手のヒラアジのメッキ道鍛練中

千葉県をホームにライトタックルのルアーフィッシングしてます。特に外房のメッキはライフワーク・・・かな?(^^;

0107 年明けヒイカ・・・もうムリ。

2017-01-08 16:37:33 | 湾奥ヒイカ研究会

0107 既に房総メッキは終わってしまいましたが、千葉ヒイカもこの時期でおしまいになっちゃうんですよねぇ~。・・・さみしい。T_T
毎年、年明けヒイカを狙って「あ~、まだ居た、良かった。」なんて言いながら終わりになるわけです。
まぁ、狙えば2月上旬までイケるなんて話も聞いたことありますが、とてもじゃないけどム~リ~。(^^;
何故かというと・・・、寒くてやってられませ~ん。(~o~)
ランガンで動き回るメッキならまだしも、一ヵ所に立ったきりほとんど動かない釣りですから、いくら防寒しても寒くてやってられないんですよねぇ~。(~o~)
そんなわけで、今年も年明けのラストヒイカに出撃となったのでした。

・・・とその前に、全釣行記事アップを縛りとしているので、書き残した年末のヒイカ釣行記事を二つほど。(^^;


1214 平日の水曜日ですが、いつものポイントには好都合な風なので出撃です。(^^;
この時期、ヒイカアングラーに加えてカレイ師も参戦してくるので、平日でもポイントは激混みとなってしまいます。
なんとか空いているスペースを見つけてスタートでした。
前回釣行が表層爆裂だったので、まずは表層からテンションフォールで落とし探っていきます。
・・・な~んもなし。
早々に表層・中層を諦めて、ボトムでちょいちょい動かしてみます。
何とか一つ。(^^)
ここで、後ろから声を掛けられると、青服さんじゃないですか。
好都合な風だったので、平日にもかかわらず出撃してしまったそうです。・・・考えることは皆一緒。(~o~)
人間様のヤル気はあるんですが、イカのヤル気が伴わないとやっぱり釣れません。T_T
2時間やって3バイ、時速1.5ハイで終了でした。T_T


1223 連休初日のヒマ~な夕方、自宅から10分なのでヒイカ出撃です。(^^;
年末に向けていよいよカレイ師の竿が並び始め、入る隙間もない状態です。T_T
釣には色々なスタイルがありますが、あの4本も5本もロッドを並べる釣りってどうなんでしょうね~?
限りある釣り場だというのに、一人で護岸を10mも独占してしまうわけですから、何とも迷惑な話です。
混んでる時には2本にしようとか、そう言う配慮ってないもんなんですかねぇ~?
まぁ、何とか隙間を見つけてスタートでした。
さすがに水温もそこそこ下がったので、ボトムのちょいちょいからスタート。
2~3投目で「あっ、今触ってた。」ってのがありましたが、そのままボトムステイしても追い抱きしてきません。T_T
更に2~3投目、グンッと乗らずにモソッと重たくなったと思ったら、食腕1本で釣れてきました。(@@;
こんな時は超低活性な証拠、ボトムのちょいちょいでも動かしすぎだったりするのです。
ズルズルズル・・・・。
モソ・・・モソ・・・、・・・・・・・・・・・・・、モソ・・・モソ・・・。
やっぱり、しっかり抱くわけではなく、触って離れてを繰り返しているようです。
こんな時は、「モソ」のお触りでエギを動かしてフッキングしてしまうしかないのです。
しかし、こんな時ほど素早く動くエギには近づかなくなってしまうので、空振りしてもイカが逃げない程度の「チョイ」で掛けなければなりません。
難しい~~~。T_T
・・・ポツ。
・・・ポツ。
・・・ポツ。
北風の寒さに耐えられなくなるまで粘ってみましたが、2時間半で5ハイ。
結局時速2ハイで終了でした。(^^;
 数はショボいですが、サイズは見事。(^^;


0107 ようやく年明け記事にたどり着きました。(^^;
17:00 珍しくまだ明るいうちに到着でしたが、例によってカレイ師のロッドがズラッと並んで入る隙間もありません。T_T
相変わらず、ロッドを4本も5本も並べている釣り師がたくさん。T_T
この釣りは、ロッドを並べることがステイタスな釣りなんでしょうね~。(~o~)
今回も何とか隙間を見つけてスタートでした。
開始2投目、ボトムのちょいちょいアクションにグンッ!(@@;
幸先良く明るいうちに釣れてしまいました。(^^)
 良かったぁ~、まだいた。(^^)
いい感じに釣れはしましたが、足先がギリギリカンナに掛った状態です。
「う~ん、今日も低活性。」
例によってズルズルで低活性に対抗しますが、たまにモソッと触ってもその後追い抱きしてくれません。T_T
恐らく、こんな時はモソッと感じなくてもソフトタッチしている時間があるはずです。
ズルズルズル・・・チョン、ズルズルズル・・・チョン、ズルズルズル・・・チョン
この「チョン」が小さいのがポイントです。(~o~)
触ったか触らないかの状態でエギを動かして、触っていたら掛けてしまおうという作戦。(^^;
でも、「チョン」が強すぎるとせっかく触ったイカが逃げてしまうので、イカにとって違和感のない「チョン」が必要となります。
ズルズルする手の感覚と微妙な「チョン」、ロッドティップの動きに神経を集中してアクションを続けます。
集中するあまり顔だけは熱いくらいですが、体の動きはほとんどないので、だんだん冷えてきました。
指先が冷えてチリチリ。
足裏、足指もジンジン。
防寒しているはずの太ももがシンシン。
ついには、上半身まで冷えきって、歯がガチガチいってきました。T_T
「さぶぅ~、もうム~リ~。T_T」
結局、2時間がんばって4ハイ。
やっぱり、時速2ハイでいつもと一緒のラストヒイカとなったのでした。(^^;
 最後はどんなにデカくなるのかと思ったら、そうでもなかった。(^^;

今シーズンの総合結果で~す。
釣行回数6回、実釣時間合計16.5時間、合計釣果52ハイとなりました。
1釣行当たりの釣果は8.6パイ。
1時間当たりの釣果は3.1パイでした~。(^^)
まぁ、固め釣りがあったのでこの結果でしたが、やっぱり1時間当たりにすると2~3バイってのはいつもの年と変わらないんですねぇ~。(~o~)
来シーズンも湾奥ヒイカを深掘りしていきます。
またよろしくお願いしま~す。(^^)


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ 千葉ヒイカ、なかなか奥が深いんですよ。(^^;
今シーズン楽しませてくれたヒイカに、「ポチ」一つあげてくださ~い。(^^)

コメント (2)

0103 あけおメッキ

2017-01-05 00:26:02 | 温泉デカメッキ研究会

新年、あけましておめでとうございます。
今年もメッキにライトゲームに、精力的に取り組んでまいります。
もちろん、ブログの更新もさぼらずに?続けていく・・・予定です。(^^;
本年も『手のヒラアジのメッキ道鍛練中』をどうぞよろしくお願いいたします。m(__)m


0103 さて、今年の初釣りです。
12月の温泉デカメッキが忘れられず、正月早々また釣福丸さんにお世話になってしまいました。(~o~)
今回は、正月休みで帰省中のCommyさん、てとらぽっとさんに参戦いただき、いつもの弟君、私の4人で出船となったのでした。

14:30 好天に恵まれ、風もそれほど気にならない絶好のコンディション。
 新年初釣りのデカメッキ狙いに期待が膨らみます。(^^;
いつものように、出港から10分もしないうちにポイント到着です。
船長の「はい、いいよ~。」の掛け声とともに、温排水口目がけて一斉にキャスト開始。(^^)
前回の当たりパターンをふまえて、まずは魚道50をボトムまで落としてスローなアクションを仕掛けていきます。
3キャスト目、ボトムから離れないようにアクションしていたルアーにココンッと反応が出ます。
幸先良くヒットでしたが、こちらはデカメッキとは言えない2016年産のレギュラーサイズ。
 デカメッキでないと言っても25cm。小さいと言ったら怒られます。(~o~)

何回か流し直しの後、護岸沿いのいい距離で船が止まってくれました。
船が止まればボトムも取りやすい。(^^)
しっかりボトムを感じてから、ロッドティップだけのダブルアクションでルアーを躍らせて再びフォール。
この短いフォールの間にバイトが出ることが多いのです。
ゴンッ!(@@;
「キターーーーーー!」
ギュギュッとロッドは絞り込まれますが、ドラグはチチッと鳴っただけ。
 またもやレギュラーサイズの26cmでした。(^^)

15:00 しばらくバイトが遠のきますが、ふと護岸と反対側の沖側を見ると、細かいベイトがパパッと追われてます。(@@;
慌てて他の三人とは逆の沖側に投げると、流し直しのため船のエンジンが回り始めます。
「あ~、投げたタイミングが悪かった。(^^;」
仕切り直しのつもりでルアーを回収していると、船の後から戻ってきたルアーにメッキが1匹チェイスしているじゃないですかっ!(@@;
既に船が動いているので、チェイスしているメッキは全速力状態です。(~o~)
見ているとだんだんルアーとの距離が離れていくので、フッとロッドを送り込んでやると、パクッ!(@@;
「おぉぉぉ~~~、サイトで食ったぁ~~~!(^^)」
 1月にサイトフィッシングができるとは、ラッキー。(^^;

メッキが沖から追ってきたので、しばらく沖側へのキャストを続けます。
すると、毎キャストのようにデカいイトヒキアジが2~3匹でチェイスしてくるじゃないですか。(@@;
しかも、結構なハイテンションモードでのチェイスです。
「怪しい・・・沖側の表層が怪しい・・・。」
イトヒキアジを釣らないように、早目のトゥイッチで表層だけを流して行きます。
すると、ポチャン、ゴンッ!(@@;
「やっぱりいた~~~!着水ヒット~~~!」
(画像ありませんが、着水ヒットで25cm。)
しかも、釣れたメッキの後には、同サイズのお友達が塊になって付いてきているじゃないですかっ!(@@;

メッキが表層にいるとなれば、やっぱトップでしょ~。(^^)
ボックスに一個だけ入っていたペンシルポッパーにチェンジして、手当たりしだいに沖側へキャストしていきます。
「出たっ!あっ!また出たっ!うっ!もう一回出たっ!食ったぁ~~~!」
 やた、やた、1月のポッパーメッキ、ここは横浜です。(~o~)

表層メッキはこれっきりで沈んでしまいましたが、ちょっと抜いたアクションをすればイトヒキ君はイチコロだったりします。(^^;
 てとらさんとWヒット。(^^)
 これだけ面積あるとなかなか上がってきませんね~。(~o~)

16:30 表層メッキもイトヒキもいなくなり、しばらくまったりな時間が続きます。
夕まずめを前に、
温排水の流れが少しだけ強くなったので、船長の操船が気持ち護岸寄りになってきました。
チャンスタイム到来か?
ルアーは先ほどから「ゴールドワン」、ボトムから2ステップワインドさせてもう一度ボトムまでフォールです。
「んっ!バイト!・・・おっ!またバイト!・・・」
ゴンッ!(@@;
ヂィィィ~~~~~~~~~~~~~~~~!(@@;
「キターーーーーーーーーーーーーーーーーー!」
凄まじいダッシュを2回ほど耐えて、ようやく中層に張り付いてくれました。
ポンピングでゆっくり寄せて魚が見えてくると、デケェ~。(@@;
船長がネットを持って構えてくれたところで、最後の突っ込み。
ヂィィィ~~~~~、フッ。
「あぁぁぁ~~~~。T_T」
真下に突っ込まれた最後のダッシュでフックアウトでした。T_T

ラスト15分、ボトムでバイトが続きますが、デカメッキのバイトではありません。
 レギュラーサイズ、嬉しいんですけどねぇ~。(^^;
 ちょいいい引きはクロダイ君。
 最後の一匹もレギュラーサイズでした。
17:00 いよいよ暗くなってきたところで、Commyさんと私にプラグアジが連発。
これが釣れるとメッキゲームは終わりの合図です。
辺りが真っ暗になって船にライトが点灯したところで、初釣りとなった温泉ボートメッキゲームは、これにて終了となったのでした。

本丸のデカメッキは取り逃がしたものの、25cm級のレギュラーサイズ7匹ならまずまずの釣果でしょう。(^^)
また、サイトでのヒットあり、ポッパーでの釣果ありと、ビジュアル的にも十分楽しめました。
あらためて、温排水の出る環境と、そこで釣りをさせてくれる釣福丸さんに感謝して、またまた次の乗船を画策してしまうのでした。(~o~)


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑あけおメッキに「ポチ」一つ、よろしくお願いいたしま~す。(^^)

コメント (4)

1230 釣り納めなめろうミッション

2017-01-01 23:36:26 | 今日の釣りネタ

1230 年末です、メッキいません。T_T
まぁ、全部逝っちゃったわけではないのでしょうけど、水温が16℃になると狙って釣れるってのは期待できません。T_T
年中行事の釣り納めとは言え、メッキがいないと出撃するモチベーションも下がってしまうんですよねぇ~。T_T
加えて、例によって前日の納会後にバカ呑みしてグロッキー。
更に、今年は年賀状書きをサボっていたので、30日中にやらなければなりません。
もう、いっそのこと釣り納めをスルーしてしまおうかなんて思っていると・・・、
大晦日に行く予定の実家から「なめろうリクエスト」が飛び込んできました。
アジミッション発動です。(^^;
さて、年賀状をやっつけてから夜な夜なアジングするか、デイアジングしてから夜な夜な年賀状するか・・・。
こうなると、たいてい楽しい方から先にやっちゃうんですよねぇ~。(~o~)
ということで、今年最後の釣り納めは、スクランブルなめろうミッションのデイアジングとなったのでした。(^^)

12:00 大量の水をがぶ飲みして、体内のアセトアルデヒドを強制排出してからの出撃。(^^;
お巡りさんに怒られないように出発したら、ポイント到着はこんな時間になってしまいました。(~o~)

楽しい方から選択して明るいうちに来てみましたが、実は、私はデイアジングがすこぶる苦手だったりするのです。(^^;
アジングはずいぶん前からやっていましたが、私のアジングはリトリーブの釣りが専門。
暗くなってから、常夜灯周りに集まるアジを表層リトリーブで釣るってヤツです。
巻かずにテンションフォールで仕掛ける、いわゆる「縦の釣り」なんて知らずに過ごしてしまったので、やっても釣れる気がしないんですよねぇ~。(^^;
そうは言っても本日はデイアジング、巻いて釣れるはずもなく、ぎこちなくロッドを縦持ちしてのスタートとなったのでした。(~o~)

とりあえずJH1.5gから始めてみます。
ム~リ~!(@@;
フリーフォールしてもサバの絨毯の下へ送り込めません。(~o~)
サバサバサバサバサバサバサバサバサバ・・・・(~o~)
仕方なく、JH2.0g。
フリーフォールすれば何とかサバをかわしてボトムが取れるようになりました。(^^;
ピョン、ピョン、ピョン。
ぎこちない縦持ちのロッドでアクションをかけると、たまにモゾっと触ったような触っていないような・・・。
軽くロッドをあおって聞いてみると・・・
ゴゴゴゴゴゴ・・・・、ほんの少しだけ跳ね上がったJHを、もれなくサバが拾ってしまいます。T_T
「これってどうしたらいいのぉ~?T_T」
仕方なく、JH3.0g。
さすがにサバの絨毯は気にならなくなりましたが、今度は「モゾ」もなくなってしまいました。
「これってどうしたらいいのぉ~?(~o~)」

それでも、サバをかわしながら3.0gのJHでボトムをネチネチやっていると、コンコンと下へ下へと潜る引きです。(@@;
 やた~、デイアジ釣れたぁ~。(^^)
当然1匹ではなめろうにならないので、続けてアジを狙います。
まぁ、アジを狙っているというより、サバを釣らないようにしているとも言いますが。(~o~)
それでも、サバ7~8匹釣ってアジ1匹な感じで、飽きない程度にアジが釣れてくれます。(^^;

しばらくすると、サバ絨毯が少し薄くなったようで、1.5gでもボトムが取れるようになってきました。
すると、途端にアジらしきバイトが頻発して、小ぶりながらアジがポツポツ釣れ始めます。(^^)
サバ5匹にアジ1匹な感じ。(^^;

ボトムでアジのバイトを感じられるようになってきたら、何となく縦持ちロッドのアクションも様になってきた?・・・ような感じ。(^^;
サバにカマスが混じり始めて、サバカマ3匹にアジ1匹な感じになってきました。(^^)

ここで、抑え込むようなバイトを気持ちよ~くフッキングして、25upの良型が上がってきますが、あろうことか抜き上げでボットン。
「オーマイガー!T_T」
更に続いて良型がヒットしますが、今度はなぜかリーダーの手前でPEがプッツン。
「オーマイガー!T_T」

二つ続けて良型を取り逃がしてげんなりしていると、三度ドラグを引き出す強い引き!(@@;
「おぉぉ~、デケ、デケ、デケ!(@@;」
慎重に足元まで寄せて、うぉりゃ~~~~!
 やた、やた、やた!デイアジ初の尺アジ~!(^^)

これを最後に日没となり、アジのバイトはピタリと止まってしまいましたが、釣り納めで尺アジ取れれば大満足。(^^)
終わり良ければすべて良し。
2016年に出会った全ての獲物に感謝して、気分良く納竿となったのでした。(^^)

P.S.
苦手なデイアジングでしたが、意外にもコツコツ稼いで大小合わせて20匹。
無事にげんこつ2つ分のなめろうが完成したのでした。(^^;
ミッション、コンプリ~~~ト。(~o~)


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ 2016年も一年間お付き合いいただき、ありがとうございました。m(__)m
2017年も益々お盛んに出撃します。またよろしくお願いしま~す。(^^;

コメント (6)