想い出の小箱Ⅱ : 徒然草子

日常生活の中で感じたことを、徒然なるままに記述する。
OCNブログ人「想い出の小箱:レコード・コレクションからの続き。

地元での花見

2018-03-29 16:48:01 | 日記・エッセイ・コラム

お彼岸に雪が降ったかと思えば、なんと今度は夏日の到来である。
各地からの桜の開花便りが放映されているが、私の近所でも、一気に満開になってしまった。
上野などは、外国人の花見客で混雑しているようだが、ソメイヨシノは、どこでも同じで、わざわざ、混雑しているところへ出かける必然性はない。
河原では、グループでバーベキューなど楽しんでいるが、私の場合は、ただ、ぶらぶらと歩きながら、桜を眺めるだけである。
もっと目的を持って、名物桜でも見に出かける元気を持ちたいものだ。
コメント

哀れな忠犬、佐川

2018-03-27 20:55:52 | 政治

佐川の証人喚問が実施され、午前中の参議院での様子を見た。
ある程度予想されたところだが、肝心なことは証言拒否で何も出てこなかった。
質問者も、共産党の小池以外、迫力不足で、自民党の丸川に到っては、安倍のご機嫌取りに終始し、自民党が真相解明に消極的であることが顕わになった。
麻生が、最終責任者は佐川と言った段階で、シナリオは出来ていたのだろう。
佐川は、葛藤もあったかもしれないが、今後の30年を考えれば、責任をかぶることで、政権の犠牲になり、定年後の経済的な安定を選択するのも一つの道ということか。
又、長期政権と財務省の関係から、組織を護る意識が働いたかもしれない。
文書改ざんだけでは、実刑は難しいとの判断もあるようだ。
残念ながら、官僚は、国民の公僕であることを忘れているようだ。
ただ、安倍、昭恵他、政権の関与ばかり明確に否定することで、かえって、不信を招いたことは確かだろう。
コメント

官房機密費は将来公開すべきだ

2018-03-26 12:31:07 | 政治

現在、官房機密費は、毎月1億円も使用されているそうだ。
しかも、税金であるその金は、何に使われているかは判らないし、追求もされない。
機密費の必要性はある程度認められるものの、現在は、公開できないにせよ、少なくとも20年後くらいには、公開すべきであろう。
当時、自民党の河村官房長官が、民主党への政権交代時に、2億5千万円もの大金を持ち出し、ウヤムヤになっている。
ポケットに入れていたとしても、追求されない。
韓国では、大統領が代わるたびに、前任の不正が暴かれているが、日本の場合、ほとんど政権交代がないので、その心配も少ない。
20年後にでも公開されるとなると、将来、起訴される恐れがあり、少なくとも、不正使用は抑制されるだろう。
自民党は困るので、改革には後ろ向きだろうが、司法が判断を出すべきだろう。
コメント

早すぎる東京の桜満開

2018-03-25 10:06:47 | 日記・エッセイ・コラム

早くも、高知と東京で桜が満開だそうだ。
高知が満開というのはわかるが、桜前線が、南から北へと北上するという常識が崩れ、東京が全国に先駆けて満開というのはやはり気候変動の影響もあるのだろうか。
これでは、小学校の入学式の日には、校門前の桜は散ってしまっているのだろう。
将来、入学式の記念写真を見ると、桜が咲いていない風景を見ることになるが、気象変動で気温が上昇すると、桜が咲かなくなる可能性があると言うから、その頃は、普通の風景になっているのかもしれない。
ボヤボヤしていると、満開の桜を見過ごしてしまうかもしれない。
コメント

トランプになめられた安倍政権

2018-03-23 11:05:24 | 政治

トランプの通商政策が世界を揺るがし、株価が暴落している。
行きづまったトランプ政権の悪あがきのようにさえ見える。
制裁の矛先が中国にあるのはわかるが、世界中を敵に回している。
ただ、カナダ、メキシコ、オーストラリア、EU、ブラジル、アルゼンチン、韓国への関税を当面猶予する方針を示しており、トランプと安倍の思惑の食い違いがはっきりしてきた。
これまで安倍政権の支持率を支えてきた株価が下落し、森友、加計疑惑をかかえた安倍政権の建て直しは容易ではなさそうだ。
コメント