日刊魔胃蹴

暑すぎてつらい。

野田佳彦新首相誕生。「どじょう内閣」で日本はどうなる?

2011年08月31日 | Weblog
菅直人首相の辞任に伴う民主党代表選挙が29日に実施され、海江田万里、野田佳彦、前原誠司、鹿野道彦、馬淵澄夫の5氏が新代表に立候補し、1回目の投票で海江田氏が143票でトップ、野田氏が102票で2位、前原氏74票で3位という結果に終わりました。海江田VS野田の決選投票では、野田氏が215票を獲得したのに対し、海江田氏は177票。これにより野田氏が逆転で新代表に選出されました。


激戦から一夜明けた30日、首班指名選挙が衆参両院の本会議で行われました。衆議院では、野田氏が308票を獲得し、谷垣禎一氏(自民)が118票、山口那津男氏(公明)21票、志位和夫氏9票、福島みずほ氏6票、渡辺喜美氏5票、平沼赳夫氏4票、小沢一郎氏1票、海江田万里氏1、鳩山邦夫氏1票、横粂勝仁氏1票という結果に。衆議院では大差の圧勝で野田氏を指名。
一方で参議院では、1回目の投票で野田氏が110票、谷垣氏が85票を獲得しましたが、投票数240票の過半数を達していなかったため、決選投票に。決選投票の結果、野田氏110票、谷垣氏107票、白票が24票。参議院でも野田氏が指名され、これにより野田佳彦氏の第95代内閣総理大臣が決定しました。
首相に指名された後、民主党内の新役員人事に取り組み、幹事長には参議院会長を務める輿石東氏、政調会長には前原誠司氏、国対委員長には平野博文元官房長官が内定しました。輿石氏を幹事長に充てる事で、民主党内の融和を図る狙いがあるとみられます。とはいえ、政権与党の幹事長に参議院議員を起用するなんて異例ですよねえ。参院のドンが衆議院議員たちと渡り合えるかどうか…。「主流派(脱小沢)」と「非主流派(小沢・鳩山派)」の対立が解消されるのか今後も気になるところです。


野田新首相は早稲田大学出身で松下政経塾の1期生。1993年の衆議院選挙で日本新党公認として初当選を果たしますが、96年に一度落選。2000年に民主党公認で出馬して復活当選。以降国会対策委員長を2度歴任し、2009年には鳩山内閣で財務副大臣、2010年には菅内閣で財務大臣を務めました。
千葉県議会時代から駅前での早朝演説を欠かさず続けたことで、党内での演説のうまさに定評があるそうです。前日の代表選の演説でも「どじょうが金魚のまねしてもしょうがない」と発言しております。「泥臭い政治」を目指す野田総理、震災復興、原発問題、デフレ脱却、超円高、日米・アジア問題、ねじれ国会など様々な課題が残されています。増税推進派でもあるので、消費税UPの可能性が高まる予感も。消費者にとっては痛手になるぞ…。
民主党が政権を取ってからもう2年が経とうとしていますが、この2年間は迷走続き。鳩山氏が9か月、菅氏が1年3か月といずれも短命に終わりました。3人目はもう背水の陣であり、正念場と言えるでしょう。野田さんも短命に終わるのか、それとも2年近く続けられるのか?政治空白が無く、スムーズに動けばいいのですが…。



にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ


トラックバック (7)

実力で掴んだ世界一!室伏広治が金メダル獲得!

2011年08月30日 | Sports

韓国・テグで開催中の「世界陸上2011」は、大会3日目の29日に男子ハンマー投げ、女子100mの決勝が行われました。ハンマー投げでは、日本が誇る鉄人・室伏広治選手がメダルを獲得できるか注目され、決勝では80mを超える投てきを連発しました。


予選で78m56cmを記録し、全体のトップで通過した室伏は、決勝1投目で80mライン手前まで投げ、79m72cmをマーク。一方、室伏のライバルであるコズムス(スロベニア)が77m50cmで2位、ポルシュ(ハンガリー)が77m26cmで3位。2投目で、コズムスが79m39で室伏の記録に迫るが、室伏は80mラインを超えるビッグスローを見せ、81m03で1回目より記録を伸ばします。3投目も80m超の投てきを見せ、81m24とさらに伸ばしてきました。
室伏を追うポルシュは、4投目に79m97を記録してコズムスを抜いて2位に浮上。しかし、わずかに80mにあと数センチ足りず。対するコズムスも80mには届かず。依然として室伏トップが続きます。室伏は5投目に3投目と同じく81m24を記録。そして最終6投目、2位のポルシュがビッグスローを放ち、80mラインを越えたが、記録は81m18cmで室伏の記録をわずかに届かず。この瞬間、室伏の金メダルが確定。室伏は最終6投目でさらなる記録更新を狙ったが、80m83で今季自己ベストならず。それでも、世界陸上で自身初の金メダルを手にしました。

室伏選手やりましたね!2004年のアテネ五輪に次いで国際大会で2つ目の金メダル獲得です。アテネの時は当初銀メダルだったんですが、首位だったアヌシュ(ハンガリー)が薬物違反で失格となり、繰り上がりで金メダルとなりました。それから7年後、今度は実力で世界の頂点を掴みました。室伏選手は世界陸上で3個目のメダル獲得、日本人選手の金メダルは1997年(アテネ大会)の女子マラソンの鈴木博美さん以来14年ぶり史上4人目、男子選手では1991年(東京大会)男子マラソンの谷口博美さん以来20年ぶりの快挙となります。
決勝では予選の勢いがそのまま持続され、1投目で80m近い投てきでライバルにプレッシャーをかけ、3投目と5投目でシーズンベストの81m24cmという記録を叩きだしました。6投中4投で80m越えと完璧な内容でしたなあ。アテネ以降はケガに悩まされ、国際舞台での表彰台から遠ざかっていましたが、テグで完全復活を果たしました。これで来年のロンドン五輪は文句無しで決定。ロンドンでは五輪2度目の金メダルに期待したいです。



このほかの競技
女子100mでは、女子短距離で79年ぶりの準決勝進出を果たした福島千里選手が登場。準決勝3組目の8レーンを走った福島選手は、スタートで好反応を見せ、他の選手たちにくらいついて見せましたが、中盤以降は伸び切れず8着でゴール。決勝の夢は断たれましたが、この大きな経験が来年以降に繋がるはずだと思います。福島選手は女子200mにも出場予定で、そこでも予選突破できるか注目です。今後の走りに期待しましょう。
決勝では、3レーンのシェリー・アン・フレーザー(ジャマイカ)と4レーンのカーメリタ・ジーター(アメリカ)が激しく競り合い、残り十メートルでジーターが抜け出して金メダル。2着争いでは8レーンから猛追したベロニカ・キャンベル(ジャマイカ)が銀メダル、ケリー・パブティステ(トリニダード・トバゴ)が銅メダル獲得。アメリカが最速女王の座を奪い返しました。

男子400m準決勝では、金丸祐三選手と義足ランナー・ピストリウス(南アフリカ)が登場しましたが、結果は両者とも敗退。
女子400m決勝は、4冠を狙うアリソン・フェリックス(米国)、前回女王サンヤ・リチャーズ(米国)、アマントル・モンショー(ボツワナ)が出場。レースはモンショーが逃げる、フェリックスが追う展開となり、残り100mでフェリックスが並びかけ、モンショーが粘り、最後は両者並んでゴール。最後まで粘ったモンショーが僅差で優勝。フェリックスは早くも4冠の道が断たれてしまいました。前回王者のリチャーズは出遅れて7着でした。
男子110メートルハードルは、劉翔(中国)、ロブレス(キューバ)、オリバー(米国)の3強が激突しましたが、ゴール後に意外な結末が待っていました。好スタートを見せたロブレスが先頭に立ったのに対し、オリバーは中盤で伸び切れず。後半になりリチャードソン(米国)、劉翔、ロブレスの3人が並んだが、最後のハードルで劉翔がバランスを崩し失速。ロブレス抜け出して1着。
しかし、ゴール後の審議で、ロブレスが劉翔の進路を妨害したとして失格が下され、2位でゴールしたリチャードソンが繰り上がり金メダル。被害を受けた劉翔は銀メダルでした。妨害されなかったら金メダルだったのにかわいそうだなあ。


にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ


トラックバック (4)

3タテ&楽天の連勝を阻止しました。正直苦しい3日間でした。

2011年08月29日 | HAWKS

仙台に乗り込んだ福岡ソフトバンクホークスですが、金曜日の初戦と土曜日の初戦を落として2連敗。しかも2試合連続完封負けですよ。これで対楽天戦は4連敗となり、今カード負け越しも決定。特に土曜日は先発の杉内が3回KO、田中将大の前に18三振と沈黙。今季ワーストゲームと言ってもいいだろう。ホンマに気分悪い!不甲斐ない&だらしないホークスなんか目もくれず、めちゃイケ&世界陸上を見てましたわ。だって面白いんだもん。
3連敗だけは絶対に避けたい日曜日の試合は、ソフトバンクが攝津正、楽天・長谷部幸平の試合で始まり、この日もホークスは苦しい試合となりました。


スタメンはこちら
1(遊)川宗則
2(二)本多雄一
3(左)内川聖一
4(指)小久保裕紀
5(一)カブレラ
6(三)松田宣浩
7(右)多村仁志
8(中)長谷川勇也
9(捕)山崎勝己
 (投)攝津正

ホークスは初回、先頭の川崎がセンター前ヒット、本多の犠打で1死2塁とし、内川の2塁ゴロの間に川崎が3塁まで進むも、小久保が三振に倒れて先制点ならず。3回、1死から本多が四球で出塁すると、2塁への盗塁を成功させて得点圏に進めます。1死2塁で内川がファウルで粘り続け、長谷部の10球目を弾き返してセンター前ヒット。本多生還で1点を先制します。この後小久保四球で1死1,2塁となるも、カブレラが併殺打で2点目を奪えません。
先発の攝津は、序盤は毎回のように走者を背負うピッチングが続きます。1回に楽天の1,2番を連続三振に仕留めた後、高須にヒットを浴びましたが、ガルシアを内野フライに打ち取ります。2回には1死2塁の場面で中村と嶋から連続三振を奪い、3回には2死から四球と盗塁&山崎の悪送球で2死3塁とされたが、高須をライトフライに打ち取り同点を阻止しました。
中盤に入り、ホークスは5回に本多のヒット、内川四球で2死1,2塁も小久保凡退。攝津は4回と5回に楽天打線を続けて3者凡退に抑え、尻あがりに調子を上げてきます。ところが6回裏、松井稼頭央にスライダーを狙われ、ライトスタンドへの本塁打を浴びて1-1の同点とされてしまいます。攝津は7回を投げたところで降板。
8回、ホークス2番手の森福が、先頭の嶋にライトへの2塁打を浴びたが、聖沢の犠打を山崎が3塁送球→嶋を三遊間で挟殺。その後、2死1,2塁とされましたが、後続を抑えて逆転阻止。9回も続投して3者凡退の好リリーフ。試合は1-1のまま延長戦へ。
10回、ホークスは長谷川に代えて松中を代打で起用。その松中は四球を選んで出塁。無死1塁で山崎の犠打が決まり1死2塁。2死後、本多が楽天6番手・片山のストレートを捉えてレフトへ流し打ち。打球はレフト前に運び、2塁走者・城所が一気に生還してホークスが勝ち越します。その裏、ファルケンボーグがヒットと四球で2死1,2塁とピンチを招きましたが、内村投手ゴロで試合終了。ホークスが延長戦を制しました。



試合結果 パ・リーグ 2011/08/28(日)
楽 天-ソフトバンク 21回戦 
(ソフトバンク11勝9敗1分、Kスタ宮城、18:00、15110人)
H 001 000 000 1  2
E 000 001 000 0  1
(延長10回)
【投手】
(ソ)摂津、森福、ファルケンボーグ-山崎
(楽)長谷部、土屋、山村、青山、ラズナー、片山、小山-嶋
【責任投手】
(勝)森福43試合4勝1S
(S)ファルケンボーグ36試合2敗16S
(敗)ラズナー23試合3勝4敗8S
【本塁打】
(楽)松井稼8号ソロ(6回、摂津)


「今日もどうせ負けるよ」と思ってこの試合もスルーして世界陸上を見ていましたが、2-1で勝ったみたいで良かったです。3タテを阻止したホークスは、楽天戦の連敗を4で止めました。そして2位の日本ハムが敗れたため、ゲーム差が5に開きました。この3日間は本当につらい試合ばかりで、3試合で奪った得点がたった2点…。淋しいっすねえ。
ホークスは火曜日から福岡でオリックスと3連戦を戦います。水曜日は今年2回目の北九州市民球場での試合です。





にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ


トラックバック (1)

日本と韓国でフライングの悲劇…。人類最速の男・ボルトがまさかの失格。

2011年08月28日 | Sports

夏休み最後の日曜日となった28日は、日本と韓国で大一番でのフライングスタートという悲劇が相次ぎました。日本では競艇のSG競走の優勝戦で2艇フライングを犯し、韓国・テグ世界陸上では、男子100m決勝で人類最速男がやってしまいました…。


福岡競艇場にて開催されていた競艇のSGレース「総務大臣杯争奪 モーターボート記念競走」は、最終日の28日に優勝戦が行われました。優勝戦には地元・福岡勢から5人(①出畑孝典、②藤丸光一、③岡崎恭裕、④瓜生正義、⑥篠崎仁志)がファイナルに進出し、佐賀1人(⑤峰竜太)も含め九州勢が独占しました。
オール九州の優勝戦は、枠なり進入(内から①②③④⑤⑥)で始まり、1コースから出畑、3コース・岡崎が好スタートを切るが、わずかに早く飛び出してしまったか。1周第1ターンマークで瓜生が4コースからマクリ一閃。ズバッと決まると瓜生が一気に独走態勢。岡崎が2番手で追走するも、スタート判定の結果、①出畑と③岡崎がフライングでアウト。2艇返還欠場により、レースは4艇での競走となりました。その後は瓜生が2周目以降も2位以下を大きく引き離し、ぶっちぎりでゴール。MB記念初優勝&SG競走5度目の優勝を果たしました。

MB記念は福岡のエース・瓜生選手が地元ファンの声援に見事に応えましたが、2選手がフライングを切って返還欠場という大波乱で幕を閉じました。このフライングにより、優勝戦の売上金額12億2469万100円のうち、10億6466万2500円が返還され、返還率は86.9%。売り上げの約9割が返還となり、福岡競艇側にとっては大打撃といえるでしょう。
ちなみに、過去のSG優勝戦でのフライングを調べたところ、2002年のグランドチャンピオン決定戦では、2艇フライングで約24億円(返還率92.8%)の返還額が発生すれば、2007年の総理大臣杯では、「艇王」と呼ばれていた植木通彦選手がフライングを犯し、返還額が17億円に達しました。植木選手は総理杯のフライングが影響したのかその年の7月に突然現役引退を表明。
今回のレースでは、出畑選手が0.04秒、岡崎選手が0.02秒早くスタート。優勝した瓜生選手は0.00秒のタッチスタートで間一髪セーフ。瓜生さん危なかったですねえ。SG競走の優勝戦でスタート事故をした選手は、1年間SG競走の選出除外というペナルティがあるため、出畑選手と中島選手は次回のSGレース・第58回全日本選手権(10月5日~10日・平和島競艇場)には出場できません。しばらく大舞台には出られませんが、今回の失態をしっかり反省し、また復活できる事を願っています。




27日から開幕した「世界陸上韓国テグ大会」は、大会2日目に男子100mの決勝戦がありました。前回のベルリン大会で9秒58の驚異的世界新記録を樹立したウサイン・ボルトが、この種目の大会2連覇&2大会連続世界新記録に期待が集まりましたが、まさかの展開が待っていました…。
決勝戦はジャマイカ勢が3選手、ウォルター・ディックス(米国)、クリストフ・ルメートル(フランス)、ティム・コリンズ(セントクリストファー・ネイビス)などが出場。注目のボルトは5レーンを走ります。全選手がクラウチングスタートの構えの後、号砲と同時にボルトが飛び出してフライング!今大会からフライング→即失格とルールが変更されたため、ボルトはこの時点で失格。100m連覇&世界新更新は幻に。
王者不在のレースは、好スタートを切ったコリンズが中盤まで先頭を走るが、ヨハン・ブレーク(ジャマイカ)が中盤以降に伸び、残り10m近くでコリンズをかわして1着ゴール。9秒92のタイムで金メダルを獲得。2着にはディックスが最後にコリンズを捉えて銀メダル、前半逃げたコリンズは銅メダルでした。

ボルト選手がフライングを犯した瞬間、ユニフォームを脱いで悔しさをあらわにし、会場も大きくどよめきました。今大会はアサファ・パウエル、タイソン・ゲイが欠場し、ライバル不在で「ボルト1強モード」、予選や準決勝は軽々と流して通過し、決勝で本気モードのボルトが見られるかと思われましたが、フライング一発アウト。王者の走りを楽しみにしていた人たちも、まさかのフライング失格に驚きを隠せなかったり、ショックを抱いた人も多かったと思います。
ジャマイカ勢はこの種目2連覇を達成しましたが、なんとも後味の悪いものとなりました。優勝したブレーク選手は、普段はボルト選手の練習パートナーである選手。レース後のインタビューでは「複雑です」と素直に喜べませんでした。とはいえ世界タイトルを獲得したことで、来年のロンドン五輪ではボルトのライバル候補に挙がる事でしょう。ジャマイカにはボルト、ブレイクの他にも元世界記録保持者のパウエル、ネスタ・カーターと短距離選手の層が厚いです。短距離界は今後もジャマイカの天下が続きます。
ボルトの一発アウトで、フライングスタートの議論がまた過熱するかもしれません。決勝を走れなかったボルトが本当にかわいそうで、正直今でも信じられません。この悔しさは次の200mで晴らしてくれると思います。





にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ


トラックバック (5)

マキシマムザホルモンの『肉に撃たれて眠りたい』 2011.6.28 PART1

2011年08月27日 | マキシマムザホルモン
3度の飯より、飯が好き!マキシマムザホルモンの…
『肉に撃たれて、眠りてぁ~~~いっ! うぅっ…。』By 冠徹弥

出たっ!THE冠!ダイスケはん、タイトルコールの時に声がモゴモゴしていたり、咳込んでましたが、何か食べていたの?冠さんのSEが流れたので、ナヲちゃんとダイちゃんが「今週出てるね。たぶんね」、「この人かな?結局」と豪華アーティストからのメッセージの3週目が冠さんじゃないかと予想していました。果たして3週目はTHE冠なのか…。

6月28日放送の今回、今度こそ上半期終了とナヲちゃんが気付くと、放送当日の朝に日本に帰国して、この番組が放送されている時間には寝ていると語るダイちゃん。いまさらですが欧州ツアーお疲れ様でした。
そして今回もナヲちゃんの娘がスタジオに登場しています。これで3回連続ですか。つーか、これって3本録り?2本目の収録が終わった後、ナヲちゃん(母)のオッパイを飲んだそうですが、またおっぱいを求めているみたい。あるいは眠たいと訴えてるのか?ちょっと疲れて来たのかな?眠気覚ましに「おっさんのオッパイ吸うか?」ダイちゃんそれだけはやめてくれー。ダイちゃんの乳輪を見たナヲ親子は「おっさん小さいやろ?」「乳輪と目が小さい」と言ってました。だいたいの男は乳輪なんて小さいですから…。
欧州ツアーの話で、ダイちゃんが3年前に帰国した時の事について語り、帰りの飛行機で爆睡した後、帰国後に時差ボケを治そうと頑張って起きて、日本のときと同じ生活リズムで寝たら、22時間も寝てしまったらしい。めっちゃ寝過ぎたなあ。「夜10時に寝たとしたら、次の日の夜8時に起きた」24時間テレビだったら、起きたらすぐにエンディング&マラソンゴールでっせ。
今回のツアーは早朝(朝6時ごろ)に帰ってくるから、朝8時に寝て22時間熟睡したら翌朝6時…。ひぇー。ダイちゃんは「なんか恐いなあ。何か眠たいなぁ~」と稲川淳二さんの怪談のマネをしていました。そういえば今年は稲川さんの恐い話を聞いてない気がする。「気持ち悪いなあ」とナヲちゃんが言うと、ダイちゃんは「終わるなあ。上半期終わるなあ」上半期が終わるのが不気味なのか?


曲紹介では「上半期を締めくくる曲」として、「みんなの今日・明日・infinity」さん、埼玉県・あきゃるんさん、滋賀県・肛門洗浄隊などがリクエストした「Maximum the hormone」が紹介されました。
メイン企画に入る前、ナヲ娘が曲の間に育ての母・しみゆうによって連れて行かれたとダイちゃんが報告。娘さんはしみゆうさんの前では落ち着きました。ナヲちゃん曰く「保育園で『バイバイ』ってなった時に大泣きするけど、私が見えなくなったら20秒ほどで泣きやむからねえ」
今回も豪華アーティストからのコメントが寄せられております。1週目はアンジェラ・アキさん、前回の2週目はTHE HIATUSの細美武士さんが登場しました。最終週は2人ともTHE冠じゃないかと予想。しかし、ダイちゃんの「凄い人が来るのかな?」という一言に反応したナヲちゃんが「B'z!?」まさか~!?その次にダイちゃんが「5月、6月まとめて考えたらユニコーンじゃない?」それを聞いたナヲちゃん、「ユニコーンだったらうれションしちゃう」なぜ失禁?現在ナヲちゃんは「ヒザ裏の汗がハンパない」らしい。ちょっと落ち着いて。汗を拭きましょう。ユニコーンは5月にアルバム「Z」をリリース。8月31日には最新アルバム「ZⅡ」を発売します。
ナヲちゃんの友人であるミキさんの情報によると、神奈川県民ホールでのユニコーンのライブに行き、昔の曲をたくさん演奏しまくっていたらしい。曲名は諸事情により「ピー」で伏せられました。
もしユニコーンじゃない場合を想定して、冠さんが出たら「悪い事(いたずら)をしてしまおう」とダイちゃんが持ちかけました。マーティ・フリードマンの名前も出てきました。とりあえずヒントを聞いてみると…。

「マキシマムザホルモンの肉に撃たれて眠りたいをお聴きの皆さん、ダイスケはん、ナヲちゃんお久しぶりでございます!」
お久しぶりってことは、以前ホルモンとライブで一緒だったアーティストですね。ナヲちゃんは「ミスチルの桜井さん?」と答えましたが、桜井さんはそんなに声太くないぞ。2人ともコメントした人の声を聞いたことがあるけど、名前が思い浮かばない…。声の感じが若くないというダイちゃん、「OKAMOTO'Sとかだったらめっちゃ失礼だけど」若すぎます!
スティーブン・セガールでもナタリー・ポートマンでもない…。ナタリーは女性だよ。ナヲちゃんはセガールをかなり推してますねえ。「レイ・チャールズ」ダイちゃん、その人死んでます。日本人だというのに最後は外国人の名前ばっかりでした。第3弾のコメントを寄せたアーティストとは?正解はPART2で。(引っ張ってすんません)





にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ




松田20号到達!大場も6勝目!ロッテに3タテでおいさー!

2011年08月26日 | HAWKS

2連勝で首位をひた走る福岡ソフトバンクホークスは、25日もヤフードームで千葉ロッテマリーンズと対戦。既に今カードの勝ち越しを決めており、3タテに王手をかけております。ソフトバンク・大場翔太、ロッテ・上野大樹の先発で始まった第3戦は、1点を争う緊迫の投手戦となりました。


25日のスタメン
1(遊)川宗則
2(二)本多雄一
3(左)内川聖一
4(指)松中信彦
5(一)カブレラ
6(三)松田宣浩
7(右)多村仁志
8(中)長谷川勇也
9(捕)細川 亨


ホークス先発の大場は、1回に先頭の岡田にレフト前ヒットを許すと、工藤に犠打を決められ1死2塁。しかし、井口を見逃し三振に仕留めると、カスティーヨを2塁フライに打ち取り無失点で抑えます。2回には2死から里崎に四球を与えると、角中のレフト前ヒット、早坂四球で満塁の大ピンチを招きましたが、岡田を内野フライに打ち取り、満塁のピンチをしのぎ切ります。3回はヒットと盗塁で無死2塁とされたが、後続を抑えてこの回も0点。毎回のように走者を出しながらも、ロッテに得点を与えません。
一方のホークス打線は、初回に先頭の川崎がヒットで出塁し、本多がきっちりと犠打を決めて1死2塁としますが、期待の内川と松中が相次いで凡退して無得点。2回から4回まではロッテ先発・上野の前に3イニング連続3者凡退に終わります。4回までわずか1安打と勢いが感じられません。
中盤に差し掛かり、大場が4回と5回にロッテ打線を2イニング続けて3者凡退に抑えて立ち直りの兆しをみせます。何とか上野を攻略したいホークスは5回裏、カブレラが三振に倒れて1死の後、松田が上野の5球目のフォークをすくい上げ、打球はレフトスタンドへ一直線!松田の2試合連続ホームランでホークスが均衡を破ります!1点を先制した直後、多村がセンター前ヒットで出塁も、後続が倒れて追加点は奪えず。
6回、味方の援護を貰った大場は2死から連打を浴びて1,3塁と一打同点のピンチを迎え、里崎にフルカウントまで追い込まれたが、最後はスライダーで空振り三振に仕留めて同点を阻止。その裏、先頭の川崎が3塁打を放ち、追加点のチャンスを作りますが、本多が遊撃フライ→川崎が飛び出すというポカを犯してダブルプレー。何やってるんだ。せっかくのチャンスをフイにしてしまい0点に終わったのでした。
7回に大場が下位打線を簡単に2アウトにしたところで、ホークスは大場を下げて2番手・藤田を投入。藤田は岡田を1塁ゴロに打ち取り、0点に抑えました。1点リードの8回、3番手・森福が2本のヒットを浴びて2死2,3塁とされるも、福浦を三振に斬り落として無失点。9回、4番手・ファルケンボーグも連続ヒットを浴び、1死1,2塁と同点のピンチを背負います。この場面で岡田を投手ゴロ(併殺崩れ)に打ち取ると、2死1,3塁で清田を投手ゴロで試合終了。ホークスが2試合連続の完封リレーでロッテに勝利しました。


試合結果 パ・リーグ 2011/08/25(木)
ソフトバンク-ロッテ 17回戦 
(ソフトバンク10勝6敗1分、ヤフードーム、18:00、29906人)
M 000 000 000  0
H 000 010 000  1
【投手】
(ロ)上野、伊藤-里崎
(ソ)大場、藤田、森福、ファルケンボーグ-細川
【責任投手】
(勝)大場20試合6勝
(S)ファルケンボーグ35試合2敗15S
(敗)上野7試合2勝2敗
【本塁打】
(ソ)松田20号ソロ(5回、上野)


ロッテに3タテおいさぁ~!危なかったですよおいさぁ~!大場投手や森福投手、ファルケンボーグがヒットを許し、何度も同点にされるんじゃないかと思いましたよ。打線が4回まで上野投手の前に苦戦しましたが、5回に松田選手のホームランでようやく1点を先取。この一発が決勝点となり、ホークスが再三にわたるロッテの反撃を最後まで振り切って1-0で辛くも勝利しました。これでホークスは今季4度目の同一カード3連勝、対ロッテ戦は4連勝です。ホームで3連勝を果たし、選手たちも気分よく仙台に移動できるんじゃないでしょうか。
今回の先発・大場投手は7回途中(6回2/3)まで29人の打者と対戦して119球を投じ、被安打5・6奪三振・2四死球・無失点。序盤は苦しいピッチングで、2回に満塁の大ピンチがあり、3イニング続けて得点圏に走者を背負うも何とか0点に抑えました。相手の拙攻にも助けられた大場投手は、今季6勝目で先発転向後5連勝。最近はホントに「持ってる」よなあ。
この日の大場投手はどうしても勝ちたかった理由があったそうで、「東京の友人である岡部君の誕生日だった」とヒーローインタビューで語りました。ウイニングボールは岡部さんに渡すのかな?大場投手の急成長に高山投手コーチや王貞治会長も大喜び。8月は4戦4勝、先週のオリックス戦で完封勝利を挙げており、8月度月間MVPもあり得るかもしれません。
打線の方はチーム全体で6安打。2試合連続で先制ホームランを放った松田選手は、自身初の20号に到達しました。おめでとうございます。松田選手がホームランを打った試合は負けませんね。最近は不振気味でしたが、2戦連発で復調の兆しが出たかも。川崎選手は上野投手から2安打放ちましたが、6回に走塁ミスを犯してしまいました。ミスさえなければ2点目間違い無しだったのに…。
ロッテに3連勝を果たしたホークスは、貯金を今季最多の33に伸ばしました。そして2位・日ハムが楽天にまたも敗れたため、ゲーム差が5に拡大。楽天はダルビッシュに勝って5連勝、クライマックスシリーズ圏内の3位に浮上しました。金曜日からはクリネックススタジアム宮城に乗りこんで、5連勝中の東北楽天ゴールデンイーグルスとの3連戦を戦います。アウェーで勝ち越して先週の雪辱と行きたい。金曜日はソフトバンクが岩嵜翔、楽天・塩見貴洋が予告先発。楽天を得意としている岩嵜投手に期待しよう!




にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ



トラックバック (5)

W杯アジア3次予選代表メンバー発表!

2011年08月26日 | soccer

日本サッカー協会は25日、都内で記者会見を開き、9月に開幕する「ブラジルW杯アジア3次予選」の北朝鮮戦(2日@埼玉スタジアム)およびウズベキスタン戦(6日@AWAY)に臨む日本代表メンバー23名を発表しました。


今回の代表メンバーは次の通り。
GK
川島永嗣(リールス/ベルギー) 
西川周作(サンフレッチェ広島)
権田修一(FC東京)

DF
駒野友一(ジュビロ磐田)
今野泰幸(FC東京)
栗原勇蔵(横浜F・マリノス)
伊野波雅彦(ハイドゥク・スプリト/クロアチア)
槙野智章(ケルン/ドイツ)
内田篤人(シャルケ04/ドイツ)
吉田麻也(VVV/オランダ)

MF
遠藤保仁(ガンバ大阪)
中村憲剛(川崎フロンターレ)
阿部勇樹(レスター/イングランド)
長谷部誠(ボルフスブルク/ドイツ)
細貝萌(アウクスブルク/ドイツ)
柏木陽介(浦和レッズ)

FW
李忠成(サンフレッチェ広島)
岡崎慎司(シュツットガルト/ドイツ)
本田圭佑(CSKAモスクワ/ロシア)
森本貴幸(ノバラ/イタリア)
香川真司(ドルトムント/ドイツ)
清武弘嗣(セレッソ大阪)
原口元気(浦和レッズ)


メンバー23人中12人が海外組、U-22代表組から原口選手と清武選手、権田選手の3人が選出されました。清武選手は8月10日の韓国戦に続いてのA代表入り、原口選手は初招集です。DFには伊野波選手と駒野選手が入り、右肩を脱臼している長友佑都選手は今回も招集されず。MFには中村憲剛選手が昨年10月以来約1年ぶりに代表入りを果たしました。
海外組が半分以上占めている中で、国内組では現在J1首位のガンバ大阪からは遠藤選手だけ、3位のFマリノスから栗原選手だけ。昨季王者・名古屋グランパスからは1人も入っていません。逆に浦和から2選手、J2首位のFC東京からも2人招集されています。

ザッケローニ監督は会見で中村選手を選んだ理由に就いて訊かれ、「川崎で好調だから、代表でも十分戦力になる。30歳を過ぎても向上心を失っていない」と語っていました。所属している川崎フロンターレは現在泥沼の6連敗中ですが、憲剛選手はガンバ戦でゴールを決めたり、24日の名古屋戦では先制点をアシストしたりと奮闘しています。北朝鮮戦ではかつての同僚であるチョン・テセ選手との直接対決が見られるでしょうか?
初招集の原口選手はチーム最多の8得点を挙げ、今や浦和のエース的存在。前日の広島戦ではザッケローニ監督の前で先制ゴールを奪い、A代表入りを大きくアピール。その結果が実りましたなあ。清武選手も先日の日韓戦で2アシストを挙げて勝利に貢献しており、3次予選&五輪最終予選での活躍も期待されています。U-22組の2人がフル代表で結果を出せるといいですね。

また、この日はU-22代表の日本代表候補メンバーが発表されました。
GK
増田卓也(流経大) 守田達弥(京都)
安藤駿介(川崎)

DF
比嘉祐介(流経大) 村松大輔(清水)
鈴木大輔(新潟) 吉田豊(甲府)
酒井宏樹(柏) 高橋峻希(浦和)
濱田水輝(浦和) 酒井高徳(新潟)
高橋祥平(東京V)

MF
山本康裕(磐田) 山村和也(流経大)
山田直輝(浦和) 東慶悟(大宮)
山口蛍(C大阪) 登里亨平(川崎)
茨田陽生(柏) 扇原貴宏(C大阪)

FW
永井謙佑(名古屋) 杉本建勇(C大阪)
小野裕二(横浜FM)


23選手中浦和から3選手、流通経済大学からも3人が選出。永井選手や山村選手、東慶悟といった中心選手が順当に選ばれ、小野選手が代表復帰、東京ヴェルディの高橋選手が初めて選出されました。一方で、大迫勇也選手は前日の甲府戦でのケガが影響したのか候補メンバーから外れています。関塚JAPANは29日~31日までは鳥栖市内で強化合宿を行い、9月21日にマレーシア代表と対戦します。


今後の日程ですが、A代表は9月2日にホームで北朝鮮戦、6日にはタシケントでウズベキスタンと戦います。W杯3次予選の2連戦の後、10月7日にホームズスタジアム神戸でベトナム代表との親善試合、その4日後の11日には大阪・長居スタジアムで3次予選の第3戦・タジキスタンと戦います。当初はシリア代表が日本と同じ組に入っていましたが、2次予選で無資格の選手が出場していた事が判明し、FIFAから失格処分が下されました。その代わりにシリアに敗れたタジキスタンが出ることに。
10月のベトナム戦はタジク戦の前哨戦の意味合いがあり、若手&国内組に頑張ってもらいたいものです。第4戦の相手・タジキスタンはFIFAランキングでは142位と超格下。順位的には楽勝だと思うけど、初めて対戦するし、チーム情報が全くわかりません。
9月に入ってからはザックJAPAN、U-22&なでしこJAPANのロンドン五輪最終予選とサッカー日本代表の試合が相次ぎます。ザックJAPANの3次予選突破、U-22&女子代表が共にロンドン五輪出場権を獲得できる事を願っております。



にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ



トラックバック (1)

松田&松中の師弟コンビ弾炸裂!2回に6得点でまたもやロッテに快勝!

2011年08月25日 | HAWKS

火曜日はホークス打線がロッテのエース・成瀬を攻略し、ホールトンが13勝目を挙げて3連戦の初戦を制した福岡ソフトバンクホークスは、24日も福岡ヤフードームで千葉ロッテマリーンズと対戦しました。2戦目はソフトバンクが和田毅、ロッテは大谷智久が先発。エースの好投で連勝できたのか?


スタメンはこちら
1(遊)川宗則
2(二)本多雄一
3(右)内川聖一
4(左)松中信彦
5(一)カブレラ
6(指)オーティズ
7(三)松田宣浩
8(中)長谷川勇也
9(捕)細川 亨
 (投)和田 毅


初回、ホークスは本多がライト前ヒットで出塁すると、内川の場面で2塁への盗塁を成功させます。2死となり、松中が相手のエラーで出塁して1,3塁と先制のチャンスでしたが、カブレラがレフトフライに倒れて2者残塁。
両チーム無得点で終わった2回、ホークス先発・和田がロッテ先頭のカスティーヨにヒットを浴びると、2死後に福浦にヒットを打たれて1,3塁とピンチを背負いましたが、清田をレフトフライに打ち取り、ロッテに先制点を与えません。
その裏、ホークスはオーティズが倒れて1死の後、松田がロッテ先発・大谷の初球ストレートを捉え、左中間への打球は大きく伸びてそのままスタンドイン!松田の久々の一発でホークス1点先制。2死後、ホークス打線が勢いに乗ります。細川のセンター前ヒット、川崎のレフト線2塁打で2,3塁と追加点のチャンスに本多がライト前へのタイムリーヒットで2点目を挙げると、内川もレフト線を破るタイムリー2塁打を放ってさらに1点を追加して3-0とリードを拡げます。なおも2死2,3塁で松中が大谷の4球目をジャストミート!ライトへスタンド中段に飛び込む3ラン本塁打!完璧な一発でさらに3点を追加したホークスは、この回松田の先制弾&5連打で大谷から6点を奪いました。
大量援護を貰った和田は、4回に井口と今江にヒットを許して1死1,2塁とされるも、里崎レフトフライ、福浦を三振に仕留めて0点に抑えます。5回には清田のヒット、岡田の一塁ゴロをカブレラがエラーして再び1,2塁と得点圏に走者を背負います。しかし、早坂を3塁ゴロ併殺打に打ち取り3アウト。6回と7回も先頭打者の走者を出しながらも、後続をしっかりと抑え、ロッテに反撃を許さず。7回を投げ終えたところでマウンドを降りました。
この後、8回に2番手の金澤が登板し、2本のヒットで1死1,2塁とされるも今江から三振を奪い、里崎を2塁ゴロに打ち取って無失点リリーフ。9回は来日2度目の登板となったブラゾバンが0点に抑えて試合終了。2回の集中打と完封リレーでロッテに快勝しました。


試合結果 パ・リーグ 2011/08/24(水)
ソフトバンク-ロッテ 16回戦
(ソフトバンク9勝6敗1分、ヤフードーム、18:00、30620人)
M 000 000 000  0
H 060 000 000  6
【投手】
(ロ)大谷、木村、山本徹-里崎
(ソ)和田、金沢、ブラゾバン-細川
【責任投手】
(勝)和田19試合11勝4敗
(敗)大谷18試合3勝7敗
【本塁打】
(ソ)松田19号ソロ(2回、大谷)、松中11号3ラン(2回、大谷)


今回の試合は序盤で決着がつきましたね。2回に和田投手がピンチを断ち切り、その裏に松田選手の先制弾、連打で追加点を積み重ね、松中選手の3ランで止めを刺しました。3回以降は勢いが止まりましたが、2回の6得点でもう十分でした。和田投手→金沢投手→ブラゾバン投手の3人がロッテ打線の反撃を許さず、完封リレーを決めて6-0で2日連続の快勝。ロッテに連勝を飾り、カード勝ち越しを決めました。
先発の和田投手は7回まで打者28人に対して104球、被安打7・5奪三振・無四球・無失点。この日は浴びたヒットの数がやや多めで、4回から7回まで先頭打者を続けて出したので、そのうち失点されるじゃないかと心配されましたが、なんとか0点で切り抜きました。先週のオリックス戦に続いての連勝で今季11勝目です。
9回に来日2度目の登板を果たしたブラゾバン投手は、清田選手から三振を奪って無失点。1軍初登板だった日曜日の楽天戦では打たれる場面がありましたが、この日はランナーを出しながらもしっかり抑えました。馬原投手の代役候補として入団したブラゾバン投手、初セーブはいつになるんでしょうかね?
打線の方は全体で9安打。先制の19号ソロ本塁打を放った松田選手は、5日の西武戦以来約20日ぶりの一発が出ました。昨年マークした自己最多の19本塁打に並び、自己新記録の20本到達まであと1本です。3ラン本塁打の松中選手は、打った瞬間にホームランだと確信しておりました。大谷投手もボー然だったなあ。この日は本塁打を含む2安打3打点のマルチヒットです。松田選手と松中選手の「師弟コンビ」のアベック弾は今季6度目で、打った試合は全勝です。ホームランの2人以外では、内川選手が2試合連続タイムリーを放っています。
ロッテに連勝したホークスは、再び最多タイの貯金32に戻し、2位・日ハムが楽天に敗れたため、ゲーム差を4に拡げました。同一カード3連勝にリーチをかけた25日は、ソフトバンクが大場翔太、ロッテ・上野大樹が予告先発。大場投手は前回の登板で3年ぶりの完封勝利を飾り、先発4連勝と好調。5勝0敗と負け知らずの男の好投に期待がかかります。ホークスの3連勝&大場投手の5連勝を願いまして、おいさぁ~~!!


にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ


トラックバック (2)

川崎宗則の婚約祝いダ!繋がる打線で成瀬を攻略!

2011年08月24日 | HAWKS

週末は楽天に1勝2敗で残念ながら負け越し、その翌日の月曜日は川崎宗則の婚約が明らかとなった福岡ソフトバンクホークスは、23日からヤフードームで千葉ロッテマリーンズとの3連戦。現在パリーグ2位・日本ハムに2ゲーム差と首位キープに黄信号が灯っている間のホークス、3連敗だけは絶対に避けたいところです。23日の初戦は、ソフトバンクがホールトン、ロッテ・成瀬善久の先発でした。


23日のスタメン
1(遊)川宗則
2(二)本多雄一
3(左)内川聖一
4(指)松中信彦
5(一)カブレラ
6(三)松田宣浩
7(右)多村仁志
8(中)長谷川勇也
9(捕)細川 亨
1週間もスタメンから外れていた多村が7番ライトで先発復帰を果たし、内川がレフト、松中がDH、カブレラが1塁の守備に回りました。


両チーム無得点で迎えた2回、ホークスはカブレラのヒット、松田の四球で1死1,2塁と得点圏に走者を出し、多村が成瀬のストレートを叩きつけて1塁ゴロ、併殺打で3アウトかと思われましたが、相手の守備が乱れて多村セーフ。この間にカブレラが2塁からホームインして1点を先制します。4回、先頭の内川がレフト前ヒット、続く松中がライト前ヒットで無死1,2塁と追加点のチャンスに、カブレラが右中間を破るタイムリー2塁打で内川が生還。1塁走者・松中も本塁を狙うも憤死。カブレラのタイムリーで2-0とします。
ホークス先発・ホールトンは、初回と2回にロッテ打線を3者凡退に退けると、3回は先頭の里崎に2塁打を浴び、2死3塁とされるも、岡田を捕手フライに打ち取り0点。4回まで無失点の好投を続けますが、5回に1死3塁で里崎にレフト前タイムリーを浴びて1点を返されます。なおも反撃のピンチが続くも、下位打線から連続三振を奪い、ロッテの反撃を1点に抑えました。
1点差とされた5回、長谷川の死球、細川の犠打で2死2塁の場面で、本多が低めのストレートを捉えてライト前タイムリーを放ち、1点を追加して再び2点差とすると、6回には内川のヒット、カブレラの2塁打で1死2,3塁の場面で、松田が遊撃ゴロ。しかし内川がホームインして4点目。4-1とロッテを突き放します。
8回、ホークス3番手の森福が1死から連打を浴びると、2死後に井口に四球を与え、満塁とされて一発浴びれば逆転の大ピンチ。しかし、カスティーヨを3塁ゴロに打ち取り、最大の危機を凌ぎ切ります。
その裏、先頭の本多が内野安打で出塁すると、内川の場面で2塁への盗塁を決め、さらに悪送球で3塁まで進みます。無死3塁となり、内川がライト前タイムリーを放って5点目。なおも2死2塁で松中がロッテ3番手・吉見のカーブを狙い撃ち!ライトフェンス直撃のタイムリー2塁打でもう1点追加。さらに代打・オーティズのヒットでこの回4連打!この後2死2,3塁で、長谷川がロッテ4番手・中郷のストレートを叩いてレフト前タイムリーでダメ押しの2点を追加。この回5本のヒットで4点を奪う猛攻で勝負あり。打線が上手く繋がったホークス、8-1でロッテに快勝しました。



試合結果 パ・リーグ 2011/08/23(火)
ソフトバンク-ロッテ 15回戦 
(ソフトバンク8勝6敗1分、ヤフードーム、18:00、30182人)
M 000 010 000  1
H 010 111 04x  8
【投手】
(ロ)成瀬、川越、吉見、中郷-里崎
(ソ)ホールトン、金沢、森福、吉川-細川
【責任投手】
(勝)ホールトン18試合13勝5敗
(敗)成瀬19試合9勝9敗


今回は関東地方で放送されなかったのが残念だと言うような快勝劇でしたね~。苦手としていた成瀬投手から6回まで4点を奪って見事に攻略。4回から6回までは3イニング連続得点でした。ホールトン投手が6回1失点のピッチング、8回に森福投手が満塁のピンチを招くも何とか断ち切り、その裏に4点を奪う猛攻。森福さんホント危なかったなあ。0点に抑えたところでホークスに再び流れが傾きましたね。8-1でロッテを下し、連敗を止めました。初戦を制したんで、この調子で連勝と行きたいですな~。
今回の先発・ホールトンは、6回まで22人の打者に対して99球を投じ、被安打4・6奪三振・無四球・1失点の内容。序盤の2イニングは打たせて取る形で3者凡退に抑え、3回と5回にピンチがありましたが、いずれも三振で切り抜けました。自身2連勝で今季13勝目をマークしたホールトン、シーズン15勝も見えてきました。
打線の方はチーム全体で2ケタの13安打。カブレラ選手と内川選手が共に3安打の猛打賞。カブレラは最初の打席で先制点のきっかけを作るライト前ヒット、2打席目は2点目となるタイムリー2塁打を放ちました。これで7試合連続ヒットと調子は上々、ところでホームランはいつ出るんだい?内川選手は第2打席から3打席連続ヒットを放ち、8回にはライト前タイムリーで1打点をマークしています。他にも松中選手と本多選手が2安打1打点、長谷川選手は2打点を記録しました。
ロッテのエースを攻略し、大きな1勝を挙げたホークス。23日は日ハムが楽天に敗れたため、ゲーム差は再び3に拡がりました。まだ首位でいられる~。24日・水曜日は、ソフトバンクが和田毅、ロッテ・大谷智久が予告先発。和田投手はロッテ戦で0勝1敗。ロッテにリベンジできるのでしょうか?



にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ



トラックバック (4)

トーセンジョーダン札幌記念制覇で重賞V3!新潟ではディープ産駒がダート重賞で勝った!

2011年08月22日 | 競馬

お盆の時期も終わり夏休みもいよいよ終盤へ。21日は札幌と新潟で重賞レースがあり、札幌競馬場では夏競馬唯一のGⅡ競走・札幌記念、新潟競馬場では3歳馬によるダート重賞・レパードステークスが行われました。


札幌メイン・第47回札幌記念(GⅡ・芝2000m)には、昨年の有馬記念以来約8か月ぶりのレースとなる⑧レッドディザイアが登場。休み明けの不安はありますが、GI馬の意地を見せたいところ。他にも⑬トーセンジョーダン、重賞2連勝中の⑥キングトップガン、3連勝中の④カリバーン、前走のクイーンステークスで2着と健闘し、連闘となる⑩コスモネモシン、さらには②アクシオン、③ヤングアットハートなどが参戦しました。
スタートは横一線で綺麗に出揃い、スタンド前での先行争いでアクシオンとキングトップガンが前を伺い、キングトップガンが先手を取ります。トーセンジョーダンが大外から押し上げて3番手、カリバーン4番手、レッドディザイアは後方3番手(11番目)でゴール板を通過して行きました。
1コーナーから向正面のところで、キングトップガンが単独先頭、2番手にカリバーン、アクシオン3番手、トーセンジョーダンは4番手追走。5番手の位置に⑦マイネルスターリーとヤングアットハート。7番手集団の中に⑨ネオヴァンドーム、10番手にコスモネモシン、その後ろにディザイアが追う。後方では⑤アルトップラン12番手、⑪ダンスインザモアが最後方と言う展開。
逃げるキングトップガンは前半1000mを60秒4で通過。3コーナーに入ってもカリバーン、アクシオン、ジョーダンの位置は変わらず。残り600mでトーセンジョーダンが加速すると、後続もペースアップ。もちろんレッドディザイアも押し上げて大外に持ち出す。13頭が一団の状態で残り400mから最後の直線へ。先頭争いはカリバーンが先頭に浮上するが、内からアクシオン、真ん中ジョーダン、外からディザイアが襲いかかる。残り200mを切り、レッドディザイアが差そうとするが、残り100mでアクシオンが内から伸び、ゴール前でトーセンジョーダンが追い上げ、アクシオンとトーセンジョーダンが2頭並んでゴールイン!

大接戦となった札幌記念、写真判定の結果トーセンジョーダンが最後の最後でアクシオンをとらえて優勝。ハナ差を制し、1番人気の期待に応えてみせました。重賞勝ちは今年1月のAJC杯以来で通算3度目。上半期はAJCCを勝ったものの、右肩ハ行で阪神大賞典を取消、宝塚記念で復帰したものの故障からの休養明けが響き9着。今回の勝利で復活をアピールしたのと同時に秋のGI戦線に弾みをつけることができました。
レッドディザイアは一旦は先頭に立とうとしたんですが、伸び切れず3着に終わり、復帰戦を飾る事ができませんでした。休み明けで3着と好走したから、秋以降も期待できるし、エリザベス女王杯で勝てる可能性もありそうだ。そしていつかは同世代のライバル・ブエナビスタとの直接対決が見てみたいものだ。


新潟のメインレース・第3回レパードステークス(GⅢ・ダート1800m)には、将来のダート界を担う存在になってほしい3歳馬15頭が集結。ジャパンダートダービーで2着だった⑦ボレアス、ダートで3勝&新潟コースで勝利経験のある⑤タカオノボル、ダート3戦3勝の⑪タガノロックオンなどが出走してきました。
スタートで⑬オメガスカイツリーがやや遅れた以外は揃って飛び出しました。先行争いでは⑩タナトスが先手を奪うと、⑧ファストワーカーやタカオノボル、⑮リアライズブレイクも先団に。タガノロックオンは中団、ボレアスはちょっと後ろの位置でゴール板を過ぎて行きました。
1,2コーナーから向正面に入り、ファストワーカーがわずかに先頭、2番手にタナトス、タカオノボルが3番手集団の中にいて、⑨カラフルデイズ6番手、タガノロックオン9番手、10番手の位置にボレアスが⑫レックスパレードと並走状態。後方集団に③サトノサミット、④ダートムーア、オメガスカイツリー、⑭タイムズアローが最後方。
3コーナーに差し掛かり、15頭が完全にひと塊となり、タナトス、ファストワーカー、ロックオンの3頭が先頭を争い、タカオノボルと⑥コスタパルメーラは4番手集団、ボレアスは外に持ち出して4コーナーから直線に入る。タガノロックオンとタナトスの2頭が競り合っているところで、外から一気にボレアスが急襲!残り100mで先頭に躍り出て、そのまま突き抜けてゴールイン!ボレアス快勝!

ディープインパクト産駒のボレアスが、最後の直線で父を彷彿とさせる末脚を炸裂させ、前を行く馬たちをまとめてかわしまくって勝利!4度目の重賞挑戦で初勝利を飾りました。ディープ産駒の馬がダートで結果を出しましたね~。ラスト3ハロンの36.7秒はもちろん15頭中トップのタイムです。レパードSを勝った事で、秋以降の交流重賞での活躍が期待されます。同世代のグレープブランデー、アイアムアクトレスと共にダート戦線を盛り上げてほしい。



夏休み最後の日曜日となる28日は、札幌で短距離重賞のキーンランドカップ、新潟はサマー2000シリーズ最終戦・新潟記念が行われます。キーンランドには重賞連勝中のカレンチャン、ジョーカプチーノ、ガルボ、アポロフェニックス、ビービーガルダン、パドトロワが登録。新潟記念はナリタクリスタル、ヤマニンキングリー、エオリアンハープ、セイクリッドバレーが出走予定。新潟記念と言えばおぎやはぎの小木さんの副音声実況が今や毎年恒例となってますが、今年も小木さんが実況をやっちゃうのでしょうか?



にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ



トラックバック (8)