日刊魔胃蹴

暑すぎてつらい。

ブラジルW杯アジア3次予選組み合わせ発表。 ザックJAPANは北朝鮮&ウズベクと同組。

2011年07月31日 | soccer
2014年のFIFAワールドカップブラジル大会の大陸別予選の組み合わせ抽選会が、日本時間の31日未明にブラジル・リオデジャネイロで行われました。5大会連続出場を狙うサッカー日本代表は、アジア地区の3次予選から登場。3次予選では楽なグループに入ってほしかったのですが、意外と厳しい組に入ってしまいました。




【アジア】3次予選
<グループA> 中国、ヨルダン、イラク、シンガポール
<グループB> 韓国、クウェート、UAE、レバノン
<グループC> 日本、ウズベキスタン、シリア、北朝鮮
<グループD> オーストラリア、サウジアラビア、オマーン、タイ
<グループE> イラン、カタール、バーレーン、インドネシア


日本はグループCに入り、ウズベキスタン、シリア、北朝鮮と同グループ。FIFAランキングでは、日本が16位、ウズベク83位、シリア104位、北朝鮮115位。順位から考えれば超格下ばかりだと思いますが、他のグループを比較してみると一番厳しいグループに入りました。
北朝鮮は前回の南アフリカ大会に出場し、ウズベキスタンは前回の最終予選で1勝1分け。ただ、今年1月のアジアカップでベスト4に入りました。シリアはアジア杯で対戦した時に、疑惑のオフサイドでGK・川島選手が退場されるという荒れた試合でしたが、2-1で辛勝。あの因縁の対決がW杯予選で実現しますか…。
アウェーでの戦いが一番心配であり、シリアはまだ反政府デモが続いているかもしれない。2次予選では安全上の理由からヨルダンで開催されたそうです。北朝鮮だと平壌に乗り込む事も考えられ、当日は北朝鮮サポーターの反日的な応援があったらイヤだなあ…。

今回の組み合わせを受けてザッケローニ監督は「簡単なグループも簡単な相手もいない」、「W杯予選はとても興味深い初めての経験になる」とコメント。初体験のW杯予選でアジアカップ同様のミラクル采配が起きるか注目されます。

W杯3次予選のスケジュールも発表され、
9月2日(金):北朝鮮戦(埼玉スタジアム2002)
9月6日(火):ウズベキスタン戦(アウエー)
10月11日(火):シリア戦(大阪・長居スタジアム)
11月11日(金):シリア戦(アウエー)
11月15日(火):北朝鮮戦(アウエー)
2012年2月29日(水):ウズベキスタン戦(愛知・豊田スタジアム)
初戦にホームで北朝鮮の後、中3日でウズベク戦。11月はアウェー2連戦が控えています。興味深いのは長居と豊田でW杯予選が開催されるという事。これまでは国立競技場や日産スタジアム、埼スタと関東が中心でしたが、関東以外の場所で行うのは初めてじゃないかと思います。
3次予選は各組上位2チームが最終予選に進出。アジア王者でW杯出場を続けている日本にとっては、突破できて当然じゃないかと思いますが、相手に足元をすくわれないよう気をつけて欲しいものです。





にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ


トラックバック (5)

首位攻防2連勝!杉内12奪三振&完投でダルビッシュに投げ勝った!

2011年07月31日 | HAWKS

29日から始まった福岡ソフトバンクホークスVS北海道日本ハムファイターズのパリーグ首位攻防戦、初戦は山田投手の粘投、川崎選手の2打点、オーティズのダメ押し弾でホークスが先勝しました。迎えた30日の第2ラウンドは、ソフトバンク・杉内俊哉、日本ハム・ダルビッシュ有のエース対決。ホークスはダルを攻略してハムに連勝、2.5差に拡げることができたのか?


30日のスタメンはこちら。
1(遊)川宗則
2(二)本多雄一
3(左)松中信彦
4(指)小久保裕紀
5(三)松田宣浩
6(右)多村仁志
7(中)長谷川勇也
8(一)明石健志
9(捕)山崎勝己
前日ホームランを放ったオーティズは先発メンバーから外れ、明石が8番ファーストに入り、小久保はDHに回りました。

1回、ホークス先発・杉内は、日ハム先頭の陽岱鋼に四球を与えると、飯山の犠打で1死2塁とされます。糸井には3球三振を奪って2死としましたが、4番・中田翔に初球を狙われ、レフト前へのタイムリーヒットを浴びて先制点を献上。ホークスこの日も中田の前に先制されてしまった。
1点を追いかけるホークスはその裏、川崎が倒れて1死の後、本多のレフト前ヒット&盗塁、松中のライト前ヒットで1,3塁と同点のチャンスを迎えます。ここで小久保が変化球を合わせてライト前に弾き返す。3塁走者・本多が生還して1-1の同点に追いついたが、1塁走者・松中が2塁アウト。記録はライトゴロ。せっかくのヒットが…。この後松田にもヒットが生まれ、2アウト1,2塁とチャンスが続くも、多村が空振り三振で2者残塁。
2回からはダルビッシュと杉内による投げ合いが続きます。杉内は2回と3回に日ハム打線を3者凡退に斬り落とし、4回は2死から小谷野にヒットを許すと、自らの暴投で2塁まで進められたが、稲葉を空振り三振に仕留めて勝ち越し阻止。5回から7回までは3イニング連続で3者凡退の好投を見せ、日ハム打線に勢いを与えさせません。
一方のホークス打線は、2回に下位打線がダルビッシュの前に3者連続三振に倒れ、3回には松中がライト線への2塁打を放つも、小久保が凡退。5回に先頭の明石が四球で出塁も山崎バントミス、川崎併殺打。6回には2死2塁の場面で小久保と松田が連続三振。7回、長谷川のヒット、明石の犠打で2死2塁と再びチャンス到来。ホークスは山崎に代えて内川聖一が代打で登場。内川のバットに期待がかかり、ファウルで粘り続けるも、最後はスライダーの前に空振り三振に倒れて勝ち越しならず…。内川でもダメだったか。
同点で迎えた8回、杉内は1死から金子誠にレフト前ヒットを打たれるが、2死後に途中出場の細川亨が金子の盗塁を阻止。その裏、先頭の川崎が3塁への内野安打で出塁すると、本多がきっちりと送りバント成功。松中が四球を選び、小久保の場面でダルビッシュが暴投して1死2,3塁とチャンス拡大!そして小久保がダルビッシュの2球目のストレートを弾き返し、センター前タイムリー!本多と代走・城所龍麿が生還し、3-1とついに勝ち越し!
2点リードの9回、杉内は完投勝利を目指して続投。まず先頭の陽を2塁ゴロに打ち取り1死。しかし、続く代打・鵜久森に高めのストレートを振り抜かれ、ライトポール際への打球は微妙で、一旦はファウルと判定されたが、ビデオ判定の結果ホームランに。1点差に詰め寄られ、動揺するのではないかと心配されたが、糸井と中田翔を連続三振に仕留めてゲームセット!首位攻防第2ラウンドもホークスが勝利!



試合結果 パ・リーグ 2011/07/30(土)
ソフトバンク-日本ハム 10回戦 
(ソフトバンク6勝4敗、ヤフードーム、18:01、36362人)
F 100 000 001   2
H 100 000 01x   3
【投手】
(日)ダルビッシュ-大野
(ソ)杉内-山崎、細川
【責任投手】
(勝)杉内15試合6勝3敗
(敗)ダルビッシュ16試合13勝3敗
【本塁打】
(日)鵜久森1号ソロ(9回、杉内)


日ハムにまた勝った~!しかもダルビッシュに勝った~!直接対決第2戦は、エース対決に相応しく杉内投手とダルビッシュ投手が終盤まで投げ合い、1-1の同点で迎えた8回に小久保選手がダルビッシュ投手から2点タイムリーヒットを放ってホークスが勝ち越し。9回に杉内投手がホームランで1点失うも、反撃を退けて完投勝利!3-2でホークスが日ハムを下し、首位攻防戦で2連勝を飾ると共にカード勝ち越しを決めました。チームもこれで3連勝、2位・日ハムに2.5ゲーム差に拡げました。ダルビッシュ投手とは今季2度対戦して未勝利でしたが、3度目の正直でようやく攻略しました。この1勝は正直大きいなあ。
今回の先発・杉内投手は、9回まで打者31人に対して124球の力投。被安打4・12奪三振・1四死球・2失点という内容で今季6勝目です。奪三振の数ではダルビッシュ投手が11奪三振だったのに対し、杉内投手は12奪三振と1個差で勝利。初回に先制点を奪われましたが、2回以降は立ち直り、日ハム打線から三振の山を築き、3者凡退も5イニングありました。前回の登板では8四死球と乱調でしたが、この日は調子がよかった。これで通算101勝目、後半戦はガンガン勝ち星を量産してください!
打線の方は全体で8安打。小久保選手が3打点を稼ぎ、初回に同点のライトゴロ、8回には試合を決める2点タイムリーを放ちました。ここ一番で結果を出してくれるキャプテンには本当に感謝です。他にも松中選手が2打席連続ヒット&4打席全て出塁、松田選手も2安打のマルチヒットをマークしました。
首位攻防戦で2連勝、3タテに王手をかけた31日は、ソフトバンクが攝津正、日本ハムは武田勝が予告先発。ダルビッシュ撃破で勢いに乗るホークスが、パリーグ防御率トップの武田勝を打ち崩して3タテ成功なるか?日曜日も負けられない試合になりそうだ。




にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ


トラックバック (2)

真夏の首位攻防3連戦!ホークスが第1ラウンドを制して両リーグ最速の50勝到達!

2011年07月30日 | HAWKS

楽天との3連戦を勝ち越し、単独首位の福岡ソフトバンクホークスは、29日から福岡ヤフードームにてパリーグ2位・北海道日本ハムファイターズとの首位攻防戦がスタート。現在首位と2位の差はわずか0.5ゲーム。直接対決の結果次第では順位とゲーム差が変わるかもしれないので、最大のライバルに勝ち越したいところです。30日の第1ラウンドは、ソフトバンクが山田大樹、日ハムがケッペルの先発で始まり、首位攻防に相応しく緊迫した一戦となりました。


30日のスタメン
1(遊)川崎宗則
2(二)本多雄一
3(左)松中信彦
4(一)小久保裕紀
5(三)松田宣浩
6(指)オーティズ
7(右)多村仁志
8(中)長谷川勇也
9(捕)細川 亨
この日のホークスは打順を入れ替え、不振が続く多村を7番に下げ、松田を5番、オーティズ6番にしました。ここ最近点があまりとれないホークス、テコ入れが功を奏すか?


1回、ホークス先発の山田は、日ハムのスケールズと陽岱鋼を打ち取って簡単に2アウトとしますが、糸井に遊撃内野安打を許し、さらに悪送球で2塁まで進められます。2死2塁で4番・中田翔に低めの直球を弾き返され、ライト線を破るタイムリー2塁打で1点を先制されます。
1点を追うホークスは、2回まで日ハム先発・ケッペルの前に0点に抑えられますが、3回に多村の遊撃ゴロを日ハム遊撃手・金子誠がエラー。続く長谷川がライト前ヒットを放ち、細川がしっかり犠打を決めて1死2,3塁と同点のチャンス。この場面で川崎がケッペルの2球目のストレートを振り抜き、レフト前タイムリーヒットで1-1の同点!なおも1死1,3塁で本多がセンターへの犠牲フライで勝ち越し。相手のミスからチャンスを作ったホークス、この回2点を奪って逆転に成功!
逆転の援護を貰った山田は、中盤以降も我慢の投球が続きます。4回は糸井にヒットを許すも細川が糸井の盗塁を刺殺。1死後に松田のエラーがありましたが、小谷野を併殺打に打ち取りました。5回と6回もヒットによるランナーが出たものの、後続をしっかりと抑えて日ハムの同点を阻止。
7回、山田は先頭の小谷野にヒットを打たれ、稲葉の犠打で1死2塁とされ、二岡をライトフライに打ち取ったところで降板。2番手の金澤が今浪を敬遠し、2死1,2塁で3番手・森福が鶴岡の代打・杉谷を内野ゴロに打ち取り3アウト。継投リレーで反撃を断ちきりました。
追加点が欲しいホークスは7回裏、先頭の多村がセンターフェンス直撃の2塁打を放つと、長谷川の犠打で1死3塁となったところで、細川に代えてカブレラが登場。しかし、カブレラは敬遠で勝負させてもらえず。1死1,2塁となり、川崎がケッペルの2球目を捉え、センター前タイムリーヒットで3点目!待望の追加点が入ったホークスは8回、オーティズが日ハム3番手・谷本の2球目を狙い撃ち!レフトスタンドに飛び込むソロ本塁打でさらに1点を追加。
4-1としたホークスは9回、ファルケンボーグが1死から稲葉にヒットを許すも、ホフパワーを1塁ゴロ併殺打に打ち取り試合終了!ホークスが逆転勝ちで首位攻防第1ラウンドを制しました!


試合結果 パ・リーグ 2011/07/29(金)
ソフトバンク-日本ハム 9回戦 
(ソフトバンク5勝4敗、ヤフードーム、18:00、32903人)
F 100 000 000  1
H 002 000 11x  4
【投手】
(日)ケッペル、宮西、谷元-鶴岡、大野
(ソ)山田、金沢、森福、吉川、ファルケンボーグ-細川、山崎
【責任投手】
(勝)山田13試合7勝5敗
(S)ファルケンボーグ30試合2敗10S
(敗)ケッペル15試合9勝3敗
【本塁打】
(ソ)オーティズ5号ソロ(8回、谷元)


絶対に落とせない直接対決の初戦は、山田投手が初回に先制点を献上しながらも、2回以降は我慢のピッチングで日ハム打線を抑え続け、打線も3回に2点を奪い逆転、終盤に2点を追加し、4-1で見事に勝利!楽天との3連戦で点が取れない試合が続いてましたが、この日は4点獲りました。首位攻防戦の初戦をモノにしたホークス、がっちりと首位をキープし、日ハムとの差を1.5ゲーム差に拡げました。そして、両リーグ最速の50勝到達です!




にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ


トラックバック (3)

元メジャーリーガー・伊良部秀輝が自殺…。

2011年07月29日 | Sports

日本時間の29日早朝、アメリカから突然の訃報が舞い込んできました。かつてニューヨーク・ヤンキース、阪神タイガースなどでプレーをしていた伊良部秀輝元投手が、ロサンゼルス近郊の自宅で死亡していた事がわかりました。42歳でした。


ロサンゼルスの地元警察によると、現地時間27日午後4時20分ごろ、伊良部さんの自宅を訪れた友人が首を吊っていて既に死亡している伊良部さんを発見。一部報道では、自宅にはワールドシリーズのチャンピオンリングやメジャーリーグの選手によって作られた組合のIDカードがあり、伊良部さんだと確認されたという。その後に殺人課による捜査と検視が行われた結果、自殺と断定されました。ちなみに、遺書などは見つかってないそうです。


伊良部さんは沖縄県宮古島市出身で、高校時代は香川・尽誠学園のエースとして夏の甲子園に2度出場(1986年、87年)。1987年にロッテオリオンズ(現在の千葉ロッテマリーンズ)にドラフト1位で入団。2年目の89年には156キロをマークすると、93年には当時の日本最速記録である158キロを計測。94年に自己最多の16勝、239奪三振で最多勝&奪三振王を獲得。その後、最優秀防御率を2度獲得するなど、90年代のパリーグを代表する投手となりました。
96年オフにメジャーリーグ移籍を表明し、翌年5月にヤンキース入団が決定。ローテーションの一角として期待されたメジャー1年目は5勝4敗という結果に終わりましたが、翌年の98年に13勝、99年には11勝を挙げてヤンキースの2年連続世界一に貢献。
2000年にモントリオール・エクスポズ、2002年にテキサス・レンジャーズでプレーした後、2003年に阪神タイガースに移籍して日本球界復帰。シーズン13勝の活躍で阪神の18年ぶりのセリーグ優勝の立役者に。しかし、2004年は3試合登板し、その年のオフに戦力外通告を受け、2005年に現役を引退。
通算成績はNPBで72勝69敗11セーブ、MLBで34勝35敗16セーブ。日米合計で106勝104敗27セーブでした。


伊良部さんは波乱万丈の野球人生を歩み続け、パリーグ投手部門の主要タイトル相次いで獲得し、3年連続2ケタ勝利と暗黒期のロッテを支え、メジャーで世界一を2度経験したり、低迷続きの阪神を復活させたりと華々しい経歴を持つ一方で、トラブルが相次ぎました。
ロッテの球団フロントと対立を起こせば、ヤンキースに移籍後、観客のブーイングにキレて唾を吐きかけ、全米のマスコミからバッシングを受けました。引退後には大阪のバーで酔った勢いで暴力事件を起こして逮捕されると、アメリカに戻った後も飲酒運転で逮捕。逮捕のニュースを知った時は「元メジャーの人が何やってるんだ」という印象を受けました。
ロスでうどん屋をオープンするも閉店、四国九州アイランドリーグ(日本の独立リーグ)の高知ファイティングドッグスで現役復帰するもわずか2試合登板し、故障により退団。ブランクもあっただろうし、老いには勝てなかったのもかもしれませんね。
現役引退して以降、事業失敗と2度の逮捕といった急激な転落人生、そして自殺という悲しき最期…。夕刊紙のサイトでは「家族との別居」「うつ病」などと自殺の原因が色々書かれていますが、一番の理由はなんなのでしょうか…。今回の悲報を受け、低迷期から応援し続けているロッテファンおよび阪神ファン、そしてMLBファンもショックを隠しきれない人はどれだけいるんだろうか。改めてご冥福を祈ります。




にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ


トラックバック (8)

プロ初完封おめでとう!次代のエース候補・岩嵜翔また一つ成長を遂げた。

2011年07月29日 | HAWKS

水曜日の楽天戦は、和田投手が3失点で100勝お預け、打線が岩隈投手の前に1点しか取れず、1-3で敗戦。福岡ヤフードームでの「福岡ソフトバンクホークスVS東北楽天ゴールデンイーグルス」は1勝1敗の五分で迎え、28日の3戦目は、ソフトバンクが岩嵜翔、楽天・川井貴志の先発で始まり、岩嵜投手が楽天打線を相手に奮闘しました。


28日の先発メンバー
1(遊)川宗則
2(二)本多雄一
3(左)松中信彦
4(一)小久保裕紀
5(右)多村仁志
6(三)松田宣浩
7(指)オーティズ
8(中)長谷川勇也
9(捕)細川 亨
 (投)岩嵜 翔
左ひざ半月板損傷で離脱していた細川捕手が1軍に合流し、9番キャッチャーで復帰後初先発。同じく故障から戻って来たカブレラと内川聖一は共にベンチから。


ホークス先発・岩嵜は初回、楽天の聖沢と内村の1,2番を簡単に打ち取って2アウトとした後、高須に四球を与えてしまいますが、山崎を遊撃ゴロ→2塁封殺で無得点と上々の立ち上がり。2回はわずか8球で3者凡退に仕留め、3回は先頭の中村真人にレフト前ヒットを浴び、1死2塁と得点圏に走者を背負い、聖沢に低めのフォークをすくい上げられ、センター前に抜けるかと思われた当たりを川崎が好捕→2塁転送でダブルプレー!味方の好プレーに助けられ、この回も0点に抑えます。
ホークス打線の方は、1回に先頭の川崎が楽天先発・川井の6球目を流し打ち、レフト前ヒットで出塁。1死後、川崎の場面で2塁への盗塁を決めると、相手の悪送球の間に3塁まで進塁。松中四球で1死1,3塁となり、小久保がレフトへの犠牲フライを放ち、3塁から川崎生還で1点を先制します。3回には本多のヒット、松中の投手強襲の内野安打で1死1,2塁とし、小久保が初球を叩きつけてレフト前ヒット。2塁から本多がホームインし、3連打で2点目を挙げました。
中盤に差し掛かり、岩嵜は粘りのピッチングが続きます。4回は先頭の内村に内野安打を許すも、高須を併殺打。2死後に山崎にヒットを浴びたものの、後続を打ち取ります。5回も岩村の内野安打で先頭打者を出してしまうも、嶋を併殺打。7回は山崎ヒットからの草野2塁ゴロ併殺打。8回は2死から横川2塁打、聖沢四球で1,2塁と反撃のピンチを招いてしまいます。しかし、内村を遊撃ゴロに打ち取り、ピンチ脱出。8回まで楽天打線を0点に抑え続け、いよいよ9回へ。
2点リードで迎えた9回、ここを0点で切り抜ければプロ初完封となる岩嵜は、先頭の高須を遊撃ライナーで1死、続く牧田を2塁ゴロで簡単に2アウト。あと一人の場面で、草野に2塁打を打たれ、2死2塁。失点は絶対に許されない場面でしたが、岩村をレフトフライに打ち取って試合終了。岩嵜が見事9回を投げ切り完封勝ち!試合も2-0で勝利しました。


試合結果 パ・リーグ 2011/07/28(木)
ソフトバンク-楽 天 15回戦 
(ソフトバンク9勝5敗1分、ヤフードーム、18:00、33434人)
E 000 000 000  0
H 101 000 00x  2
【投手】
(楽)川井、片山、小山-嶋
(ソ)岩崎-細川
【責任投手】
(勝)岩崎7試合4勝1敗
(敗)川井10試合1勝4敗


負ければ2位転落という大事な一戦だった28日の試合は、岩嵜投手が9回を投げ切りプロ初完投初完封を飾り、小久保選手が楽天先発・川井投手から2打点を挙げ、2-0で楽天を下しました。後半戦最初のカードは2勝1敗で勝ち越し、ホークスはまたまた単独首位に返り咲きです。
この日の先発の岩嵜投手は、9回まで打者33人に対して111球を投げ、被安打8・0奪三振・2四球・無失点の内容。3回以降は毎回のようにヒットを打たれながらも、打たせて取るピッチングで楽天打線から凡打の山を築くのとともに、味方の堅守に助けられて4併殺。奪三振ゼロで相手を完封した投手なんて初めてですよ。これで岩嵜投手は今季4勝目。次世代のエース候補が着実に成長していってます。
打線の方は8安打で2得点。2打点の小久保選手は、初回の最初の打席で犠牲フライ、3回の第2打席でレフト前タイムリーを放ちました。序盤の3イニングで2点を挙げ、さらに追加点が欲しかったけど、5回の2死3塁で小久保選手が凡退、8回には無死1,2塁で多村・松田・オーティズが相次いで凡退…。この3試合は2点、1点、2点の計5得点。いくらなんでも少ないです~。こんな貧打線じゃ、ダルビッシュや武田勝に完封されますよ…。内川さ~ん、早くスタメンに戻って来て~。それに、誰でもいいからチームを活気づけるホームランを打ってくれないかなー。
楽天に勝ち越した福岡ソフトバンクホークスは、29日からヤフードームで北海道日本ハムファイターズとの首位攻防3連戦!29日の第1ラウンドの予告先発は、ソフトバンクが山田大樹、日本ハムがケッペルとなっています。ここ最近の山田投手は、先発起用に応えられないピッチングが続いてますから、結果次第ではローテはく奪&2軍落ちの可能性が出てくるかもしれません。この首位攻防戦はホークスにとって試練の3日間になりそう。勝ち越し&がっちり首位固めでしつこいハムを突き放せるかどうか…。

ところで、ホークスは27日に新外国人投手を急遽補強し、かつてメジャーリーグのドジャースとダイヤモンドバックスに在籍していたイェンシー・ブラゾバン投手の獲得を発表。ブラゾバン投手はドジャース時代の2005年に21セーブを挙げており、右肩の違和感で戦列を離れている守護神・馬原投手の代役として活躍が期待されます。また、関西独立リーグの神戸サンズに在籍していたエディソン・バリオスの獲得も合わせて発表。バリオス投手は育成枠?それとも支配下?
外国人投手枠は既にホールトンとファルケンボーグの2人は固定。残り1枠を新外国人のブラゾバンと1軍経験のあるレルーの2人が争いそう。ブラゾバンがしっかり仕事をしてくれたら、ホークスの中継ぎ陣はさらに安泰するでしょう。



にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ


トラックバック (4)

ペナントレース後半戦突入!4連勝で単独首位奪還!

2011年07月27日 | HAWKS

プロ野球はオールスター3連戦が終わり、ペナントレース後半戦がスタート。前半戦は47勝23敗5引き分け、貯金24でパリーグ同率首位で終えた福岡ソフトバンクホークスは、26日から福岡ヤフードームで東北楽天ゴールデンイーグルスとの3連戦を戦います。後半戦最初のカードを勝ち越して波に乗れるでしょうか。26日の初戦はソフトバンクがホールトン、楽天・塩見貴洋が先発。体調不良で一時離脱していたホールトンが後半戦の開幕投手に抜擢され、お得意の楽天を相手に11勝目&復活をアピールできるのか?


27日のスタメンはこちら。
1(遊)川宗則
2(二)本多雄一
3(左)松中信彦
4(一)小久保裕紀
5(右)多村仁志
6(三)松田宣浩
7(指)オーティズ
8(中)長谷川勇也
9(捕)山崎勝己
 (投)ホールトン
先発メンバーは20日の西武戦とは全く変わらず。オーティズがまたもDHでスタメン入り。


ホークス先発・ホールトンは初回、楽天先頭の聖沢に内野安打と盗塁を許して無死2塁とされ、松井稼頭央を変化球で空振り三振を奪った後、2死3塁の場面で山崎を直球で見逃し三振に仕留めて先制を阻止。2回は岩村から3球三振を奪うなど3者凡退、3回には先頭の嶋に内野安打で出塁されるも、鉄平を3塁ゴロ併殺打に打ち取り0点に抑えました。
ホールトンを援護したいホークス打線は、1回に川崎のレフト前ヒット、本多の犠打で1死2塁と得点圏に走者を進めましたが、小久保と松中が揃って凡退して無得点。2回は松田とオーティズが塩見の前に連続三振に倒れて3者凡退。
両チーム無得点の3回、この回先頭の長谷川が、塩見の2球目のストレートを捉え、ライトへの大きな打球はスタンド中段に飛び込むソロ本塁打で先制点を奪います。2死後、本多が四球を選び、松中の場面で二盗を決め、さらに相手の悪送球で3塁まで進塁。2死3塁で松中が低めのスライダーを上手く合わせ、センター前にポトリと落ちるタイムリーヒットで1点追加!この後、小久保にもヒットが生まれ、2死1,3塁とチャンスが続きましたが、多村三振で2者残塁。しかし、この回は長谷川のホームラン&松中のタイムリーで2点を奪いました。
2点の援護を貰ったホールトンは、中盤も楽天打線を抑え続けます。4回、2つの四球で2死1,2塁とされますが、岩村を2塁ゴロに打ち取り0点。5回は下位打線を相手に3者凡退。6回は松井にヒットを許すものの、後続を抑え、6回を投げ終えたところで無失点の好投。
しかし7回、ここまで0点に抑えていたホールトンが、先頭の高須にレフトオーバーの2塁打を浴びてしまい、1死3塁と反撃のピンチ。中村真人を三振に仕留めて2アウトとしますが、嶋に甘く入ったストレートを狙われ、センター前タイムリーを浴びて1点を返されました。ホールトンはここで降板し、2番手に森福がマウンドに上がります。楽天の反撃を止めたい森福田が、鉄平にバントヒットを決められ2死1,2塁と同点のピンチを招きます。しかし、聖沢をライトフライに打ち取りました。
試合はこの後、8回も森福と金沢の継投で3者凡退。9回は代理守護神・ファルケンボーグが2死からヒットと四球で1,2塁と一打同点のピンチを招きましたが、鉄平をセンターフライに打ち取り試合終了。ホークスが1点差で逃げ切り、楽天を下しました。


パ・リーグ 2011/07/26(火)
ソフトバンク-楽 天 13回戦 
(ソフトバンク8勝4敗1分、ヤフードーム、18:01、31681人)
E 000 000 100  1
H 002 000 00x  2
【投手】
(楽)塩見、片山、山村-嶋
(ソ)ホールトン、森福、金沢、ファルケンボーグ-山崎
【責任投手】
(勝)ホールトン14試合11勝3敗
(S)ファルケンボーグ29試合2敗9S
(敗)塩見12試合3勝5敗
【本塁打】
(ソ)長谷川3号ソロ(3回、塩見)


後半戦最初の試合だった26日の楽天戦は、長谷川選手の先制ソロ弾、松中選手のタイムリーヒットで楽天先発・塩見投手から2点を取り、ホールトンが6回まで楽天打線を無失点に抑え、2-1で辛くも勝利。後半戦白星スタートを飾り、ホークスは4連勝となりました。また、日本ハムがオリックスに敗れたため、単独首位に返り咲きです。
先発のホールトン投手は、7回途中(6回2/3)まで打者26人に対して100球ジャストを投げ、被安打5・5奪三振・2四死球・1失点の内容で今季11勝目。2009年に挙げた自己最多勝利数に並びました。楽天戦では5戦全勝と相性抜群。正真正銘の鷲キラーですよ。
打線の方は全体で7安打。それに対し三振の数は9個…。先制アーチを放った長谷川選手は、7月2日のオリックス戦以来となる今季3本塁打。打った瞬間にホームランだったと本人も確信していましたねえ。長谷川選手の当たりが中段まで飛ぶとは思わなかった。この日は3回の2点のみで、更なる追加点がなかなか取れませんでしたね…。4回に2死1,2塁で川崎が投手ゴロ、7回に2死3塁で本多が空振り三振に倒れました。ファンを安心させるためにも、チャンスをしっかり生かしてほしいものです。
後半戦初戦を白星で飾ったホークスは、27日は和田毅投手が通算100勝をかけて登板します。対する楽天は岩隈久志投手が先発。肩の違和感でしばらく2軍で調整を続けてきましたが、ようやく1軍に戻ってきました。和田VS岩隈は投手戦になりそうな予感…。打線が病み上がりの岩隈を打ち崩して、5連勝&首位固め、そして和田投手の100勝をプレゼントすることができるのでしょうか?




にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ


トラックバック (1)

マキシマムザホルモンの『肉に撃たれて眠りたい』 2011.6.14 PART1

2011年07月27日 | マキシマムザホルモン
3度の飯より飯が好き!マキシマムザホルモンの…
肉に撃たれて、眠りたぁ~い!!

6月14日放送の『肉に撃たれて眠りたい』は、ナヲちゃんの娘さん(1歳)が収録に遊びに来ました。子連れで収録にやって来たナヲちゃんは、娘さんを「特別ゲスト」扱いしています。ナヲ娘と戯れているダイスケはんですが、娘はダイちゃんにビビっていました。
ダイちゃん曰く「打ち合わせの時、お宅の子供、ちょいちょい俺にずっとメンチ切っていたからね」ビビったり睨んだりしてるって事は、ダイちゃんの事が好きじゃないのかな?ナヲちゃんによりますと、娘さんは亮君を見て泣かなくなったそうで、また収録中は卵ボーロを咥えながら臨むという。

オープニングからメールを紹介。
①岡山市・レジデントさん
「ナヲちゃん、ダイちゃん、こんばんわ。今ROCKS TOKYOから帰ってるところです。雨凄かったですね。一時も止みませんでしたし、ホルモンが始まる前は強さも増して中止になるんじゃないかと思いました。でも、モッシュもジャンプもスカダンさえもままならない会場でしっかり長靴で踏ん張ってヘドバンできました。ありがとうございます!会場全体がぬかるみに足躍られていつもより暴れられなかったので、初めてホルモンが演奏してるところを初めて生でまじまじと見られる事が出来ました。ナヲさんも顔でドラム叩くんですよね?本当にカッコよかったです。ダイちゃんの噛みっぷりも良かったです。靴ドロドロで髪ビショビショで東京駅をウロウロするのはかなり恥ずかしかったですが、バリバリカッコいい新曲も生で聞けて、日帰りで無理した甲斐がありました。これからもライブしてください」
実に2か月くらい前の出来事ですが、5月28日&29日に東京・若洲公園にて行われたロックフェスティバル「ROCKS TOKYO 2011」にマキシマムザホルモンが参戦。ホルモンが出演した29日は東京は、ちょうど時期的に梅雨入り&台風が近づいていました。レジデントさんも岡山からわざわざ日帰りで駆けつけたそうで、雨の中の移動は大変だったと思います。
ステージ裏でも「中止にするべきか」と言う声が上がり、スタッフたちも「帰った方がいいでしょ」と話していたそうです。ホルモンの前がエレファントカシマシで、ドラムセッティングをしていたナヲちゃんは、エレカシファンの様子をチェックしたら、まるで滝行しているような感じだったし、地面はぬかるんで巨大田んぼ状態だったらしい。また、水道がある場所では、泥だらけで洗い流したいファンたちによる長蛇の列ができていて、水たまりの水で泥を取るというあり得ない光景が見られました。
会場の若洲公園は最寄り駅の新木場駅から約3キロ・徒歩40分と意外と遠く、ファンの人たちは土砂降りの中歩いて来たんです。ダイちゃんも風邪とか引いてないかとファンの体調を心配しておりました。たぶん1人ぐらいはいるでしょう。当日物販にいたマネージャー・しみゆうさんの情報によると、大雨だというのに普通にスカートやヒールを履いている人を目撃したそうだ。「最後どういう状況だったのか見たかったね~」とナヲちゃんが言ってましたが、恐らくグチャグチャでしょう。
ダイちゃんは帰りにトイレで用を足すためにコンビニに寄ろうとしたら、床が泥だらけで飲食物が一切なかったそうだ。店員さんも「いや~、これは一年考えてもこんだけ人が来るのもあんまりない」と言うほどだったとか。新木場周辺はコンビニってあんまり少ないのかな…。ナヲちゃんの友人のミキさんもROCKS TOKYOに観戦していて、長靴履いても足首まで泥の中に浸かってしまい、飛ぼうとしても飛べなかったそうです。大変でしたなあ。

ROCKS TOKYOの裏話(燃え過ぎて鹿野が泣く)で、オーガナイザー(主催者)の鹿野淳(musica編集長)さんが、「中止にした方が良いんじゃないか」と話し、ホルモンも「危ないでしょ」とライブを実行するのをためらっていました。スタッフに「風速11mだと骨組が壊れる恐れがあるため必然的に中止になります」と言われており、ライブ中に打ち切りになるんじゃないかと鹿野さんもテンパっていました。そんな鹿野さんは、かつてしみゆうさんのオッパイを隠れて揉んでいたとナヲちゃんが暴露。無事にライブ終了後、ホルモンが楽屋に入ると鹿野さんが「お疲れ様でした!」と言って泣いてました。ナヲちゃんも「ウソ泣きじゃないか」と疑ってましたが、鹿野さんは本気で涙。
毎年夏フェスにたくさん出演するホルモンは、ROCKS TOKYOがフェス初めだったそうです。「雨バンドの本領発揮」とダイちゃんが言ったら、ナヲちゃんがやめてと制止。かつてはLUNA SEAが「嵐を呼ぶバンド」と呼ばれていましたが、今ではホルモンがその異名を受け継ぐ事になろうとは。その後「京都大作戦」にも出演されました。

後半ではダイちゃん&ナヲちゃんと交友関係のあるアーティストが番組にコメントを寄せられています。その人は一体誰だ?





にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ



コパアメリカ2011決勝戦 ウルグアイがパラグアイに快勝して南米王者に輝く!

2011年07月26日 | soccer

7月1日からアルゼンチンにて行われたサッカー南米選手権「コパアメリカ2011」は、現地時間24日に決勝戦が行われました。アルゼンチンとブラジルの南米2強がベスト8で敗退するという波乱が起きた今大会、決勝戦に勝ち進んだのはウルグアイとパラグアイの2チーム。スアレスとフォルランの強力攻撃陣を擁するウルグアイは、準々決勝でアルゼンチン、準決勝でペルーを撃破。対するパラグアイはグループリーグで3試合ドロー、決勝トーナメントでは2試合連続でPK戦の末勝利。南米最強国をかけた一戦を制したのはどっちだ?


ウルグアイのボールで始まったこの試合、序盤からウルグアイが主導権を握り、開始早々の1分に右サイドのFKからチャンスを作り、スアレスがシュートするも相手GKに当たりCKを獲得。続くCKでルガーノが頭で合わせたが、パラグアイGK・ビジャールが好セーブ。ゴール前でこぼれ球を巡って激しく競り合い、ウルグアイ・コアテスが押し込もうとしたが、パラグアイがクリアした。逆にパラグアイはカウンターを仕掛けるもゴールならず。その後もウルグアイが攻め続け、前半11分にスアレスがフェイントから左足でシュート、ボールはポストに直撃するも、ゴールに吸い込まれました。スアレスのゴールでウルグアイ1点を先制。
前半15分、パラグアイに反撃のチャンス。中央でベラがボールを上げ、飛び込んできたバルデスがスライディングで押し込もうとしたが、枠を捉える事ができない。20分近くから両チームとも激しいファウルを連発し、少し荒れ模様の展開に。
32分、ウルグアイはスアレスがスルーパスを出すと、フォルランがDFラインを抜け出してシュート打ったが、パラグアイ・ビジャールが足でセーブ!これは惜しい!36分、スアレスがペナルティエリア右からシュートを放って行ったが、サイドネットに直撃。37分、マキシミリアーノ・ペレイラ→フォルランが右足ボレーで叩きつけたがGKにキャッチされた。そして前半41分、敵陣でアレバロがボールを奪い、フォルランが左足でゴールネットを突き刺して2点目!スアレス&フォルランのアベック弾で前半は2-0でウルグアイリード!

後半、立ち上がりは互角ムードで迎え、後半5分にパラグアイは左サイドでFKのチャンスを得るも、最後はオフサイドを取られる。後半6分にセバージョスがエリア手前で倒されるもファウルなし。7分にウルグアイが左サイドでスアレスがボールを奪いクロス入れるも、フォルランには通らず。パラグアイは9分に中盤でボールをつないで、バルデスが右足の強烈なシュートを放ったが、ボールはポストに直撃!決まれば流れが変わっていたのに~。ウルグアイは15分にアルバロ・ペレイラが相手ボールを奪いスアレスシュートも、ペレイラにファウル取られる。17分、パラグアイは右サイド・ピリスのグラウンダークロスにリベロスが押し込めず。
後半19分にウルグアイはペレイラ→カバーニ、20分にパラグアイはエスティガリビアとエルナン・ペレスの2人を投入。22分、パラグアイはバリオスとオルティゴサがミドルを放つも相手に阻まれ、左CKも決まらず。24分エリア内でカバーニが相手に押されて倒されたが、PK得られなかった。27分、カウンターから左サイドでペレスがドリブルからスルーパスを出したが、バルデスには通らない。
29分、ウルグアイはカバーニ→エグレンが流し込もうとしたが、パラグアイGK・ビジャールが止める。その後もウルグアイの攻撃が続いたが、パラグアイが守り抜いた。そしてパラグアイは32分、セバージョスに代えてバリオスを投入。33分、マレコスが左サイドからミドル放つも枠外。36分にバリオスが飛び込むもダメ。37分にバルデスが右足シュートを放つも弱かった。なかなか1点を返すことができない。38分、パラグアイにアクシデント発生。途中出場したばかりのバリオスが左太もも肉離れを起こしてしまった。交代枠3人も使い切り、残り時間10人で戦う羽目に。
残り5分を切り、ウルグアイの優勝が刻一刻と迫る。パラグアイも必死に攻め続けるが、ウルグアイのDFに阻まれ続ける。43分、ウルグアイはカセレスを下げてゴディンが入る。後半44分、ウルグアイはカウンターから左サイドのカバーニ→スアレス頭で落とし、最後はフォルランが流し込んで3点目!優勝を決定付けるダメ押しの追加点で勝負あり!ウルグアイが3-0で南米の頂点に立ちました!


コパアメリカ2011の決勝戦は、スアレスとフォルランの2トップが共にゴールを挙げたウルグアイがパラグアイを破って勝利。ウルグアイは1995年大会以来16年ぶり15度目のコパ制覇、優勝15回は史上最多記録であります。南アフリカW杯で4位の実力は本物だったなあ。これでウルグアイは2013年にブラジルで開催されるFIFAコンフェデレーションズカップの出場権を獲得。アジア王者・ザックJAPANとの直接対決が見てみたい!
ウルグアイはグループリーグでC組2位通過。決勝トーナメントでは、開催国のアルゼンチンにPK戦の末に破り、準決勝でペルーに2-0と快勝。そして決勝でパラグアイに3-0で完勝。最初は苦戦したけど、アルゼンチンに勝ったことでチームに勢いが出てきました。優勝の最大の立役者とも言っても良いスアレスは、4得点を挙げて大会最優秀選手に選出。決勝でも先制ゴールを決めました。W杯MVPのフォルランは、準決勝までは無得点だったんですが、決勝では2ゴールの活躍。ウルグアイのエースが大一番で決めました。攻撃力が売りのチームだったけど、6試合で3失点と守備も堅かった。特に準決勝&決勝で2戦連続完封勝利です。
一方敗れたパラグアイは、120分間&PKでの試合が続いた事で選手たちの疲労が出てしまったのもそうですが、監督不在が響きましたね。後半30分過ぎにバリオスが出たけど、肉離れでアウト。この大会では90分間未勝利のまま決勝に進むというラッキーな面もある一方で、ブラジル戦とベネズエラ戦で乱闘騒ぎを起こしました。運だけのパラグアイを実力でねじ伏せたウルグアイは王者に相応しかったチームだったと思います。
南米サッカーはブラジルとウルグアイの2強時代が終焉し、古豪復活のウルグアイを中心とした戦国時代を迎えそうです。今年10月からは上位4か国に出場権が与えられる2014年ブラジルW杯の南米予選がスタート。今年のコパアメリカ同様に波乱は起きるのでしょうか?次回のコパアメリカは2015年にブラジルで開催されます。ブラジルはW杯、コパ、リオ五輪とスポーツのビッグイベントが続きます。次回のコパでは日本代表が出場できるといいですね。




にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ



MAZDAオールスターゲーム2011第3戦 東北最強リレーで全パが完封勝ち。

2011年07月25日 | Sports

2試合を終えて1勝1敗のタイで迎えた「MAZDAオールスターゲーム2011」もいよいよ最終戦。24日の第3戦は、東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地であるクリネックススタジアムにて行われました。この試合は当初は東京ドームで開催予定でしたが、東日本大震災の復興支援のため仙台に変更されました。仙台でオールスターが開催されるのは2007年以来4年ぶり3回目です。最終戦は田中将大、ダルビッシュ有、摂津正、佐藤由規、坂本勇人、渡辺直人などといった東北に縁のある選手たちが出場しました。

第3戦のスタメン
オールパシフィック
1(遊)川宗則(ソフトバンク)
2(二)本多雄一(ソフトバンク)
3(一)稲葉篤紀(日本ハム)
4(指)山武司(楽天)
5(三)松田宣浩(ソフトバンク)
6(右)T-岡田(オリックス)
7(左)中田 翔(日本ハム)
8(中)糸井嘉男(日本ハム)
9(捕)嶋 基宏(楽天)
 (投)田中将大(楽天)  

オールセントラル
1(中)青木宣親(ヤクルト)
2(三)宮本慎也(ヤクルト)
3(指)マートン(阪神)
4(左)畠山和洋(ヤクルト)
5(一)栗原健太(広島)
6(右)バレンティン(ヤクルト)
7(遊)坂本勇人(巨人)
8(捕)石原慶幸(広島)
9(二)渡辺直人(横浜)
 (投)由規(ヤクルト)

全パは楽天の山崎が4番を務め、嶋がスタメンマスク。中田翔と糸井が3試合連続で先発出場。対する全セは東北出身者で固め、岩手出身の畠山が4番、5番には山形出身の栗原、青森・光星学院高校出身の坂本が7番、東北福祉大出身の石原が8番キャッチャー、そして昨季まで楽天に在籍した渡辺が9番セカンドで地元に戻ってきました。先発投手は全パは楽天の田中将大、全セは仙台出身の由規が務めました。


1回、全セは全パ先発・田中の立ち上がりを攻め立て、1死から宮本がセンター前ヒット、マートンのライト前ヒットで1死1,2塁と先制のチャンス。畠山の場面で田中が暴投して2,3塁とチャンス拡大。しかし、田中はピンチの場面でも冷静でした。畠山をファウルフライ、栗原を3塁ゴロに打ち取り3アウト。全セは田中を打ち崩すことができず、先制のチャンスを逃しました。
その裏、全パは川崎が倒れて1死となった後、本多が由規の直球を叩きつけ、二塁手・渡辺が好捕してジャンピングスローを見せるも、本多が俊足を飛ばして内野安打。1死1塁で稲葉が2球目のストレートを上手く捉え、ライト方向への大きな当たりはそのままスタンドに飛び込んだ!稲葉のオールスター2号2ランで全パが2点先制!
2回、東北高校OB・ダルビッシュ有(日本ハム)が全パ2番手として登板。そのダルビッシュは、バレンティンを見逃し三振に仕留めますが、坂本・石原・渡辺に3連打を浴びて1死満塁とピンチを背負ってしまいます。しかし、青木を3塁ゴロ併殺打に打ち取り、全セの同点&逆転を与えませんでした。
3回、2度のチャンスを逸した全セは、2死から畠山と栗原が全パ3番手・和田毅(ソフトバンク)からヒットを打って1,2塁とします。しかし、バレンティンが和田のストレートの前に空振り三振。またも得点圏に走者を出すも、0点に終わりました。
全セの拙攻に対し、全パは着実に追加点を重ねます。3回に川崎のヒット&盗塁、本多2塁ゴロの間に川崎3塁進塁。2死3塁で稲葉が全セ2番手・山口俊(横浜)からライト前タイムリーを放ち3点目。4回にはT-岡田が全セ3番手・バリントン(広島)の高めのストレートを振り抜き、ライトスタンドへの豪快なソロ本塁打で4点目。
4回から全パ4番手として登板している攝津(秋田出身・ソフトバンク)は、4回に村田修一(横浜)と石原から連続三振を奪って3者凡退、5回には渡辺にヒットを打たれるも、後続を打ち取り無失点の好リリーフを披露。
6回、全パ5番手の斎藤佑樹(群馬出身・日本ハム)が、セリーグ打線を3者凡退に抑え、オールスター2度目の登板も無失点。その裏に2死からT-岡田の2塁打、中田のレフト前ヒットで2死1,3塁と追加点のチャンスに、内川聖一(ソフトバンク)が代打で登場。内川は内海哲也(巨人)の2球目のストレートをレフト前に弾き返すタイムリーヒットで5点目。
試合はこの後、7回に森福允彦(ソフトバンク)、8回に増井浩俊(日本ハム)、9回は岸田護(東北福祉大出身・オリックス)が全セ打線の反撃を退け試合終了。稲葉の活躍&豪華な投手リレーで全パが5-0で完封勝利をおさめました。


マツダオールスターゲーム2011 第3戦 2011/07/24(日)
パ・リーグ-セ・リーグ 第3戦 
(パ・リーグ2勝1敗、Kスタ宮城、12:37、21347人)
セ・リーグ 000 000 000  0
パ・リーグ 201 101 00X  5
【投手】
(セ)由規、山口、バリントン、内海、江尻(横浜・宮城出身)-石原、阿部
(パ)田中、ダルビッシュ、和田、摂津、斎藤、森福、増井、岸田-嶋
【責任投手】
(勝)田中1試合1勝
(敗)由規1試合1敗
【本塁打】
(パ)稲葉2号2ラン(1回、由規)、T-岡田1号ソロ(4回、バリントン)


勝った方がオールスター勝ち越しが決まる第3戦は、稲葉選手とT-岡田選手のホームランが飛び出せば、田中投手、ダルビッシュ投手、和田投手、斎藤投手などパリーグを代表するピッチャーが続々と登場するという豪華リレーが実現し、投打で全セを圧倒した全パが快勝し、前日に続いての連勝を飾りました。これで今年のオールスターはパリーグの2勝1敗という結果で閉幕です。
第3戦のMVPには、3打数3安打3打点の活躍を見せた稲葉選手が選ばれ、賞金300万円を獲得。稲葉選手は最初の打席で由規投手から先制の2ラン本塁打、2打席目には3点目となるライト前タイムリーを放ちました。初戦でホームランを打ったのに、チームが逆転負けでMVPを取り損ねてしまいましたが、2日後の仙台で念願がかないましたね。
他の表彰選手では、敢闘選手賞には、パリーグからは4回に本塁打を放つなど3安打猛打賞の活躍を見せたT‐岡田選手、セリーグからはマルチヒットと奮闘した渡辺選手が受賞。また3試合を通して夢や希望を与えた選手に贈られる「スカイアクティブテクノロジー賞」には、斎藤佑樹投手が選ばれました。2試合を投げて無失点が評価されての受賞となったのか?

さて、この日の福岡ソフトバンクホークス勢は、川崎選手と本多選手がともに2打数1安打。本多選手の内野安打は、結果的には先制点につながり、川崎選手は3回にヒットと盗塁を決め、3点目のホームを踏みました。6回に代打で出場した内川選手は、この日もチャンスの場面でタイムリーを放って代打の仕事をきっちりこなしました。球宴で2試合連続タイムリーと全パの連勝に貢献した内川選手、ペナント後半戦での暴れっぷりが楽しみになってきました。
投手陣では、3番手の和田投手が1回無失点、4番手の摂津投手は2回無失点2奪三振の好投を披露。またオールスター2度目の登板となった森福投手は3者凡退。みんなイイ感じだ。

3日間にわたって行われたオールスターゲームも終わり、25日の西武VSロッテ戦からペナントレース後半戦が始まります。パリーグ首位のソフトバンクは、26日からヤフードームで東北楽天ゴールデンイーグルスとの3連戦を戦います。後半戦も強いホークスを見せつけてリーグ連覇、その先のCS制覇&日本一を目指して頑張ってほしいですね。



にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ


トラックバック (11)

MAZDAオールスターゲーム2011第2戦 おかわり君2打席連続弾でMVP獲得!

2011年07月24日 | Sports

22日から始まった「MAZDAオールスターゲーム」、ナゴヤドームで行われた前日の初戦はオールセントラルが畠山選手とバレンティンなど計4本塁打の一発攻勢で快勝しました。一夜明けた23日の第2戦は、千葉ロッテマリーンズの本拠地・QVCマリンフィールドに舞台を移して開催され、パリーグの本塁打王を独走する全パの4番が圧倒的なパワーを見せつけました。


第2戦の先発メンバー
オールパシフィック
1(遊)中島裕之(西武)
2(二)井口資仁(ロッテ)
3(一)小久保裕紀(ソフトバンク)
4(三)中村剛也(西武)
5(指)山武司(楽天)
6(左)中田 翔(日本ハム)
7(中)糸井嘉男(日本ハム)
8(右)坂口智隆(オリックス)
9(捕)里崎智也(ロッテ)
 (投)唐川侑己(ロッテ)

オールセントラル
1(遊)坂本勇人(巨人)
2(中)青木宣親(ヤクルト)
3(左)マートン(阪神)
4(捕)阿部慎之助(巨人)
5(指)村田修一(横浜)
6(一)畠山和洋(ヤクルト)
7(右)長野久義(巨人)
8(三)宮本慎也(ヤクルト)
9(二)平野恵一(阪神)
 (投)館山昌平(ヤクルト)
第2戦は全パが井口と里崎のロッテ勢が揃ってスタメン入り。小久保・糸井・中田の3人が2試合連続先発で、中村剛也が4番を座りました。対する全セは、阿部が先発マスクを被ると共に4番起用。初戦MVPの畠山は6番ファーストで2試合続けて先発。先発投手は、全パが今季8勝のロッテ若手エース・唐川、全セはヤクルトの右のエース・館山が登板しました。


1回、全セは先頭の坂本が唐川からセンター前ヒットを放ちますが、青木が遊撃ゴロ併殺打に倒れてしまいます。マートンのライト前ヒットで2死1塁とした後、阿部が直球を振り抜いてレフトへ大きな当たりを放ちましたが、全パ左翼手・中田翔がフェンス手前でキャッチしてレフトフライで3アウト。
その裏、全パは先頭の中島がセンター前ヒットで出塁し、井口と小久保が倒れて2死2塁の場面で、4番・中村が全セ先発・館山の6球目のスライダーをジャストミート!打った瞬間にホームランとわかるような打球は、レフトスタンド上段に飛び込む2ラン本塁打!4番の豪快な一発で全パ2点先制!
2点を追う全セは2回に反撃を試み、2死から長野と宮本が連続ヒット、平野が四球を選んで満塁とタイムリーが出れば同点のチャンス。しかし、坂本がセンターフライに倒れて3者残塁。唐川はまたもピンチを招いたものの、粘りのピッチングで2回無失点に抑えました。
3回からは全パ2番手・杉内俊哉(ソフトバンク)が登板。青木とマートンを共に打ち取り、阿部をチェンジアップで空振り三振に仕留めて3者凡退。4回も続投し、畠山にヒットを許したものの、村田と長野の2人から三振を奪い、無失点に抑えました。
4回裏、全パは前の打席で先制2ランを放った中村が、全セ3番手・吉見一起(中日)の2球目のストレートをセンターへ弾き返し、打球は大きく伸びてバックスクリーン直撃のソロ本塁打!おかわり君の2打席連続ホームランで3-0と全セを突き放します。
3点差とされた全セは5回から反撃開始。5回1死後、坂本が全パ3番手・牧田和久(西武)のストレートを打ち抜き、レフトスタンドに突き刺さるソロ本塁打で1点を返すと、6回は村田がレフト線を破るヒットを放つと、全力疾走で2塁まで激走!続く畠山がセンター前に弾き返し、2塁走者・村田がまたも激走披露でホームイン!村田この2戦で大ハッスル!これで3-2と1点差に詰め寄りました。
終盤を迎え、全パは7回に2死2塁で代打・内川聖一(ソフトバンク)が全セ4番手・沢村拓一(巨人)の初球を叩き、レフトフェンス直撃のタイムリー2塁打で1点を追加。最終回の9回、全セは全パ守護神・武田久(日本ハム)を攻め、井端弘和(中日)の3塁内野安打&悪送球、平野の犠打で2死3塁とし、坂本のセンター前タイムリーで1点を返し、4-3と再び1点差に縮めます。さらにバレンティンが右中間を破る2塁打で2死2,3塁と一打同点のチャンス!しかし、渡辺直人(横浜)がレフトフライに倒れて試合終了。4-3で全パが辛くも逃げ切り、初戦の雪辱を果たしました。



マツダオールスターゲーム2011 第2戦 2011/07/23(土)
パ・リーグ-セ・リーグ 第2戦 
(1勝1敗、QVCマリン、14:04、27311人)
セ・リーグ 000 011 001  3
パ・リーグ 200 100 10X  4
【投手】
(セ)館山、榎田、吉見、沢村、久保(巨人)-阿部、相川(ヤクルト)
(パ)唐川、杉内、牧田、増井(日本ハム)、平野(オリックス)、武田久-里崎、嶋(楽天)
【責任投手】
(勝)唐川1試合1勝
(S)武田久1試合1S
(敗)館山1試合1敗
【本塁打】
(セ)坂本1号ソロ(5回、牧田)
(パ)中村1号2ラン(1回、館山)、2号ソロ(4回、吉見)


オールスター第2戦は、全パ4番の中村選手が2打席連続ホームランと大爆発!最初の打席でレフト上段への大きな一発、2発目はセンターバックスクリーン直撃弾。2本塁打・3打点の活躍で最優秀選手賞(賞金300万円)を獲得。試合前でのホームラン競争でも優勝して賞金50万円を手にしており、合わせて350万円をゲット。視聴者もおかわり君の一発に大満足。ごちそうさまでした。
一方の全セは、坂本選手が5打数3安打2打点と奮闘し、第3打席では反撃のホームランを打って敢闘選手賞を受賞。初戦MVPの畠山選手は2安打1打点。6回にセンター前タイムリーを放ち、2試合連続で打点を挙げました。
福岡ソフトバンク勢では、杉内投手が3回から全パの2番手として中継ぎ登板し、2イニング投げて無失点と見事なリリーフ。内川選手は前回の試合に続いて代打で登場し、沢村投手から4点目となるタイムリー2塁打。この一打で復活を印象付けたと言えるじゃないかな?ベンチに戻る際は秋山監督やダルビッシュ投手にアゴタッチされましたね。
今年のオールスターは2試合を終えて1勝1敗の五分。勝ち越しを掛けた24日の最終戦は、クリネックススタジアム宮城にて行われます。ダルビッシュ有、佐藤由規、田中将大、摂津正、渡辺直人といった宮城および東北に縁のある選手たちが出場予定。東北を元気と感動を与えるような素晴らしいプレーに期待したい。



にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ


トラックバック (7)