中野みどりの紬きもの塾

染織家中野みどりの「紬きもの塾」。その記録を中心に紬織り、着物、工芸、自然を綴ります。

手結い絣り2

2019年09月28日 | 制作工程
工房では久しぶりに絣の着尺にかかっています。
以前にもブログでご紹介しましたが、手結い絣りという沖縄に伝わる技法を使います。
前回は布幅に対して小綛を少し大きく作り、遊び分を持たせたもの。今回は布幅に対して、ほぼ同寸に作ります。
動きの幅が違いますが、制約の多い絣です。しかし、その制約ならではの美しさというものもあります。
シンプルで何気ない絣ですが、織るのは更に難易度の高い籠目です。
この着尺は、たてに縞が入っていませんので、絣を一越、一越ずらすときの目安がなく、すっきりした籠目のラインを出すには、集中力をもって織らなければなりません。
画像はまだ織り付け部分で、色の感じ、ぼかしなどを見ている段階です。

絣の位置を青花で墨付けをしている。

括りの幅が広いので、下にポリエチレンのシートを巻き付けます。

その上に梱包用の紐を割いてきっちり巻き付けていきます。

シボのあるタイプをの使います。良く締まります。
一度使った紐もポリのシートも保管して、2~3度使いまわします。
なるべくごみを少なくするようにしています。


括りの後は草木の染めです。長時間漬け込んで、括りの際までよく染まるようにします。


途中、床に叩きつけるようにして、糸束の中に風を入れます。


この手結い絣は最初の小綛作りが最も重要なのです。
この綛作りで仕事の7割は決まると思います。
特に耳糸に遊びのないこの「籠目」のような手結い絣は、完璧な綛を作っておくと後の織りが楽になります。

手結い絣は集中力が要求されます。心の乱れが正直に現れます。(-_-;)
どんな織り上がりになるのか、、来月一杯はかかりそうです。

お彼岸すぎると紬が恋しくなってきますね。いよいよ紬の季節到来です!
今は単衣の紬が重宝する時期です。来週は単衣紬で外出したいと思っています。(^^♪
今週末は紬塾も後半のスタートとなります。






コメント   この記事についてブログを書く
« 丹波の縞帳が語り掛けてくるもの | トップ | 紬塾「とことん着尽くす」――... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

制作工程」カテゴリの最新記事