手のヒラアジのメッキ道鍛練中

千葉県をホームにライトタックルのルアーフィッシングしてます。特に外房のメッキはライフワーク・・・かな?(^^;

0226 念願のメガカマス!

2011-02-28 00:02:22 | 今日の釣りネタ
0226 只今房総では「珍事」デカカマスフィーバーが続いております。(^^)
先週は、自分の手首ほどもあるド太デカカマスをゲットしましたが、長さの方は38cm止まり。
巷ではチラホラと40cm↑の話も聞こえてきます。
今このタイミングを逃したら、次のチャンスはいつになるかわからないので、今週もデカカマス狙いで出撃となりました。(^^;

これまでの結果と仲間の釣果状況から、デカカマスの群れの行動をこんな風に整理してみました。
① デカカマスは群れで回遊しており、夕まずめ~朝まずめの夜間にお気に入りのエサ場に立ち寄る。
② 群れの中心に40cm↑のメガサイズがいて、群れの移動を先導している。
③ 群れの中心から距離的・時間的に離れるほどサイズは小さい。
④ 群れが移動してもその場に残る魚がいるが、サイズはイマイチ。
⑤ 群れの回遊パターンは潮によって変化する。
⑥ デカカマスの群れは、トウゴロウイワシが大好き。
と、こんな感じ。(^^)
これらはあくまでも仮設ですが、デカカマスに関する情報なんてどこにもないので、ひとまず今回はこれで作戦を立ててみます。(^^;

今回は、とにかく群れの中で最もでかいヤツを狙うつもりなので、
「群れの回遊を夕まずめと想定してポイントで待ち伏せ、アタリがあったらひたすら群れの通過するコースを切るように絨毯爆撃する。」
と、こんな感じ。(^^)
さて、結果はいかに?(^^;

16:00 ポイントに到着すると、水深1mほどのところにいい感じでトウゴロウが群れています。
アジ狙いのエサ師もコンスタントにアジを上げているので、回遊待ちの条件としては良好です。(^^)
17:30 回遊コースの上手と想定する方向にひたすらキャストを続けていると、突然「ゴ、ゴッ、ゴンッ!」(@@;
突然のファーストバイトに一瞬アワセのタイミングが遅れてしまいました。
その場で2~3回首を振られた次の瞬間、フッ?
やられました・・・。(T_T)
12lbのフロロリーダーが刃物で切られたようにスパッと切れています。(@@;
「う~ん、カマスの歯・・・恐ろしや。」(T_T)
18:00 突然、水面にトウゴロウの群れが浮いてザワザワし始めます。
「いよいよフィーバータイム突入かな?」(^^;
先ほどのヒットコースに絞り込んでキャストを繰り返していると、「コツッ!?」
今度は遅れずに電撃アワセを入れると、本日のファーストフィッシュ、32cmのスレンダー君ゲットでした。(^^)
次のキャストも、フォールした後のリトリーブの立ち上がりでヒット、僅か数分で尺アップ2本とは・・・やめられまへ~ん。(~o~)

魚を取り込んでもう一度キャストしようとすると、「ジュボッ、ジュボッ」目の前の水面で怪しげな捕食音がしています。(@@;
「カマス?・・・の割には変な音だなぁ?」
変だと思いながらも、反射的にボイルの辺りにルアーを放り込んでしまいます。・・・ルアーマンの性。(^^;
「ガゴンッ!」(@@;
突然ルアーが根掛かりしたような衝撃!
反射的に電撃アワセを入れると、バシャバシャバシャバシャ!(@@;
「アチャー、やっぱりカマスじゃなくてシバスだったのね。」(T_T)
テールウォークが終わると、今度は水深のある船道に狂ったように潜っていきます。
ジィィィィ~~~~!
「やめてくれぇ~!オレの当りルアー持ってかないでくれぇ~!」
ブレイクでルアーをもってかれたくない一心で、ドラグを使いながら慎重にやりとりします。
10分ほどかかったでしょうか?
徹底的に魚と根比べして、ようやくの思いで魚ごと当りルアーを回収したのでした。(^^;
取り込んでからも、ガッチリフッキングしたフックをはずすのに更に5分。
貴重なフィーバータイムだと言うのに、シバスに食われて15分もロスしてしまいました。(T_T)

気をあらためてキャスト再開。
まだ「ジュボッ」は続いていますが、デカカマスも必ずここを通過するはずなのでポイントははずせません。
表層を引くとまたシバスに持ってかれるので、今度は少し沈めて中層を流します。
しばらくすると、カマス独特の軽くなるようなバイトが出ました。
「コンッ!?」
間髪入れずに電撃アワセを入れると、3回ほど短くドラグが出されます。
「キター!この引きは正しくメガカマス級!」(^^)
何度か重量感のある突っ込みをかわして、一気に抜き上げます。
「うぉりぁ~!」・・・ドテッ!
「でかいっ!・・・いや、長いっ!」(~o~)
さっそくメジャーを当てると、全長42cm。
まぎれもなく40cmアップのメガ級カマスですが、ファーストインパクトは「でかい」ではなく「長い」だったのでした。(~o~)

この1本を取り込んでいるうちに水面のザワザワは落ち着いて、カマスのバイトもまばらになってきました。
どうやらフィーバータイムは45分ほどで終わってしまったようです。
それでも、10分に1回ほどはバイトがあり、広く探って19:30までに4本追加。
終わってみれば、31cm~35cmの尺アップを6本と42cmのメガ級をゲット。(^^)
シバスにじゃまはされましたが、なんとなく作戦通りにメガカマスも釣れて、出来すぎのような結果となったのでした。(^^)
 念願叶ってメガカマスゲットでした!(^^)

 最後にアジングもして、一度では食べきらないほどの大漁でした。(^^)

釣りの世界
今週も「ポチ」っとよろしくお願いします。m(__)m
コメント (22)

春将軍襲来!

2011-02-26 09:14:48 | 今日のネタ
来ましたっ!
ついに来ましたっ!
今年もとうとう「春将軍(=杉花粉)」が襲来です。(T_T)

「今年は昨年の10倍!」
なんてことがまことしやかに報道されておりましたが、これまで「かきむしりたくなる」ような症状は出ていませんでした。
「もしかして、花粉予報はずれ?」
なんて、軽く考えていましたが、・・・
千葉県に春一番が吹き荒れた昨日、ついにその10倍ぶりを一気に爆発させてくれました。(T_T)

朝、目が覚めると同時にくしゃみ連発、鼻水ジュルジュル。
ちょっと外に出ただけで、開けていられないほど目がシバシバ。
もう、歩くだけで顔に当たる空気に花粉の圧力を感じてしまいます。
駅まで歩いただけで、涙はボロボロ、まぶたは熱くなって腫れています。
たった30分電車に乗っている間にも、ポケットティッシュを2つも使い切ってしまうのですから、もうやってられません。(T_T)
これから約2ヶ月もこれが続くのかと思うと、気が滅入ってしまいます。

さて、こんな状況で週末を迎えたわけですが、私のホームグランドは花粉の震源地的エリアだったりするわけで、・・・
 こんな風に。(T_T)
この「真っ赤」を見るだけで怖気づいてしまうのですが、・・・やっぱり行ってしまうのでしょう。(^^;
花粉症につける薬はあっても、釣りバカにつける薬はないってことですね。(~o~)

花粉症の皆様、今年も最後まで戦い抜きましょう。
コメント (2)

0219 デカカマス復活!

2011-02-21 23:30:19 | 今日の釣りネタ
0219 先週は、凍結路面に肝を冷やすは二時間半もやってノーバイトだはと、何一ついいことなしでした。(T_T)
あの冷え込みでデカカマスフィーバーは終わってしまったかもしれませんが、やっぱり「まだ?」なんて淡い期待も残っています。
今狙わなければ次はいつになるかわからないので、証拠にもなく今週もデカカマス狙いで出撃となりました。

先週は出張先の海外で悶々としていたCommyさん、今週は元気に出撃です。(~o~)
現地で集合すると、同じく先週休漁の青服さんと並んでキャストを始めていました。
既に昨晩からやっている?青服さんは、何と!前日にまたもや42cmを含むデカカマスを9本ゲットとのこと。(@@;
「もう終わりかも?」と半分あきらめていましたが、それを聞いて一気にモチベーション回復です。(^^)

さっそくキャスト開始、まずは低水温低活性を想定してボトムからスローに攻めてみます。
しばらくすると、同じくボトムを攻めていた青服さんがなんなく尺アップをゲット!
更に間髪入れずに二本目も尺アップ!(@@;
「おぉぉぉっ!」
すぐ隣で見ていましたが、まるで「ゾーンに入った」ような釣りっぷりでした。
お見事です!!

10分後、ようやく私も足元までリトリーブしたミノーにヒット!
右に左に大暴れされながら、まずはデップリ太った尺アップをゲットでした。(^^)
更にCommyさんがキャロリグで35cm級を続けます。
しばらくアタリが遠のいた後、ついに本日のフィーバータイムが訪れました。
青服さんが2連続バラシ、私が35cm級、Commyさんが尺、更に青服さんとCommyさんには乗せ切らないバイトが続きます。
そして、ちょっとキャスト方向を変えた私のミノーに、ドカン!!(@@;
足元までは楽に寄りましたが、ここから2~3回ドラグを出されます。
うかつに水面に出すとまたローリングされるので、持って行かれた後は慎重にポンピングして寄せます。
何とか水面まで浮かせて、暴れるスキを与えず一気に抜き上げ。
「うぉりゃぁ~~~!」・・・ドテッ。
やりました!極太のデカカマス38cm!(@@;
前回の同サイズより更に極太で、もう腹回りは私の手首以上です。(@@;
メガ級の余韻に浸る間もなく、青服さん、Commyさんが更に追加。
私も1本バラシの後、尺アップを追加したところで、約30分間のフィーバータイムが終了となったのでした。

長時間出撃の青服さんが戦線離脱した後も、Commyさんと並んで少ないバイトを拾い続けます。
フィーバータイムが終わった後は、尺アンダーにサイズダウンしてしまいましたが、それでも終了までに3本追加。
全10バイトの内訳は、2フッキングせず、1バラシ、7ゲットとなったのでした。(^^)
念願の40cmアップ、爆裂2ケタ釣果とはいきませんでしたが、半分あきらめていたデカカマスは無事復活!
「念願」と「目標」は、来週以降のお楽しみにとっておくことにします。(~o~)

 尺クラスの塩焼きと35cm級のお刺身、もちろんビールで祝杯でした。(^^;

釣りの世界
「祝!デカカマス復活」にいつもの1ポチお願いいたします。(^^;
コメント (14)

0213 恐怖の全面凍結ロード

2011-02-21 00:19:48 | 今日の釣りネタ
0213 一週間もアップをさぼってしまいました。
アップをさぼるってことは、・・・ってことなんですが、まぁ流して読んでください。(~o~)

今年の房総は、何の加減かデカカマスフィーバーという珍事に沸いております。・・・一部ですが。(^^;
一昨日も尺アップ3本となれば、三連休にもう一度出撃しない手はありません。
こんな時のためにとっておいた「年に一度のお願い権」を行使して、連休二度目の出撃となりました。(^^)

夜明け前から始めるつもりで、漁師並みの早寝早起きです。(~o~)
前日は雪だのみぞれだの降っていましたが、この時間にはスカッと晴れて星空になっています。
当然、放射冷却でほっぺたがピリピリするほど冷え込んでいますが、頭の中をデカカマスが乱舞していれば寒さなんて気になりません。(^^;
とりあえず、防寒具だけはしっかり確認して、鼻息も荒く出発となったのでした。

自宅を出て10分ほど走った辺りで、路面のアスファルトがピカピカ光っていることに気が付きました。
「もしかして凍ってる?(@@;」
ピンポンです。
まだ千葉市内だというのに、昨晩降ったみぞれで濡れた路面が凍結し始めているようです。
当然タイヤはノーマルタイヤ、しかも、東京者の私は路面凍結なんてほとんど経験したことがありません。
「やめて帰ろうか?」
と何度か考えてみますが、そのたびに頭の中でデカカマスが乱舞して、ハンドルを握る手が言うことを聞いてくれません。(^^;

いやな予感がしますが、もう引き返せないところまで走ってしまったのでそのまま流します。
20分ほど走ったところで不安的中。
かなり余裕をもって減速したにもかかわらず、赤信号で止まったはずが交差点の真ん中までスリップしてしまいました。(@@;
幸いにも、車通りもなく事なきを得ましたが、もう「キ○○マ」が縮むほどビビりました。
「ヤバイ!これって死なずにたどり着けるんだろうか?」
しばらく行くと、路肩の側溝に片輪を突っ込んでナナメに傾いている車がいます。(@@;
またしばらく行くと、今度は車が裏返しになっています。(@@;(@@;(@@;
「ヤバ~イ!(@@;」
あわてて近くのコンビニにピットイン。
熱いコーヒーでも飲んで落ち着こうと車から降りた一歩目、ツルンッ、ドテッ。
駐車場の水たまりがカチンカチンに凍っていました。(@@;

「釣りをやめてここで寝るべきだろうなぁ~。」
「でも、あと10㎞くらいで着くんだよなぁ~。」
釣りどころじゃないというのに、頭の中のデカカマスはこんな状況でも元気に乱舞しているようです。(~o~)
よせばいいのに往路に戻り、這うようなスピードで残りの10㎞を完走したのでした。

・・・。
・・・。
・・・。

釣りを終えて06:30。
もうこれ以上釣りをするつもりもないのですが、まだ路面が凍結していてとても走れません。
しかたなく、その場でエンジンをかけたまま09:00までフテ寝するはめになったのでした。(T_T)

え~、釣りの話ですね。(^^;
やりました、ちゃんとやりましたよ、04:00から06:30まで。(~o~)
鼻水が凍るんじゃないかと思いながら二時間半も投げ続けましたが、ただの一回のバイトもなくグリングリンの丸ボーズ。
いつもなら、釣れるまで悪あがきするはずですが、今回ばかりはなすすべなく完敗、白旗降参です。
二年ぶりの「ボ」となりますが、今年の寒さに敬意を表して、甘んじて受け入れることにしましょう。(^^;
コメント (10)

0211 期待∞出撃

2011-02-11 20:17:20 | 今日の釣りネタ
0211 異常現象ともいえるデカカマスの接岸があるというのに、先週ははずせない家庭行事で出撃不能でした。(T_T)
悶々と家庭行事をこなしていると、案の定、青服さんから超ド級の迷惑メール・・・いえ、釣果報告が入りました。(^^;
「メガカマス爆裂!43cmを頭に20本!」(@@;・・・だそうです。
「よんじゅうさんせんち」ですかぁ!?(@@;
朝だけで「にじゅっぽん」ですかぁ!?(@@;
どうして私はそういう日に限って出撃していないんでしょうか?(T_T)
お祝い事の家族行事ではありましたが、この時ばかりはお祝い事がうらめしく思えてならないのでした。(T_T)

悶々とした平日をなんとかこなして、待ちに待った連休初日。
世間では「連休は大荒れ」なんてことになってますが、頭の中でメガカマスが乱舞していればそんなのお構いなしです。(~o~)
仕事から帰って3時間仮眠の後、鼻息も荒く一路メガカマスポイントへ出撃となったのでした。

04:30 最悪のみぞれを想定していましたが、幸運にも霧雨程度の降りです。
完全防備の防寒具といつもよりでかいクーラーボックス、φ60cmのネットまで担いで、いざメガカマスとの対決に挑みます。
まずは、前回結果が出た「ジグヘッドキャロ」で、ボトムから足元までを一直線に全レンジ探ってみます。
・・・反応なし。
次は、ヘビーウェイトミノーを軽くトゥイッチして、リアクションバイトを誘う作戦です。
D-コンタクトで表層、中層を流した後、D-ダイレクトでボトム付近をヒラ打ちさせたところでバイト!
今日のミノータックルは、5lb+リーダーなので多少強引なやりとりができます。
ドラグは一回使っただけで、一気に寄せて一気に抜き上げ!
「うぉりゃぁ~!」・・・ドテッ。
開始から20分経過したところで、まずは34cmの絶品塩焼きサイズをゲットでした。(^^)

幸先良くいいサイズが取れましたが、頭の中ではまだまだ1/20匹なので、間髪入れずに次のキャストに移ります。(^^;
4-5キャストしたところで、今度もボトムからの立ち上がりで「コツンッ!」
すかさず電撃アワセを入れると、ゴン、ゴン、ゴン!と派手に首を振っているのがわかります。(@@;
その直後にジィィィ~~~!(@@;
さっきは少し出された程度のドラグが、今度は思いっきり出ていきます。
「ついに・・・きたな・・・40upのメガ野郎!」
ドラグを3回ほど出されながらようやく水面まで引きずり出したところで、突然、ジャバジャバジャバ!ジャボジャボジャボ!(@@;
今度はとんでもないローリングでムチャクチャに抵抗してくれます。
慌ててロッドを倒して魚を水中に戻そうとした瞬間、フッ!?・・・
・・・。
・・・。
・・・呆然。(◦_◦)
やってしまいました、想定外の水面ローリングに何も対処できないまま痛恨のバラシです。(T_T)
「あ゛ぁぁぁ~~~~!」
我に返った時には、無意識に濁点の付くような叫び声をあげていたのでした。(T_T)

バラシたとはいえ2バイト連続したので、フィーバータイムの到来を確信してキャストを再開します。
しかし、バラシが悪かったのかその後さっぱりバイトがありません。
10分経過。
20分経過。
バラシから30分経ったところで、ようやく3回目のバイトです。
軽くドラグが鳴ったくらいで比較的スルスルと上がってきたのは、40cmには遠く及ばない1匹目と同サイズのスレンダー君。(^^)
その後30cmをもう一本追加したところで、カマスのバイトはさっぱりなくなってしまったのでした。

薄ら夜が明けてきた頃、果敢にもD-ダイレクトに25cm↓の幅広アジがバイトしてきましたが、さすがにこれは偶然の単発。
06:30にはすっかり明るくなって、本日の早朝ゲームはジ・エンドとなったのでした。

「40cm↑を頭に、朝の2時間で20本!」なんてのを夢みて期待∞で来てみましたが、終わってみれば散発三匹の期待はずれ。(T_T)
34cmを二本取って「期待はずれ」といっては罰が当たるかもしれませんが、やっぱり一週間も思い描いた「期待」に及ばなければ、納得できる結果とは言えないんですよねぇ~。(^^;

 これも十分でデカイんですけど・・・。


釣りの世界
「逃した魚は大きい」・・・ポチッと同情票をお願いいたします。(^^;
コメント (18)