日刊魔胃蹴

暑すぎてつらい。

マキシマムザホルモンの肉に撃たれて眠りたい 2011.7.26 PART2

2011年09月30日 | マキシマムザホルモン
7月26日放送の「肉に撃たれて眠りたい」は、ゲストにET-KINGからイトキンさん、TENNさん、ゼンコウさんの3人が登場。スタジオ登場前に電話でイトキンさんが「山田」に扮すれば、「数字(聴取率)が取れる」と豪語していました。後半戦もホルモン&ET-KINGが大暴れだっ!

「さあ全部言い切った!遊ぼうぜ~!」の後、TENNさんが「センコウさんがダイスケはんに連絡するでしょ」と明かし、過去にセンコウさんがだいぶ待ちぼうけして、1人で3時間も飲んでいたという。ダイちゃんの「行けたら行くわ」という電話があった後、センコウさんは「家で待っても良かったけど、会いたなってもうた」とダイちゃんにとても会いたくて仕方なかったという。ダイちゃんのメールを待っていたけど、1時間、2時間経っても来ない。3時間後に「今日無いな。帰ろう」と諦めて帰宅。
この話を聞いたイトキンさんは、「センコウの純粋な気持ちを踏みにじりやがって!」とダイちゃんの行動に怒ってましたが、ダイちゃんはすぐに「踏みにじってないわ!弄んでいるだけや!」と反論しておりました。ダイスケはん、約束をすっぽかしちゃダメですよ。

ホルモンとET-KINGは異様に仲が良く、昨年の「長田大行進曲」(ガガガSP主宰のロックフェス)の他に、武道館でのスペースシャワーTVのイベントの打ち上げで顔を合わせ、ビンゴ大会でET-KINGとホルモンが当たり、イトキンさんが「何かの縁やな」と感じたそうです。最初は挨拶程度だったけど、クラブでセンコウさんが来てくれて、ダイちゃんに「好きです」と告白。ナヲちゃんが「付き合ってください」→ダイちゃんはゲイじゃありません。告白された後、3時間も待たされて「メール来ないなあ」言って、TENNさんが「うちのセンコウ弄びやがってぇ~!!」と怒る。
ダイちゃんによると、センコウさんはホルモンの事が凄い好きで、DVDとかも買ったり、自分の番組でホルモンの曲をかけた事があるそうです。だからクラブでダイちゃんと会ったときに「好きです」と握手を求めてたんですね。さらにセンコウさんは、「爪爪爪/『F』」の特典「いい粉持ってるんですよ!」と明かす。しかし、「いい粉」所持者が参加できるフリーライブには行けず。ダイちゃんに「本名で応募して来いよ」と言われました。ちなみにセンコウさんの本名は「浜中千弘」です。ナヲちゃんに「この子は落選」、TENNさんに「恋破れたな」と散々言われっ放し。センコウさんかわいそう…。

ダイちゃんとセンコウさんの友情トークはこれくらいにして、次は昨年の長田大行進曲でのイトキンさんの姿を皆さんで聴くことに。その時の模様がこんな感じでした。
①ナヲ:「ET-KINGが酔い過ぎ!」
ダイ:ガガガやってる時に突然上半身裸でお絵かき一杯の奴が現れて…。
ナヲ:客席からあたしの肩、ボーン!と弾かれて飛びそうになったら、ステージから飛んでったヤツが1人いた。
ET-KINGのイトキンがいきなりかりゆし58の前川(前川真悟さん)を携えて、2人で上裸でステージに上った。
③アンコールの「にんげんっていいな」で、神戸オールスターズのノリに煽られたのか、イトキンと前川さんと再び上半身裸姿で登場。最終的には神戸オールスターズも裸になった。
⑤「センコウが『僕はちょっと帰ります』と言って、バイバイしてたんですよ」と他のメンバー達が次の仕事が控えているため帰って行ったけど、イトキンさんは再びライブ会場に戻り、上半身裸のまま「ワシの服が!ワシの服が!」と楽屋裏を歩き回り、最終的にはガガガSPからショッキングピンクのTシャツ(余り者)を貰って帰って行った。

上半身裸でウロウロ&Tシャツの件についてイトキンさんは、「あん時は『Tシャツあらへん!』言うて探しとったら、ガガガのギター・山本君が『僕の着てください!』と言って、ピッチピチのSサイズのを着て、マキシマムのバスに乗って山下ろされ、『ピッチピチのオッサン、神戸の街を行く』みたいになった」と語りました。体格のいいオッサンがSサイズのショッキングピンクのTシャツを着て歩くのは相当恥ずかしかったろうなあ。変質者に見られてたかも…。「あの日はめっちゃ怒られましたわ」そりゃ脱いだイトキンさんが悪い。
他のメンバー達が「帰るよ!」と言って引っ張ろうとしたけど、イトキンさんは「ワシは楽しい!帰らへん」とその場に残ると訴えてました。TENNさんは「パッとね、横見たら、裸で今行こうとしている男を止められます?」とホルモンに話しかける。それは止められない。1回引っ張って後ろに戻したけど、「後ろを見たら犬みたいにブワァ~っと走る」。「ノンちゃん、戻ってきなさい!ノンちゃん!」と言うナヲちゃん。イトキンさんは犬ではありません。
「バカ犬」ことイトキンさんが荒らしまくり、長田大行進曲のDVDが発売された時は「イトキンがおかしい事になってるから発売できない」と事務所から怒られて、その影響からか今年の夏フェスには呼ばれなかったという。事実上の出入り禁止ですな。みんなに「頼むで~」と叱られたイトキンでした。ナヲちゃんは「これを聴いてるバンドマンの方々、気を付けてくださいよ」とバンドマンたちに注意を呼びかけました。

ET-KINGは収録前日まで全国ツアーを行い、大阪でガガガSP、福岡でかりゆし58、名古屋でnobodyknows+と共演。最後のセッションではさすがに上半身裸にはなりませんでした。「またやったらいろんな障害が出てくる」だよね。
打ち上げの話で、ホルモンの場合は飲んで喋ったりと至って普通ですが、イトキンさんは「もう全然0点!マキシマムがそれじゃイカンと思う」と激辛評価。ET-KING流の打ち上げは、「30越えてから一気飲みを始める」ファイナルだけみんな無理して一気飲みし、すぐフラフラになってトイレへGO。ET流の打ち上げにダイちゃんたちも同意し、TENNが「ライブ無しで打ち上げやろう」と提案。それただの飲み会じゃん!

最近は東京の一軒家に借り住まいだというET-KINGですが、ナヲちゃんは「ウチの近くでしょ」と発言。じゃあイトキン達とナヲちゃんはご近所同士ってこと?「ウチの前の道を真っすぐ行ったら行けるはず」いつでも行けるなあ。「近所の道で裸で歩く」イトキン、警察に捕まるだろ!TENNさんが「出れんのライブだけじゃなくなるぞ!」と激怒。逮捕されたらET-KING無期限で活動できなくなるかもしれませんよ。そんなイトキンさんは結婚して奥さんもいます。
最後に「コントミュージカル 焚き火」の事を話し、吉本の芸人たちと共演していると明かしました。あと、「京橋花月」のテーマソングも担当し、浪速のモーツァルトことキダ・タローさんが作曲し、坂田利夫師匠がボーカルに参加。「お祭り集団、浪速のモーツァルト、アホ」という豪華コラボだ!その結果、「まとまったらアホでした」あらまー。ET-KINGの皆様、楽しいトークありがとうございました。



そんなわけで、7月26日分のレポを書き終えたわけですが、ホルモンのHPを見ていたら、「肉に撃たれて眠りたい」が9月27日を以って終了していたことが判明。ええーっ!?まだ7月分しか書いてないのに…。10月以降は「マキシマムザホルモン ダイスケはん&ナヲの『ギンギラギンにさりげ肉』」がスタートします。「ギン肉」はJFN系(TOKYO FMがキー局)全国10局などで放送予定。Podcast配信してくれたら嬉しいのですが…。仕方ないので肉撃たの残り放送分もレポしなきゃ…。




にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ




  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

福田と明石の若手コンビが暴れ回って連日の快勝!リーグ連覇までもう少しだぁ~!

2011年09月29日 | HAWKS

27日は打線が大量10得点を奪い、ホールトン投手が完投で16勝目を挙げて、日ハムに圧勝し、優勝マジックを「5」とした福岡ソフトバンクホークス。28日もヤフードームで北海道日本ハムファイターズと対戦しました。ソフトバンク・和田毅VS日ハム・武田勝の左腕対決となった2戦目もホークス打線が繋がりを見せました。


スタメンはこちら。前日と変わりません。
1(遊)川宗則
2(二)本多雄一
3(左)内川聖一
4(三)松田宣浩
5(指)多村仁志
6(中)長谷川勇也
7(右)福田秀平
8(一)明石健志
9(捕)細川 亨
 (投)和田 毅


初回、ホークス先発の和田は、陽岱鋼と杉谷のハムの1,2番を共にライトフライに打ち取り、2死後に糸井にヒットを許すも小谷野レフトフライで0点に抑えます。その裏のホークスの攻撃で、本多がヒットと盗塁で2塁まで進んだが、内川と松田が凡退して無得点…。得点圏だったのに。
2回、和田が中田翔と鵜久森淳志から2者連続三振を奪って3者凡退に抑えると、2回裏に1死から長谷川が右中間への2塁打を放つと、福田の送りバントが内野安打。さらに福田の二塁への盗塁が決まり、1死2,3塁の場面で、明石が武田勝のスライダーを打ち上げてライトへの犠牲フライ。3塁から長谷川が生還して1点を先制します。
1点の援護を貰った和田は4回、先頭打者の杉谷に死球を与えると、糸井のヒット、小谷野犠打、稲葉敬遠で1死満塁の大ピンチを背負います。タイムリーを浴びれば逆転されるかもしれない場面で、中田翔をストレートで見逃し三振に仕留めると、続く鵜久森を1塁ゴロに打ち取り3アウト。満塁とされながらも後続を抑えてピンチを凌ぎました。
その直後、ホークスは先頭の松田がレフト前ヒット、続く多村もレフト前に弾き返し、連打で無死1,2塁とすると、長谷川の犠打で1死2,3塁と追加点のチャンス。ここで福田が武田勝の2球目のスライダーを捉え、センター前へのタイムリーヒットで1点を追加。打った福田は明石の場面でこの試合2度目の盗塁を成功。1死2,3塁で明石がライト前タイムリーを放ち、2人が生還して4-0!細川もヒットを打って1死1,3塁とチャンスは続き、川崎2塁ゴロ(細川2塁封殺)の間に更に1点を追加。ホークスはこの回、2本のタイムリーなどで日ハム・武田勝から4点を奪い、5-0としました。
6回、5回まで日ハム打線を無失点に抑え続けている和田は、小谷野と中田にヒットを許して2死1,3塁と反撃のピンチを招きましたが、鵜久森をチェンジアップで空振り三振を奪い、日ハムの反撃を許さず。その裏に長谷川の四球、福田のヒットで無死1,3塁と追加点のチャンスを作り、明石の併殺打の間に6点目。7回には本多と内川の連打で1死1,3塁とし、松田の犠牲フライで7点目が入りました。
和田が7回を投げ終えて降板した後、8回に2番手の森福、9回の3番手・ブラゾバンが日ハム打線を0点に抑えて試合終了。打線が武田勝を攻略し、完封リレーでまたしても日ハムに快勝しました。


試合結果 パ・リーグ 2011/09/28(水)
ソフトバンク-日本ハム 22回戦 
(ソフトバンク15勝6敗1分、ヤフードーム、18:00、30990人)
F 000 000 000  0
H 010 401 10x  7
【投手】
(日)武田勝、谷元、榊原-鶴岡、大野
(ソ)和田、森福、ブラゾバン-細川
【責任投手】
(勝)和田24試合14勝5敗
(敗)武田勝23試合10勝11敗


今回の試合もホークスが投打で相手を圧倒しました。4回に和田投手が満塁のピンチを凌ぐと、その直後にホークスが武田勝投手から4点を奪いました。まさに「ピンチの後にチャンスあり」の言葉通りの試合展開でしたね。試合も7-0でホークスが快勝。3連勝で優勝マジックを「3」とし、日ハム戦での連勝を7に伸ばしました。敗れた日本ハムはこれで9連敗と泥沼から抜け出せず。ホークスと日ハムの差は12.5ゲーム差、3位のオリックスが勝ったため、2位と3位のゲーム差は1.5差に縮まりました。それにしても最近のパリーグは、日ハムとロッテが連敗地獄に嵌まってますね…。
先発の和田投手は、7回まで30人の打者と対戦し、112球を投げて被安打6・8奪三振・3与四死球・無失点でした。4回以降はランナーを出し続けた和田投手でしたが、相手の拙攻にも助けられ、0点で切り抜き続けました。無失点ピッチングでエースの貫録を見せ、今季14勝目です。
打線の方は先発全員安打の11安打。この日は福田選手と明石選手の若手2人が大いに活躍しました。明石選手が先制犠牲フライ、2点タイムリーヒットで3打点を挙げると、福田選手はこの試合4打数3安打と自身初の猛打賞。4回の第2打席ではセンター前ヒットでを放ち、2試合連続タイムリーをマーク。さらに盗塁を2回成功。試合後のヒーローインタビューでは、お立ち台初経験ということで緊張&照れまくりでした。福田選手と明石選手の2人には今後もスタメンで活躍し、いつかはホークスを引っ張る存在になってほしいですね。
29日の3戦目は、ソフトバンク・山田大樹、日本ハム・ダルビッシュ有が予告先発となっています。マジック1をかけた大事な試合ですが、ハムの連敗阻止&2位死守に必死なダルの前に、ノリノリなホークス打線も沈黙しそうな予感。勝てるかのう…。



にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ




  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ホールトン完投&打線爆発で圧勝!勢いの差が全然違うね。

2011年09月28日 | HAWKS

リーグ連覇までマジック7としている福岡ソフトバンクホークスは、27日から福岡ヤフードームで北海道日本ハムファイターズとの3連戦が始まりました。この3連戦はドーム全体が「チャンピオンブルー」に染まり、ファンがホークスを後押しします。ホークスと日ハムは首位争いを激しく展開してきましたが、ホークスにマジックが点灯して以降、日ハムは連敗続きで、ホークスは順調にマジックを減らし続けています。いつしかゲーム差も10.5差まで拡大。最後の3連戦第1ラウンドの27日は、ソフトバンク・ホールトン、日本ハム・ウルフの両投手が先発し、序盤から勢いの差が表れました。


27日のスタメンはこちら
1(遊)川宗則
2(二)本多雄一
3(左)内川聖一
4(三)松田宣浩
5(指)多村仁志
6(中)長谷川勇也
7(右)福田秀平
8(一)明石健志
9(捕)細川 亨
 (投)ホールトン
この日は和製打線で臨み、松田が2試合連続で4番、5番DHに多村が入り、ファーストに明石が先発出場。


1回、今季16勝目を狙うホールトンは、日ハム上位打線を簡単に3者凡退に打ち取り、無失点の上々な立ち上がりを見せます。その裏のホークスの攻撃は、先頭の川崎がウルフの5球目を打ち返してレフト前ヒットを放ち、この後本多の犠打、内川四球で1死1,2塁と先制点のチャンスを迎えます。しかし、松田と多村が三振に倒れて2者残塁。初回のチャンスを活かしきれません。
ホークスは2回、先頭の長谷川が2塁内野安打で出塁すると、福田がきっちりと犠打を決め、続く明石が遊撃内野安打で1死1,3塁。先制のチャンスに細川がボテボテの捕手ゴロのはずが、1塁のベースカバー不在で細川セーフ。日ハム内野陣は何をやってるんだ?この間に長谷川が生還し、細川のタイムリー内野安打で1点を先制。
なおも1死1,2塁で川崎が甘く入った変化球を捉え、センター頭上を越えるタイムリーヒット。明石生還で2点目が入り、1塁走者の細川も本塁を狙ったが残念ながら憤死。打った川崎は3塁進塁(記録は2塁打)。2死3塁となり、本多が右中間を破るタイムリー3塁打でもう1点追加すると、続く内川がライト前ヒットで4点目。この回は5連打&4連続タイムリーが生まれ、日ハム先発・ウルフから4点を奪いました。
2回に4点を取ったホークス打線の勢いは止まらず、3回に2死3塁で明石が左中間へのタイムリー2塁打で5点目を奪うと、4回は1死2塁の場面で内川のセンター前タイムリーでまた1点を追加。この後、松田のヒット、長谷川の死球で2死満塁とチャンスが拡がり、福田がレフト前にポトリと落ちるタイムリーヒットを放ち、内川と松田が生還して2点追加。4回は2本のタイムリーで3点を挙げ、8-0と大量リードを奪います。
ホールトンは2回以降も危なげないピッチングを続け、4回まで日ハム打線をパーフェクトに抑え、5回に小谷野と稲葉を打ち取って2死とした後、中田翔に初ヒットを許したものの、後続を抑えて0点。5回までわずか1安打と寄せ付けません。
6回、ホールトンが3者凡退で0点に抑えると、その裏に先頭の内川がレフト前ヒットを放つと、左翼手・中田が後逸する間に2塁に進塁。続く松田が、日ハム2番手・多田野の初球スライダーをすくい上げ、右中間への打球は伸びてそのままスタンドイン!4番・松田の2ラン本塁打で2点を追加し、これで2ケタの10点目。
大量援護を貰ったホールトンは、7回に糸井にライト前ヒットを許しましたが、続く小谷野を併殺打に打ち取りこの回も0点。完封勝利も見えてきた8回、中田翔にカーブを狙われ、レフトスタンドへの一発を浴びてしまい、1点を失いました。そして9回、2本のヒットを許して1死1,2塁とピンチを背負うも、糸井を空振り三振、小谷野を2塁フライに打ち取り試合終了。ホールトンが9回完投、打線も2ケタ得点を奪い、ホークスが投打でハムを圧倒しました。


試合結果 パ・リーグ 2011/09/27(火)
ソフトバンク-日本ハム 21回戦 
(ソフトバンク14勝6敗1分、ヤフードーム、18:01、30891人)
F 000 000 010  1
H 041 302 00x  10
【投手】
(日)ウルフ、多田野、宮西、榊原-大野、今成
(ソ)ホールトン-細川
【責任投手】
(勝)ホールトン23試合16勝6敗
(敗)ウルフ24試合12勝9敗
【本塁打】
(日)中田15号ソロ(8回、ホールトン)
(ソ)松田24号2ラン(6回、多田野)


ホークス強いな~!ホークス打線が日ハム先発・ウルフ投手を攻め立て、4回まで8点を奪いノックアウト。2回の3本の内野安打が非常に効いたし、細川選手のラッキーな先制打で一気に流れが向きましたね。6回には松田選手が4番初アーチとなる2ラン本塁打で突き放しました。投げてはホールトン投手が1失点の完投。10-1の完勝で3連戦の初戦を制し、チームも2連勝。VS日ハム戦は引き分けを挟んで6連勝となりました。一方の日ハムは泥沼の8連敗、振り向けばオリックスと西武が迫っている…。悪い意味でヤバくないか?
先発のホールトン投手は、9回まで打者31人と対戦して106球を投じ、被安打5・6奪三振・無四球・1失点。初回から4イニング連続で3者凡退、7回まで0点に抑え、日ハム打線に対してフライの山を築く好投。8回に中田翔選手にホームランを浴びて完封こそなりませんでしたが、失点はこの1点のみ。今季3度目の完投勝利で16勝目を挙げ、日ハム戦では今季3戦3勝とハムキラー健在。パリーグのハーラーダービーでも日ハムのダルビッシュ有、楽天・田中将大に並んでトップタイの成績。大逆転の最多勝もあるかも?
打線の方はチーム全体で15安打と打ちまくり。多村選手にヒットが出れば先発全員安打でした。多村いい加減働けえ!内川選手が3打席連続ヒットで猛打賞を獲得し、2打席連続タイムリーで2打点を挙げ、今季67打点目と自己記録に並びました。長谷川選手も3安打の猛打賞。塁しました。24号本塁打の松田選手は2安打2打点と4番の役割をしっかり果たしました。主力選手に負けじと若手も先発起用に応え、福田選手が4回に2点タイムリーヒットを放てば、明石選手は2安打1打点。小久保選手と松中選手を欠いても打線は元気いっぱいです。
ホークスは日ハムに11.5ゲーム差に拡げ、優勝マジック5と優勝へまた一歩前進。28日の予告先発は、ソフトバンク・和田毅、日本ハム・武田勝の左腕対決。ホークスは武田勝投手から3勝しております。和田投手の好投&武田勝攻略でマジック3と行きたいところです。水曜日も負けないのダ。



にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ




  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

マキシマムザホルモンの肉に撃たれて眠りたい 2011.7.26 PART1

2011年09月27日 | マキシマムザホルモン
3度の飯より飯が好き!マキシマムザホルモンの…
肉に撃たれて、眠りたぁ~い!!

7月26日に放送された「肉撃た」は、3本録りの3本目。前回の収録で難波章浩さんがサプライズゲストで登場し、怒鳴り(タイトルコール)を貰いました。すぐ流れるのかと思ったけど、「すぐ録ったばかりや」、「まだ編集してなかった」楽しみにしていたナヲちゃん、残念でした。

ダイスケはんとナヲちゃんは2本目(19日放送)の興奮がまだ冷めやらない状態です。ハイスタの話で、ナヲちゃんが「小学校の時、学校の先生って、言い方悪いけど『先生という生き物』っていうかさ、あくまで先生であって、学校以外の生活を考えた事無い」確かに先生を学校以外で見たということはあまりないですよね。
「Hi-STANDARDも自分たちが見ていた頃のイメージしかなく、普通にスタジオに入っていた事も想像つかなかった。自分がバンドになってやっていると、ハイスタとかも『スタジオいつ空いてるの?』とか、『いつやってるの』、『○日に取れたよ』、『1曲目何合わせようか』とかみんなでスタジオに入ってたんだな~と思った」ナヲちゃんは難波さんにハイスタの裏話を聞けた事に満足しておりました。ハイスタも練習スタジオを探すのに苦労していたんですね。
ダイちゃんは「今まで丸5年と107日目、井上ディレクターいい仕事した!」と褒めておりました。井上さんもこの時ばかりはピリピリムードでした。難波さんと出会えた事で、AIR JAMへの思いが更に高まった事でしょう。

今回もまた何かがあるらしく、ダイちゃんが「もう1回難波さん来たらビックリするよ!」それは150%あり得ない!「難波の天丼」美味しそうだなあ。リクエスト曲「What's up people?!」が紹介された後、電話の着信音が鳴り響く…。果たして電話の主は?5回以上鳴り響き、「呼んできたら?」と井上さんに指示した後、「延ばして、延ばして、三瓶で~す」三瓶…。ナヲちゃんが「もしもツアーズしか出てないからね」そうだよなあ。10回鳴っても全然出ないと思ったらでた…。
声の主:「もしもし?○△□×?なんだけど…」ボイスチェンジャー使ってないか?ナヲちゃんたちも「えっ?」と困惑。ワシャワシャして聞きとれましぇん。
声の主:「もしもし?わしやがな。わしや。山田やけど」山田って誰?
ダイ:「すいません。間違えました」間違い電話だったので、ホルモン側から引き取ろうとしたけど、山田さんは「間違うてへんで!ワシや!」と粘る。
するとその時、電話の主である山田さんがスタジオにやってきました~。ホルモンの2人が「あーっ!!」と驚いてます。2週続けてのサプライズゲスト登場!しかもたくさん来てるみたいで、ナヲちゃんが「一気に暑苦しくなったぞー」、ダイちゃんが「臭いぞ~」酒と汗のニオイで充満か?ゲストの人たちが「犯しに来たぞー!」「揉んでくれへんから来た!」ってナヲちゃんの体目当てか?カンペには「今週も不安ですが、流れに身を任せて大丈夫」と書かれてありますが、ダイちゃんたちは不安いっぱいです。

さっそく自己紹介すると、「みなさんどうも!ET-KINGです。リーダーのイトキンです。」あぁ~っ!ET-KINGかあ。「おまえとおったらおもろいわ どこのどいつもかなわんわ~♪」(愛しい人へのサビの一部です)イトキンさんの他にもTENNさん、センコウさんも遊びに来てくれました。今回は面白そうだなあ。
最初の電話でナヲちゃんたちが間違い電話と勘違いし、2回も電話に出なかった理由について、TENNさんが「何の事でワシも電話なんかようわからんかった」、「いきなり電話を渡されて戸惑っとったんや」と語り、イトキンさんは「とりあえず山田です言うとった」と偽名を使いました。「タッチするやつとか触った事無い」スマートフォン未経験なのね…。「育ちの悪そうな声はしてたけどね」とダイちゃんが言うと、直後にTENNさんが「こらこら!育ちが悪い人にそんなん言うなコラァ!」言い返す。
前回は難波さん、今回はET-KINGがゲスト。改めて「どうも!数字が取れるET-KINGです!」と自己紹介!いいねー!若者リスナーのハートを鷲掴んでますよ。ガブっとね。「数字が取れる」と豪語してるので、聴取率を調べる予定。「やめて!そうなったら次が怖い!」とちょっとビビるイトキンさん。低かったら呼ばれませんよ。

ET-KINGは放送翌日の7月20日にアルバム「応援歌集」をリリースし、さらに9月14日にはNEWシングル「約束/情熱のランナー」を発売しました。曲紹介ではナヲちゃんが「はい」と一言だけ。雑すぎるっ!それに「ET-KINGのみなさんでーす」とタモリさんのマネをやってました。その直後、イトキンさんが突然睨み出し、「屁がしたい」と訴える。それに対しみんなが「やめて!」と注意。ウンコ漏らしたら放送事故ですよ!
もうひとつ、9月17・18・19日に京橋花月で行われた「ET-KING presents コント・ミュージカル ET-KING歌笑劇 ~焚き火~」が、12月2日と3日に東京・新宿FACEで行われます。「気になる方はホームページで」Byイトキン。(詳細東京公演)ダイちゃんたちに「ウンコ我慢してるくせに」と言われながらも、しっかりとPRしております。
また、FM大阪でレギュラー番組を持っており、毎週木曜日に「PEACE!」の番組内のコーナー「ET-KINGのパーっと行こう!!!!!!!」、金曜日に「ET-KINGのパーっと行こう! ~大阪元気にしたるわい~」を放送中。

TENNさんが「さあ全部言いきった。遊ぼうぜ~!」と言った瞬間、みんなで「イエーイ!」と絶叫。「俺たちは自由だぁー!」と叫ぶナヲちゃん、「リスナーついてこいよ~」とダイちゃんが語りかける。ここからが本番ですが、この続きは後半戦で!余談ですが、TENNさんとセンコウさんの声が似てる…。



にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ




  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ホークス楽天との最終戦に勝利!CS出場決定&V2までマジック7!

2011年09月26日 | HAWKS

土曜日は大場翔太投手が炎上し、ホークス打線も楽天エース・田中将大の前に完封され、0-8と惨敗を喫しました。しかし、2位・日本ハムも敗れたため、優勝へのマジックナンバーが9となりました。クリネックススタジアム宮城で行われている「東北楽天ゴールデンイーグルスVS福岡ソフトバンクホークス」は、25日が今季最終戦。この日はソフトバンク・攝津正、楽天・長谷部康平の先発で始まりました。


スタメンはこちら
1(遊)川宗則
2(二)本多雄一
3(左)内川聖一
4(三)松田宣浩
5(指)オーティズ
6(中)長谷川勇也
7(右)多村仁志
8(一)福田秀平
9(捕)細川 亨
 (投)攝津 正
カブレラが左足痛によりスタメンから外れ、松田が4番に座り、オーティズが5番DHに入りました。


初回、ホークスは上位打線が長谷部の前に3者凡退に倒れ、その裏に攝津が2死から高須にヒットを浴びたものの、山崎武司をストレートで見逃し三振に仕留め、無失点と上々の立ち上がり。2回、先頭の松田が内野安打で出塁すると、オーティズの場面で2塁への盗塁成功。さらに悪送球で3塁まで進塁。1死3塁と先制のチャンスに長谷川が長谷部のストレートを打ち上げ、センターへの犠牲フライ。3塁走者・松田が生還し、ホークスが1点を先制します。
先制点の援護を貰った攝津は、3回に嶋と聖沢から連続三振を奪い、松井稼頭央を打ち取って3者凡退。4回は2死から山崎と中村に連打を浴びて1,2塁と得点圏に走者を背負いましたが、ガルシアをシンカーで空振り三振に仕留めて同点を阻止。5回も得点圏にランナーを出しましたが、後続を打ち取り0点。前半5回を投げ終えて無失点ピッチング。
6回、ここまで無失点の攝津は、先頭の内村に内野安打を許し、2死後に中村に四球を与えて1,2塁と3たび同点のピンチ。ここでガルシアにスライダーを狙われ、打球は3塁手・松田のグラブを弾いてレフト前へ。2塁走者が生還して同点に追いつかれてしまいます。
1-1の同点で迎えた7回、ホークスは先頭の内川がヒットで出塁。しかし、続く松田が最悪のダブルプレー。その裏、攝津が簡単に3者凡退に打ち取りました。8回には長谷川がヒットを放ち、2イニング続けて先頭打者を出すも、後続が凡退。8回裏にファルケンボーグが2つの三振を奪う好投で3者凡退。
同点のまま9回に入り、ホークスは先頭の川崎が相手のエラーで出塁し、本多の犠打で1死2塁と一打勝ち越しのチャンス。この場面で内川が楽天3番手・青山の初球を叩きつけてセンター前ヒット。2塁から川崎が生還し、ホークスが2-1と勝ち越しに成功!その裏、守護神・馬原が登板し、1死2塁とされた後、鉄平を空振り三振、最後の打者・嶋を遊撃ゴロに打ち取って試合終了!9回に勝ち越し点を奪ったホークスが、接戦を制しました。


試合結果 パ・リーグ 2011/09/25(日)
楽 天-ソフトバンク 24回戦 
(ソフトバンク13勝10敗1分、Kスタ宮城、13:00、17266人)
H 010 000 001  2
E 000 001 000  1
【投手】
(ソ)摂津、ファルケンボーグ、馬原-細川
(楽)長谷部、片山、青山-嶋
【責任投手】
(勝)ファルケンボーグ46試合1勝2敗19S
(S)馬原26試合1勝2敗15S
(敗)片山54試合1勝3敗


楽天との最終戦は、先制点を取りながらも追いつかれ、9回に内川選手のタイムリーでようやく勝ち越し点を奪い、2-1の辛勝に終わりました。ホークスはこの3連戦を2勝1敗でカード勝ち越し。これで楽天戦は全日程が終了し、13勝10敗1引き分けという成績でした。また、ホークスがこの日勝利した事により、パリーグ3位以内(Aクラス)が確定し、クライマックスシリーズ出場を決めました。3年連続でAクラス入り、今度こそ鬼門のCSを突破してもらいたいところです。
先発の攝津投手は、7回まで28人の打者と対戦し、103球を投じて被安打6・7奪三振・1与四死球・1失点の内容。5回まで楽天打線を無失点に抑え、6回に同点タイムリーを浴びたものの、失点はこの1点のみでした。7回1失点と好投したのですが、右手中指のまめを潰してしまい、7回でマウンドを降りて13勝目ならず。本人も「もっと投げたかった」と悔しそうでした。勝利投手になったのが8回に登板したファルケンボーグで、今季46試合目の登板で初勝利となりました。
打線の方はチーム全体で5安打。9回に決勝タイムリーを放った内川選手は、この試合で通算1000試合出場を達成。この日は2安打1打点の活躍で勝利に大きく貢献し、1000試合出場を自らのバットで祝福しました。規定打席に到達後はなかなかヒットが出ませんでしたが、マルチヒットとタイムリーが出て復調の兆しが出てきたかな?

25日はホークスが勝利し、2位・日ハムがオリックスに敗れたため、優勝マジックが2つ減って「7」となりました。ゲーム差も今季最大の10.5差に開きました。ホークスと首位を争っていた日ハムが、いつの間にか7連敗ですか…。背後から3位のオリックス、4位・西武が迫ってくる。日ハムから西武までの差は現在7ゲーム。最後の最後で順位変動があるかもしれない。
福岡ソフトバンクホークスは27日から福岡ヤフードームで日本ハムとの最後の3連戦。もしホークスがハムに3連勝してもマジック1となるので、地元胴上げはありません。「チャンピオンブルー」に染まるヤフードームでラストスパートだ!



にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ




  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

オルフェーヴル神戸新聞杯圧勝!この強さなら三冠確実か!?

2011年09月26日 | 競馬

9月2度目の3連休の最終日であり、最後の日曜日となった25日は、阪神競馬場で神戸新聞杯、中山競馬場で産経賞オールカマーが行われました。神戸新聞杯には皐月賞&ダービーの2冠を制したオルフェーヴルが、オールカマーには宝塚記念を制したアーネストリーが登場!どちらも秋緒戦を勝利で飾れたのか?


阪神競馬場のメイン・第59回神戸新聞杯(GⅡ・芝2400m)は、菊花賞を目指す12頭が出走予定でしたが、⑧クレスコグランドが出走取り消しのため11頭立てで争われました。このレースに3着以内に入れば、菊花賞の優先出走権が与えられます。3冠馬を目指す⑦オルフェーヴルに注目が集まりましたが、他にもダービー2着の⑤ウインバリアシオン、3戦3勝の⑪フレールジャック、マンハッタンカフェ産駒の⑥ショウナンマイティなどが出走しました。
11頭綺麗にスタートして始まったこのレース、スタンド前での先行争いでは、③スマートロビンが先手を奪い、④イグアスが2番手追走。1番人気のオルフェーヴルは5番手、ウインバリアシオン7番手、フレールジャック8番手でゴール板を通過。早くも縦長の状態で2コーナーから向正面に差し掛かり、単独で逃げるスマートロビンが2番手以降を大きく引き離し、2番手にイグアス、3番手①ステラロッサ、⑫ダノンミル4番手、オルフェは5番手。中団よりやや後目な位置にバリアシオンとフレールがいて、ショウナンマイティ9番手。後方では⑩ナムラオウドウと⑨カーマインの7枠2頭が並走。
外回り3コーナーに差し掛かり、スマートロビンと2番手以降の差が3馬身まで縮まり、オルフェーヴルはまだ5番手の位置。フレールジャック7番手、ウインバリアシオン8番手は変わらない。残り800mを過ぎたところでバリアシオンが追い上げ開始。それと同時にオルフェーヴルも動き出す。4コーナーから最後の直線に入り、依然としてスマートロビンが逃げ続けるが、オルフェが外から持ったまんまでスマートをかわして先頭に浮上!残り200mを目前に池添謙一騎手がムチを入れて一気に加速し、更にリードを拡げる!そしてこのまま悠々と先頭でゴール!2着以降はウインバリアシオン、フレールジャックと続きました。

強い!3冠馬を目指す馬はヤバいほどに強すぎる!オルフェーヴルが2着に2馬身半差をつけての完勝で神戸新聞杯を制覇。1番人気の期待に応え、菊花賞&3冠制覇へ大きく弾みをつけました。2着・ウインバリアシオン、4戦目にして初めて土がついた3着のフレールジャックまでが、菊花賞(10月23日@京都競馬場)の優先出走権を獲得しました。
約4か月の休み明け、秋緒戦のプレッシャーは何のその。この日の馬体重は460㎏と前走のダービーから16キロ増えましたが、その分パワーアップ。最後の直線で先頭に躍り出て、一気に突き放したシーンは、スタンドから大歓声が沸き上がりました。他の馬たちが必死に前を追う中、オルフェーヴルは余裕の表情。1頭だけ馬力が違いましたねえ。春より進化した走りと強さ、神戸新聞杯での圧勝劇を見ると、次走の菊花賞も期待せずにはいられません。2005年のディープインパクト以来、6年ぶり史上6頭目の三冠馬が誕生するでしょうか。菊花賞当日が楽しみだ!!


中山メイン・第57回産経賞オールカマー(GⅡ・芝2200m)は、9頭立てで行われました。宝塚記念でブエナビスタなどを破りGI初制覇を果たした⑦アーネストリーが参戦し、単勝1.5倍と圧倒的1番人気に支持されました。1強ムードに待ったをかけようと、④マイネルラクリマ、⑥カリバーン、①ゲシュタルト、⑨シャドウゲイトなどが出走。
スタート後の先行争いで、好スタートを切ったマイネルラクリマが出を伺うも、大外からシャドウゲイトが上がって先頭でゴール板を通過。注目のアーネストリーは3番手からの競馬。1,2コーナーからバックストレートに入り、シャドウゲイト先頭、2番手に②コロンバスサークル、3番手にアーネストリー、その後ろの4番手にマイネルラクリマ。カリバーンが5番手、6番手に⑤ダイワジャンヌ。後方グループには①ゲシュタルト、⑧ムラマサノヨートー、③マコトギャラクシーが最後方という展開。
前半1200mを通過した後も馬順は変わらず。依然として先頭のシャドウゲイトは2番手に3馬身のリード。アーネストリーはまだ3番手。カリバーンは残り600mのところで4番手に進出し、4コーナー手前でアーネストリーがようやく動き出す。残り400mを切って直線コースに入り、先頭争いはシャドウゲイト、コロンバス、アーネストリーの3頭が並び、残り200mでアーネストリーが前に出るも、コロンバスサークルも粘る。しかし、残り100mでアーネストリーが抜け出して1着でゴールイン。2着争いはゲシュタルトが真ん中を割って2着入線。カリバーンが3着に入りました。
アーネストリーGI馬の意地を見せ、秋緒戦のオールカマーを勝利で飾りました。捻挫で札幌記念を回避し、ケガ明けのレースで他馬より重い59.0㎏の斤量を背負ったものの、しっかり勝利。相手に恵まれた感はあるけど、それでもGIウィナーの責任を果たしました。今後の予定は秋の天皇賞→有馬記念に向かう予定。宝塚の勝利がフロックか実力かは、秋GIではっきりするでしょう。


来週・26日から秋のGIシリーズが開幕。その第1弾を飾るのは、秋の最速王決定戦・スプリンターズステークスです。シンガポールが誇る最強スプリンター・ロケットマンが来日。この馬は国際GIで2勝もしており、スプリンターズSも当然優勝を狙います。日本からは短距離のエース・ダッシャーゴーゴー、重賞3連勝中のカレンチャン、サマースプリントシリーズ王者・エーシンヴァーゴウ、他にもトウカイミステリー、ビービーガルダン、サンカルロが登録しています。また、香港からグリーンバーディーとラッキーナインが出走予定です。
そして夜にはフランス・ロンシャン競馬場で凱旋門賞があります。日本からヒルノダムールとナカヤマフェスタが出走します。前哨戦のフォワ賞では、ヒルノダムールが2着と善戦し、本番に期待を寄せました。ワークフォース、ソーユーシンク、サラフィナ、さらにはスノーフェアリー、ガリコヴァなどが欧州の強力馬が参戦を表明。昨年はナカヤマフェスタが2着と大健闘。今年は苦戦するかもしれないけど、ダムールとフェスタには悔いの無い走りをしてもらいたいです。



にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ





  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

マキシマムザホルモンの肉に撃たれて眠りたい 2011.7.19 PART2

2011年09月25日 | マキシマムザホルモン
7月19日に放送された「肉に撃たれて眠りたい」は、9月18日のAIR JAM(@横浜スタジアム)で復活したHi-STANDARDの難波章浩さんがサプライズゲストでスタジオに遊びに来ました!難波さんの突然の登場にダイスケはんとナヲちゃんも大興奮。ダイちゃんたちが約10年前にハイスタのライブに見に行った、ナヲちゃんがサイン入りのTシャツを持っていると発言したら、難波さんも思わずビックリされていました。後半戦も難波さん&ホルモンのトークが続きます!


さて、難波さんが今回この番組に来たのは、AIR JAMの宣伝だけではありません。7月20日に最新マキシシングル「WILD AT HEART」
をリリースしました。この曲はニューヨークでレコーディングを行い、難波さん曰く「音が良い」からNYのスタジオを選んだそうです。お気に入りのバンドである「Four Year Strong」の音が良く、そのバンドを担当するミキサーに依頼したら、「おう、やろう!」の返事を貰い実現したとのことです。また今年3月4日にSHIBUYA QUATTROで行われたライブのDVDも含まれております。
するといきなり、京都大作戦の号外がスタジオに配られ、難波さんが「ホルモンの分あるの?」と尋ねると、ダイちゃんは「僕らは号外を出すまでのバンドじゃないです」と謙遜気味に答えました。難波さんもホルモンのライブを見に行くほど気にしていて、「勉強になるもん」と語っていました。「マネジメントによく勉強」って言ってるけど、ホントはトークなんでしょ?ホルモンのトークは芸人クラスだもん。ホルモンは今年の夏も全国のライブフェスに出演していますが、「AIR JAM」が今夏最後のフェスだったそうです。
難波さんは「京都~」2日目のホルモンのステージを袖から視察したらしく、「AIR JAMで何かやってるイメージができた」と確認していました。ナヲちゃんが「ドッキリじゃないんでしょ?」、ダイちゃんも「ライブ中まさかの落とし穴無いでしょうね?」と伺ってましたが、難波さんが「ないですねえ」と即答したので一安心。

放送当時は既にスタジオでのリハーサルも行っていて、難波さんが「いい!」と好感触で、「やばすぎてキュンキュン来る!」とのことです。ミーティングでは演奏曲を決めて個人練習、横山さんは長い期間歌い続けていることでコーラスがヤバいほど上手すぎているらしい。「ハイスタ来てる!」
ホルモンが使っているスタジオでは、ドラムの恒岡さんがいつも練習で使っているそうで、今度会う時はずっとハイスタの個人練習をしてるじゃないかとダイちゃんが言うと、難波さんは「たぶんやってる」と言ってました。ナヲちゃんは恒岡さんのストイックな部分を目撃し、ドラムの細かい部分を5時間以上も練習していた。これには難波さんも「おかしいよね。実際おかしいんだけど」。
スタジオの電話予約は恒岡さんが担当し、メンバーのスケジュールに合わせて予約を入れているという。難波さん曰く「ハイスタの庶務担当」。ちなみに、ホルモンの場合はベースの上ちゃんがスタジオを押さえる役、さらには車の運転を担当しています。上ちゃんは自分が運転しないと酔ってしまうそうだ…。

「WILD AT HEART」が流れた後もトークが続き、せっかく難波さんに来てもらったので何かを貰おうとホルモンが交渉。まずはタイトルの怒鳴りを貰います。「肉に撃たれて眠りたいっ!難波章浩です!」一発OK!ダイちゃんが「これをずっと使おう」と明言。次回以降あるかな?
AIR JAM関連のトークで、「チケットが取れない」と言いだすと、関係者とかで行きたいという時点で抽選になっているという情報も。ナヲちゃんの娘が通う保育園の保母さんも「お母さん、全然チケット取れないわ。AIR JAM。何回もずっと外れてる」と予約が取れなくて苦労していました。一部情報では先行予約だけで30万人以上の応募があったそうです。このライブについて難波さんは「子供連れで来れるようにしたい。スタンドから子供と一緒に見れるようにしたい」当日は家族連れのお客さんもいたでしょうねえ。
エンディングで、ナヲちゃんの「3人が再会して最初に演奏した曲は何ですか?」の質問に難波さんが答えたんですが、諸事情によりピーで伏せられました。ダイちゃんたちの反応が「あ~」、ナヲちゃんが「1曲目やっぱそれだったんだ」と言ったから、もしかして代表曲の「Stay Gold」かな?演奏している時はみんなマジで照れくさそうになり、終わった時はみんな大笑い。青春時代が戻ったみたいな感じでしょうか?

時間も迫って来たので難波さんとはお別れ。ダイちゃんやナヲちゃんも今回は貴重な体験をされたことでしょう。別れ際、難波さんが「凄いなあ。ライブやってんだから。えらいなあ。盛り上げましょう日本を!」と気勢を上げ、「届けましょう。お願いします力を」とホルモンに訴え、ナヲちゃんも「協力させてください」と応じました。ホルモンもAIR JAMでは普段と変わらず激しいパフォーマンスを披露。もちろんその歌声や思いは被災地に届いた事でしょう。難波さん、ありがとうございました。



にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ





  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

岩隈を攻略して逃げ切り勝ち!パリーグ連覇までM10!秒読みモード突入ダ!

2011年09月24日 | HAWKS

パリーグ優勝までマジック12としている福岡ソフトバンクホークスは、23日からクリネックススタジアム宮城で東北楽天ゴールデンイーグルスとの3連戦。この3連戦でどれだけマジックを減らす事が出来るのでしょうか?23日はソフトバンクが大隣憲司、楽天は岩隈久志の先発で始まりました。


スタメンはこちら
1(遊)川宗則
2(二)本多雄一
3(左)内川聖一
4(指)カブレラ
5(三)松田宣浩
6(中)長谷川勇也
7(右)多村仁志
8(一)福田秀平
9(捕)細川 亨
 (投)大隣憲司


両チーム無得点で迎えた2回、ホークスは2死から長谷川がチーム初安打となるセンター前ヒットで出塁すると、多村の場面で2塁への盗塁を成功させます。2死2塁で一打先制のチャンスに、多村が岩隈の5球目のスライダーをすくい上げ、左中間を破るタイムリー2塁打で1点を先制します。その裏、先制点の援護をもらった大隣が、ガルシアのヒット、中島の2塁打で2死2,3塁とピンチを背負いますが、嶋を3塁ゴロに打ち取り、無失点で切り抜けて同点を許しません。
3回、ホークスは細川が三振に倒れて1死とされた後、川崎が岩隈の2球目を上手く捉え、ライトへの大きな打球はスタンド中段に突き刺さるソロ本塁打!川崎の今季初本塁打が飛び出し、1点を追加して2-0とリードを拡げます。3回裏、大隣は先頭打者の聖沢に死球を与えてしまい、3塁まで進められます。しかし、2死3塁で高須をファウルフライに打ち取り3アウト。またも0点で切り抜けました。
中盤に差し掛かり、ホークスは4回に長谷川が四球と暴投で2塁まで進むも、多村が1塁ゴロに倒れて3アウト。5回は先頭の福田がヒットで出塁し、細川犠打で1死2塁と得点圏に走者を進めましたが、川崎と本多が相次いで凡退。6回には2死から松田と長谷川の連打で2,3塁とまたもチャンスを作りましたが、多村が変化球の前に空振り三振に倒れて3点目を奪えず…。
一方の大隣は、4回にガルシアにエンタイトル2塁打を浴びるも無失点。5回にはこの日2度目の3者凡退に抑え、6回は内野安打と四球で2死1,2塁とされましたが、牧田を外野フライに打ち取り反撃を許さず。ランナーを出しながらも打たせて取る形で6回まで無失点と粘ります。
ホークス2点リードで迎えた7回、そろそろ岩隈から3点目が欲しいホークスは、2死から川崎がヒットで出塁し、本多の場面で二盗を決めます。2死2塁で本多が岩隈の甘く入ったフォークを弾き返してセンター前ヒット。2塁から川崎がガッツポーズしながら生還し、ようやく3点目が入りました。この後、本多も盗塁を決め、再び追加点のチャンスでしたが、内川が倒れて4点目ならず。
大きな追加点を奪ったその裏、大隣が先頭の中島に内野安打、続く嶋にはライト前ヒットを浴び、聖沢の犠打で1死2,3塁と反撃のピンチを招き、松井稼頭央に初球を狙われ、タイムリー2塁打を浴びて1点差に詰め寄られてしまいます。今度は同点のピンチを迎え、2死3塁となったところで大隣は降板。2番手・金澤が登板し、高須を3塁ゴロに打ち取って同点は阻止しました。
この後、8回に3番手・ファルケンボーグがわずか10球で3者連続三振。ガルシアと牧田を続けて3球三振に仕留めてみせました。9回、4番手の馬原が先頭打者を出し、2死2塁と同点のピンチを背負いましたが、松井を2塁フライに打ち取って試合終了。楽天に終盤追い上げられるも、ホークスが何とか逃げ切りました。


試合結果 パ・リーグ 2011/09/23(金)
楽 天-ソフトバンク 22回戦 
(ソフトバンク12勝9敗1分、Kスタ宮城、14:02、17900人)
H 011 000 100  3
E 000 000 200  2
【投手】
(ソ)大隣、金沢、ファルケンボーグ、馬原-細川
(楽)岩隈、小山-嶋
【責任投手】
(勝)大隣7試合2勝
(S)馬原25試合1勝2敗14S
(敗)岩隈15試合6勝5敗
【本塁打】
(ソ)川崎1号ソロ(3回、岩隈)


今回の試合は、ホークス打線が足を絡めた攻撃で楽天先発・岩隈投手を攻略。2回と7回の得点はいずれも盗塁が得点に繋がりました。3回には川崎選手が今季初アーチを放ちました。一時は3点差としたんですが、その後に楽天の反撃で1点差まで詰め寄られましたが、中継ぎリレーで同点を許さず。3-2でホークスが勝利し、チームも2連勝を果たしました。これで楽天との対戦成績は12勝9敗1分けとなり、今季の楽天戦勝ち越し決定です。
この日の先発・大隣投手は、7回途中まで29人の打者と対戦して101球を投じ、被安打7・4奪三振・与四死球2・2失点。先週は8回無失点と素晴らしいピッチングを披露した大隣投手、この日は得点圏に走者を背負う場面が何度も見られました。6回までは打たせて取る形で楽天打線を無失点で凌ぎましたが、7回に2点を失ってしまいました。先発の責任を果たして今季2勝目です。
打線の方はチーム全体で8安打。先制点を放った多村選手は、本当に久しぶりともいえるタイムリーヒットでした。欲を言えば6回のチャンスでも打って欲しかったなあ。長谷川選手は岩隈投手から2安打のマルチヒット。2回の第1打席で先制点の口火を切るヒットを放っております。126試合目にして初本塁打の川崎選手、本塁打後のコメントでは「これから55本打つ…つもりで打席に立ち続ける」と冗談交じりに語っておりました。55本塁打打てるわけ無いのに…。
23日はホークスが勝利し、2位・日本ハムがオリックスに敗れたため、優勝へのマジックナンバーが「10」となりました。17日にマジック「17」が点灯し、約1週間で7つも減りました。日ハムの連敗が続いていることが要因だろうなあ。順調に減り続け、優勝へ秒読みモード突入。早ければ9月29日の日ハム戦(@ヤフードーム)で優勝決定、地元で秋山監督の胴上げが見られるかも!?
24日の予告先発は、ソフトバンクは大場翔太、対する楽天は田中将大が登板します。いやーな相手が出てきましたな~。大場投手は19日のオリックス戦で初回に危険球退場を犯して以来の登板です。田中投手に投げ勝って前回の汚名を返上できるのでしょうか?




にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ





  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

なでしこに続け!関塚JAPANロンドンへ白星発進!

2011年09月22日 | soccer

サッカー女子日本代表(なでしこJAPAN)がロンドン五輪出場を決めてから約2週間、次は関塚JAPANがロンドンへの切符獲りに挑戦!ロンドン五輪男子サッカーアジア最終予選の第1戦・日本VSマレーシア戦が22日、佐賀県の鳥栖スタジアム(ベストアメニティスタジアム)にて行われました。最終予選は各組1位が五輪出場権を獲得。2位になった場合は「アジア地区プレーオフ」→アジアVSアフリカの「大陸間プレーオフ」が待っています。5大会連続出場を狙う日本にとっては、この最終予選を1位で通過したいところです。ロンドンへ向けての初戦となるマレーシア戦、ホームで勝ち点3&圧勝できたのか?


初戦の先発メンバーはこちら
GK 1 権田修一
DF 2 酒井高徳
DF 4 酒井宏樹
DF 12 浜田水輝
DF 13 鈴木大輔
MF 3 扇原貴宏
MF 8 山村和也
MF 10 東慶悟
MF 14 原口元気
MF 17 清武弘嗣
FW 9 大迫勇也
フル代表で結果を残している清武が先発出場。FWは大迫の1トップ。永井謙祐はベンチスタートとなりました。


日本ボールで始まったこの試合、開始早々から日本にチャンスが訪れ、前半1分に左サイドから原口→酒井高がドリブル後に低いクロスを入れ、大迫がトラップで落とし、清武がシュートを打って行ったが、相手GKの足に阻まれてゴールならず。7分、扇原が右サイドへロングパスを入れると、清武のヒールパスが東に通り、ラインぎりぎりのところで東がクロスを上げ、大迫が頭で叩きつけるも、GKにキャッチされた。迎えた前半10分、扇原の縦パス→東→清武がドリブルで切り込んで右の東へパス。フリーの東が右足で流し込んでゴール!日本が早い時間帯で先制点をGET!
日本は更に攻め続け、11分に原口のパスから東が2点目を狙ったが、GKに阻まれ連続ゴールならず。14分には酒井高のグラウンダークロスに大迫が飛び込むも相手DFにクリアされる。16分、右サイドからのFKで変化をつけ、東のクロス→フリーの浜田が飛び込んで頭で合わせるも、マレーシアGKのファインセーブに阻まれる。24分、原口のミドルシュートはGK正面、こぼれ球に大迫が詰めるも上手く押し込めない。
32分、原口が左サイドをドリブル突破し、相手DFをフェイントでかわしながらペナルティエリア内に入ってシュートを放つが、GKにセーブされる。前半終了間際のロスタイム、東が左サイドでクロス→扇原スルー→右でフリーになっていた清武がシュートしたが、マレーシアGKが飛び出して防ぐ。日本、再三に渡りマレーシアゴールに迫るも、相手GKの好セーブに阻まれ続け、追加点を奪う事が出来ず。前半は1点リードで折り返します。

後半に入り、マレーシアはジュソーが右サイドからシュートを放つも枠外。日本は8分、原口のスルーパスに東が抜け出し、エリア内でDFをかわして左足でシュートするもGKに阻まれる。9分には東のスルーパスに大迫がシュートも決まらず。迎えた後半14分、日本は大迫に代えて永井を投入。永井のスピードで相手の守備を崩す狙いか。マレーシアは17分、右サイドからチャンスを形成し、ザカリアがドリブル突破してグラウンダークロス、オスマンが右足を振り抜くも、日本DFが懸命に守り抜く。
23分、原口が右サイドでボールをキープした後、清武→扇原と繋ぎ、最後は酒井高が左からロングシュートを狙うもダメ。後半30分、ロングボールが永井に渡り、永井がエリア内でクロスを上げ、山村→山崎亮平→清武の浮き球パス→永井が右足で落とし、山崎が右足で決めた!途中出場の山崎のゴールでようやく追加点を奪った!
残り10分を切り、日本の攻撃は衰えず。35分、永井クロス→山崎パス→清武シュートもゴール前でマレーシアDFが体を張ってクリア。終了間際に永井がヘディングシュートも決まらず。結局試合は2-0で日本が勝利し、ホームでの初戦を白星で飾りました。


今回の試合は終始マレーシアに攻撃で圧倒し、26本のシュートを放っていきましたが、追加点取るのに苦労したなあ…。決まっていたかもしれないシュートも、マレーシアGK・チェマトの好セーブに何度阻まれた事か…。チェマトじゃなかったらゴールラッシュだったのに。決定力不足の課題が見つかりましたが、問題の守備については、立ち上がりの失点も無く、マレーシアを無失点に抑えたのでOKでしょう。
この日も清武選手がいい仕事をしました。前半10分に東選手の先制点をアシストすれば、後半には自らのパスが得点に繋がり、2得点に絡む活躍を見せました。フル代表や五輪代表で結果を残し、最近の活躍ぶりを見ていると「何かを持ってる感」が強い。10月以降はフル代表に専念するとのことで、11月に行われる最終予選2試合は欠場が濃厚。フル代表でもスタメンで暴れまわる清武選手が見てみたいですね。
日本の得点シーンを振り返ると、先制点を決めた前半10分、清武選手と東選手が相手DFを崩し、最後は東選手がゴール。この2人はかつて大分トリニータのチームメイトでした。元大分コンビの息はピッタリでした。2点目は途中出場の2人が得点に絡み、永井選手がアシスト、山崎選手が2点目を奪いました。山崎選手はバセドー病と診断され、一度代表から離脱。最終予選絶望かと思われましたが、無事に回復。代表復帰戦でゴールを決めて復活をアピールしました。
大事な初戦を制し、勝ち点3を獲得した関塚JAPAN、ロンドンへ向け好スタートを切りました。この後の日程は、2戦目の11月22日にアウェーでバーレーン戦、27日はホームでシリア代表と対戦します。11月の2連戦は清武選手が不在となるため、その穴をしっかり埋めないといけません。最終予選は始まったばかり、残り試合もしっかり勝ち点を挙げ、1位通過でロンドンの切符を掴み取ってほしいと思います。関塚JAPANよ、なでしこに続け!


にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ





  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

和田完封勝ちで13勝目!優勝マジックも12に減りました。

2011年09月22日 | HAWKS

パリーグ首位をひた走り続ける福岡ソフトバンクホークスは、19日から神戸&大阪でオリックスバファローズとの3連戦を戦っておりますが、初戦は3回ノーゲーム(大場翔太が危険球退場)、20日は9回サヨナラ負け。しかし、2位・日本ハムが西武に連敗したため、優勝へのマジックナンバーが「13」となりました。それでもマジックは減るもんだな。21日は台風15号の影響で東京ドームなどで試合が中止となりましたが、京セラドームでのオリックスVSソフトバンクは予定通り開催。3戦目はソフトバンク・和田毅、オリックス・寺原隼人の先発で始まりました。


スタメンはこちら
1(遊)川宗則
2(二)本多雄一
3(左)内川聖一
4(指)カブレラ
5(三)松田宣浩
6(中)長谷川勇也
7(右)多村仁志
8(一)福田秀平
9(捕)細川 亨
 (投)和田 毅


ホークスは序盤から寺原を攻め立て、初回に先頭の川崎がヒットで出塁すると、本多がきっちりと犠打を決めて1死2塁と得点圏に走者を進めます。2死後、カブレラが低めのストレートを弾き返しセンター前タイムリー。2塁から川崎が生還して1点を先制します。続く2回、多村のヒット、細川の内野安打で2死1,3塁と追加点のチャンスに、川崎が高めのスライダーを叩いてセンター前へのタイムリーヒットで2点目を奪います。この後、本多のヒットで2死満塁と突き放すチャンスでしたが、内川が凡退して3者残塁…。
先発の和田は、初回に2死から後藤にヒットを許すも、4番・T-岡田を遊撃ゴロに打ち取り無失点できりぬけると、2回は3者凡退に抑え、3回には先頭打者を出してしまいましたが、梶本を三振、阪口を併殺打に仕留め、オリックスの反撃を許しません。
2点リードの4回、先頭の福田がセンター前ヒットで出塁すると、細川の犠打で2塁に進み、川崎の場面で3塁への盗塁を成功させ、自らの俊足でチャンスメイク。1死3塁で川崎がきっちりと犠牲フライを放ち、3塁から福田がホームインして3点目を奪いました。
序盤の3イニングを無失点に抑えた和田は、中盤に差し掛かると調子を上げてきます。4回に1死から後藤をチェンジアップで空振り三振を奪い、続くT-岡田にもチェンジアップで空振り三振に仕留め、2連続三振で3者凡退。5回と6回は打たせて取るピッチングで3者凡退。4回から6回まで3イニング連続3者凡退とオリックス打線を沈黙させます。
終盤に入った7回、ホークスはヒットと四球で1死1,2塁とダメ押し点のチャンスにカブレラが併殺打。その裏に和田が後藤にレフト前ヒットを浴びるが、T-岡田を併殺打に打ち取り0点。和田は8回以降も続投し、9回に先頭の鈴木に2塁打を浴びたが、後続をきっちり抑えて試合終了。和田が9回を投げ切り、オリックス打線を完封しました。


試合結果 パ・リーグ 2011/09/21(水)
オリックス-ソフトバンク 20回戦 
(オリックス10勝9敗1分、京セラドーム大阪、18:00、17701人)
Sh 110 100 000  3
Bs 000 000 000  0
【投手】
(ソ)和田-細川
(オ)寺原、比嘉、高宮、吉野、香月-鈴木
【責任投手】
(勝)和田23試合13勝5敗
(敗)寺原22試合11勝9敗



和田投手、見事なピッチングで9回完封勝ち!打線もオリックス先発・寺原投手を序盤で攻略し、4-0で勝利しました。ホークスはVSオリックス戦の連敗を4で止め、優勝へのマジックナンバーを12としました。順調にマジックが減ってますね。また、この日は日ハムの試合が無かったため、ゲーム差は8.5に開きました。
この日の先発の和田投手は、9回まで29人の打者と対戦して114球を投じ、被安打4・4奪三振・無四球・無失点という内容。ランナーを出しながらも打たせて取り、3塁を踏ませないピッチングでオリックスの反撃を終始許しませんでした。和田投手は今季2度目の完封勝ちで13勝目です。さすがエースだ。
打線の方はチーム全体で12安打。結構ヒット打ちながらも3点しか取れなかったか…。川崎選手と本多選手がともに3安打の猛打賞をマーク。川崎選手は2打席目にセンター前タイムリー、3打席目には3点目となる犠牲フライを放ちました。本多選手はこの試合盗塁を2回決め、今季51盗塁と2年連続盗塁王へ大きく前進。また、内川選手がこの試合で規定打席に到達。打率.336は文句無しでパリーグトップ。もう首位打者は決定的でしょう。
優勝までM12の福岡ソフトバンクホークスはこの後、23日からクリネックススタジアム宮城にて東北楽天ゴールデンイーグルスとの3連戦が控えています。この3連戦は苦手としている田中将大が出てくるかも…。とにかく楽天に勝ち越して優勝へ一直線ダー!



にほんブログ村 音楽ブログ パンク・ハードコアへ にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ




  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする