手のヒラアジのメッキ道鍛練中

千葉県をホームにライトタックルのルアーフィッシングしてます。特に外房のメッキはライフワーク・・・かな?(^^;

0526 房総リアルサマー!

2018-05-29 00:03:05 | 今日の釣りネタ



0526 ついに房総半島に20°Cの等温線がくっついてしまいました。(@@;

来る!来る!来る!今年も房総にショゴがやってきますよぉ~。(^^)
先週、既に青服さんが仲間内の「一番ショゴ」をゲットしていますが、今週も平日出撃のJesse-edさんがゲット。
ついに、お待ちかねの房総ショゴが狙って釣れる環境になってきたのです。(^^)
「一番ショゴ」は逃してしまいましたが、今週釣れなきゃ房総ライトタックルアングラーの名が廃る・・・。
「今日は釣れるまで帰らねぇ!2万歩でも3万歩でも探し歩いてやるぞぉ~。」
いつもより鼻息も荒く、不退転の決意で房総ロードへ出撃となったのでした。(^^) ・・・大袈裟。(∼o∼)

10:00 ド干潮を避けて上げっぱなからショゴ捜索ロードを開始します。
いつもと違うエリアからスタートしてみますが、今日は漁港内に魚っ気がありません。
ルアーの後ろについてくるのは、いつもの豆サバと豆カマス、しかもパラパラ。T_T

こんなのしかいません。T_T
漁港内にベイトっ気がないので、港口まで出てみても今日は豆ムツもいません。
・・・、次。
・・・、次。
・・・、次。

12:00 例年「一番ショゴ」が狙える磯絡みの漁港、今日の本命ポイントの一つです。
港内のあちこちににちぎれた海藻が浮いていて、入りたてのチビショゴが隠れていそうな雰囲気モリモリです。(^^)
浮きゴミを一つ一つをチェックしていきますが・・・、何事もなく港内一周。T_T
「う~ん、このエリアにはショゴいねぇ~。」

13:00 出撃中の青服さんと合流して情報交換してみますが、反対側から流してきた青服さんも「魚っ気ない」なんてことをボヤいています。
こんな時は・・・、ゆっくり昼飯を食って作戦を練り直すのがベストな選択ですな。(∼o∼)

15:00 一人作戦会議の結果、満潮になる午後一の狙いは・・・手堅いセイゴゲーム。(∼o∼)
やっぱり、そこそこ魚釣っとかないと、ロードのモチベーションが維持できませんからねぇ~。(∼o∼)
今シーズン、いい感じにデイセイゴが狙える漁港に到着。
さっそく、船道のかけあがりに沿って「ミノー」のトゥイッチ&ポーズでセイゴを狙います。
この「ミノー」ですが、普段なら迷わずサスペンドミノーを選択して、ポーズしたルアーが水中でステイするような誘い方をします。
しか~し、今日はちょっと考えることあって、あえてシンキングミノーでポーズ中のスローフォール(テンションフォール)を試してみます。
「ミノー」はメッツ40S。
一投目、かけあがりの真上にキャストして、トゥイッチ、スローフォール、トゥイッチ、スローフォールを繰り返します。
ルアーが視界に入ってきたところで、ギラッ、ギラギラッ!
「いるぅ~~~、けど食わない。(^^;」
次は、更にフォールをスローにするため、ポーズ中もラインを張り気味にしてバイトを待ちます。
ルアーが見えなくなるくらいのレンジで、ゴンッ!(@@;
「キターーーー!やっぱ、スローフォールでもイケるじゃない。(^^)」

ショゴやメッキがいるとお邪魔虫なんですが、この時期はセイゴ様様です。(∼o∼)
群れごと活性が上がる魚なので、一匹釣れればこっちのもの。(^^;
同じ狙い方で連発です。(^^)



そして、着水直後のトゥイッチに変なバイトが出ます。
ココーン!(@@;
活性が上がっているとは言え、今日は水面まで出てくるほどではないのに、ほぼ着水ヒットしてしまいました。???
「なんだ、なんだ?軽いけど早いヤツ?」
「もしかして・・・、ショゴ、キターーーーーーーー!(@@;」

嬉し恥ずかし、セイゴ狙いで釣れてしまった今シーズンの初ショゴでした。(∼o∼)

ショゴがいるなら直ぐに探して釣りたいところですが、釣れてるターゲットを放置できないのもアングラーの性ってやつなんですよねぇ~。(∼o∼)
ショゴは後程探すことにして、とりあえず、トゥイッチ、トゥイッチ、ドスッ!を楽しんでしまいます。(∼o∼)









いやぁ~、満足させていただきました。(∼o∼)

17:00 ショゴが釣れてしまったということは、港内を探せばまだ他にもいるはずです。
夕まずめの高活性でシャローのベイトを追っていると想定して、スロープ付近の表層をしらみつぶしに叩いていきます。
スロープの端から流していくと、向こうのスロープエッジで何やらパチャパチャやってるじゃないですかっ!(@@;
「あれ臭いぞ、そらいけ~~~。(∼o∼)」
ダッシュでボイルの近くまで行くと、ビンゴでした。
先ほどと同サイズのショゴが、スロープに乗り上げてハクの群れを追い回しています。(@@;
すぐさま、ボイルの中に豆ミノ25トゥイッチャーをキャストしますが、逃げ回るハクが多すぎてルアーが目立ちません。
いったん落ち着くのを待ちながら、ショゴの動きを目で追うと、
「1匹、2匹、3匹、4匹、おぉ~、4匹もいる。(^^)」
その4匹がスーっとひと塊になったところで、もう一度豆ミノ25トゥイッチャーをキャスト!
着水と同時に、グチャグチャグチャ~~~、ゴンッ!(@@;
もう、4匹並んでいた内のどれがヒットしたのからないくらいの発狂バイトでした。(∼o∼)

今度こそ、サイトゲームで初ショゴ仕留めたり。(^^)

当然、残りの3匹も残らずいただくべく捜索を続けますが、先ほどの一撃でボルテージを上げすぎて萎えてしまったのか、残りのショゴはさっぱり見つかりません。
人間様も落ち着いて、ふと我に返ってみると、足がガクガクするほどへたっています。
スマホの万歩計を見ると、16,000歩を超えているじゃないですかっ!(@@;
既にジジイの体力は限界を超えています。(∼o∼)
でも、「ヘトヘト」なんて言いません、「心地よい疲れ」の中、本日の房総ロードはこれにて終了となったのでした。(∼o∼)



↑↑↑ UVレジンでオリジナルハンドメイドルアーを製作・出品しています。
入りたてのショゴは、まだ小さいベイトを追っているので豆ミノ25トゥイッチャーが活躍してくれます。
ウェイトは約1.5gあるので、サイトゲームの20m圏内はお手の物です。(^^)

コメント (2)

0520 房総サマー・・・どこ?

2018-05-27 23:43:33 | 今日の釣りネタ

また釣れないおさぼり記事ですが、少々お付き合いください。(^^;

0520 いよいよ房総半島に海水温20°Cが近づいてきました。(^^)

メッキが到着するのはまだ先ですが、この時期のお楽しみと言えば「ショゴ」カンパチのおこちゃまです。
毎年、メッキの前哨戦として、サイトゲームのいいトレーニングになるんですよねぇ~。(^^)
そろそろ本気で探して仲間内の「一番ショゴ」をゲットするべく、今週も出撃・・・、

でしたが、金曜日の明け方まで錦織vsジョコビッチ戦を見てしまい、土曜日の出撃を断念。T_T
すると、なんたることかっ!青服さんにまんまと「一番ショゴ」を持っていかれてしまいました。T_T
少々モチベーション落ち気味に、日曜日の出撃となったのでした。(^^;

09:00 昨日まで南風でしたが、今日は北風でうすら寒い感じ。・・・しかも爆風。T_T
既に潮位が低い時間帯ですが、北風に吹かれて水温が下がる前に、核心のポイントを探ってみることにします。
「いやぁ~、参った、水面ザバザバで魚が探せないじゃない。T_T」
探せたからと言ってすぐ見つかるものでもありませんが、気分的に滅入っちゃいますよねぇ~。。(^^;
まるで魚が探せないので、係留船際でセイゴでも狙ってみます。
ギラッ!ギラギラ!
「いるなぁ・・・、でも上まで出てこない。」
少しレンジの深いミノーで誘ってみますが、やっぱり反応なし。
今度は一気にサイズダウンして豆ミノ25トゥイッチャーで。
見えてるレンジからトゥイッチ&テンションフォールしてレンジを下げていきます。
ゴンッ!(@@;
「おぉ~、食った。」

もう一つ釣ったところで、ショゴを探しに次へ急ぎます。

13:00 3~4ヶ所回ってみましたが、どこも爆風に吹かれて港内までザブザブ。T_T
潮位も下がってしまったので、スロープに座り込んでコンビニ飯とします。
そのまま眠くなって・・・zzz
「わちゃ!丸焦げたっ!(@@;」

14:00 午後になっても北の爆風は収まりません。
魚が探せないので、やることと言えば、足元まで追ってきたヤツをからかって遊ぶくらい。

こんなのや、

こんなの。

今日はあまりにも釣れないので、こんなのも撮っちゃいます。(∼o∼)

18:00 この時間になると、ウィンドブレーカーを着ていても寒いくらいです。
水面付近もすっかり冷やされてしまったのか、もうサバすら追ってこなくなってしまいました。
「降参~。」

19:00 あまりにも貧果なので、デカカマスのナイトパターンを探ってみます。

おいっ!あなたは呼んでない。(∼o∼)

こらっ!明るいうちに来てよ。(∼o∼)

「ありゃ~、おチビがきちゃった。(@@;」
ついこの前「ナイトゲームの回遊待ちはデカいのばっかり」なんて書いたばっかりなのに・・・。T_T
今日は日曜日で明日は仕事、しょうがない、この辺で勘弁してやろう・・・もとい、勘弁してもらうことにします。(^^;
来週こそ5月の初ショゴゲット狙います。(^^)



↑↑↑ UVレジンでオリジナルハンドメイドルアーを製作・出品しています。
サマーゲームの開幕直前、ライトタックルを10倍楽しむために、サイトゲーム用ルアーはいかがですか?(^^)

コメント

Twitter企画、モニターさん募集中です。(^^)

2018-05-17 00:11:40 | 今日の釣りネタ

突然ですが、Twitterと連動してオリジナルハンドメイドルアーのモニターさんを募集中です。(^^)
①ワインドトゥイッチャー30
②豆ミノ25トゥイッチャー
の2種類を各1個ずつ提供させていただきます。
お申込みは、手のヒラアジのTwitterのモニターさん募集ツイートにコメントいただくだけ。(^^)
お申込みいただいた方のツイートを拝見させていただき、ワタクシの独断と偏見で3名のモニターさんを選ばせていただきます。(^^;
選考基準は、「このルアーを楽しく使っていただけそうな方」です。(∼o∼)
モニターをお願いする方には、このルアーの簡単なインプレと釣果をツイートしていただきます。

5/18までエントリーを受け付けておりますので、興味のある方はTwitter記事からコメントでエントリーください。m(__)m
尚、フォロー外からのエントリーでもOKです。

こちらをクリックいただくとモニターさん募集のツイートをご覧いただけます。


↑↑↑ UVレジンでオリジナルハンドメイドルアーを製作・出品しています。
各ルアーの詳細は、出品のコメントでご確認ください。

コメント

カマスのはなし。

2018-05-16 23:46:09 | 今日の釣りネタ
外房のカマス(アカカマス)と言えば、今や冬場の定番ターゲットとして広く知られています。
シーズンともなれば、場所によっては漁港内を埋め尽くすほどの群れが接岸するわけで、比較的イージーにたくさん釣れちゃったりします。(^^;
そして、干して良し、焼いて良し、揚げてもよしとくれば、人間様も魚に負けないほど大きな群れになるってわけですよねぇ~。(∼o∼)
釣ってよし、食べてよしのアカカマスです。(^^)
 
さて、この房総アカカマス、昔からこんなに大量接岸していたのでしょうか?
私の記憶と記録によると、2010年の冬頃から「狙って釣れる」くらいの大量接岸が始まった・・・ような気がします。
もちろん、外道でポツポツ釣れることはあったかもしれませんが、「ルアーで狙って釣れる」ようになったのはこの時期のことだと思います。
ちょうど冬場のターゲット探しに苦労していた頃で、年が明けて東日本大震災が起こるまで、飽きずにカマスばかりやっていたのでよく覚えています。
 
これより前に房総でアカカマスの大量接岸に遭遇したのは、1999年の秋頃だったと思います。
南房の大型漁港が尺アップのアカカマスに埋め尽くされ、たまたま居合わせてちょっとだけ美味しい思いをしてしまいましたが、翌週には全て抜けて「完ボ」の目にあったのを記憶しています。
後から聞いた話ですが、この大型漁港では「サッ入ってサッと出ていく」ことは、それほど珍しいことではなかったとか。
まぁ、以前から群れの接岸は珍しいことではなかったとしても、同じ場所に一冬通して居着いてしまうというのは、2010年辺りからと考えていいはずです。
 
ちなみに、私が房総で釣りを始めた1995年頃は、冬場の風物詩と言えば「アカカマス」ではなく「ヤマトカマス」でした。
サイズもせいぜい20cmそこそこで細~いヤツ、1700にお寺の鐘が鳴ると一斉に港内になだれ込んでくるのを、ラウンドヘッドのジグヘッドとグラスミノーで迎え撃って喜んでいました。(^^;
 
それでは、その港内を埋め尽くすほどのヤマトカマスはどこへいったのか?
房総の釣りに慣れ新たなターゲットが増える度に、細いヤマトカマス狙いはやらなくなってしまいましたが、知らないうちにあの大量接岸は消え失せていたようです。
そして、現在、ヤマトカマスはそれほど見かけず、アカカマスの大量接岸が恒例となっているわけです。
この2種はバトンタッチで入れ替わったわけではないにしろ、結果的にヤマトカマスがアカカマスに追い出されたことになるんでしょうねぇ~。
 
似たようなことは他でも起こっているようで、2014年に紀伊半島に行った際、地元のカマス狙いのエサ師が「最近はタイワンカマスばっかりで、アカカマスがさっぱり釣れなくなったよ。」なんてことをボヤいていました。
仮に種類ごとの適性水温が、タイワンカマス>アカカマス>ヤマトカマスだったとしたら、地球温暖化現象?を肌で感じる出来事なのかもしれませんね~。(^^;
もしかすると、この先もう一種バラクーダなんてのが参戦して、もう一つずつ生息エリアが押し出される・・・なんてことが起こるのかもしれません。(∼o∼)
 
さて、ルアーフィッシングの話です。
この房総アカカマス、デカいヤツは40cmを超えるようなヤツがいるのです。
しかも、時期によっては子供の腕ほどもあるド太さで、「ギトギト」なんて言葉では足りないくらい脂を溜め込んでるヤツだったりします。
デカいヤツは内臓脂ギトギトなんです。(∼o∼)
当然、これをライトタックルで釣ると、ヒーヒー言いながらドラグを出す釣りになってとっても楽しいわけなのです。(^^)
しか~し、大量接岸によってカマスが釣れ盛っている時期に、このデカカマスだけを選んで釣るのは至難の業。
アジンガー、エサ師、ギャング師が入り乱れる激混みの中で、ひたすらチビカマスを釣りながら運を天に任せる釣りとなってしまうのです。

ところが、カマスを続けて狙っていると、ナイトゲームでゴン太のデカカマスが連発することがあります。
どうやら、港内を埋め尽くすほど群れが入っても、夜間だけはゴン太君ばかりが群れを作って回遊する傾向があるようなのです。
そうだとすれば、そのゴン太君ばかりの群れの回遊ルートを特定すれば、高確率でいい魚にありつけるはずなのです。
そして、いろいろやってみた結果、現在23ヶ所のデカカマス回遊ポイントを特定している状況です。
仲間の努力による成果も含まれているので、ここで詳細をご案内することはできませんが、狙いを絞れば効率よくデカカマスを狙えることは間違えないのです。
ちなみに、2013年~2017年でこんな狙い方をした釣行(8釣行分)を振り返ってみると、釣れたカマスの尺アップ率は、何と!86%(30匹/35匹)でした。
35cmクラスのゴン太君なら、ライトタックルの好敵手。(^^)
我ながら、核心を突いた狙い方と自己評価できるものの一つとなっております。(^^)
 
さて、その釣って楽しい、食べて美味しい房総デカカマスですが、カマスシーズンのスタートを10月末頃とするなら、毎年デカいヤツはシーズン初期から釣果があります。
当然、シーズンが進めば25cm級が港内を埋め尽くしてしまいますので、尺アップ比率が低下するのは当たり前なのですが、その比率とは別に「かなり早い時期からいる」ようなのです。
ミノーで狙うのもデカカマスへの近道です。(^^)
それでは、そのデカカマスは本当に早い時期に「入って来る」魚なのか?
直後にレギュラーサイズが大挙して押し寄せてきますから(これは目で見えるので間違えない)、普通に考えれば、デカカマスはこれに先行して「入って来る」と考えがちです。
しか~し、こんな仮説はどうでしょう?
『デカカマスは、前シーズンの居残り組が港内で成長したヤツで、入って来たのではなく初めからそこにいる魚だった。』
こんな仮説が正しいとしたら、ハイシーズンの裏側に楽しいライトタックルゲームが成立してしまうことになりますよね~。(^^)
何しろ、デカカマス比率云々どころか、デカいヤツしかいない状態でのゲームになるわけですから。(^^;
まぁ、誰かが港口で交通量調査をするわけにはいきませんので、仮説に基づいた釣査結果が出るか否かとなるわけですが、確認してみる価値はありそうだとにらんでおります。(^^)
 
とりとめもなくダラダラと書いてしまいましたが、決してデカいカマスを狙うことだけが釣りの醍醐味ではありません。
でも、「いやぁ~、グリルに入りきらないよぉ~。」という満足感を求めるのも、カマスゲームの楽しみ方の一つ・・・ですよね。(^^)


↑↑↑ UVレジンでオリジナルハンドメイドルアーを製作・出品しています。
ワインドトゥイッチャー30のボトムワインドは、カマスゲームにも効果ありますよぉ~。(^^)
いい仕事してくれますよぉ~。(∼o∼)
コメント

0512 房総プチサマー

2018-05-14 22:24:48 | 今日の釣りネタ

0512 ショゴは6月から、メッキは7月から・・・、この時期サイトのデイゲームをやりたくてしょうがないんですが、ターゲット不在なのが悩みの種です。(^^;
「豆」の付くターゲットはそれなりにいるのですが、あまりにも引かないので、そこそこ釣ると逆にフラストレーションが溜まるんですよねぇ~。(∼o∼)
そんな中途半端な5月ですが、水温さえ上がってくれれば20cm級のセイゴゲームが成立してくるのです。
先週もそのセイゴを探してロードしていましたが、残念ながら姿を見ることもできず。T_T
記事では「あと一潮」なんて書いておりました。
しか~し、釣行前日の0511にJesse-edさんがやってくれました。

突然のセイゴ大爆裂!(@@; ・・・ええなぁ~。(^^)
ちゃっかりポイント情報もいただいちゃったので、今週も迷わず房総ロードへ出撃となったのでした。(^^)

09:00 ポイント到着、今シーズンまだチェックしていないポイントを中心にセイゴを探していきます。
・・・、次。
・・・、次。
・・・、次。
じぇ~んじぇんいましぇん。T_T
11:30までに急ぎ足で6ヶ所チェックしましたが、セイゴが出てくる気配すらありません。

途中、「ボ」逃れでコレ3つ釣っただけ、午前の部は完敗でした。T_T

13:00 昼飯食って、うとうとして、午後の部再開です。
Jesse-edさんの爆裂ポイントは、満潮に合わせてポイント入りすることにして、もう少し自力で魚を探してみます。
7ヶ所目・・・。
8ヶ所目・・・。
9ヶ所目・・・。
もう無理、美味しいおかずを最後まで残しておくのは苦手なんです。(∼o∼)

14:00 鼻息も荒く、予定の1時間前に爆裂ポイントに到着してしまいました。(∼o∼)
リーダー結び直して、視認性のいいルアーを付けて、フックをチェックして・・・、おっと、忘れちゃいけない偏光グラスも綺麗に拭いて、(∼o∼)
いざ期待の1投目・・・、あれっ?
2投目、あれれっ?
3投目、聞いてないよぉ~。T_T
爆裂どころかチェイスすらありません。
「ここじゃないのかなぁ・・・、わかった!あっちのカドだ。」
「・・・、そうかっ!向こうのスロープだっ。」
「・・・、ってことは、あそこのブレイクか。」
じぇんじぇんいない。・・・聞いてないよぉ~。T_T

16:00 これまで1ヶ所に30分もかけずランガンしていましたが、この本命ポイントでは既に2時間も粘ってます。T_T
「んっ!?いまギラッとしたような・・・。」
もう一度同じコースにルアーを放り込んで、派手めのトゥイッチと長めのポーズで誘います。
ギラッ、ギラギラッ!、ゴンッ!(@@;
「キターーーーーーーーーー!」

たかが20cmのセイゴですが、いいんです、嬉しいんです、楽しいんです。(∼o∼)
群れさえ入ってくればこっちのもの、少し足場の高いところへ移動して、丸見えゲームを楽しんでしまいます。(^^)
トゥイッチ、トゥイッチ、・・・、ギラギラッ!、ドスッ!(@@;
「またキターーー!」

「もう一丁キターーー!」

「丸見え嬉しい~~~!(∼o∼)」

まだまだ続くかと思いましたが、意外にもこれで打ち止め。
ちょっと物足りない気もしますが、まぁ、しっかりサイトゲームができたんだからよしとしましょう。(^^)

18:30 最後に、先週のシャローカマーを捕まえる予定ですが、フィーバータイムにはまだ少し早い。
午前中にチェックしてふられたポイントですが、もう一度セイゴチェックしてみます。
シャローへの1投目、トゥイッチ、トゥイッチ、・・・ドスッ!(@@;

あら、ここにもいたのね。(^^;

19:00 いい時間になったので、先々週から続くシャローのデカカマスゲームです。(^^)
迷わずシャローマジック50を付けて、爆風でさざ波が立つ中キャストを繰り返します。
・・・あれっ?
・・・どうしたのかな?
・・・終わっちゃったみたい。T_T
30分間投げ続けましたが、ものの見事にノーバイト。
たまたま見つけたパターンは、たまたま見つかったただの「状態」に過ぎないってことなんですかね。(^^;


そうは言っても、あきらめの悪さでは負けません。(~o~)
もう一つ、冬場のデカカマー回遊ポイントでもう一回戦やってみます。
1投目・・・、ゴゴンッ!(@@;
「いきなりキターーーーー!」
「・・・けど、なんか変、・・・あっ、飛んだ。」

さっきまで必死に狙ってたアナタじゃないですか。(~o~)
そして、次のキャストからは、1キャスト多バイトほぼヒット半分バラシ状態。(~o~)
でも・・・、
スローリトリーブでしか食ってこない、バイトシーンも見えないナイトゲームでは、楽しさ半減・・・いや、9割減なんですよねぇ~。(^^;





セイゴの群れが去ってから更に30分投げ続けましたが、デカカマーからのコンタクトはなし。
狙ってる時に出てこないで、狙ってない時にガンガン出てくるKYさんに苦笑いしながら、本日の房総ロードはこれにて終了となったのでした。(^^)



↑↑↑ UVレジンでオリジナルハンドメイドルアーを製作・出品しています。
今年もそろそろ房総ショゴゲームが始まりますよぉ~。(^^)
シーズン開幕に向けて、ワインドトゥイッチャー30を是非どーぞ。(^^)

コメント

0505 南を一回り。

2018-05-09 21:18:01 | 今日の釣りネタ

0505 大寝坊で出撃のタイミングを逸したり、爆風に出撃を躊躇したり、買い物に付き合わされたり・・・、
結局、GW後半はこの日だけの出撃となってしまいました。T_T
前回は北を中心にランガンしたので、今回は南を一回りとしてみました。
GWの渋滞を避けて02:00には出発、03:30には現地に到着して朝まずめまで仮眠・・・のつもりが大爆睡。(∼o∼)
結局07:00からの南房ランガンとなったのでした。(^^;

07:00 まずは一番近い漁港でスロープを叩いてみます。
さすがにショゴもメッキもいないでしょうから、ターゲットはセイゴとかセイゴとかセイゴでしょうね。(∼o∼)
濁りも入っていい雰囲気、水温も17.5°Cもあるのに・・・セイゴもセイゴもセイゴもいないようです。T_T

07:30 隣の漁港で、志低く豆サバでも探します。(^^;
「おっ、さすがに豆サバ君はいるみたい。」

でも・・・、北よりかなり小さい、ウルトラ豆サイズの超豆サバばかりです。
当然、フツーのミノーに反応するはずもなく、豆ミノ20トゥイッチャーを見せてようやく反応する程度。

豆ミノ20でも3つ釣るのがやっと。
「先週いっぱい釣ったからもういいや。(∼o∼)」

09:00 3~4ヶ所流してみますが、相変わらずウルトラ豆サイズの超豆サバをチラホラ見かけるだけ。
そうこうしているうちに、例年豆ムツが大挙して押し寄せる漁港に到着します。
「今年も豆ムツ君いるかなぁ~。先週はいても手強かったからなぁ~。」
「おぉ~、ビンゴ!うじゃうじゃいる。(^^)」
さっそく豆ミノ20を放り込むと、今日の群れはゾロゾロ着いてきて入れ替わり立ち替わりの好反応です。

なんなく一つ、もう一つ、・・・次々ヒットで止まりません。(^^)
「これだけいるなら、カラーローテーションしてみよっと。(^^)」
手持ちの豆ミノ20と豆ミノ25を数匹釣るたびにカラーを変えていきます。

どのカラーでももれなく反応して釣れてくれますが、意外にもカラーによって若干反応の違いがあるようです。
一通り試してみて、圧倒的にバイトが多かったのはこのカラーでした。(^^)

ブルーがいいのか?それとも細長く入れたシルバーラメが効いているのか?
魚に聞いてみないとわかりませんが、これが美味しそうに見えるのは間違えなさそうです。(^^;
1時間少々で30匹ほど釣って、おなかいっぱいでございました。(∼o∼)

10:30 朝まずめに爆睡したとはいえ、睡眠時間的にはやや不足ぎみ。
天気がいいので、干潮の時間帯を有効活用して、公園の芝生の上でお昼寝タ~イム。
zzz・・・、やべっ!丸焦げたっ!(@@;

14:00 ゆっくりコンビニ飯も食って、午後の部再開です。
いくつか漁港をチェックしていきますが、相変わらず超豆サバが少々に豆ムツがチラホラ、そして新たに超豆カマスも参戦してきました。(∼o∼)

これが釣れちゃうミノーは他にありませんよぉ~。(∼o∼)

豆ミノ20トゥイッチャーと豆ミノ25トゥイッチャーです。
・・・スイマセンCMでした。(∼o∼)

15:00 いい加減豆サイズに飽きてきたので、少し本腰を入れてセイゴでも狙ってみることにします。
スロープのブレイク先、小河川の河口域、ニゴニゴの小河川・・・いくつかポイントを流してみますが、まるで出てきません。T_T
まだ水温17°C前後ですから、セイゴの活性が上がってくるには、あと一潮かかるのかもしれませんね。(^^;

19:00 もう豆サイズは十分釣ったので、最後に先週偶然発見してしまった「シャローデカカマス」に再現性があるかどうかを確かめてみます。
日没が過ぎて薄暗くなってきたところでポイント入り、今日は表層しか狙わないつもりでシャローマジック50です。(^^)
その1投目、ゴッ!、ゴッ!、ゴゴッ!(@@;
いきなりショートバイト連発ですが、なかなかフッキングしてくれません。
ショートバイトを無視してリトリーブを続けると、ようやくフックを咥え込んでくれました。
ゴゴンッ!(@@;
「キターーーーーーーーー!(@@;」

尺には少し届きませんが、先週同様、シャローの表層にカマスが溜まっている現象は確認できました。(^^)
続けてシャローマジック50で表層を狙います。
ゴゴンッ!(@@;
「もう一丁キターーーーー!」

今度は立派な尺アップのデカカマス、しかもこの時期にしては太い!(@@;
そして、水面直下でヒットするので掛かってすぐに水面で大暴れ、その後一気に横っ走りでドラグを引き出してくれます。(^^)

「楽しいぞぉ~、これ。(~o~)」

今度は、ルアーをフローティングミノーに変えて、背中が出っぱなしになるようなデッドスローで仕掛けてみます。
ゴッ、ゴゴンッ!(@@;
「またキターーーーーーー!」

いやぁ~、ゴン太カマスってのは冬の風物詩だと思ってましたが、こんな時期に丸々と太ったデカカマスが港内に残っているもんなんですねぇ~。

あっという間の5連発でしたが、30分もするとあれほど頻発していたバイトが遠のいてしまいます。
さすがにハイシーズンではないので、群れの規模が小さくて逃げ足も早いってことなんですかね。(^^;
まぁ、「まともな」魚の引きを味わえたってことで、本日の房総ロードはめでたしめでたしだったのでした。(∼o∼)



↑↑↑ UVレジンでオリジナルハンドメイドルアーを製作・出品しています。
いよいよサイトゲームのターゲットが増えてきました。(^^)
デカいの一発狙いもいいですが、一日中ランガンして釣れっぱなしってのも楽しいですよ。(^^)・・・チビですが。(∼o∼)
チビーズのサイトゲームには、是非「豆ミノ25トゥイッチャー」と「豆ミノ20トゥイッチャー」をどーぞ。(^^)

コメント

0428 デイゲームシーズンイン!(^^)

2018-05-03 11:24:52 | 今日の釣りネタ

0428 待ち遠しかったGWです。(^^)
連休が待ち遠しいのは当然ですが、私の場合、ちょうどこの時期から愛しのデイゲームに移行するのが恒例なのです。
お天道様の下で魚を見ながらのサイトゲーム、やっぱルアーフィッシングはこれでなきゃ。(^^;
そうは言っても、さすがにメッキやショゴは早すぎるので、この時期、関東沿岸に大量接岸する「豆サバ」を楽しむことになります。
「豆サバ」・・・サイズで言うと10cmからせいぜい20cmほど。(∼o∼)
「そんなのサビキで釣れ」って聞こえてきそうですが、いいんです、これを1匹ずつルアーで釣るのが楽しいんです。(∼o∼)
5ヵ月ぶりとなるサイトゲームにワクワクしながら、これまた5ヵ月ぶりの外房へ、いざ出撃でした。(^^)

11:00 気合を入れるほどの釣りではないので、こんな時間の到着です。(∼o∼)
既に「豆サバ大量接岸」の情報を仕入れていたので、群れが着きやすそうなポイントを順番に流していく予定です。(^^)
その1ヶ所目、いきなりビンゴ!(@@;

「うわぁぁぁぁ、サバティーニの絨毯やぁ~。(^^)」
もの凄いかずの豆サバが、漁港の護岸沿いに溜まっているじゃないですかっ!
「いただきま~す。(^^)」

この豆サバ狙いには、何といっても小さいルアーを使うのが一番です。
市販のルアーでは小さくてもせいぜい40mm程度ですが、ワタクシが自作しているミノーは30mm、25mm、さらには20mmなんてサイズもあったりするのです。(∼o∼)

これさえあれば、丸見えのサバティーニは全部いただきです。(∼o∼)

さっそく1投目、「豆ミノ20トゥイッチャー」の後ろには30匹いや50匹くらいの塊が付いてきます。(∼o∼)
その先頭の数匹が、我先にと争うように猛バイト!

「一丁上がり~、たのすぃ~~~~~。(∼o∼)」

当然ですが、1キャスト1ヒット、丸見えのサバティーニがバイトしっぱなしな状態です。(∼o∼)


もう、これだけ居ればルアーのカラーなんか何でもOK、バイトの「間」さえ作ってやれば釣れ続けてしまいます。(∼o∼)
「いやぁ~、楽しい~、今年も夏が来た~!(∼o∼)」

あっという間に30匹ほど釣ると、さすがに手前にいる魚はスレてきました。(^^;
次は、超豆絨毯の下に沈んでいる20cm級のお兄さんを狙います。(^^)
ルアーを「豆ミノ25トゥイッチャー」に変更して、20mキャスト、カウントダウンして沈んでいるお兄さんを誘い上げます。
「お兄さんもいるじゃない。(^^)」
沈んでいるお兄さんを誘うには、チョン・チョン・チョンの軽いトゥイッチに続いて、スルスルスルっと短めのリトリーブを入れるのがコツです。
あっ・・・、豆サバのレクチャーが必要な人なんかいませんよね。(∼o∼)(∼o∼)(∼o∼)

しばらく沈んだお兄さんを狙っていると、手前の超豆さんの活性が復活したりします。
近くやって、遠くやって、近くやって、遠くやって・・・・
もう、岸壁に腰を下して、足をプラプラさせながらの大爆釣。(∼o∼)
・・・30匹。
・・・50匹。
・・・たぶん100匹。(∼o∼)
「いやぁ~、満足しました。ごちそうさまでした~。(∼o∼)」

14:00 豆サバのサイトゲームには満足したので、次のターゲットも探ってみます。
まだ少し時期が早いのですが、漁港内に入り込んでベイトを漁る・・・はずのヒラセイゴを狙ってみます。(^^)
ここもサバティーニの絨毯になってますが、今度は50mmミノーをつけて「ちゃんと」ヒラセイゴ狙いです。(^^;
しばらく流していくと、係留船の下から30cm級のヒラセイゴが3匹出てきました。(@@;
・・・が、やる気な~くルアーについてくるだけ。
トゥイッチで誘っても、さっぱりその気になってくれません。T_T
「他にターゲットもいないし、またサバティーニするか。(∼o∼)」
性懲りもなく、また足プラプラさせながら豆サバ釣り。(∼o∼)
・・・10匹。
・・・20匹。
・・・30匹。
「いやぁ~、楽しいけどもういいや。(∼o∼)」
今日は半そで釣行、天気がいいので、堤防の上で大の字になってしばしお昼寝。zzz・・・。


16:00 1時間半近くも寝込んでしまって、大人げなく丸焦げです。(∼o∼)
漁港内に戻ると、何やら豆サバの群れが騒がしくなっているではないですかっ!(@@;
よく見ると、豆サバの群れの下に40cm級のシバス(ヒラじゃない)が4~5匹うろついています。
「チャ~ンス。(^^)」
豆サバの群れのエッジで50mmミノーを躍らせると勢いよくすっ飛んできますが、ルアーに鼻を付け合わせたところでストップ。T_T
3回やって3回とも、あと数センチのところで見切ってきます。T_T
「クソォ~~~、選球眼いいヤツラだなぁ・・・。」
これ以上投げるとスレてしまうので、リアクションバイト狙いに作戦変更です。(^^)
係留船の際にフローティングミノーをキャストして、風でルアーが船べりに張り付くのを待ちます。
見えシバスがその係留船に近づいたところで、一気に係留船からルアーを引き離すようにジャーク&トゥイッチ!
そのルアーにリアクションしたシバスが、一気に近づいてガバッ!(@@;
「作戦成功!してやったり!(^^)」
ところが、リアクションでガバッとやったヤツは、さっき見かけなかった50cm級のデカいヤツだったりします。(@@;
やりとりを楽しんでみたものの・・・、
ネット持ってないから抜けない・・・。T_T
グロッキーになるまで待って、恐る恐る抜き上げにかかったところで、フックが伸びてボットンでした。T_T
でも、ルアー帰ってきてよかった。(^^;

17:00 シバスはスレてしまったので、漁港内を散策して他のターゲットを探してみます。
「み~つけた。超豆ムツの群れ。(∼o∼)」

あまりにも小さいので、「豆ミノ20トゥイッチャー」で勝負を挑みますが・・・、
これがまた、選球眼よくて手強いのなんのって。(∼o∼)

なんとか一つ。(^^;

騙し騙し二つ。これは金魚すくいの金魚サイズ。(∼o∼)
4つまで頑張ってみましたが、群れごとスレスレになってギブアップでした。(^^;

18:30 久々にアジングでもして、おみやげを持って帰ろうか・・・なんて考えてみますが、
今日はまん丸満月で、本が読めるくらい明るいお月さまが出ています。T_T
まだ月が上りきっていないので、満月が山影に隠れるポイントに急行してみます。
誰もいないスロープで、超久しぶりのジグヘッド+ワームをキャスト、・・・相変わらず時代遅れの巻きのアジングです。(∼o∼)
コッ!(@@;
1投目からいきなりバイト、フッキングを入れると緩めのドラグを出していくじゃないですかっ!(@@;
25cmアップのアジを妄想して、ニタニタしながら取り込んでみると、
「あらぁ~、あなたでしたか。(^^;」
尺アップの立派なカマー。(^^;
「んっ?これがいるならミノーでもイケるかな?」
食い気より釣り気、どうしてもプラグで釣りがしたいワタクシなのです。(∼o∼)
ミノーに変えて浅いレンジを引いてくると、ゴゴンッ!

またもや尺アップの立派なカマーさんでした。(^^)
もう4月末なんですが、房総のカマーさんはだんだん季節感なくなってきましたなぁ。(^^;
尺アップを4本キープして細いのはリリース、ツ抜けたところで、本日の外房ロード終了となったのでした。(^^)

まだまだ、サイトゲームのターゲットがおこちゃまサイズですが、ルアーを追う魚を見ると血沸き肉躍るワクワク感です。
このあと5月にセイゴゲーム、6月にショゴゲーム、そして7月にはメッキゲームが始まります。
2018年のデイゲームにも期待してのぞみましょう。(^^)



↑↑↑ UVレジンでオリジナルハンドメイドルアーを製作・出品しています。
「豆ミノ20トゥイッチャー」「豆ミノ25トゥイッチャー」さえあれば、豆サバ爆裂間違えなしです。(^^;
GWセールも実施しておりますので、是非是非、上のバナーからご覧ください。m(_ _)m

コメント

0421 近所のチーバス

2018-05-01 23:49:05 | 今日の釣りネタ

0421 前週のメバルバトルでP・N・Bを食らって、ぐうの音も出ないほど傷心中のワタクシです。T_T
心の傷を癒すには・・・、やっぱ、魚釣るしかないですよねぇ~。(∼o∼)
ってことで、今週はこの時期最もお手軽な近所のバチ抜けチーバスで、心の傷を癒してもらうことにしました。(^^;

18:30 夕方道が混んでても15分で着いてしまいます。(^^;
そろそろ薄暗くなってくる時間帯、バチ抜けは・・・バチ、バチ、バチっと、
「あれっ?バチが出てない。(@@;」
バチ抜けシーズンとは言え、潮回りが悪く干潮直前では出るものも出ないんですかねぇ~。
まぁ、バチが出ていないからと言って、ロッドを振らずに帰るわけにもいかないので、とりあえず投げます。(^^;
水面にバチが出ていないと、「ガバッ」とくるかもしれないドキドキ感が薄れますが、とりあえず投げます。(^^;
コンッ!(@@;
「おっ、バイト!」
ゴンッ!(@@;
「キタキタ。(^^)」

やっぱ、近所のチーバスは、このくらいお手軽じゃなきゃねぇ~。(∼o∼)

しばらくキャストを続けますが、後続のバイトがありません。
お手軽フィッシングでルアーロストはしたくないので、普段はきわどいストラクチャー狙いはしないんですが・・・、
バイトがないと、だんだんストラクチャーに近づいてしまうんですよねぇ~。(∼o∼)

そんなにギリギリは狙ってないつもりなんですが、シェード際30cmくらいにルアーが飛び込みます。
「おぉ~、あぶねー、あぶねー。(^^;」
そのラインスラッグが風でなびいてシェードの中にスッポリと入ってしまいました。(@@;
「おぉ~、これはミラクルキャストかも?(^^)」
テンションをかけすぎないようにデッドスローでリトリーブすると、ルアーがラインに引っ張られるように弧を描きながらシェードの中に入っていきます。
「これは食うぞ~、食え、食え、食え・・・。」
ガッ!、ゴンッ!(@@;
「キターーーーーー!」
ちょっとお兄さんサイズが食ってしまったようで、ベイライナーMK68はグニャっと曲がるばかりで魚をストラクチャーから引き離せません。T_T
「やめてぇ~、そっち行かないでぇ~。(^^;」
人間様がストラクチャーから遠ざかりながら、ようやく魚をオープンスペースに引っ張り出しました。

手尺で60くらい、このロッドではなかなか手強い相手でした。(^^)

現金なもので、イメージ通りに魚が釣れると、もやもやした鬱憤は一気に晴れてしまいます。(∼o∼)
「夕飯までには帰る」と言って出てきたような・・・。
キリがいいので、本日はこれにてしゅ~りょ~・・・でした。(∼o∼)



↑↑↑ UVレジンでオリジナルハンドメイドルアーを製作・出品しています。
房総ショゴシーズン開幕まで、あと1ヵ月少々となりました。(^^)
サイトフィッシングでショゴを爆裂させるには、なんといっても「ワインドトゥイッチャー30」です。(^^)
GWセールも実施しておりますので、是非是非、上のバナーからご覧ください。m(_ _)m

コメント