日刊魔胃蹴

暑すぎてつらい。

最後はまさかの守備妨害!福岡ソフトバンクホークス、4連勝で3年ぶりの日本一!

2014年10月31日 | HAWKS

プロ野球の「SMBC日本シリーズ2014」は、30日に福岡ヤフオクドームで第5戦が行われました。第4戦では、延長10回に中村晃選手のサヨナラ3ランホームランで、福岡ソフトバンクホークスが5-2で勝利。3連勝で日本一に王手をかけました。もしこの試合でホークスが勝てば、3年ぶりの日本一が決定。崖っぷちに追い込まれた阪神タイガースは、勝って胴上げ阻止、甲子園に戻れるか?



両チームのスタメン
  ソフトバンク      阪神
1(中)柳田悠岐   (左)マートン
2(二)明石健志   (二)上本博紀
3(左)内川聖一   (遊)鳥谷  敬
4(指)李  大浩   (一)ゴメス
5(三)松田宣浩   (右)福留孝介
6(右)中村  晃   (指)西岡  剛
7(一)吉村裕基   (三)関本賢太郎
8(遊)今宮健太   (捕)藤井彰人
9(捕)細川  亨   (中)大和
 (投)攝津  正   (投)メッセンジャー

第5戦の先発ピッチャーは、ソフトバンクは今季10勝ながらシーズン終盤からの不調が続く攝津正投手。阪神は第1戦で勝利投手となったメッセンジャーが今シリーズ2度目の登板。スタメンでは、ホークスは右手首を痛めたイデホがDH、吉村が1塁に回りました。阪神はマートンを1番、西岡を6番に起用しました。


ホークス先発の攝津は、初回に1死から上本にセンター前ヒットを許し、2死2塁とされるも、阪神4番・ゴメスをシンカーで空振り三振に仕留めて先制阻止。2回は西岡に左中間への2塁打を打たれたが、後続を抑えて0点で切り抜けます。3回もランナーを出したものの、細川捕手が盗塁を2度も阻止。攝津は3回まで0点に抑えます。
日本一を決めるためにも先制点が欲しいホークスですが、阪神先発・メッセンジャーの前に2回までランナーが出ず。3回、先頭の吉村がショートへの内野安打。渾身の1塁ヘッドスライディングでセーフ。今宮が犠打で送り、2死後に柳田が2塁への内野安打。この後、メッセンジャーのワイルドピッチで柳田が2塁に進み、2死2,3塁のチャンスで、明石がフォークを捉える。センターへいい当たりを放つも、阪神中堅手・大和のダイビングキャッチに阻まれてしまった…。ランナー2人残塁で、ホークス先制点を逃した。
4回、攝津がゴメスと福留から空振り三振を奪い、この日初めて3者凡退に抑える。その裏に1死からイデホと松田の連続ヒットで1,2塁とするも、中村と吉村が凡退して無得点…。
6回、ホークスは内川が2塁への内野安打、続くイデホがレフト前ヒットで1,2塁。松田の内野ゴロで2死2,3塁となり、一打先制のチャンスで中村がメッセンジャーのストレートを狙い撃ち。打球はセンターへ飛び、頭上を超えれば2点タイムリーだったが、センター・大和がランニングキャッチ。またしても大和のファインプレーに阻まれ、ホークス得点ならず…。
0-0のまま迎えた8回、柳田がライト前ヒットで出塁し、明石が送りバントで繋ぎ、内川のヒットで1死1,3塁。今度こそ一打先制のチャンスで、イデホが空振り三振。2死となり、松田がフルカウントからの8球目のストレートを打ち返す!打球は二遊間を抜けてセンター前タイムリーヒット!3塁走者・柳田が生還!ようやく1点をもぎ取ったホークスが試合の均衡を破ります!
ホークス1点リードで迎えた9回、守護神・サファテが満を持して登場。ところが、先頭の上本に四球を与えると、鳥谷三振で1死後、ゴメスと福留にも四球を与えてしまい、1死満塁と同点or満塁のピンチを招く。迎えるバッターは、6番・西岡。サファテは西岡にも3ボールを与えたが、5球目の直球を打たせて1塁ゴロ。一塁手・明石が本塁に投げて2アウト、捕手・細川が1塁に転送するも、西岡の肩に当たる。ボールが転がる間にランナーが生還し、1-1の同点かと思いきや、球審がアウトを宣告。なんと、西岡が守備妨害を取られて3アウト。阪神・和田監督が抗議するも覆らず試合終了。この瞬間、福岡ソフトバンクホークスの日本一が決まりました。


◇SMBC日本シリーズ ソフトバンク-阪神 第5戦 2014年10月30日 (木)
(ソフトバンク4勝1敗、ヤフオクドーム、試合時間 3時間31分 / 観客数 36,068人)
T 000 000 000  0
H 000 000 010  1
勝利投手 [ソ] 五十嵐(1勝)
敗戦投手 [神] メッセンジャー(1勝1敗)
セーブ  [ソ] サファテ(1勝2S)
【バッテリー】
[ソ] 摂津、森、五十嵐、サファテ-細川
[神] メッセンジャー、呉昇桓-藤井


日本プロ野球の年間王者を決める「SMBC日本シリーズ」の第5戦は、ホークス打線が3度チャンスを作りながらも、7回まで阪神先発・メッセンジャー投手の前に0点に抑えられましたが、8回に松田選手のタイムリーヒットで1点を先取。投げては先発の攝津投手、森唯斗→五十嵐亮太→サファテの投手リレーで無失点に抑えました。最後は西岡選手の1塁ゴロ&守備妨害のダブルプレーでゲームセットという予想外の幕切れで、ホークスが3年ぶり6度目の日本一を果たしました。
第1戦で星を落とした後、翌日の第2戦で勝利し、そこから一気に4連勝。レギュラーシーズンとクライマックスシリーズでは苦戦を強いられたけど、日本シリーズでは強いホークスを見せてくれました。ラストは後味悪かったけど、ホークスが本拠地・ヤフオクドームで日本一を決めたのは嬉しい!それに今季で退任する秋山監督に最後の花道を飾れたことももっと嬉しいです!秋山監督、6年間おつかれさまでした!

今年の日本シリーズの最優秀選手賞は、内川聖一選手が選ばれました。内川選手は5試合全てでヒットを放ち、第2戦と第3戦で初回に先制点を挙げる活躍が評価されました。この日も2安打のマルチヒットでした。優秀選手賞には、柳田悠岐選手、サファテ投手、武田翔太投手の3選手。敢闘選手賞には阪神・メッセンジャー投手が選ばれています。

この日の試合ですが、先発の攝津投手は、6回まで投げて被安打4・7奪三振・1四死球・無失点の内容。3回までは毎回ランナーを出しながらも0点に抑え、中盤以降も阪神打線を寄付けませんでした。大量失点されないか不安でしたが、久しぶりにエースらしいピッチングを見せました。今季は苦しいシーズンだったけど、最後の最後に復活を印象付けましたな。
中継ぎ陣では、7回に2番手で登板した森投手は、福留選手にヒットを打たれながらも無失点。このシリーズでは3試合に登板して2ホールドを記録。8回に3番手で登板した五十嵐投手はこの試合の勝利投手に。4試合で無失点はお見事です。五十嵐投手にも賞を与えてほしかったなあ。最後に登板したサファテ投手は、優勝のプレッシャーからか四球を連発、細川選手の悪送球で一度頭を抱えたけど、守備妨害でアウトとなった時は、猛ダッシュで秋山監督に抱きつきました。4試合で1勝2セーブのサファテは、広島と西武で優勝経験がなかったけど、ホークスでやっと優勝しかも日本一を味わえたねえ。
打線の方はチーム全体で9安打。8回に優勝を決めるタイムリーを放った松田選手は、メッセンジャーの134球目をセンター前に打ち返しました。シリーズ序盤は不振に苦しんだけど、2試合連続タイムリーで日本一に貢献。10.2決戦も松田選手が決め、この日も自らのバットで決めてくれました。Thank you Very マッチ!
優秀選手賞の柳田選手は、5試合で8安打、打率.400はいずれもチームトップ。8回には先頭打者で出塁し、松田選手のヒットで4試合続けて先制のホームを踏みました。イデホ選手も手首の痛みに負けず2安打のマルチヒットを記録。


ところで、西岡選手の守備妨害の件ですが、球真の白井一行さんの話によると、「両足ともファウルラインの内側(フィールド内)を走っていた。明らかに守備を邪魔しようとしていた」とのこと。Youtubeで見たところ、西岡選手は明らかにラインの内側を走っておりました。「誤審じゃないのか」と訴えている方もいると思いますが、審判の判断は正しかったと思います。


3年ぶりの日本一に輝いた福岡ソフトバンクホークス。6年間に渡る秋山幸二政権が幕を閉じ、来年から新監督が就任します。一部報道で工藤公康氏が次期監督になることが内定、さらには松坂大輔投手の獲得を目指しています。松坂投手はメジャーで2年連続2ケタ勝利の後、3年目以降低迷が続いていました。新天地、それも福岡で復活できればいいけど…。来シーズンもホークスが日本一だー!





にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ 




トラックバック (1)

SMBC日本シリーズ第4戦  中村晃が延長10回サヨナラ弾!劇的勝利でホークスが日本一に王手!

2014年10月30日 | HAWKS

プロ野球の「SMBC日本シリーズ」福岡ソフトバンクホークスVS阪神タイガースは、29日に福岡ヤフオクドームで第4戦が行われました。前日の試合は、大隣憲司投手が阪神打線を7回無失点に抑え、打線も内川聖一選手の2試合連続先制タイムリー、イデホ選手が3安打2打点と活躍し、ホークスが快勝しました。もしホークスがこの試合に勝てば、3年ぶりの日本一に王手が懸かります。ソフトバンク・中田賢一VS阪神・岩田稔の先発で始まった第4戦は、延長戦までもつれ込みました。



両チームのスタメン
  ソフトバンク      阪神
1(中)柳田悠岐   (指)西岡  剛
2(二)明石健志   (二)上本博紀
3(左)内川聖一   (遊)鳥谷  敬
4(一)李  大浩   (一)ゴメス
5(三)松田宣浩   (左)マートン
6(右)中村  晃   (右)福留孝介
7(指)吉村裕基   (三)関本賢太郎
8(遊)今宮健太   (捕)藤井彰人
9(捕)細川  亨   (中)大和
 (投)中田賢一   (投)岩田  稔

ホークスは前日と不動のメンバー。対する阪神は、守備でやらかした西岡がDHに入り、関本が7番サードで先発出場。



1回、ホークス先発・中田が西岡と上本を簡単に打ち取って2死とした後、鳥谷・ゴメス・マートンと3連続四球を与え、満塁のピンチを招きます。しかし、6番・福留をフォークで空振り三振に斬り、立ち上がりのピンチを脱します。
その裏のホークスは、先頭の柳田が、阪神先発の岩田のストレートを逆方向へ弾き返し、レフト線への2塁打。続く明石の犠打を岩田が3塁に送球するもセーフ。さらに内川が四球を選んで無死満塁のチャンス。イデホ三振で1死後、松田が高めの直球を叩き、三遊間を破るレフト前タイムリーヒット!3塁走者・柳田、2塁走者・明石が生還し、2点先取。ホークス、この日も初回に先制点を奪った!なおもランナー2人置いて中村がセンター前ヒット。2塁から内川が本塁を狙うも、阪神中堅手・大和のストライク返球の前に憤死。ホークスはこの回、松田のタイムリーで2点をもぎ取った。
ホークス2点リードの3回、中田が1死から上本・鳥谷・ゴメスと3連続四球。初回と同様満塁のピンチを背負い、マートンのセンター犠牲フライで1点を返されると、2死1,3塁で福留に初球を狙われ、センター前タイムリーを浴び、2-2の同点とされてしまう。2点を失った中田は、先発の役目を果たせずKO…。
ホークスは4回から東浜巨が2番手で登板。その東浜は4回に先頭の関本に四球を許し、藤井の犠打で1死2塁とされるも、後続を抑えて無失点。6回には四球とヒットのランナーを出し、1死1,2塁のピンチを迎える。しかし、藤井を見逃し三振に仕留めると、大和にはスライダーで空振り三振。東浜、2者連続三振を奪って勝ち越しを阻止!
勝ち越し点が欲しいホークスは7回、先頭の細川が2塁打を放つと、2死3塁で内川が敬遠で歩かされ、1,3塁で途中出場・本多雄一に打席が回るが、岩田のスライダーの前に空振り三振。阪神・岩田の前にチャンスを作るも、勝ち越し点を奪えません。
試合はその後、両チームともに決め手を欠き、2-2の同点のまま今シリーズ初の延長戦へ。
延長10回表、ホークスは5番手・サファテが西岡と鳥谷にヒットを浴び、1死1,3塁のピンチを背負う。この場面で4番・ゴメスと勝負。ゴメスはサファテの2球目を叩くも、3塁ゴロ併殺打。サファテが逆転のピンチを切り抜けます。
10回裏、ホークスは先頭の明石が四球を選ぶと、1死1塁で本多が送りバント。阪神捕手・藤井が2塁に投げるも、判定はセーフ!1死1,2塁とサヨナラのチャンスを作る。ここで阪神は守護神・呉昇桓(オスンファン) を送り込む。一打サヨナラの場面で、松田は2塁フライに倒れて2アウト。続く中村は初球ボールの後、ファウルで粘り、1ボール2ストライクからの5球目のストレートを振り抜く!ライトポール際へ高く舞い上がった打球は、そのままスタンドイン!中村晃がオスンファンからサヨナラ3ランホームラン!ホークスが5-2で勝利し、3連勝で王手をかけました!


◆日本シリーズ ソフトバンク-阪神 2014年10月29日 (水)
◇4回戦・ソフトバンク3勝1敗 ◇観衆35,861人
T 002 000 000 0   2
H 200 000 000 3x  3
[勝) サファテ 1勝1S 
[負] 安藤 1敗 
[ソ] 中田、東浜、森、五十嵐、サファテ-細川
[神] 岩田、福原、安藤、呉昇桓-藤井
本塁打  [ソ]中村1号3ラン(呉昇桓・10回)


日本シリーズ第4戦は、延長戦の末、ホークスがサヨナラ勝ちを収めました!阪神が満塁で得点できなかったのに対し、ホークスは満塁で2点を奪ったので、「これは今日も勝つな」と思いましたが、3回に中田投手が2点のリードを守れず降板。先制されながらも追いつかれ、次の1点もなかなか取れませんでしたが、延長10回に中村選手が値千金のサヨナラ3ラン本塁打を放ってくれました。いやぁ、ホームランで決着がつくとは思いませんでした。サヨナラの瞬間は、もう興奮しまくりでしたわ。これで通算成績もホークスの3勝1敗。シリーズの流れはもう完全にホークス、日本一はもらったぜ!
先発の中田投手は、3回まで投げて被安打1・1奪三振・6四死球・2失点。初回に3連続四球を与えるも無失点に抑え、その後は立ち直るかと思いきや、3回にまたも3連続四球で満塁、犠牲フライと福留選手のタイムリーで2失点。四球与えすぎですな。武田投手と大隣投手の先発投手陣2人が好投しているので、中田投手も続いて欲しかったけど、その期待を裏切る結果となりました。
中田投手が不甲斐ない一方、中継ぎ陣はみんな好投しました。4回から2番手で登板した東浜投手は3回無失点。6回に1死1,2塁のピンチを連続三振で凌ぎきり、マウンド上でガッツポーズを見せました。7回には3番手・森唯斗投手が3者凡退。4番手の五十嵐亮太投手は2イニングをピシャリ。五十嵐投手は3試合連続で登板してますが、ここまで失点ゼロ。サファテ投手は10回に1死1,3塁のピンチを無失点に抑え、その後に白星が転がりました。中継ぎ陣の頑張りが、チームの勝利につながったと思います。
打線の方はチーム全体で7安打。この日は不振に喘いでいた選手が活躍を見せました。打のヒーローとなった中村晃選手が2安打3打点。ここまで1安打だった松田選手が初回に岩田投手から2点タイムリーヒットを放ちました。中村選手はポストシーズンから不調続きでしたが、サヨナラ弾をきっかけに調子を上げていくでしょう。
その一方で、イデホ選手が右手首を痛めてしまい、3回の第2打席後に退きました。このシリーズでは好調だった不動の4番に思わぬアクシデント…。第5戦以降の出場できるかは微妙、メンバー変更も避けられない…。
第4戦を終えてホークスが3勝1敗で日本一に王手。福岡決戦最終日となる31日の第5戦は、ソフトバンク・攝津正VS阪神・メッセンジャーの予告先発で行われます。攝津投手は最近炎上が目立ち、CSの日ハム戦では2回7失点でKOされました。今の攝津投手に本当に期待できないけど、袋叩きにされないように頑張ってください。3年ぶりの日本一まであと1勝、メッセンジャーを早いうちに攻略して、4連勝で秋山監督胴上げだ!




にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ 



トラックバック (1)

大隣が猛虎打線を沈黙!吉村が好走し、内川とイデホがまた打った!ホークス2連勝で日本一に一歩前進!

2014年10月29日 | HAWKS

プロ野球の「SMBC 日本シリーズ 2014」福岡ソフトバンクホークスVS阪神タイガースは、甲子園球場での2試合を終えて1勝1敗のタイ。28日からは福岡ソフトバンクホークスの本拠地・福岡ヤフオクドームに舞台を移します。福岡3連戦の初戦の第3戦、日本一に近づくのはどっちだ!?



両チームのスタメン
  ソフトバンク      阪神
1(中)柳田悠岐   (三)西岡  剛
2(二)明石健志   (二)上本博紀
3(左)内川聖一   (遊)鳥谷  敬
4(一)李  大浩   (一)ゴメス
5(三)松田宣浩   (左)マートン
6(右)中村  晃   (右)福留孝介
7(指)吉村裕基   (指)新井良太
8(遊)今宮健太   (中)大和
9(捕)細川  亨   (捕)鶴岡一成
 (投)大隣憲司   (投)藤浪晋太郎

第3戦の先発投手は、ソフトバンクが安定感のある左腕・大隣、対する阪神は2年目の藤浪が登板。パリーグ主催試合のため、阪神は新井良太が指名打者に入り、ホークスはクライマックスシリーズMVPの吉村が7番DHでスタメン入り。



1回、ホークス先発・大隣が阪神先頭の西岡を空振り三振に切り取ると、上本と鳥谷を続けて打ち取り、3者凡退の好スタートを切ります。その裏、ホークスが阪神先発・藤浪の立ち上がりを攻め立て、先頭の柳田がライト線を破る2塁打を放つと、明石が犠打を決め、1死3塁と先制のチャンスを作ります。この場面で内川が藤浪の4球目のカットボールを捉え、センターの頭上を超えるタイムリー2塁打!コレを見て柳田が生還し、ホークスが1点を先制。この後、イデホのヒットで1,3塁とチャンスが続いたが、松田と中村が倒れて初回は1点止まり。
味方の援護を貰った大隣は、2回にマートンにヒットを許し、2死2塁と得点圏に走者を背負うも、新井良をセンターフライに抑えて無失点。3回は2つの三振を奪うと、4回は4番・ゴメスをチェンジアップで空振り三振を奪います。
追加点が欲しいホークスは、3回に明石とイデホのヒットで1死1,3塁のチャンスを作るも、後続が相次いで倒れて無得点。4回、先頭の吉村が四球を選ぶと、今宮の犠打で1死2塁。9番・細川は藤浪のチェンジアップの前に空振り。しかし、藤浪の暴投で細川振り逃げ、ボールが転がる間に吉村が2塁から一気にホームイン!相手のバッテリーミスと吉村の好走塁で、ホークスが2点目。2死後、明石の四球と藤浪の暴投で2,3塁とし、内川がカットボールをセンターへ弾き返したが、阪神中堅手・大和のダイビングキャッチに阻まれて3アウト…。これはついてない。
大隣は中盤以降も阪神打線を寄せ付けないピッチングが続きます。5回は福留に四球を与えるも、新井良を併殺打に仕留める。6回も3者凡退に退け、6回まで1安打の好投。
6回裏、ホークスは吉村がヒットで出塁し、2死2塁から柳田の死球、明石のライト前ヒットで満塁とします。追加点が欲しいところで、内川が阪神3番手・安藤優也の3球目を引っ掛けて3塁ゴロ。阪神三塁手・西岡が2塁に送球するも2塁はセーフ!フィルダースチョイスでホークス3点目!またしても阪神にミスが出た。なおも満塁の場面で、イデホが安藤の直球を打ち上げ、詰まりながらもショートの頭上を超えるセンター前タイムリーヒットで2点追加。この回2死満塁から3点を奪い、5-0と阪神を突き放します。
終盤に差し掛かり、大隣が7回まで投げきると、8回は五十嵐亮太が3者凡退に抑え、9回は守護神・サファテが2死から上本に2塁打、鳥谷にセンター前タイムリーを浴びて1点を失ったが、最後はゴメスを2塁フライに打ち取り試合終了。ホークスが投打で圧倒して第3戦を制しました。


◆日本シリーズ ソフトバンク-阪神 2014年10月28日 (火)
【28日・ヤフオクドーム】
◇3回戦・ソフトバンク2勝1敗◇観衆35,527人
T 000 000 001  1
H 100 103 00x  5
[勝]大隣 1試合1勝
[敗]藤浪 1試合1敗
【バッテリー】
[神] 藤浪、高宮、安藤、歳内-鶴岡、藤井
[ソ] 大隣、五十嵐、サファテ-細川


日本シリーズ第3戦は、内川選手が第2戦に続いて初回に先制タイムリーを放ち、4回には相手のバッテリーエラーで2点目。6回には満塁から3点を加えました。先発の大隣投手は7回まで無失点と阪神打線を沈黙させました。9回に1点返されたものの、阪神に5-1と快勝しました。ホークスは初戦を落とした後に2連勝、対戦成績も2勝1敗となり、3年ぶりの日本一に一歩前進です。秋山監督の有終の美まであと2勝。このまま突っ走れるといいですなあ。
先発・大隣投手は、7回まで101球を投げ、被安打3・6奪三振・1四死球・無失点。ピンチらしいピンチが全く無く、安定感も抜群。6回まで1安打、7回には先頭打者を出したものの、次の打者を併殺打に打ち取りました。最近の大隣投手は、CSでは2試合とも好投して勝利に貢献、この日も相手を寄付けず。正しく絶好調です。今回の内容なら7回で降板せず、8回いや9回まで投げて欲しかったな。
打線の方はチーム全体で10安打。初回に藤浪投手からタイムリー2塁打を打った内川選手は、この試合2打点。昨年の交流戦で対戦したときは3打数無安打でしたが、今回ようやく打ち崩すことに成功しました。第3打席でも変化球をうまく捉えたけど、ダイビングキャッチに阻まれてタイムリーならず。ヒット性の当たりだっただけに残念…。
4番のイデホ選手は3安打2打点の猛打賞。藤浪投手から2打席連続ヒットを放つと、6回にセンター前に2点タイムリーヒット。前回の試合でホームランを打ったことで、気持ちが楽になったみたいですね。この3試合で4打点を挙げており、現時点でMVPに最も近いでしょう。韓国人選手で初めての日シリMVPあるかな…。
ホークス2勝1敗で迎える29日の第4戦は、予告先発がソフトバンク・中田賢一VS阪神・岩田寛となっています。中田投手は交流戦で5月24日の阪神戦に登板しましたが、6回4失点で負け投手になりました。武田投手、大隣投手と先発ピッチャーが好投しているので、中田投手も続きたいところだが…。



にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ 




SMBC日本シリーズ第2戦  武田快投&イデホの一発で、ホークスが1勝1敗のタイに戻す。

2014年10月27日 | HAWKS

25日に開幕した「SMBC 日本シリーズ 2014」阪神タイガースVS福岡ソフトバンクホークス。阪神のホーム・甲子園球場で行われた25日の第1戦は、阪神が6-2で快勝し、29年ぶりの日本一に向けて好スタートを切りました。黒星発進のホークスは、パリーグ王者の意地を見せるためにも、甲子園での連敗は絶対に避けたいところです。26日の第2戦、連勝を狙う阪神は左のエース・能見篤史が先発。雪辱を狙うソフトバンクは、3年目の右腕・武田翔太が登板しました。



両チームのスタメン
  ソフトバンク       阪神
1(中)柳田悠岐    (三)西岡  剛
2(遊)今宮健太    (二)上本博紀
3(左)内川聖一    (遊)鳥谷  敬
4(一)李  大浩    (一)ゴメス
5(三)松田宣浩    (左)マートン
6(右)中村  晃    (右)福留孝介
7(二)明石健志    (捕)鶴岡一成
8(捕)細川  亨    (中)大和
9(投)武田翔太    (投)能見篤史



1回表、ホークスは先頭の柳田が阪神先発・能見の2球目のストレートを叩いてセンター前ヒットで出塁。続く今宮の送りバントで1死2塁と得点圏にランナーを置く。一打先生のチャンスで、内川が能見のストレートを打ち返し、レフトへ詰まりながらも、阪神左翼手・マートンの前にポトリと落ちるタイムリーヒット。2塁から柳田が生還し、ホークスが1点を先制します。
先制点の援護を貰ったホークスの先発・武田は、初回に阪神先頭の西岡を投手ゴロに打ち取ると、上本を見逃し三振に仕留め、鳥谷を投手ゴロに退け、上位打線を3者凡退に抑える上々の立ち上がり。2回にはゴメスを3球三振に切って取ると、マートンを2塁ゴロに打ち取り、この回も3者凡退。3回は下位打線を簡単に抑え、序盤3回を投げ、阪神打線をパーフェクトに抑えます。
ホークス1点リードの4回、ホークスは1死走者無しの場面で、4番・イデホが能見の初球スライダーを狙い打ち!レフトへ舞い上がった打球は、そのままスタンドへと吸い込まれた!4番・イデホの日本シリーズ第1号ホームランが飛び出し、ホークスが2-0とリードを拡げ。
ホークス先発・武田は、4回と5回も3者凡退に打ち取り、5回までランナーを1人も出さない快投を見せます。6回、鶴岡一の代打・伊藤隼太を2塁ゴロ、大和を2塁ゴロで、簡単に2アウトを取ります。しかし、能見の代打・狩野恵輔にレフト前ヒットを浴び、初めてランナーを背負う。ここは後続を抑えたいところだったが、西岡にスライダーを狙われ、ライト線へのタイムリー2塁打を打たれて1点を失う。
2-1とホークス1点リードで終盤に入り、武田は7回に先頭打者の鳥谷に内野安打を打たれ、ゴメスの場面で鳥谷が2塁への盗塁を試みたが、細川が鳥谷を刺殺!ゴメスに四球を与えて再び走者を背負ったが、マートンと福留を打ち取り、阪神の反撃を許さず。
その後、8回は2番手・五十嵐亮太がランナー2人出すも無失点で切り抜け、9回は守護神・サファテが先頭打者に出塁を許すも、2死1塁で福留をフォークで空振り三振に仕留めてゲームセット!日本シリーズ第2戦は、2-1でホークスが勝利しました。



日本シリーズ 阪神-ソフトバンク 2回戦 2014年10月26日 (日) 
(1勝1敗、甲子園、試合時間 2時間57分 / 観客数 45,259人)
H 100 100 000  2
T 000 001 000  1
勝利投手 [ソ] 武田 (1勝0敗0S)
敗戦投手 [神] 能見 (0勝1敗0S)
セーブ [ソ] サファテ (0勝0敗1S)
本塁打 [ソ] 李大浩 1号(4回表ソロ)


甲子園での第2戦は、ホークスが初回に能見投手の立ち上がりを攻め立て、わずか5球で先制点をもぎ取り、4回にはイデホ選手のソロ本塁打が生まれました。投げては武田投手が6回2アウトまでパーフェクトに抑える快投を披露。終盤は五十嵐投手とサファテ投手の必勝リレーで逃げ切りました。連敗の不安もありましたが、武田投手がよく頑張ってくれました。前夜のリベンジを果たしたホークス、対戦成績も1勝1敗の五分。28日からの福岡ヤフオクドームでの3連戦が楽しみです。
先発の武田投手は、7回まで108球を投げて、被安打3・5奪三振・1四死球・1失点の内容。初回から5回まで阪神打線を3者凡退に抑え続け、6回も2アウトまでこぎつけたものの、狩野選手に初安打を許し、西岡選手にタイムリーを浴びて1点を失いました。まさかの日本シリーズ完全試合が起きるかと思ったけどねえ…。それでもシリーズ初登板で堂々としたピッチングを見せました。ゴメス&マートンの外国人コンビに仕事させなかったのも大きいと思います。
打線の方はチーム全体で7安打。先制打を放った内川選手は、この試合チーム唯一の2安打。初回のヒットは、内角のストレートを上手く引っ張りました。6回にはセンターへ2塁打を放っております。4回のイデホ選手のホームランは、滞空時間が長かったですね~。イデホは初戦に犠牲フライで1打点挙げており、これで2試合連続で打点をマークしております。

第2戦を終えて対戦成績は1勝1敗。28日からはホークスの本拠地・ヤフオクドームに舞台を移して行われます。パリーグ主催試合ではDH制が導入されるので、パリーグCSのMVP選手・吉村裕基選手がスタメンに入ると思われます。甲子園では2戦合計で4点しか取れてないけど、福岡で打線が爆発するか期待したいです。投手陣では、左のエース・大隣憲司投手、中田賢一投手、不振に喘ぐ攝津正投手が登板予定。今後の試合も厳しい試合が予想されるけど、チーム一丸で日本一を勝ち取ってもらいたいです!




にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ 




驚異の3分1秒0!トーホウジャッカルがJRAレコードで菊花賞を制す!

2014年10月26日 | 競馬

3歳牡馬クラシックの最終戦・第75回菊花賞(GⅠ・芝3000m 18頭立て)が26日、京都競馬場で行われました。日本ダービーとの2冠を狙う⑮ワンアンドオンリー、春の巻き返しに燃える⑭トゥザワールドと⑦トーセンスターダム、神戸新聞杯2着の④サウンズオブアース、3着の②トーホウジャッカル、さらにはダービー4着⑫タガノグランパ、夏の上がり馬⑩ゴールドアクター、⑯サトノアラジン、⑥ショウナンラグーンなどがクラシック最後の1冠獲りに参戦しました。



単勝の上位人気は、1番人気がワンアンドオンリー(2.4倍)、2番人気トゥザワールド(5.3倍)、トーホウジャッカルが3番人気(6.9倍)。4番人気以降は、サウンズオブアース(8.6倍)、トーセンスターダム、ショウナンラグーン、ゴールドアクター、⑨ハギノハイブリッドと続きました。
ばらついたスタートで始まったこのレース、1周目向正面での先行争いで、好スタートを切った③サングラスが先手を奪い、⑤シャンパーニュが2番手、①マイネルフロストが3番手追走。トーホウジャッカル5番手、トゥザワールド6番手、サウンズオブアースは7番手。そしてワンアンドオンリーは中団の8番手からレースを進めます。4コーナーからスタンド前に入り、サングラスが先頭、トゥザワールドはゴールドアクターと並走、トーセンスターダムは中団より後ろに控え、ショウナンラグーンは15番手、サトノアラジン最後方でゴール板を通過した。
縦長の状態で1コーナーを回り、サングラスが依然としてレースを引っ張り、シャンパーニュ2番手、フロスト3番手、トゥザワル4番手。5番手にジャッカル、その後ろの6,7番手にアクターとワンオンが並ぶ。中団グループには、⑧ワールドインパクトとハギノハイブリッド、サウンズは内ラチ沿いの10番手。11番手⑰ヴォルシェーブ、12番手タガノグランパ、アラジンが最後方からポジションを上げる。スターダムは14番手、その後ろの15番手にラグーンが追う。後方は⑱メイショウスミトモ、⑬ミヤビジャスパー、⑪アドマイヤランディと続く。
外回り3コーナーに差し掛かり、下り坂のところで今度はシャンパーニュが先頭。トゥザワールドとトーホウジャッカルが3番手で並び、外で回るワンアンドオンリーはトゥザワルにぴったりマーク。最内からサウンズオブアースも来ている。4コーナーから最後の直線コースに入り、マイネルフロストが前に出るが、外からトーホウジャッカル、内からサウンズオブアースが追う。ワンオンは今回伸びてこない!もはや万事休すだ!トゥザワルはずるずると後退している。残り200mでジャッカルとサウンズが抜け出し、ジャッカルが先頭、サウンズが内から懸命に追いかけるも、トーホウジャッカルが先頭でゴールイン!サウンズオブアースとのマッチレースをを制したトーホウジャッカルが最後の1冠を奪取!ワンアンドオンリーは馬群に沈んだ…。


菊花賞 全着順&払戻金
1着②トーホウジャッカル  3分01秒0(レコード)
2着④サウンズオブアース   1/2馬身
3着⑩ゴールドアクター    3馬身1/2
4着⑫タガノグランパ      3/4馬身
5着⑥ショウナンラグーン    クビ
6着⑯サトノアラジン      1/2馬身
7着①マイネルフロスト    1馬身1/4
8着⑦トーセンスターダム    アタマ
9着⑮ワンアンドオンリー   1/2馬身
10着⑧ワールドインパクト    ハナ
11着⑰ヴォルシェーブ    1馬身1/4
12着⑨ハギノハイブリッド   3/4馬身
13着⑬ミヤビジャスパー    3/4馬身
14着⑱メイショウスミトモ   5馬身
15着⑤シャンパーニュ    3馬身1/2
16着⑭トゥザワールド     7馬身
17着⑪アドマイヤランディ  1馬身1/4
18着③サングラス       大差

単勝 ② 690円
複勝 ② 280円 ④ 270円 ⑩ 520円
枠連 [1]-[2] 2310円
馬連 ②-④ 2640円
馬単 ②-④ 4470円
ワイド ②-④ 950円 ②-⑩ 1940円 ④-⑩ 2160円      
3連複 ②-④-⑩ 13340円        
3連単 ②-④-⑩ 59220円



3歳クラシック最終戦・菊花賞は、単勝3番人気のトーホウジャッカルが、3分1秒0のJRAレコードタイムを叩き出して優勝しました。道中は5番手辺りを走行し、4コーナーで先頭争いに加わり、残り300mのところで先頭に立ち、内で追いかけるサウンズオブアースの追撃を抑えました。サウンズオブアースは半馬身及ばず2着、3着争いはゴールドアクターが入りました。
1番人気に推されていたワンアンドオンリーは、9着に終わり2冠ならず。終始外を回され、直線で伸び脚を欠きました。先週の秋華賞でもヌーヴォレコルトが2着に敗れており、ハーツクライ産駒は京都コースが苦手だとわかりました。父親は京都で4戦2勝なんですが…。2番人気だったトゥザワールドは16着惨敗。レース後に川田将雅騎手が下馬していたので、何か怪我したのではないかと疑ってしまいましたが、大事には至らなかったようです。でも、この負け方は酷いです。
勝ったトーホウジャッカルはこれがGⅠ初制覇で、重賞2回目の挑戦で初勝利。鞍上の酒井学騎手は、同レース初勝利で、2012年のジャパンカップダート以来となるJRA・GⅠ2勝目を果たしました。同馬を管理する谷潔調教師はGⅠ初勝利。スペシャルウィーク産駒はクラシック初勝利。父は16年前(1998年)のレースで2着に敗れました。
トーホウジャッカルは生まれたときからたくさんの苦難がありました。東日本大震災が発生した2011年3月11日に生まれ、2歳の夏に腸炎を患って生死を彷徨いました。腸炎の影響でデビューが大きくずれ込み、ダービー前日の5月31日の未勝利戦でようやくデビューを果たしましたが、結果は18頭中10着。3戦目で未勝利を脱出すると、500万下のレースにも勝って2連勝。その後は玄海特別で2着、神戸新聞杯で3着に入って菊花賞の切符を掴み、迎えたこの大一番でダービー馬を一蹴してのレコードV。様々な試練を乗り越え、デビューから149日目で栄冠を勝ち取りました。本当に「奇跡の馬」としか言いようがありません。
ジャッカルの今後は未定ですが、年内にもう1走すると思います。ジャパンカップか有馬記念でもう一度奇跡を起こせるでしょうか?


来週・11月2日は、東京競馬場で秋の中距離王決定戦・第150回天皇賞・秋が行われます。GⅠ6勝を誇る名牝・ジェンティルドンナ、春の天皇賞馬・フェノーメノ、今年の皐月賞馬・イスラボニータ、昨年の菊花賞馬・エピファネイア、サマー2000シリーズ王者・マーティンボロ、デニムアンドルビー、トーセンジョーダン、ヒットザターゲット、カレンブラックヒル、サトノノブレスなど豪華メンバーが揃い踏み。イスラボニータは古馬初対戦、ジェンティルはGⅠ7勝目、フェノーメノは春秋連覇がかかっています。今年の秋天は一体どうなる!?






にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ 




マキシマムザホルモンのネットーク 2014年5月編④

2014年10月25日 | マキシマムザホルモン
マキシマムザホルモンのダイスケはんとナヲちゃんがMCを務める「モンスターロック」がお届けするWEB限定番組「ネットーク」。まだまだ視聴者からのメール紹介は続きます。


④エゾガウラーさん
「ナヲさんにアドバイスをいただきたくメールします。
独身肉食アラサーの私、いま結婚願望無し装飾男子と遠距離に…。自然消滅確定!恋愛非リア充に…。仕事中は女を捨て髪の毛を振り乱してノーメイクで走り回っております。
私の幸せのベクトルの方向は、ライブのほかに『懸賞』です。先日、約5年分の懸賞当選金額を計算したら、約44万7,710円でした。100万円めざし、懸賞達人にオレはなる!
いつか『肉食系彼氏を懸賞でゲットしたいわぁ…』という無謀な妄想野望あり。このまま突っ走ってもいいでしょうか?」
懸賞にハマッている独身女性さんからのお悩み相談が来ました。「100万円を目指す」と宣言されてますが、5年間で約45万円分の懸賞を当てただけでも大したもんですよ。私も何度か懸賞に挑戦してるけど、なかなか当たらないっすよお。そういえば昔、「なすび」さんが挑戦していた「電波少年的懸賞生活」という企画がありましたね。

ダイスケはんが小学生だった頃、小学館の「小学六年生」の懸賞コーナーで、東京ドームをモチーフとした「BIG EGG野球盤」を当てたそうです。その商品は3人に当たるんですが、その中の1人に選ばれたんだとか。今では「BIG EGG」という愛称は死語ですが…。野球盤が届いた時は、お母さん(光江)が大はしゃぎ。ダイちゃんはすぐに野球盤を遊び始め、いつしか「如何に消える魔球を打てるか?」を研究するようになりました。
さらにダイちゃん4歳の頃、「宇宙戦艦ヤマト」のセル画を当てたという。今も残っていれば「なんでも鑑定団」にお宝として出品できるはずだけど、度重なる引っ越しでどこかに消えてしまったらしい…。なぜ大事に保管しなかったんだ?隣で話を聞いているナヲちゃんも「もったいな~い」と言いました。ダイちゃんは「本物かなぁ?」と疑っておりますが、本物なら10万円以上するのでは?ちなみにですが、「巨人の星」のセル画27枚で約20万円、ピノキオのセル画だと200万円の値が付きました!

一方のナヲちゃんは、TVK(テレビ神奈川)の番組のプレゼントで「すかんち(ローリー寺西のバンド)のサイン入りTシャツ」を当てたという。それにユニコーンのラジオ番組で、投稿したハガキが読まれたことを自慢にしていました。その時のペンネームは「古墳で興奮」だったと思います。それ、前にホルモンのラジオで話してなかったか?
あと、伊集院光さんのラジオ(Oh!デカナイト)の「オールシロウト親子対抗歌合戦」で、ナヲちゃんとキャサリン令子が親子で生出演。1回目に出演した時の歌が上手だったので、スタッフさんに「X-JAPANのTOSHIさんがゲストで来るので、『ENDLESS RAIN』を歌ってもらえませんか」と頼まれた。それからと言うと、ナヲちゃんとキャサリンはカラオケボックスで『ENDLESS RAIN』を練習。TOSHIさんが登場した当日、『ENDLESS RAIN』のイントロが流れ、伊集院さんが「さあ始まりますよ!」と指示を出すと、キャサリンは「えっ、何?」と返答。歌い始めのところでTHE ENDを迎えてしまったのでした…。あの時、受話器の向こう側にいるTOSHIさんに緊張してしまったのでしょうか?


以上、ネットーク5月編その4でした。




にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ 




プロ野球ドラフト会議2014 

2014年10月24日 | Sports

プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が23日、東京・グランドプリンスホテル新高輪で行われました。今回で50回目となるドラフト会議、今年は済美高校のエース・安楽智大投手、早稲田大学・有原航平投手、2013年の甲子園優勝投手・高橋光成投手(前橋育英)の3選手に注目が集まりました。果たして獲得した球団はどこなのか?



1巡目の指名で、早大・有原投手には横浜DeNA、日本ハム、阪神、広島の4球団が1位指名。済美・安楽投手にはヤクルトと楽天の2球団が競合。交渉権を決める抽選は、有原投手の交渉権は日ハムが、安楽投手の交渉権は楽天が獲得しました。一方、高橋光成投手は西武が単独で指名。セリーグ王者の巨人は、高校通算73本塁打の強打者・岡本和真選手(奈良・智弁学園)、パリーグ王者・福岡ソフトバンクは、「大谷翔平2世」の異名を持つ松本裕樹投手(岩手・盛岡大付属)、日本シリーズに出場する阪神は横山雄哉投手(新日鉄住金鹿島)を指名しました。

12球団の1位指名選手一覧
・ヤクルト 竹下真吾投手(ヤマハ)
・DeNA 山崎康晃投手(亜大)
・中日 野村亮介投手(三菱日立パワーシステムズ横浜)
・広島 野間峻祥外野手(中部学院大)
・阪神 横山雄哉投手(新日鉄住金鹿島)
・巨人 岡本和真内野手(智弁学園)
・楽天 安楽智大投手(済美)
・西武 高橋光成投手(前橋育英)
・ロッテ 中村奨吾内野手(早大)
・日本ハム 有原航平投手(早大)
・オリックス 山崎福也投手(明大)
・ソフトバンク 松本裕樹投手(盛岡大付)

今年の1巡目指名は、6球団が単独指名を実施。高校生が4人、大学生5人、社会人3人が指名を受けました。早稲田大学からは有原投手のほかに、中村選手がロッテから1位指名されました。それにしても、安楽投手といい、有原投手といい、高橋投手といい、実力あるピッチャーがみんなパリーグに行っちゃいましたねえ。
抽選のシーンでは、楽天と日ハムのくじ運の強さが光りました。楽天の立花陽三球団社長は、昨年のドラフトでも松井裕樹投手を引き当てましたね。一方で、阪神は抽選で2連敗。「外れ1位」で山崎康晃投手を指名するも、DeNAと重複し、抽選で中畑監督に負けましたな。


さてさて、気になる福岡ソフトバンクホークスの今年のドラフト指名選手は次の通りです。
1位・松本裕樹投手(盛岡大付)
投げては最速150キロのストレート、打っては高校通算57本塁打の「二刀流プレーヤー」ですが、プロでは投手一本で勝負。右肘に不安を抱えていますが、王貞治球団会長は「医学は進歩しているから、本来のピッチングができるはず」と期待を寄せています。

2位・栗原陵矢捕手(福井・春江工業)
今年のU-18アジア選手権で「U-18日本代表」のキャプテンを務めた選手。強肩とキャッチングのよさに定評あり。球団HPによると「将来の正捕手候補として期待されている」とのこと。

3位・古澤勝吾内野手(九州国際大学付属高校)
今年の夏の福岡大会の5回戦でサイクル安打を達成したという選手。

4位・笠谷俊介投手(大分商業高等学校)
身長174センチの小柄の左腕投手。高校2年の時には甲子園に出場した経験を持つ「九州No.1サウスポー」。

5位・島袋洋奨投手(中央大学)
沖縄・興南高校時代に「トルネード投法」で旋風を巻き起こし、3年生(2010年)のときは甲子園春夏連覇を果たしました。しかし、中央大学に進学後は肘の違和感に悩まされ、通算12勝19敗と黒星先行。高校時代の輝きを取り戻せば、「次世代の左のエース」となるのだが…。


今年のホークスは5人が指名され、そのうち高校生が4人も占めました。メンバーを見る限り、将来性を重視したドラフトといえるでしょう。松本投手は数年後には先発ローテーションの一角に入るだろうし、島袋投手は完全復活が待たれます。指名を受けた選手たちの中から、1軍の中心選手として活躍する選手が出てくることを期待しています。



にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ 



トラックバック (2)

パリーグCSファイナルステージ最終戦!福岡ソフトバンクホークス、3年ぶりの日本シリーズ進出だ!

2014年10月21日 | HAWKS

パリーグクライマックスシリーズ・ファイナルステージ「福岡ソフトバンクホークスVS北海道日本ハムファイターズ」、ホークス王手で迎えた19日の第5戦は、ホークスが2回に日ハム先発・大谷翔平から4点を奪うも、中継ぎ陣が打たれて同点に追いつかれ、延長11回に守護神・サファテが2点を失い、4-6の逆転負け。これで対戦成績も3勝3敗の五分となり、勝負は20日の第6戦まで持ち込まれました。日本シリーズ出場権をかけた運命の最終決戦、ソフトバンク・大隣憲司VS日ハム・上沢直之の先発で始まりました。


両チームのスタメン
  ソフトバンク       日本ハム
1(中)柳田悠岐     (右)西川遥輝
2(二)明石健志     (二)中島卓也
3(左)内川聖一     (中)陽  岱鋼
4(一)李  大浩     (左)中田  翔
5(三)松田宣浩     (一)小谷野栄一
6(右)中村  晃     (指)ミランダ
7(指)吉村裕基     (三)近藤健介
8(遊)今宮健太     (遊)大引啓次
9(捕)細川  亨     (捕)市川友也
 (投)大隣憲司     (投)上沢直之



ホークス先発大隣は、1回に1死から中島にヒットと盗塁を許し、1死2塁と得点圏にランナーを背負う。しかし、陽岱鋼を直球で見逃し三振に仕留めると、続く4番・中田翔を捕手フライに打ち取り、立ち上がりのピンチを脱します。2回にはミランダと近藤から三振を奪って3者凡退、3回は先頭打者の大引にヒットを浴びたが、後続を抑えて先制を許さず。
大隣を援護したいホークス打線ですが、初回は上位打線が3者凡退に倒れ、2回はイデホがヒットを打って出塁したが、後続が次々と倒れる。3回は細川がレフト前ヒットを放ち、柳田が日ハム先発・上沢のチェンジアップをセンターへ弾き返すも、中堅手・陽岱鋼のスライディングキャッチに阻まれる。さらに1塁走者が飛び出してしまい、戻れずダブルプレー。ホークスは3回まで日ハム先発・上沢の前に1点が取れません。
4回、大隣が1死から中田にヒットを許すが、小谷野をレフトフライ、ミランダを内野ゴロに打ち取り0点に抑える。その裏、ホークスは先頭の明石がレフト線を破る2塁打を放つ。無死2塁で内川が上沢の初球ストレートを流し打ち!打球はライト前に転がり、2塁走者・明石が3塁を蹴って一気にホームイン!打った内川は2塁まで進む。内川のライト前タイムリーで1点を先制したホークスは、2死後に中村が四球を選び、2死1,3塁で吉村が日ハム2番手・鍵谷陽平の4球目の直球を打ち上げ、ライト方向へ詰まった打球は、右翼手・西川の前にポトリと落ちた!吉村のライト前タイムリーヒットで1点追加!この回は2本のタイムリーで2点を奪った!
5回、大隣はヒットと四球の走者を出し、2死1,2塁のピンチを背負ったが、西川を見逃し三振に切り取り、日ハムの反撃のチャンスを防ぐ。するとその直後、ホークス先頭の細川が、鍵谷の2球目のストレートを狙い撃ち!レフトへ舞い上がった打球は、そのままスタンドに吸い込まれた!伏兵・細川の値千金のソロ本塁打が飛び出し、ホークスが3-0とリードを拡げます!
好投を続ける大隣は、6回に陽岱鋼に2塁打を浴びるも、続く中田翔を見逃し三振に退ける。7回もヒットのランナーを出したものの、後続を抑えて得点を与えず。大隣は7回無失点の快投で見せてマウンドを降りました、
3点リードで迎えた8回、ホークスは明石がライト前ヒットを打つと、内川の場面で2塁への盗塁を決めると、2塁ゴロの間に3塁まで進む。1死3塁でイデホが日ハム4番手・白村明弘の3球目をライトへ弾き返し、右翼手・西川がキャッチできず。明石生還で4点目。イデホのタイムリー2塁打でホークスに大きな1点が入りました。
4-0で迎えた9回、守護神・サファテが登板。これが最後の打席となる代打・稲葉篤紀をファウルフライに打ち取りますが、2死2塁で大野奨太を投手ゴロに打ち取ったかと思ったら、打球はサファテの頭を超えると、サファテ1塁悪送球。この間にランナーが生還して1点を失う。さらに西川にヒットを許し、1,2塁とホームランで同点のピンチを迎えます。しかし、西川を遊撃ゴロ→遊撃手・今宮が2塁に送球して3アウト!最終戦は4-1でホークスが勝利し、日本シリーズ出場を決めました!



◇パ・クライマックス・ファイナルステージ   2014年10月20日 (月)
 ソフトバンク-日本ハム第6戦 (3勝3敗、20日・ヤフオクドーム、試合時間 3時間24分 / 観客数 38,561人)
F 000 000 001  1 
H 000 210 01×  4
(ソフトバンクには1勝のアドバンテージがある。ソフトバンクは日本シリーズ出場決定)
勝利投手 [ソ] 大隣 2試合1勝
敗戦投手 [日] 上沢 1試合1敗 
本塁打  [ソ] 細川 1号(6回裏ソロ)
【バッテリー】
[日]上沢、鍵谷、谷元、白村-市川、大野
[ソ]大隣、五十嵐、サファテ-細川


ソフトバンクVS日本ハムのCSファイナルステージ最終決戦は、ホークスが4回に2点を先取、5回には細川選手のソロ本塁打で突き放し、8回にはイデホ選手のダメ押しタイムリーも生まれました。投げては大隣投手が7回無失点に抑える見事なピッチングを見せてくれました。レギュラーシーズン同様、CSも最後までもつれ込む苦しい戦いでしたが、なんとか日本シリーズ進出決定です。日曜日に逆王手をかけられたときは「また下克上されるかも」と思いましたが、無事に突破できてよかったし、ホークスの2014年シーズンがまだ見られるのが嬉しいです。
先発の大隣投手は、7回まで99球を投げ、被安打6・6奪三振・1四死球・無失点。3者凡退に抑えたのは2回のみで、それ以外は毎回ランナーを出しましたが、うまく切り抜けました。オリックスとの「10.2決戦」、15日のファイナル初戦は好投しながらも勝ち星がつきませんでしたが、今回ようやく白星がつきました。秋山監督も「7回まで必死に投げて、結果を残してくれて頭が下がる」と絶賛。大隣投手、あなたこそホークスの左のエースです。
打線の方はチーム全体で8安打。8回にタイムリーを打ったイデホ選手、細川選手、明石選手の3人が揃って2安打の複数安打。細川選手は5回に貴重なソロ本塁打を放ち、守備でも巧みなリードで大隣投手をアシスト。このシリーズでも打率.429の好成績を残しました。そして、2回に2点目のタイムリーを打った吉村選手が、シリーズMVPを獲得。吉村選手は初戦でサヨナラタイムリーを打つと、第5戦では大谷投手から2点タイムリーを放ち、この試合でも1打点を挙げ、6試合で6打点と大活躍でした。日本シリーズでも勝負強い打撃に期待したいです。

CS突破を果たしたホークス、25日から開幕する日本シリーズで、セリーグ代表・阪神タイガースと日本一をかけてを戦います。阪神はCSファーストステージで広島に勝つと、ファイナルではセリーグ王者・巨人に4連勝しました。阪神は打線も好調で、巨人を倒した勢いがあるので、とても手強い相手となりそう。阪神とは今季交流戦で2勝2敗の五分。
シリーズの日程は、第1戦の25日と第2戦・26日は阪神甲子園球場、第3戦・28日からは福岡ヤフオクドームで3連戦を行い、11月1日・2日は再び甲子園で行われる予定です。日本シリーズで阪神を倒して日本一、そして秋山監督に有終の美を!待ってろ阪神!




にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ 




ショウナンパンドラが牝馬最後の一冠をGET!最優秀3歳牝馬はどうなる!?

2014年10月20日 | 競馬

3歳牝馬三冠レースの最終戦・第19回秋華賞(GⅠ・芝内回り2000m 17頭立て)が19日、京都競馬場で行われました。当初は18頭立ての予定でしたが、⑬パシフィックギャルが馬場入場後に右肩跛行を発症して競走除外となり、17頭で争われました。凱旋門賞に挑戦したハープスターが不在の今年の秋華賞は、オークス馬④ヌーヴォレコルトが牝馬2冠なるか注目が集まりました。ヌーヴォのほかにも、昨年の2歳女王⑧レッドリヴェール、雨の紫苑ステークスで勝利した②レーヴデトワール、同レース2着の⑥ショウナンパンドラ、ローズステークス2着⑫タガノエトワール、オークス3着③バウンスシャッセ、ブエナビスタの妹⑭サングレアル、デビュー2連勝した後、骨折で春シーズン全休の⑯オメガハートロックなどが参戦しました。


単勝オッズは、ヌーヴォレコルトが単勝1.5倍と圧倒的1番人気に支持され、レッドリヴェールが2番人気(7.2倍)。1ケタ台はこの2頭のみ。3番人気以降は、ショウナンパンドラ、タガノエトワール、①ブランネージュ、レーヴデトワール、バウンスシャッセ、⑤マーブルカテドラルと続きました。
スタンド前でのスタートで、オメガハートロックが出遅れる。先行争いで⑪ペイシャフェリスが押しながら先手を取り、バウンスシャッセと⑰リラヴァティも先行策。ショウナンパンドラは中団に控え、ヌーヴォレコルトとレッドリヴェールは中団より後ろの位置でゴール板を通過。
1コーナーから向正面に出て、ペイシャフェリスが単独で飛ばし、リラヴァティが2番手、3番手に⑮ハピネスダンサー。バウンスシャッセとレーヴデトワールが4,5番手で並走。6番手にマーブルカテドラル、ブランネージュはその後ろの7番手。8番手に⑩マイネグレヴィル。前の集団から離れた中団の9番手にショウナンパンドラが追走。パンドラの後ろの10番手にタガノエトワール。ヌーヴォレコルトは11番手、12番手⑦ディルガ、インコースの13番手にレッドリヴェールが追う。後方は⑨アドマイヤビジン14番手から押し上げ、サングレアル15番手、16番手にオメガハートロック、最後方に⑱セウアズール。
縦長の状態で内回り3コーナーに差し掛かり、ペイシャがまだ先頭キープ。バウンス・ハピネス・リラヴァティの3頭が2番手集団を形成し、デトワールが単独5番手。パンドラが内から追い上げ始め、ヌーヴォは外に持ち出し、リヴェールはまだ馬群の中。最後の直線に入り、リラヴァティが一旦先頭に立つが、外からエトワール、内からショウナンパンドラが伸びてきた。さらに大外からヌーヴォレコルトがやってきた!レッドリヴェールとサングレアルも追い上げているが、届きそうもない。ラスト100mでパンドラが抜け出し、ヌーヴォが差を詰めるが、パンドラが押し切ってゴールイン!ショウナンパンドラがヌーヴォレコルトの2冠を阻止し、最後の牝馬1冠を手にしました!


秋華賞 全着順&払戻金
1着⑥ショウナンパンドラ  1分57秒0
2着④ヌーヴォレコルト    クビ
3着⑫タガノエトワール   1馬身1/4
4着①ブランネージュ     クビ
5着⑮サングレアル     1馬身1/2
6着⑧レッドリヴェール   1馬身1/4
7着③バウンスシャッセ   クビ
8着⑰リラヴァティ      4馬身
9着⑦ディルガ        ハナ
10着⑱セウアズール    クビ
11着⑯オメガハートロック  2馬身1/2
12着⑨アドマイヤビジン   1馬身3/4
13着②レーヴデトワール   アタマ
14着⑮ハピネスダンサー   1馬身1/4
15着⑪ペイシャフェリス   3馬身1/2
16着⑤マーブルカテドラル  3/4馬身
17着⑩マイネグレヴィル   8馬身
除外⑬パシフィックギャル

単勝 ⑥ 1010円
複勝 ⑥ 200円 ④ 110円 ⑫270円
枠連 [2]-[3] 520円        
馬連 ④-⑥ 630円
馬単 ⑥-④ 2050円
ワイド ④-⑥ 290円 ⑥-⑫ 1370円 ④-⑫ 400円
3連複 ④-⑥-⑫ 1940円
3連単 ⑥-④-⑫ 12790円
※13番絡みの馬券(単勝・複勝・馬連・馬単・ワイド・3連複・3連単)は返還。


牝馬3冠の最後の1冠をかけた戦いは、ペイシャフェリスの逃げにより、前半1000m・58.0秒というハイペースの競馬となり、ラストの直線でショウナンパンドラがインを突いて抜け出し、外から追い込んできたヌーヴォレコルトをクビ差抑えて優勝しました。優勝タイム・1分57秒は、秋華賞レコードであり、京都2000mのコースレコード(1分56秒8)にわずか0.2秒に迫る好タイムです。断然の1番人気だったヌーヴォレコルトは2着に敗れてオークスとの2冠ならず。4コーナーのところでマーブルカテドラルにぶつけられてましたね。3着にはタガノエトワールが入りました。2番人気のレッドリヴェールは6着に終わりました。
勝ったショウナンパンドラは、今回の勝利で通算3勝目。重賞レースは2度目の挑戦で初勝利、しかもGⅠで飾りました。鞍上の浜中俊騎手は同レース初勝利で、今年5月のNHKマイルカップ以来となるJRA・GⅠ4勝目。また、このレースで年間100勝目を達成。年間100勝&GⅠ勝ちとダブルでおめでたい1日となりました。パンドラを管理する高野友和調教師は、重賞初勝利&GⅠ初勝利。2011年に厩舎を開業し、4年目でGⅠ馬を輩出しました。
ショウナンパンドラは父がディープインパクトで、ステイゴールドを叔父に持つという両血馬。素質を期待されながらも、春先は1番人気の期待に応えられないレースが続き、桜花賞とオークスに出走できず。夏には新潟遠征を行い、糸魚川特別で同世代の牡馬と先輩牝馬を一蹴。そしてこの秋華賞でようやく両血を開花させました。

さて、3歳牝馬の3冠レースが終了し、桜花賞はハープスター、オークスはヌーヴォレコルト、秋華賞はショウナンパンドラが勝利。ヌーヴォが秋華を勝てば、最優秀3歳牝馬争いから一歩リードになるところでしたが、パンドラが勝ったことで俄然わからなくなりました。今後については、ハープがジャパンカップに参戦することが決定済み、パンドラはエリザベス女王杯に向かい、ヌーヴォはエリ女とJCの両睨みか?「3歳牝馬№1」の座は、今後の結果次第となりそうです。


来週も京都競馬場でGⅠ開催。今度は3歳牡馬クラシックの最終戦・第75回菊花賞が行われます。日本ダービー馬・ワンアンドオンリー、セントライト記念2着のトゥザワールド、神戸新聞杯2着のサウンズオブアース、3着のトーホウジャッカル、さらにはトーセンスターダム、タガノグランパ、サトノアラジン、札幌で2連勝したゴールドアクター、ショウナンラグーン、ヴォルシェーブなどが登録しております。3000mの長距離戦の菊花賞、ワンオンは2冠を獲れるのか?



にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ 


パリーグCSファイナルステージ第4戦  ホークスが連敗脱出で日本シリーズ進出に王手!

2014年10月19日 | HAWKS

福岡ヤフオクドームで行われている「2014 パリーグクライマックスシリーズ ファイナルステージ 福岡ソフトバンクホークスVS北海道日本ハムファイターズ」は、第3戦を終えて2勝2敗の五分。3年ぶりの日本シリーズ出場を目指すホークスですが、初戦逆転サヨナラ勝ちの後に2連敗。17日の3戦目は3-12の大敗を喫してしまいました。シリーズの流れは日ハムに傾きかけている状態です。2勝2敗の五分で迎える第5戦、ホークスは日本シリーズ進出に王手をかけられるか?



両チームのスタメン
  ソフトバンク       日本ハム
1(中)柳田悠岐     (右)西川遥輝
2(二)明石健志     (二)中島卓也
3(左)内川聖一     (中)陽  岱鋼
4(一)李  大浩     (左)中田  翔
5(三)松田宣浩     (一)小谷野栄一
6(右)中村  晃     (指)ミランダ
7(指)吉村裕基     (三)近藤健介
8(遊)今宮健太     (遊)大引啓次
9(捕)細川  亨     (捕)大野奨太
 (投)中田賢一     (投)木佐貫洋



1回、ホークス先発の中田賢が、日ハム先頭の西川にショートへの内野安打を許すと、送りバントで1死2塁のピンチを招きます。しかし、陽岱鋼をストレートで空振り三振を奪うと、4番・中田翔にはスライダーで空振り三振に切り取り、初回のピンチを切り抜けます。その裏のホークスは、先頭の柳田が、日ハム先発・木佐貫の4球目のストレートを捉え、ライトへ上がった打球はスタンド最前列に飛び込む!柳田の先頭打者ホームランが飛び出し、ホークスが1点を先取します。
2回、中田賢が1死から3連続四球で満塁のピンチを背負い、大野に直球を弾き返され、ライト前タイムリーを浴びて1-1の同点とされる。なおも満塁とピンチが続いたが、西川を三振、中島を内野ゴロに打ち取り、勝ち越しを許しません。
ホークスは2回裏、先頭の松田がレフトへの2塁打で出塁すると、中村の犠打で1死3塁と勝ち越しのチャンス。この場面で吉村が木佐貫のフォークを叩き、レフト前タイムリーヒットで2-1と勝ち越しに成功。3回には2死から明石と内川の連続ヒット、イデホの四球で満塁のチャンスを作り、松田が日ハム2番手・メンドーサからセンター前ヒット。ランナー2人が生還し2点を追加。4-1とリードを拡げます。
5回、中田賢が四球とヒットでランナー2人背負うと、犠打で1死2,3塁とされ、陽岱鋼の内野ゴロの間に1点を返される。この後、中田翔の四球で2死1,3塁とホームランで逆転のピンチを迎えたが、小谷野をフォークボールで空振り三振に仕留め、日ハムの反撃を1点に抑え、勝ち投手の権利を得て降板します。
追加点が欲しいホークスは、5回裏に内川のヒット、松田の2塁打、中村の敬遠四球で1死満塁のチャンスでしたが、吉村が遊撃ゴロ併殺打に打ち取られて無得点…。
チャンスを逸した直後の6回表、2番手の岡島秀樹がヒットと四球の走者を出すと、3番手の森福允彦が西川に四球を与えて2死満塁とされたが、中島を空振り三振に退け、何とか0点に抑える。
そして7回裏、先頭の明石がレフト前ヒットで出塁すると、内川の場面で2塁への盗塁を成功させる。内川は内野ゴロで倒れるも、明石は3塁に進み、1死3塁でイデホが日ハム4番手・カーターからレフトへの犠牲フライ。3塁走者が生還し、ホークスに大きな追加点となる5点目が入ります。
その後は8回に五十嵐亮太、9回にサファテが登板し、ともに0点に抑えてゲームセット。ホークスが連敗を止め、5-2で逃げ切り勝ちを収めました。



◇パ・クライマックス・ファイナルステージ 2014年10月18日 (土) 
ソフトバンク-日本ハム第4戦 (2勝2敗、ヤフオクドーム、試合時間 4時間20分 / 観客数 31,647人)
F 010 010 000  2 
H 112 000 10×  5
勝利投手[ソ] 中田  1試合1勝
敗戦投手[日] 木佐貫 1試合1敗
セーブ [ソ] サファテ 1試合1S
本塁打 [ソ] 柳田 1号(1回裏ソロ)
【バッテリー】
[日] 木佐貫、メンドーサ、谷元、アンソニー・カーター、白村-大野、市川
[ソ] 中田、岡島、森福、森、五十嵐、サファテ-細川



パリーグCSのファイナルステージ第4戦は、柳田選手の先頭打者アーチでホークスが先制し、2回に一旦は同点とされるもすぐさま勝ち越し、3回と7回に追加点が生まれました。投げては先発の中田賢一投手が5回まで投げ、6回以降は投手リレーで相手の反撃を凌ぎきりました。4時間20分の長い試合を制し、今シリーズ2勝目を挙げたホークス、アドバンテージ1勝を含め、対戦成績も3勝2敗となり、日本シリーズ進出に王手をかけました!さあ、あと1勝だ!
先発の中田投手は、5回まで114球を投げ、被安打3・7奪三振・5四死球・2失点の内容で勝利投手に。4試合連続ホームラン中だった中田翔から2三振、前日2本塁打の陽岱鋼にも無安打に抑えたのが勝因だったと思います。中田投手は中日時代はCSで4勝を挙げ、今回で通算5勝目となりました。
打線の方はチーム全体で13安打。松田選手は3回の2点タイムリーヒットを含む4安打2打点、明石選手は3安打の猛打賞をマークしました。7回に犠牲フライを打ったイデホ選手は、この試合ノーヒットでしたが、2試合連続で打点を挙げております。初回に先頭打者ホームランを打った柳田選手は、自身にとってポストシーズン初ホームラン。吉村選手は2回に決勝タイムリーを打って勝負強いところを見せました。ただ、5回の満塁の場面で痛恨のダブルプレーを犯してしまいました…。
ホークスがCS突破に王手をかけて迎える19日の第5戦は、ソフトバンク・スタンリッジVS日ハム・大谷翔平の予告先発で行われます。レギュラーシーズンで11勝を挙げているスタンリッジ投手ですが、日ハム戦は6試合登板して1勝4敗と負け越しています。9月28日の試合で投げたときは、5回途中6失点でKOされてます。スタンリッジがかなり不安だ…。引き分け以上で日シリ進出が決まる第5戦は総力戦になるかもしれません。



にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ 

トラックバック (1)