手のヒラアジのメッキ道鍛練中

千葉県をホームにライトタックルのルアーフィッシングしてます。特に外房のメッキはライフワーク・・・かな?(^^;

マテングが熱い!

2010-07-25 23:34:14 | 今日のネタ


0725 先週二度も出撃してしまったので、今週は家庭内ポイントを稼ぐために釣りの方は休漁です。(~o~)
その代りに、塩人さんとHITOSHIさんの何やら楽しそうな企画があったので、そちらにおじゃましてきました。(^^)

楽しそうな企画とは・・・、「マテング」!?
「なんじゃそりゃ?」と聞こえてきそうですが、知らなくて当然です、勝手に造語してますから。(~o~)
実は、「マテング」とは、マテガイ掘りのこと。
マテガイとは、 こんな格好した棒みたいな二枚貝なんですが、干潟でこれを捕まえるのが「マテング」。(^^;
何で「マテング」なんて造語をするかというと、このマテガイの捕まえ方がユニークでとってもゲーム性が高いんです。(^^)
まず干潟の砂を表層5cmくらいスコップですくい取っていきます。
すると、ゴカイが入ってる穴より一回り大きい縦穴が出てきます。
 縦穴はこんな感じ。・・・この穴は惚れ惚れしちゃいますねぇ~。(~o~)
穴を見つけたら、あらかじめ準備しておいた「塩」を穴の中にサラサラと入れます。
すると!あら不思議!突然の塩にビックリしたマテガイが穴の中からニョキリと出てくるんです。(@@;

すかさず貝殻部分をつまんで、穴に潜ろうとするマテガイを引きずり出す。
・・・ってのがマテングなのです。(^^)
 はい、一丁あがりぃ~。(^^)
穴を見つける作業、塩を入れて反応を見る過程、そしてニョッキリ顔を出したマテガイを逃げられないように捕まえるスリリングなアクション。
まぁ、どれを取っても実にゲーム性豊かで、アングラー好みなお遊びなんですね~。(~o~)
そして、捕って楽しいだけではなく、このマテガイはメチャメチャに美味い!
炒めて良し、煮て良し、海外ではよくスープの素材になったりするくらいいいダシもでるんです。(^^)

さて、今回の企画の参加者は、奥様ありお子様ありの総勢16名。・・・HITOSHIさんの企画はいつも盛り上がりますねぇ~。(~o~)
09:00 下げ潮で干潟が顔を出すのを待って、まずはマテリスト塩人さんのマテング講習です。(^^)
最初はなかなか要領をつかめませんでしたが、慣れてくるとマテガイの穴かそうでない穴か見てわかるようになってきます。

マテング中~~真剣モード~~マテング中~~真剣モード~~

炎天下の中、たばこを吸うのも忘れてひたすらマテングに没頭した結果、なんと!94マテゲットとなったのでした。
 2時間半集中してマテングしました。・・・94マテはおそらくマテ頭。(~o~)

12:00には沖上がり(干潟上がり?)でしたが、さすがアングラーの皆さん、初体験のマテング談義で盛り上がってます。
まるでアジカップの後の表彰式みたいでした。(~o~)
最後に塩人先生の調理講習&試食会もあって、楽しく美味しく「マテング」の企画が終了となったのでした。
塩人さん、HITOSHIさん、お世話になりました。m(__)m
次回は「マテカップ」ですかね?(~o~)


本日の我が家の食卓。
 マテガイ尽しの3種盛り。(^^)
左:塩人流「マテガイのしょうが炒め(なんとなく和風)」
右:定番中の定番「マテガイのバター炒め(間違えなく洋風)」
奥:手のヒラアジ流「マテガイのにらもやし炒め(おそらく中華風)」
おいしゅーございました。m(__)m

コメント (24)

0719 海の日開幕宣言

2010-07-20 05:24:58 | 2010今日のメッキ
0719 今年はメッキの姿も確認できないまま7月中旬になってしまいました。
でも、キチンと探せばいるもんですねぇ~。(^^)
金曜日に青服さんからムフフな情報をいただいたので、家族のブーイングも気にせず予定外の強行出撃となったのでした。(^^;

07:30 まずは例年一番でメッキが到着するポイント。
なんだかんだでこの時期一番手堅いのはスロープ、まずは40mmミノーでスロープのブレイクライン~足元を中心に探ってみます。
いい感じでベイトもいるのですが、たまにキラッと出るのは全部セイゴくんのようです。
メッキいません。(T_T)
この港にはまだ入ってないのでしょうか?
スロープを諦めて「港内回遊」のパターンを探ってみます。
群れが見当たらないのでイナッコの群れの近くを集中的に攻めていると、
「コツンッ!?」
一瞬イナッコのスレかと思いましたが、その後の平打ちしながら上がってくるその姿はまぎれもなくメッキちゃん。(^^)
チェイスもヒットの瞬間も見えないまま釣れてしまいましたが、今シーズン初物となる12㎝のギンガメをゲットでした。(^^)
 まだこれが最大級です。12㎝。(^^;
港内回遊のパターンを探っていると、今度は30匹以上の群れ発見!
慌てて迎撃態勢を取りますが・・・、この群れはちょっと無理っぽいようです。
何しろ、38mmのマークベイトより小さいヤツばかりですから。(~o~)
今後に期待して次のポイントに向かいます。

2ヶ所目、3ヶ所目はスカ。
4ヶ所目、強風で水面が波立っているので港内回遊パターンはなさそうです。
風を読んでポイントを絞り込み、スロープのブレイクラインにルアーを通すと一発ヒットでした。
 意外と活性が高い群れで、10匹くらいでチェイスしてきました。(^^)
更にチェイスが続きもう一匹追加。
今度は15㎝くらいありそうなヤツでしたが、写真を撮っている最中にピョンと跳ねてオートリリース。
一匹目より確実に大きかったのに画像なしです。(T_T)
この時期にしてみれば、かなりいいサイズだったのに~。・・・まぁ、目くそ鼻くそですが。(~o~)

5ヶ所目、スロープの上に乗り上げたマイクロ君がけっこういます。
何度かチェイスしましたが、マイクロすぎてルアーを食いきれてない様子。(^^;
釣れないまでもマイクロ君と戯れていると、すぐ後ろに今度はナイスサイズのショゴの群れ発見です。
目測ではどれも30㎝↑ばかりで、5~6匹の群れになってます。
「チャ~ンス。(^^)」
しかし、本日のタックルには少々不安が残ります。
メッキ用にマイクロルアーを使わなければならないことも考慮して、アジング用の2lbフロロを巻いています。
ノットだけでもやり直そうかと思いましたが、いなくなってしまうのも悔しいのでそのままキャスト!
一発、ゴンッ!
チュィィィィ~~~ン!(@@;
前々日に3lbタックルでソーダを掛けているので、「早い」のはまだ体が覚えてますが、このサイズのショゴは更にトルクもあります。
一回止まって魚が見える位に寄せてくると、またもやジィィィ~~~!
そして、プチッ!(T_T)
嫌な予感的中で、直結のノット部分からいってしまいました。
あぁ~、ヘタクソ、まだまだ修行が足りないようです。(T_T)

6ヶ所目、7ヶ所目、8ヶ所目、いずれもチラチラとメッキの姿は確認できるのですが、やっぱりまだ本気モードでミノーを追うサイズではありません。
各ポイントでそこそこ時間を使ったので、15:00に8ヶ所目到着。
ここも10㎝↓のマイクロ君ばっかりです。(^^;
それでもルアーへの反応がそれなりなので、最終兵器「マイクロルアー」を出動させてみると、こんなおチビさんも釣れちゃったりします。(~o~)
 え~い、ひかえろぉ~!このお方をどなたと心得る!かのGT様のご子息様にあらせられるぞぉ~!(~o~) 
しかし!どうも私はこの「マイクロルアー」の扱いが下手だったりします。
寸前のところまでチェイスさせることはできるのですが、最後のバイトに至ってくれません。
そうこうしているうちに、やる気モードのおチビさん達はスレスレになってこれ一匹で終了。(T_T)
まだまだ修行が足りないようです。(T_T)

ここのポイントではもう一つトピックスがありました。
この時期、スロープのドシャローにウロウロしているチンタ君が釣れてしまったのです。
・・・もとい、今回はあえて「釣ってしまった」と言っておきましょー。(^^)
 狙っても釣れないはずなんですが、今回は何をかつかんだような・・・(^^)
これが一匹目で、その後立て続けに3バイト。
4回目のバイトを無事に拾って、群れがスレるまでに4バイト2ゲットとなったのでした。(^^)
もちろん「釣ってしまった」自覚の通り、いつもと違うことをやったのですが・・・、
たまたま魚の活性が高かったのかもしれないので、次回もう一度「釣ってしまった」らノウハウを公開する事にします。(^^;
興味のある方は、次回私にチンタ君が釣れることを祈っててください。(~o~)

さて、最後に一ヶ所やるとすれば、一番サイズがまともだった4ヶ所目です。
帰り道をそちら方面に設定して、17:00の時報とともに到着。
さっきと同じポイントに、さっきと同じルアーを、さっきと同じように放り込むと、一発ヒットでした。(^^)
 一日がんばって5つ・・・もうしばらくかかりそうですね。(^^;

例年よりチョイ遅れのようですが、今年も無事に房総のメッキシーズンがスタートしたようです。
まだ「当り」か「はずれ」かはわかりませんが、今年も黒潮の恵みに感謝しながら力いっぱい楽しむことにしましょう。(~o~)
コメント (16)

0717 不眠不休ロード

2010-07-19 23:23:53 | 今日の釣りネタ
0717 また年甲斐もなくムチャな強行ロードをやってしまいました。(^^;
金曜日に仕事を終えて寝ずの出撃、暗いうちにアジングして、明るくなったらショゴロード、あわよくばメッキも探してみる・・・
いったい何時まで体力がもつのかわかりませんが、ひとまず社内3キチ(Commyさん、Shimmyさん、ジーコさん)のムチャな企画に乗っかってみる事にしました。(~o~)

25:00 二人ずつ車二台に分乗して、まずは南房のアジングポイントに集合です。
とにかく大物の「夢」を追い続けるShimmyさんのために、尺アジの狙える一級ポイントに入りますが・・・スカ。
まぁ、そう簡単に尺アジなんて出るわけがありません。
人間様の都合優先で潮も時間も選ばず出撃してもダメってことですね。(^^;

26:30 次のポイントはそれほど広くないので、一人を案内するのが精一杯です。
誰か一人に絞らなければなりませんが、とりあえず、新妻と「お刺身」の約束をしてきてしまったジーコさんに決定。(^^;
なんとなく期待薄ですが、「あの辺にこう投げて」とアジングの雰囲気だけでも楽しんでいただくつもりで始めてみます。
しばらくキャストしていると、「何かきたかもしれません!」(@@;
隣を見ると、新調したばかりのジーコさんのアジングロッドが満月になってます。(@@;
既に3mの足下にアジが浮いてしまってもんどりうってます。・・・ヤバ。
うかうかしてるとフックアウトしそうなので一気に抜いてもらいます。
うぉりゃ~・・・でかっ!(@@;
アジング初挑戦のジーコさん、いきなり29㎝の良型をゲットしてしまいました。(@@;
「普通はこんなの釣れないけどね・・・、記録更新はそうとう先になるよぉ~。(^^;」
 帰りがけに別の場所で記念撮影でした。あらためてナイスサイズ。(^^)

27:30 そろそろ夜が明けてしまうので、アジングを諦めてお手軽なカマス&ムツを狙ってみる事にします。
何ヶ所か回った最後のポイントで、「スイッチオン」とはいかないまでも、楽しめる程度にポツポツ釣れてくれました。(^^;

28:00 いよいよ夜が明けたので、ショゴ狙いの一級ポイントに移動します。
ショゴのスクールは確認できないので、まずは港の中心にたまっているイナッ子の群れの中にポッパーを放り込んでみます。
「ガボ~ン!」(@@;
いきなり派手に出ましたがフッキングせず。
「あぁぁぁ~、ミノーにしておけばよかった・・・。(T_T)」
私はこれっきりでしたが、ここではCommyさんがやってくれました。
25㎝↑のグッドサイズをゲットでした。(^^)

29:30 ショゴロード二ヶ所目、いるんだかいないんだかわからないまま、イナッ子の群れの中に放り込んだルアーにヒットでした。
 平然と泳ぐイナッ子の下から「ゴンッ」と出ましたが、見えてないと楽しさ半減です。(^^;
ショゴはこれっきりでしたが、ここでは眠気も吹っ飛ぶようなチェイスを確認しました。
今季初お目見えの待ちに待ったメッキちゃんです。
ちょっと見15㎝↓ほどのメッキ3匹がスロープのブレイクラインからヒラリヒラリとチェイス。
ヒットには至りませんでしたが、あの左右にはじけるようなチェイス・・・7ヶ月ぶりにうっとりしてしまいました。(^^)

31:00(そんなの聞いたことないけど)一ヶ所スカってショゴロード4ヶ所目。
お目当てのショゴを見つける前に予定外の獲物を見つけてしまいました。(^^)
港内を走り回る「魚雷」ことソーダガツオのご一行さんです。
まずはジーコさんとCommyさんがライトタックルをうならせて大騒ぎしてます。(~o~)
「ひぇ~、止まってくれぇ~!」
「うひゃぁ~、楽しいぃ~!」
慌てて駆けつけて私も一本。
 最後までパワフルそのもの。狙っても見つかりませんが、いたら思いっきり楽しめます。(~o~)
こいつのドラグの鳴らし方は半端じゃありません。
いつもと違いすぎて合う擬態語がありませんが、強いて言葉にするなら「チュイ~~ン」なんて感じでしょうか?(~o~)
ライトタックルでは間違えなく最速のターゲットとなるはずです。
港内の一角を陣取って二時間も回遊待ちしてみましたが、4人で5本取ったところで人も魚もやる気モード消滅でした。(^^;

33:00(って何時なんだろ?) もう立ったまま寝れます。(~o~) 
意識不明になるまえに涼しい山影に移動して、2時間ほどの爆睡タイムでした。(~o~)
zzz・・・・。
脳内日付が変わって11:00、2時間しか寝てないのにミョーにすっきりした4人、誰からともなく「ロード続行」の声がかかります。
さっきまで動けなくなるほどへばってたのに・・・、付ける薬が無いとはこのことです。(~o~)

12:00 コンビニの「ガリガリ君」で喝を入れてロード再開。
「ショゴじゃなくても釣れればいいや。」なんて調子で流していきますが、この日に限ってカマスもムツもなかなか出てきません。
・・・もう何ヶ所回ったか覚えてられないほどヘロヘロになってきました。
カマスすら釣れないまま一人二人と電池切れとなり、17:00「夕焼け小焼け」の音楽が鳴り響いたところで、ついに誰からともなく「終わりにしますか」の掛け声。(^^;
前夜25:00からスタートしたムチャ振り不眠ロードは、4人仲良くスロープにしゃがみこんで動けなくなったところで終了となったのでした。(~o~)

Commyさん、Shimmyさん、ジーコさん、もう若くないんだから次回は大人の釣りしましょうね~。(~o~)
コメント (4)

0704 カマス風呂

2010-07-13 00:52:13 | 今日の釣りネタ

0704 仕事テンコ盛りでしばらく更新をさぼってしまいましたが、先々週出撃分のレポです。
前回ちび~ず君に遊んでもらってから早二週間、そろそろ待望のメッキも到着しているのでは?と期待が高まります。
今回の相棒は、久々に同行いただくフカッチューさん。
まずは07:00にポイントで落ちあって、ショゴを探しながらの房総ロードとなりました。

07:10 少し遅れて到着すると、ちょうどフカッチューさんがキャストを始めたところでした。(^^)
「どうですかぁ~?」
「何か触るんですけど・・・なんでしょうねぇ?」
よーく見ると、ルアーの後でエンピツカマスがピュンピュン飛びまわってます。(^^;
「やっぱり・・・。(~o~)」
ようやくタックルを準備して2~3キャストすると、向こうの方でフカッチューさんのロッドが大きく曲がっています。
「きましたぁ~!本命ですっ!」
この時期にしては立派な26cmのショゴゲットでした。・・・おめでとうございます。(^^)
でも、いいのが釣れた割には後が続かずで、ポイントロードに出ることにします。

2ヶ所目、3ヶ所目いずれもカマスのみで異常なし。
でも、一つ朗報があります。
先々週はどこにもいなかったイトヒキアジが、あちこちで見かけられるようになってきました。
例年だと6月中旬頃からチラホラ見られるようになるので、今年は一潮ほど遅れて到着ってことになるのでしょうか?
コレがいるってことはメッキに出会える日も近いってことですね~。(^^)

4ヶ所目、本日期待の本命ポイントです。
ショゴの姿は見えませんが、まずはベイトが溜まってそうなポイントにミノーを放り込んでみます。
ウジャウジャウジャ~。(@@;
ものすごい数のチビカマスがチェイス&バイトしてきます。・・・いくらでも釣れるって感じ。(~o~)
 これは最小サイズ。20cm↓くらいのもいました。
ポイントをスロープのブレイクに移すと、今度はチビムツが連発。・・・これもいくらでもいけます。(~o~)
 これも最小サイズ。15cmくらいのもいました。・・・どうでもいいですね。(~o~)
適当なところでオチビさんに見切りをつけて、ショゴの捜索に戻ります。
・・・でもいません。(T_T)
代わりにお兄さん級のヒラセイゴが2発でましたが2回ともバラシ。(T_T)
期待のポイントでしたが、結局チビカマスとチビムツだけとなってしまいました。(T_T)

5ヶ所目、前回クロホシフエダイが釣れたポイントです。
二匹目のどじょうを狙うつもりでしたが、先行者ありです。
しばらく見ていると引き上げてきたので様子を聞いてみます。
「どうですか?」
「クロホシフエダイが釣れました。」
う~、一足遅かったか・・・。(T_T)

6ヶ所目、ここも毎年ショゴが入るポイントです。
フカッチューさんと手分けして探していると、私の目の前にフラフラと4匹の群れがやってきました。
「いただきっ!」
ミノーを群れの2m向こう側にキャストしてジャーク気味にトゥイッチを入れると一発でした。
 22cm まだ小さいですがライトタックルなら満足の引きです。(^^)
釣り上げて、バケツに水入れて、写真撮って・・・ちょっと時間が経ってしまいましたが次を狙います。
よく見ると、目の前の流れ藻に残りの3匹が着いたままです。
「ラッキー。(^^)」
一発で仕留めて2匹目のショゴゲットでした。(^^)
更に続けて群れを探していると、今度は6匹の群れ発見。
ところが、この群れはスレスレで、反応はするものの本気チェイスしてくれません。
10分ほど休ませてからもう一度狙ってみます。
少し遠目にキャストしてファーストリトリーブで気を引く作戦です。
グリグリグリッと巻いたところで気が付いてくれましたが、やっぱり寸前でスローダウン。
しかし!ここでおもしろいことが起こりました。
遠目にキャストしたルアーには数十匹のカマスが付いて来ていましたが、これがバイトしようとした瞬間!
一旦ルアーを見切ったはずのショゴがカマスを蹴散らしてバイト!(@@;
カマスが囮になってまんまとショゴ一匹追加となったのでした。(~o~)
初めての経験でしたが、こんなケースを覚えておくとどこかでネタとして使えるかもしれません。(^^;

次のポイントをスカったところで、午前中だけ予定のフカッチューさんとお別れ。
一人になってもう2ヶ所回ってみましたが、どこへ行っても反応するのはチビカマスばかり。
いい加減疲れてきたので、スロープに仰向けに寝転んでみると、
・・・気もちいい~。(^^)
・・・天気もいい、・・・空も青い、・・・潮の香りも心地いい・・・
・・・zzz。
やってしまいました。
気が付いた時には、とてもサラリーマンの顔とは思えないほどチリチリになってました。(T_T)

顔と腕がチリチリになりながらも、せっかく来たので最後の1時間をむさぼります。(~o~)
午前中に一番魚っ気のあった港に舞い戻ってみると、辺り一面のライズ、ライズ、ライズ。(@@;
ライズの主はもちろんチビカマスですが。(~o~)
でも、こうなったら目の前の相手を釣りまくるのが小物師の本能ってヤツです。(~o~)
暗くなるまで徹底的にチビカマスとチビムツを釣りまくった結果、なんと一時間で50匹以上。(^^;
おそらく一時間の数釣り記録を更新したであろうところで、本日のちび~ずロード終了となったのでした。(^^)

コメント (8)