手のヒラアジのメッキ道鍛練中

千葉県をホームにライトタックルのルアーフィッシングしてます。特に外房のメッキはライフワーク・・・かな?(^^;

0316 温泉メッキ「完ボ」2連発。T_T

2019-03-31 15:34:05 | 温泉デカメッキ研究会

0316いやぁ~、釣れないとオサボリのくせが治りません。(^^;

この日は、メッキキチの女性アングラーTommyちゃんからお誘いいただいて、ゴン船長のプレジャーボートに乗せていただきました。

Tommyちゃんとお友達、メガーネさん、それに初めてお会いするルアービルダーのミハシさんというメンバーです。(^^)

そのミハシさんのハンドメイドルアーを乗船前に見せていただきました。

SNSでお見掛けしてはいましたが、あらためて間近に見るとその美しい仕上がりに唖然、茫然、愕然!(@@;

いやぁ~、もはや芸術品ですな。(^^;

 

16:30 温泉ポイントに到着すると、そこら中でボイルが発生しています。(@@;

・・・なんですが、実は、これは昨年も遭遇したメジナの産卵。(^^;

一匹のメスが水面に浮上して放卵すると、それを追い立てるように20~30匹のオスがバシャバシャしながら放精するのです。

そんな偽ボイルを無視して、さっそくポッパーでデカメッキを狙います。

既にフィーバータイムに突入していそうな時間帯ですが・・・な~んも反応なし。

しばらくすると、メガーネさんのローリングベイトに1年生メッキがヒット。

更に続けてもう一匹・・・今度はショアーズのストリーマーでヒットだそうです。(@@;

到着早々気にはなっていましたが、辺り一面に爪サイズのハクがビッシリと群れていて、どうやらマイクロベイトパターンになっているようなのです。

そうこうしていると、ストリーマーに変えたTommyちゃんにも1年生メッキが連続ヒット。

「マイクロベイトパターンか・・・いや、それでもポッパーで釣りたい。」

はい、相当イカれてます。(∼o∼)

トップゲームってアングラーをイカれさせてしまうんでしょうね~。(∼o∼)

んで・・・、結局メッキノーバイト。T_T

暗くなってボトム狙いに変更してから、カサゴとメバルが釣れたところで、温泉メッキゲーム終了でした。T_T

 

二回戦はポイントランガンでシバス&メバルゲームです。

・・・が、実は、私はこれが苦手。

ミヨシに乗って至近距離でシェードを攻めたいところなんですが、それをやると船酔いで再起不能になってしまうのです。T_T

酔わないように後ろからキャストしてみるものの、なかなかシェードに入らず悪戦苦闘。

そうこうしているうちに、アネロンの効き目が切れて、もう手元なんか見てられません。T_T

こんなヤツをいくつか釣るのが精一杯で、二回戦もほぼ撃沈のまま終了でした。

同乗の皆さま、お疲れさまでした。

次回はアネロン2個持って乗りますので、またよろしくお願いしま~す。(∼o∼)

 

 

0330昨年も3月の温泉メッキはパターンが崩れて苦戦したので、今シーズンは0316で終わりのつもりでした。

・・・が、「どーしてももう一回乗りたい」ユージンくんから毎日LINEが入ってきます。

「はい、はい、行きますよ。釣福丸に聞いてみますよ。(∼o∼)」

ってことで、前日に予約を入れて、今シーズンのラスト温泉メッキとなったのでした。(^^;

今回のメンバーは、どーしても乗りたいユージンくん、まんざらでもない銀河めっきさん、二回目の乗船となるローチくんに私。

 

15:30 ポイントに到着すると、辺り一面のボラ、ボラ、ボラ、ボラ・・・ボラだらけ。(@@;

水温は20℃あるそうですが、とてもミノーが引ける状況ではないほどのボラで埋め尽くされています。

そして、ところどころで、まだメジナの産卵も続いているようです。

まずはボラの層を回避してボトムから。

しばらくやっていると、ローチくんに一年生メッキがヒット。

いるじゃな~い、やわらかいヤツでボトムワインドだそうです。

一年生とは言え、一匹釣れれば期待も高まりますが・・・、後が続かない。T_T

ちょっと気を抜いてリトリーブすると、すぐに巨大なボラにスレ掛かりして、デカメッキどころではない格闘が始まってしまいます。

もう、3回もやらかすと、腕がパンパンになってキャストするのも億劫になってきます。T_T

 

17:30 日が傾いて、いよいよフィーバータイムに突入する・・・はずの時間帯です。

そして、ミヨシの銀河めっきさんのポッパーにヒット!

・・・したのは、まだ産卵で気が荒くなっているメジナ。

その後も4人でトッププラグを投げまくりますが、ボラが掛かるかメジナがアタックするかで、メッキはチェイスすらありません。T_T

・・・ボラ、・・・ボラ、・・・メジナ、・・・ボラ、・・・ボラ、・・・ボラ。

しゅ~りょ~。

2連続で温泉メッキ「完ボ」、今シーズンの温泉メッキは、これにて撤収といたします。T_T

 

↑↑↑UVレジンでオリジナルハンドメイドルアーを製作・出品しています。是非クリックしてご覧ください。(^^) 

山田釣り日記さん、豆ミノ20リトリーバーでアマゴとシバスを仕留めてくれました。(^^)

シバスはハク食いのマイクロベイトパターンだとか。お見事でした。(^^)

コメント

0224 温泉トップゲームの確信

2019-03-02 14:16:12 | 温泉デカメッキ研究会

0224前回の温泉メッキ釣行では、フィーバータイムのトップゲームで「核心」に迫ることができた・・・と思っています。(^^)

「核心」のポイントを整理すると、更なる改善点も見えてきて・・・、気が付くと理想のルアーを求めてググりまくっている自分がいたりするわけなのです。(^^;

魔界に繰り出しては買い集め、ググってはポチりまくり、風呂に浮かべてはいぢり倒す・・・。

            

はい、もうビョーキです。(∼o∼)

二週間で爆発的に増殖したトッププラグを詰め込んで、「核心」を「確信」に変えるべく、いつもの温泉場に出撃となったのでした。(^^;

 

今回の参加者は、前々回「核心」に踏み込んだ銀河めっきさん、いつものメンバーOD821さん、ただならぬ臭いを嗅ぎつけた初参戦の習志野Mさんと私の4名となりました。

15:30いつもの遅れ加減でポイントに到着。(^^;

最初はボトムトレースとなりますが、今日のボトムはグーフーくんで沸き返っています。(@@;

グーフー、グーフー、グーフー、グーフー、グーフー・・・、いくら釣ってもグーフー風呂を抜け出せません。T_T

 

16:30 ボトムトレースしてもグーフーしかいないので、たまにテンションフォールで中層を探ってみたりします。

表層から50cm刻みのイメージでジャーク&フォールを繰り返していると、ボトムの少し手前で、ゴンッ!(@@;

一瞬だけヂヂィとドラグが鳴りましたが、それ以上持っていく気配はありません。

「キタッ!・・・けど小さいね。(^^;」

  
 
 27cmの一年生。

 

17:00 そろそろフィーバータイムに備えようかと思っていると、

ヂィィィ〜〜〜!(@@;

なんと、銀河めっきさんのロッドが満月になっているじゃないですかっ!(@@;

いやぁ〜、また先を越されちゃいました。(^^;

 このお方の「雰囲気感じ取る力」には敵いません。(^o^)

          
 
ペンシルベイトをひったくった45cmのギンガメ。

 

魚を取り込んで、カメラマンやって、ようやく私もフィーバータイムに参戦です。(^^;

まずは、温泉仕様にちょっといぢったTDポッパー。

          
 
一投目、「控えめ」を意識しながらポッピングを繰り返します。

4〜5回アクションさせたところで、バシャ!(@@;

「出たっ!・・・けど乗らないぃ〜。」

「また出たっ!・・・また乗らないぃ〜。」

ビックリアワセしてスカると、せっかくのチェイスをロスしてしまいます。

トップの釣りは、ガバッと出てもフックを咥えるまでグッと堪えるしかないのです。

もう「オシッコ漏れちゃう」状態ってヤツですね〜。(^o^)

もう一回ポッピングして待つ・・・待つ・・・待つ・・・←長く感じてるだけw

ガボーン!ヂィィィ〜〜〜〜〜!(@@!

「キターーーー!」

3度目の正直で、ようやくフッキングしてくれました。(^^)・・・堪え勝ち。(^^;

          
 
メタボとしか言いようのないギンガメ45cmでした。(^^)

 

山ほどトッププラグを持ち込んだので、ルアーを変更します。

前回のヒットルアー、ペンシルパップです。

          
 
3流しくらいしたところで、いきなりガボーン!

一発でルアーを咥えて水面から躍り出ます。(@@;

「もう一丁キターーーー!」

          
 
ペンシルパップをハーモニカに咥えたギンガメ43cmでした。(^^)

 

次のヒットは銀河めっきさん、元気にドラグを引き出していましたが、尺クラスの一年生でした。(^^)

             

 

さて、隣でやっている初参戦の習志野Mさんですが、衝撃的な光景を目にしてしまったはずです。(^o^)

持ってきたルアーが少々小さくて、飛距離が足りず苦戦していましたが・・・、

「出たっ!・・・あぁ〜、食わなかったぁ〜。」

と言いながらルアーを回収しています。

「あっ、巻いちゃダメ・・・んっ?さては、ビックリアワセしましたねぇ?(^o^)」

「はい、体が反応しちゃいました。(^o^)」

わかっていてもやってしまう・・・痛いほどわかりますよぉ〜。(^o^)

最初の一匹目から40〜50分経過したところで、いつもの通り反応がなくなり、フィーバータイム終了でした。

 

暗くなってからもミノーで表層・中層を攻め続けますが、この日はドデカいボラがウヨウヨしていて、ルアーにスレ掛かりしてしまいます。

その都度、壮絶な綱引き大会となって、3回もやらかすともう右腕がパンパン。T_T

ボラ群れの圧力からかシバスもクロダイも現れず、前回ミノーを追ったメジナくんもヤル気なく船べりに群れたまま。

19:00 人間様のモチベーションも下がり気味となって、定時終業となったのでした。(^^;

 

相変わらず短いフィーバータイムでしたが、拘りのチューンナッププラグに魚が反応してくれたのは大成果でした。(^^)

前回の「核心」は「確信」に変えることができたので、次は「確信」を「自信」に変えるべく、また温泉出撃を企らむのでした。(^^;

 

 

  

↑↑↑UVレジンでオリジナルハンドメイドルアーを製作・出品しています。是非クリックしてご覧ください。(^^) 

宮崎のりみちさん、解禁の渓流でもワインドトゥイッチャー使っていただきました。(^^)

  
コメント (4)

0210 温泉トップゲームの核心にせまる。

2019-02-15 00:05:50 | 温泉デカメッキ研究会

0210先週に引き続き、またまた温泉メッキゲームです。・・・今が旬ですから。(^^;

前回はフィーバータイムのトップゲームで、銀河めっきさんに圧倒的な差を見せつけられてしまいました。T_T

「ルアーに絡むのにバイトしないのはなぜ?」

「どうしたらバイト率を高められる?」

YouTubeでGTやらバスやらヒラマサやら、ありとあらゆるトップゲームの動画を見まくって・・・。

家にあるポッパーを片っ端から引っ張り出して、風呂に浮かべては腕を組んで首をひねる・・・。

そんな一週間を過ごして、いくつかの仮説を立ててみました。(^^;

当然ながら、銀河めっきさんの当りルアーもお取り寄せして、手持ちの1軍ポッパーを徹底的にチューンナップして・・・

今度こそ温泉トップゲームの核心にせまるべく、2月の東京湾へいざ出撃となったのでした。(^^;

 

15:30 いつもの時間に集合して、いつもの遅れ加減で出発です。(∼o∼)

今回は、OD821さん、山田さん、もつさんとお友達、ユージンくんに私を入れて6名での出船となりました。(^^)

明るい時間帯のレンジ攻略精度を高める狙いで、到着早々から船を定位してもらいます。

「はい、いいよ~。」

の合図とともに、全員でキャスト開始。

その一投目、ボトムをとって2~3回アクションを入れたところで、ゴンッ!

「あっ、きちゃった、一年生だけど。(^^;」

幸先良くヒットしたのは、珍しくロウニンメッキの一年生でした。(^^)

 

16:00 後が続かずルアーローテーションしていきますが、ボトム付近でグーフーが絡むだけ。

何となくボトムを取らず中層でアクションさせたミノーに、コッ!?

「今のはバイトだったような気がするなぁ・・・。」

もう一度、カウントダウンを中層で止めて、ゆる~くトゥイッチアップしてくると、ゴンッ!

ヂヂッ、ヂッ・・・。

「あぁ~、止まっちゃった、また一年生ですね。(^^;」

今度は定番のギンガメ27cmくらい。

 

そろそろいい時間な雰囲気で、ユージンくんと私で代わる代わるトッププラグを引いてみますが、イマイチ反応がありません。

「雰囲気ないよねぇ~、まだ始まらないのかなぁ~。」

 

いよいよ日が傾いてきた頃、何度か目のポッパーを出動させます。

「あっ、絡んでる、絡んでる!出ろっ、出ろっ、出ろっ!・・・出ないぃ~~~。T_T」

明らかにポッパーの周辺でモヤモヤやっているんですが、最後の「ガバッ」をやってくれません。

こんな時こそ実績ルアーの出番です。(^^)

先週の銀河メッキさんの当りルアーに付け替えて、先ほど魚が絡んだ辺りへキャスト。

「おっ、また絡んでる、出ろっ、出ろっ・・・。」

ジュボッ!(@@;

「出たぁ~~~~~~~!」

神経を集中して構えて見ているルアーにバイトが出ると、たいていスローモーションのように見えてしまいます。(^^;

気持ちよ~くルアーを吸い込んでくれたのは、1年生ながら尺アップまで育ったギンガメくんでした。(^^)

 

 実は、このバイトパターン、一週間かけて立てた仮説を裏付けるような一撃で、往路の車の中でユージンくんと話していた通りになってしまったのです。(@@;

「ありましたねぇ~、パターンかもしれませんねぇ~。」

そして、そのユージンくんのペンシルにも同じ反応が出始めます。

「あっ、絡んだ!出たっ!掛からない~~~~。」

「また出たっ!乗らない、食えっ!食ったぁ~~~~~!」

ペンシルベイトにも同じ反応で尺アップの1年生が飛び出してきました。(@@;

 

「キタねぇ~、間違えなさそうだねぇ~、まだ出そうだよねぇ~。(^^)」

そして、ここからが凄かった。

隣で並んでやっているユージンくんと私のトッププラグばかりにバイトが集中してしまったのです。(@@;

「あっ、出た、乗らない!」

「また出たっ!触った・・・けど乗らない。」

二人で大騒ぎ。(^^;

そして、ついに私のポッパーをド派手な突き上げで咥えて、水面でジャバジャバジャバっと首振りです。(@@;

「出た~~~~~!今度はちょっと手強そうですよぉ。」

慎重にやりとりしてネットに収まったのは、デブすぎるギンガメ45cmでした。(^^)


前回のリベンジ完遂。(∼o∼)

 

この魚の画像を撮っている間も、ユージンくんは「絡んだ」だの「出た」だの大騒ぎしています。

そして、ドンッ!

一年生ながらペンシルをガッツリ咥えたギンガメを上げています。(すいません、画像なし)

 

更に私のポッパーにも、ドンッ!

これも一年生ながら、31cmの尺アップギンガメ。(^^)

 

 順番に投げているわけではありませんが、今度はユージンくんにドンッ!

これは、一年生か二年生かビミョーなサイズ、35cmのギンガメ。(たぶん一年生だと思いますが)

 

 ここまで、ユージンくんと私で10回ずつ以上魚が絡んでいますが、他のメンバーにはそれほどの回数出ていません。

どうやら、温泉トップゲームの核心に近づいてしまったようです。・・・ウッシッシ。(^^)

30分ほど続いたフィーバータイムでしたが、最後に山田さんが一年生を釣ってスイッチオフでした。

 

暗くなってしばらく反応ありませんでしたが、ミノーでパターンをつかんだもつさんが連発します。

最初は尺サイズの一年生でしたが・・・、

二匹目は50cmのギンガメ!!おめでとうございま~す。(^^)

 

更にボトムを狙い続けたOD821さんも45cmのギンガメをゲット!こちらも、おめでとうございま~す。(^^)

 

 メッキの反応はここまででしたが、ここから珍客が連発します。(^^;

プラグを咥えるデカメジナ!

 

産卵前の荒食いなんでしょうか?、なんと、私のは7cmのミノーをひったくる35cm級だったりします。(@@;

他にも2つ出て、デカメッキと間違えるほどのキョーレツな引きに、その都度ムフフな期待をしてしまうのでした。(∼o∼)

 

いよいよラスト、メジナの反応もなくなってきたとこで、7cmのミノーをひったくったのはお約束の彼。(^^;

これが出てきたら終了の合図です。

数こそ5つですが、本日の温泉メッキゲームは、かなり、相当、とっても、十分な満足のうちに終了となったのでした。(^^)

 

前回釣行の反省に対策を付けて、それが釣果に繋がってリベンジを果たせたわけですから、これ以上の満足はありません。(^^)

そして、何よりの収穫は、再現性がありそうな温泉トップゲームの核心にせまれたこと。

既にシーズンインのメバルも気になるところですが、もうしばらく温泉デカメッキ、やめられそうにありませ~ん。(∼o∼)

 

↑↑↑UVレジンでオリジナルハンドメイドルアーを製作・出品しています。是非クリックしてご覧ください。(^^) 

コメント (2)

0202 温泉デカ・・・くないメッキ。T_T

2019-02-09 00:09:33 | 温泉デカメッキ研究会

0202年明けに腰をギックリやらかして、1/5に予定していた温泉メッキ釣行はお流れとなってしまいました。T_T

せっかくの温泉ハイシーズンだと言うのに、1月は一度も温泉釣行ができていなかったのです。

 

そのギックリから早一ヶ月が過ぎましたが、まだ完全に回復していなかったりします。

そうは言っても、いつまでも家でじっとしていては、鈍った筋力も回復できないじゃないですか。

ここは一つ、あえて身体に負荷をかけて回復を早めるべく、不安定な船の上で体幹を鍛えてみるのもいいかもしれません。(^^;

(自己都合的解釈による無謀な行動・・・とも言う。w)

ということで、今年初めてとなる温泉メッキ釣行を企んでみました。(^^)

 

いつものメンバーがことごとく出撃不能とのことなので、久々に会社の先輩銀河めっきさんを誘ってみます。

この銀河めっきさん、2012年に一度一緒に乗っていただきましたが、当時はノウハウも固まっておらずなすすべなく撃沈。

しか〜し、あの頃に比べれば、今やデカメッキに近づくノウハウもそれなりに積み上がっていたりします。

前回のリベンジを果たしていただくべく、いつもの釣福丸さんを2人でチャーターして、温泉デカメッキ大名釣行となったのでした。(^^)

 

15:00ポイントに到着すると、風裏となった温泉場の水面が穏やかにモヤモヤとしています。

「今日はトップに出ちゃうかもしれませんねぇ〜。」

何となく口に出してみましたが、あとで本当にそんなことになるとは自分でも思っていませんでした。(^^;

 

早々に船を定位していただき、立ち位置が変わってしまうストレスなくボトムを狙っていきます。

ボトムから30cmをイメージしてスローワインドを続けていると、2〜3回の空バイトの後にゴンッ!

「キターーーーー!」

「・・・けど、ドラグ出ないんで新子っぽいです。(^^;」

はい、最初はグーの一年生ゲットでした。(^^)

立て続けにもう一発、今度はヂヂヂッとドラグが出ていきますが・・・、そこまで。

もう一つ一年生ゲットでした。(^^)

まぁ、一年生と言っても、2月ともなれば尺に届いてくるので、通常の房総釣行では味わえない贅沢な引きだったりするんですけどねぇ〜。(^^)

 

バイトが遠のいたので、静かな水面にポッパーを投げたり、ミノーで中層を引いてみたりと攻め方を変えてみますが・・・、これと言って効果なし。

仕方なく再度ボトムのスローワインドに戻すと、すぐにゴンッ!

「キターーー!けどまた新子ですな。(^^;」

ピッカピカの一年生。♪

 

16:30いよいよ日が傾いていい感じのまずめタイムになってきました。

そろそろポッパーに変えようかなと思っていると、銀河めっきさんは既にポッパー一筋に水面を狙っているじゃないですか。

「さすが、いいタイミングでトップ引いてるなぁ。」

このお方、百戦錬磨の凄腕アングラーなんですが、「正解」への近づき方がフツーじゃないんです。

1・2・3・・・10と積み上げて「正解」にたどり着くのではなく、1・3・7・10的にたどり着いてしまうのです。(@@;

魚の気持ちがわかってしまうと言うか何というか・・・。(^^;

豊富な経験と並はずれた洞察力から、そんなことができてしまうのだとは思いますが・・・、

私的には「前世が魚だった」とも思っています。(∼o∼)

 

その銀河めっきさんのポッパーがなんとなく目に入りながら、相変わらずボトムのワインドを続けていると、

ジュボンッ!

突然ポッパーが水中に引き込まれるのが見えてしまいました。

「やっぱりキタかー!しまった、出遅れた。」

まぁ、サイズこそ尺クラスの一年生ではありますが、活性アップのタイミングをドンピシャに拾ってポッパーに出してしまう辺りは、恐れ入りましたと言うしかありません。(^^;

 

ところが、このお方の恐ろしいところは、考えられないような固め打ちするところでもあるのです。

10分も経たないうちに、ヂヂヂヂヂィィィ〜〜〜〜〜〜!

今度のヤツは新子ではなさそうです。

ドラグが使える環境をいち早く察して、魚を遠目に遊ばせる辺りも上手いとしか言いようがありません。

ゆっくりと安全にやりとりして上がってきたのは、42cmの立派なデカメッキでした。

恐れ入りました、7年越しのリベンジおめでとうございます。(^^)

 

そして、彼の固め打ちはこんなものでは終わりません。

バシャッ!と音がしたかと思うと、今度はド派手なテールウォーク!

温泉名物のヒラフッコもポッパーで出してしまいます。(@@;

しかも、二つ続けて。(@@;

 

更に更に、私のポッパーには絡むばかりでバイトしてこないのに、すぐ近くに放り込んだ銀河めっきさんのポッパーには一発でガボッ!

ついに3つ目のメッキを手にしてしまいました。35cm級。

 

この怒涛の5連発の間、ワタクシは何をしていたかと言うと、ポッパーに魚が絡むもののことごとくフッキングせず。

カツンッ!とルアーに触れたりするのですが、どういうわけかフッキングに至らないのです。

お情けで掛かったのは、レギュラーサイズの一年生一つだけ。

これじゃないのが絡んでたはずなんだよなぁ〜。T_T

 

18:00ポッパータイムは何となく終了して、水面でザワついていたボラの群れも沈んでしまいました。

既に真っ暗になって、ここからは表層を狙うかボトムを狙うか迷うところです。

そんな時は、5分おきに表層ルアーとボトムルアーを付替えながら様子をみるしかありません。

何度かルアーを入れ替えて、スローにボトムを探っていると、

ゴッ、ゴゴッ!

「おっ!バイト!食えっ、食えっ、食えっ!」

「食ったぁ〜〜〜〜!」

ヂヂヂヂヂィ〜〜〜〜〜〜!

今度のヤツはしっかりドラグを引き出していきます。

ラインが出ていく速度からも、チヌやシバスではなさそうです。

「ついにきましたよ。ヨンマルはいったでしょう。」

慎重にやりとりして、40cmアップのデカメッキが浮いてくるのを想像していると・・・、

「あれっ?シ・マ・シ・マなのぉ~?」

「ありゃぁ〜、あなたでしたか。」

ブリンブリンに太った35cm級のイシダイくん・・・でした。T_T

 

19:00 終了際、船長からラストコールが掛かる中、9cmミノーに起死回生のバイトが出たのですが・・・、

ジャバジャバジャバジャバジャバ〜〜〜〜。

「はい、アタナですよね。」

50クラスのシバスで締め。

今日は最後の最後まで、デカメッキに嫌われてしまったようです。T_T

まぁ、今回は病み上がりのリハビリだったと言うことにしておきましょう。

次回は本番、一年生なんかで満足しませんからねぇ~~~~~~~~~だ。(^^;

銀河めっきさん、おつかれさまでした。

また温泉のご要望をお待ちしております。(∼o∼)

 

 

↑↑↑UVレジンでオリジナルハンドメイドルアーを製作・出品しています。是非クリックしてご覧ください。(^^) 

コメント (2)

1224 サンタさんの贈り物。(^^)

2018-12-28 13:52:17 | 温泉デカメッキ研究会

1224 世間一般では、この日はクリスマスイブとか言って、特別な日・・・だそうです。(^^;

一方の我が家では、Xmasライブに出かける嫁、Xmasデートに出かける長男、Xmas講習を受ける次男とくれば、おとーさんだって勝手にしますよっ!

ってことで、クリスマスイブに釣福丸さんの温泉メッキ便を予約してしまいました。(∼o∼)

 

さすがにいつものメンバーは軒並み不参加でしたが、「キ」の付くヤツの周りにはもう一人くらい「キ」の付くヤツがいるもので・・・、(∼o∼)

勇敢にも、会社の後輩ユージンくんが参加表明しておりました。(∼o∼)

しか~し、当日の午前中になって「インフルエンザにかかりました」とのこと。(@@;

「ま・ぢ・す・かっ!(@@;」

そもそも、2人チャーターのセレブ釣行だというのに、「えっ?ボク一人で乗るの?」

「行きたい」半分「やめたい」半分で、ひとまず船長に連絡すると、

「いいよぉ~、一人でも出してやるよぉ~。」とのこと。(@@;

「えっ?そうなのぉ~?(@@;」

クリスマスイブにチョ~セレブなお殿様釣行が確定したのでした。(∼o∼)・・・(^^;・・・T_T

 

15:00 いつもの時間に出船ですが、話し相手は船長だけ。(∼o∼)

あっという間にポイントに到着しますが、私一人なのでマイクで「いいよぉ~」なんて言いません、あごがフッとしゃくれるだけ。(∼o∼)

「はい、はい、もうやっていいのね。(∼o∼)」

いつもと違うスタートでした。(∼o∼)

 

この時期、東京湾奥の海水温は15℃前後、船長に温泉の流れの水温を聞くと18℃とのこと。

決して悪い条件ではありませんが、温泉場の水温としては少々物足りない感じです。

まぁ、せっかくのクリスマスイブですから、世の皆さまにはジャンジャン電気を消費してもらいたいところです。(∼o∼)

 

スタートから20分ほど、ワインドトゥイッチャー35(釣福丸スペシャル)で、ボトムから中層辺りを探っていると、ゴンッ!(@@;

「キター・・・じゃなさそうですね。あの方ですね、この引きは。(^^;」

ファーストコンタクトは、予想通りのイトヒキくんでした。(^^;

 

30分経過したところで、ルアーをゴールドワンにチェンジして、よりボトムに近いレンジを探っていると、ゴンッ!ヂヂィ!(@@;

「キター・・・けど、ドラグ止まっちゃったなぁ~、一年生かな?(^^;」

セカンドコンタクトは、これまた予想的中で一年生のギンガメくんでした。・・・とは言え、29cmありますけど。(^^)

 

16:30 辺りが暗くなりはじめると、Xmasのライトアップで電力消費が進んだのか、温泉の流れが活発になり始めます。

「水温21℃になったぞぉ~、そろそろいいんじゃねぇのかぁ?」

船長からもハッパがかかりますが、今日は一人でやっているので、どのレンジが狙い目なのか見当がつきません。

実は、いつもは数人でやっているので、反応の出たレンジを共有してヒット率を高めたりしているのです。

仕方ないので、5分刻みにルアーローテーションして、当りレンジを探ることにします。

シンペン ⇒ シャローミノー ⇒ ディープミノー ⇒ ワインドで下層 ⇒ ボトムワインド、一通りやってまた表層から。

そうこうしていると、ディープミノーのレンジで何か触ったような・・・ゴンッ!(@@;

「キター・・・けど、またドラグ出ないなぁ。」

前アタリが出るのは、このお方の特徴だったりします。(^^;

 

18:00 完全に暗くなって1時間以上経過しましたが、未だ本命っぽいバイトはありません。T_T

表層近くで何度かバイトらしき反応はあったのですが、いずれもかするようなアタリなので恐らくイトヒキくんです。

3つ目のイトヒキくんが狙いではないので、この時間帯はボトムに狙いを絞り込んで、ボトムバンピングからのテンションフォールに神経を集中します。

コンッ?

バイトか着底かわからなかったので、次のバンピングアクションを入れると、ロッドがグニャ~。(@@;

「根掛かり?・・・いや、食ってる食ってる。」

「けど・・・、全然ドラグ出ない。T_T」

ラインが出ていかないのでデカメッキじゃないと判断して、強気にリフトアップにかかります。

ゴン、ゴン、ゴンッ、ゴン、ゴン、ゴンッ。

「船長~、何かキタけど、首振ってるからクロちゃんだね、こりゃ。」

「上げてみねぇと、まだわかんねぇぞぉ~。」

と船長がネットを構えるやいなや、突然の猛ダッシュ!ヂヂィィィィィィ~~~~~~~!(@@;(@@;(@@;

「あれ?、あれ、あれ?本命かも?(^^;」

「ほ~らみろ、俺の言った通りじゃねーかよぉ。」

・・・いや、いや、何もそんなに勝ち誇らなくったて、釣ったのボクですから、ボク。(^^;

「あざーっす。(^^)」

今シーズンの初モノは、ブリブリに太った53cmのギンガメアジでした。(^^)

それにしても、いつ釣ってもここの魚は太い!

魚を抑えてるだけの指が、肉にめり込んでるのがわかるでしょうか?(∼o∼)

おそらく、同サイズなら南の島の魚に負けないデブり加減だと思います。

いやぁ~、今シーズンもいいの取れました、船長!Xmasプレゼント、ありがとうございましたぁ~!(^^)

・・・んっ?そうかっ!サンタクロースってプロレスラーの蝶野みたいな顔してたんだ。(∼o∼) ← わかる人だけわかる。w

 

ちなみに、この後もう一回ドラグを引き出すアタリがありましたが、残念ながら3秒でフックアウト。

まぁ、次の一本は次回のお楽しみってことで、ちょっと早めですが、2018年のメッキはこれにて締めくくりとなったのでした。(^^)

 

 

↑↑↑ UVレジンでオリジナルハンドメイドルアーを製作・出品しています。是非クリックしてご覧ください。(^^) 

ワインドトゥイッチャー35(釣福丸スペシャル)は、釣福丸乗船時にご購入いただけます。是非どーぞ。(^^)

コメント (2)

1211 東京湾で遊ぼ。

2018-12-13 00:03:06 | 温泉デカメッキ研究会

1211 友達の友達はみな友達だ、世界に広げよう、メッキチの輪!・・・古い。(∼o∼)

と言うことで、Twitter友達のTommyちゃんとメガーネさんにお誘いいただき、お二人のお友達のゴン船長のプレジャーボートに乗せていただきました。(^^)

もちろん狙いは東京湾の温泉メッキ。

もう一人、やはりTommyちゃんのお友達のアイスクリーム屋さんを入れて、今回は4人での乗船となりました。(^^)

 

06:00 いつものメッキタックルとアジングタックルを積み込んで、いざ東京湾の温泉場へ出撃です。(^^)

実は、今回はいつもの磯子温泉ではなく別の温泉場なのです。(^^;

初めてとあって勝手がわかりませんが、まぁ、いつもの温泉攻略がどこまで通用するか?ちょっとした腕試しだったりもします。(^^;

 

06:30 ポイントに到着すると、予想以上に温泉の流れが強く、いつもの5gルアーでは太刀打ちできそうにありません。(@@;

ルアーの選定に迷っていると、何回かやっているTommyちゃんとメガーネさんは、ゴーゴー流れる本流を避けてキャストを始めています。

「なるほど、そこ狙うのね。(^^;」

なんて言ってるうちに、さっそくメガーネさんのミノーにヒット!20cmアップの一年生ロウニン君です。

「あら、そんなに上の方にいるのね。(^^)」

なんて言ってると、いきなりメガーネさんのドラグが悲鳴を上げます。(@@;

ヂィィィィィ~~~~~~~!(@@;

「キタね、こりゃホンモノだね。」

と期待したところでしたが、残念ながらフックを伸ばされてサヨナラでした。T_T

 

ちょっとバイトが遠のくと、メッキの代わりにチェイスしてくるのはイトヒキアジ。・・・ですが、なかなか食わず。

ここで、ゴン船長がアイスジグを放り込んでボトムから誘い上げると!

ワラワラワラ~~~~!!!(@@;

もの凄い数のメッキの群れが沸き上がってきました。(@@;

こうなると、毎キャストのチェイス&バイト&ヒット!

私もワインドトゥイッチャー30で、ようやく初モノをゲットでした。(^^)

Tommyちゃんもアイスクリーム屋さんも続いて、群れの活性もいい感じに高止まりしてくれています。

船中誰かしら魚を上げている状態で、ついにはトリプルヒット~。(^^)

さらには4人全員ヒット~!(^^)

さすがにだんだんスレてきますが、ワインドトゥイッチャー35⇒バイブレーションとローテーションしながら、騙し騙し深めのレンジから魚を引っ張り出します。

途中、イトヒキアジもヒットして、お祭り状態継続ちゅう~。(∼o∼)

まぁ、一年生のオチビばかりですが。(^^;

 いよいよスレッスレになったところに、豆ミノ25トゥイッチャーを放り込んで1匹追加。(^^)

あれほどいた群れでしたが、さすがに口を使わなくなったところで、ひとまず朝の一回戦は終了でした。(^^)

 

09:00 二回戦はお楽しみのアジングです。

ゴン船長がとっておきのバース周りを案内してくれますが、水深15mのアジングなんてやったことがありません。

3gのジグ単ならあるんですが・・・深すぎてとても釣りになりません。T_T

Tommyちゃんはサビキでアジ、メガーネさんはメタジを落としてシバスを上げていますが、私はさっぱり要領がつかめません。

すると、ゴン船長に「魚探は反応出まくりだよぉ~、釣り方が違うんじゃねーの?」なんてからかわれてます。(∼o∼)

しばらくすると、アイスクリーム屋さんが、メタジにハリス+ジグヘッドの不思議なリグを放り込んでいます。

・・・が、これが当たりで、尺近い良型のアジが食ってきたりしているじゃないですか。(@@;

「なるほど。」

私も聞き覚えたばかりのバチコン風リグをボトムに届けたところで、ようやくアジ3つにありつけたのでした。(^^;

 

10:30 しばらくポイントを休ませたので、温泉場に戻って3回戦です。

先ほどの活性はありませんが、ポツリポツリとヒットが続きます。

メタジでボトムを丁寧に誘っていたTommyちゃんは、今日一の尺手前サイズがヒットしてご満悦顔。(^^)

私は一つ追加したものの、ボトム狙いのバイブレーションには外道が連発。

一通り釣って反応がなくなったところで、プレジャーボートで行く東京湾温泉ツアーはお開きとなったのでした。(^^)


デカメッキの姿が拝めず残念ではありましたが、なかなか楽しい釣行でしたよぉ~。(^^)

ゴン船長、ありがとうございました。

機会があれば、またよろしくお願いしま~す。(^^)

Tommyちゃん、メガーネさん、アイスクリーム屋さん、また遊んでくださ~い。(^^)

 

↑↑↑ UVレジンでオリジナルハンドメイドルアーを製作・出品しています。是非クリックしてご覧ください。(^^) 

コメント

1117 温泉メッキ偵察便。

2018-11-29 23:22:17 | 温泉デカメッキ研究会

1117 今シーズン最初の温泉メッキに行ってきました。(^^)

船はいつもの釣福丸、最近の状況は・・・、温泉メッキなんてやる人いないので、わっかりましぇ~ん。(∼o∼)

今回のメンバーは、会社の後輩のユージンくん、昨年もご一緒させていただいたOD821さんともつさん、ブログの募集で参加いただいた山田さんにワタクシの5人。

いつものように、14:30(に少し遅れて)出船でした。(^^;

 

10ヵ月ぶりの温泉場で、しかも11月の温泉メッキはほとんど経験がありません。

第一印象は・・・「ベイト少ねぇ~。」です。T_T

それでも、現場に着けば真剣そのもの、バイトなんかなくてもピリピリした緊張感の中でキャストを繰り返すのです。

開始一時間は、山田さん、ユージンくんにダツがヒットした程度で、大物感はまるでなし。

 

16:00 そろそろ、フラフラ出てくるデカメッキが現れる頃かなぁ~、なんて思っていると、!

「ジュボッ!」という吸い込み音とともにユージンくんのドラグが悲鳴を上げます。(@@;

表層狙いでペンシルを投げていたユージンくんにストライクです。(@@;

何度も突っ込まれながら上がってきたのは、久々にお目にかかる東京湾奥の温泉デカメッキ、42cmでした。(^^)

 

一本出たので、いつものように船を定位してもらって、メッキの出歩くエリアを広く攻めます。

(後から聞いたのですが、この直後に山田さんのポッパーにも出て、瞬殺ブレイクされたとか。(@@;)

温泉の出も良くなってきて釣れそうな雰囲気モリモリですが、後続のヒットはなく、たまにダツとかダツとかダツとか・・・。

 

17:00 いよいよ暗くなり始めて、フィーバータイムの予感です。

ヂヂヂヂヂィ~~~~~!(@@;

唐突にドラグを鳴らしたのは、またもやユージンくん。

先ほどより一回り小ぶりでしたが、連続ヒットで2本目のデカメッキゲットでした。35cm。

 

その直後、7cmのミノーで表層早引きしていた私のルアーにバイトが出ます。

ゴゴンッ!・・・

「あぁぁぁ~~~、ミスバイト!T_T」

すると、ルアーを見失った40cm弱のデカメッキ3匹が、手の届きそうな船べりでクルクルクルク。(@@;

やられた・・・。T_T

 

17:10 みよしでやっているOD821さんともつさんも、バイトがあったとのことで興奮ぎみ。

すると、みよしで投げていた山田さんにヒット!

こちらは、尺弱の一年生メッキでした。

 

17:15 全員が「次は自分の番」と、目の色を変えてキャストを繰り返していると・・・、

「キターーーーーー!」

とシャウトしたのはOD821さん!

今度のヤツは少々手強そう、ファーストランが止まった後もズルズルとドラグが引き出されていきます。(@@;

最後まで抵抗されてネットに入ったのは、45cmのギンガメアジでした。(^^)

 

17:20 ミスバイトでチャンスをロスしたワタクシは、その後もフォールのバイトをすっぽ抜けして意気消沈。

既に、ルアーもだんだん小さくなって、ゴールドワンでボトム付近を狙っていたりします。

ゴッ、ゴゴッ!

「あぁぁ~~~、バイトしたけど乗らない。T_T」

「あっ、またアタった!、食えっ、食えっ!食ったぁ~~~~!」

「あれっ?ドラグ出ない。」

ピッカピッカの一年生、27cmでした。(^^;

 

17:30 中層をワインドトゥイッチャー35(釣福丸スペシャル)で流していた私にもう一度ヒット!でしたが・・・、

ドラグが出方にスピード感がありません。

案の定、50クラスのシバス、しかも、ルアーを丸飲みされてリーダー切れのブレイクでした。T_T

 

この後は、OD821さんに45cm級のチヌ、私にチビチヌ、ユージンくんにシバスとヒットは続きますが・・・、

どうやら、メッキのフィーバータイムは17:00からのたった20分で終了となったようです。

相変わらず、チャンスタイムの短いこと、短いこと。T_T

 

外道のバイトも途切れたところで、今回の温泉メッキ偵察釣行は終了となったのでした。

 

・・・一年生一つだけ、ショック。T_T

 

次回は12月の本番、次こそ50アップ、いや、今シーズンこそ60アップ取っちゃるぞぉ~~~~!

山田さん、OD821さん、もつさん、ユージンくん、また行きましょうねぇ~。(^^)

 

 

↑↑↑ UVレジンでオリジナルハンドメイドルアーを製作・出品しています。是非クリックしてご覧ください。(^^)

ワインドトゥイッチャー35(釣福丸スペシャル)は、釣福丸乗船時に船長からお買い求めください。(^^)

コメント (2)

0317 温泉デカメッキ連続ヒット更新中。(^^)

2018-03-21 17:38:32 | 温泉デカメッキ研究会

0317 いやぁ~、今シーズンは取りつかれたように温泉デカメッキに出撃していますが、またまた乗ってしまいました。(^^;
今回は、ブログにメッセージをいただいた「もつ」さんをお誘いして、いつものOD821さんと、人数合わせの弟くんと私の4名です。
そのもつさん、釣福丸さんには何度か乗っているそうですが、デカメッキにたどり着けないうちに一人二人とお仲間に逃げられてしまったとか。(~o~)
そんな時は、同類の「おバカ」に声を掛けるのが一番ですね。
はい、正解です。(~o~)

いつものように15:00出船で、温泉場に向かったのでした。(^^)

15:20 ポイントに到着すると、前回、前々回同様メインの温泉が出ていません。
「あちゃ~、また出てないねー。T_T」
しかし、他の排水口が元気に稼働しているようで、水面に湧き上がるような流れもあって水温も18°Cとのこと。
いつもよりボラの動きも早く、水面にはハクの群れが点在していてなかなか生命感があります。(^^)
まずは期待してボトム狙いからスタートしてみます。

しばらくキャストしていると、ヘチ際で派手なボイルが発生します。(@@;
複数匹でボイルしている感じで、黒い尾びれが水面を割って飛び出したりもしています。
「それイケ~~~~!」
・・・。
・・・。
・・・。
全員で頻発するボイルを撃ちまくりますが、誰のルアーにも反応がありません。???
「シッポ黒かったよねぇ、シバスかなぁ?」
「シバスなら食っちゃいそうなもんですけどねぇ~。」
「ベイトが逃げてる様子がないよねぇ~。」
「何食ってるんだろう?」
そこらじゅうで発生するド派手なボイルを狙い続けますが、ボイルを打ち抜いてもルアーには反応なしです。
そのうち誰からとなくボイルを無視してキャストしていると、弟くんがシャウト!
「デカい!ギンガメの群れだっ!」
慌ててそちらに目を向けると、40cmクラスの魚が30匹くらいの群れで水面に湧き上がっているではないですかっ!(@@;
・・・が、デカメッキではなさそう。(^^;
良く見ると、40cm級のメジナが1群れ30匹くらいであちこちに群れているではないですかっ!(@@;
そして、先ほどからの派手なボイルの主もこのデカメジナの群れ。
水面に急浮上したかと思うと、30匹が一斉にバシャバシャバシャっとやっています。
相変わらず、何がベイトなのかさっぱりわかりません。
すると、OD821さんが、「産卵してるんじゃない?」なんてことを言いだしました。(@@;
「そうだ、産卵ですよ。(@@;」
更に観察すると、群れが急浮上する際は1匹が先導して水面まで上がり、その1匹が水面で折り返した瞬間に残りの30匹がバシャバシャバシャです。
しかも、そのバシャバシャが終わると水が白く濁っているではないですか。(@@;
どうやら、1匹の雌を30匹の雄が追い回し、水面で放卵した瞬間に寄って集って放精しているようなのです。(@@;
「いやぁ~、なかなか見れないモノ見ちゃいましたね~。(^^;」

16:30 釣りの方は、ボトムでフグがいたずらする程度で、何事もなくこの時間です。(~o~)
この時間帯、船のオモテ側でシャローミノーを引いていた私ですが、トモ側の水面がにわかに騒がしくなったような気がして釣座をトモに移動します。
トモ側でやっていたOD821さんに「いやぁ~、渋いですねぇ~。」なんて声をかけながらの1投目。
ガッ、ガゴンッ!(@@;
既にシャローミノーを引きながら水面のボラにガンガン触れまくっていたので、魚のバイトであることは瞬時に感じ取れました。
ヂッ、ヂィィィィィ~~~~~~~~!
「キターーーーーーーーーーーーー!」
3割ほど「ボラスレかも?」を引きずりながらのファイトでしたが、中層で流れに張り付いたところでデカメッキを確信します。(^^)
それほどドラグを出さずに上がってきたのは、42cmのギンガメでした。(^^)

明るい時間帯の表層食い。一つ儲けちゃいました。(^^;

17:30 そろそろフィーバータイムが始まってもおかしくない時間帯になってきました。
ボラが表層に集まり、デカメジナの産卵は相変わらず、水面に目を凝らすとかなりの数のハクが群れていて、雰囲気モリモリです。(^^)
4人共表層を意識したルアーをチョイスしていますが、1人だけ1時間も前からポッパーだけを投げ続けているヤツがいます。・・・はい、弟くんです。(~o~)
なにしろ、前回乗船時にはフィーバータイムをしっかり掴んで、ポッパーで3発掛けてますから。(~o~)
まぁ、半分冷ややかに見ていたのですが・・・、
信ずる者は救われるのか?、何と、その弟くんがやってくれました。(@@;
ヂィィィ~~~~~~~~~~~!(@@;
「ヒット」の声もかけずにいきなりドラグを全開させます。
「何?何?キタの?」
「デヘヘ。(^^;」
「何投げてるの?」
「ポッパーに決まってるだろ。」
「はい、はい、失礼いたしました。(~o~)」



またもやポッパーで出した弟くん、ドヤ顔を見せられないのが残念です。(~o~)

18:30 フィーバータイム到来か?と思いきや、その後は誰のルアーにも反応しません。
いつもなら、3~4回のヒットが連続するフィーバータイムが訪れるのですが、今日は明確なフィーバーがないまま真っ暗になってしまいました。
それでも粘る4人でしたが、あまりの無反応に見かねた船長から「アジングでもやって帰るかぁ?」の一声がかかり、本日の温泉メッキはこれにて終了となったのでした。

19:00 30分限定のおみやげアジングタイム。(^^)
PE0.4号のメッキタックルのままやってしまうので、折からの風に悩まされそうですが・・・、
思い切ってジグヘッドを重くして一気にボトムを取ってしまう「速攻ボトム作戦」です。(^^)
この作戦が奏功して、ポツリポツリと4つゲット。
弟くんのを足して5つもあれば、立派ななめろうができることでしょう。(^^)

同乗のもつさん、OD821さん、またご一緒しましょう。(^^)
船長、またよろしくお願いしま~す。(^^)


さて、この釣福丸の温泉デカメッキ便には2010年から乗っているのですが、数えてみるとかれこれ15回も乗っているようです。(^^;
そして、ここ8回の乗船では、取れないまでも連続してヒットさせているのです。
やはり、①ハイパートゥイッチしない、②ボトムを丁寧に探る、③小さいルアーを使うの3点を意識し始めた頃からのようです。
もちろん、これにハマらないヒットパターンもありますが、意識するべきことに大きなズレはなかったと考えています。(^^)

デカメッキのヒット履歴をご紹介させていただきます。
(「デカメッキ」とは越冬モノの2年生以上の魚を指します)
①2010.10.11 ヒットなし。
②2011.07.31 Dコンタクト72/36cm(ギンガメ)、Dコンタクト72/36cm(ギンガメ)
③2011.09.17 ヒットなし。

④2012.11.28 ヒットなし。
⑤2013.01.14 ヒットなし。
⑥2014.14.17 ヒットなし。
⑦2015.01.14 ヒットなし。
⑧2016.12.12 魚道サバイバー50/41cm(ギンガメ)、魚道サバイバー50/44cm(ギンガメ)、
         魚道サバイバー50/42cm(ギンガメ)、魚道サバイバー50/ラインブレイク

⑨2017.01.05 ゴールドワン/フックアウト
⑩2017.12.27 ジグヘッド+ワーム/54cm(ギンガメ)
⑪2018.01.18 ワインドトゥイッチャー30/フックアウト、ワインドトゥイッチャー30/43cm(ギンガメ)
⑫2018.01.23 ワインドトゥイッチャー30/43cm(ギンガメ)、ワインドトゥイッチャー30/50cm(ロウニン)
⑬2018.02.04 ゴールドワン/フックアウト
⑭2018.02.24 リップインベイト90/52cm(ギンガメ)
⑮2018.03.17 シャローマジック50/42cm(ギンガメ)

横浜温泉デカメッキにチャレンジしたい方は、是非お声掛けください。(^^)


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ ブログランキングに参加しています。「ポチ」っと一押しよろしくお願いいたします。m(__)m


↑↑↑ UVレジンでオリジナルハンドメイドルアーを製作・出品しています。一度ご覧ください。(^^)

コメント (12)

0224 激渋温泉メッキで新パターン。

2018-02-28 22:44:31 | 温泉デカメッキ研究会

0224 中3週空けて、またもや行ってしまいました、横浜温泉デカメッキです。(^^;
前回、強烈なファーストランに手も足も出ず主導権を取られ、フックまで伸ばされて撃沈を喰らいました。T_T
あらためて、タックルと強度のバランスを見直してのリベンジマッチです。
今回は、まだ見ぬ「横浜GT」が現れても闘える、それでいてライトタックルにも拘り続けた「NEWタックル」で臨むこととなります。(^^)

まずは、3週間悩んでたどり着いた「NEWタックル」のご案内から。(^^;
さすがに、伸されっぱなしの「ベイライナーMK68」には勇退していただき、新たにバットパワーのあるバレーヒル「BKRS-64LS」なる1ピースのバスロッドを導入してみました。(^^)
リールは糸巻量でヒヤヒヤしないよう、エギング用で使っている「レアニウムCI4+C2500S」。
これに、PEラインは1番手上げて0.4号を100m巻きました。(^^)
リーダーは、飲み込まれた際の歯ズレ対策から2.5号を3号に変更。
そして、フックはトレブルを#12から#10に変更、更にはシングルフックも導入して、デカメッキとの相性も計ってみます。
最後に悩んだのはドラグ設定。
タックルを強くしてドラグ設定を維持するか?それともタックルに合わせてドラグも強くするか?・・・
出した答えは後者、600gのドラグ設定を100g上げて700gとして勝負を挑むこととしてみました。(^^)

15:00 いつものように釣福丸さんにお世話になります。
今回のメンバーは、私と同時期にメッキを始めた銀河めっきさん、前回のリベンジに燃えるはんちゃん、
一方で前回の勢いに乗るOD821さん、初めてご一緒するキャスにお勤めのYさん、そして私の5名です。

近づいてくる温泉場を眺めていると、前回同様排水口の前が鏡のようになっています。
「あれ?、もしかして・・・。」
「あちゃー、またメインが出てない。T_T」
またもやメイン排水口に流れはなく、片肺操業となっているではないですか。T_T
今回も低水温必至です。T_T
しか~し、同じ状況から4回のヒットが生まれた前回釣行のことを考えると、諦めるのはまだ早い、どこかでチャンスは巡ってくるはず・・・なのです。
船長の水温報告17.5°Cを聞きながら、ぬるめの温泉にキャスト開始となったのでした。(^^)

チャンスがあるとは言え、17°Cという水温はメッキが生き延びられるギリギリの水温だったりします。
「3週間前からメインの排水が止まりっぱなしだとしたら、果たしてデカメッキは生き延びているんだろうか?」
そんな不安に駆られながら、ワインドトゥイッチャー35でボトム付近をスローに誘い続けるのでした。

 ワインドトゥイッチャー35、こんなヤツです。
横浜温泉の流れに負けないよう、30mmのワインドトゥイッチャーを35mmに仕立て直したデカメッキ専用モデルです。(^^)
そして、またの名を「釣福丸スペシャル」!(~o~)
 ちょっと商品っぽくしてみました。(~o~)
釣福丸さんでも販売しておりますので、興味のある方は釣福丸船長にお問い合わせください。
・・・CMでした。(~o~)

16:00 一時間が経過しますが、ボトム付近のルアーにフグがちょっかいをかけるだけで、これと言った反応はありません。
・・・。
・・・。
・・・。

17:00 更に一時間経過しましたが、誰からもバイト、ヒットの声が掛かりません。T_T
・・・。
・・・。
・・・。

17:30 日が長くなったので、これくらいの時間帯からがチャンスタイムになるはずです。
船長の判断で、いつものように船をヘチ際に寄せて、メッキが動きそうなスペースを広く使います。
・・・。
・・・。
・・・。ゴッ!(@@;
明らかにボラが触った感触ではない明確なバイト!・・・でしたが、追い食いはなし。T_T
「いる、絶対いる、必ずいる。」

18:00 完全に暗くなってしまったので、ボトムネチネチ型から中層アピール型の攻めに変更してみます。
今回準備したのは、メガバス「リップインベイト」。
大き目のリップで水を掴み、そこそこの潜航能力を発揮してくれるミノーです。
このミノーで、水面いっぱいに群れているボラを回避しながらデカメッキにアピールしようという作戦なのです。(^^;
アクションはルアー自身のウォブリングにお任せして、ミディアムリトリーブでグリ巻きとしてみました。
しばらくキャストを続けていると、突然!

ガゴンッ!ヂィィィ~~~~~~!(@@;(@@;(@@;

手前5mまで来たルアーをギラッと反転しながらひったくたのです。(@@;
「食った~~~~~~~~~!」
ピックアップ際に突然ひったくられたため、ロッドを持った右腕は中途半端に「前へならえ」の状態です。
既に魚は猛ダッシュ、しかも、タックルもドラグも強くしてあるので、とてもロッドを立てられる余裕がないのです。
「キツ~~~~い。T_T」
タックルを強めたのでいつもより早く魚は止まりましたが、中層に張り付いた魚が重いこと重いこと。
無理矢理ひじを突き出してロッドを立ててみますが、ちょっと魚が動くとまた腕が伸されてしまいます。
「キツ~~~~い。T_T」
こんな状態を2~3分耐えしのぎ、いよいよポンピングで引き寄せにかかります。・・・が、
ベロンベロンに弛み切ったジジイの上腕三頭筋は、早くも悲鳴を上げ始めたのです。
プルプルプル。T_T

「ヤバい、ここで腕なんか攣ったらギブアップになっちゃう。」
なりふり構わずひじも肩もロックして、上半身を起こしながらのポンピングです。(^^;
そして、なんとか腕が壊れる前にネットインとなったのでした。(^^;
 横浜温泉デカメッキ、ギンガメ52cm。(^^)
 お約束のブツ持ちもどーぞ。(^^;

18:15 この時間帯に一匹釣れれば、フィーバータイムスタートの可能性があります。
そして、その通りにYさんのドラグが悲鳴を上げましたが・・・惜しくもフックアウト。T_T
その直後、今度ははんちゃんにヒット!でしたが・・・あろうことかPEラインが高切れ。T_T
更に銀河めっきさんにもヒットが続きますが・・・なんと、こちらもフックアウトとなってしまいました。T_T
結局、フィーバータイム中に追加できたのは、Yさんのキビレだけ。
 ワインドトゥイッチャー35を使っていただきました。(^^)

19:00 そして、短いフィーバータイムは終了となり、タイムアップの陸上がりとなったのでした。


3週間悩んだ「NEWタックル」でしたが、デカメッキ狙いのバランスとしては、悪くなかったように思えます。
・・・が、
それを使いこなす人間様に合っていなければ、意味がありませんよねぇ~。(~o~)
意外な所に落とし穴があったようです。(~o~)
ベンキョーになりました。(^^;
次回は、タックルではなく人間様を鍛え直して臨むことになりそうです。(~o~)

また、これまで小さいルアーで結果を出してきましたが、暗くなってのデカミノーも新たなパターンとなったのは収獲でした。(^^)
デカいミノーが使えれば、デカい魚にも近づけるはずです。
まだ見ぬ「横浜GT」に出会うため、次回に向けた画策は続くのでした。(^^;


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ ブログランキングに参加しています。「ポチ」っとお一つよろしくです。(^^;

コメント (2)

0204 温泉メッキ完敗。T_T

2018-02-14 00:07:05 | 温泉デカメッキ研究会

0204 釣れないと書かない、書けない、書きたくない。・・・悪い癖ですね~。(~o~)
まぁ、10日も前のことですが、懲りずに温泉メッキに出撃でしたが、無惨にもフックを伸ばされて完敗を喰らったというわけです。T_T
その完敗が悔しくて、10日もかけて自分の手調整のドラグ荷重から、タックルバランス、フックの改善に至るまで、ありとあらゆる見直しを図っていたというわけなのです。(^^;
・・・と言うとカッコいいですが、ただふてくされていたとも言います。(~o~)

まぁ、10日も前の「完ボ」釣行ですから、実釣内容は手短にしておきます。
この日のメンバーは、前回ご一緒させていただいたOD821さん、会社の後輩のはんちゃん、ユージン君と私の4名。
いつものように15時過ぎから温泉場に張り付きでしたが・・・、何と!二つある温泉が片肺操業です。(@@;
船長によると、水温はピンポイントの高い場所でも17°C程度で、低い場所では12°Cだとか。(@@;
「お・わ・た。T_T」
案の定、誰にも何も反応ないまま17:00のゴールデンタイムに突入。
そして、何の前ぶれもなく、突然OD821さんのドラグが全開!
ヂィィィ~~~~~~~~~~~~!(@@;
 この激渋の中、やってくれました。ギンガメ46cm。
OD821さんは、以前にも良型を上げているようですが、あらためて通い続けた3度目の正直だったようです。(^^)
おめでとうございま~す。(^^)

そのOD821さんのリトリーブアクションを見て、「ボトムを切ってる」と判断した数キャスト目、
ドカンッ!(@@;
チュィ~~~~~~~~~~~~ン!(@@;
「食った!キターーーーーーーーーー!」
前回の「gt」並みに凄まじい勢いでドラグが出て行きます。(@@;
ずいぶん出されてようやく止まったかと思ったら、再び猛ダッシュ、更にダッシュ、またダッシュ。
そして、そのドラグの滑り出しで、ことごとくロッドティップがノッキングしているのです。(@@;
「ヤバい、ドラグ性能が追いついてない?」
・・・とは言え、今年導入したばかりのストラディックci4+で、そんなに締め込んでいるわけでもないのにそんなことあるのか?
・・・と思ったところで、フッ。
ST36の#12のゲイブ1本が、無残にも伸ばされてしまったのでした。T_T

その後、ユージン君にも、ドカン&ヂィー・・・&フッ。
更には、はんちゃんまで、ドカン&チュィーン・・・&フッ。
3人まとめて『完敗』に終わったのでした。T_T

あんまり悔しいので、帰宅してからもう一度自分のタックルバランスを見直してみます。
ラインは、PE0.3号。(7.2lb)
リーダーは、フロロ2.5号(10lb)
スナップ強度は、12kg。
ルアーの強度は、自作ルアーでMAX約2kg、市販品なら3kg以上はありそう。
フックは・・・、ST36の#12(伸び耐性強度ってどのくらいなんだろう?)
いちおう、このタックルバランスで、根ズレとラインの巻き付け量に問題がなければ、そこそこサイズまで問題なく取れると考えています。

それぞれのポイントでザックリと強度を確認してみると、
PEとリーダーのノットはFGなので、私のFGがどんなに下手でもメインラインの90%はあるはず。(約3kg)
スナップへのノットは、少なく見積もってもリーダー強度の50%。(約2kg)
ルアーの強度は、自作で約2kgだとしても、ドラグがこれ以下なら問題ないはず。
そのドラグは、手調整で700~800g締めていると思っていましたが、あらためて自宅で計ってみると600gしか掛っていません。
それでは、フックの強度は?・・・
ST36の#12を1フックのフッキング想定で強度を計ってみると、何と!1kgどころか1.5kg荷重しても伸びないではないですかっ!(@@;
「えぇぇぇ~~~~~???」
まぁ、水中にラインが30m以上出ていることを考えると、ラインへの水圧が影響して、瞬間的にドラグ設定以上の荷重が掛っている可能性もがありますが・・・、
果たして、600g程度のドラグにその3倍もの瞬間荷重がかかるものでしょうか?
あらためて伸びたフックを見てみると、やっぱり他の2本はなんともなっていませんので、1フックのフッキングに問題があったと考えられます。
う~ん、悩ましい。

結果的にフック強度をある程度カバーするドラグ設定になっていたようですが、それでもフックの強度に改善が必要なことは間違えなさそうです。
しか~し、デカメッキのヒット確率を高めるためには小さいルアーを使う必要があるのです。
強いフック(≒デカいフック)を使うと、たちまちライン絡みしてしまうのです。T_T
できることなら、トレブル1フック仕様の自作ワインドトゥイッチャーで取りたいし・・・。
あ~、やっぱり悩ましい。

そしてもう一つ。
ドラグの滑り出しでロッドがノッキングした件です。
初めての経験だったので、瞬時にドラグ性能を疑ったわけですが、今年おろしたてのストラディックci4+に600gのドラグしか掛っていなかったのです。
どう考えても、ドラグ性能が追いつかずドラグがノッキングしたとは思えません。
そこで、GTフィッシングにも精通するAPO!さんにこの件を相談してみると・・・、
「GTの特徴でもある首振りじゃないですか?5kg以上の魚ではよく起こる現象です。」
・・・だそうです。(@@;
確かに、前回の「gt」は3回ダッシュ、今回は4回ダッシュで止まる気配なし。
デカかったのか・・・?(@@;

まだまだデカいのがいるようです。
次回、タックルバランスを見直して、まだ見ぬ「GT」にリベンジを誓うのでした。(^^;


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ ブログランキングに参加しています。ポチっと一押し、よろしくお願いしま~す。(^^)


↑↑↑ 温泉メッキ対策として、温泉の流れにも負けない約4.5gのワインドトゥイッチャー35完成です。(^^)
温泉メッキにチャレンジの方は是非ご検討ください。(^^;

コメント (10)