日刊魔胃蹴

暑すぎてつらい。

たまには応援拒否しようよ。

2007年05月31日 | HAWKS
昨日今日と続いた巨人との2連戦で連敗。ホントマジで怒りを通り越して呆れました。
ここだけの話さあ、
お前ら勝つ気あるの?
ファンもみんな失望しまくってるぞ。応援拒否したいくらいですよ。みんなそう思うでしょ。「負けたときこそ応援しようよ!」なんて全然ダメ!こういうときこそ応援拒否をしたほうがいいんじゃないの?

今日の試合は、多村と田上のホームランで3点をリードしたら、新垣がスタミナ切れで降板、満塁のピンチで篠原が代打逆転満塁ホームランを打たれて、8回は中継ぎ完全崩壊。結局7-3で負けたよ。もう書く気ねーよ!じゃあな!

追記
田上の第1打席の2塁打、あれホームランだろ!よく見ろよ審判さんよお!
くたばれアホの審判!(byガンバ大阪サポーター一同)
コメント (6)   トラックバック (23)

杉内が投げれば負けないぜ!

2007年05月28日 | HAWKS

交流戦を5試合終えて2勝3敗で黒星先行の福岡ソフトバンクホークス。松中の離脱は非常に痛いと思うが、今は我慢するしかないのが現状です。4番代理の小久保も不調が続いています。小久保がダメなら、多村しかいないぞ…。どうする王監督。今日も東京ヤクルトとの対戦。昨日はヤクルトに白星をプレゼントしてしまったので、これ以上連敗は避けたいところです。

今日の先発はパ・リーグトップタイの7勝を挙げている杉内。1回、先頭打者の青木にセンター前ヒットを打たれると、1死後ラミレスにセンター前タイムリーで1点を許します。初回に1点を取られた杉内は、2回以降立ち直って味方の反撃を待ちます。なんとか反撃したいソフトバンクですが、3回までヤクルトの先発・藤井からヒットが出ません。3回を終えてヤクルト1点リード。今夜も負けてしまうのか?
4回、この回の先頭・本多が今日チーム初ヒットのライト前ヒットで出塁。続く多村がレフトオーバーの2塁打でチャンスを作ると、バッターは4番小久保。小久保は藤井の3球目を叩くとセンター前へタイムリーヒット。2人が生還し逆転。3連打で2-1としたソフトバンクは、2死後藤井の暴投で1点を追加し、この回3点を挙げました。
味方の援護に応えたい杉内は、4回に3者凡退に抑えると、5回にはピンチを迎えましたが、ふぃんさんのお気に入り・ガイエル(地蔵)を打ち取ってピンチ脱出。
追加点がほしいソフトバンクですが、藤井の前にまたもヒットが出ません。杉内も走者を出すものの反撃を許さないピッチングが続き、試合は投手戦となります。
8回、1死1塁の場面で、クローザー・馬原を投入。ところが、最初のバッター・宮出にヒットを打たれると、宮本の場面で山崎がパスボール。1死2,3塁で一打同点のピンチを迎えてしまいます。しかし、宮本を三振に仕留めると、代打・真中には1塁ゴロで最大のピンチを防ぎます。9回、馬原は簡単に2死を取りましたが、青木にヒットを打たれると、田中浩康には3塁内野安打を許して1,2塁のピンチ。ここでバッターはラミレス。一発が出ればサヨナラの場面でしたが、最後は空振り三振に仕留めて試合終了!ソフトバンク連敗ストップで交流戦を五分に戻しました。
ヤクルト-ソフトバンク 2回戦
(1勝1敗、神宮、18:20、18246人)
SH 000 300 000    3
Ys 100 000 000    1
【投手】
(ソ)杉内、佐藤、篠原、馬原 -山崎
(ヤ)藤井、花田、遠藤-福川、米野

【責任投手】
(勝)杉内10試合8勝1敗
(S)馬原20試合16S
(敗)藤井10試合3勝6敗

危なかったよマジで。9回2死の場面でサヨナラのピンチを凌いでの薄氷勝利でした。打線のほうは、ヒットの数がヤクルトは10本だったのに対し、ソフトバンクは4回の3本という静かな結果。たぶん今季最小じゃないのか。先発の杉内は7回10奪三振で6連勝。今季8勝目はパリーグトップタイとなりました。そして5月は全勝ということで、5月月間MVPになる可能性が十分高いでしょう。4月の小久保に次いでの月間MVPだったら最高ですね。
ソフトバンク打線にとって課題がみつかったこの2連戦。①松中不在のとき、打線が爆発できるか。②大村が出塁するということ、③下位打線の奮起、④ホームランを打つことの4点が挙げられます。特に大村に関しては2試合で8打数1安打の成績でした。大村が暴れない限り打線が元気になりません。
水曜日からは巨人との2連戦。パリーグ寄せ集め軍団に変貌したチームには絶対に負けません。小久保、古巣なんかやっちまえ。
俺たちの合言葉はただ一つ 「打倒読売」
テレビとかラジオで応援したっていい、俺たちホークスサポーターの力で憎き読売巨人を倒してやろうじゃないか。
コメント (6)   トラックバック (23)

64年ぶりの快挙!ウオッカがダービーを制す

2007年05月27日 | 競馬

安倍晋三首相、皇太子殿下が観戦した第74回日本ダービー(東京優駿)、2004年生まれのサラブレッド8470頭の頂点に立ったのは、11年ぶりに牝馬から参戦のウオッカでした。牝馬でのダービー制覇は、昭和18年のクリフジ以来64年ぶり3頭目、戦後では初の快挙となりました。

フサイチホウオーが1番人気、皐月賞馬ヴィクトリーが2番人気、ウオッカは3番人気となったこのレース。スタートでフサイチホウオー、ウオッカは好スタートだったのに対し、ヴィクトリーは遅れてしまいます。サンツェッペリンが一気に抜け出し先行かと思いきや、アサクサキングスが先頭に立ちます。ゴール板通過したときは、ヴィクトリーは17番手。このスタートミスは痛かった。
2コーナーでアサクサキングスが先頭、サンツェッペリン2番手。ヴィクトリーはようやく4番手まで上昇、フサイチホウオーはアドマイヤオーラを交わして5番手。タスカータソルテは8番手、ウオッカは中段の11番手追走の形となります。
残り800でまだアサクサキングスが先頭。中段でタスカータソルテが早くも動く。有力馬は5番手集団に固まったまま最終コーナーへ。残り400でサンツェッペリンがアサクサキングスを捕らえようとするもまだ粘る。ヴィクトリーは後退、中からウオッカが突っ込んで先頭を交わす勢い!フサイチホウオーもアドマイヤオーラとともにやってきたが届きそうにない!残り200、ウォッカが3番手から一気に先頭に立った!フサイチホウオーは失速、アドマイヤオーラが外からサンツェッペリンを交わすも3番手まで!ウオッカが先頭でゴール!2着には逃げ粘ったアサクサキングス、3着にアドマイヤオーラ、フサイチホウオーは7着、ヴィクトリーは9着に終わりました。

着順(5着まで&有力馬)
1 ウオッカ 2:24.5
2 アサクサキングス 3
3 アドマイヤオーラ 1.3/4
4 サンツェッペリン クビ
5 ドリームジャーニー 3/4
-----------------------------------
7 フサイチホウオー クビ
9 ヴィクトリー 1.1/4
11 タスカータソルテ アタマ

払戻金
単勝
3 1,050円
複勝
3 420円
16 2,140円
14 350円
枠連
2-8 1,990円
馬連
3-16 54,470円
ワイド
3-16 12,900円
3-14 2,000円
14-16 15,140円
馬単
3-16 97,890円
3連複
3-14-16 248,790円
3連単
3-16-14 2,155,760円


ウオッカに騎乗した四位洋文騎手はダービー初制覇、GⅠ9勝目となりました。ウオッカとのコンビとしては、昨年の阪神ジュべナイルフィリーズ以来のGI2勝目です。ウオッカの父はタニノギムレットで、2002年のダービーを制しており、これで父子制覇は史上5頭目となります。
ダービーを観戦していた安倍首相は、このレースを的中。しかも夫婦揃ってです。安倍首相はダービーでは勝ったんですが、他のレースで負けたのでマイナス収支。(目黒記念でも買ったんじゃないのか)本人は「また競馬場に来るぜ」とコメント。競馬が好きなんですね。じゃあ今度は浦和競馬場か大井競馬場で。(って地方競馬か!)
それにしても今年の牝馬は強い!ウオッカ以外にもダイワスカーレット、ベッラレイア、ピンクカメオ、ローブデコルテ、アストンマーチャンといった実力馬もいるから、「黄金世代」といっていいでしょう。このメンバーだったらカワカミプリンセスとスイープトウショウにもたぶん勝てるかもしれない。ウオッカは秋以降、凱旋門賞にも挑戦するらしいとの事で、国内での復帰戦はエリザベス女王杯orジャパンカップ以降になるかもしれません。
最後に一言、ウオッカの末脚とかけまして、アルコール度数と解きます。その心は、どちらも強烈です。(つまんない謎かけで本当にすいません。)
トラックバック (44)

今日のヒーローは広島内野陣のみなさんです(オイオイ)

2007年05月25日 | HAWKS



阪神との2連戦は1勝1敗で終えた福岡ソフトバンクホークス。今日から広島東洋カープとの2連戦です。現在絶不調の4番松中、この2連戦で結果を出して不振脱出してもらいたいんですが…。とにかく打ちなさい!小久保や多村だってホントは4番を打ちたいんだぞ。

ソフトバンクの今日の先発は新垣渚。
2回、この回の先頭打者・前田智徳にライトへの本塁打で先制されたソフトバンクは、3回に2死から大村のレフトオーバーの2塁打でチャンスを作ると、本多がライト線を破ると、俊足を生かす3塁打で同点に追いつきます。
4回、松中と小久保の連打、アダムの四球で無死満塁のチャンスを迎えます。ブキャナン見逃し三振で1死となり、バッターは森本学。逆転のチャンスでしたが結果は2塁ゴロ。しかし、2塁手・東出がまさかの悪送球!松中と小久保がホームイン、さらに1塁からアダムが一気にホームイン。走者一掃という形で逆転します。山崎内野安打のあと、大村を迎えます。走塁ミスで2死となったあと、センター前ヒットで1点を追加。この回4点を奪ったソフトバンクが5-1で逆転に成功します。
5回、広島・梵英心のタイムリーで1点を返されましたが、その裏に突き放します。2死からアダムがセンターへの2塁打。ここでブキャナンに代えて柴原が登場。追加点のチャンスでしたが、結果は3塁ゴロ。しかし、1塁へ悪送球してしまいアダムが生還。またしても広島内野陣のミスで1点を追加します。続く森本学がライト前ヒットでさらに1点追加。これで7-2。
7回、1死満塁で栗原の2塁ゴロの間に1点を返されると、4番・新井を迎えます。一発が出れば1点差の場面でしたが、新垣の151キロのストレートに見逃し三振。新垣、最大のピンチを切り抜けてお役ごめん。その裏にソフトバンクが満塁のチャンスを迎えましたが、山崎が凡退。代打を使うべきだった…。
9回、3番手の佐藤誠が登板しますが、先頭打者に2塁打を許すと、1死後梵英心に四球を与えてピンチを迎えます。ここで王監督は守護神・馬原をコール。馬原が出てくるとソフトバンクの勝利は決定的。馬原は後続の2人を打ち取って15セーブ目。ソフトバンクこれで両リーグ通じて30勝目一番乗りです。

ソフトバンク-広 島 1回戦
(ソフトバンク1勝、ヤフードーム、18:01、32571人)
C 010 010 100   3
H 001 420 00X   7
【投手】
(広)高橋、長谷川-石原
(ソ)新垣、篠原、佐藤、馬原-山崎

【責任投手】
(勝)新垣9試合5勝3敗
(S)馬原19試合15S
(敗)高橋5試合1勝1敗

【本塁打】
(広)前田智7号ソロ(2回、新垣)

今日は広島の守りのミスでソフトバンクが勝利。前回の試合で連続ヒットが止まった大村が2安打。4番・松中が4安打、うちレフトへの当たりが2本ありました。不振脱出に光が見え始めた松中、あとはホームランを打つだけです。チームも15安打で5試合ぶりの2ケタ安打。実にホークスらしい勝ち方でした。
先発の新垣は、7回9奪三振3失点で今季5勝目。今日は2暴投あったので、今季の暴投数は15個となり、リーグワースト記録まであと2つと迫りました。暴投のリーグ記録を更新することは不名誉なことですよ新垣さん。わかってるよね?
明日はガトームソンが先発。セリーグとの対戦は慣れているから大丈夫だと思います。明日は両チームともエラーだけはしないでください。
トラックバック (15)

想い、願い、ここに結晶 UEFAチャンピオンズリーグFINAL

2007年05月24日 | soccer
 
イスタンブールの奇跡から2年。ACミランVSリバプールの決勝がアテネで再現。ミランの雪辱か、それともリバプールの返り討ちか?ビッグイヤーを手にするのはどっちだ?

序盤からリバプールペースとなった決勝、前半10分にミラン守備陣のミスを突くと、ペナントがシュート!しかしミランGK・ジダがセーブ。その後ミランが反撃、カカの強烈ミドルを放ったが、リバプールGK・レイナがキャッチ。ミランはリバプールのディフェンス陣を翻弄するかのようなプレーでチャンスを作っていきます。22分、カカのマルセイユルーレットが炸裂!リバプールも必死でカカを止める。そのリバプールは、サイド攻撃で攻めまくる!右サイドのペナントから、ジェラードがシュートを放つも大きく外れてしまいます。さらに、シャビ・アロンソがミドルシュートを狙うも、今度は左に逸れてしまいました。
緊迫のまま迎えた前半終了間際、カカがゴール前で倒されてFKのチャンス!絶好のFKポジションを蹴るのはピルロ。ピルロの低いボールは、ゴールネットを突き刺さってミランが先制!しかしよく見ると…、ペナルティエリアにいたインザーギに当たっている!ピルロは自分が決めたと思っていたようですが、記録はインザーギのゴールとなりました。これで前半終了。
後半、リバプールはキューウェルを投入。17分、ガットゥーゾのパスミスを、ジェラードがインターセプト。ゴール前でジダと1対1!今度こそ同点か!?しかし、ジダがファインセーブ!リバプール超もったいない!リバプールは何でもいいから点を獲ろうとするも、ミラン守備陣の前に同点弾が奪えません。
そして後半37分、カカがキューウェルからボールを奪うと、オッドにパス。なかなかスペースが見当たらないのでちょっと繋いでからまたカカへ。カカはインザーギにスルーパス!ゴール前でレイナと1対1になってシュート。冷静に決めて2-0!これで勝負あったか?
しかし、リバプールはあきらめない!途中出場のクラウチが豪快なミドルシュートを放つがバーの上。後半も残り1分。ペナントの右コーナーキックから、アッガーのヘッドパス→カイトのヘッドで1点を返す!あきらめない気持ちが通じこれで1点差!しかし奇跡の再現は時間的にも厳しい。ロスタイムは3分。ミランはカカがダメ押し点を狙いに行くがリバプールの守備陣がなんとか制止。リバプールにとってはこの3分を大事にしたいところ。しかし、ラストチャンスもミランのスローインとなって万事休すでタイムアップ。ミランが2-1でリバプールを降し、2006-2007UEFAチャンピオンズリーグの頂点に立ちました。

いやぁ、いい試合でした。早起きして本当に良かった。水野晴郎じゃないけど、サッカーって本当に素晴らしいもんですね。これでミランは、4季ぶり7度目のチャンピオンズリーグ優勝。12月のクラブワールドカップ出場権を獲得しました。カカ、ロナウドが日本でどんなプレーを見せてくれるのかとても楽しみです。もしかしたら、シェフチェンコも噂ではミラン復帰もあるそうで、ロナウドとの2トップもあるかもしれません。(わからないけど)
開幕前はセリエAの八百長がバレて、チャンピオンズリーグ出場権剥奪という事態もありましたが、予選を勝ち上がってグループ予選進出。決勝トーナメントはセルティック、バイエルン・ミュンヘン、マンチェスター・ユナイテッドを降して決勝進出。そして、リバプールを降して優勝。開幕前の逆境を跳ね除けての優勝はある意味ドラマといっていいでしょう。本当におめでとうございました!
コメント (3)   トラックバック (42)

交流戦開幕!

2007年05月22日 | HAWKS

さあ、セリーグを叩き潰してやろうぜ!
今日からプロ野球交流戦。とにかく勝つことしか考えてません!まずは阪神との2連戦。この2連戦を連勝して波に乗りたいところです。今日は猛虎キラー・杉内が先発。2週連続完投勝利の勢いをそのままに、今日も勝ってもらいたい!

先発の杉内は、初回2死後シーツにヒットを許しますが、金本をショートフライに打ち取って3アウト。2回、2死2塁で矢野がライト前ヒット。2塁から濱中がホームを狙うが、ライト・アダムの好返球でホームで憤死!先制点を許しませんでした。
その裏、1死後柴原が四球で出塁。8番・森本学が、阪神の先発・福原の変化球を捉えると、右中間を破る2塁打!1塁から柴原が悠々とホームインし、ソフトバンクが先制します。
3回以降、杉内と福原の投げ合いとなります。杉内はランナーを許しても打たせて取るピッチングで反撃を許さないのに対し、福原はピンチを迎えても追加点を与えないピッチング。今夜は投手戦のようです。なかなか追加点が奪えないソフトバンク。なんとか2点目が欲しい所です。
7回、先頭の山崎がこの日2本目のヒットで出塁。大村は送りバントでチャンスを作るかと思いきや、バスターでライト前ヒット!無死1,2塁の絶好のチャンスを迎えたところで、阪神は福原から久保田に交代。JFKの一角が出たところで追加点は厳しいんじゃないかと思われました。しかし、このチャンスを逃してはいけない場面で本多が1,2塁間を破るヒットで1点追加!これで2-0。さあ、後は勝利へのカウントダウンを待つのみ!
8回、杉内は桜井と関本のヒットでピンチを迎えます。ここで杉内は降板。2番手は…、馬原が登場!バッターは今日杉内から2本のヒットを放っているシーツ。一発が出たら逆転の場面でしたが、初球を2塁ゴロで打ちとってピンチを脱出。
9回、馬原は虎のアニキ・金本に反撃の一発を浴びるも、後続を抑えてゲームセット!交流戦初戦を白星で飾りました。

ソフトバンク-阪 神 1回戦
(ソフトバンク1勝、ヤフードーム、18:01、31463人)
T 000 000 001    1
H 010 000 10X    2
【投手】
(神)福原、久保田、橋本健-矢野
(ソ)杉内、馬原-山崎

【責任投手】
(勝)杉内9試合7勝1敗
(S)馬原18試合14S
(敗)福原8試合1勝3敗

【本塁打】
(神)金本12号ソロ(9回、馬原)
(ソ)

まず1勝。「イエローダービー」第1ラウンドはソフトバンクが勝利。先発の杉内は、8回途中まで無四球無失点で今季7勝目。これで5連勝となりました。阪神ファンの熱い応援を消し去るような冷静なピッチングで、「猛虎キラー」ぶりを見せてくれました。
今日の勝因は、アダムの好返球と7回の大村のライト前ヒットの2つだと思います。1つ目は、2回のピンチの場面で矢野にライト前ヒットを打たれたとき、「ああ、今日も先制された」と思ったら、アダムの好返球でタッチアウトになった瞬間、流れがホークスに傾き、その裏に先制。2つ目は、7回無死1塁で大村がバントの構えを見せたんですが、3塁から今岡が前進してくるところを見て、森脇コーチと相談していました。KBCのインターネットテレビで、ちなみに、解説の西村さんが「三塁線をバスターでヒットを打てば最高だ」と話していたそうです。相談後、大村はヒッティングに変更。その結果、ライト線を破るヒットでチャンスメイク。この決断は本当に大きいでしょう。
明日は和田が先発。交流戦は通算7勝と得意としているので、好投に期待したいですね。そして、阪神に連勝で交流戦開幕ダッシュだ!
トラックバック (23)

早稲田ではしかが流行!ハンカチ王子は大丈夫か?

2007年05月21日 | Sports
早稲田大学は21日、30人の学生または大学院生が麻疹(はしか)に感染していたことが分かり、21日の4限から29日まで休講することが決まりました。休講に伴い、学内の立ち入りが禁止され、5万5千人に影響を受けることになりました。
ところで、ハンカチ王子こと斎藤佑樹投手が所属する野球部などの体育会系の部活動については、既にはしかにかかったことがある人や、免疫検査でOKだったら活動が認められ、免疫がダメだった場合は予防接種を受けて医者の許可が出たら活動できるそうです。
早慶戦で春季優勝が懸かっている早稲田大学野球部、決戦前に思わぬ試練が待っていた感じです。斉藤投手は昨日の明治戦での試合後インタビューを見ていて、顔にボツボツがあったので、まさかはしかじゃないよなと疑ってしまいました。ハンカチ王子が「はしか王子」にならなくて良かった…。(佑ちゃんファンのみなさんごめんなさい)とにかく、早稲田野球部には、はしかショックを乗り越えて優勝してもらいたい!斉藤投手が胴上げ投手だったら最高なんだけど。
トラックバック (2)

お知らせです!

2007年05月20日 | soccer
UEFAチャンピオンズリーグ決勝戦、リバプールFC VS ACミランの優勝予想のコメントを募集します。サッカーに興味の無い人もぜひご参加ください!締め切りは5月20日の23時59分まで。たくさんのコメントをお待ちしています!

注意事項
①決して「ミランやリバプールより、ソフトバンクホークスのほうが強い!」というようなボケコメントはやめてください!
②予想するときはガチでお願いします!
③正解したからってごほうびはありません!(これ重要だよ)
コメント (2)

6億円に届かず

2007年05月20日 | soccer
toto BIG1等6億円のチャンスが懸かった今週のJリーグ
結果はどうなった!?


まずはJ1から
①ガンバ大阪2-1柏レイソル …1
前半23分にバレーのゴールでガンバが先制。38分には二川の豪快ミドルで追加点。レイソルは前半終了間際に李忠成のゴールで反撃するも及ばず。

②アルビレックス新潟1-1鹿島アントラーズ…0
前半4分に鹿島・岩政のヘッドで先制するが、15分に新潟・深井がドリブルから持ち込んで同点。その後、両チームとも勝ち越し点が奪えずドロー。

③名古屋グランパス1-2浦和レッズ…2
浦和は前半27分にポンテのCKからネネが頭で合わせて先制。ところが、35分に左サイドからのクロスをヨンセンが押し込んで名古屋に同点とされてしまう。後半39分にワシントンが決勝点を挙げて4月29日以来の勝ち点3をゲット。レッズ2位浮上!

④大分トリニータ2-0川崎フロンターレ…1
ニンニク注射事件で出場停止だった我那覇が復帰したフロンターレ。しかし、大分に2点を奪われてしまう。攻撃陣は何度もチャンスを作るもゴールネットを揺らせず完封負け。今週の番狂わせとなった。

⑤大宮アルディージャ1-0横浜FC…1
豪雨の中で行われた"裏天王山"対決は、後半38分に大宮・富田が決勝点。敗れた横浜FCは最下位転落。なお、この試合は前半20分から20分間中断していました。

⑥ジェフ千葉1-3サンフレッチェ広島…2
広島はウェズレイが大暴れ!前半6分にPKを決めると、23分、36分にも右足でゴールを決めてハットトリック達成。これで自信8度目のハットトリック達成。得点王争いも単独首位。
一方、千葉は羽生直剛が脳震盪で途中交代。チームの不甲斐なさにサポーターも激怒。現在入れ替え戦エリアの16位。アマル・オシム監督の苦悩は続く。ホークスファンは選手に優しすぎる、選手に罵声を浴びせるジェフサポを見習うべきだ。

⑦ヴァンフォーレ甲府0-0清水エスパルス…0
富士山ダービーはお互い決定力を奪えずスコアレスドロー。

⑧ジュビロ磐田2-3ヴィッセル神戸…2
ヴィッセルは序盤の近藤とレアンドロのゴールでリードするも、中盤はジュビロのカレンロバートと成岡のゴールで追いつかれてしまう。両チーム2-2で迎えた後半31分、レアンドロのこの日2点目のゴールで勝ち越して勝利。

⑨横浜Fマリノス0-1FC東京…2
停滞する状況を打破したのは、東京・福西のロングシュート!これが決勝点となり、FC東京が連勝!

続いてJ2!セレッソに夜明けは来るのか?
①コンサドーレ札幌3-0水戸ホーリーホック…1
札幌は前半1分にダヴィのゴールで早々と先制。その後カウエと曽田のゴールで2点を追加したコンサドーレが3-0で快勝。J2首位キープです。

②ザスパ草津0-1京都サンガ…2
0-0、スコアレスドローで終わるかと思われた後半ロスタイム、京都はセットプレーから徳重が合わせてゴール。一方、草津はチカの退場が痛かった。

③アビスパ福岡1-2サガン鳥栖…2
前半33分、福岡はコーナーキックから宮本が合わせて先制。しかし後半は一転して鳥栖ペース。後半15分に藤田のヘッドで同点とすると、24分には高地が決めて逆転!九州ダービーは鳥栖に軍配。

④東京ヴェルディ1-0湘南ベルマーレ…1
前半38分に福田が2枚目の警告で退場処分となり、10人で戦うことになったヴェルディだったが、後半37分に吉武のゴールで勝利。一時は連敗街道をひた走っていたヴェルディ、ようやく立ち直ったか。

⑤セレッソ大阪0-2愛媛FC…2
クルピ監督で心機一転を図るセレッソだったが、前半18分に愛媛・田中に先制を許すと、後半13分には三木良太に追加点を決められてジ・エンド。新体制で黒星スタートのセレッソ。この先どうなるのか。

対象外の試合:ベガルタ仙台1-2徳島ヴォルティス
前半終了間際、仙台の中島が先制点を挙げる。しかし、後半は徳島ペース。後半5分に丹羽のミドルで同点。終了間際に石田のヘッドで逆転勝利。仙台は2人の退場者を出してしまったのが敗因。イエローカード8枚が出る荒れた試合となった。

さて、フロンターレ敗戦の番狂わせがあった今週のJリーグ。1等6億円が懸かった第279回toto BIG の結果は!?
1等が7口出ました!気になる当選金額は…
5億6313万2913円でした!
残念ながら6億円の夢は消えてしまいました。1等が6口だったら6億円でした。さて、今回のBIGの売り上げは約61億2000万円、投票口数は約2040万口、売り上げ枚数は324万枚となりました。かくして、2週間にわたった一攫千金物語はこれにてお開き。もし、フロンターレが勝っていたら当選者がもっと増え、5億円を切るか切らないかでした。6億円を獲りたいなら、番狂わせを信じるしかないんだと思いました。
コメント (2)   トラックバック (12)

麺かたコッテリ! 5.17

2007年05月17日 | マキシマムザホルモン
3度の飯より飯が好き!
マキシマムザホルモンの麺かたコッテリ!

おっ、タイトルコールがスタッフ全員叫んでる!後は仕事です。お疲れっした!
今夜はゲストが来ております。ちなみに大田区から来ております。これで4度目かな?収録前、ディレクターのクラさんが一体感を出すために帽子をプレゼントしたらしいです。
さて、早速ゲストを紹介しましょう!B-DASHの皆さんです!
はじめに言っておきます。メンバー皆さんちょっとオカしいです。ホルモンとB-DASHはブレイクする前から親交があるとのこと。数年前、ナイナイのオールナイトニッポンで、ボーカルのGONGON(勇太さん)の妹が可愛いという話がありました。ゲストに出演した当時、メンバーの1人が童貞だったらしいのですが、既に卒業したそうです。また、エルレガーデンのボーカルが泊まっている部屋に雪球を入れようとしたことのエピソードもありました。B-DASHのみなさんシミユウに興味ありありですよ!
結構ハイテンションですねー。ついていけるのがいっぱいいっぱいです。で、何しに来たのと質問されたんですが、記念アルバムの宣伝に来たんですよね。
あら、もうエンディングですか。B-DASHは来週も来てくれるそうです。「来週も着てくれるかな?」「いいとも!」さて、今回の結成10周年記念パックは、リードソングコレクションのアルバム&PVのDVDクリップ集がついてます。
それでは、エンディングはもちろんオイニーはん!改めエロ声はん!もちろんB-DASHも着いてます!今週のエロ声はんは、GONGON!それでは、お願いします!GONGONのエロ声どうぞ!
「お゛ーーーーーーーっ!!!」童貞魂見せ付けてくれました!ありがとうございます!来週もB-DASHといっしょ!
トラックバック (1)