手のヒラアジのメッキ道鍛練中

千葉県をホームにライトタックルのルアーフィッシングしてます。特に外房のメッキはライフワーク・・・かな?(^^;

1126欲張りロード

2005-11-27 21:35:20 | 今日の釣りネタ
3日前にせがれとちょい投げに出かけた時に、ジャリメがあまってしまいました。(かなり意図的ですが・・・(^^;)シロギスのおみやげウケは上場だったので、まずはちょい投げでシロギス(あわよくばイカも)、更にメッキ探し、更に更に夜アジ&ムツを狙う「超よくばり3本立て+α」を企画してみました。(^^;
前回と同じポイントに09:30に到着すると、前夜からアジ&ムツロードをしていたさそさんと合流。二人で仲良く並んでちょい投げスタートとなりました。開始早々良型が続きましたが、そのうちアタリが遠のきピンばかり。なんとなくエサがあるので、ダラダラと続けてしまい、ちょい投げを終了したのは14:30になってしまいました。ピンを除くキープサイズが14尾ありましたので、時間はかかったものの、まずまずのおみやげゲットでした。(^^)
寝ずのロードのさそさんと別れて、次は南房方面へメッキ探し。考えてみれば、一ヶ月もメッキを釣っておらず、ちょい投げに夢中になりすぎてメッキの時間が短くなってしまい、少々反省でした。(^^; 今年の房総メッキは近年まれに見る大ハズレで、当然この時期のメッキ探しは宝探しのようなものです。過去の実績ポイントを、短時間のうちに5~6ヶ所まわりましたが、20cmほどのギンガメを2つ取るのがやっとでした。
暗くなってからはアジ&ムツ。南房から外房方面に移動しながら様子を見ることにしました。1ヶ所目で常夜灯下をのぞくと・・・なんかいる。(^^) ムツだと思い込みミニワームでシェードを攻めると、ググッ!ゴンゴンゴン、スルスルスル・・・あれっ?バラシ?・・・いや、付いてる。・・・ヒラヒラなびく銀色の紙テープ?(^^; 極小指二本のタチウオでした。同じパターンで同サイズのタチウオを2つ追加して、本命のアジポイントに移動としました。
次のアジポイントでは、一投目にネンブツダイ。(^^; アジは不調かと疑いながら二投目をキャストすると、ゴンッ。いるじゃない、25cmクラスの立派なアジをゲットでした。(^^) そこからが凄かった。約1時間入れ掛りが続いて、あっと言う間にコンビニ袋いっぱいになってしまいました。帰ってから計測しましたが、この日のアジはMinで22cm、Maxで27cm、Aveでも24~25cmはあって、脂ノリノリの上モノぞろいでした。ほとんどが、抱卵または抱精アジだったので、おそらく深場の群れが接岸してしまったのではないでしょうか?ここでのアジは14尾、もう1ヶ所でもポツポツ追加して、結局アジは21尾ゲットとなりました。(^^)
アジは満足できたので、残るはムツです。アジポイントはスルーして、港で一番明るい常夜灯を集中的に攻めて回りました。すると、教科書通りにシェードから飛び出してベイトを捕食するムツを発見。ミニワームでなんなく2尾を御用としました。(^^) 更に前回のムツポイントに移動して、シェードのスレムツを8の字でゲット。おまけで、ライト下でウロウロしていたメッキまでゲットして、この日の欲張りロードを終了としました。
・・・久々の満足。また行こうっと。(^^)
コメント (17)

1126久々メッキ

2005-11-27 02:00:38 | 2005今日のメッキ
「今日のメッキ」久々の更新です。(^^; 前回のアップが1029でしたから、約一ヶ月間もメッキを釣ってなかったことになります。今年の不調を物語っていますね。
今日は、午前中ちょい投げ、午後からメッキ、夜はアジ&ムツとかなり欲張りなロードを予定しました。09:00からスタートしたちょい投げは、午前中に終わる予定でしたが、食いが渋ったのとエサが使い終わらなかったのとで、なんと14:30までのめりこんでしまいました。慌ててメッキポイントに移動したものの既に15:00過ぎ。ちょい投げに夢中になりすぎて、メッキの時間がわずか二時間しか取れませんでした。(^^;
結局メッキは2つだけ。夜の部でも1つ取ったので合計3つですが、やっぱり例年より数が少なくて見つけにくいようです。
コメント   トラックバック (1)

イメトレしましょう。(6)

2005-11-25 22:07:38 | 今日のネタ

イメトレも5回を重ね、そろそろネタがなくなってきました。また、今年の房総はあまりにもメッキが釣れないので、モチベーションも下がり気味です。(^^;
でも、そろそろ水温も低下してきましたから、メッキの群れも固まり始めたのではないかと思います。一山当てれば『大爆裂』なんて季節になってきました。
今回は、年明けのメッキについてお題を振ってみたいと思います。私のメッキは、いつも年内で終わってしまうので、今回は聞き手に徹しようと思います。ノウハウがあるかどうかより、経験を書いていただければ十分です。ふるってご参加ください。(^^)

イメトレNo.6
<新年おめでとう編>

メッキと言えば、たいていのアングラーは「秋」を連想すると思いますが、実は年明けでもメッキは残っているようです。さすがに、水温低下でエサが取れないのか、ハイシーズンと比べるとやせてしまって引き味に欠けるかもしれませんが、群れさえ見つけられれば、立派にゲームが成立するはずです。

①1月中旬の中潮、土曜日です。
②釣行時間は、06:00から16:00
③快晴微風の釣り日和となる予報ですが、放射冷却で明け方の冷え込みは氷点下でした。
④澄み潮でどのポイントもスケスケです。
⑤秋のハイシーズンは例年並にメッキが釣れていました。

自分が狙わないので、気になる条件も少なかったりします。(^^; あまり条件や状況は気にせず、ご自分の経験を書いていただければけっこうです。また、「こんな狙い方はどうだろう?」なんていう提案でも盛り上がるかもしれません。

ご参加お待ちしております。(^^)

コメント (9)

1123せがれのちょい投げデビュー

2005-11-23 22:15:46 | せがれを釣りにハメる社会実験
せがれに踏みつけられて09:00起床。
父:「今日は何の日か知ってるか?」
倅:「わかんない。」
父:「今日は『勤労感謝の日』だ。いつも働いてる人に感謝する日だ。」
倅:「ふ~ん。」
父:「たまには『お父さんいつもお仕事ご苦労様。今日は釣りに行っていいよ』とか言ってみろ。」
倅:「・・・うん、いいよ。でも僕も連れてって。」
いっちょあがり。(^^;
我が家のせがれも、だいぶ釣りに行く意欲が出てきたみたいです。(^^;

とりあえず、ドライブも兼ねて館山方面へちょい投げに出かける事にしました。
13:00過ぎにポイントに到着して、仕掛けを作ってエサを付けようとすると、
倅:「お父さんこれ何て言うの?」
父:「ジャリメって言って、シロギスの大好物だ。」
倅:「うぇ~。絶対さわらない。」
父:「だめだ。自分でエサ付けろ。」
倅:「絶対やらない!」
父:「しょうがないなぁ。今日だけは許してやる。」
・・・と言うことで、案の定エサ付けは私の仕事となりました。
一投目からアタリがあり、17~18cmのそこそこサイズのシロギスがダブルでヒット。
二投目も着底即アタリで、同サイズのシロギスを追加。
・・・こうなると、自分の仕掛けを作るどころではなくただの世話役。(^^;
一時間半ほどこんな状態が続き、潮がたるみはじめるとアタリも遠のいてしまいました。

場所替えを決めて移動する車の中で、
倅:「ほとんど僕が釣ったんじゃない?お父さん釣った?」
父:「当たり前だろ。お前の竿しか出してないじゃないか。お父さんにも釣りさせてくれよ。今日は『勤労感謝の日』だって言っただろ。」
倅:「いいよぉ。じゃぁ、イカでも釣れば?」
天狗になっているので、話し方まで小憎らしい始末。
ひとまず、エギングとちょい投げが両方できる堤防に移動することにしました。

ポイントに到着すると、ちょい投げの先行者がいましたが、シロギスは不調とのこと。
今度はぬかりなく、エギングタックルを先に出してからせがれのエサ付け。(^^)
さすがにエサ取りのアタリしかなく、せがれも集中力なしで、ちょい投げロッドは置き竿になってしまいました。
ところが、夕まずめのいい時間帯になると、
倅:「お父さん、夕方は大きいヤツが釣れるんでしょ?」
父:「なんでそんなこと知ってんだ?」
倅:「だってこの前言ってたじゃない。」
父:「そ、そうか。そうだ、そうだ。夕方はデカイヤツが釣れる・・・ことになってる。・・・」
倅:「エサ付けてよ。」
父:「そうだな。・・・」
せがれに催促されて、エサを付け直して再投入。
ロッドをせがれに渡した瞬間、
倅:「お父さん、来たよ!」
父:「・・・」
なんと、この日最大の24cmのシロギス!(@@;
倅:「ほらね、やっぱり夕方は大きいのが釣れるでしょ。」
父:「・・・参りました。」

そのあと、堤防先端でトウゴロウが追われ、ポツポツとボイルまで始まりました。
こうなると、私もせがれのエサ付けをする理性などどこへやら。(^^;
エギをルアーに付け替えて、ひたすらマシンガンキャストです。(^^)
すると、目の前のボイルに興奮したのか、
倅:「僕にもルアーつけてよ。」
父:「今日の竿は長いから、お前じゃ投げられないぞ。」
倅:「だいじょうぶ、だいじょうぶ。」
仕方なく、ちょい投げ仕掛けをしまって、ウェイトがあって投げやすそうなルアーをぶら下げてやりました。
一度だけ私にサバらしいヒットがありましたがバラシ。(T_T)
そろそろボイルも散発になってきたので、せがれに終了の声をかけると、
倅:「なんか巻けないんだけど。」
父:「???・・・お前、それかかってるぞ!(@@;」
慌てて魚の方向を確認しましたが、ちょい投げ用に設定した緩めのドラグを引き出され、既に堤防の先端を回られていました。
堤防にラインをこすりながらやり取りしたものの、残念ながらブレイクしてしまいました。
倅:「今のは、さっきお父さんが逃げられたヤツより大きいよね。」
父:「はい、はい。相当大きかったと思います。参りました。」

最後のBIGONEは取れなかったものの、せがれの魚運は健在のようでした。(^^;
・・・つづく。
コメント (6)

1119グリングリンの丸ボーズ

2005-11-20 20:15:27 | 今日の釣りネタ
さそさん,カツさんに金曜ナイターのお誘いをいただき、週末の疲れた体にムチ打って完徹釣行。この時期限定のマニアなターゲットを狙うとのことでしたが、イメージがまとまらないので、とりあえずライトタックル持って出撃。(^^)
日付が変わってから実戦開始となりましたが、ド干潮でポイントが干上がった状態。サーフから磯のエッジ,堤防先端までくまなくチェックしたものの、3人ともきれいさっぱり獲物なし。澄み潮でベイトがシャローに寄っていないようでした。
マニアなターゲットは諦めて、お手軽なメバル狙いに切り替えたのですが、いつもベイトが溜まってそうな磯回りに全くベイトっ気がない。薄明るくなるまでポイントを叩いて・・・結局ノーバイト。(T_T)
明るくなってから、サーフで鳥山を発見してメタルジグのフルキャストを繰り返すも叶わず。結局、グリングリンの丸ボーズとなってしまいました。

私は丸ボーズでしたが、カツさんは渋々の磯回りで手堅くメバル2ゲット。更にサーフで粘ってソゲもゲット。そつない釣り回りお見事でした。(^^)
さそさん,カツさんおつかれさまでした。また遊んでくださいねー。(^^)
コメント (7)

外房のアジング

2005-11-17 00:21:29 | 今日の釣りネタ
外房のアジングは、ちょっと変なポイントを狙います。別にそこを狙わなければアジが釣れない訳ではないのですが、ほとんどのアングラーがなんとなく?変なポイントを狙っています。(^^; でも、似たようなシチュエーションのポイントを叩くと、やっぱりアジが出てきますので、ポイントの選択は理に適っているんだと思います。
最近、この外房アジングはまってしまった方がいます。(^^; ここに良くコメントを入れていただくさそさんです。先日、いっしょに釣行して外房アジングをご案内したら・・・それ以来ドップリ?のようです。(^^) 本来、さそさんも房総のあちこちでアジングをされていたそうですが、やっぱり外房アジングのポイントには面食らったみたいです。でも、そこは百戦錬磨のアングラー!あっと言う間にコツを心得て、キッチリ結果を出しているそうです。野地文雄さんのHPにも楽しいレポートを寄せられていますので、ちょっとだけご紹介しておきます。(^^)

「変なポイント」ですが、私も釣友から教えてもらった手前、ここで詳細を書いてしまうことは控えさせていただきます。ごめんなさい。ただ、現場でお会いした方や、メールでの個人的な情報交換では問題ありません。「どうしても」と言う方は、tenohiraajiに@ヤフーを付けてメールください。返信いたします。
コメント (8)

中国食文化恐るべし。

2005-11-11 23:19:51 | 今日のネタ
中国に出張に行ってきました。なんと一泊二日で。「どうせ長く居たってすることないんだから、やることやったらサッサと帰って来い。」とのこと。なんと社員を雑に扱う会社なんでしょう。(T_T)
そうは言っても、せっかく海外に出かける訳ですから、それなりに楽しいこともあってほしいところです。先方の通訳にお願いして、夜はそこそこの海鮮レストランに連れて行ってもらいました。(^^)
あちらの海鮮レストランは、まず素材選びから。ありとあらゆる水産物が店の中で泳いでます。(^^; もっとも、氷の上に並んでいるものもありますが、それにしても素材のまんま。「これを○○に料理してくれ」といった注文をするようです。
素材でビックリしたのは、
①カブトガニ!・・・そんなの食うのか?
②アメリカザリガニ・・・家にもいるけど。
③タイリクスズキ・・・そりゃそうか。
④舌平目・・・50cmもあるのは初めて見ました。
⑤草魚・・・60cmもあるヤツ。なんと丸揚げにするらしい。
⑥レンギョ・・・臭いそう
⑦イシモチ・・・南米のドラドのようにまっ黄色。
⑧シャコ・・・でけぇ!頭付きで25cmはある。
⑨穴ジャコ・・・これも食うのか?
⑩カイチョウ?・・・ユムシってことかな?
その他に水産物以外のすごいヤツらも。
⑪サソリ・・・元気に歩いてる。
⑫さなぎ・・・これは「美味しいから」と食べさせられました。写真のヤツ、ただの素揚げです。昔鯉釣りに使ったカイコのさなぎの3倍くらいあります。日本にも、イナゴや蜂の子やザザムシを食べる習慣がありますから、解らないではありませんが、口元まで持ってっても、なかなか口の中に放り込む勇気が出ません。
最後まで抵抗しましたが・・・塩付けて口の中へポン!お味の方ですが、意外と食べれる味だったのがちょっとだけ悔しいような・・・。(^^;
コメント

地球温暖化?

2005-11-11 22:45:20 | 今日のネタ
なんで今頃ノコギリクワガタなのか?・・・それは、この画像が今日の我が家の画像だからなんです。8月に捕ってきた我が家のノコギリクワガタは、まだ元気に生きているんです。(@@;
今から30年程前、夏休みが来るたびにコイツと仲良くしてもらいましたが、どう思い出しても10月まで生きていた記憶がありません。それが、このノコギリ君は、本日11月11日にまだ元気でゼリーをなめているではありませんか。(@@; 特別な飼育をしているわけでもなく、我が家が特別暖かいわけでもなく、まさか30年の間に低温に耐えられるような進化を遂げた・・・様にも思えません。
やっぱり、30年前と比べて温かいのではないでしょうか?地球温暖化を身近に感じてしまったのでした。
・・・ところで、海の温暖化も進んでいるのでしょうか?地球温暖化による海面上昇で、モルディブ島が水没してしまうなんていう環境問題もありますが、関東でもBIGな越冬メッキが釣れてしまうなんていうのもいいかな?・・・な~んてちょっとだけ不届きなことを考えてしまう今日この頃です。(^^;
コメント (2)

1105夜限定出撃

2005-11-06 22:59:30 | 今日の釣りネタ
今週末は家族行事に追われて釣りどころではない予定でしたが、土曜日のうちに2日分をぜ~んぶ済ませたら「朝までに帰ってくればいいよ。」と出撃許可がでました。(^^) おみやげ確保を前提にナイトゲームに繰り出しました。
20:00に外房に到着してまずはアジ狙い。群れが薄いのか先行者が叩いた後なのか、先週ほどの反応がない。干潮手前で急がなければいけないのに、1時間も費やしてやっと5尾。次のポイントへ着くと、既にブレイクラインのすぐ手前まで潮が引いている。早々に反応があるが、食い込みがイマイチ。ワームを短くカットしてフッキングを稼いでやっと4尾。その後ブレイクラインが干上がってアジング終了。
次はこの時期限定のお持ち帰りサイズのムツ狙い。何ヶ所か様子を見て回ると、シェードに隠れてエサを取っているムツを発見。さっそくミノーで数キャストするが、見えている魚は反応すらしない。どうもベイトのサイズが合わない様子。続いてワームに切り替えると一発で反応。23cmでまずまずのサイズ。その後、色を替えサイズを変えあの手この手で3尾追加。さすがにスレて反応がなくなったので終了としました。
家に帰ってムツを刺身で食べてみたところ、メチャメチャ美味い!ムツと言えば煮魚かと思ってましたが、刺身で食べる方が美味しいかもしれません。しばらくナイトゲームがくせになりそうです。(^^;
コメント (9)

おやじになっても童心?

2005-11-05 01:32:41 | 今日のネタ
またまた出張でした。今度は山形県。山形新幹線「つばさ」に乗って、更に在来線に乗って終点の駅まで。・・・かなり遠いです。(^^; 日経もスポーツ新聞も読み終わってしまい、ふと前の席のポケットを見ると「Train Shop」なるJR東日本グループの通販カタログがある。(まるで飛行機みたい(^^;)なんとなく開いてみると・・・思わず笑ってしまう商品がありました。
「ペン型コンパクト釣り竿ポケットロッド(スペシャルバージョン)」だそうです。(^^) なんでも、「釣りバカ生活がいつでもこっそり楽しめる!!」らしく、「ペンだと思ったら・・・、実は釣り竿。」な商品だそうです。(爆)しかも、キーホルダーになったスピニングリールまでついていて¥6000也。
高いと思うか、安いと思うかは別として、とにかくウケてしまいました。007か何かの映画で、シガレットケースが拳銃になってしまうのを見たことがありますが、なんとなくそんなのを思い出して一人で思い出し笑い。隣のおばちゃんに変な目で見られてしまいました。(^^)
でも、実におやじの童心をくすぐる愉快な商品です。ばかばかしいと思いつつ、もしかするとちょっとだけほしいのかもしれません。そんなことはないはず・・・ですが・・・(^^;
ちなみに、赤丸グリグリの「大ヒット商品」だそうです。
コメント