手のヒラアジのメッキ道鍛練中

千葉県をホームにライトタックルのルアーフィッシングしてます。特に外房のメッキはライフワーク・・・かな?(^^;

0928 拾え!メッキロード

2013-09-30 00:08:49 | 2013今日のメッキ

0928 相変わらず良型メッキを見つけられませんが、今週も懲りずに出撃です。(^^;
ここまでの房総メッキを総括すると、こんな感じになると思います。
『例年通り6月?頃到着した個体が一部いるものの、7月に起こった黒潮の離岸により一時的にメッキの接岸が途切れてしまった。
8月中旬になってようやく黒潮が再接岸傾向となり、ここから極小メッキの接岸が再開され、9月中旬にかけてだらだらと補充が続いた。
9月末現在、初期到着個体は20cm級となり既に港外回遊を始めているが、個体数としては極僅かしかいない。
接岸再開時に到着した個体は、接岸から二潮が過ぎ10~15cm級に成長しており、現在ではこれがルアーフィッシングのターゲットとなっている。
一方、9月上旬を過ぎて接岸した個体は、未だに10cm未満でミノーで狙う対象となっていない。』
房総メッキアングラーとしては残念が現状ですが、まぁ、こんな年もあるってことですね。
それより、この状況をどう楽しむか?の方が重要なわけで、今回は現状を楽しむために自ら「禁」を二つ課して出撃することとしました。
一つ目の「禁」は、マイクロスプーン禁止。
これをやり始めるとメッキを探す視野が狭くなって、結局、次の群れを探しきれていないからです。
二つ目の「禁」は、同じポイントに舞い戻ること禁止。
釣れないとどうしても釣れたポイントに舞い戻ってしまいがちですが、今年の状況を考えると、今はポイントストックを増やしておくにこしたことがないからです。
自らに二つの「禁」を課して、拾って拾って拾いまくるメッキロードにいざ出撃となったのでした。(^^)

06:30 勝浦でB1グランプリが開催されるため、勝浦エリアを避けてロードを組まなければなりません。
まずは、B1エリアをはずして漁港のスロープ撃ちからスタートしました。
スロープを一流しするとはぐれメッキが単独でチェイス、水際ギリギリまで追わせて、幸先良く1匹ゲットでした。
 今日はこのサイズを中心に数を伸ばすことになります。

07:00 次、干潮の小河川の残り水でコトヒキの中からメッキを引っ張り出す作戦です。
ところが、コトヒキがぞろぞろついてくるはず・・・なんですが、今日はさっぱり魚っ気がありません。???
どうやら、先日の雨で水温が低下してしまったようです。(T_T)

07:30 小河川の流れ込みにスロープが絡むポイント。
ここでも一匹が単独チェイス、二回追わせてフッキングできませんでしたが、今日はこれを取るためのロード。
ルアーサイズを落として三回目の正直ヒットでした。(^^)
 苦労してこのサイズ。・・・でも、今はこれがベストの釣りです。

08:30 褒められた水質じゃありませんが、汽水域での釣り。
ここで、最近メッキに入れ込んでいるという、かめさんsukuさんのお二人に遭遇しました。
特にsukuさんは、これまでやっていたアジングを早目に切り上げてまでメッキに入れ込んでいるそうです。(^^;
駄弁りついでに、少しだけアクションの出し方とトゥイッチの基本動作をレクチャーしてあげると・・・
あらビックリ!あっという間にものにしてしまいました。(@@;
そして、トゥイッチのアクションがいい感じになってきたところで「キタ~~~!」の雄たけび。
「好きこそものの上手なれ」とはこのこと・・・なんでしょうね。(^^;
ここでは、イケカツオのオチビさんとメッキ3つでした。
 イケカツオ、20cm↑になると派手にジャンプして楽しいターゲットなんですが・・・。
 ここでもメッキはこのサイズ。贅沢は言ってられませんが。

09:30 少しポイントを変えて、シャローのストラクチャーを叩きます。
足元はドシャローで釣りになりませんが、ちょっと先に周りより少しだけ深みになっている場所があります。
その深みに点在する大き目の石や岩の周りに小メッキが着いているのです。
引き抵抗の大きいダイビングビートルで、ルアーを移動させないよう小刻みなトゥイッチで誘うと、岩一つから一匹ずつ飛び出してきました。(^^)
 これでも本日最大クラスです。(~o~)
ここでは、ストラクチャーを一つずつ叩いて4つ稼ぎました。

10:30 かめさん、sukuさんにご案内いただいて、別の汽水域に移動します。
sukuさんが朝一で叩いた時には、10匹ほどの群れがチェイスしてきたそうですが、3人がかりで投げ倒してもメッキの姿さえ見えません。
こんな時は、得てしてメッキの群れが別のエリアに移動しているはず。
そして、群れが移動する要素はベイトで、そのベイトの移動に影響してるのが風だったりするのです。
「風の下手に移動してみましょう。」
三人で最も風を受けるポイントに移動すると、そこにはイナッコの群れがいるじゃありませんか。
こんな時はたいていビンゴです。
そして、一投目からチェイスがあり、三人で入れ替わり立ち代わりチェイス&ヒット。
かめさん、sukuさんは足元まで追わせてのヒットにおおはしゃぎしています。
どうやら、また二人メッキ中毒の重症患者を排出してしまったようです。(^^;
後で私を恨まないでくださいね~。(~o~)
 ここでは、10cm級を含めて4ゲットでした。

13:00 一旦お二人と別れてコンビニ休憩したあと、サーフエンドのシャローエリアを攻めてみます。
ここでも、堤防に風が当っていい感じになっています。
結果は一投目に出ました。
20匹ほどの群れが塊になってルアーに襲いかかってきました。(@@;
「見つけた~~~~!」
今シーズン初めての「群れ」でのチェイスに興奮しながらも、スレさせないように注意して5匹引き抜くことに成功しました。(^^)
 これは後半の2匹、前半の3匹は一回り大きめでした。

14:30 ここまで、比較的順調に数が伸びて18匹、何としてもあと二つ釣って2ツ抜けの大台に乗せたいところです。
・・・でも、今日はB1にエリアを狭められているので、そろそろポイントストックが尽きてきました。
「あと二つ・・・同じポイントには行かないはずだけど・・・」
なんて考えながら走っていると、先ほど釣れた汽水域ポイントの前を通過・・・できずに停まってました。(~o~)
「禁」を破って二順目。
無反応・・・ちょっとだけ自分に言い訳がたちました「釣らなかった」と。(^^;

15:30 気を取り直して漁港ロードを続けます。
一ヵ所スカった二ヶ所目のスロープで、自分の正面5m先に小ボイルが発生!
いただきとばかりにキャストすると、着水と同時にひったくるようにヒットでした。・・・ラッキー!(^^)
 大台直前19匹目。

16:00 いよいよポイントストックもなくなり、自分に甘い軟弱者は今日一番良かったサーフに足が向いてしまいます。(^^;
ところが、お目当てのポイントには、かめさんとsukuさんの姿が・・・。
「既に彼らは上級者、あと一匹なら他を回った方が得策だな・・・。」

16:30 「あと一匹」というプレッシャーは、何ともやきもきするものです。
最後は大場所で良型の群れの回遊に賭けるつもりなので、小場所を叩いて結果を作れるのはあと30分足らず。
・・・やっぱり、「禁」を破って朝の二ヶ所目に来てしまいました。(^^;
数キャストすると、レギュラーサイズが足元までチェイスしてきますがヒットしません。
もう一回、同じ場所から再び飛び出してきましたが、またもやバイトさせることができません。
「もう二回もルアー見せちゃった。次がラストチャンスだな・・・。」
なんて考えていると、頭と体が違う動きを始めます。
・・・マイクロスプーンがぶらさがってました。(~o~)
それ投げて三回目のチェイス、まんまと20匹目の大台をゲットとなったのでした。(^^;
 達成感まるでなしの20匹目。(T_T)

17:00 最後は、今日の風を最も受けていたはずの大規模スロープで、回遊の良型群れを迎え撃つ作戦です。
青服さんも合流して、スロープからマシンガンフルキャストを続けます。
途中、コチン!とあたってレギュラーサイズを追加したものの、最後まで良型群れの回遊はなし。(T_T)
代わりにトゥイッチのルアーをガツンとひったくったのは、尺に足らないソゲ君でした。
 スロープソゲ。
 すぐ後に青服さんもヒット。ソゲって群れでしたっけ?

18:00 漁港の常夜灯が焚かれ、辺りがすっかり暗くなるまでマシンガンフルキャストを続けましたが、ついに一度の「ガツン」もなく終了でした。
それでも、終わってみれば、拾いに拾って8ヶ所で合計21匹のメッキゲット。
最後の回遊待ちは肩すかしをくらいましたが、各場所それぞれで内容の濃い満足できるメッキロードとなったのでした。
・・・サイズは別として。(^^;

すっかり房総メッキマンになってしまった、かめさん、sukuさん、またよろしくお願いしま~す。(^^)
今度、イマドキのアジングも教えてください。(^^;


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
↑↑↑ 久々の拾い釣り、こんな釣りがお好きな方は「ポチ」一つお願いします。(^^;

コメント (16)

0923 コラボ&コラボ

2013-09-29 11:53:29 | 2013今日のメッキ

0923 また一週間アップをさぼってしまいました。
記事鮮度悪いのでほどほどに書いておきます、軽く流して読んでください。(^^;

この日は2件のコラボがダブルブッキングしてしまいました。
一つは、mixiつながりのじょーさん、以前からコメントいただいたりメールいただいたりしていましたが、お会いするのは初めて。
もう一つは、てとらぽっとさん、10月から名古屋に転勤となってしまうので、ラスト房総ロードとなるそうです。
仲間が減るのは残念ですが、マイナスもあればプラスもあり、世の中上手くできているようです。(~o~)

07:00 最初のポイントはチンチンポッピング、朝一のいい時間だけ狙ったつもりでしたが、風が抜けていて水面がザワザワ。
どうやら、こんな時はチンチン君の意識は水面に向いていない様です。・・・次

07:30 干潮の小河川河口でマイクロ君狙い。
以前よりメッキの数が減ってしまいましたが、いるにはいるようです。
・・・が、そのメッキを差し置いて猛ダッシュしてくるのがマイクロコトヒキ君、おそろしい程高活性です。(@@;
毎キャスト釣れてしまうコトヒキを5~6匹釣ると、ようやくマイクロメッキが一つ・・・な感じ。
 スプーンを使うと∞に釣れます。(~o~)
 メッキ3つ・・・ってことはコトヒキ20匹くらい釣ったことになりますね。(~o~)

09:00 じょーさんが合流して、チビメッキポイントへ移動します。
到着早々てとらさんが一つゲット、さすがラスト房総ロードとあって、ポイントをにらむ視線に気合が感じられました。(~o~)
じょーさんはあまりのメッキの小ささに少々苦戦気味。
そりゃそうですよね、いくら「メッキやります」とは言え、他の釣りがメインの方は、こんなちっこいメッキだけ狙うことなどないはずですから。(^^;
 セイゴ混じりでこんなの3つゲットでした。

このポイントでは、かめさんのお友達のNさんにもお会いしました。
お会いした時点で既に3つゲットとのことでしたが、我々が入ってスレてしまった後でもポツポツと追加しています。
トゥイッチのアクションを見ても、釣りの話をさせていただいても、かなりの上級者とお見受けしました。(^^;
次回お会いした時も、またいろいろ教えてください。m(__)m

10:00 ポイントを少し移動して、ストラクチャー付きのメッキをピンポイントに狙います。
群れにならず1~2匹でパラパラと散在する感じですが、やっぱり1~2匹で追ってくるヤツは難しい・・・。
 10チェイス5バイトくらいありましたが、釣れたのはこれだけ。(T_T)

11:30 いつものポイントへ移動しますが、今日はいつも出てくるピンポイントが沈黙です。
 ヘチ付きのチビを3つ釣ったところで空腹ギブアップでした。(^^;
じょーさんはここで戦線離脱、またよろしくお願いします。

14:00 てとらさんとゆっくりラーメンしたあと、出撃中の青服さんと合流します。
先週、青服さんのゴッドハンドが見られたポイントなので期待して入りますが、今日は風が逆向き。
こんな日はメッキが港外に出てしまうのか、お目当てのスロープに寄りついてくれません。
早々にあきらめて次でした。(T_T)

・・・放浪中。

17:00 満潮絡みの夕まずめで、いい感じのポイント。
青服さんが一つ出したあと、しばらくしててとらさんが1バラシ、やめるタイミングを失ったまま三人で投げ続けていると、
「キタッ!」
てとらさんの景気のいい叫びとともに、ヂィィィ~っとドラグの滑る音が響きます。
「いいのが来ましたね」といいかけたところで
「あ゛ぁぁぁ~~~。」
ドラグが出たタイミングからして、いいサイズのメッキに間違えないと思われますが・・・残念でした。

17:30 時間的に最後の移動、トワイライト回遊に賭けることにします。
てとらさんと二人で上げ潮の河川内を叩き始めたところで、・・・
ザァァァ~~~~~!
ギリギリ耐えていた空から一斉爆撃を受けて車に一時避難しますが、雨足が弱まる前に辺りが暗くなってゲームセット。
本日のメッキロードは、あえなく強制終了となってしまったのでした。(T_T)

例年の房総メッキなら、午前中よりも午後からいいはずなんですが、今年のメッキは午後がからっきしダメ。
数が少ないので、叩かれてスレてしまうからなのかもしれません。
しばらくは、午前中に数稼ぎして午後放浪のパターンが続きそうです。(T_T)


本日お会いしたじょーさん、Nさん、またよろしくお願いいたします。m(__)m
そして、てとらぽっとさん、房総の釣りおつかれさまでした。
なにかと制限の多い年齢でしょうけど、名古屋に行ってもキチンと釣りをしてセルフメンタルケアしてくださいね~。(^^)
またどこかでご一緒できることを期待してます。


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
↑↑↑ 次週のモチベーションのために「ポチ」っと一押しお願いします。m(__)m

コメント (8)

0921 チビメッキロード

2013-09-23 23:53:07 | 2013今日のメッキ

0921 近頃の祝日は「第〇週の月曜日」なんて決まり方をしているので、今年の9月は三連休to三連休。(^^)
いやぁ~、週末アングラーとしては、なんともありがたいお話です。
最初の三連休は、伊豆ロードに出撃したものの台風に追い返されてしまったので、今回の連休はホームでじっくり粘ってみたいと思います。
回遊のいいサイズは後回しにして、なりふりかまわずチビメッキを狙うつもりで、9月下旬の房総メッキロードへ出撃となったのでした。(^^)

08:30 チョイ寝坊でこんな時間になってしまったので、いきなり本命ポイントに入ります。
まずはミノーで様子を見ますが、絡んでくるのはマイクロ君ばかり。
しかも、先週の台風の影響か、絶対釣れそうにないウルトラマイクロ級のメッキが増えているような気がします。(@@;
「台風がメッキを連れてくる」ってのは本当なのかもしれませんね。
今日は数勝負と決めているので、迷うことなく極小スプーンでマイクロ君退治とします。(^^;
   
出る、出る。(^^) よい子はマネしちゃいけませんよ。(~o~)
・・・と、今年一番のマイクロ君ゲット!
 叉長60mm台。(^^)
今年も沖縄のAPO!さんのところでやっているMMD(マイクロメッキダービー)にエントリーしちゃいます。

さすがに、マイクロ君も人間様もセコいスプーンに飽きてきたので、ストラクチャー周りをミノーで狙います。
 野地文雄さんおすすめのハードコアミノーF50。いいです。
 こんなに小さくても飛びついてきます。(^^)
 これが最大、14~15cmしかありません。(T_T)
 ポーズを長めにとったらチンチンゲット。(^^)
午前中ポイントを一通り叩いて、マイクロ6つとチビ6つ。
まぁ、朝一出遅れた割りには、まずまず数を伸ばせた感じでした。(^^)
そう言えば、途中でかめさん、息子さん、ナベさんのメッキロード隊にお会いしました。
この渋い中、朝一で全員でいい思いをしてきたとのこと。
皆さん鼻が利くんですねぇ~、今度こっそりポイント教えてください。(~o~)

14:00 場所を変えて午後の部、台風で一荒れしたので最近行っていないエリアも偵察してみることにします。
スロープ周りのシャローだけをサラッと流していきますが、どこへ行っても何だか潮色が変です。
あんまり見かけない潮色で、こげ茶色に濁った感じ。
本命ポイントにたどり着くと、今度は生臭い悪臭までします。
・・・どうやら、台風後の漂着ゴミが腐ってしまったようです。(T_T)

放浪中。

17:00 何も釣れず右往左往していると、午後から出撃中の青服さんからメールをいただきました。
「〇〇でポツポツ釣れてます。」
そのポイントは、南西の風が吹くと夕まずめに爆裂が起こる場所。
・・・でも、先ほどチェックした時は全くの無風でベタベタだったはずなんです。???
先へ進んでもあてがないので、30分かけて戻って最後の15分に賭けてみることにします。
ポイントに着くと、・・・あれっ?、いい風吹いてる。
ポツポツ?だったはずの青服さんは、既にここだけでツ抜けしているとのこと。
慌ててスロープを撃ちまくりますが、さすがに残り15分では2つ取るのが精一杯。
 本日最大・・・でも16cm↓。
ゾーンに入った青服さんの神がかり的な連発を見ながら、日没ゲームセットとなったのでした。(T_T)

おまけ。
日没後、疲れ果てて常夜灯の下で腰を下ろして、何を狙うでもなくトゥイッチしていると、足元でバシャ!(@@;
 ピックアップ際のミノーに飛びついて夜メッキゲット。(^^)
これを足して、本日の釣果15匹でした。


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
↑↑↑ チビメッキばかりですが、「ポチ」いただけると次回がんばれます。(^^;

コメント (12)

「チンタ」改め「チンチン」

2013-09-23 22:08:39 | 今日の釣りネタ

このところ、ポッパーでクロダイを狙うのがちょっとしたマイブームになっています。(^^)
確か浜名湖が発祥だったような・・・?
西日本では既にメジャーな釣りになっているそうですが、房総ではあまり見かけません・・・よね。(^^;
小さいクロダイいわゆるカイズサイズは、メッキをやっていると年がら年中出会うのですが、いつ出会ってもルアーへの反応はイマイチ。
とてもポッパーに「ガバッ!」なんて出てくるヤツとは思えませんでした。
そんなこともあって、私自身もちょっとした勘違いをしていたようです。
ポッパーの釣りの対象になるのはクロダイサイズはかりで、カイズサイズは対象外とばかり思っていたのです。
ところが、0727の釣りでCommyさんが一枚出すと、青服さんが続き私まであやかってしまったというわけです。
その後、釣行の度にクロダイをよく見かける港でポッピングを繰り返すと、出るは出るは凄い反応です。(@@;
あんなにミノーに反応しないヤツが、こんなに水面フェチだったとは、何とも目からウロコな出来事だったというわけです。(^^;

ところで、このカイズサイズのクロダイのことをこれまで「チンタ」と呼んでいました。
ちょっと気になって調べてみると、「チンタ」は中部・東海エリアの地方名だそうです。
ここ房総の地方名は・・・「チンチン」。
決して「お」なんか付けて呼んではいけません。(~o~)
ただの「チンチン」です。(^^;
どうして中部・東海エリアの地方名を使っていたのか、自分でもよくわかりません。
でも、せっかくここ房総でやっているのわけですから、ここで一旦リセットして房総名で呼ぶことにします

「チンタポッピング」改め「チンチンポッピング」(^^;
決してクロダイサイズなど狙っていない感があって、とってもいい感じですね。(~o~)

どーでもいいことではありますが、房総アングラーのこだわりとして、今後もクロダイサイズなど狙うことなく?「チンチンポッピング」を続けてみたいと思います。(^^;



<後日記>
あらためて調べ直すと、「カイズ」は「チンチン」の上のサイズの呼び方だそうです。
あくまでも「チンチン」は手のひらサイズ。
本文中の「カイズ」は間違った使い方になっていますが、めんどくさいのでもう手直ししません。
あしからず。m(__)m


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
↑↑↑ もう少し傾向がつかめたらノウハウ編をお披露目の予定です。(^^)

コメント (8)

0914 伊豆遠征・・・今年もショボ沈。(T_T)

2013-09-22 12:48:50 | 2013今日のメッキ

伊豆遠征のライブ記事から一週間、飲み会が重なりまくって、記事アップもコメ返信もサボってしまいました。
いつもご覧の皆様、大変申し訳ありませんでした。m(__)m

ブログを始めて8年も経ちますが、初めて携帯からのライブ記事アップをやってみました。
・・・が、はっきり言って「めんどくせぇ~!」
時間は取られるは、釣りにも集中できないは・・・
ライブといいつつ、結局、リアルタイムアップになってないし・・・
ってことで、たぶんも最初で最後の携帯投稿になったと思われます。(~o~)
既に画像は出ているので、記事は控え目に書くことにします。

0914 台風が関東直撃コースをたどる中、今年も伊豆遠征に行ってきました。(~o~)
金曜日の晩に下田に到着、仮眠ののち夜明けから西伊豆を北上する恒例のメッキロードです。
朝一は干潮の川筋、ギリギリ釣れそうなメッキも一群れいましたが、1バラシでトーンダウン。
超ドシャローにポッパーを放り込んで、現在習得中のクロダイポッピングもやってみます。
3回目のバシャでフッキングに持ち込めました。(^^)
 やっぱり西に行くほどクロダイの気性が荒くなるような・・・

定番の大場所はド干潮で水なし。
横着して通りからキャストした1投に今年の一匹目がヒットでした。(^^;
 今年の伊豆ロード第一号。

ここからは、メッキが見つからない・・・というより、ベイトが全く見当たらない厳しいロードで、外道のオンパレード。
    
その他いろいろ。(~o~)


二匹目のメッキにありついたのは、ずいぶん北上した川筋。
せっかくいい海に来たというのに、海でとれず川筋に逃げる。・・・例年通りでなんの進歩もありません。(T_T)
どうしても回遊の群れがつかまえたくて、川筋を封印して漁港周りやサーフをロードしてみますが、やっぱり何事も起きません。(T_T)
台風が予想外に早く到着しそうなので、まともに釣りができるのはこの日だけになりそうです。
「仕方ない、川筋で居着きメッキを叩くか・・・。」
不本意ながら、夕まずめのいい時間を川叩きに費やして、今年の伊豆ロードも散発5匹で終了となったのでした。(T_T)

翌日曜日、明け方の大雨に驚いて、ひとまず峠だけは越えることにします。
峠を越えると、なんと、ピーカン!(@@;
雨なら退散するところですが、晴れならそのまま帰るわけにもいきません。(^^;
おみやげ狙いのエギング。
昨年はコロッケサイズが数釣りできたのですが、今年はさっぱりコロッケが見当たりません。
苦手なボトムエギングでエギをガリガリかじられながら、なんとかトンカツサイズをゲット。
 トンカツゲ~ト!(^^)
時間と共に川筋からの濁りが広がって、昼過ぎにはにごにごでギブアップ。
台風に追い返されるように、今年の伊豆ロード終了となったのでした。



にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
↑↑↑ ショボ沈な伊豆ロードでしたが、「ポチ」一ついただければ癒されます。(^^;

コメント (8)

0914 伊豆ロード奮戦なう。

2013-09-14 07:28:38 | 2013今日のメッキ

0914 例年より一週間早く伊豆ロードに出ています。
リアルタイムで釣れた順に画像アップしていきます。
さて、何魚種ゲットできるか?
がんばってきま~す。(^^)
 
朝一、先ずはチンタ君。鍛錬の成果。(^ ^)

三ヶ所回ってようやく一匹目。^^; 

赤メッキ、良い子は釣っちゃいけません。(^ ^) 

エソ。歯怖い。

メッキ釣れない。こればっか。T_T

だっつん。

ようやく二匹目。小さい。T_T

マイクロロウニン。T_T

今日一の引き。20cmぐーふー。メッキ釣れない。T_T

バラシまくりの中、ようやく4つ。

大変お騒がせしました。これで終了でした。m(_ _)m

まだまだメッキ道の鍛練が足らないようです。T_T
明日は台風で続行不可能となりそうです。
後日本記事アップしま~す。


<後日記>
初めてリアルタイムブログやってみましたが、・・・
私の使っているgooブログ、携帯での画像アップがめんどくさくてやってられませ~ん。(T_T)
twitterでやれってことですね。(^^;

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
台風前って釣れないんですね。(T_T)

コメント (6)

0908 捕まえた!

2013-09-10 00:30:56 | 2013今日のメッキ

0908 今週は、土曜日が野暮用のため、日曜日の出撃でした。
前回は20cmクラスの群れが捕まえられず、マイクロ君調査&五目フィッシングに終わってしまいました。
今週こそ、既に回遊を始めている20cmクラスの群れを捕まえるべく、万全の事前調査から割り出した必勝ロードでのぞみます。
06:00、メッキタックル2セットだけを積み込んで、小雨がパラつく房総ロードへいざ出陣となりました。(^^)

07:30 下げっ鼻でまだ潮位もあるので、本来ならこの時期有望なポイントとなるはずのサーフを狙ってみます。
堤防際、波打ち際、流れ込み周辺、サーフの岩場、石積み周り、ボラの下・・・
考えられるサーフ絡みのポイントは一通り流してみましたが、メッキの姿は確認できず。
やっぱり、「例年」の感覚で釣りをしていると、魚に出会えないほど厳しい年のようです。(T_T)

08:30 一ヵ所だけ寄り道でチンタポッピングしてみます。
風もなく波もなく、奥まったスロープは鏡のようにベタベタになっています。
まだ経験値が少なく、傾向を割り出すまでに至っていませんが、どうやらこんなベタ凪の条件がいいことはわかってきました。
ちょっと期待しながら一投目。
いきなり着水直後のルアーに「ガバッ!」っと出ます。(@@;
一瞬ラインが動いて魚がルアーに触れたのがわかりますが、・・・フッキングしません。
コースを変えて二投目。
今度は1アクション入れたところでルアーの後がモヤモヤしています。
ジュボッ!・・・乗らない。
もう一回ジュボッ!・・・それでも乗らない。(T_T)
う~ん、このヤキモキ感もだいぶ慣れてきました。(~o~)
スロープを順に流していくと、3キャストに1回はモヤモヤとルアーに絡んできます。・・・やっぱりベタ凪は高活性なんでしょうか?
そして、3回目の「ジュボッ!」でようやくロッドが絞り込まれました。
 久々のチンタ君、フッキングはやっぱりテールフック。
この後もモヤモヤは頻発、「ジュボッ!」も更に3回ありましたが、結局どれも乗せられずこの一匹だけ。
相変わらず効率の悪い釣りになってます。
そろそろペンシルポッパーのポテンシャルだけに頼るのは限界かもしれません。

09:30 例年なら7月中旬に定番となるはずのポイントでマイクロ君調査。
かけあがりに40mmミノーを通すと、ルアーの後から20匹ほどのマイクロ君の群れがゾロゾロと付いて来ます。
このポイントでは、今年初めて確認できたメッキです。
ルアーより一回り大きい程しかないので、素直に極小スプーンで対抗すると、
 すぐに一匹目、マイクロギンガメ君。
 続いて二匹目、マイクロロウニン君。
 更に三匹目。
20匹ほどいたはずなんですが、あっという間にスレスレで5匹止まり。
マイクロ君なら永遠に釣れ続く年があるというのに、やっぱり今年は厳しいようです。(T_T)

10:30 入りたての群れを探すべく、漁港のスロープを何ヶ所か流してみます。
そろそろどのポイントでもメッキの姿くらいは確認できるようになってきましたが、あまりにも小さい、そして数も少ない。(T_T)
一匹や二匹で追ってくるマイクロ君を騙せるわけもなく、午前中の部はメッキ調査に終わってしまいました。

13:30 昼飯をはさんでいよいよ本命ポイント。
今回は、潮周り、潮位、天候、直前の荒れ加減等と、過去の釣果実績を入念に照らし合わせ、メッキの回遊予測をピンポイントで割り出してみました。(^^;
当日の風、潮色、ベイトの状況も悪くはありません。
全てイメージ通りの組み立ての中、メッキの回遊ルートを切るように第一投!
ルアーの着水と同時に答えが帰ってきました。
バシャッ!ガバッ!ゴンッ!(@@;
20cm絡みのメッキが4~5匹で大暴れしてます。(@@;
 デキすぎですが、苦労なく一匹目。ロウニン18cm。
次のキャストも水面から背中を出して奪い合い!(@@;
 今度は19cmのギンガメ。良く引きます。
2~3回空振ったので、ペンシルポッパーで水面を派手にかき回してみます。
ジャバジャバジャバジャバ!(@@;
水面から背中を出したままトルネードチェイス!・・・これはなかなかお目にかかれません。(@@;
 わずか数キャストで3連続ゲット。ロウニン18cm。
いやぁ~、これがあるからメッキは止められないんです。(^^)
ところが、調子に乗ってトップを続けていると、だんだんチェイスしても見切るようになってきました。
あげくの果てに2連続バラシ。(T_T)
回遊の群れにバラシは禁物、案の定、あっというまに無反応となってしまいました。(T_T)

14:30 回遊ルートを予測して、周辺のポイントをチェックしていきます。
スロープの先のわずかなかけあがりで、一瞬水面が騒がしくなったのを見逃しませんでした。
すかさずピンポイントにルアーを放り込むと、ゴンッ!
 回遊の群れの残党と思われる幅広のロウニンをゲット。
最後にストラクチャー周りから、居着きと思われるチビギンガメを引っ張り出して、このシリーズ一段落でした。(^^)
 これはこのサイズの居着き?でも、ツ抜けは嬉しい。(^^)

15:30 更にロードを続け、本日のセカンド本命。
スロープにマイクロ君の姿は見えるのですが、なんとなく追い方が本気でない。・・・んっ?いじめられたかな?
やっぱり先行者ありでした。
スレ枯らしのメッキはなかなか相手をしてくれませんが、珍しくイトヒキアジが本気モード。
スロートゥイッチのミノーに何度も何度もアタックしてきます。(@@;
さすがに4-5回目のバイトでフッキングしましたが、その後2-3秒のファイトでフックアウト。
「あ~、残念・・・。」
・・・と思ったら、フックアウトしたイトヒキがまたルアーを追っています。(@@;
そして、ゴンッ!
 ビックリ仰天、一度バラしたイトヒキをもう一度フッキングしてしまいました。(~o~)

16:30 実は、このポイントがセカンド本命となったのには訳があるんです。
この日、ポイントエリア一帯にいい風が吹いていたのです。
メッキのポイント選定は、いろいろな環境要素を考慮してメッキの行動を予測するわけですが、私の場合「風」はかなり重要な要素となっています。
特にこのポイントでは、この日の風(方角と強さ)が吹いている時に、数々の爆裂伝説が生まれているのです。
「いや~、この風なら期待せざるを得ないなぁ。」
一通り叩き終わってしまったので、一旦コンビニ休憩をとってラストチャンスに賭けることにします。

・・・休憩中。

17:30 休憩を終えて、もう一度先ほどのポイントに戻ってみると・・・
「ありゃ~~~~~~。」
なんと、先ほどあれほどいい風が吹いていたのに、夕凪で水面が鏡のようになっているではないですかっ!
「お・わ・た。(T_T)」
ロードを中断してまでポイントに残ったというのに、期待の風にフラれてショボ~いエンディングとなってしまったのでした。


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
↑↑↑ 低調ですが、いよいよ房総メッキも本格シーズンになってきました。(^^)

コメント (12)