日刊魔胃蹴

暑すぎてつらい。

2006年最後の書き込み

2006年12月31日 | Weblog
今回最後の書き込みは、2006年印象に残った出来事BEST10を発表します。

第10位 PRIDE地上波の放送を打ち切り
打ち切りが発表された日、大晦日は何を見ればいいんだと嘆いていました。PRIDE好きの私にとって、突然打ち切られたなんてショックです。地上波復帰希望!我が家はスカパー加入してないんだぞ。

第9位 ライブドア事件
このニュースは年明け早々からとんでもないニュースになっちゃったなあと言うしかありませんでした。去年までは「この会社は来年どんなサプライズをしてくるだろう」と思っていたらこの事件。一気に裏切られた感じです。

第8位 亀田興毅世界王座奪取騒動
デビュー3年、19歳で世界王座奪取。そしたら周囲から大反発。私もこの最初のランダエタ戦を見たのですが、明らかに負けてました。再戦となった先日の初防衛戦はジャッジの1人が119-108と付けていたときはそりゃ無いだろうと思いました。

第7位 藤原紀香と陣内智則が結婚
今年最大の芸能ニュースと言ってもいいでしょう。藤原紀香がまさかお笑い芸人と結婚するとは思いませんでした。過去に共演したドラマがきっかけで交際を始めたそうです。陣内さんにとってはこれは大仕事!すごいぞ。

第6位 相次ぐ知事の不祥事 知事3人が逮捕
まったく、何考えてるんでしょうかねえ。福島、宮崎、和歌山で談合が発覚。その後知事が逮捕されてしまいました。最近では、広島県で後援会などの政治資金不正事件が発覚。広島県知事の辞職勧告決議案が可決されました。もしかしたら逮捕もあり得る?

第5位 ディープインパクト引退
常に競馬ファンに感動を与えてきたディープインパクトが今年限りで引退。春の天皇賞での世界レコードは絶対破られないでしょう。世界制覇の夢は子供たちに託しましょう!

第4位 耐震偽造事件
まあ本当にドラマみたいに進んでいったこの事件。昨年11月に発覚、ヒューザーの小嶋社長のブチギレ参考人招致、4月には姉歯建築士らが逮捕。先日ついに姉歯被告に懲役5年の実刑判決が出されました。この裁判によってようやく完結したような感じですね。

第3位 相次ぐスター選手の引退
今年はスター選手の引退が相次いで起こった年でした。野球では新庄選手が引退、サッカーではジダン、中田英寿選手、F1ではミハエル・シューマッハが引退を表明、K-1ではアーネスト・ホーストが引退を表明しました。皆さんお疲れ様でした。

第2位 福岡で飲酒運転による死亡事故
8月に福岡市の海の中道大橋で起きた事故で、乗用車に乗っていた5人家族のうち、3人の子供たちを死亡させたとして、22歳の福岡市職員が逮捕されました。その後危険運転致死傷罪と道路交通法違反(轢き逃げ)で起訴され、福岡市も懲戒免職の処分を下しています。
飲酒運転が厳しくなっているのに何でこういう事故が起きるのか、そして何で公務員がこういうことをするのでしょうか?ふざけるのもいい加減にしてください!

第1位 北朝鮮で核実験
10月9日、北朝鮮が核実験を実施し、成功したと発表。アメリカ・日本・韓国・中国・ロシアは事実関係や分析により、核実験の実施が行われたことを確認。日本政府は国連の安全保障理事会議長国として、国連憲章第7章による制裁決議を進めていくほか、日本独自の制裁を実施を決定。韓国では太陽政策を見直す方針を決めました。
この核実験で正直呆れたと言うしかないでしょう。北朝鮮は日本とアメリカに対して戦争を起こすつもりかという気持ちでいっぱいです。これ以上核実験をするのはやめてください!

以上、2006年印象に残った出来事BEST10でした。来年はどういう出来事が起きるんでしょうか?

今日のスポーツ

2006年12月29日 | Sports
浦和、G大阪が決勝進出=天皇杯、ガンバは16季ぶり-サッカー
  
サッカーの第86回天皇杯全日本選手権は29日、東京・国立競技場などで準決勝を行い、Jリーグ王者の浦和と、同3位のG大阪が勝ち、来年1月1日の決勝(同競技場)に進出した。
大会2連覇とリーグとの2冠を狙う浦和は鹿島、G大阪はJリーグ2部の札幌を、ともに2-1で退けた。浦和は2大会連続9度目、G大阪は前身の松下電器時代以来、16大会ぶり2度目の決勝進出で、両者の決勝対決は初めて。
小野のゴールで先制した浦和は同点の後半37分、小野のパスからポンテが決勝点。G大阪は加地が先制点を奪って後半にも加点。何度も好機を築いた札幌の反撃を1点に抑えて逃げ切った。

やはりJ1の2強が決勝に来ましたね。連覇&2冠を狙うレッズとリベンジを誓うガンバ。レッズのほうはブッフバルト監督が天皇杯を最後に退任、ガンバは宮本選手がオーストリアのザルツブルグに移籍と、どちらも最後だから勝たせてあげたい試合となるでしょう。あと、浦和レッズに敗れた鹿島アントラーズは本田泰人選手が引退。出場機会が無いまま現役を終えるなんてちょっとなあ。最後は出場して欲しかったですね。

続いてはフィギュアスケート全日本選手権女子フリーの結果です。


フィギュアスケートの全日本選手権最終日は29日、名古屋市総合体育館で行われ、女子はフリーでトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させた浅田真央(愛知・中京大中京高)がほぼ完ぺきな演技で211・76点の高得点をマークし、大差をつけて初優勝。来年3月に東京で開催される世界選手権への初出場を決めた。
ショートプログラム(SP)で浅田真に続く2位だった安藤美姫(トヨタ自動車)は肩を痛めた影響で演技に精彩を欠き、185・65点で2位。179・72点で3位となった中野友加里(早大)までが世界選手権の代表となった。昨季の世界選手権銀メダリストの村主章枝(avex)は4位に終わった。

それにしても真央ちゃん強い!「ミラクル・マオ」ならぬ「ディープインパクト・マオ」と言っていいでしょう。女子で200点台は史上初、国際大会じゃなくてもこの成績だから、来春の世界フィギュアでも200点台が期待されます。これ世界一になっちゃうんじゃないの?

最後に東京大賞典の結果です。


29日、大井競馬場で行われた東京大賞典(3歳上、交流GI・ダート2000m、1着賞金8000万円)は、幸英明騎手騎乗の3番人気ブルーコンコルド(牡6、栗東・服部利之厩舎)が、後方追走から残り200mあたりで先頭に立つと力強く伸びて差を広げ、好位から脚を伸ばした9番人気クーリンガーに4馬身差をつけ圧勝した。勝ちタイムは2分03秒5(稍重)。さらにクビ差の3着に2番手でレースを進めた2番人気シーキングザダイヤ。4着に4番人気カフェオリンポス、1番人気アジュディミツオーは3番手からの競馬で5着に終わった。

ブルーコンコルドは、今年秋のダート交流G1で3勝を挙げました。昨年はJBCスプリントも優勝しているから、通算4勝と距離に関係なく強さを発揮しています。次はフェブラリーステークスからドバイに挑戦か?ダート競馬の新エースの今後に期待です。

今年最後の麺かたコッテリ!

2006年12月29日 | マキシマムザホルモン

さあ、今年最後の麺かたコッテリ!準備は言いですかい?OK!
3度の飯より飯が好き!マキシマムザホルモンの麺かたコッテリ~!

エラゴンから宣伝部長をやらせて欲しい!by ダイスケはん
生放送では最終的には145通でした。
今週の1曲目はやっぱりコレでしょう!「恋のメガラバ」 今年はマキシマムホルモンにとって最高の1年だったと思います。リリースした日がミスチルと同じ日だったことは置いといて、オリコンベスト10にホルモンですよ!来年はベスト5に載って欲しいなあ
今年最大の「こ」って・・・。
というわけで先日の生放送のメール在庫一掃スペシャルと言うことで。
今年の忘年会は何をするの?という質問で、「ちょっと!ちょっとちょっと!」などと何でもやったほうがええねんというお答え。でも、困ったときは宮下さんを頼みましょう。
ペンネーム トレパンマンさんの質問
トレパンマンの意味は何だ?・・・トレーニングパンツのことではなく、パンツが取れちゃうことからトレパンマンだそうです。貧乏ゆすりが激しいぞ。
いま2時49分だぞ!(byダイスケはん)
ラジオネーム油どっさりさん
生放送では車から聴いていた人のメールも!すごいぞ
オイオイ!小林克也だぞ間違えてなあい?リクエストはデュランデュランのノリノリの曲で。オイオイ。
そろそろ常連組出て来い!ナヲちゃん怒ってるぞ

というわけでエンディングを迎えました。今年1年間お疲れ様でございました。いい加減農水省推薦しろよ。残り7分ですよ。
さあ今年最後のオイニーは?宮下さんでーす。
「グウェ~ッ!また来年」
なぜかあっさりとした終わり方でした。最後ぐらいはスタッフ全員でオイニーをやってほしかったぞ。来年は1月4日からいきなりやります。来年も麺かたは続くぞコノヤロー!


テンプレート変えてみました

2006年12月28日 | Weblog
もうすぐお正月と言うことで、テンプレートもお正月バージョンに変えてみました。ちなみにこのテンプレートは、かるたバージョンです。今年も残り3日となってしまいました。埼玉では最後の3日間も晴れるそうですが、日本海側で大雪になる恐れがあるみたいです。そういえば、2年前の大みそか、埼玉は大雪でした…。今年は晴れてよかったよ。うん。

追記:何かしっくり来ないので門松バージョンに変えちゃいました。気まぐれ野郎ですいません。

崩壊へのカウントダウンか?

2006年12月27日 | Weblog
不明朗支出、佐田行革相が辞任…首相、後任人事に着手

 佐田行政改革相は27日夜、内閣府で記者会見し、自らの政治団体に不適切な会計処理があったとして閣僚を辞任する意向を表明した。安倍首相は佐田氏の辞任を了承し、後任の人選に着手した。
21日に政府税制調査会会長だった本間正明・大阪大大学院教授が公務員宿舎入居問題の責任を取って辞任したことに続き、今回、閣僚が不祥事で辞任する事態に至ったことは安倍政権にとって大きな痛手となった。
 安倍首相は27日夜、佐田氏の辞任について「国民に対し責任を感じている。今後、こうしたことのないように(人選は)適切に判断したい。今後、行革などの分野で適切な人物を任命し、結果を出して国民に責任を果たしたい」と述べ、自らの任命責任を認めた。後任については、「出来れば年内に決定したい」とした。
(読売新聞より)
-------------------------------------

なんか安倍政権になってから閣僚の不祥事が続いてます。支持率も政権発足時から大幅に下落、12月では47%と過半数割れ。復党問題、本間さんで国民の支持を失いつつあるようです。安倍政権は、夏の参議院選挙で勝利して安泰するだろうと思っていたのですが、春の統一地方選挙で進退をかけるような気がする…。
佐田行革相って、佐田建設の元社長の息子さんですよね?まったく、群馬県人みんな「このバカ大臣が!」って怒ってるぞ!群馬のよい子の皆さん、こういう大人になるのはやめましょうね。
トラックバック (4)

ああミスマッチグルメ

2006年12月26日 | Weblog
カキフライ載せたソフトクリーム人気 岡山


カキ養殖が盛んな岡山県備前市日生町漁協の水産物販売施設「五味の市」で、カキフライを載せたソフトクリームが人気を呼んでいる。
1個250円で、今季から本格販売し、休日は100個売れることも。冷やしたカキフライ2個に刺し身じょうゆをたらして食べる。
「海のミルク」とミルクの融合で、チーズのような風味と磯の香りが広がり、強烈なインパクト。関係者は「ノロウイルスの風評被害を吹き飛ばして」。
(毎日新聞より)
---------------------------------------------------
写真からして何か食べたくないスイーツですね。乳製品に揚げ物だなんて、Wコッテリな味がして嫌だなあ。しかもカキフライが冷たいんですよ。食あたりになりそうな予感…。皆さん食べたいですか?
コメント (6)

やっぱり決裂

2006年12月25日 | HAWKS
ソフトバンク:ズレータが退団 本人はロッテと移籍交渉

ソフトバンクは25日、残留交渉が難航していたフリオ・ズレータ内野手(31)との契約交渉を打ち切った。これで、4年間で122本塁打を放った主砲の退団が決定した。一方、ズレータはロッテと移籍交渉に入ったことが分かった。

 ロッテ側によると現在、契約金約80万ドル、出来高払いを含む年俸約220万ドルの2年契約総額約520万ドル(約6億1800万円、金額はいずれも推定)の条件をズレータ側に提示し、回答を待っている状況という。

 ロッテは「大砲の獲得」を来季に向けた最大の補強ポイントとしており、瀬戸山隆三球団社長は「ぜひともほしい選手。ただ、金額的にはこれ以上、交渉には応じられない」と話している。瀬戸山社長によると、ズレータ側から売り込みがあったという。

 ソフトバンクはズレータ側に2年契約で年俸3億円程度(金額は推定)の条件を最終提案し、越年交渉の構えも見せていた。竹内孝規・球団最高執行責任者(COO)は25日「先週までにさらに(最終提案の修正を)提案した」と説明。しかし、ズレータ側が歩み寄りの姿勢を見せず「次のステップに向けてけじめをつけるため」として、この日、交渉の打ち切りを通告した。

 ズレータは03年途中に当時のダイエーに入団。05年には打率3割1分9厘、43本塁打、99打点と打撃3部門でリーグ2位の成績を残すなど活躍。今季は一塁に定着してチームトップの29本塁打、91打点をマークした。
---------------------------------------------

やっぱりズレータが福岡を去るみたいです。一時は残留の光が見えたのですがねえ。そんな中、ズレータがロッテに移籍だなんて!?メジャーリーグに行くんじゃなかったの?ホークスサポーターは絶対にブーイングするでしょう。でもねえ、ホークスは多村、小久保、松中がいるから、ズレータが抜けたって全然気にしないもんね。破壊力は今年より強くなってると思うから、新助っ人も活躍してくれたら来季はホークスがパリーグのてっぺんに立つのは間違いないでしょ。
ズレータは2003年の日本一に大きく貢献し、今シーズンはチームが苦しいときでもホームランでファンを熱くさせてくれたよなあ。パナマウンガーが見れないのは残念です。とりあえず福岡での4年間お疲れ様でした!
コメント (1)   トラックバック (2)

おめでとう!そしてありがとう

2006年12月24日 | Sports
 24日、中山競馬場で行われた有馬記念(3歳上、GI・芝2500m)は、武豊騎手騎乗の圧倒的1番人気(単勝1.2倍)ディープインパクト(牡4、栗東・池江泰郎厩舎)が、後方3番手待機から徐々に進出すると、残り200m付近で先頭に立ち、後続を突き放して最後は手綱を抑えてゴール。6番人気ポップロックに3馬身差をつけ完勝した。勝ちタイムは2分31秒9(良)。3/4馬身差の3着に3番人気ダイワメジャー、さらにハナ差の4着に2番人気ドリームパスポート、1.1/4馬身差の5着に4番人気メイショウサムソンが入った。
今回、引退レースとして臨んだこのレースを勝利し、来年から北海道安平町・社台スタリオンステーションで種牡馬生活を始める。通算成績14戦12勝(海外1戦0勝、GI・7勝、重賞10勝)。
GI・7勝はシンボリルドルフ(JRA7勝)、テイエムオペラオー(JRA7勝)、アドマイヤドン(JRA2勝、地方5勝)に並ぶ史上最多タイ。最後のレースで、また一つ勲章を加えた。
(netkeiba.com より)

やっぱりやってくれるぜ!最後もディープインパクトらしい勝ち方を魅せてくれました。こんなハッピーエンドな有馬記念はオグリキャップの引退レース、2000年のテイエムオペラオー以来ですわ。これで引退なんて寂しすぎるなあ…。今日の走りからしてもう1年続けられるんじゃないかの走りだったと思いました。この強さは記憶に残るでしょう。
新馬戦を見たときは強いなあというしか印象に残ってないけど、2戦目を見たとき「この馬は絶対名馬になりそうだ」と確信しました。皐月賞、ダービーで2冠達成したときはもう笑うしかなかったけど、菊花賞では感動のあまり泣いてしまいました。しかし、最初の有馬記念で敗れたとき、ショックで言葉が出ませんでした。それから天皇賞(春)、宝塚記念を優勝。凱旋門賞で「世界一になってほしい」という願いもむなしく3着、その後薬物使用で失格。ジャパンカップで凱旋門賞のリベンジ、そして引退レースの有馬記念で有終の美を飾った瞬間、私は「ディープ最高だ!」と叫びました。
レース後ディープインパクトの引退式がありました。こちらです
引退式はテレビで見たかったなあ。ちなみに予想のほうですが、外れました。でもいいんです!ディープの有終の美を見られたんですから。Thank you!ディープ!そして、ディープを越える名馬が出てくることを信じています。
トラックバック (14)

悔し泣き

2006年12月23日 | Weblog

この画像は、クラブワールドカップの決勝戦で、バルセロナの敗戦にショックを受けている日本人の少年です。18日付の『ムンド・デポルティボ』紙に、一面トップで掲載された後、バルセロナの会長が「この子を探し出してくれ、見つかったら何かプレゼントしよう」とコメント。21日にその子が誰なのかが判明、22日の新聞には「この少年にとって一番のクリスマスプレゼント」と題して1ページにわたる記事が掲載されと、バルセロナがこの少年をカンプ・ノウの試合観戦に招待する意向だとされたそうです。そしてキャプテンのブジョル選手が「僕のユニホームをあげたい」とコメント。「でも、本当はロナウジーニョのユニフォームが欲しいんだろうけどね」と言うけど、バルセロナの選手のユニフォームを貰えるだけでも嬉しいでしょう。
この記事を見ていたバルセロナの選手たちは、「あの少年のためにもチャンピオンズリーグを優勝して、今度こそ世界一になろう」という思いを持っているに違いありません。今回のブログは、地元よりも熱いサポーターが日本にいたという話でした。最後に、この号泣少年の笑顔で終わりです。バルセロナでは笑顔を見せて欲しいですねえ。


恐怖の晩餐~ゴチになります~

2006年12月22日 | Weblog
今日のぐるナイは、「ゴチになります7」最終戦でした。最終戦は精算&クビが決まるという「絶対に負けられない戦い」であります。今回のVIPチャレンジャーは、第2戦で最下位で自腹となった近藤真彦と、加藤あいが登場。決戦の舞台は東京・青山のフランス料理店「ブノワ」。
最終戦の予想設定金額は、5万円!うひゃぁ~!これは高すぎです。(by 滝口順平)
母曰く「1人で5万円分食べるなんてどうかしてるわよ!」そりゃそうでしょう。ファミレスだって1人だとだいたい700円から1000円分食べるよ。

メンバーはどんな料理を食べたのでしょうか?
国分太一…仔牛のロースト
優香…白老牛フィレ肉のブリオッシュ包み焼き
船越英一郎…ブレス産七面鳥にちりめんキャベツを詰めて
加藤あい…天然車えびのソテー キャビア・ド・オーベルジーヌ
近藤真彦…天然キンキ 海の幸をファルシーにして
矢部浩之…皇帝風ブイヤベース
岡村隆史…洋ナシとフォアグラのソテーみたいなもの

そして今回の「おみや」は、ブノワ特製クリスマススウィーツセット。1人前5000円也。5,000円×18人(出演者+視聴者プレゼント10人)で9万円!で、35万+9万で…、44万円!うぎゃぁぁぁぁぁ!(悲鳴)

結果こうなりました。
1位 近藤真彦 47,700円(-2,300円)
2位 加藤あい 47,100円(-2,900円)
3位 船越英一郎 53,100円(+3,100円)
4位 矢部浩之 54,600円(+4,600円)
5位 岡村隆史 44,400円(-5,600円)
6位 国分太一 43,300円(-6,700円)
自腹 優香 58,500円(+8,500円)
自腹額は438,700円でした。

1位の近藤真彦は、第2戦の自腹金の93,100円が戻ってくることになりました。そして、最下位の優香は通算自腹金額731,300円となり、1年でクビ決定となりました。なんか、京都パープルサンガとアビスパ福岡みたいにJ1昇格→1年でJ2降格みたいな感じですね。ということで、2006年の「ゴチになります7」はこれにて終了。来年は第8シーズン、女性新レギュラーは誰になるんでしょうか?