手のヒラアジのメッキ道鍛練中

千葉県をホームにライトタックルのルアーフィッシングしてます。特に外房のメッキはライフワーク・・・かな?(^^;

しばらくお休みします。

2014-10-23 01:08:55 | 今日のネタ
いつも「手のヒラアジのメッキ道鍛練中」をご覧いただきありがとうございます。
先週の記事アップが滞っている状態ですが、実は、持病の腰痛をこじらせて自宅療養中です。
椅子に座ってPCを扱えないのと、しばらくは出撃できそうにないので、少しの間ブログをお休みさせていただきます。
腰痛の方はいつものことなので、ご心配には及びません。
ブログ再開の際には、またよろしくお願いいたします。m(__)m
コメント (22)

1011 撃沈のちスパート

2014-10-14 01:52:04 | 2014今日のメッキ

1011 二週連続の「今年一番」な台風です。
・・・もう10月なんですけどねぇ~、困ったものです。(^^;
さて、いよいよメッキシーズンも中盤となり、房総メッキロードにとっては一番いい時期・楽しい時期を迎えることになるわけです。
・・・が、同時に、この時期は最も難しい時期でもあるのです。
それは、20cm級に育った連中が、こぞって「お出かけ」してしまうからです。
この「お出かけ」とは、これまでメッキの群れが港内のストラクチャーを中心に定位していたのが、一転港内外を回遊してしまうことです。
これまで漁港内のスロープさえ叩いていれば、それなりに結果が出ていたものが、「お出かけ」が始まると、もぬけのからになったスロープが最も釣れないポイントに変ってしまうからなのです。
今週も厳しいロードが予想されますが、お出かけメッキの行先を読みながら戦略的なゲームを組み立てて・・・
もとい、そんなカッコいい話ではなく、人と魚のバカし合いに勝利すべく、今週も房総ロードへ出撃となったのでした。(~o~)

07:00 トウゴロウイワシの接岸を期待して、いつも行かないアウェイエリアからスタートしてみます。
朝一で狙うのは、小河川の河口に突き出た堤防周り。
こんなポイントは、満潮絡みの潮位でトウゴロウイワシが大挙して接岸する・・・ことがあるのです。(^^;
さっそく、堤防の付け根から消波ブロックのブレイク際を叩いていきます。
頼みのトウゴロウイワシはそれなりにいるのですが、これを追いかけるヤツがさっぱり見当たりません。
「いい雰囲気なんだけどなぁ~・・・。」
待ち伏せすれば当たりそうな気がしますが、一日中ここにいるわけにもいかないので・・・次。

08:00 岩が点在する風裏ベタ凪の小サーフ。
こんなポイントも、この時期ベイトが溜まっていそうな感じがします。
ベイトはいるんですが・・・次。

09:00 下げ潮で流れが効き始めた小河川内。
ここでも、河川内に入り込んだトウゴロウの群れが払い出していきますが、さっぱり追われている気配がありません。

「ベイトはいるんだけど・・・。」
「やっぱりメッキは朝寝坊なのかなぁ・・・。」
仕方なくエリアチェンジです。

10:00 大型漁港の一級ポイントでかめさん親子に遭遇しますが、こちらも朝から成果なしとのこと。
ここでもチェイスすらなくトボトボと車に引き上げてくると、目の前で派手なボイルが発生します。
ジャジャジャジャジャーーー!ジャジャジャジャジャーーー!(@@;
ボイルの主はソーダのようですが、なにせ朝から何も釣っていないので刺激が強すぎます。(~o~)
「あっちで出たっ!こっちで出たっ!」
かめさん親子と3人でひたすらボイルを撃ちまくりますが・・・
鉛の塊はお気に召さないようでした。(T_T)

・・・迷走中。

13:00 出撃中の青服さんから連絡が入ります。
「〇〇でいい群れ発見、22cmと23cm他で3ゲット、まだ群れが回ってそうです。」
「神様、仏様、青服様、ありがとうございますぅ。(^^;」
あわてて急行しますが、そこは回遊中のメッキの群れ、後から駆けつけて美味しい汁が残っているはずがありません。
青服さんも出会い頭の一群れだったようで、後が続かないとのこと。
・・・次。

・・・迷走中。

朝から休憩も取らずにやってますが、今日はメッキどころか魚を一匹も釣ってません。(@@;
あっ、一匹釣ったような気もします。
 やってられません。(T_T)
そして、ここで重要な決断をしなくてはいけません。
「朝一で入ったアウェイエリアのベイトに期待して、夕方の回遊に賭けるか?」
「アウェイエリアをあきらめて、勝手知ったるホームエリアでいつものポイントロードをするか?」
う~ん、悩んだ末、後者。
進歩のない選択と反省しつつも、既に足が勝手にホームエリアに向いていました。(~o~)

14:00 勝手知ったるホームエリアに到着。
ブイの群設ポイントで居着きのオチビ、あわよくば回遊の群れを狙います。
その前に、手前のヘチで様子を見て・・・
 ほらいた。この時期狙う魚じゃないですけどね。(^^;
ヘチ叩きはほどほどにして、10個ほどあるブイ周りを順番に叩いていきます。
いました、いました、ブイ二つおきくらいに2~3匹ずつ着いています。
 ほい。
 ほらさ。(^^;
 もう一丁。(^^)
こんなサイズでも釣れれば嬉しいんです。(~o~)

15:00 時間も時間なので、いつもの有望ポイントを飛ばして、一気に本命ポイントに入ります。
上げ潮にいい小河川の河口ポイントですが、さすがに一級ポイントなので、チェイスはあってもスレスレな感じです。
それでも、一匹だけストラクチャーのかわし際で加速させたルアーに飛びついてくれました。(^^)
 ピンボケ~。(T_T)

15:30 先週も小河川の河口ポイントに魚が集まっていたので、もう一ヵ所同じようなポイントを叩いてみます。
河口付近ではチェイスがないので、フォローサイドに回り込んで風に乗せて沖までキャスト。
2~3回トゥイッチしたところで、ガツ~ン!(@@;
 20cmのギンガメ。(^^)
食った場所と魚のコンディションから見ると、回遊の群れのような気がします。(^^)
続けてキャスト、即ガツ~ン!(@@;
 またもや20cmのナイスプロポーション。
苦節9時間、ついに回遊の群れを見つけたようです。(^^)
次のキャストも着水直後にヒット。
 これは20cm↓でした。(^^;
風に乗せて更に沖までキャスト、バラシして群れを散らしたくないので、スローなトゥイッチで確実にバイトさせる作戦とします。
ガ、ゴ~ン!(@@;
 ドラグを2回ほど絞り込まれて22cmゲ~ット。(~o~)
更に、ガ、ゴ~ン!(@@;
 これは強烈、腹ボテの23cmゲ~ット。(~o~)
回遊の群れ発見で、一気にテンションアップ。
10月のメッキは、やっぱりコレじゃなきゃいけませんよねぇ~。(~o~)

最後にもう2ヶ所回遊ポイントを叩いてみましたが、こちらはチェイスもなくハズレて日没終了。
結果的にはツ抜けて終われてまずまずでしたが、その内容は一か八かの大勝負的なメッキロードとなってしまいました。
でも、読みを効かせたポイントで一山当てれば言うことなし。
しばらくは、こんなヒヤヒヤしたメッキロードを楽しむことになりそうです。(^^;

<残業>
だんだん日が短くなってきたので、メッキが終わってもまだ18:00だったりします。
このまま帰るのも忍びないので、残業のアジングを少々。(^^;
月が昇るまでの1時間半で、20cm前後のアジをポツリポツリと9つゲット。
ところが、月が顔を出した瞬間にま~ったくアタリなし。
まぁ、これから始まるアジングシーズンに向けて、ちょうどいいトレーニングになったかもしれません。(^^)


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
↑↑↑ 今年は早い時期からサイズが上がってます。良型房総メッキに「ポチ」一つお願いします。m(__)m

コメント (12)

1004 台風の前に一回り

2014-10-07 00:53:39 | 2014今日のメッキ

1004 10月上旬とは思えないようなでかい台風が接近していて、外海は大荒れの様相です。
・・・が、この時期、メッキを釣るには最も楽しい時期でもあるのです。
ベイトをたっぷり食って太りかえった20cmアップは、ヒットの瞬間に思わず声が出てしまうほど衝撃があります。(^^)
また、ベイトを追って回遊する群れは、神出鬼没でなかなか見つかりませんが、その分見つけた時の嬉しさは格別。(^^;
メッキの行動を予測した戦略的なゲームメイクが必要ですが、それがまたこの釣りの魅力でもあるわけです。
台風の通過しだいでは翌週の出撃が危ぶまれるので、善は急げ、台風の前に一回りとなったのでした。(^^;

08:30 本日の相棒は、メッキ二回目のチャレンジとなるHancha君です。
前回の釣行では、初めてらしからぬトゥイッチで次々とメッキを仕留めていましたが、さて、今回はどうなることやら?(^^;

最初のポイントは、サーフエンドのテトラ帯。
「ベイトに着いて回遊している群れを探すよ。」
とだけ言って、Hancha君は放置プレイにしてしまいます。(^^;
そう言ったはずの当の私は、回遊の群れを探す前にテトラに着いた居着きのオチビを狙っていたりするのですが。(~o~)
 いました。(^^;
 手堅くもう一つ。・・・我ながらセコイ。(^^;
一方、「回遊」と言われたHancha君は、ひたすらフルキャストを続けて・・・
「釣れました~!」
私よりいい魚、私よりいい釣りしてました。(~o~)

09:30 二ヶ所目、上げ潮が効く前にドブの溜まりを狙ってみます。
ここはシーズン初期の豆メッキポイントですが、小さいプールに意外といました。(^^)
あまりにも小場所すぎて、トレースのコース取りに戸惑うHancha君を尻目に、大人げなく4つゲットでした。(~o~)
 あのお豆さんもこんなに大きくなったか。(^^)

10:00 三ヶ所目、石積み堤防の外側に着いているであろうベイト溜りを狙います。
・・・が、うねりが大きくて寄せる波しぶきから逃げるのが精一杯。・・・次行きます。

10:30 磯に近い漁港の最奥。
荒れた磯場を回避したベイトが、漁港の奥まで入り込んでいると読んだのですが、ベイトがさっぱり見当たりません。
それでも、コーナーに2~3匹着いていました。
 このサイズは居着き。なかなか回遊の群れが見つかりません。(T_T)
 初めてヘチでチンチン釣りました。

12:00 Hancha君のリクエストで、アジングに初チャレンジ。(^^)
デイアジングのポイントで、1gのジグヘッドを使った「イマドキアジング」を体験してもらいます。
私のレクチャーでは怪しいものがありますが、そこはワームの釣りに慣れた元バスマン、見よう見まねでアジンガーっぽい動きを見せてくれます。(^^)
しばらくすると、「何かきましたっ!」・・・何と、外道のメッキ。
Hancha君、なかなかモッテルみたいです。(~o~)

13:00 私の方は、バイトもないアジングを続けていられるわけもなく、ミノーに戻して港内のメッキ捜索を続けます。
上げ潮で潮位が回復してきた小河川の河口付近。
ボイルや逃げるベイトが見られるわけではありませんが、イナッコの群れは忙しなく泳ぎ回っています。
この時期、鼻上げせずに泳ぎ回っているイナッコの群れは、格好のターゲットになるのです。(^^)
一投目、着水直後にギラギラッとした後、次のトゥイッチでガツ~ン!(@@;
 回遊サイズの20cm。
画像と撮ってバケツキープして二投目。
今度は更に強いひったくりバイト!
 今シーズン最大、コンディションのいい22cmでした。
回遊の群れを引き当てたようなので、キャストを止めてアジング中のHancha君を呼び寄せます。
「ここ、群れいるからやってみな。」
お手並み拝見のつもりでしたが、キャストするやいなや難なくゲット。
どうやら、魚さえいれば立派なメッキマンのようです。(^^)

14:00 サーフエンドの堤防際、ここは回遊の群れではありませんが、そこそこサイズのメッキの群れが着いているはずです。
・・・が、いつもなら少し沈めるだけで群れごと飛び出してくるのですが、荒れと濁りでご機嫌ななめなようです。
ちょうど満潮で水深も3m近くあるので、Dコンタクトの縦トゥイッチでボトムから誘い出す作戦に変えると、
 いました、いました、チビですが。(^^)

15:00 ラーメンタイムの最中に、別エリアでやっているかめさんから景気のいいメールが届きます。
「22cmゲット。」
「24cmゲット。」
「港内のブイに群れが着いてます。」
「アベレージ22cmで釣れ続いてます。」
夕まずめからのアジングがあるので、残念ながら急行できませんが、ブイ周りの回遊パターンはいい狙いなのかもしれません。
予定外ではありますが、急遽手近なブイの群設ポイントまで足を延ばしてみます。
横一列に10個ほどブイが並んでいるポイント。
手前半分はHancha君、奥の半分は私が叩きます。
・・・回遊の群れはご不在でしたが、代わりに、ブイに着いたロウニンが2つ。
 そろそろ、居着きのロウニンもいい引きしてくれます。(^^)

16:30 アジングポイントに戻って来ましたが、先ほどの河口エリアにまだ潮位が残っているので、先にメッキを狙います。
Hancha君に一番いい場所をプレゼントすると、いきなり大きくロッドを曲げています。(@@;
「また回遊してきたね。その引きは20cmアップだよ。(^^)」
・・・と思ったら、何と、いいサイズのカスミちゃんじゃないですかっ!(@@;
 19cmのカスミちゃん。これはなかなか釣れないよ。(^^;
結局、ここで4つ追加したHancha君が、余裕のツ抜けで12匹、私は3つ追加で15匹。
「そんなに変わらないじゃないかっ!、次回は完全放置だな。(~o~)」

17:00 メッキは早目に切り上げて、今日のもう一つのテーマ「アジング」にのぞみます。
夕まずめに一瞬入ってくるであろう群れを待ち伏せしてみましたが、今日の群れは朝だけだったようです。
暗くなると望み薄なので、次。

17:30 青服さんと合流して、いつものアジングポイントに入ってみます。
明るいうちにメッキ狙いでも入ったポイントですが、いざアジングをやろうとすると、ドチャ濁りに見えてしまいます。(T_T)
スロープのブレイクラインをリトリーブのアジングで狙っていきますが、ま~ったく反応なし。
一番明るいピンポイントで、私が2つ取りましたがHancha君にはバイトもなし。
終われません・・・次。

・・・魚いない、次。
・・・荒れててできない、次。

20:30 荒れと濁りに加えて潮位も落ちてきて、いよいよポイントレパートリーがなくなってきました。
アジング初チャレで「ボ」はかわいそうですが、さすがに最後のポイントです。
Hancha君を先に行かせて、ニゴニゴのスロープの表層だけを叩いてもらいます。
「あっ!何か来ましたっ!」
「やった、ア~ジ~。(~o~)」
20cmにも満たないアジではありますが、Hancha君に記念すべき初アジを2つ取ってもらったところで、台風前の一回りロードはこれにてお開きとなったのでした。(^^;


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
↑↑↑ いよいよ今年のメッキも佳境に入ってきました。良型メッキの「ガツ~ン!」に「ポチ」一つお願いします。(^^)

コメント (10)