手のヒラアジのメッキ道鍛練中

千葉県をホームにライトタックルのルアーフィッシングしてます。特に外房のメッキはライフワーク・・・かな?(^^;

0528 モンゴ退治

2011-05-30 23:49:27 | 今日の釣りネタ

0528 先週は「マゴチ」と「三本立て」のリベンジを果たして上機嫌の帰還となりましたが、まだ「モンゴ」のリベンジは果たせていなかったりします。
しかも、目の前で1.5kgほどもあるドデカモンゴを見てしまっては、雨ごときで閉じこもっていられるはずがありません。(^^;
レインウエアに撥水剤をしこたま振りかけて、完全防備で「モンゴ退治」に出撃となりました。(^^)

11:00 先週ドデカモンゴを目撃したポイントに直行です。
ひとまず、潮通しの良さそうなポイントから2m間隔でじゅうたん爆撃を試みてみますが、さっぱり反応がありません。
まぁ、そう簡単に釣れる相手ではないので、ポイントをローテーションしながら今日の居場所を絞り込んでいくことにします。
潮通しのいい場所→港内の根周り→船道のかけあがり→潮のたるんだ場所→ドン詰り→スロープのブレイク下
なんて感じでモンゴを追い詰めていくローラー作戦です。(^^)

12:30 いつものCommyさんが合流して、ローラー作戦も二馬力になります。(^^;
ポイントを順番にチェックして回り、船道のかけあがりをじっくり攻めている時のこと。
最後の5mほどになってエギを回収するためけっこうな速度でリトリーブしていると、後から尺オーバーの魚?がチェイスしてきます。(@@;
「おおっ!何だ、何だっ!?(@@;」
エギが水面まできたところで、チェイスの主が見えてきました。
「うぉぉぉ~~~!ドデカモンゴ!(@@;」
魚のようなスピードで猛然とエギにチェイスしていたのは、先週見た1.5kgクラスのドデカモンゴだったのです。(@@;
しかし、すでに残りのラインはロッドティップから1mほどしかありません。
ドデカモンゴは既にほとんど水面近くまで来ています。
「もうこれしかないっ!」
とっさに残り数十センチのラインで8の字を書いてみると、モンゴがステイしてエギの動きを追いかけています。(@@;
ヤツはまだ手の届きそうな水面近く。
「こいつ、ヤル気かも?」
ヤツの体色がちょっと変わったのを見て、エギを1mほどスーっとフォールしてみました。
すると、途端に体色が真っ黒になったかと思うと、短い足を全部広げてエギに突進したのです!!!(@@;
真っ黒な体色と対照的に八本の白い足の内側(触腕は出てません)が「ガバッ」っと開いて、3.5号のエギが一瞬で見えなくなってしまいました。(@@;
まるで、ジャックスパロウがクラーケンに食われる、映画のワンシーンのようです。(@@;
ロッドでヤツの重さを感じたところでしっかりフッキング。
フッキングが決まると、びっくりするようなトルクでグイグイとラインを出していきます。
「・・・重い。」
とてもモンゴウイカとは思えない強烈な抵抗を数回かわして、ようやく足元でネットイン。
予想もしなかったサイトフィッシングで、「モンゴ退治」を完結したのでした。(^^)
 1.5kgジャスト。3.5号のエギが小さく見えます。(^^;

こんな獲物が釣れてしまうと、ポイントローテーションそっちのけで「柳の下」を狙い続けてしまいます。(^^;
二人で船道に貼り付いて「ボトムちょこちょこ」を続けていると、今度はCommyさんにヒット!(見てなかったのですが。)
見事、Commyさんも800g↓の食べごろモンゴウイカをゲットでした。
 ナチュラルモザイクでCommyさんのブツモチ。(^^)

二人してズッシリ重いおみやげを確保してしまうと、気分的におなかいっぱいになってしまいます。(^^;
「まだやります?」
「もう満足したかもですねぇ~。」
「それじゃぁ、軽く次を狙って帰りますかっ。(^^;」
次のポイントで軽~く「イカ&マゴチ」なんぞを狙ってみますが、そう簡単に釣れるわけもなく・・・。
それでも、二人してミョーな満足感にひたりながら、珍しくまだ明るいうちに早上がりとなったのでした。(^^;
 巨大ないかふね。トロフィーとして飾っておきます。(^^;


釣りの世界
いつも「ポチ」ありがとうございます。m(__)m
今週もドデカモンゴウに「ポチ」一つお願いいたします。(^^;

コメント (10)

0521 リベンジ完遂

2011-05-22 23:51:48 | 今日の釣りネタ
0521 腰痛と出張で一週間空いてしまいましたが、どうしても前回のデカマゴチが頭から離れません。
「どうせならカンナごと丸飲みしてくれれば良かったのに・・・。」
「無理とわかっていても、皮一枚のままブチ抜けば良かった・・・。」
「あの後ルアー投げたら釣れてたかなぁ・・・?」
「そうだっ!今度はルアーで狙ってやれっ!」
「リベンジ!リベンジ!リベンジだぁ~!」
アングラーの思考回路は実に単純だったりします。(~o~)
ってことで、エギをルアーに変えて二週間ぶりのリベンジマッチへ出撃でした。

16:00 イカを狙いたいのをグッとこらえて、まずは前回のポイントへ直行します。
前回、隣のちょい投げ師にピンギスが釣れていたので、ベイトはこれと決め打ってグラスミノーMで狙ってみます。
(普段小物ばかり狙っているので、これよりでかいワームがありませんでした。(~o~))
強烈な横風に悩まされながらも、前回ヒットした船道を絨毯爆撃していきます。
16:20 風に吹かれて張り気味のラインに、いきなり軽い衝撃が伝わってきました。
「コーンッ!」
一呼吸おいて大アワセを入れると、「ゴンゴン、ゴンゴン。」あのヘッドシェイクの感触が伝わってきます。
「よっしゃぁ~!」
前回ほどのサイズではありませんが、せっかく準備したネットで慎重に取り込んでマゴチゲット!
狙いすました一撃で、見事にリベンジ完遂でした。(^^)
 36cm。ちょっと縮んだような気もしますが、上出来、上出来。(^^)

17:30 二回戦、内房からスタートしたので、成り行き上南房偵察。
せっかくなので、こちらのカマスポイントをチェックすることにします。
一番いいポイントに入ったつもりでしたが、カマス狙いのアングラーなんて一人もいません。
「やっぱりもう終わってたか・・・。」
夕まずめのいい時間帯に一時間ほどキャストを続けてみましたが、ノーバイトの撃沈でした。

19:00 二回戦延長、カマスを狙っている最中に気になっていたのですが、この港モンゴウイカらしきスミ跡がけっこうあります。
せっかくなので、一番ベイトが多そうな常夜灯下で少しだけエギングをやってみることにします。
・・・反応なし。
・・・アタリなし。
・・・ベイト狙いのコロッケアオリいるけど、エギには無反応。
っとここで、隣のエギンガーがネットを拾いあげます。
「来たのかっ?」
でも、ネットを拾い上げたと思ったらロッドを置いています。???
そして、目の前にネットを入れて何かをすくいあげると、
「ブシャーーー!」(@@;
何と、彼がすくいあげたのは1.5kgほどありそうな巨大なモンゴウイカ!(@@;
「この時期けっこう浮いてるんですよねぇ~。」とのこと。
恐れ入りました。(~o~)

20:30 三回戦はお約束のアジング。
南房のアジングポイントを見て回りますが、けっこうザバザバ。
仕方なく外房方面に移動しながらポイントチェックしてみますが、どこへ入ってもアジンガーだらけ。(T_T)
入れてもらえそうなポイントがないまま、いつものマイナーポイントに到着。
「いくらなんでも、ここなら誰もやってないだろう。」
ところが、条件はそろっているもののノーバイト。(T_T)
ガッカリして車に戻ると、同じくポイントにあぶれてここにたどり着いたwinderさんにバッタリでした。
・・・ってことは、winderさんが叩いた後。?
・・・どうりでノーバイトなわけだ。(^^;
しばらく情報交換していると、今日に限ってアジンガーがあふれかえっているわけがわかりました。
何でも、つい先週TVで房総アジングが放送されたばかりなんだそうです。(@@;
・・・なるほど。
そうとわかれば、アジングのポイントを回っても時間の無駄。

21:00 で、四回戦はいつものポイントでデカカマス狙い。(^^;
さすがにここにはTVを見て発情したアングラーはいないようです。(~o~)
さっそく、先行のエサ師にことわって横でルアーを投げさせてもらいます。
20分・・・30分・・・40分・・・
一時間ほどキャストしてようやく尺クラスのカマスを一本ゲットでした。
 携帯変えたら夜も撮影できるようになっちゃいました。(^^)
ここのカマスもそろそろ終わりですかね。(^^;
まぁ、十分楽しませてもらったので、また来シーズンも来てくれることを祈ります。

22:00 最後に、一時間寝かせた先ほどのアジングポイントで20cm↑のアジを2つ拾って電池切れ。
 ピントが合ってない・・・。使い方が悪いのか?(^^;
イカは取れなかったものの、「マゴチ」と「3本立て」の両方をリベンジ完遂して、気分よく撤収となったのでした。(^^)


釣りの世界
いつも「ポチ」ありがとうございます。m(__)m
コメント (2)

0507 三回戦完封負け。

2011-05-22 23:48:15 | 今日の釣りネタ
すっかりサボリ癖がついてしまったようで、もう二週間も前のネタです。(^^;
すいません。(^^;


0507 GWの出撃もあと一回、当然、あれも狙いたいこれも狙いたいと「欲」ばかりが膨らんでいきます。(^^;
「そんなら、房総を一回りして全部狙ってやれっ!」
ってことで、手当たりしだいにタックルを詰め込んで、房総ローラー作戦に出撃することにしました。(^^)

とりあえず、午前中に野暮用を済ませて、まずは内房のエギングから。
堤防の先端やテトラには、「ビュワ~ッ!、ビュワ~ッ!」ともの凄い音を立てながらエギをしゃくっているお兄さんがたくさんいます。
でも、私にはとてもあんな真似はできません。
すでに「四十肩」やってますから。
次やったら「五十肩」で再起不能になってしまいますから。(^^;
体は大事ですから。(~o~)
ってことで、私のエギングはいつも漁港の船道でモンゴウイカ狙い。
どこへ行ってもポイントガラガラで、エギのしゃくりも「ピヨンッ、ピョンッ。」っと動かすだけ。(^^)
さっそく、実績のある漁港で、「お気楽、お手軽、体力要らず」のエギングをスタートでした。

一ヵ所目、二ヶ所目、三ヶ所目と「異常なし」が続きます。
四ヶ所目、船道のド真ん中にエギを放り込んで、2~3回エギを動かしたところで、
「コンッ!」(@@;
一呼吸おいてラインにテンションがかかったことを確認してから、ゆっくり大きくアワセを入れます。
「ガツ~ン!」(@@;
「キターーーー!」
っと、思わず声が出てしまった次の瞬間、
「ジィ、ジィィ、ジィィィィ~!?」(@@;
とんでもない勢いでドラグが出ていきます。
「へっ?これって2㎏クラスのアオリってこと?」(@@;
ところが、一度ドラグが止まると今度は妙な引きが伝わってきます。
「ゴンゴン、ゴンゴン、ゴンゴン」
???
???
???
「あなたっ!イカじゃないねっ!」
そうとわかれば一気に巻き上げなければなりません。
ユルユルのドラグを何度も出されながら一気に足元まで寄せてくると、「ゴンゴン」の正体はなんとデカマゴチ!(@@;
目測でもゆうに50cmオーバーありそうです!
しかし、カンナのフッキングは皮一枚。
足元は約1.5mほど、抜けるかっ!・・・いや無理そう。
「ヤバイ、ヤバイ、ヤバイ!」
どうしていいかわからず堤防を後ずさりしていると、無情にも「ピヨ~ン」っとエギが空中へ舞い上がったのでした。
やっぱり。・・・(T_T)



・・・と、ここまで書いてあったのですが、もう二週間も前の事なので以下要約です。(^^;
一回戦のエギング:マゴチのヒットのみ。イカ「ボ」。
二回戦のカマス:一時間半も投げ続けたもののノーバイト。カマス「ボ」。
三回戦のアジング:おみやげなしで慌てて始めたものの、見事にスカの連続。結局アジ「ボ」。
という感じで、8時間も暴走したあげくグリングリンの丸ボーズとなってしまったのでした。(T_T)
う~ん、実力以上に欲張るとろくな事がないってことですね。

それにしてもあのデカマゴチ・・・次回リベンジしてやるっ!


釣りの世界
更新もないのに、いつも「ポチ」ありがとうございます。
皆様の「ポチ」にお応えできるよう、また更新がんばります。(^^)
コメント (12)

0505 マテボツ注意報

2011-05-10 00:52:59 | 今日の釣りネタ

すっかりサボリ癖がついてしまったようで、また10日も前のネタです。(^^;

0505 本日はGWど真ん中の「こどもの日」。
「こどもの日くらい釣りに行かずにせがれの相手をしてやったら?」
なんて言われると、さすがに出撃しにくくなってしまいます。(^^;

「どこか行きたい所あるかぁ~?」
「別にぃ~。」
・・・はい、はい、想定内の返答です。私もやってましたから。(~o~)
「天気もいいし、公園でサッカーでもするかっ!」
「うぜぇ~。」
・・・ほい来た、これも想定内、ちょっとカマ掛けただけですよ。(~o~)
「んじゃ、ちょい投げにでも行くかぁ?」
「え゛ぇぇぇ~、めんどくせぇ~。」
・・・また来た、これだって想定内、本気で行く気なら暗いうちにたたき起こしてますって。(^^;
「んじゃ、マテガイでも堀りに行くかぁ~?」
「う゛~、それって一時間くらいで終わるんでしょ?あ゛~、しょうがないからそれにするよ。」
・・・はい、一丁あがり、我ながら見事な誘導尋問でした。(~o~)

ってことで、お昼の干潮を目指して、昨年覚えた「マテガイ堀り」に出かけてみました。
100均ショップでしこたまサラサラ塩を購入して、準備万端いざ出撃。
11:00 狙いすましたド干潮にマテ堀りポイントに到着でした。(^^)


せがれ二人は昨年マテ掘りを経験済みなので、なんだかんだ言っても現場に着いてしまえば勝手に始めます。(^^;
「さぁ!一人100本掘るぞぉ~!」
っと掛け声をかけて、干上がった干潟をスコップでサクサクやっていきます。
サクッ、サクッ、サクッ。
サクッ、サクッ、サクッ。
サクッ、サクッ、サクッ。
・・・?
サクッ、サクッ、サクッ。
サクッ、サクッ、サクッ。
サクッ、サクッ、サクッ。
・・・???
いくら掘ってもマテガイの穴が出てきません。???
干潟は広いので、とりあえず場所を変えて掘ってみます。
サクッ、サクッ、サクッ。?
サクッ、サクッ、サクッ。??
サクッ、サクッ、サクッ。???
いません。(T_T)
昨年あれほど捕れたのに、いくら掘ってもマテガイらしき穴すら出てきません。(T_T)
結局、30分ほど手当たりしだいに掘り返してみましたが、ついにマテガイの穴は一つも出てこなかったのでした。(T_T)

昨年がアタリ年だったのか?
それとも、今年がハズレ年なのか?
はたまた、これから湧くように発生するのか?
聞くところによると、今年はアサリも不漁のようなので、マテガイも同じ理由で影響を受けているのかもしれません。
いずれにしても、今年は昨年のような「大漁」は期待できないのかもしれません。
これから出かけようと考えている方は、ちょっと別の保険をかけておいた方が良さそうです。
 残った大量の塩、どうていいやら・・・。(^^;


釣りの世界
ケチ臭いネタでしたが、「ポチ」はケチらずお願いします。(^^;

コメント (4)

0502 尺カマス≒エンピツカマス?

2011-05-05 07:40:04 | 今日の釣りネタ
0502 GW突入でさっそくアジミッションが発動されました。
「5月3日にジジババ宅に房総アジ一盛り献上せよ。」
でも・・・今年のGWは暦通りなので、5月2日って通常出勤なんですけど。(^^;
要は・・・寝ないで釣ってこいってことですね。(^^)
はい、はい、お安い御用でございます。(~o~)
ってことで、ミッションがなくても寝ないで釣りたいCommyさんを誘って、徹人ロードへいざ出撃となったのでした。

22:30 早く帰ったつもりでしたが、なんだかんだで房総到着はこんな時間になってしまいました。
まずは、この時期限定「稚アユパターン」のデカアジ狙いです。

初めてアップするネタなので、ここでちょっと解説しておきます。
この時期、房総の大型港には7~8cmの稚アユが接岸します。
 こんなヤツ。かき揚げ用に一盛り拝借してきました。(^^;
この「稚アユ」、あらゆるフィッシュイーターが狂喜乱舞して狙う超一級のベイトフィッシュなんです。
ちょうど「カタクチイワシ」みたいな存在ですね。
この時期の稚アユは、川に上るために大挙して沿岸に押し寄せるので、これを狙う輩があちこちで待ち伏せしているというわけです。
そして、尺オーバーのデカアジもその輩の一角となっているのです。
ポイントの条件は、「小河川の流れ込み」「稚アユが溜まるシャロー」「常夜灯」の3つ。
条件さえそろえば、びっくりするような超シャローで尺オーバーのデカアジがルアーをひったくってくれるというわけです。
今年は天気に恵まれずまだ狙えてなかったのですが、4月29日にShimmyさんに先を越されてしまいました。
腰までないようなドシャローで、あっさりと34cmゲットだそうです。(@@;
シャローでデカアジ掛けると、狂ったような横っ走りで至福の引きを味わえるんですよねぇ~。(^^)

さて、そんなデカアジ話をきかされて、今年初めての「稚アユパターン」に期待を膨らませてポイントに入ると、
・・・電気消えてるし。(T_T)
案の定、足元に溜まっているはずの稚アユも少なくパターン成立せず。
20cmクラスを2つ取るのが精一杯となったのでした。
(さんざん引っぱったあげくスベリネタで申し訳ありません。次回リベンジしてきます。)

23:00 ここで、少し遅れてCommyさんが合流します。
「アジにします?カマスにします?」
「まずはカマスでしょ。」
ってことで、いつものデカカマスポイントに急行です。(^^;
先行のエサ師にことわって、少し離れたところでルアーを投げさせてもらいます。
開始早々ディープミノーにバイトがあって幸先良く1本ゲット、でもサイズは30cm↓でした。
更にもう一本すんなり釣れてきましたが、そこから30分ほどさっぱりアタリがありません。
いったん他のポイントをチェックして、ラスト30分のつもりでもう一度最初のポイントに戻ります。
ここで、珍現象発生!
足元でピックアップしたルアーに、デカカマスがジャンピングアタックしてきたのです。(@@;
当然フッキングにはいたらなかったのですが、
・・・これってエンピツカマスと一緒???
と考えた瞬間、いろいろなことが頭の中に沸き上がってきます。
「もしかして、アタリがないのは「いない」からじゃなくて「スレてる」から?」
「もしかして、カマスの種類こそ違えど、行動パターンはエンピツ君と一緒?」
「もしかして、エンピツ君とじゃれる時みたいに、トゥイッチ&ポーズで狙ったら効果ある?」
そして、頭の中にエンピツ君と戯れる時のイメージを浮かべながらトゥイッチ&ポーズで狙うと、
・・・一発ヒットでした。(@@;
そして、今までのアイドルタイムがうそのような4連発。(@@;
どうやら、種類や大きさに関係なく、ヤツラの行動パターンは一緒のようです。(~o~)
今年の夏は、もう一度エンピツ君で復習しておかなきゃ。(~o~)

デカカマスは首尾よくゲットできたので、次は本命のアジングです。
少しいい魚を狙った2時間ほどのポイントロードで、ジンタ君を回避しながら20cm↑を7つゲット。
数こそ少な目ですが、どれも抱卵したてで体高のあるいい魚ばかりでした。(^^)

04:00 東の空が薄っすら明るくなってきたところで、さすがに人間様の頭の中も白~くなってきました。
そう、考えてみれば、今日は寝ずの完徹ロードだったのです。(~o~)
ジジババ宅への献上品も十分な量になったので、体が壊れる前に撤収することとなったのでした。(^^;


釣りの世界
まだアップのペースが遅れてますが、がんばって以前のペースを取り戻します。
「ポチ」もよろしくお願いいたします。m(__)m
コメント (2)