2番手で登板した田中将大は、谷をセンターフライに打ち取ってゼロに抑えます。4回にはアルフォンゾと坂本勇人を空振り三振に仕留め、5回は走者を出しながらも冷静なピッチングで反撃を許さない好投を見せました。
試合は5回以降、日本代表は巨人の中継ぎ陣の前に更なる追加点が奪えず。7回にはこの試合唯一の3者凡退に終わると、8回には2死から途中出場の川崎宗則がヒット&盗塁、亀井義行四球で1,2塁の場面でしたが、松中信彦が2塁ゴロに終わって2者残塁。投手陣では、6回に内海哲也が2イニング連続で3者凡退、7回に馬原孝浩が安打による走者を出しながらも無失点。9回には藤川球児が登板しますが、小田嶋正邦に2塁打を許すと、2死2塁の場面で円谷英俊にセンター前ヒット。これを中堅手・青木が好返球で本塁封殺。青木のファインプレーで反撃点を与えず無失点に抑えました。
通常のルールでは試合終了なんですが、今回は特別ルールで9回裏も続行。日本は四球と相手のエラーで1死1,2塁の場面で、細川亨が左中間へのタイムリー2塁打で2者が生還して勝負あり。侍JAPAN、巨人に10-0の快勝で白星スタートを切りました。


■日本代表 10-0 巨人
巨人 000 000 000 0
日本 312 200 002 10
(9回裏続行の特別ルール)
(巨)東野、古川、栂野、ロメロ、木村正-鶴岡、実松
(日)和田、田中、内海、馬原、藤川-城島、細川
【本】稲葉(日本代表)


原ジャパンの対外試合第1戦となった巨人との練習試合は、投打が噛み合って巨人投手陣から10得点、初回から4回までは毎回得点の大当たり。この日4番に入った稲葉は、3打数2安打4打点(1本塁打)と大当たり。一日にして4番候補の仲間入りしたかのような活躍でした。3番のイチローは2打数無安打に終わり、4回の第3打席が終わった所で交代しました。1番の青木は2安打&盗塁でリードオフマンの役目を果たせば、守備では9回に好返球で2塁走者を刺す場面もありました。
投手陣は5投手の継投で完封リレー。先発の和田が2回途中まで投げて4奪三振の好投を見せれば、2番手の田中は巨人打線を無安打に抑え、3番手・内海は所属先の巨人を相手にパーフェクトピッチング。抑え候補の馬原と藤川は、ともにヒットを許し、特に藤川に関しては2安打浴びるという今後に不安を残す結果となりました。
福岡ソフトバンクから選ばれている川崎と松中もこの試合に出場し、5回表の守備から出場した川崎は、2打席目にセンター前ヒットを放つと、亀井の場面で盗塁を決めました。松中は6回に代打で登場し、全力疾走で内野安打で出塁。2打席目にはチャンスの場面で凡退してしまいました。スパイクの靴擦れによる左アキレス腱痛で別メニュー調整が続いていることで、落選のピンチという情報もあるんですが、この日の試合では内野安打を放って代表入りをアピールしていました。松中が落選すれば代表にとっては痛手になると思うし、ホークスファンもがっかりする人がいっぱい出てくるでしょう。ホークスファンの私にとっては、最終メンバーに入ってほしいところです。
日曜日はWBC日本代表の宮崎合宿が最終日。原監督によれば、28人の最終メンバーを固める予定ということです。もしかしたら、松坂大輔・岩隈久志・ダルビッシュの3人のうち誰かが登板するかもしれないし、左のエース候補・杉内俊哉も投げてくるかもしれません。ただし、日曜日の宮崎の天気は、午後から雨が降る予報が出ているから、練習試合が中止になる恐れもあります。第2戦も侍JAPANの打線が火を噴いて、第1ラウンドに弾みをつけられるか?



にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ


トラックバック (2)

フェブラリーステークス枠順発表!

2009年02月21日 | 競馬
2009年の中央競馬GIレース第1弾、第26回フェブラリーステークス(2月22日 東京ダート1600m)の枠順が20日に発表されました。当初参戦予定だったダイワスカーレットが浅屈腱炎で出走回避→そのまま現役引退という非常に残念で悔しいニュースもありましたが、ダートの実力馬が多数揃いました。気になる枠順はこの様になりました!


1-1 カフェオリンポス  (牡8、勝浦正樹)
1-2 カネヒキリ     (牡7、C.ルメール)
2-3 サンライズバッカス (牡7、三浦皇成)
2-4 トーセンブライト  (牡8、田中勝春)
3-5 バンブーエール   (牡6、松岡正海)
3-6 ナンヨーヒルトップ (牡4、柴田善臣)
4-7 ヒシカツリーダー  (牡5、木幡初広)
4-8 キクノサリーレ   (牡4、後藤浩輝)
5-9 ヴァーミリアン   (牡7、武豊)
5-10 ビクトリーテツニー (牡5、横山典弘)
6-11 アドマイヤスバル  (牡6、川田将雅)
6-12 エスポワールシチー (牡4、佐藤哲三)
7-13 オフィサー     (牡7、福永祐一)
7-14 カジノドライヴ   (牡4、安藤勝己)
8-15 サクセスブロッケン (牡4、内田博幸)
8-16 フェラーリピサ   (牡5、岩田康誠)

GI馬5頭を含むフルゲート16頭で争われる今年は、GI3連勝中のカネヒキリは1枠2番、前回優勝馬・ヴァーミリアンは5枠9番、2007年優勝馬で三浦騎手とのコンビで挑むサンライズバッカスは2枠3番、ドバイワールドカップ挑戦が控えているカジノドライヴは7枠14番、根岸ステークスを制したフェラーリピサが8枠16番に入りました。
本来だったらダイワスカーレットがドバイ挑戦の意味合いを込めて参戦し、カネヒキリ・ヴァーミリアンとの3強対決で大いに話題を呼んでいただろうと思いましたが、ご存知の通り思わぬ負傷で断念、3強激突も幻と消えました。スカーレットのパートナーだった安藤騎手はカジノドライヴに騎乗することに。安藤騎手とカジノドライヴには、スカーレットの分まで頑張ってほしいし、2強を打ち破ってくれることを願っています。でもなあ、東京1600mは未経験だから、勝てるかどうかわからない…。

昨年のJCダートから続いているカネヒキリVSヴァーミリアンの2強決戦は今回が第3ラウンド。今回はどちらも記録がかかっている絶対に負けられない戦いです。カネヒキリはGI8勝目の新記録、ヴァーミリアンはフェブラリーS史上初の連覇に挑戦します。カネヒキリはこれまでGI7勝、シンボリルドルフとディープインパクトと同じ勝利数を挙げているだけでも本当にすごいことです。ここで勝てば新記録達成で、日本競馬界の歴史が大きく変わることになるでしょう。
東京1600mはヴァーミリアンが2戦1勝、カネヒキリは4戦2勝とどちらも勝率5割。走破時計ではカネヒキリのほうが0.4秒上回っています(カネ:1分34秒9VSヴァー:1分35秒3)。2006年の初対戦でカネヒキリが貫禄を見せているから、今回もやっぱりカネヒキリが勝つのでは?しかし、フェブラリーSのデータ分析を見てみると、1枠で優勝したのはゼロ、5枠は過去に3勝も挙げているんです。カネヒキリは昨年11月の武蔵野ステークスで9着に敗れたとき、1枠に入っていました。今回も1枠ということはある意味ピンチです。あと、約3年前にサンライズバッカスに負けたことも忘れてはいけません。一方のヴァーミリアンは、5枠で3勝の他に、パートナーの武豊騎手が3週連続で重賞勝ちと絶好調。連覇に追い風が吹いている?前人未到のGI8勝VS史上初の連覇、実現可能なのは一体どちらなのか?



にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ