日刊魔胃蹴

暑すぎてつらい。

スプリンターズステークスは安田厩舎のワンツーフィニッシュ!ロードカナロアが新短距離王に君臨!

2012年09月30日 | 競馬

2012年秋のGIシリーズがいよいよスタート。30日は中山競馬場で下半期のスプリント王決定戦・第46回スプリンターズステークス(GI・芝1200m 16頭立て)が行われました。当日は台風17号の影響により開催できるか不安視されていましたが、無事青空の下で開催されました。今年のスプリンターズSは、昨年の勝ち馬⑭カレンチャンが前人未到のスプリントGI3連覇を達成できるか注目が集まり、カレンチャンと同じ安田隆行厩舎の⑯ロードカナロアと⑬ダッシャーゴーゴー、前哨戦のセントウルステークスを制した3歳牝馬⑮エピセアローム、サマースプリントシリーズ王者⑪パドトロワ、③ドリームバレンチノ、①マジンプロスパー、④サンカルロといった短距離界の実力者が集結し、海外からは昨年の香港スプリント覇者⑤ラッキーナイン、英国の短距離GI・キングズスタンドステークスを勝った⑦リトルブリッジ(香港)、シンガポール代表⑫キャプテンオブヴィアスの3頭が参戦しました。


直前の単勝の上位人気は、1番人気カレンチャン(2.5倍)、ロードカナロア2番人気(4.4倍)、3番人気のエピセアローム(9.9倍)までが10倍を切り、4番人気以降はパドトロワ、リトルブリッジ、ダッシャーゴーゴー、マジンプロスパー、ラッキーナインと続きました。
ばらついたスタートで始まったこのレース、ラッキーナインと⑨サンダルフォンの2頭が出遅れてしまう。先行争いで、好スタートを見せたキャプテンオブヴィアスをダッシャーがすぐさまかわしたが、マジンプロスパー、パドトロワ、⑥エーシンヴァーゴウも先頭集団に加わる。6番手リトルブリッジ、カレンチャンは7番手に控える。中団グループにはカナロア、エピセアローム、バレンチノ、⑩ブルーミンバー、②フィフスペトルの5頭がひと塊となっている。中団より後ろの13番手集団には⑦スプリングサンダー、ラッキーナインとサンカルロ、サンダルフォンが単独最後方を追走。
先頭を行くプロスパーとパドトロワは前半600mを32.6秒で通過。3番手のところにダッシャーゴーゴーとヴァーゴウ、カレンチャンが5番手に進出し、4コーナーから最後の直線へ。ラスト300mのところでカレンチャンがパドトロワとマジンプロスパーの2頭を捉え、3連覇が近づいたか思ったら、外からロードカナロアが迫る。坂を上がり、カレンとカナロアの2頭が競り合い、内からドリームバレンチノが追い上げ、ラスト100mを切ってロードカナロアが抜け出して先頭でゴールイン!その瞬間、岩田康誠騎手ガッツポーズ!カレンチャンは2着に敗れて3連覇の夢叶わず…。


全着順&払戻金
1着⑯ロードカナロア   1分06秒7
2着⑭カレンチャン    3/4馬身
3着③ドリームバレンチノ クビ
4着⑮エピセアローム   3/4馬身
5着⑤ラッキーナイン    ハナ
6着④サンカルロ   クビ
7着⑥エーシンヴァーゴウ  1馬身1/4
8着⑪パドトロワ     3/4馬身
9着⑩ブルーミンバー   クビ
10着⑦リトルブリッジ    クビ
11着②フィフスペトル アタマ
12着①マジンプロスパー   クビ
13着⑨サンダルフォン   1馬身
14着⑧スプリングサンダー  アタマ
15着⑫キャプテンオブヴィアス 1/2馬身
16着⑬ダッシャーゴーゴー   2馬身
払戻金
単勝 16 440円        
複勝 16 140円  14 120円  3 520円
枠連 7-8 330円        
馬連 14-16 510円       
馬単 16-14 1170円
ワイド 14-16 230円 3-16 1600円 3-14 1170円    
3連複 3-14-16  4300円
3連単 16-14-3  17540円


秋の短距離王を決める一戦は、安田隆行厩舎のワンツー決着となり、単勝2番人気だったロードカナロアが、直線で大外からカレンチャンなどをまとめて差し切って優勝し、新短距離王の座に輝きました。優勝タイム・1分06秒7は、中山1200mのコースレコードです。優勝したロードカナロアに騎乗した岩田康誠騎手は、今年のJRAGI4勝目をマーク。スプリンターズステークスは4度目の騎乗で初勝利を飾りました。この日はGI勝利だけでなく9レースの芙蓉ステークスで年間100勝を達成しました。管理する安田隆行調教師は、昨年に続いての同レース連覇達成です。
スプリントGI3連覇を狙ったカレンチャンは、2着に終わり前人未到の偉業達成は幻に。直線で前に出たときは3連覇もあるかと思ったけど、カナロアの気迫の前に敗れました。GI初挑戦のドリームバレンチノが3着と健闘し、3番人気のエピセアロームは4着、サマースプリント王・パドトロワは8着。海外勢はラッキーナインの5着が最高で、リトルブリッジ10着、キャプテンオブヴィアスは15着に終わりました。
ロードカナロアは昨年4月の500万円以下の特別レースから5連勝を果たし、快進撃の勢いそのままに高松宮記念に挑んだものの、カレンチャンの壁に阻まれ3着。その後は函館スプリントステークスで2着、セントウルステークスでも2着と惜敗続き。3連敗だっただけに、この日のスプリンターズSはどうしても負けられない一戦でもありました。道中は中団待機、直線では岩田騎手に導かれ、同じ厩舎の先輩を破ってGI初制覇を成し遂げました。今後はカレンチャンに代わって安田厩舎のエースとなり、スプリント界の中心となるに違いない。日本に限らず、世界でも活躍するスプリンターになってもらいたいですね。


来週からは東京競馬場と京都競馬場の秋開催が始まり、7日は東京競馬場で毎日王冠、8日は京都競馬場で毎日王冠が行われます。そして7日夜には世界最高峰のレース・凱旋門賞にオルフェーヴルが挑戦します!フランス遠征初戦のフォア賞で快勝し、日本馬初の凱旋門賞制覇に弾みをつけ、英国のブックメーカーもフォア賞での勝利が高く評価され、1番人気に推されています。デインドリーム、スノーフェアリーと強力なライバルを破って世界制覇なるでしょうか?このブログを見ている皆さんも、テレビの前でオルフェーヴルを応援しよう!

追記:昨年の凱旋門賞馬で、オルフェーヴルのライバルと目されていたデインドリームのが回避されることが発表されました。ドイツ国内で発生した馬伝染性貧血症の影響で、国外への移動が禁止されたため、凱旋門賞参戦の道が閉ざされてしまいました。スノーフェアリーも脚部不安で回避のため、オルフェーヴルが単独1番人気となりました。ライバル不在で追い風が吹いてきたか…?


にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ



トラックバック (12)

武田翔太お見事!プロ初完投初完封勝利!

2012年09月26日 | HAWKS

月曜日の楽天戦では、攝津正投手が8回1失点と好投しながらも、延長10回に岡島秀樹投手が打たれ、痛恨のサヨナラ負けを喫して逆転優勝へ黄信号が灯った福岡ソフトバンクホークス。レギュラーシーズン残り9試合となり、優勝はもはや絶望的、これからは2位狙いに切り替えていくしかないのかな…。某国会議員じゃないけど、2位じゃダメですか?
サヨナラ負けの悲劇が癒えぬまま、25日から京セラドーム大阪に盛り込んでオリックスバファローズとの2連戦。対戦相手のオリックスは、現在11連敗中でパリーグの最下位が確定。25日の試合前には岡田彰布監督の解任が発表され、森脇浩司チーフコーチが監督代行を務めました。ソフトバンク・武田翔太、オリックス・木佐貫洋の先発で始まったこの試合、ホークスが投打で相手を圧倒しました。


ホークスのスタメン
1(二)本多雄一
2(三)明石健志
3(左)内川聖一
4(指)ペーニャ
5(右)長谷川勇也
6(中)柳田悠岐
7(一)中村 晃
8(遊)今宮健太
9(捕)細川 亨
 (投)武田翔太


1回、ホークスは1死から明石と内川の連続ヒットで1,2塁と得点圏に走者を置きますが、ペーニャが木佐貫のフォークの前に空振り三振に倒れ、長谷川も3球三振に倒れ、2者連続三振で先制点を奪えず。その裏、ホークス先発の武田は、オリックス上位打線を3者凡退に抑え、3番・バルディリスにはカーブで空振り三振を奪いました。
0-0と両チーム無得点で迎えた4回、ホークスは長谷川と柳田の連続ヒット、中村が四球を選んで無死満塁と先制のチャンスを作り、今宮が木佐貫の3球目のストレートを打ち上げ、レフトへの大きな犠牲フライを放ち、3塁走者の長谷川が生還して1点を先制します。5回には2死からペーニャが内野安打で出塁し、2死1塁で長谷川が初球を捉えてセンターフェンス直撃の3塁打。1塁走者のペーニャが一気にホームインし、ホークス2点目。6回、今宮のレフトへの当たりをオリックス左翼手・T-岡田の前に落ちてから後逸。この間に今宮は3塁まで進みます。1死後、本多の犠牲フライで3点目。
味方の援護を貰った武田は、4回にオリックスのクリーンナップを3者凡退に打ち取り、5回にはスケールズに3塁打を許したものの、後続相手に2つの三振を奪い無失点。6回は打たせて取るピッチングでまたしても0点。7回はこの日3度目の3者凡退で、オリックス打線の反撃を許しません。
ホークスは終盤になっても攻撃の手を緩めず、得点を重ね続けます。8回、柳田と中村の連続ヒット、今宮の犠打で1死2,3塁とした後、細川のスクイズが決まり4点目。なおも2死3塁で本多のレフト前タイムリーでもう1点追加。9回には多村の四球、柳田のヒットで2死1,2塁という場面で、中村がセンター前へのタイムリーヒットを放って6点目が入ると、続く今宮の遊撃ゴロをオリックス遊撃手・三ツ俣大樹が悪送球。これで7点目。
無失点ピッチングが続く武田は、8回も3者凡退。初完投初完封まであと1イニングの9回、先頭打者の後藤光尊を遊撃ライナーで1死。つづくバルディリスには四球をゆるしますが、4番・イデホを2塁ゴロ併殺打に仕留めて3アウト!武田翔太が9回を投げ切り、初完投初完封勝利を挙げました!


試合結果 パ・リーグ 2012/09/25(火)
オリックス-ソフトバンク 21回戦 
(ソフトバンク13勝6敗2分、京セラドーム大阪、18:00、14062人)
Sh 000 111 022  7
Bs 000 000 000  0
【投手】
(ソ)武田-細川
(オ)木佐貫、吉野、佐藤、小松-日高
【責任投手】
(勝)武田10試合7勝1敗
(敗)木佐貫23試合5勝9敗


武田投手、プロ10試合目の登板で初の完投勝利!しかもオリックス打線を完封して見せました。打線も中盤以降4回から6回まで3イニング続けて得点を重ね、終盤に突き放して7得点。投打が上手く噛み合ったホークスが、オリックスに7-0で快勝しました。優勝争いをしているチームと最下位が決まっているチームの勢いと実力差がはっきりとわかる試合でした。一方のオリックスは、球団ワースト新記録となる12連敗…。投手陣は打たれるわ、高卒ルーキーの投手から点も奪えない、守備もドイヒー(特にT-岡田)。そりゃ大連敗で最下位に沈むし、岡田監督もクビになるわな。森脇コーチもかわいそうだ。
今季7勝目を手にした武田投手のこの日の成績は、31人の打者と対戦して111球を投げ、被安打4・7奪三振・1与四球でした。7奪三振のうち、カーブで6個の三振を奪い、9回1死まで無四球の好投。5回には無死3塁のピンチがありましたが、後続をしっかりと抑えました。高卒新人投手の完封勝利は、ドラフト制度移行初の偉業。7月に1軍デビューして、今や7勝をマーク。すごいピッチャーだ…。武田投手、初完封勝利おめでとうございます。
打線の方はチーム全体で14安打。野手陣も武田投手に負けじと若手選手が活躍しました。柳田選手はプロ入りして初めての4安打、今宮選手は2試合連続で先制打を叩き出し、中村選手も2安打のマルチヒットで、9回にはセンター前タイムリーを放って1打点を挙げました。鷹の未来を担う選手たちが結果を出しているから、ホークスは来年以降も安泰な気がしますね。
レギュラーシーズンも残り8試合となったホークスは、首位・日本ハムに3.5ゲーム差としましたが、逆転優勝は無理かもしれない。水曜日はソフトバンク・新垣渚、オリックス・前田祐二が予告先発。ホークスが優勝へ望みを繋げられるか、それともオリックスが長いトンネルを抜け出すのか?





にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ





ダイスケはん&ナヲのギンギラギンにさりげ肉 2012.8.25~8.31 PART1

2012年09月25日 | マキシマムザホルモン
マキシマムザホルモン ダイスケはん&ナヲの
ギンギラギンにさりげ肉!!

8月25日~31日の間にOA AIRされたこの回、全国的には夏休みの最後の1週間ということで、ダイスケはんが「夏休み最後の思い出に『ギンギラギンにさりげ肉』を聴きながら宿題の追い込みをやっていただいでいいんじゃないですか?」と語っていました。ダイスケはんとナヲちゃんのトークで笑い、ホルモンの歌を聴けば、勉強のストレスも軽減されるのではないでしょうか?


さて今回は、事前にこの番組内で「8月下旬にやります」とお知らせした「夏フェストーク」がようやくできるようになりました。「ホルモン夏フェスレポート第1弾~!」の「どなり」ナヲちゃんが叫んだけど、これは必要だったのか?それにフェス報告が今後も続くって事なのか?
「RISING SUN ROCK FESTIVAL」での井上ディレクターの家族写真を見たダイスケはんは、「これホンマの家族じゃないんでしょ?偽装家族でしょ?」そんなわけない!本物の井上家です。ナヲちゃんが「いないからね子供なんて」→実際にいます!振り返りトークをする前に、リスナーからのメールを紹介。

①東京都江戸川区・痔SHOCK改め金閣痔さん
しみゆうさんおはようございます血便が出てきた人こんにちは。YUKIちゃんより少し可愛い人こんばんは。前回絆を読んでいただいた痔SHOCKですが、大阪府住吉区の方(ジューショックさん)と被るので改名しました。ちなみに、立川でしみゆうさんに声掛けたのに、変な反応取られて泣いています。マジゆうこ天使!
今年6月にホルモンが出演した立川バベルのライブイベント「タチカワヲハカイセヨ」で、金閣痔さんがしみゆうさんに声をかけたけど、無視されたんですね…。それか人違いだったか。18歳・浪人生の恋破れる…。メールの続きです。
「そんで、ROCK IN JAPANに行ったので絆を送らせていただきます。浪人生の僕は、夏フェスは初めてなのですが、肉撃た時代にダイスケはんが『ひたちなかの会場に着くとワクワクする』と言っていたのですが、会場に着くと分かりましたね。浦安にある巨大テーマパークに似たワクワクでした。初めての野外フェスでごたごたしてしまい、クロークの機械を失くしたり、物販を買っていたら最初のTOTAL FATを逃してしまい、『大人の恋のおまじないをやったかな~』と思い、夏フェスを楽しみました。
ちなみに僕は、フェスで見るホルモンは初めてなのですが、あのJAPANの空気が居心地がよくて楽しかったです。亮君もなんかいつもより楽しそうでした。YUKIちゃん目当ての友達も一緒に、10-FEETとホルモンを見ていましたが、『どっちも楽しかった』と言っていました。最高です!
あと、スモールハンマーのコーナーですが、終わった後に実際に『YUKIちゃんよりナヲちゃんだよね~』とYUKIちゃん目当ての友達に言ったところ、『ああ~、体重ある方ね』と返されました。僕はナヲちゃんよりしみゆうさんがタイプですがね。とりあえず死ぬほど疲れましたけど、JAPAN初日はお友達パラダイスだったので、見るものがたくさんあったので楽しかったです。長文失礼しました」

ダイちゃんは今でもRIJの会場・ひたちなか海浜公園にワクワクしていると言い、ナヲちゃんは充実した「ホスピタリティ」に大満足。数年前は子供プールみたいなのがあったけど、久々にRIJに参戦したらバーとかスポンサーのブースがたくさん設置されていたそうです。ケータリングの量も凄く、スイーツコーナーのショーケースの大きさにダイちゃんもびっくり。
食事のことばかり話していましたが、今年はホルモンと交流のあるバンドが多く出演。初めてROCK IN JAPANに出た時は「ROCK STAR」のTシャツを着ていました。このフェスではイベントTシャツとアーティスト用だけの「TOCK STAR」Tシャツが楽屋に置いてあるんですが、ナヲちゃんが「誰が着るんだ」とおかんむり。dustboxのREIJIさんは、ライブで「ROCKSTAR」のシャツを着ているらしい。どんだけ愛着あるんだ?ナヲちゃんも初参戦の時はシャツの文句を言ってたけど、YUKIさんが着て歩いているのを見て即座に着替えたらしい。
YUKIさんとよくこのイベントで一緒になるけど、KREVAさんの場合は ロキノン主催のフェス以外でも共演する事が多く、Monster Bashでも一緒。「友達になりたいのかな?」そうした方がいいと思います。ホルモンが出演した日のトリだったKREVAさんは、ライブ中に「今からホルモン呼ぶよ」と言った後、「ファーーーッ!」と叫んでましたが、ダイちゃんたちは何だったのかよくわからないらしい。
ホルモンが出た初日は、10-FEET、TOTAL FAT、dust box、DRAGON ASHも出演されました。DRAGON ASHのボーカル・降谷建志さんは、MCで「今だけ仲間が多いJAPANも初めてだし、そういうのを1日で固めるJAPANも俺は凄いと思う」と語り、袖で見ていたダイちゃんもKjさんのMCに心を打たれていました。しかしKjさんは直後に「ただ、ホルモンはイケてないから違うよ」と言ってました。さすがにダイちゃんもへこむしかなかった…。 PART2でもRock In Japanの裏話が続きます。




にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ






ゴールドシップが神戸新聞杯快勝で菊制覇へ視界良好!ナカヤマナイトは1年半ぶりの重賞制覇。

2012年09月24日 | 競馬

9月23日は、東西でGⅡレースが2つ行われ、晴天に恵まれた阪神競馬場では菊花賞トライアルの神戸新聞杯、雨が降った中山競馬場ではオールカマーがありました。神戸新聞杯には皐月賞馬のゴールドシップが参戦、GI馬の貫録を見せつけられたでしょうか?


阪神メイン・第60回神戸新聞杯(GⅡ・芝2400m 15頭立て)は、3着以内に菊花賞の優先出走権が与えられます。このレースには、⑭ゴールドシップを始め、宝塚記念で古馬相手に5着と健闘した⑪マウントシャスタ、毎日杯の覇者⑦ヒストリカル、京都新聞杯2着の⑨ベールドインパクト、④カポーティスター、ここ4戦3勝の②ユウキソルジャーなどが出走しました。
まずスタート後の先行争いで、⑧メイショウカドマツが鼻に立ち、⑫フミノポールスター、⑬ナムラビクター、⑮ブレイズアトレイルが先行し、ゴールドシップとマウントシャスタ、ヒストリカルの有力勢は後方からの競馬でゴール板を通過しました。
1コーナーを回ったところで早くも縦長の状態となり、向正面に入り、フミノポールスターが先頭に立ち、カドマツ2番手、3番手ブレイズアトレイル、ナムラビクター4番手、5番手②ユウキソルジャー。少し離れた6番手に①ミルドリーム、中団の7番手のところにベールドインパクト、内側に③テイエムハエンカゼ、シャスタは9番手に控え、10番手⑤エーシングングン。注目のゴールドシップは11番手追走でマウントシャスタの背後をつける。⑥ロードアクレイムが12番手。後方グループは、ヒストリカル13番手、④カポーティースター後方2番手、⑩ローゼンケーニッヒが最後方。
外回り3コーナーを過ぎ、先頭集団と3番手の差が拡がり、2番手のメイショウカドマツがポールスターに接近。ベールド6番手、ゴールドシップは8番手に上がり、マウントシャスタも虎視眈々と狙っている。4コーナーを回り、ロードアクレイムとヒストリカルが大外に持ち出した。直線に差し掛かり、先頭争いで、カドマツとアトレイルの間にマウントシャスタが割り込みを図っているところで、ゴールドシップが外から抜け出して単独先頭!ラスト200mで後続を引き離す。2番手争いではアクレイムが2番手に浮上し、シャスタは3番手まで。ゴールドシップは最後悠々と先頭でゴールイン。14頭を相手に格の違いを見せつけたゴールドシップ、菊花賞へ視界良好です。


これが皐月賞馬の実力だ!単勝1番人気に支持されたゴールドシップが、2着に2馬身半差の完勝で神戸新聞杯を制しました。道中は先頭からかなり距離がありましたが、3コーナーからスパートをかけ、直線で一気に加速して外からライバル達をかわして先頭に立つと、後は持ったまま。ラスト200mは完全に独り舞台でしたね。今回のレース内容からしたら、菊花賞の最有力候補であり、2冠は間違いないでしょう。
優勝したゴールドシップ、2着のロードアクレイム、3着のマウントシャスタまでが菊花賞の優先出走権を獲得しました。セントライト記念でフェノーメノが勝ち、神戸新聞杯でゴールドシップが勝利し、ステイゴールド産駒の2頭が菊花賞の中心といえるが、フェノーメノの場合は菊をやめて秋の天皇賞に向かうというプランもありそう。22日の「九十九里特別」で快勝し、3連勝を果たした上がり馬・フェデラルホールもステゴ産駒。この馬も参戦すれば面白い存在になるかも。
ところで、ダービー馬・ディープブリランテはこの秋の目標はどこなのか未だ不明。一部では菊花賞に向かうと言われてますが、ぶっつけ本番で3000mを走らせるのは非常に厳しいのでは…。参戦しても勝負にならないでしょう。



中山のメイン・第58回産経賞オールカマー(芝2200m)は、16頭立てで争われ、2008年の春の天皇賞馬⑥マイネルキッツ、2010年オークス馬⑩サンテミリオン、⑬ナカヤマナイト、ディープインパクト産駒の⑨ダコール、札幌日経オープンを勝った②ルルーシュ、他にも連勝中の⑦ラッキーバニラ、⑯コスモファントム、③ダイワファルコン、⑧ユニバーサルバンクなどが出走しました。
揃ったスタートで始まったこのレース、スタンド前での先行争いで④コスモラピュタが先手を取り、ダイワファルコン2番手、最内のルルーシュ3番手。ナカヤマナイトとマイネルキッツは中団辺りで1コーナーを回り、しんがりの⑪スノークラッシャーは集団よりかなり遅れてゴール板を通過。何か走りに異変がありそうだ。
1コーナーから外回り2コーナーに入り、ラピュタが先頭、2番手にラッキーバニラ、1番人気・ルルーシュが3番手。4番手にダイワファルコン、サンテミリオン5番手、その後ろにコスモファントム追走。中団の7番手グループには、ナカヤマナイト、ユニバーサルバンク、外から⑭ネヴァブションが9番手。10番手に⑫ヒットザターゲット、⑮マイネルスターリー11番手、①アースシンボル12番手。キッツ14番手、ダコール15番手、スノークラッシャーは競走中止。
残り800mを切った辺りで、ラッキーバニラとファルコンが先頭集団を作り、コスモラピュタ後退。ナカヤマナイト4番手まで進出し、ファントム、ユニバンも好位置。ダコールとマイネルキッツはまだ後ろ。残り400mを通過して最後の直線に差し掛かり、ダイワファルコンが先頭に躍り出るが、ナカヤマナイトが並びかける。ユニバーサルバンクが3番手に浮上し、ルルーシュは4番手。坂を登りきり、ナカヤマナイトが前に出て、ルルーシュが最内を突こうとしたが届かず。ナカヤマナイトがゴール前で完全に抜け出して先頭でFINISH!ダイワファルコンが2着、3着争いはユニバーサルバンクとルルーシュが並んでゴールしたが、僅差でユニバン3着。

中山のオールカマーでもステイゴールド産駒が勝ちました!単勝2番人気だったナカヤマナイトが、直線でダイワファルコンを差し切り優勝。2011年2月の共同通信杯以来、約1年半ぶりの重賞2勝目を飾りました。今年に入ってからはAJCCで2着、大阪杯5着、鳴尾記念4着、宝塚記念8着と勝ちきれないレースが続きましたが、ようやく古馬の重賞で勝利を挙げました。秋のGIに繋がるステップレースに勝ち、あとはGIタイトルを獲るのみ。オルフェーヴル不在の秋天がチャンスかもしれない。
単勝1番人気だったルルーシュは4着という結果に終わり、3番人気のダコールは9着という結果に。なお、2コーナー付近でスノークラッシャーが競走中止。診断の結果右肩跛行だったため大事には至りませんでした。



来週からは秋のGIシリーズが開幕し、30日は秋の最速王決定戦・スプリンターズステークスが中山競馬場で行われます。昨年の優勝馬・カレンチャン、サマースプリント王者・パドトロワ、悲願のGI初Vを狙うロードカナロア、セントウルステークスを制したエピセアローム、「短距離界の大魔神」マジンプロスパー、ダッシャーゴーゴー、ドリームバレンチノ、スギノエンデバー、エーシンヴァーゴウ、シュプリームギフトなどが登録し、海外からは香港のラッキーナイン、シンガポールのキャプテンオブヴィアス、イギリスのキングズスタンドステークスを制したリトルブリッジ(香港)の3頭が参戦します。
GIレースの時期になると、いよいよ秋到来だな~という感じになります。競馬界にとって一番熱い季節であるこの秋は、オルフェーヴルが凱旋門賞に挑戦、ジェンティルドンナが史上4頭目の牝馬3冠制覇なるか等見どころ満載です。秋GI開幕戦のスプリンターズSは、カレンチャンが前人未到の短距離GI3連覇の偉業がかかっています。もし優勝すれば「最優秀スプリンター」と「最優秀4歳以上牝馬」のWタイトル獲得もあり得ると思います。これからはGIが続くので、日曜日は目が離せません!





にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ






ホークス、楽天に競り勝つ!Aクラスは譲らん!

2012年09月23日 | HAWKS

現在パリーグ3位の福岡ソフトバンクホークスは、21日からクリネックススタジアム宮城にて東北楽天ゴールデンイーグルスとの4連戦を戦ってますが、金曜日の初戦は1-1の引き分けに終わりました。一夜明けた22日のデーゲームは、ソフトバンク・陽耀勲、楽天・菊池保則の先発で始まりました。


スタメンはこちら
1(二)本多雄一
2(三)明石健志
3(左)内川聖一
4(指)ペーニャ
5(右)長谷川勇也
6(中)柳田悠岐
7(一)中村晃-
8(遊)今宮健太
9(捕)細川 亨


1回、ホークスは先頭の本多のレフト前ヒット、明石の犠打、内川の死球で1死1,2塁とすると、ペーニャ外野フライの間に本多が3塁に進み、2死1,3塁と先制のチャンスを迎えます。しかし、長谷川が遊撃ゴロで凡退し、2者残塁で無得点。その裏、ホークス先発・陽耀勲が先頭打者の聖澤諒に四球を与え、1死2塁で松井稼頭央に低めのストレートを打ち返され、レフトオーバーのタイムリー2塁打を浴び、先制点を許します。
1点ビハインドのホークスは、2回に2死から今宮がエンタイトル2塁打を放ち、さらに暴投で3塁まで進むも、細川が三振に倒れて無得点。3回に内川のセンター前ヒットで再び2アウトから走者が生まれ、楽天先発・菊池の暴投で2死2塁となり、ペーニャがスライダーを合わせてレフト前タイムリーヒット。内川生還で1-1の同点に追い付きます。4回、この回先頭の柳田が菊池の4球目のストレートを捉え、バックスクリーン左へ飛び込むソロ本塁打で2-1と逆転に成功します。
5回、ホークスは内川とペーニャの連続ヒットで2死1,2塁と追加点のチャンスをつくるも、長谷川が三振に倒れて追加点を奪えず。その裏に陽耀勲が先頭打者に死球を与え、鉄平の犠打で悪送球、さらに聖澤の犠打を処理できずファンブル。ミスが重なって無死満塁のピンチを迎えます。この場面で藤田一也を2塁ゴロ併殺打に打ち取りますが、この間に3塁走者が生還し、2-2の同点に。なおも2死3塁と今度は逆転のピンチでしたが、松井を3塁ゴロに打ち取り、勝ち越しを許さず。
2-2の同点で迎えた8回、ホークスは1死から柳田と中村の連続ヒット、2死後に代打・多村仁志の3塁ゴロを楽天三塁手・銀次がお手玉して満塁。この大チャンスに本多が楽天4番手・ラズナーのストレートを振り抜き、右中間に落ちるライト前タイムリーヒット。2人の走者が生還し、ホークスが4-2と勝ち越し!その後、8回に柳瀬明宏、9回には岡島秀樹が登板し、楽天の反撃を許さず、2点のリードを守り試合終了。終盤に勝ち越したホークスが楽天を下しました。


試合結果 パ・リーグ 2012/09/22(土)
楽 天-ソフトバンク 20回戦 
(9勝9敗2分、Kスタ宮城、14:00、18853人)
H 001 100 020  4
E 100 010 000  2
【投手】
(ソ)陽、金沢、森福、柳瀬、岡島-細川、山崎、高谷
(楽)菊池、ハウザー、小山伸、ラズナー、高堀-岡島
【責任投手】
(勝)森福60試合2勝5敗17S
(S)岡島54試合1敗8S
(敗)ラズナー41試合1勝3敗6S
【本塁打】
(ソ)柳田4号ソロ(4回、菊池)


ホークス3試合ぶりの勝利!柳田選手のホームランがあれば、8回に2死満塁の場面で本多選手が勝ち越し2点タイムリーを放って勝負あり。これで首位との差は3ゲームに縮まり、4位・楽天とは4ゲームに拡げました。7回に3番手で登板した森福投手が勝利投手となり、今季2勝目をマーク。打線も全体で8回まで12安打放ち、決勝打を放った本多選手は5打数3安打2打点、内川選手とペーニャ選手の中軸コンビ、柳田選手と中村選手の若手組が2安打放ちました。
ホークスは今季134試合を終えて64勝58敗12分け、レギュラーシーズンも残り10試合。奇跡の逆転3連覇は厳しい、とにかくAクラスの座を守る事が一番大事かもしれない。23日の予告先発はソフトバンクが武田翔太、楽天・田中将大となっています。ここまで6勝の武田投手、日本最強の右腕に投げ勝つ事ができるか?もしホークスがマー君に勝ったら、クライマックスシリーズ進出はほぼ決定的となるのだが…。



にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ






ダイスケはん&ナヲのギンギラギンにさりげ肉 2012.8.18~8.24 PART2

2012年09月21日 | マキシマムザホルモン
8月18日~24日放送分の「ギンギラギンにさりげ肉」の前半は、夏休みの自由研究トークで、ダイスケはんは小学校3年生の時に通学路の大通りの交通量の調査を行い、ナヲちゃんは4年生の時にパジャマを自分で作りました。あと、ダイちゃんは大学生の頃、故郷・高松市のとある塾でチューター(講師)のバイトをし、小学生に勉強を教えていた事を明かせば、偏差値トークでは、井上ディレクターが60以上だったのに対し、マネージャー・しみゆうさんは偏差値48だとわかりました。PART2の今回は、溜まりに溜まったリスナーからの「絆」(メール)を読みます。



まずは「ギン肉川柳」から。「夏をテーマに、自由に詠んでください」と呼びかけたら、たくさん送られてきました。
①大阪市住吉区・ジューショックさん
早明浦(さめうら)の 残りが気になる 夏だから 
水不足 やっぱりうどんが 原因か? うどんの生地、出汁を作るには水分がたくさん必要です。
うどん屋が 閉まるとやばいぞ 水不足  水不足になると大きな痛手を被るんです。
水不足 プールは即効 閉まります 遊べない、それに泳げない…。夏休みが楽しくなくなる…。
「テーマの夏と言うよりは、水不足になってしまったのは正直反省してます。でも、香川県の夏ってこんな感じですよね?」
ダイちゃんが1句目の「早明浦」について説明し、香川県民は高知県の早明浦ダムから水をもらっているそうです。夏になるとNHKでダムの貯水率の情報が流れ、貯水率が下がると取水制限や断水のお知らせもあるとか。高知には他にもダムや四万十川があるけど、香川は「香川用水」を遣って早明浦ダムから繋げている。ダイちゃんが高校生の頃に歴史的な渇水が起こり、1日2回も給水車が来て、浴槽に水を溜め、前の晩に家族が浸かった風呂の水で歯磨きとか炊事をしていたという。シャワーの水も出ない、トイレの時もお風呂場からの水で流す…。
現在関東地方では少雨により水不足に陥り、利根川水系のダムの貯水率が少ないため、取水制限が続いています。水が使えるだけでまだ有り難いけど、今後も少雨が続けば、より深刻な事態になるかもしれません。この際集中豪雨か台風が来てくれればいいのに。

②沖縄県沖縄市・三度の飯より山羊汁が好きさん。
「みなさんおはこんばんちは。ギン肉川柳いくつか投稿させていただきます」
夏が来た ビール片手に 夏フェスへ 完成度高めの作品ですね。
夏フェスが 少ない沖縄 でーじいや 沖縄のロックフェスはモンゴル800のイベント以外ないのでは…。
夏フェスに 行くのにかかる 飛行機代  ライブのチケットより値段が高い場合もあります…。
夏休み ビーチパーティ ビキニギャル 沖縄では「ビーチパーティ」というのが毎日のように行われているという。
夏が過ぎ 秋冬すぎて 春が来る  変わりゆく季節を表した一句ですね。
もう嫌だ なんくるないさ ならないよ 最後は夏と関係のない川柳いただきました。

③大阪市住吉区・ジューショックさん(2回目です)
フェスグッズ うどんがあるのは 香川だけ 「MONSTERbaSH」のオフィシャルグッズには、讃岐うどんの詰め合わせがあります。それにしてもジューショックさんは、大阪在住なのにやたらと香川ネタを推してきますね~。


続いては「ヒヤッ・ゾクッとした話」編です。
④宮崎県宮崎市・生さん
「ギン肉の皆さんおはこんばんちは。ヒヤッとした絆です。ライブの時に1人だけ上がってしまった声と拳
これは気まずい、というか自分だけ目立って恥ずかしい…。ナヲちゃんは「恋のメガラバ」でサビの合間に「フー!」と叫ぶファンが最近多いので、「最後だけだからね」とファンに注意を呼びかけました。そんなナヲちゃんも「メガラバ」が完成した時に「フー」と言ったら、亮君に睨まれる過去がありました。
「かわいい人の目ヤニ」どんな美人あるいはイケメンでも、目ヤニがたくさん出てたら引くわ~。「ドアの取っ手に止まっている蛾」ギャー!ナヲちゃんも「イヤだイヤだ」と悲鳴。中に入るの躊躇うわ…。それにセミの死骸が落ちてくるのもゾクッとする。「母のぶりっ子」これは痛い…。気色悪い。もしウチのオカンがそんな事をしてたら、縁を切りたくなるなあ。顔も見たくないくらいにね。


リクエスト曲紹介の後の「ケツのコーナー」は、ナヲちゃんがメールを1通紹介。
⑤茨城県水戸市・若大将が敵(仮)さん
「ダイスケはん、ナヲさん、おはこんばんちはです~。初絆です!いつも音楽やPV・ラジオを含めて楽しく聞いております。今回は『スターの名言』で投稿したいと思います。そのスターとは若大将こと加山雄三氏でございます。名言といえるかわからないのですか、私にとって超印象的だったので送らせていただきました。
あれは私が4,5歳のころだったと思いますが、オカンと妹、私、オカンの友達6人ぐらいと、長野と新潟の若大将が経営するスキー場に初めて行った時の事。まだ小さくてスキーを怖がっていた私と妹が、オカンやオカンの友達の板の後ろにウンコ座りして一緒に滑って遊んでいました。そして事件は起こったのです。
お昼を過ぎた頃、お昼にしようとしたのにもかかわらず、私が『まだ滑りたい!』と駄々をこねてオカンとスキー場の一番高いところまで来た時に吹雪が突然襲って来たのです。周りに人がおらず、私とオカンがスキー場の一番高いところに取り残された形です。オカンは私を連れて早く下山しようとしていましたが、初めてのスキー場の上に、前が見えずどちらに向かえばいいのかすら分からないほどパニクっていたし、とにかく吹雪いていました。
その時です。後ろから軽快な笑い声が聞こえてくるではありませんか。オカンと声のする方を見ると、若大将が私たちの方に来てこう一言。『早く下山した方がいいよ。もう吹雪いてきちゃってるからね。ハッハッハ~』いや分かってますよ!小さい私でも吹雪いてるの分かってるよと思いながら、『下山するならこっちだよ』と助けてくれるのかと思いきや、1人でどっかヘ滑って行ってしまいました。
吹雪の中霞んでいく若大将の背中、軽快な笑い声、私たちは若大将の行動のおかげで一気に気持ちが冷め、無事下山することができました。しかし、あれ以来軽快な笑い声を聞くたびにあの出来事が思い返されます。長々と失礼しました」
加山さんは『加山キャプテンコーストスキー場』を経営していましたが、昨年7月に閉鎖されました。若大将が遭難しかけてる人を無視して、笑いながら滑り去るなんてひどいな…。もし投稿者とオカンが吹雪で息絶えていたら、天国で「君といつまでも」になっていたかもしれなかった…。そんなわけでおしまい。




にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ






ダイスケはん&ナヲのギンギラギンにさりげ肉 2012.8.18~8.24 PART1

2012年09月20日 | マキシマムザホルモン
マキシマムザホルモン ダイスケはん&ナヲの
ギンギラギンにさりげ肉!!

ダイスケはんが番組冒頭で「夏フェス今年は色々出させてもらってるんですけど、一応ROCK IN JAPAN、RISING SUNはこれを聴いてるころには終わってるけど、『この2つのフェスでこんな事があったよ』という話は、8月末から9月にかけてお話します。永ちゃんのフェスもちょっと遅れます」とお知らせしていました。その理由は「喋っているのが7月だからで~す!この話は7月に録っているからです」この番組は7月収録され、ON AIRは8月18日から。「ROJ」は8月3~5日に行われました。


前半のトークで、ナヲちゃんがCharaさんのツイッターで「みんな夏休みの自由研究何してた?」の書き込みを見たという。ダイちゃんは小学校3年生の時、通学路の大通りの歩道橋から車の交通量を調べていたそうです。「トラック○台、バス○台」とジャンル分けして、「カウンター」(野鳥の会がカチカチと数を取る機械)が無いので目視と指差しで数えていました。高松市は車文化なので、かなりの車が通っていたので、調べるのが大変だったとか。
一方ナヲちゃんは、小学校4年生の時に『パジャマでお邪魔』というタイトルでパジャマを自分で作成。隣の町田さんのおばあちゃんに教えてもらい、自分で型紙を作り、全て手縫いで作りました。弟の亮君は小3の頃、お母さんと一緒に楊枝で風車と家を作り、高校3年生まで自分の部屋に飾ってあったらしい。当時の亮君は自由研究の作品を作った3年生の夏から太り出し、痩せていた頃は食べるのが嫌いで、友達の誕生日会は地獄だったらしい。

自由研究の話をしたので、ナヲちゃんが「大人の自由研究をやろう」と持ち出すが、ダイちゃんは「めんどくさい」と拒否。考えても思い浮かばないのかな。模試受けるのも「めんどくさい…」。大人になるとド忘れしちゃうよね~。井上ディレクターの娘さんも小学校4年生となり、算数で分数の計算を習ったりしているという。ナヲちゃんは分数が分からなくて、計算式が覚えられない…。ダイちゃんは小学校の生徒が受ける「知能テスト」を受けたいと希望。
そこで急遽、「2学期の中間テストの用紙を送ってもらう」という企画をナヲちゃんが提案すると、この番組を聴いている先生に5~6問のテストを作ってほしいと呼びかける。ダイちゃんは小学校6年の算数とかが一番やりたくなくて、数学のルートの計算方法とかも覚えていない…。3.14の円周率なんかナヲちゃんは「全然役立ってない」。ダイちゃんが「マジ使わないでしょ。この椅子の~」まあ普段の生活では使わないなあ。「円周率も最近の桁が違う」そうで、昔は3.14だったけど、最近では「およそ3」で習っているそうだ。社会では、聖徳太子の名前が「厩戸皇子」に変わっていたりしています。
ダイちゃんは学生時代、夏休みに塾の講師のバイトをしたことがあると語り、その際「チューター」を「チャーター」と言い間違えた。飛行機ですか?小学生を相手に勉強を教えていたと言うけど、今では忘れている…。ナヲちゃんは4年生の理科でやる?遺伝に関する勉強が好きだった。ナヲちゃんは理系好き、ダイちゃんは文系で特に社会(歴史)系が好き。「社会派、社会主義」そういう感じで使わんぞ。
偏差値の話で、井上ディレクターの偏差値は60超え、ミキサー・ミッちゃんの偏差値は50以下、ナヲちゃんは53、ホルモン担当のガンちゃんは58、マネージャー・しみゆうさんは平均の50を下回る「48」…。ダイちゃん曰く「足利では一番いい偏差値」。栃木県の高校の偏差値を調べてみても、足利の高校は殆どが40台、足利高校と足利女子は「57」でした。
この番組にゲストで来たこともあるTOTAL FATは、Kubottyさんが慶応大学で、出身他のメンバーは中央大学出身。クボティさんの周りは弁護士だらけだそうです。音楽の道に進まなかったら、弁護士になっていたかもしれないのに…。BIGMAMAとかも慶応出身、ONE OK ROCKはボーカルのtakaさんは慶応なのに対し、Ryotaさんはバカ疑惑がもたれている。「俺賢いんですって!スピードラーニングしてますもん!」Ryotaさんの喋り方でバカ扱い…。 この続きはPART2で…。



にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ








ホークス3連勝!西武戦勝ち越し決定で2位に1ゲーム差!

2012年09月19日 | HAWKS

月曜日の試合は、攝津投手の粘投、多村選手の一発で西武に勝利した福岡ソフトバンクホークス。18日も福岡ヤフードームで埼玉西武ライオンズと対戦しました。この試合でホークスが勝てばこのカードの勝ち越しが決定します。18日の先発投手はソフトバンク・二保旭、対する西武は菊池雄星。育成出身の二保投手、プロ初先発で山田大樹投手の穴を埋められるのか?


18日のスタメン
1(三)明石健志
2(二)本多雄一
3(左)内川聖一
4(指)ペーニャ
5(一)小久保裕紀
6(中)長谷川勇也
7(右)多村仁志
8(遊)今宮健太
9(捕)細川 亨
 (投)二保 旭


ホークス先発の二保は、 初回に西武先頭の浅村栄斗を2塁ゴロ、2番・秋山翔吾には遊撃ゴロに打ち取り、簡単に2死としますが、中島裕之に死球を与えてしまいます。続く4番・中村剛也を3塁ゴロに打ち取り、ランナーを出しながらも0点に抑えます。2回にはヘルマンに四球、炭谷銀仁朗にライト前ヒットを浴びて2死1,2塁とピンチを背負いますが、斉藤彰吾をスライダーで空振り三振に仕留め、無失点で切り抜きました。
二保を援護したい打線は2回裏、ペーニャが菊池からレフト前ヒットを放つと、小久保と多村が続けて四球を選んで1死満塁の大チャンス。そして今宮健太がストレートの四球を選び、押し出しで3塁走者・ペーニャが生還して1点を先制します。なおも満塁で細川がセンターへの犠牲フライを放って1点追加。この回満塁から2点を奪いました。
3回、二保が2つの四球を出して1死1,2塁のピンチを背負い、中村に初球を打たれて、レフト前タイムリーヒットで1点を失います。なおも1,2塁でカーターに甘く入ったチェンジアップを捉えられますが、右翼手・多村がフェンス手前でジャンピングキャッチ。その後、ヘルマンをセンターフライに打ち取り、西武の反撃を1点に抑えました。結局、二保は3回を投げ終えたところでマウンドを降りました。
1点リードのホークスはその裏、この回先頭の内川が、菊池の3球目のストレートをフルスイングし、左中間への打球は大きく伸びてスタンドイン!内川のソロ本塁打で3点目が入り、3-1と再び2点差にしました。
4回からは岩嵜翔が2番手で登板し、4回に2死から斉藤にヒットを許すも、浅村を抑えて無失点。5回にはおかわり中村に2塁打を打たれるもカーターを三振に斬って取ると、6回は炭谷の2塁打、斉藤の内野安打で1,3塁とピンチを迎えるも、浅村を3塁ゴロに打ち取り、西武に反撃を許しません。
7回、ホークス3人目の森福允彦が、秋山と中村にヒットを許すと、カーターの代打・オーティズの四球で1死満塁と一打同点or逆転のピンチを招きます。しかし、ヘルマンをスライダーで空振り三振に仕留めると、続く代打・高山久をシュートで空振り三振!満塁の場面で2者連続三振を奪う力投で大ピンチを凌ぎます。ホークスは7回裏に細川と本多がヒットを放つと、内川が死球で出塁し、1死満塁と追加点のチャンス。なんとしてでも1点が欲しい場面で、ペーニャが西武4番手・十亀剣のカーブを弾き返し、センター前タイムリーヒット!2人のランナーが生還し、5-1と西武を突き放しました。
その後は4番手・柳瀬明宏、5番手・藤岡好明が無失点に抑えて試合終了。5-1で西武に快勝し、ホークス3連勝です!



試合結果 パ・リーグ 2012/09/18(火)
ソフトバンク-西 武 23回戦 
(ソフトバンク13勝10敗、ヤフードーム、18:01、34015人)
L 001 000 000  1
H 021 000 20x  5
【投手】
(西)菊池、岡本篤、ウィリアムス、十亀、大石-炭谷、上本
(ソ)二保、岩崎、森福、柳瀬、藤岡-細川、山崎
【責任投手】
(勝)岩崎25試合5勝10敗
(敗)菊池11試合3勝2敗1S
【本塁打】
(ソ)内川7号ソロ(3回、菊池)


それにしてもこの日は試合が長く感じました…。序盤にヒット1本&3四球で先制点をもぎ取れば、3回には内川選手にソロ本塁打が飛び出しました。7回には森福投手が1死満塁から連続三振を奪い、その裏に満塁でペーニャ選手の2点タイムリーヒットが生まれました。森福投手が踏ん張ったのも大きいし、ピンチの後にチャンスをモノにできたのはよかった。5人の投手リレーで西武に勝利し、チームも3連勝。西武との対戦成績も13勝10敗となり、最終戦を残して勝ち越し決定。そして、2位・西武に1ゲーム差まで接近しました!
先発の二保旭投手は、3回まで打者15人に対して63球を投じ、被安打2・1奪三振・4与四死球・1失点という内容でした。毎回のように走者を出し、3回には中村選手にプロの洗礼を浴びる場面もありました。プロ初先発は3回降板という結果に終わったけどいい経験になったのではないかと思います。今後も1軍で活躍し、育成出身の先輩・山田投手に次ぐ「育成の星」となりますように…。
この試合の勝利投手になったのは、4回から2番手で登板した岩嵜投手で、毎回のようにヒットを浴びながらも、拙攻に助けられて3イニング無失点で今季5勝目。自身の白星も約2か月ぶり、中継ぎ登板で白星を挙げたのは初めてかと思います。たまには先発でも勝てるように頑張ってください!
打線の方はチーム全体で9安打。この日は今宮選手、本多選手、ペーニャ選手の3人が2安打のマルチヒットを記録しました。3回にソロ本塁打を放った内川選手は、右手薬指を骨折しているとは思えないようなパワーを見せつけました。7回に大きな追加点を打ったペーニャ選手、ここ一番で4番の仕事をしてくれましたな~。
ホークスと西武の直接対決も残すところあと1試合。最終戦の予告先発はソフトバンク・新垣渚、西武・牧田和久となっています。ホークスは牧田投手の前に2連敗中なので、どんな形でもいいから攻略できるといいんですが…。もし最終戦も勝てば、西武と並びます!相手がいま失速中だから、単独2位にもなれそう…。19日は絶対に負けられない!




にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ








攝津両リーグトップの16勝目!パリーグ最多勝は確実、ここまで来たら沢村賞だ!

2012年09月18日 | HAWKS

札幌での3連戦を1勝2敗で終え、9連戦も6試合終えて3勝3敗の五分としている福岡ソフトバンクホークスは、17日・月曜日から福岡ヤフードームで埼玉西武ライオンズとの3連戦がスタート。17日の初戦は台風16号の接近に伴い開催が危ぶまれていましたが、予定通り開催されました。この日はソフトバンク・攝津正、西武・岸孝之が先発でした。


スタメンはこちら
1(三)明石健志
2(二)本多雄一
3(左)内川聖一
4(指)ペーニャ
5(一)小久保裕紀
6(中)長谷川勇也
7(右)多村仁志
8(遊)今宮健太
9(捕)細川 亨
 (投)攝津 正
この日は明石と本多の打順が入れ替わり、明石が1番、本多が2番降格。


今季16勝目を狙う攝津は、初回に西武先頭の浅村栄斗を相手にに11球を投じ、最後は3塁ゴロに打ち取ります。続く秋山翔吾にはレフト前ヒットを許しますが、中島裕之をレフトフライ、中村剛也の場面で盗塁を仕掛けた秋山が2塁でアウト。ランナーを出しながらも無失点の立ち上がり。2回は2アウトからヘルマンに内野安打と盗塁を許し、2死2塁とされましたが、高山久を空振り三振に仕留め無得点。
西武先発・岸を攻略したいホークス打線は、1回に2死から内川が右中間を破る2塁打を放ちますが、続くペーニャが3塁ゴロに倒れて無得点。2回、先頭の小久保がセンター前ヒットで出塁すると、長谷川が犠打を決めて1死2塁。再び得点圏にランナーを置いて、多村が岸の6球目のストレートを振り抜き、センターへの大きな打球はバックスクリーン左へ飛び込んだ!多村の2ラン本塁打でホークスが2点を先制します!
2点の援護を貰った攝津ですが、3回に1死から斉藤彰吾にレフトフェンス直撃の2塁打を浴び、2死後に秋山にストレートを弾き返され、センター前タイムリーで1点を返されます。さらに中島の内野安打で1,2塁と同点のピンチを迎えますが、おかわり中村をカーブで空振り三振に斬って取り、反撃を1点に留めます。
中盤に差し掛かり、攝津が4回と5回に西武打線を3者凡退に抑え、6回には四球の走者を出しながらもカーターを投手ゴロに打ち取り0点で切り抜けます。一方、打線は4回に小久保がヒットで出塁するも、長谷川が併殺打。6回には内川の2塁打などで2死1,3塁と追加点のチャンスを作るも、多村が遊撃ゴロで無得点…。
7回、攝津が先頭打者のヘルマンに内野安打を許し、犠打で1死2塁とされます。何とか凌ぎたい場面で、上本達之をシンカーで空振り三振を奪い、2死3塁の場面で斉藤をストレートで空振り三振に仕留め、ピンチ脱出で同点阻止。試合はその後、8回に柳瀬明宏→森福允彦、9回に岡島秀樹が登板し、西武の反撃を抑えて試合終了。ホークスが2-1で逃げ切り、3連戦の初戦を白星で飾りました。



試合結果 パ・リーグ 2012/09/17(月)
ソフトバンク-西 武 22回戦 
(ソフトバンク12勝10敗、ヤフードーム、18:00、33788人)
L 001 000 000  1
H 020 000 00x  2
【投手】
(西)岸、十亀、ウィリアムス-炭谷、上本
(ソ)摂津、柳瀬、森福、岡島-細川
【責任投手】
(勝)摂津25試合16勝5敗
(S)岡島52試合1敗7S
(敗)岸23試合10勝10敗
【本塁打】
(ソ)多村4号2ラン(2回、岸)


9連戦最後の3連戦の初戦は、攝津投手が7回まで投げ抜き、多村選手の一発が生まれ、1点差を守りきって西武に勝利しました。これで2位・西武とは2ゲーム差、首位・日ハムとは3.5ゲーム差となりました。もし18日と19日の試合で連勝すれば、2位タイになります。こりゃ3タテするしかないでしょう。
先発の攝津投手は、7回まで27人の打者と対戦して120球を投じ、被安打6・8奪三振・1与四死球・1失点という内容で今季16勝目。序盤は苦しいピッチングが続き、立ち上がりからランナーを出し、3回には秋山選手にタイムリーを打たれて1点を失いましたが、中盤からリズムを取り戻し、西武打線を捻じ伏せました。特に7回に斉藤選手を三振に仕留めた時は、珍しく叫ぶシーンがありました。両リーグトップの16勝目を挙げ、パリーグの最多勝もほぼ確実。ここまで来たら沢村賞を獲得してほしい。
打線の方はチーム全体で7安打。2回に決勝2ランを放った多村選手は、8月24日のロッテ戦以来の一発。秋山監督も「素晴らしいホームランだった」と絶賛しておりました。多村選手以外で、内川選手は2塁打を2本放ち、打率も.294まで上昇。シーズン終了までに3割到達なるか?前日の試合で打のヒーローとなった長谷川選手は、4回に併殺打、8回にチャンスの場面で三振に倒れたりと無安打に終わり、一転してブレーキ。長時間の移動の疲れが出ていたのでしょうか?
18日・火曜日の予告先発は、西武が菊池雄星、対するソフトバンクは二保旭(にほあきら)。本来ならば山田投手が投げる予定でしたが、熱発のため登板回避。代わって二保投手が先発に抜擢されました。二保投手は今年7月末に支配下選手登録された育成出身の選手で、これまで中継ぎとして2試合登板し、いずれも無失点。一軍生き残りをかけた登板で先発の役目を果たせられるか?





にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ








ジェンティルドンナ牝馬3冠制覇へ死角なし!フェノーメノ右回り克服!

2012年09月18日 | 競馬

16日の夜、オルフェーヴルがフランス遠征初戦のフォア賞を制し、凱旋門賞制覇へ弾みをつけましたが、日本では秋のクラシックに向けた重要なトライアルレースが東西でありました。16日は阪神競馬場で秋華賞トライアルのローズステークス、17日は中山競馬場で菊花賞トライアルのセントライト記念が行われました。



第30回関西テレビ放送賞ローズステークス(GⅡ・芝1800m)は11頭立ての予定でしたが、⑩ハナズゴールが感冒のため出走取消で10頭立てに変更。このレースには桜花賞とオークスを制した⑥ジェンティルドンナが登場。史上4頭目の牝馬3冠に向けての秋初戦は、内容と結果が問われる重要な一戦でした。ルドンナの他にも、桜花&オークス2着の⑦ヴィルシーナ、夏の新潟で力をつけた⑧ラスヴェンチュラス、骨折から復帰した③キャトルフィーユ、④トーセンベニザクラ、公営・愛知から①スズカウインダーなどが秋華賞の切符を目指して参戦しました。
スタートでトーセンベニザクラとスズカウインダーの2頭がタイミングが合わなかったのに対し、⑤サンマルクイーンが好スタートを見せて、先手を取ります。2番手の位置にジェンティルドンナ、3番手にキャトルフィーユ、ヴィルシーナは4番手でルドンナの真後ろにつける。ヴィルの隣の5番手にはラスヴェンチュラス。中団グループには⑨サトノジョリーと②スピークソフトリー、8番手に⑪ニコールバローズ、ベニザクラ9番手、スズカウインダーが最後方追走。
外回り3コーナーに差し掛かり、サンマルクイーンが依然先頭をキープ。ルドンナ、キャトル、ヴェンチュラスの3頭が2番手集団を形成し、ヴィルシーナは5番手追走。残り600mでルドンナが2番手に上がり、ニコールバローズが5,6番手まで進出してきた。最後の直線に入り、ジェンティルドンナがサンマルクをかわして先頭に躍り出た!内からキャトルフィーユ、外からヴィルシーナが2番手に浮上するが、ルドンナがそのまま押し切ってゴールイン!ヴィルシーナはまたしても2着、ラスヴェンチュラスが3着に入り、秋華賞の優先出走権を手にしました。

ジェンティルドンナやっぱり強い!牝馬2冠の貫録を見せつけ、2着に1馬身半差の快勝でローズステークスを制し、牝馬3冠へ視界良好です。道中は2番手に控え、最後の直線で抜け出してからは独走態勢を築きました。今回は前走より12キロ増の472キロでしたが、春よりも体つきに逞しさを増している感じがしました。これでルドンナは重賞4勝目で自身3連勝。秋初戦での快走ぶりを見ると、秋華賞制覇も間違いないでしょう!
2着だったヴィルシーナは、桜花賞・オークスに続いてまたしてもジェンティルドンナの後塵を拝す結果となりました。3戦連続2着となかなか勝ちきれないのでファンの間じゃ「シルバーコレクター」と呼ばれているかもしれません。最後の一冠・秋華賞で悲願のルドンナ越えなるか…。


敬老の日だった17日も競馬が開催され、中山競馬場で第66回セントライト記念(GⅡ・芝2200m)がありました。このレースには日本ダービー2着の⑫フェノーメノが出走。他にも京成杯以来約8か月ぶりのレースとなる①ベストディール、⑨エタンダール、京都新聞杯3着の⑥エキストラエンド、2連勝中の⑮ダノンジェラート、⑤ニューダイナスティといった「ディープインパクト産駒」の馬達が参戦しました。
スタンド前での先行争いで、好スタートを見せたニューダイナスティが押しながらハナを主張するが、⑩ソルレヴァンテが一気に上がって2頭並ぶような態勢でゴール板を通過。フェノーメノは6番手で1コーナーを回りました。
1,2コーナー中間点を過ぎて、ニューダイナスティが先頭、2番手にソルレヴァンテ、3番手にアーデント追走。4番手グループには、③カナロアと⑪ボーイフレンド、フェノーメノは6番手に控えている。7番手のところに⑬サンレイレーザーと②スカイディグニティ、中団の9番手の位置にベストディールとダノンジェラート、11番手集団の中にエタンダールとエキストラエンドがいて、④フジマサエンペラー14番手。後方から⑭ラニカイツヨシと⑨アートサハラが動き出し、⑦クリールカイザーが最後方と言う展開。
残り800mを切ったところで、ダイナスティが先頭をキープし、フェノーメノが3番手に進出。サンレイレーザーも4番手まで上がってきた。3,4コーナー中間点でニューダイナスティ、ソルレヴァンテ、フェノーメノ、サンレイレーザーの4頭が並ぶ。残り400mを通過し、真ん中にいたフェノーメノが早くも抜け出して先頭。ダノンジェラートとスカイディグニティが2番手争いを繰り広げ、ディグニティが2番手からフェノーメノを捉える勢い。しかし、フェノーメノが追撃を抑えて1着でゴールイン。

フェノーメノが1番人気にしっかりと応え、セントライト記念を優勝。同馬は青葉賞以来の重賞2勝目、鞍上の蛯名正義騎手はこの勝利で重賞通算100勝目を達成しました。2着には14番人気の伏兵・スカイディグニティが入り、3着のダノンジェラートまでが菊花賞の優先出走権を獲得しました。フェノーメノは左回りの府中コースに強いというイメージがあり、右回りといっても中山コースでは過去2戦で結果を残していませんでしたが、セントライト記念で苦手を克服できました。このまま菊花賞に向かうのか、それとも天皇賞(秋)に進むのか、今後の動向が気になります。


来週・9月23日は、中山競馬場で産経賞オールカマー、阪神競馬場で神戸新聞杯が行われます。オールカマーにはナカヤマナイト、ルルーシュ、ダコール、マイネルキッツ、コスモファントム、コスモラピュタなどが出走予定。神戸新聞杯には皐月賞馬・ゴールドシップが参戦。他にもマウントシャスタ、ベールドインパクト、ヒストリカルなどが登録しています。



にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ