手のヒラアジのメッキ道鍛練中

千葉県をホームにライトタックルのルアーフィッシングしてます。特に外房のメッキはライフワーク・・・かな?(^^;

0727 気まぐれショゴ対策

2008-07-28 23:37:53 | 今日の釣りネタ

0727 先週に引き続き、ショゴ完全攻略を目指してまたまた出撃です。(^^)
先週は、「ボラ化」したショゴでもソフトルアーなら釣れてしまうことがわかったので、今回のテーマは「ハードルアーでの攻略」です。

気合を入れて早朝出発、06:00にお目当てのポイントでスタートでした。
先週は開始早々爆裂でしたが、今週はシ~ン・・・・。
まぁ、ショゴなんてそんなもんです。(^^;
朝から汗だくになって探し歩きましたが、最初のポイントは1時間半やってノーバイトでした。(T_T)

仕方なくポイントロードに出ると、さっそく次のポイントにいましたいました。(^^)
係留船の下に5-6匹の群れが付いてます。
まずはパイロットルアーのつもりで付けている「シラスミノー」でハードトゥイッチ。
一番でかいヤツがすっ飛んできてルアーに絡みますが、今一歩のところでバイトしません。(T_T)
次のキャストは「ダイビングビートル」で少し深めを転がしてみます。
こんどは3匹絡んできますが、やっぱり鼻先まで追ってプイッ。(T_T)
3投目は「ウェイビー」でラインテンションをかけずにネチネチとその場トゥイッチ。
一匹ずつ交代で見にきますが、ルアーと距離を置いたところまで来てまた船の下に戻ってしまいます。(T_T)
さすがに、4投目以降は何を投げてもイマイチの反応で、仕方なくポイントチェンジ。

こんな事を何度繰り返したことでしょう。
ショゴはいるのに、チェイスはするのに、一軍ボックスのミノーを総動員しても1バイトすら取れません。(T_T)
朝一から2時間もやってバイトなし・・・最後に残ったのは、保険で入れてあるジグヘッド+ワームだけ。
あっ、それはいけない!・・・手が勝手に・・・(^^;
一撃必殺でした。(~o~)
足元まで追わせて、最後はヨーヨー釣りでなんなくバイト。(^^;
「一度手を染めてしまえば、何回やってもいっしょのことだっ!」っと、4連続でお土産確保の漁師モード。
 麻薬その1。(^^;
まったく進歩のない釣りでした。(~o~)

次のポイントに移動して、今回ショゴ対策に持ってきたルアーをいくつか試してみます。
まずは、ミニミニバイブレーション。
普通に引いてはダメですが、気が振れたようなメチャクチャジャークには反応ありです。(^^;
つぎは、ヘビーウェイトのジグミノー。
動きが単調なのか、なかなか本気バイトしませんが、長めのフォールで追わせるとやや可能性ありです。
更に「アイスジグ」のパチアレンジ?「ピュンピュンジグ」
これは、「アイスジグ」と同様にかなり好反応です。
 かなりパチですが。(~o~)
 なんとなくミノーで釣った満足感に近いかも?(~o~)
フォール速度が遅いので、何度も使うと見切られてしまいますが、とりあえず合格点でした。(^^)
そして、これをルアーと判断するかどうか微妙ですが「カブラジグ」(^^;
ワーム並みに釣れてしまうかと思ってやってみましたが、意外とまじめに見切ってました。(~o~)

そんなこんなで、気を失いそうな激暑の中、15:00近くまでショゴ攻略に精をだしてしましました。(^^;
コンビニタイムの後、15:00から2時間限定の「本気でメッキ捜索」です。
反則スレスレの豆ルアーをぶる下げて、目に入るショゴを無視してメッキを探し歩きます。
意識がもうろうとするまで探し歩きましたが、今回も成果なし。・・・というより姿さえ確認できず。(T_T)
0627にメッキ発見の報告をしましたが、これだけ見つからない状況が続くと、あの時の魚も本当にメッキだったか自信がなくなってきます。
あれだけ明言しておいて今更なんですが、とりあえず0627の「メッキ発見」は一旦取り下げることにします。
・・・今年のメッキはいつになったら姿を見せてくれるんでしょう?・・・

最後の1時間は、ショゴの有望ポイントに移動してポッパータイムです。(^^)
期待したほど群れがいなかったようですが、それでも約1時間で「ガボォ~ン」っと3発出てくれました。
気を抜いて2つバラシてしまいましたが、1日の最後を締めくくる爽快なバイトシーンで気分良く終了となったのでした。(^^)

コメント (8)

0719 ショゴ祭り

2008-07-20 08:55:54 | 今日の釣りネタ

0719 今回は会社の先輩コミチさん(仮:ハンドルは後でご本人に決めてもらいます(^^;)と釣行です。
しっかりおみやげを持ち帰りしていただくために、今が最も旬のショゴロードに出ることにしました。

気合十分の06:00ポイント着。(^^;
車を降りると、一仕事終わった風のオーラで近付いてくる人が・・・コロンボさんでした。
何でも、夜明けからショゴ爆釣で、3人でそれぞれ20匹以上取ってまったりしていたところ、だそうです。(@@;
クーラーボックスを見せてもらうと、25cm↑ばかりがゴッソリ入ってます。
慌ててタックルを準備してポイントを物色していくと、・・・
いました、いました、50匹はいそうな群れがあっちにもこっちにも。(@@;
さっそく、群れの中にシラスミノーをぶち込んで、バチバチッとトゥイッチを入れると一発ヒット。(^^;
 25cm前後で引き味も楽しめます。(^^)
とにかく、一度に20匹以上のショゴがチェイスするので、ルアーが見えなくなるほどのモミクシャ状態です。
まるで「ルアーが襲われてる」ような状態で、ヒットの瞬間はほとんど見えてません。(^^;
あっという間に良型ばかり5匹取って、コミチさんの状況をうかがうと、・・・
ショゴのパワーを侮っていたのか、ヒットするものの3ブレイクされてかなり手こずっているようです。(^^;
とりあえず、ドラグの調整と足元の根擦れだけアドバイスすると、すぐにコミチさんも初ショゴゲット!
おめでとうございまーす。(^^)

その後、さすがにショゴの活性が下がりはじめましたが、人間様の活性はますます↑↑。
ミノーで一通り楽しんだので、こんどはポッパーで別のビジュアルを楽しむ作戦です。(^^)
「バシャバシャ!ガッボーン!」
期待通りの派手なバイトを思いっきり楽しんで、朝一の部はショゴ12匹の水揚げとなりました。(^^)
 ポッパーフェチの気持ちがよくわかります。(~o~)
 シャッド系のミノーは安定して好反応でした。

潮が引ききる前に他のポイントもチェックして回りますが、意外にも高活性なショゴは見当たりません。
何ヶ所か回って、コンビニで腹ごしらえをして、結局最初のポイントに戻ってきてしまいました。(^^;

ピーカンのド干潮、ショゴの群れはどうなるかと言うと、・・・ボラになります。(~o~)
まるでイナッコの群れのように、ユラ~っと漂うように移動して、ミノーを投げてもチラッと見る程度。
「シャキッとしろ!」っと喝を入れたくなるようなグータラぶりになってしまいます。
ただし、・・・こいつにジグヘッド+ワームを見せると、途端にヤル気を回復するのです。

朝一ポイントに戻ると、案の定朝の群れは100匹以上集まって「ボラ化」していました。
とりあえずミノーを投げてみますが、大きくダートした時とファーストリトリーブした時以外はほとんど反応しません。
「コミチさん、ジグヘッド+ワームでやってみてください。」
一投目、一発ヒット。
二投目、一発ヒット。
三投目、一発ヒット。・・・
いくらでも釣れてしまいます。(^^;
ミノーではいくら激しくダートさせても口を使わないのに、コレを上下にしゃくると必ず食ってしまいます。
あまりの釣れっぷりに、ついつい私も出してしまいましたが、はっきり言って釣りが堕落します。(~o~)
それではイカンということで、箱のルアーを総動員してショゴの反応を確認することにしました。
Fミノー,Sミノー,トップ系は無視、ミノーではシャッド系だけ若干反応します。
ジグミノー無視、スプーン無視、メタルジグはやや反応ありです。
最も反応があったのは、「アイスジグ」でした。(^^)
これだけは、最後のバイトこそ及ばないものの、ジグヘッド+ワームに匹敵する反応があります。
色々試した結果、
「ボラ化したショゴに喝を入れるには、フォール速度の速いルアーを上下にしゃくる」
これが最も効果的と言う結論になったのでした。(^^)

我々はおみやげ優先でショゴ狙いに徹していましたが、硬派一徹メッキマンの青服さんは朝からメッキロード。(^^;
ショゴポイントで合流してメッキの状況を聞きましたが、やっぱり姿さえ見かけないとのことです。
ショゴはこんなにいるのに、今年のメッキはどうしちゃったんですかねぇ~?
それでも、ショゴよりメッキポイントが気になる青服さんは、必殺ルアーを駆使して今年もやってくれました。
イトヒキアジ捕獲です。(@@;
 これを釣るには卓越したテクが必要です。
メッキに懸ける熱意とその圧倒的なテクニックには、あらためて脱帽です。m(_ _)m
(私も別のポイントで初めてヒットさせましたが、・・・バラシました(T_T)

コミチさんのご要望で、夜アジもやることになりましたが、如何せん二人とも電池切れ。
暑さと、日焼けと、寝不足で、夕まずめにはキャストすることすら億劫になる始末です。(^^;
とりあえず、暗くなるまで待ってアジングを試みましたが、バイトがないまま粘る気力もなく、本日の業務終了となったのでした。

コメント (13)

0712 メッキ探しロード・・・

2008-07-13 22:43:34 | 2008今日のメッキ

0712 昨年の初メッキは7月21日でしたので、そろそろ釣れるサイズのメッキがいてもおかしくない時期です。(^^)
ショゴも追いかけてみたい気もしますが、やっぱり早く今年の初メッキに会いたい・・・。
と言うことで、毎年早い時期にメッキが到着するポイントを流してみることにしました。


08:00到着で一番メッキの期待できるポイントからスタートです。
豆セイゴと鉛筆カマスはウジャウジャいますが、メッキらしき姿は確認できません。
とりあえず、豆と鉛筆をいくつか釣って本日の肩慣らしとしました。(^^;
 この豆はまだましなサイズ。(~o~)
 こいつは鉛筆未満です。(~o~)

次のポイントへ向かう途中、港の岸壁に何やら人だかりができています。
ちょっと立ち寄ってみると、地元の人がエサでショゴを釣っている様子。
ルアーで狙っているオッチャンもいます。
「これだけジモティがいるなら、そうとう群れが入ってるんだろう・・・」と、とりあえず始めてみます。
すると、突然「手のヒラアジさんですか?」(@@;
声を掛けていただいたのは、ここにも遊びに来ていただくpinarelloさんでした。(^^)
房総が地元のpinarelloさんいわく、今年はショゴがそうとう多いそうです。
・・・でも、この時間帯は群れが回ってきてもまったくヤル気なし。(T_T)
ちょっと港の奥まで行ってみると、ここにも30匹以上のショゴの群れがいます。
最初の2-3投だけサッと追いますが、その後はほとんど無視。
そんなことを2時間もやってみましたが、いい加減腹が立ってきたので最終兵器登場!
アジング用のジグヘッド+ワームです。(^^;
こいつをボラのようにまったりと泳ぐショゴの群れの中にぶち込んでジャーク&ジャーク。(^^;
一発でした。(~o~)
 25cmがくるとさすがによく引きます。(^^;
とりあえず、2時間分の借りを返すべく5連続でやっつけてショゴの部は終了でした。(^^)
まぁ、何とも気難しいヤツですが、やっぱり基本は「縦の動き」のようです。
ちなみに、メッキの基本は「横の動き」となります。

ショゴをかまっている間(遊ばれたとも言います)に気が付けば午後、あわててメッキ探しロードに戻ります。
この時期のメッキは、港内のヘチもしくはスロープに溜まったゴミ周辺でよく見かけます。
ということで、一番メッキ発見のコツは、・・・ひたすら探し歩くこと。(~o~)
今年一番の暑さとなったこの日、午前中から強い陽射しを浴びて既に両腕と首筋はチリチリ状態。
とてもサラリーマンの肌色ではなくなっています。(^^;
それでも、ひたすら歩く、探す、歩く、探す、歩く、探す、・・・

途中、港の港内に溜まったゴミの際を攻めるとヒット!
軽い引きですが、クンクンとかなりの抵抗で何となくメッキっぽい引きです。
慎重にやり取りして(いや、する間もなく)チラっと見えた魚体には横縞模様が見えるではないですか!
やった!一番メッキのギンガメちゃん!!!
んっ?・・・なんか違う、やたら黄色い、頭に茶色の線が入ってる・・・お前かっ。
自己最小記録更新!11cmのショゴでした。(^^;
群れから離れて単独でゴミに付いたりするショゴは、よくこんな擬態をしています。
 何に化けてるつもりなんでしょう?(~o~)
25cmの群れがミノーに反応しないかと思えば、こんなヤツが一発で食ってくるし、よく分からない連中です。(~o~)

16:00目ぼしい一番メッキポイントを一通り回ってみましたが、メッキの姿さえ確認できません。
日焼けと探し歩きは、40オヤジの体力を容赦なくむしりとっていくようです。
もう足が前に出て行かないほど疲れてしまい、ポイントに着いてもなかなか車から降りられません。(^^;
「最初のポイントに戻ればメッキに会えるかもしれないなぁ。」
「夕まずめならショゴがミノーに反応するかなぁ~。」
「あのポイントをチェックするの忘れてたなぁ。」
・・・zzz。
一番いい時間帯をふいにして19:00まで3時間も寝てしまい、メッキの部も自動的に終了でした。(^^;

とりあえず、そこそこに体力を回復したので、おみやげ確保のアジングをやってから帰ることにしました。
このところ、いい型の抱卵アジがかなり釣れてるとの情報だったので期待して始めてみますが、・・・
ぜ~んぜんアタリなしです。(T_T)
エサ師にもまったく釣れてません。
3ヶ所目で25cmクラスを2つ取るのが精一杯、期待したアジングもパッとしません。
どれもこれも中途半端となり、釣りに来たのにかえってフラストレーションが溜まるばかりとなりました。(T_T)
次回の出撃を約束してくれるであろうショゴ5つとアジ2つをおみやげに、本日の業務終了となったのでした。
 ムツ10cm級。でも20cm級も釣れました。なぜ???

コメント (7)

2008年のメッキ発見!

2008-07-02 00:17:45 | 2008今日のメッキ
タイトルの通り、0627の釣行で2008年のメッキを発見しました!
・・・とは言っても、発見しただけでとてもかなう相手ではありませんでしたが。(~o~)

発見場所は南房の某港で、毎年早い時期にメッキが確認できる定番のポイントです。
サイズはまだまだ500円玉くらい、釣りの対象になるには、最低でもあと一潮はかかりそうです。(^^;
接岸したて?のこのサイズのメッキは、港内のヘチに沿って泳いでいることが多いようです。
今回は500円玉君と10円玉君の2匹で寄り添うように泳いでいて、40mmのミノーを目の前に通すと、「喜んでついて来る」と言った感じでした。(^^)
念のため2投目にスプーンも試してみましたが、これと言った反応もなく、軽く手を振ってお別れしておきました。(~o~)

シーズン前に見られるこのチビメッキは、ヘチ→係留船の下→スロープのゴミ溜まりと移動するようなので、
お好きな方は是非注意してみてください。
その後、スロープのブレイクラインへと移動すると、いよいよ釣りの対象となるわけですが、
それまでの間は「餌を取るより身を隠す方が優先」ってことなのかもしれません。(^^;

いずれにしても、今年も元気なメッキを確認することができました。
まもなく始まるメッキシーズンに、今年も大いに期待してのぞみましょー!(^^)
コメント (2)