DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

明治末期の機関庫遺構、保存工事が来年にも完了 台中の新名所に

2019年05月18日 | 臺 中

保存工事完了後の機関庫遺構=イメージ



(台北 17日 中央社)日本統治時代に開業した初代台中駅(台中停車場)に付随する機関庫遺構を保存するための工事が、来年6月に完了する見通しだ。交通部(交通省)鉄道局が14日、定例記者会見で報告した。完成後は透明のガラスがはめ込まれた歩道から遺構を眺めることができるようになるという。同局は、新旧3代の建造物が共存する現台中駅を鉄道文化を代表する新名所にしたいと期待を示した。

現在の台中駅舎は2016年に供用開始した3代目。初代駅舎は1905(明治38)年に落成。利用者の増加に伴って17(大正6)年に赤れんが造りの2代目に改築された。現在も残る2代目は国定古跡に登録されている。

機関庫の遺構は、3代目駅の建設や沿線の高架化工事が進められていた2013年に発見された。鉄道局によると、1908(明治41)年の建設とみられる。本来、移転させる方向で検討していたが、同市政府が歴史的な価値を認めたことを受け、元の場所で保存できるよう新駅の設計を変更し、関連の工事を進めていた。

コメント

誠品生活日本1号店、約50の台湾ブランドが出店 日本橋で9月末開業

2019年05月18日 | 台湾ニュース

「誠品生活日本橋」書籍ゾーンのイメージ



(台北 17日 中央社)誠品生活は16日、東京・日本橋で開業する日本1号店「誠品生活日本橋」の店舗概要を発表した。台湾を代表する建築家クリス・ヤオ(姚仁喜)氏が「古今交差、新旧融合」をコンセプトに設計した空間に、書籍や日本初進出5店舗を含む約50の台湾ブランド、日本をはじめ世界中から選んだ商品や食品、ワークショップなどを取り揃える。同社は「くらしと読書のカルチャー・ワンダーランド」を作り出したいとしている。

同店は、9月27日に正式開業する商業施設「コレド室町テラス」のメーンテナントとしてオープンする。誠品生活と三井不動産が設立した合弁会社からライセンスを付与された書店チェーン、有隣堂が運営を担当。書籍(誠品書店)、文具、物販・ワークショップ、レストラン・食品の4つのゾーンで構成される。

空間設計を手掛けるヤオ氏はこれまで、誠品の店舗設計を2度担当してきた。今回は日本橋の歴史や文化、江戸の精神に着想を得て空間を演出。書店ゾーンには、通りに面した空間に長さ約30メートルの「文学長廊」を配置し、心地よく読書を楽しめるような設計を取り入れた。

書店は日本語書籍を中心に取り揃え、誠品が選んだ中国語やその他外国語の書籍も扱う。日本や台湾、中国の作家や職人の企画展を定期開催し、多元的な日本の読書市場において誠品の独特な視点を表現したいとしている。

日本初進出の台湾ブランドは、漢方の「DAYLILY」や中華菓子の老舗「郭元益」、香水の「P. Seven茶香水」、台湾料理店「富錦樹台菜香檳」、台湾茶の「王徳伝」の5店舗。日台の新進気鋭のブランドを紹介するプラットホームとして「誠品生活expo」を導入し、日台文化交流を推進する。

コメント

同性婚容認 蔡総統「台湾が誇るべき1日」 大物歌手からも祝福の声続々

2019年05月18日 | 台湾ニュース

左から蔡英文総統、アーメイ、ジョリン・ツァイ



(台北 17日 中央社)アジア初となる同性婚を認める特別法案が17日、立法院(国会)で可決されたのを受け、蔡英文総統は同日、一人一人の愛が平等であり、全ての人が公平に扱われることが法律によって保障されたと述べ、「台湾が誇るべき1日になった」と喜んだ。芸能界でも、同性婚を支持するアーティストらがフェイスブックで、祝福メッセージを相次いで発表している。

歌手のアーメイ(張恵妹)は、「ニュースを見て泣いた」「長い道のりだったけれど、ついに自分を誇れるようになったね」などとこの日を待ちわびていた人々に語り掛けた。歌手のジョリン・ツァイ(蔡依林)は、「おめでとう!幸福は誰でも手に入れられるもの」と祝福。ロックバンド、ファイヤー・イーエックス(滅火器)は、「台湾はアジアで初めて同性婚を合法化した国となった。みんな幸せに」とつづった。

立法院では、同性婚の定義や結婚登録など、法案の核心となる条文が採決される際、反対の立場を取っていた野党・国民党からも、賛成票を投じる立法委員(国会議員)が複数現れた。そのうちの一人、陳宜民氏は、人権という観点から婚姻制度を保障するものだからと支持した理由を説明。これについて同党立法院党団(国会議員団)幹部の江啓臣氏は、各議員の選択を尊重する姿勢を示している。

コメント

台北映画賞、坂本龍一が音楽賞ノミネート

2019年05月18日 | 台湾ニュース

坂本龍一



(台北 17日 中央社)台湾映画を対象にした「第21回台北映画賞」のノミネートが17日発表され、音楽家の坂本龍一がツァイ・ミンリャン(蔡明亮)監督の「あなたの顔」([イ尓]的臉)で音楽賞に名を連ねた。主演女優賞では、ビビアン・スー(徐若[王宣])が出産後初の映画出演作「人面魚:紅衣小女孩外伝」で候補に選ばれた。発表会見が台北市内で行われた。

台北映画賞は今回、ルールを変更。これまでは長編、短編、ドキュメンタリー、アニメーションの各部門の入選作品計40本のみを発表し、ノミネートリストを賞別に発表するという形式は採用していなかった。映画祭ディレクターの李亜梅氏によれば、台湾映画界で努力している人をより多く奨励するのが変更の狙いだという。

今回は過去最多の359作品の応募があった。最多ノミネートは、ホン・ボーハオ(洪伯豪)監督の「老大人」とホアン・チャオリャン(黄朝亮)監督の「寒単」 の11部門。老大人は、とあるきっかけで不本意ながら老人ホームに入居することになった高齢男性を中心に、高齢化する台湾社会における介護や生死の問題に切り込んだ作品。寒単は、金運をつかさどる神様「寒単爺」に向かって爆竹を投げつける東部・台東特有の元宵節の祭り「炸寒単」を題材に、絆や憎しみを描いた。

昨年の台湾映画で興行収入1位だった「比悲傷更悲傷的故事」は、撮影賞、音楽賞の2部門のみのノミネートに留まり、長編作品賞などの主要部門には選ばれなかった。

李氏は長編作品賞の選考について、同映画祭は「大胆、革新、ブレークスルー」を精神としていると説明。2次審査の審査員を務めた映画美術監督、赤塚佳仁氏から「台湾の映画祭は台湾の商業映画を奨励すべき」との意見があり、審査員全体もこの考えに賛同したと紹介しつつ、映画祭の精神を基準に作品を比較した上でノミネートを決定したと述べた。

同時に発表された「国際新監督コンペティション」のノミネート作品には、箱田優子監督の「ブルーアワーにぶっ飛ばす」が選ばれた。同コンペティションには世界15カ国から12本が出品された。

授賞式は台北映画賞が7月13日、国際新監督コンペティションは7月2日に行われる。

コメント