手のヒラアジのメッキ道鍛練中

千葉県をホームにライトタックルのルアーフィッシングしてます。特に外房のメッキはライフワーク・・・かな?(^^;

1231 奄美大島大遠征(エピローグ)

2020-01-19 22:32:01 | 2019今日のメッキ

そう言えば、奄美大島大遠征は「(その4)につづく」でしたよね。www

実は、(その3)をアップしたところで、お客さまから大量のカラーオーダーが入って・・・、作り終わるやいなや別のオーダーも入って・・・。

すっかり最終日の(その4)を忘れておりました。(^^;

まぁ、(その4)とは書いておりましたが、結論から言うとじぇ~んじぇん釣れませんでした。www

・・・ので、(その4)あらため(エピローグ)ということで。(^^;

 

1231 最終日は半日限定ですが、前夜から降り続く冷たい雨&爆風。T_T

朝飯前の朝練で、前日取りこぼしたターポンを拾いに行きますが・・・、びゅ~~~、びゅ~~~、びゅびゅびゅ~~~。(@@;

・・・な~んもいね。T_T

ゆっくり朝飯を食べて、短時間勝負に出るのはやっぱり昨日・一昨日のポイントでしょ。(^^;

しか~し、昨日・一昨日に釣れたのは午後一番でしたが、今日は午前中の短時間勝負。

・・・な~んもいね。T_T

お土産を買う時間を作らなければならないので、大型港の護岸で「釣れるヤツなんでも作戦」となります。

到着するなり、足元に落としたTATさんのワインドトゥイッチャー30にガツンッ!(@@;



あのー、製作者を差し置いてそんなの釣らないでください。w

Commyさんもてとらさんも何かしらちょいちょい釣っていますが、私のルアーにはな~んにも反応なし。T_T

最後の最後で足元に落としたメタジに食いついたのはコレ。


イヌカサゴ?・・・本日の私の仏頂面そのものでした。www

ということで、奄美大島大遠征の最終日は、名残惜しく島をドライブしましたってことにしましょー。。(^^;

 

最後に、1228から1231までの三泊四日で、遠征の4人が釣った全ての魚種をおさらいしてみます。(^^)

ロウニンアジ、ギンガメアジ、カスミアジ、オニヒラアジ。

バラクーダ、アカジン、コトヒキ、ゴマフエダイ。

ヤイトハタ、チャイロマルハタ、エソ、イヌカサゴ?。

ヤミハタ、トラギス?、ホウライヒメジ、セイタカヒイラギ。

タテスジイシモチ、マゴチ、オキフエダイ、?フグ。

イケカツオ、ガクガク、ターポン、シャムイトヨリ。

なんと!24魚種!(@@;

奄美大島の豊かな海と釣れてくれた魚たちに感謝して、また来るぞぉ~~~~~~!(^^)

 

今回、島に忘れてきたモノ。

〇 朝練で取れなかったターポン。

〇 昨年の忘れ物に足りなかった「2cm」。

〇 ネコくらいの重量感で瞬殺されたヤツ。

いやぁ~、また忘れ物取りに行かなきゃ。(^^;

 

最後の最後に、二日目にいいポイントをご案内いただいた奄美つりんちゅさんにも、厚く厚くお礼申し上げます。m(__)m

 

↑↑↑UVレジンでオリジナルハンドメイドルアーを製作・出品しています。

現在、ラクマ・メルカリに比較的多めに出品していま~す。是非ご覧ください。(^^)

コメント (4)

1230 奄美大島大遠征(その3)

2020-01-08 00:02:36 | 2019今日のメッキ

奄美大島大遠征も三日目となりました。(^^)

初日・二日目と文句のない釣果に恵まれ、40cmアップも2本ゲットできたわけですが・・・、

昨年の「忘れ物」はコレじゃないんですよねぇ~。(^^;

やっぱ、「島サイズ獲ったどぉ~~~!」と叫ぶには、50cmオーバーのデカメッキを手にしなければねぇ~。(^^)

ということで、実質的な最終日となる三日目の釣行に、いざ出陣でした。

 

06:30 朝飯前にちょいと一回り。(^^;

まだ薄暗い時間帯ですが、宿の近くの常夜灯のある漁港で朝習となりました。・・・決して体育会系の合宿ではありません。w

TATさん曰く、「明かりの下でターポンがボイルしてることがあるんだよねぇ~。」

ポイントに到着すると、正にその常夜灯の下でバッシャバッシャとボイルしてるじゃないですかっ!(@@;

さっそくボイルの辺りにキャストすると、すぐにバイト&ヒット&ジャンプ&・・・さようなら~。T_T

バレるバレる、掛からない掛からない。T_T

そうこうしていると、TATさんにヒット!


40cm級の立派なターポンじゃないですかっ!・・・ボクも釣りた~い。(^^;

ショートバイトに手間取っていると、てとらさんも同サイズのターポンをゲット。(@@;

TATさんは2本目・3本目をゲット。(@@;

だんだん明るくなるぅ・・・、ボイルが少なくなるぅ・・・、バイトもなくなるぅ・・・し~ん、お・わ・た。T_T

「ね、ね、ね、明日の朝もう一回やろね。(^^;」

 

07:30 朝練の二ヶ所目、中規模河川の河口堤防です。

前回来島した時に唯一のまぁまぁサイズが出たゲンのいいポイントですが、今日はおさかな少なめのようです。

Commyさんと私がレギュラーサイズをゲットして終了でした。



09:00  ゆっくり宿飯を食べて、再出撃はこんな時間。(^^;

とりあえず、宿の近辺の漁港をランガンしてみることにします。

・・・が、どこを回ってもそれらしき反応はありません。

「やっぱ、昨日のポイントでしょ。今から行けば昨日と同じ時間に入れますよ。(^^)」

島中至る所がポイントなのに、「昨日釣れた場所」に期待する志の低いオヤジーズなのでした。www

 

12:00  昨日のポイントに、昨日と同じ時間に到着です。(^^;

昨日と違うのは、風がなく水面が鏡のようになっていること。・・・う~ん、悩ましい。(^^;

何となくトップは見切られそうな気がするので、最初からミノーの中層ジャークで攻めてみます。

・・・何事もなく30分。

ここで、ファーストシンキングのミノーをスローシンキングに付け替えて、フォールの時間を長くとってみます。

ガゴンッ!ヂィィィ~~~~~~~~!(@@;

「キターーーーーーーーーーーーーー!」

ファーストランが止まってもまだズルズルとドラグが出ていきます。(@@;

「今度のヤツはちょっと手強いんじゃないですかぁ?」

ブレイクラインの根ズレにヒヤヒヤしながら上がってきたのは、ネイティブメッキとしては自己記録となる48cmのロウニンメッキでした。(^^)




「忘れ物」には2cm足りませんが、「デカメッキ獲ったどぉ~!」ってことにしておきましょう。(^^)

 

13:00 BIG ONEの余韻に浸ることなく、もう一度ヒットポイントにジャブジャブと浸かります。

同じミノーで同じ攻め方で数キャスト目・・・、ゴゴンッ!(@@;

「またキターーーーーーーーーー!」

今度のヤツは35cm級のオニヒラメッキのようですが、同サイズのお友達が足元まで付いてくるじゃないですかっ!(@@;

いやぁ~、35cm級のお友達追いって初めて見ました。(@@;


オニヒラアジ37cmでした。(^^)

 

14:00 デカメッキを連発して気持ちに余裕ができたので、食べ損ねていたコンビニ弁当でランチタイムです。(^^;

ちょうど弁当を食べ終わったところに、Commyさんが「やられたぁ~。」と言いながら戻ってきます。

そこそこサイズを根ズレで取り逃がしたとのこと。

「んっ?そなの?、んじゃ、また群れが回ってきましたかね。(^^;」

Commyさんと入れ替わりに再度ポイント入りして数キャスト目、ピックアップ際のミノーに、コンッ、コンッ!(@@;

ロッド1本先まで帰ってきたミノーに、35cm級のデカメッキがチェイスしているじゃないですかっ!(@@;

もう一回コンッ!(@@;

もう巻けないので、ジャークしてフォールするしかありません。

フォールするミノーに4回目のバイト!

ゴンッ!ヂィィィ~~~~!(@@;

「食ったぁ~~~~~~~!いや、食わせましたよ、今回は。(^^)」

 やりとりする距離もなく上がってきたのは、本日3本目となる35cmのロウニンメッキでした。(^^)



続いてCommyさん、TATさんも40cm級のロウニンメッキをゲットしたところで、本日の群れ回遊は打ち止めのようでした。(^^;

しか~し!・・・、メッキの群れが去ったとは言え、同じポイントで豪華な外道は釣れ続きます。

40cm級のチャイロマルハタ!、60cm級のマゴチ!、バラクーダにマングローブジャックにガクガクにコトヒキに・・・。

どうやら、奄美の海はやめ時を与えてくれないようです。(^^;・・・真っ暗~。www

 

本日の乾杯。(^^)



(その4)につづく。


<本日のゲスト>


島サイズのコトヒキ、スゲ〜引く。w

 
初物のヤミハタ。(^^)
 
 
こちらも、嬉し恥ずかしの初物、マングローブジャック。(^^)
 

↑↑↑UVレジンでオリジナルハンドメイドルアーを製作・出品しています。

コメント

1229 奄美大島大遠征(その2)

2020-01-04 10:22:20 | 2019今日のメッキ

奄美大島大遠征の二日目です。(^^)

その前に、「忘れ物」のお話しを。(^^;

奄美大島へは二度目の釣行となりますが、最初の釣行は昨年の7月でした。

いい時期に行ったはずだったのですが・・・、急激な水温低下でメッキに限らず、魚が口を使ってくれないダメダメな状況でした。

そんな中、ポッパーに出した唯一の50cm級?デカメッキを、ブレイクのエッジ擦れで切られてしまったのです。T_T

後から考えれば、ラインやドラグ設定、ロッド長、立ち位置等々・・・、反省することばかりで、悔やんでも悔やみきれないできごとだったのです。T_T

今回の遠征は、そんな島においてきた「忘れ物」を17ヵ月ぶりに取り返しに行くってのが最大の目的なのでありま~す。(^^)

それでは、二日目の釣行レポ、スタートです。(^^)

 

1229 この日は、TATさんのフォロワーさん「奄美つりんちゅ」さんがポイントガイドをしてくれるとのこと。

私は直接絡んだことがなく、つりんちゅさんのブログの存在も知りませんでしたが、後から拝見すると凄い内容のブログなんですねぇ~。(@@;

06:00 そんなつりんちゅさんと釣り場で待ち合わせして「はじめまして」。(^^)

最初にご案内いただいたのは、ぐるりと護岸された箱のような漁港で、ブイもロープも係留船もない港内へキャストするんだとか。

何かしらキャストする理由を見つけなきゃいられない房総の釣りとは違って、意外と新鮮な感覚だったりします。(^^;

1時間半ほど港内を叩いてみましたが、ここでは全員ノーバイト。

・・・次行きます。

 

08:00 二ヶ所目、先ほどの漁港よりかなり小規模ですが、雰囲気は似ている「箱」的な漁港。

護岸のすぐ脇に車を止めて、タックルを出そうとしていると、「ボイルしてる!」っとCommyさんがシャウト!

振り向くと、私のすぐ目の前でバシャバシャと派手なボイルが発生しているじゃないですかっ!(@@;

慌ててロッドを掴んでダッシュ!(当然、全員同時にダッシュ!w)

一等賞で護岸にたどり着き、いの一番にキャストして2~3回トゥイッチを入れると、ゴンッ!(@@;

「食った~~~~!」


やった、32cmのギンガメ、二日目も幸先良く尺アップにありつけました。(^^)

この様子を見ていたつりんちゅさんのブログでは、「陸では人間のナブラが発生」と書かれています。・・・ばかうけ。www

ここでは、シレ~っと着いてくるヤル気なさげなレギュラーサイズもゲットでした。(^^;



10:00 三ヶ所目、漁港の入り口に石積み堤防があるポイント。

全体的に浅いポイントだったので、狙いを港口に絞り込んでキャストを続けましたが・・・、魚の反応はなし。

港口を諦めて石積みをトボトボ戻ってくると、付け根のドシャローに尺はあろうかと言うフグがフワフワしているじゃないですか。

ちょっといたずらしてやれってことで、付いていたミノーをそのままキャスト。

すると、まんざら反応がないわけでなく、フワフワと追ってくるじゃないですか。w・・・でも食わない。

手前まで来てしまったので、水際の石の上にルアーをステイさせると、30cmの距離を保ってにらめっこ状態です。

試しに10cmほど動かすと10cm着いてくる、5cm動かすと5cm着いてくる。

「だるまさんがころんだごっこやぁ~。www」

んで、最後にピッと早い動きを入れたら、パクッ!(@@;

「勝ったぜ。www」

水深10cmくらいのところで背中を出しながら食ったので、いきなり大暴れしていますが・・・、ピヨ~ンとフックアウトしてルアーが飛んできます。

「はずれてくれて良かった。」なんて思っていると、えぇぇぇ~~~~!(@@;!(@@;!(@@;!


なんと!フックアウトしたのではなく、大事な大事なリュウキ45Sのケツを食いちぎられたんじゃないですかっ!T_T

デカフグの歯、恐ろしやぁ~~~。(@@;

はい、変なヤツにちょっかいかけたワタクシの自業自得でございました。T_T

 

12:00 2~3ヶ所ご案内いただきましたが、いずれも魚っけなくノーバイト。

「もう一ヶ所だけ叩いて昼飯にしましょう。」と入ったポイントで、凄いことが起こったのです。

河口エリアに散らばって沖目のブレイクを狙います。

Commyさん、TATさん、てとらさんは河川を、つりんちゅさんと私は河口外側のゴロタ場を狙います。

5分もしないうちに、ピックアップ際の私のポッパーにバシャ!(@@;

・・・あぁぁぁ~~~、乗らなかったぁ~~~。T_T

気を取り直して次のキャスト、すると、隣でやっているつりんちゅさんとほぼ同時に、バシャ!

「キターーーーーー!あっ、ダブルヒットじゃないですかっ!(@@;」

元気よくドラグを出して上がってきたのは、37cmのロウニンメッキでした。(^^)



んで、つりんちゅさんも同サイズをゲット、二人でブツ持ち自撮りとなったのでした。・・・JKかいっ!www
 


二人で大騒ぎしたので、一旦全員が車に引き上げてきます。

すると、河川に入ったCommyさんは、一投目にブレイクされて二投目で35cm級を取ったとのこと。(@@;

「なんか、このサイズが群れでいる感じですよねぇ~。まだイケるんじゃない?(^^)」

再度ポイントに散ると、今度はTATさんにヒットで同サイズをゲット!

つりんちゅさんのポッパーには、何度もアタックがあったとか。(@@;

そして、ワタクシのミノーにもきました。(^^)

トゥイッチのアクションと同時にひったくられたので、ガッツ~~~~ン!ヂィィィ~~~~~!(@@;

途中で遊んだフックが回って腹掛りになりましたが、いい引きで上がってきたのは42cmのロウニンメッキ!



嬉しさ余って、ハンドランディングしてカメラにポーズしてしまいました。・・・恥ずかし。(^^;



その後、TATさんのランディング失敗あり、私のバラシありで、島サイズの群れはまだうろついている感じです。

・・・が、決して聞けない・・・、てとらさんがまだ・・・。(^^;

しか~し!このポイントは凄かった、最後にてとらさんにもデカいのがきました。

この日一番の43cmのロウニン。(@@;

唯一残念なのは、てとらさんの満面の笑みが画像に収まっていないこと・・・、ですかね。www

ここで、半日ポイントガイドをしていただいたつりんちゅさんとはお別れ、つりんちゅさん、ありがとうございました~~~!(^^)

 

17:00 宿の近くに移動して、夕まずめのワンチャンスに更なる望みを託します。

Commyさん、TATさんが諦めて引き上げる中、岬の先端を通過するであろうデカいヤツを狙って一人投げ続けます。

ガゴッゴンッ!

ヂィヂィヂィヂィ、ヂィ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!、パ~ン!(@@;

最後に「パ~ン」と音がしたかどうかはわかりませんが、ブレイクの衝撃はそんな印象。

じぇんじぇん太刀打ちできないとんでもないヤツが掛かりました。(@@;

イメージで言うと、ネコがルアー咥えてダッシュしたくらいの重量感。(@@;

当然、ロッドを一度も起こせることなく、3秒くらいで秒殺されてしまいました。(@@;

ここにはスゲーヤツがいる・・・。(@@;

また一つ、島に「忘れ物」が増えてしまったようです。www

 

二日目の宿泊は宿飯付き、大浴場の風呂に浸かってサッパリして、豪華な宿飯をあてに黒糖焼酎で乾杯!


この乾杯は、本日の全員安打の乾杯でもあるわけです。(^^)

一日フル稼働した後の焼酎は効くのなんのって、奄美大島大遠征の二日目も大満足のうちに爆睡となったのでした。(^^)

(その3)につづく。(^^)

 

<本日のゲスト>


お約束のESO。w
 

ヤイトハタ。
 

55cmのバラクーダ、よく引いた~。(^^)
 

そして、沖縄では三大高級魚のひとつアカジン(スジアラ)の35cm。奄美ではハージンだそうです。(^^)

 

↑↑↑UVレジンでオリジナルハンドメイドルアーを製作・出品しています。

コメント (2)

1228 奄美大島大遠征(その1)

2020-01-02 01:25:41 | 2019今日のメッキ

一年は早いもので、2019年も年末となってしまいました。

なってしまいました?・・・もとい、「なってくれました」の間違えでした。(^^;

はい、そうです、この年末に、今年最大のビッグイベント「奄美大島大遠征」が予定されていたのです。(^^)

1228~1231の三泊四日で、イカれた仲間3人とひたすらデカい「メッキ」を狙うクレイジーツアー。w

このイカれたツアーのメンバーは、名古屋からTATさん、関東からCommyさんとてとらぽっとさんと私の4名です。

JALの格安ツアーに狙いを定め、裏技で釣りモードにアレンジして、1228いざ奄美大島に乗り込んだのでした。(^^)

 

1228 羽田からの直行便は15時到着予定ですが、名古屋からのTATさんは鹿児島空港乗り換えで、もう少し早い時間に到着しています

「ポイントの下見しておきます。」なんてLINEが入っていたと思ったら・・・、

羽田組の搭乗直前にこんなLINEが入ってきます。(@@;



ゆ・る・さ・ん!、機長さ〜ん、ちょっと急いでもらえますかぁ?www

 

15:30 ようやく奄美空港に到着して、レンタカーを手続するとこんな時間です。

「どこ行きますか?」

「さっきTATさんが釣ったポイントに決まってるでしょ!」

20分走ってポイントに到着すると、ここからが早かった。w

漁港の埠頭にスーツケースをご開帳して、早着替え的なスピードで着替えとタックルセットを同時に進めます。w

ものの5分で戦闘準備完了でございました。w

先ほどTATさんが釣ったというポイントを教えてもらって、てとらさんと私はTATさんのヒットポイントに急行します。

・・・。

・・・。

・・・。

「いね、ぺんぺん草も生えてねぇ。」

車に戻って「次はどこか?」とポイント経験者のTATさん・Commyさんに聞こうと思ったら・・・、

「やられた、二人で車乗ってどっか行っちゃった。しかも、もう一台の車のカギも持ったまま。」

ゆ・る・さ・ん!どうかあの二人にバチが当たりますよーに。w

 

16:30 埠頭に取り残されたてとらさんと私は、埠頭の周りをくまなくチェックするしかありません。

あっち撃ってこっち撃って右往左往でしたが、護岸沿いの沈みブロックが3m先でブレイクしているのを見つけて、その近辺を探ってみることにします。

水深もわからないので、一旦リュウキ45Sでボトムを取って下から上にレンジを探るつもりです。

その一投目、ボトムを取って軽くしゃくってテンションフォールしていると、コンッ!?

反射的にロッドをあおってアワセを入れると、しっかり掛かって魚が首を振っています。

「あ~、ボトムで食って首振ってるから、クロちゃんかなぁ?」

「いや、メッキですよメッキ、しかもデカい。」

高めの足場を「よいしょ!」と抜き上げみてビックリ!(@@;




ホームの房総では逆立ちしてもお目に掛かれない、37cmのロウニンメッキだったのでした。(@@;

いきなり37cmとは、さすが奄美大島、ス・ゴ・イ。(@@;

 

画像を撮ってリリースして、もう一度同じコースにキャストします。

数キャスト目、同じようにボトムを取って、チョイチョイっとアクションを入れると、またもやゴンッ!(@@;

「もう一丁キターーーーーー!(@@;」

今度はファーストランでドラグを引き出していきます。

そこそこやり取りして魚が浮いてくると、先ほどより一回りデカいロウニンではないですかっ!(@@;

隣を通りかかった地元のおっちゃん釣り師が、慌ててマイネットを取り出してくれて、無事にランディング成功でした。(^^)


ロウニンメッキ40cm、わずか2キャストで37cmと40cmとは、奄美大島ってコ・ワ・イ。(^^;

この魚はランディングしてくれたおっちゃんにプレゼント、めちゃめちゃ喜んでくれました。w

 

そして、更に次のキャストもゴンッ!(@@;

さすがに今度は一年生メッキでしたが、画像の時間を見ても一連の3匹はわずか11分のできごと。(@@;


もぉ~、奄美大島、ス・テ・キ。(^^)

 

んで、このわずか11分間に隣のてとらさんは何をしていたかというと、PEが高切れしてリーダー組んでました。w

てとらさん、すんまへんでした~。(^^;

 

車強奪の二人が戻ってくると「外道がいくつか釣れただけ」とのこと。

そうでしょ、そうでしょ、きっとバチが当たったんですよ。w

ここで日没となって、奄美大島大遠征の初日は終了です。

奄美空港に降り立って2時間もしないうちに、37cmと40cmのロウニンメッキをゲットだなんて、誰も見てないところで自分のほっぺたをつねってみたのは内緒です。w

 

初日の晩は、おしゃれな居酒屋で飲み放題付きの晩飯です。

恒例のカンパイが祝杯になるなんて、夢にも思わな・・・いこともなかったかもしれませんが、奄美大島楽しすぎます。(^^)


黒糖焼酎をしこたま呑んで、奄美大島大遠征の初日は気持ちよ~く就寝となったのでした。(^^;

 

(その2)につづく。

 

 

↑↑↑UVレジンでオリジナルハンドメイドルアーを製作・出品しています。

コメント (2)

1221 房総ラストロード

2020-01-01 12:07:03 | 2019今日のメッキ

1221 いよいよ房総メッキも最終局面となっております。

今年は年末に奄美大島へ釣行遠征を予定しているため、房総メッキロードはこれが最後になりそうです。

朝一でカマスでも?なんて考えてもみましたが、さびぃ~~~。w

人もメッキも寒いので、ついつい午後から出撃となってしまう年末のメッキロードなのでした。w

 

13:30 この時期に高確率・・・もとい低確率でもメッキが釣れそうな・・・もとい釣れるかもしれないパターンは3つ。(^^;

1.ひたすらサーフを撃つか、

2.河口のベイト着きを撃つか、

3.水深のある漁港で回遊の群れを捕まえるか。

1のサーフですが・・・、デブはサーフ苦手なんです。w

2の河口ですが、房総にはメッキが着くほどの河口がありません。w

んで、私が得意とするのは最後の回遊パターンなんですが、これをやるには群れの回遊コースを把握していなければなりません。

まぁ、かれこれ四半世紀もやってますので、こんな時こそ年の功を発揮するのが吉なのです。(^^;

マイ「仁王立ちポイント」に到着して、ヘビーウェイトのリュウキ45Sをフルキャスト、フルキャスト、フルキャスト、

3投目にゴンッ!(@@; キターーーーーー!


意外とあっさり釣れてしまいました。(^^;

 

画像を撮ってバケツに一時キープして次のキャスト。

一旦ボトムをとってショートジャーク的なトゥイッチとテンションフォールを繰り返します。

ゴンッ!(@@; またキターーーーーー!


更に数キャスト後にも、もう一丁キターーーー!


更に更に、ボトムから立ち上げた1トゥイッチ目で、ゴンッ!(@@;


いい型のロウニンメッキまで飛び出してしまいました。(^^)

いやぁ~、いくら得意と言ってもデ・キ・ス・ギですね、これは。(^^;

 

群れが移動したのかバイトが遠のいたので、スロープのブレイクライン沿いを流してみます。

コチンッ!

「おっ!まだこんなオチビもいるのか・・・って、なんか丸いぞ。???」


こんな時期に初物メッキ?が釣れてしまいました。

ヨロイアジだそうです。(^^)

 

ここで、回遊の時合が去った絶妙なタイミングで青服さんとユージンさんが合流します。

「すいませ~ん、一回戦終わってしまいました。(^^;」

15:30 しばらく何事もなく「ザ・回遊待ち」な時間が過ぎていきますが・・・、

突然、漁港の真ん中でスーパーボイルが発生します。(@@;

直径30mにもなろうかという広範囲に、そこだけスコールが降っているかのようにパチャパチャパチャパチャ・・・!(@@;

でも、届かないぃ~~~。T_T

それでも、しつこくボイルの正面でフルキャストを続けていたユージンさんが、24cmの良型をゲットでした。(^^)

 

16:00 ボイルは2~3回発生して沈んでしまいましたが、沈んだってことはまた回遊しているってことです。

また仁王立ちポイントに戻ってフルキャストを続けていると、ゴンッ!



追加のギンガメ、ゲッ~~~ト!(^^)

 

16:30 ここで、青服さんが「ピックアップ際のミノーに何か触った」とか何とか言っています。

至近距離の表層はあまり意識していませんでしたが、試しにちょいと投げて表層を高速トゥイッチしてみると、(@@;

良型のメッキが4~5匹でチェイスしているじゃないですかっ!(@@;

「群れ回ってきた!近い、近い、表層、表層!」

すると、後ろのスロープ際でジャジャジャジャジャ~~~~!っと大ボイルが始まります。(@@;

「ハクボイルだっ!ハク追ってるからミノーサイズ落とさないと食わないよ。」

・・・となると、伝家の宝刀?「豆ミノ25トゥイッチャー」があるじゃないですか。(^^)

この日はヘビーウェイトミノーの遠投を想定していたので7.7fのチヌロッドなんですが、なりふり構わず豆ミノ25トゥイッチャーを付けてキャスト!

まるで剣道の竹刀で素振りしているようなキャストですが、ボイルを目の前にして贅沢は言ってられません。

数キャスト目、ゴンッ!(@@;

「食ったぁ~~~~~~~!けど、バラした。T_T」

更にゴンッ!

「こんどこそ食った!バレるなよぉ~。」


ヤッター!豆ミノ25トゥイッチャーで長年食わせ切れなかったハクボイルを仕留めました。(^^)

大満足の極み。(∼o∼)

 

これを最後に足元に寄った群れも通過してしまい、冬至の早い日没を迎えてジ・エンド。

でも、房総ラストロードで、回遊の群れを捕まえて、良型メッキを連発して、初物魚種もゲットして、最後に長年の課題だったハクボイルまで攻略できたのですから、

終わり良ければ全てよし、2019年の房総メッキに感謝して房総釣り納めとなったのでした。(^^)

(さて、ようやく追いついたので、次は奄美釣行記ですよぉ~。(^^))

 

 

↑↑↑UVレジンでオリジナルハンドメイドルアーを製作・出品しています。

コメント

1130 忘れてしまいたいことやぁ~♪。(^^;

2020-01-01 10:22:14 | 2019今日のメッキ

忘れてしまいたいことやぁ~♪、どうしようもない釣れなさにぃ~♪、

包まれたぁ時にぃ男はぁ~、ブログをサボるのでしょうぉ~。♪ (∼o∼)

はい、ぐうの音もでないほどの「完ボ」2連発です。(^^;

 

1130 いよいよ終盤戦に突入した房総に、午後からメッキロードに出てみましたが・・・、

いね。

いね。

外道もいね。

あっ、キタ!・・・セイゴか。

やっぱり、いね。

どーしよーもなくいね。

・・・参りました。T_T

以上。

やっぱ、忘れてしまいたいことは、どこを回ったかもよく覚えてませんねぇ~。www

これにて失礼します。w

 

1208 今シーズン、既に2回出撃している温泉メッキですが、ショゴに邪魔されてデカメッキが釣れていません。

12月上旬で3回目とハイペースすぎる出撃回数で、今後のふところ加減が心配ですが・・・、

いつ乗るの?今でしょ!www

ところが、この日の前日は冷たい雨が終日降り続いて、湾奥の水温が急降下したようなのです。

4人で乗って、

誰にも、

何にも、

触りもしません。T_T

・・・。

・・・。

・・・。

全員ノックアウト、グリングリンの「完ボ」×4でございました。T_T

忘れてしまいたいことやぁ~♪

もうええわ。w

 

 

↑↑↑UVレジンでオリジナルハンドメイドルアーを製作・出品しています。

コメント

1124 おさぼり加減が激しくなってきた・・・。

2020-01-01 09:35:44 | 2019今日のメッキ

2020年になりました。

新年、あけましておめでとうございます。(^^)

って言いながら、なんと!1124の記事でございます。

釣り行って、ルアー作って、ブログ書くってのは、かなり難しいことなんですよねぇ~。(^^;

まぁ、ブログ続ける限り、どこかで追いつきますのでお許しください。(∼o∼)

 

1124 ってことで、この日は2週連続の温泉メッキ出撃です。

いつもなら釣福丸さんにお願いするんですが、あいにくこの日は予約でいっぱい。

そこで、以前からメールレベルでお付き合いのある空読さんの「sky read」にお世話になることにしました。(^^)

 

15:00 本日のメンバーは、Commyさんとユージンさんと私の3人。

朝一便で釣れたと言うスーパーデカメッキ(ほぼGT)の画像を拝見して、ボルテージ上がりまくりの出港です。w


前週は釣福丸でデカショゴフィーバーでしたが、sky readさんでもバリバリ釣れているようで、空読さんからは「16時が時合だね。」なんて言い当てられて照れ笑いです。(^^;

その16時、それまで追っても食わなかったデカショゴですが、空読さんがジグヘッドワームを投入するといきなり時合突入。

空読さんの1匹を合図にデカショゴの群れがスイッチON!

トゥイッチするミノーに群れでチェイスしてきます。(@@;

何度か掛けそこなったあと、Dダイレクトを激しく動かすとゴンッ!


40オーバーでこの腹ですから、いつものメッキロッド「ベイライナーMK681L」はバットからひん曲がって大捕り物となります。w

ちなみに、2本目で更にデカいヤツを掛けて、一度も止まらずに排水口へ一直線!・・・敗北。

で、その後は「ベイライナーMK661M」に持ち替えました。・・・ってそれほど変わってない。w

 

Commyさんのミノーにも連発、空読さんのジグヘッドにいたっては、入れて2しゃくりもしないうちにヒットしてしまいます。(∼o∼)

あまりにもジグヘッドのワインド効果が凄いので、ここで伝家の宝刀?「ワインドトゥイッチャー」を投入します。

中層までフォールして4~5回しゃくると、デカショゴが2~3匹でワラワラワラ~~~!(@@;

夏場のチビショゴとまるで一緒。(∼o∼)

こうなれば、勝手知ったるいつものショゴ釣りだったりします。(^^;



連発、連発で5本も上げると・・・、もう腕が疲れました。www

 

17:00 デカショゴは堪能できたので、メッキ狙いに絞って表層ゲームに徹してみます。

前回は暗くなってショゴがいなくなるとメッキが表層に出てきたんですが・・・、うんともすんとも言いません。

ルアーをローテーションしていると、85mmのリップインベイトにしたところでようやくヒット!


でも、尺アンダーの一年生。(^^;

最後までデカメッキ狙いで、あの手この手に奥の手まで投入しましたがメッキの反応はなし。

あのサイズのショゴが暴れまくると、さすがのメッキも寄り付かないんだとろうと結論付けて、本日の温泉ゲーム終了となったのでした。(^^;

 

あっ、ユージンさんの釣果が一度も出てきませんでしたが、かわいいショゴを釣ったことを付け加えておきます。www

空読船長、またよろしくお願いしま~す。(^^)

 

 

↑↑↑UVレジンでオリジナルハンドメイドルアーを製作・出品しています。

こちらのバナーからラクマの販売サイトへどーぞ。(メルカリにも出品しています。)

コメント

1117 ♨️メッキ第一戦

2019-12-09 08:07:00 | 2019今日のメッキ
また大サボリしてますが、釣りには行ってます。www

11月になりました。
毎年この時期からシーズンインとなる?のは・・・、そうです、東京湾名物温泉デカメッキです。(^^)
例年より水温が高く、少々不安があるものの、行かずに静観しているほど忍耐力ありません。w
行かないという選択肢はないのです。w
ということで、さっそく第一戦、第二戦とやってまいりましたのでご案内します。

1117 いつもの釣福丸さんを予約して15時から出撃です。
メンバーは、OD821さん、Commyさん、銀河メッキさん、えびちゃんと私の5人。

到着早々、私の50mmミノーに重たいバイトがあり、ドラグが一気に引き出されます。
さんざん堪えたのですが、船の周りまで寄ってもう一度走られたところでフックアウト。
戻ってきたルアーを見ると、ST‐36の#12がグニャリと伸びています。

普段豆サイズばかり相手にしているので、ドラグ設定の手感覚が鈍っていたんでしょうねぇ~。・・・反省。

余談ですが、この場合「魚にフックを伸ばされた」のではなく、自分のミスでフックを伸ばしてしまったのです。
想定内の魚で伸びるようなフックを選択した自分が悪いわけで、同時にフック強度を無視してドラグを締めすぎたことも反省するってのが正解なんだと思います。
「魚にフックを伸ばされた」としてしまっては、逃した魚がデカかったことを美化しているにすぎません。
「自分のミスでフックを伸ばしてしまった」とすれば、次に向けて成長する自分がいるはず・・・ですよね。(^^)

なんてことはさておき、一発目を取り逃がした後は小一時間ノーバイトが続きます。
・・・が、突然Commyさんのロッドが曲がり、けたたましいドラグ音が響きます。
魚が寄ってくると「ショゴだぁ、デカショゴ。」
ところが、こいつら青物のはずなのにヒットすると根魚に変わるのです。w
船べりまでくると、見るものすべてに擦りつけようとするのです。
既にネットを構えているというのに再び猛ダッシュ、船のキールにラインが擦れて・・・残念でした。T_T

デカショゴの一本目を取り逃がしてしてしまいましたが、ここから怒涛のショゴヒットが続きます。
まずは私のリュウキ45Sを丸呑みしたのは42㎝のデカショゴ。


Commyさん、今度は逃がしません45㎝。


えびちゃんのファーストヒットはキールの餌食になりました。(^o^)
私は2本目の42㎝。(^^)


えびちゃん念願のデカショゴ、ゲ~ット40㎝。


Commyさん、既に3本目?45㎝アップに腰を使ってます。www


遅れてヒットした銀河メッキさんは、右に左に走られながらの50サイズ。


もうWヒットが3回くらい発生して、大騒ぎの1時間でした。

メッキの方はというと・・・、デカショゴが大暴れするとメッキが寄り付かないのかもしれませんねぇ~。
デカショゴのヒットエリアをかなり遠巻きにした沖目で、ポツリポツリと一年生メッキ4つでした。
一年生とはいえ、♨ではデカくなるのも早いのです。

28㎝

29㎝

30㎝
房総ロードでこれが釣れたら、泣いて喜ぶサイズなんですけどねぇ~。

まぁ、デカメッキ出ませんでしたが楽しい第一戦となったのでした。

それから、Commyさんの最後のデカショゴは、It's a Miracle!
最初に掛けて切られたヤツをもう一度自分で掛けたそうで、切られたルアーを魚ごと回収したんだとか。www
ウソのようなホントのお話でした。(^o^)
コメント (5)

1115 館山復習

2019-11-24 11:24:58 | 2019今日のメッキ

1115 本日は金曜日ですが「計画休暇」なる強制的出社拒絶?により、ありがた~く平日出撃です。w

先週のメッキバトルでは、房総メンバーこぞって散々な目にあいました。T_T

エリア選択の違いこそあれ、まぁ、どこでやっても激渋に変わりはなかったようです。

シーズン初期には「空前の当り年」と宣言するほどいたのに、10月の台風にぜ~んぶ持っていかれた感じなんでしょうか?T_T

相変わらず外房はニゴニゴとの情報なので、今週はバトルで回った館山エリアをもう一度回ってみることにしました。(^^;

 

09:30 のんびり出撃で、先週と同じ河川ポイントから。

バトルでもたまたま通過した群れを拾ったような感じだったので、それほど期待できるポイントでもありません。

・・・。

・・・。

はい、次~。(∼o∼)

 

10:00 平日なので超有名ポイントもガラガラ~。w

堤防際にベイトが見当たらず期待できませんが、こんなに空いているのにやらずに帰るのももったいない。(^^;

堤防周りを一通り叩いて回ったら、最後に足元からカスミちゃん3匹が飛び出してきてヒットでした。(^^)



11:30 サーフに突き出た堤防の先端。

ここには小指の先くらいのベイトが足元に群れていて、ちょっと期待が持てるかもしれません。

ピックアップの3m手前で、バイトとは言えない「波動」あり!

「んっ?いるのか?・・・いたっ!いた、いた、いたっ!(@@;」

いいサイズのメッキ10匹くらいの群れがルアーに絡んでるじゃないですかっ!(@@;

ゴンッ!いただき~。


ベイト食いで腹パンパンの22cmギンガメくんでした。(^^)

画像撮ってちょっと離れた場所にリリースして、もう一度さっきと同じコースにキャストします。

・・・。

・・・。

・・・。

「そんなに急いで行かなくってもいいじゃね~かよぉ~!T_T」

それでも、なかなか諦めつかずキャストを続けていると、ガッ、ゴンッ!(@@;

フルキャストの先で重たいバイト&ヒット。(@@;

散々走られて上がってきたのは、ナイスプロポーションのショゴ28cmでした。(^^;



13:30 2ヶ所スカって次のポイント。

水はクリアで、足元にはベイトがビッシリ!ベイトボールも発生していて雰囲気モリモリです。(^^)

ここは沈みテトラの上がいつもダツだらけなので、着水直後からしっかりルアーを見ていないとやられてしまいます。(^^;

着水するとすぐに、3m横からダツがすっ飛んできます。(@@;

「やべ、やべ、やべ。」慌てて高速リトリーブでダツバイトをかわして、ストラクチャーのない広いエリアにルアーを引き出します。

ダツからエスケープしてホッとしていると、今度はそこそこサイズの黒い影が3つ出てきて・・・ガッ!ゴンッ!(@@;

ヂヂヂヂヂィ~~~~~!(@@;

「何?何?何!?メッキ?・・・違うなぁ、こりゃデカショゴだなぁ。」

と言うほど余裕はなく、緩めのドラグをバリバリ出されて沈みテトラの方へ一直線。(@@;


やられました。T_T

さっきのショゴより一回りデカい尺超え級のショゴと思われるので、太軸フックのミノーを付けてドラグを締めて仕切り直しです。

先ほどヒットした辺りにキャスト、1回、2回、3回とトゥイッチすると!(@@;

今度は黒い影が4~5匹出てきて一発ヒット!(@@;

ヂヂヂ、ヂヂヂ、ヂヂ、ヂヂ。・・・止まった。

足元まで同サイズのお友達を4匹も連れて上がってきたのは、33cmの太っといデカショゴくんでした。


まだいるので、当然続けてキャストしますが、・・・実は、もう2回根に潜られてブレイク。T_T

結局、7回掛けて4本しか取れないという下手くそ加減。T_T




普段このサイズを釣り慣れていないと、対応も後手になってしまうなぁ~・・・と言う反省でした。(^^;

 

メッキの方は探せど探せど見つからず、別のポイントであった会心のヒットもまたもやショゴ。



夕まずめ、魚が見つからないまま最初の河川ポイントに戻ると、回ってきたのはセイゴとカマス、しかも半端ない数です。(^^;




どこへ投げても必ずどちらかがヒットしてしまうほどいて・・・もういいや。(∼o∼)

何を復習しに行ったんだかわからないまま、本日の業務終了となったのでした。(^^;

 

デカショゴくんは、刺身とショゴしゃぶでまいう~でございました。(^^)



 

↑↑↑UVレジンでオリジナルハンドメイドルアーを製作・出品しています。


ワインドトゥイッチャー30のアワビ仕様を作りました。冬メッキのボトム攻略にどーぞ。(^^)

お気に入りがあれば、出品前に取り置きしますのでご連絡ください。

コメント

1109 おかわりメッキバトル(その4)

2019-11-18 23:44:03 | 2019今日のメッキ

おかわりメッキバトルの続きの続きの続きです。w

 

さて、メッキバトルも1時間半を残すだけとなり、各参加者はラストスパートに向けて躍起になっているところです。

特に上位に絡む参加者は、残り時間で一つでも多く追加するために、ポイント移動が小走りになったりしているはずなのです。(∼o∼)

これ、これ、これ、実はこれがバトルの醍醐味だったりするのです。(^^)

バトルには、日頃味わうことのできない「勝ちにこだわる緊張感」があったりするわけなのです。(∼o∼)

そんな上位陣の心理も想像しながら、ここからのレポは是非時間も意識しながら読んでいただくといいかもしれません。(^^;

(臨場感を出すため、上位陣のエントリーだけに絞ってレポさせていただきます。(^^;)

 

16:32 トップを譲らないTATさん、5匹カウントして2ポイント追加です。


16:32 この時間帯に突如リミットメイクした山田釣り日記さんも5匹で2ポイント追加。

16:42 ここでトップを猛追するしえらさん、24cmを入れ替え!・・・これはビッグポイントか!?

16:43 しえらさんの猛追はまだまだ続きます。5匹溜まって2ポイント追加!・・・んっ?逆転?


ここで、上位陣が最も恐れていた南の島が動き始めます。(@@;

16:45 石垣島のriseさん、キターーー!2匹目エントリーは28cm!・・・足切りで25cmですが強烈なインパクト!(@@;



そして、もう一人、良型を2つ持ちながら3つ揃っていなかったひつじさんが、この時間になってリミットメイク!

16:45 ひつじさん、11:50以来の3つ目エントリー、20cmを釣ってリミットメイク!・・・一気に上位に躍り出ます。(@@;



16:55 ここで、確変大連荘中のしえらさんが更に5匹釣って2ポイント追加!(@@;



ズド~~~~~ン!ついに南の島からメガトン弾が投下されました!

16:59 石垣島のriseさん、リミットメイクの3匹目は、なんと!32cm!(@@;・・・足切りで25cmですが上位確実。(@@;


17:01 入れ替えサイズが出ればトップも狙えるかめさん、5匹釣って2ポイント追加。・・・も、Pで続行不能とか。w


ここで!最後にデカいヤツを釣るモッテル男が登場!(@@;

17:07 KY半島と言われた紀伊半島で、KYなサイズを引っ張り出すKYな男!27cm(25cm)入れ替えはTATさんです。(@@;


しか~し!ズド~~~~~ン!再び南の島からメガトン弾が着弾します!(@@;

17:07 riseさんの入れ替えエントリーは、またもやメガトン級の35cm!(@@;・・・25cm足切りですが、もう誰がトップだかわかりません。


17:08 まだ明るい沖縄で粘るのはAPO!さん、5匹溜まって2ポイントエントリー。・・・この2ポイントはデカい。

17:13 もう暗いのにまだ粘るのか?KY男、TATさんも5匹釣って2ポイントエントリー。(@@;

17:17 TATさんが追加すればこちらも一歩も引かず、しえらさんも負けずに5匹で2ポイント追加!(@@;

17:24 そして、引かない男がここにも。riseさんも5匹目を釣って2ポイントエントリー!


このままエントリーが途切れて、おかわりメッキバトルしゅ~りょ~。(^^)

もう、誰が勝ったのかまるでわかりません。(∼o∼)

 

それでは、リミットメイク達成者13名を入賞として、入賞者の発表といたします。(^^)

第13位、18+19+19=56ポイント、紀伊半島参加の南風見さんでした~。おめでとうございます。

第12位、18+18+19+6=61ポイント、天草エリア参加の竹ちこさんでした~。おめでとうございます。

第11位、18+19+19+6=62ポイント、同じく天草エリア参加のnoppoさんでした~。おめでとうございます。

第10位、20+20+21+2=63ポイント、ダメダメの房総でがんばりました、ワタクシ主催者手のヒラアジでした。(^^;

第9位、18+20+24+2=64ポイント、同じくダメダメの房総で瞬間芸、がんじーさんでした~。おめでとうございます。

第8位、19+19+23+6=67ポイント、沖縄で正々堂々とライトタックルに徹したAPO!さんでした~。おめでとうございます。

第7位、22+22+22+2=68ポイント、激渋伊豆から唯一の入賞、山田釣り日記さんでした~。おめでとうございます。

第6位、20+24+25+=69ポイント、紀伊半島でトップでの良型はお見事でした。ひつじさんで~す。おめでとうございます。

第5位、21+21+24+6=72ポイント、体調不良(P)にも負けず上位入賞はさすがです。かめさんでした~。おめでとうございます。

第4位、19+19+22+14=74ポイント、キーパーに恵まれずも脅威の35匹オーバー!高知参加のkichomenさんでした~。おめでとうございます。

さて、第3位の発表です。(^^)

キーパーの3匹は全て25cmを超えるオーバーリミット。サイズポイントは振り切ったものの、実釣時間の短さが匹数ポイントにつながりませんでした。

25+25+25+2=77ポイントは、石垣島参加のriseさんでした~。おめでとうございま~す。(^^)

さてさて、準優勝の発表です。(^^)

午後イチのリミットメイクからコツコツと入れ替えを重ねること6回、数もサイズも揃えるその凄腕は、前回に続く準優勝が証明しています。(^^)

23+23+24+14=84ポイントは、紀伊半島参加のしえらさんでした~。おめでとうございま~す。(^^)

それでは、おかわりメッキバトル優勝者の発表です。(^^)

スタート直後から釣果を重ね、バトル終了まで釣り続けたその釣果は、なんと!40匹オーバー!(@@;

リミットメイク以降繰り返した入れ替えも最多8回を数え、理想的いや横綱相撲ともいえるバトル運びとなりました。(^^)

最後の入れ替えがオーバーリミットの27cmとなるあたりも、強者の貫禄と言えるかもしれません。

22+23+25+16=86ポイントは、紀伊半島参加のTATさんでした~。

おかわりメッキバトル優勝!おめでとうございま~す。(^^)

 

ということで、事故もトラブルもなく、無事におかわりメッキバトルを終えることができました。(^^)

これも、参加の皆さまのご協力あってこそと、心から感謝申し上げます。

また、今回は持ち寄りの賞品もない中、「栄誉」と「名誉」だけをかけて本気で全力で闘う皆さまのスピリッツには、主催者として心より敬服いたします。m(__)m

あらためて、バトル参加の皆さま全員に・・・「イカれメッカー」の称号を授与させていただきます。www

また来年も企画いたしますので、そのイカれ加減に磨きをかけて次回も是非ご参加ください。w

ありがとうございました。(^^)


P.S.

しえらさんがいつものデットヒートグラフを作ってくれましたので、こちらもご覧ください。(^^)



 

↑↑↑UVレジンでオリジナルハンドメイドルアーを製作・出品しています。

豆ミノ25、豆ミノ20ともに、シーズンインのムツ・カマスやメバルでも活躍してくれます。是非どーぞ。(^^) 

コメント (20)