手のヒラアジのメッキ道鍛練中

千葉県をホームにライトタックルのルアーフィッシングしてます。特に外房のメッキはライフワーク・・・かな?(^^;

緊急告知!King of Mekkers Battle開催のご案内

2016-08-31 00:07:32 | 今日の釣りネタ

今年もメッキバトルを開催したくてウズウズしていましたが、さすがに、主催者のエリアでメッキが釣れなければ開催とはなりません。
しか~し、ついに、ついに、ついに、房総にもそこそこのメッキが接岸したようなのです。(^^)
ということで、今年もメッキバトルを緊急開催することとなりました~。(~o~)
最初は昨年同様マイクロメッキバトルをと考えていたのですが、今年は越冬メッキが釣れてしまうエリアもあり、ちょっと興醒めな感も否めません。
そこで、今年は趣向を変えて「King of Mekkers」すなわち最強メッカーを決定する新レギュレーションを考え出しました。(^^;
メッキに限らずアングラーの目指す方向性は「デカさ」であり「数」であり、そして時には「小ささ」だったりします。(^^;
ここ数年、メッキフィッシングもこのような進化を遂げ、越冬の尺アップが狙えたり、30匹や50匹という数釣りができたりと、アングラーの地力アップが続いています。
そして、房総のように「小っちゃいヤツも釣っちゃうぞ」というのも、ある意味メッキングの進化の方向性と考えられます。
そこで、デカいのも釣り、数も釣り、更に小っちゃいのも釣ってしまう究極のメッカーに「King of Mekkers」の称号を与えようというのが今回の狙いです。(^^)

ちょっと複雑なレギュレーションかもしれませんが、最北の房総から南の島まで押し並べてメッカーの地力を競えること間違えなしです。(^^;
我こそは「King of Mekkers」という方は、是非是非奮ってご参加ください。(~o~)

*この企画は、どなたでも参加できますが、当ブログのLINEグループにご参加いただくことが条件となります。

1.開催日時
2016年9月10日(土) 06:00 ~ 18:00
● 06:00より集合なしで各自スタート、18:00までにLINEに「最終釣果報告」をコメントして終了。
● まぁ、ぬるい大会なので、時間内のお好きな時間帯に釣っていただければけっこうです。(^^;

2.場所
日本全国の陸っぱり(渡船利用はNG)
● 海水域、汽水域、淡水域?すべてOKです。

3.参加条件
(1)当企画専用のLINEグループに参加いただける方。
● 主催者の連絡および集計の都合上、LINE環境のない方は参加できません。m(__)m
(2)上記時間内に対象エリアで釣りを行い、18:00までにLINEに「最終釣果報告」をいただける方。

● 18:00までにいただく「最終釣果報告」をもって安全確認といたしますので、必ずご連絡ください。
 「最終釣果報告」がない場合は失格となりますのでご注意ください。

4.対象魚
メッキ(アジ科ギンガメアジ属のギンガメアジ、ロウニンアジ、カスミアジ、オニヒラアジの4魚種に限定)
● イトヒキアジ、テンジクアジ、ナンヨウカイワリ等、ビミョーな魚種もありますが、今回は上記4魚種に限定させていただきます。
● 魚種が特定できない場合は、主催者の判断とさせていただきます。

5.ルール
● 陸っぱり限定です。(渡船の利用はNGです)
● リールを使用したタックルに限定します。
● 使用ルアーは「ハードルアー(プラグ)」限定です。(ミノー、ジグミノー、トッププラグ、バイブレーション、メタルジグ、スプーン等)
● ワーム、カブラ、サビキ等の使用は禁止です。(アイスジグ系はOKです)
● フェザー、羽等のついたフックは使用禁止です。
● シンカー、インジケーター、リーダー、アシストフック等の使用で、リグを工夫することはOKです。
● 上記のルールで釣ったメッキは、画像を撮ってLINEにアップしてください。

*ここからは、ちょっと複雑ですが、じっくりお読みください。(^^;

● 基本的にメッキのサイズに関係なく1匹につき1点で、10点上限の10点満点競技です。
● ただし、23cm以上のメッキは3匹までメジャーを当ててエントリーできます。
● その場合、1匹につき1点の得点「枠」が増えます。(ビッグ枠)
● 例えば、23cm、24cm、30cmの3匹をメジャーを当ててエントリーすると、13点満点にすることができます。
  もちろん、他の魚と合わせて12匹しか釣れない場合は「ビッグ枠」が3つ増えても得点は12点です。
● 同様に、9cm未満(89mm以下)のメッキも3匹までメジャーを当ててエントリーできます。
● その場合も、1匹につき1点の得点「枠」が増えます。(マイクロ枠)
● 例えば、70mm、80mm、89mmの3匹をメジャーを当ててエントリーすると、13点満点にすることができます。
  もちろん、他の魚と合わせて5匹しか釣れない場合は「マイクロ枠」が3つ増えても得点は5点です。
● ビッグ枠とマイクロ枠を3つずつ獲得すると、16匹(以上)釣って16点まで得点を伸ばすことができます。
● ビッグ枠もマイクロ枠もそれぞれ3つが上限なので、4匹目の対象魚が釣れても「枠」は増えません。
  ただし、10点+獲得枠までは加点対象となります。
● ビッグ枠、マイクロ枠を獲得する場合以外は(既に獲得済みの場合も)、メジャーを当てて撮影する必要はありません。
● ビッグ枠、マイクロ枠はいつでも獲得できますので、得点が上限に達した後でも「入れ替え」「枠の追加」によって後からでも獲得できます。
● 例えば、80mm×2匹、30cm×1匹、をエントリーすれば、「枠」を3つ獲得していますので、それ以外にサイズに関係なくあと10匹エントリーできます。
  また、13匹釣った後にビッグ枠・マイクロ枠を入れ替えることもできますので、14匹目で30cmを釣れば14点に得点を伸ばすことができます。

大きいのも、小さいのも、数も釣らなければならない、正にKing of Mekkersを目指すレギュレーションなのです。(^^)
ただし、このレギュレーションによって、いつもの自分の釣り方・狙い方を変える必要はありません。
尺アップを狙えるエリアでは、デカいのを狙いながら数を伸ばせばいいのです。
その中で、23cm以上が釣れれば3匹までビッグ枠でエントリーすると、13匹(13点)まで得点を伸ばすことができます。
マイクロだらけの房総では、マイクロを狙いながら数を伸ばし、89mm以下を3匹までマイクロエントリーして13匹(13点)まで得点を伸ばすことができるのです。
しか~し、King of Mekkersを狙うには、いつもと違う狙いもしなければなりません。
ビッグ枠を確保できるアングラーは、マイクロ枠の獲得にもチャレンジしなければならないというわけです。(^^)

● ビッグ枠・マイクロ枠でエントリーする魚は必ずメジャーを当てて画像を撮ってLINEにアップしてください。
● LINEへの画像アップがない場合は、エントリーされません。(魚をキープする必要はありません)

● 採寸は口を閉じた状態で下顎の先から尾びれの先端まで(全長)とし、1mm未満は切り捨てでmm単位の整数報告とします。
● 尾びれは自然な形で採寸し、意図的に広げたり伸ばしたりしないこととします。(露骨な画像は主催者が採寸結果を再判定します。w)
● 得点が同点の場合は、その得点に到達した時間が早い方を優先します。

● サイズ報告は自己申告ですが、メジャーを当てて撮影する場合があります。撮影に適するメジャーを準備してください。
● エントリー画像は、できる限り鮮明に撮影してください。

6.参加申し込み
まずは、ハンドルネームを入れてこの記事のコメントで参加表明してください。
その際、参加エリアも記載願います。

当ブログの企画に初めてご参加される方へ>
下記の要領で必要事項をメッセージください。(PCからの送信がスムーズです)
「メッセージを送る」は、ブログトップ画面の左上にあります。

(1)氏名/年齢/性別
(2)参加ハンドルネーム
(3)現行LINEネーム
(4)携帯電話番号
をご案内ください。
メッセージをいただいたら、主催者より携帯電話番号にショートメールを返信いたしますので、「手のヒラアジ」をLINEで友だち登録してください。

後日、当日用のLINEグループに招待いたしますので参加願います。
既にご案内いただいている方はメッセージ送信の必要はありません。

7.ご注意
●参加費はありませんので保険等の加入もありません。各自安全な釣りを心がけ、事故・けがのないよう注意してください。
●万が一当企画中に事故・けが等があった場合でも、当企画では一切の責任を負いません。
●安全のためライフジャケットの着用をお願いいたします。
●ソーラス条約による立ち入り禁止エリアが多くなっております。禁止エリアでの釣りはお控えください。
●車での移動・駐車の際には、交通ルールを守ってください。
●釣果は積極的にリリースしましょう。
●釣り場を汚さないよう心掛けてください。

レギュレーションが複雑すぎると仲間内では不評?ですが、ちゃんと理解していただければ、それほど難しいことはない・・・と思います。(^^;
環境の異なる各地のポイントで、押し並べてメッカーの地力を計るとしたら、こんなレギュレーションになってしまうのかと思います。
「それでも釣る」凄いメッカーのご参加をお待ちしております。(^^)

コメント (32)

0827 房総メッキ参上!

2016-08-29 23:05:35 | 今日の釣りネタ

0827 台風が来ました、外海が大荒れになりました。
誠に不謹慎ではありますが、台風が来るとメッキが増えるってのは、否定できない事実なんですよねぇ~。(^^;
そもそも、どうして台風でメッキが来るのか?
台風の大荒れで流されてくるという説もありますが、私の考えはちょっと違います。
真水の臭いに寄ってくるんだと思ってます。
受動的に流されてくるのではなく、能動的に自ら汽水を目指してくるのだと・・・。
まぁ、そんなことはどーでもいいんです。
房総にドッサリとメッキが接岸してくれれば。(~o~)
は~や~くぅ来い来い、メ~ッキちゃん~。♪  ← もう壊れそうです。T_T
今週も不謹慎な期待を胸に、いざ房総メッキロードへ出撃でした。(^^;

07:00 パチっと目が覚めましたが、昨晩の後遺症でモーレツな二日酔い。T_T
仲間のLINEをのぞくと、朝一から青服さんが調子良く連荘しているようで、何でも既にツ抜けたとか。(@@;
今すぐ出たいけど、ム~リ~。T_T

11:00 がんばって到着してもこんな時間。T_T
到着したてのメッキがいるとすれば、まずは汽水やサーフを目指してくるはずなので、今日のポイント選定はサーフの隣の漁港となります。
組み立ては完璧・・・のはずなんですが、長いスロープを一流ししてもピンのマイクロ君が2~3回チェイスしただけ。
大荒れ効果はどうしたんだ。T_T
 こんなの釣りに来たんじゃないっ!

11:15 いつもは立ち寄らないドブの河口。
50オヤジが恥ずかしげもなく、民家の目の前でロッドを振りますが・・・、な~んもなし。T_T

11:30 サーフの横の堤防際でシャローを探ります。
な~んにもいね。T_T

12:00 サーフの隣の小漁港、毎年メッキの群れが着いて楽しませてくれるポイントですが、今シーズンはまだいい思いをしてません。
スロープに出ると本日絶好調な青服さんを発見!
「しめしめ、これはメッキにありついたも同然。(~o~)」
青服さんのところまでスロープを流して行きますが、メッキどころかセイゴのチェイスもありません。
ところが、青服さんの立ち位置まで来ると、チェイス、チェイス、チェイス!(@@;
「いるでしょ、今二つ追加しました。」
「恐れ入ります。(~o~)」
そして私にもすぐヒット!
 しかも良型~。今シーズン最大の18cm。
 続けてお豆。
たくさんいる感じではありませんが、有望ポイントにメッキが来たのは大収穫でした。(^^)

13:00 満潮の小河川河口。
やる気のないマイクロ君はいるようですが、とても自分のルアーに食いついてくれそうな気がしません。T_T

13:30 サーフエンドの小漁港。
なんとなく釣れそうなサイズがチェイスしてはきますが、どうやってもバイトに持ち込めません。
青服さんが一つ掛けましたが、私が掛けたのは・・・
 チンチン君でした。(^^;

14:30 先週群れがいたドブ、でも、案の定濁りがきつくて釣りになりません。
かけあがりでマイクロ君が一つ出ましたが、先週見た群れはどこへやら。
次の台風も控えており、しばらくは濁りとの戦いになりそうです。T_T

16:30 この先ポイントロードを進めても濁りに悩まされそうだったので、先ほどメッキを確認した漁港に舞い戻ることにします。
青服さんと二人でスロープに降りてキャストすると・・・、
いきなりルアーの後で水面がもやもやしているじゃないですかっ!(@@;
コンッ!(@@;
 マイクロ君ですが、今シーズン初のカスミちゃんでした。(^^)
 そしてすぐに次のヒット。
隣でも青服さんが連荘してます。
「いますよねぇ~、これはキテますよねぇ~。(^^)」
「沖目でヒットするからかなりいますね~。(^^)」
「ついに来ちゃいましたかねぇ~。(^^)」
「来ちゃったかもしれませんねぇ~。(^^)」

そして、目の前で一際濃そうな群れが激しくチェイス!
 キターーーー!またカスミちゃん。
 おぉぉーーー!続いてカスミちゃん。
どうやら、1シーズンに1回出会えるかどうかという、カスミメッキだけの群れが目の前にいるようです。(@@;
そうとわかれば、トゥイッチの速度は上げるのが正解のはず。
 水面から背びれを出して追いまくるのはぜ~んぶカスミちゃん。(^^)
 小っちゃくても水面を切り裂く鋭角なチェイス!ん~たまらん。(~o~)
最初の一つと合わせて、カスミちゃんばかり5つ連続。・・・うれぴい。

17:00 私の目の前ではカスミメッキが乱舞していますが、スロープの反対側でも青服さんが張り付いて動かなくなってます。
どうやら、あちらでも連発している様子。(^^;
おそらく「青服スプーン」が炸裂しているはずです。
これまで、マイクロメッキを釣るとなると、何をどうやっても「青服スプーン」には足元にも及ばなかったのですが・・・、
今回の自作豆ジグミノーなら青服スプーンに肉薄できるかもしれません。
 これ、これ。(^^;
 追加。
 更に追加。
 バラシまくりながらも、ひたすら追加。(^^)
スロープの反対側でも、青服さんが連発してそうな雰囲気です。・・・がんばれ自分。
目の前で一際大きな引き波が出て、ゴンッ!(@@;
 おぉ~~~、マイクロだけじゃないみたい。(@@;
 一時キープバケツはすぐににぎやか~。(^^)

17:15 さすがに目の前の群もスレたようで、チェイスも散漫になってきました。
さて、私的にはかなり釣ったつもりですが、青服スプーンに迫ることができたかのか?答え合わせの時間です。(~o~)
青服さんサイドに寄って行くと、これでもかと目の前でもう一匹追加。(@@; 
・・・相変わらず恐れ入ります。
ここでの釣果、私12匹に対して、青服さん・・・・・・・・・・14匹!
やっぱり、青服スプーンは偉大でした~。(~o~)

青服スプーンには敵いませんでしたが、あれだけバラシたので、使い方の改善とフッキング対策しだいではまだやりようがあるかもです。
懲りない手のヒラアジは、次回も難攻不落の青服スプーンに挑むのでした。(~o~)

まぁ、何はともあれ、房総にメッキが到来したことは間違えなさそうです。
これだけの群れがここだけに入ったとは考えにくいので、他にもウハウハなポイントがありそうです。(^^)
2016年8月末、だいぶ遅れましたが、房総メッキ参上!でした。(~o~)

<今週の笑える釣果>
 クイーンフィッシュ?いや、プリンセスフィッシュです。(~o~)

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ 43/200
↑↑↑ついに房総メッキ到着です。お祝いに「ポチ」一つお願いしま~す。(^^)

コメント (4)

0821 ドブ限定、キターーー!

2016-08-28 17:06:00 | 2016今日のメッキ

0821 台風の大荒れで土曜日はパス。
・・・でしたが、家でゴロゴロしていると、仲間のLINEではそれほど濁っていないドブがあるとのこと。
二日も続けて家ゴロしていると罰が当たりそうなので、今週もキチンと出撃することにしました。(~o~)

06:30 最初のポイントは、満潮の小河川河口。
いつもよりちょっと早い到着なので、ポイント独占でウハウハなんて妄想を描いて出てみると、同業者っぽい輩が一人・・・。
朝も早よからkichomenさんでした。(~o~)
もう、前しか見えない感じで一心不乱にトゥイッチしているので、お約束の「コラッ!」でごあいさつ。(~o~)
予想を上回るビビリ方をしてくれたところで、今朝の情報交換です。(^^)
早朝から2~3ヶ所回ったそうですが、どこもドロドロとのこと。
目の前のポイントが比較的クリアなのが奇跡的らしいです。・・・先が思いやられる。T_T
ここでは、プランクトン食い?してるマイクロ君の群れを見つけて一撃必殺。
 まずはお豆さん1ゲットでした。(^^)

07:00 前日の濁りぐあいを聞いていたので、寄り道せずに本命のドブへ直行します。
「う~ん、確かにここだけクリア。摩訶不思議。(^^;」
濁っていない理由なんてどうでもいいので、まずは一投目。
 あらっ、いますねぇ~。(^^)
 んっ?チェイス多発!(@@;
 おやっ?いつもよりたくさんいる感じ。(^^)
到着早々3連発でノリノリ~。(~o~)
しばらくポイントを流して行くと、突然、ワラワラワラ~~~~!(@@;
「おぉぉぉ~~~~っ!マイクロ君ウジャウジャ!」
今シーズン初めてお目にかかる20匹以上のメッキの群れです。
・・・全部超マイクロ君で、とても釣れる相手ではありませんが。(~o~)
このチェイスをきっかけに、更に魚が増えた感じになります。
もう、毎キャストチェイスの連続です。(@@;
ほとんど掛らないサイズなんですが、中には少しお兄さんなヤツがいて、たま~にパクっとな。(^^;
 いいんです、これしかいないんだから。(~o~)
 小さくたって食い方はメッキそのもの。
kichomenさんも初メッキ?ゲット。
 こらっ、何だそのチャラい口元は。(~o~)

08:30 kichomenさんと二人で一時間半も叩いてますが、相変わらずマイクロ君のチェイスは続いてます。
いやぁ~、遂に房総にも群れらしい群れが到着したのかもしれません。
「ありがたや~、ありがたや~、黒潮の恵み、ありがたや~。(~o~)」
そして、今シーズン初となる、ツ抜け~~~~~~~っ!(^^)
 嬉し恥ずかし、「10つ」とは言わないんです。

10:00 さすがにチェイスも散漫になってきたので、ダメ元でポイントロードに出てみます。
・・・ドロドロ。
・・・またドロドロ。
・・・またまたドロドロ。T_T
はい、やっぱり無理です。T_T

14:00 どこも釣りをさせてもらえない状況なので、さっきの好調ポイントに舞い戻ります。
ところが、ほんの数時間経っただけだというのに、今度はマイクロ君のチェイスすらまばらになってしまいました。T_T
仕方なくドブの上流を釣り上がって行きます。
2~3回マイクロ君のチェイスがあった後、足元でいいサイズのメッキが絡んで、ゴンッ!(@@;
 やった~、今シーズン最大17cm。(^^)

15:00 午前中に大盛況だったポイントに戻りますが、マイクロサイズを想定した私のトゥイッチにはチェイスもありません。
ところが!
40~50mmミノーをガンガントゥイッチしているkichomenさんは、チビメッキながらポツポツと追加していくではありませんかっ!(@@;
午前中にあれほど活発に追った私のジグミノーは見向きもしないのに。T_T

・・・午後になって3つしか追加できない私をよそに、
・・・あれよあれよという間に、15匹釣ったというkichomenさんの大まくり劇。(@@;
「フフッ、腕を上げたな、今日のところは引き分けとしておこう。」 ← ウソつくな。(~o~)

調子の出ない房総で、貴重な一群れを見つけていい釣りした・・・までは良かったんですが、度がすぎたマイクロ狙いで策に溺れてドボン。T_T
まだまだメッキ道の鍛練が足りないようです。T_T
でも・・・
今日のところは、ツ抜けしたから良しとしちゃお~っと。(~o~)

<本日の笑える釣果>
 あなたまでマイクロじゃなくてもいいんだよ~。(~o~)

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ 28/200
↑↑↑ 房総もメッキ接岸の気配あり?いよいよ接岸のラストチャンス「ポチ」次回をご期待ください。(^^)

コメント (2)

0814 房総メッキ大凶作?

2016-08-22 23:56:01 | 2016今日のメッキ

0814 恒例のお盆休み二度目の出撃です。
・・・が、あまりの不調さ加減に、楽しいサイトフィッシングができる期待感がまるでありません。T_T
今年の房総メッキ、どうしたんだい~、ヘヘイベィビィ~。
ここまで不調が続くと、人間様も壊れぎみです。
でも、出撃を取りやめるか?と言われるとそうでもない。(~o~)
既に顔と腕はサラリーマンの肌色を超越してしまいましたが、今週もまだ見ぬメッキの大群を夢見て、ピーカンの房総ロードへいざ出撃でした。(^^;

07:00 危うく海水浴渋滞に捕まるところでしたが、ギリギリセーフでいつもの時間にポイント到着。
いつもの時間に到着して、いつものようにスロープを打ってみますが、これまたいつものようにメッキの姿すら見られません。
どうしたんだい、ヘヘィベィビィ~。T_T

08:00 今シーズンまだ叩いていないポイントばかりを2~3ヶ所回ってみますが、海水浴客と釣り客が満員御礼で車を停めるスペースすら見つかりません。T_T
まともに釣りをさせてもらえないまま、いつもの小河川ポイント。
相変わらず釣れないサイズは2~3匹で追ってきますが、20mmのルアーを使っても敵う相手ではありません。T_T
房総に黒潮が接岸しているというのに・・・
どうしたんだい~、ヘヘィベィビィ~。・・・だいぶやられてます。T_T
メッキの代わりにルアーに飛び付いたのは、いつものヤマトカマスかと思いきや、見たこともないほどベィビィなバラクーダでした。(~o~)
 こんなサイズで流れて来るんですねぇ~。(^^)

09:00 いつもの小河川ポイント。
既に干潮を過ぎて河川内に潮が流れ込んでいます。
ストラクチャー周りのはぐれメッキ狙いでポイントを流して行くと、単独チェイスのメッキがいくつか出てきました。(^^)
ところが、今日はなかなか掛らない。
5回も追ったのに、3回も掛け損なって結局1匹。T_T
 ここで取れないと後が厳しくなりそうです。T_T

10:00 しばらくご無沙汰していた河川ポイントに入ってみます。
大小様々なサイズのイナッコが、鼻上げしないで泳ぎ回っています。
こんな状況は、メッキに限らずあらゆる魚の活性が高い証拠なのですが、果たしてメッキは入っているのか?
ポイントを移動しながら15分ほどキャストしたところで、ようやく豆メッキのチェイスを確認です。
「いないことはない・・・みたい。」
ルアーをローテーションしながら更に15分、フルキャストの先でコンッ!(@@;
 粘った甲斐あって1ゲット。
やった、やった、やった~~~。・・・壊れてる自覚あります。(^^)

12:00 何ヶ所か回りましたが、やっぱり今年の実績ポイント以外ではメッキを見かけることすらありません。T_T

14:00 出撃中のkichomenさんと合流して、あてもなく南房方面へフラフラと・・・
確か、今シーズンjesee-edさんが一つ釣っているはずのスロープ。
・・・一つ釣れてれば立派な実績ポイントです。(~o~)
30mmミノーでスロープを打っていくと、15cm級のセイゴ君がメチャメチャ高活性のようで、10匹くらいで猛チェイスしてきます。
ここまで釣れないロードを続けていると、ルアーを追う魚は漏れなく釣ってやろうということになるのですが・・・。
足元のピックアップ際、さすがのセイゴ君もルアーが水際までくるとあきらめて帰っていきますが、その帰り際!
シュシュッと小さなRでヘアピンを描きながら帰っていくヤツがいます。(@@;
「お~~~っと、メッキいたっ!」
セイゴの群れに紛れているパターンです。

次の一撃で仕留めるつもりで、ルアーを20mmのジグミノーに変更します。
次のキャスト、重要なのは本気チェイスさせながらも、セイゴに追い付かせてはいけないってこと。(^^;
ルアーを小さくしたので、セイゴ君のチェイスは更に激しくなりますが、
ぎりぎりセイゴが追い付けない速度でトゥイッチ、トゥイッチ、トゥイッチ。
チュボッ!(@@;
 バッテリーはビンビンだぜぇ~~~~!
・・・釣れても釣れなくても、人間様は壊れてます。(~o~)

・・・でしたが、せっかく繰り出した南房もこれっきり。T_T
台風の荒れ後でどこの漁港も港内がニゴニゴ、赤潮発生でドブ臭くなった港まである始末です。
kichomenさんと暗くなるまで回りましたが、メッキどころか外道すら追加できず。T_T
もう、盆休みも終わるというのに・・・
相変わらず一日回って2~3匹とは・・・
このまま2016年の房総メッキは大凶作となってしまうのでしょうか?
次に控えている台風に期待しながら(不謹慎ですが)、本日の業務終了となったのでした。


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ 台風がメッキを連れてくる?ちょっとだけ期待してます。(^^;

コメント (10)

0811 やっぱりメッキいねぇ~。T_T

2016-08-15 17:44:49 | 2016今日のメッキ

0811 今年もお盆休みに突入しました。
・・・が、例年なら豆メッキのチェイスを目で追いながらサイトゲームを思いっきり楽しんでいるはずなのに・・・、
今年はメッキの接岸遅れから、一日中探し回ってもそんなシーンに出会うことすら稀な状況です。T_T
それでも、「昨日来たかも?」「今日来たかも?」「さっき来たかも?」に淡い期待を込めながら、いつもの房総ロードへ出撃でした。

07:30 いつものポイントからスタートすると、既に青服さんがまったりな感じでキャストしています。(^^;
案の定、メッキのチェイスすらなしとのこと。
次にテトラ帯を攻めるという青服さんでしたが、今回からサンダル履きにしてしまった私はテトラを諦めて別のポイントへ回ります。

09:00 2~3ヶ所スカって、小河川の河口ポイント。
今シーズン仲間内でも何匹か出ているポイントなのですが、毎週立ち寄っても私にはちっとも順番が巡ってきません。T_T
潮位はそこそこ、イナッコが群れていて魚っ気もあります。
最初のキャスト、シャローを通した30mmミノーの後で5~6匹のメッキが本気チェイスしています。(@@;
「食え、食え、食え~~~っ!」
コッ!・・・
「あ゛~~~~~、ミスバイトしやがった。T_T」

次のキャスト、一匹減った群れがもう一度チェイスしてきますが、今度はヤル気のないチェイス。T_T
今シーズンは、魚がいてもこんなのばっかりです。T_T

09:30 潮位があるので、いつもは立ち寄らない小河川の中をチェックしてみます。
30cmもないような流芯ですが、一番深いところをなぞるようにトレースすると、いました、いました!
ゾロゾロゾロ~~~~。
今シーズン初めて見る20匹以上の群れですが・・・、ぜ~んぶ5cm以下の超お豆さん。(~o~)
いくら私でも、これを釣るのはム~リ~。(~o~)
釣れるようになるにはあと一ヶ月かかりそうですが、それまでは大事に見守っておきましょう。(^^)

10:00 数日前に干潮の検証をした小河川ポイント。
今日は満潮前で潮位が高いので、群れを探すというより居残りを拾うような釣りになります。
ド干潮の時にチェックしておいた川底のストラクチャー周りを順番に叩いていくと、
コンッ!(@@;
 居残りのはぐれメッキ、単独チェイスなので食わせるのは至難の業。(^^;
プルンッ!(@@;
 川底に転がっているはずの大石周りから出てきました。
最下流の深みで居残りをやっつけたあとは、数日前の検証の続きとなります。(^^)
今度は、潮位のある時は群れが上流に上っているかどうか?です。
30mmミノーを川幅いっぱいにフルキャストしながら、5m刻みに上流に上ってくと・・・、出てきました。
ポイントは絞りきれず飛び飛びですが、河口からずいぶん上ったところで3回の群れチェイス。(@@;
 その内一回をモノにして一つゲットでした。(^^)
魚の行動が一つ想定できるようになると、それに関連した次の狙いもできてきます。
まだまだ、メッキの行動はわからないことだらけ。
機会があれば、また他の検証もやってみることにします。(^^)

~~~ 迷走中 ~~~ 迷走中 ~~~ 迷走中 ~~~

17:00 散々ポイントロードしましたが、釣れないサイズの豆メッキしか見つかりません。T_T
思い当たるポイントもなくなってきたので、かろうじてメッキが確認できる漁港の長~いスロープを端から端まで叩いてみます。
5m刻みでブレイクラインの先まで投げて、スロープに乗ったところまでに意識を集中します。
2回に一回は1~2匹の超マイクロ君が追ってきますが、フッキングするはずもなく既に長いスロープも終わりかけ。
護岸際に投げた最後のキャストに、ギリギリ釣れそうな3匹がチェイスしました。
コンッ!(@@;
「やった、やった、やった~、満足。(^^;」
 執念の一匹追加、どんな満足感やら。(~o~)

もう8月も中旬だというのに、一日中探し回っても3~4匹釣るのがやっと。
今シーズンはこんな状態で終わってしまうのではないかと、ゾッとしっぱなしの今日この頃です。T_T
まぁ、唯一の期待感は、8月に入って黒潮が接岸傾向にあるってことくらいでしょうか。
 この潮に乗っかって大挙して押し寄せて欲しいものですなぁ~。

「デカイの釣れてくれ」なんて贅沢は言いません。
今年のメッキがいつも通りに房総に来てくれればそれでいいんです。
2016年生まれのメッキちゃん、今からでもいいんだよ、南紀にも伊豆にも寄り道しないでまっすぐ房総へおいで。
房総良いとこ一度はおいで~♪、酒は美味いしねーちゃんはきれいだ~。♪
少々壊れぎみかも?(~o~)
次回に期待しましょう。(^^;


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ 今年のメッキが無事に房総へたどり着けるよう、「ポチ」してお祈りお願いします。(~o~)

コメント (8)

0806 DNAの仮説と検証

2016-08-15 11:00:37 | 2016今日のメッキ

0806 メッキ開幕宣言はしたものの、今年の房総はメッキの接岸がかなり遅れています。
一日中探し回って2つか3つ、しかもかなり特殊な釣り方をしないと釣れないくらい小っちゃいヤツばかり・・・。
あらためて、開幕宣言がちょっと早すぎたかなぁと反省しております。(~o~)
そうは言っても、しっかり探せばメッキはいるわけで、メッキがいれば釣りに行かない理由がないわけです。(~o~)
まぁ、厳しいのは承知の上で、今週もいつもの房総ロードへいざ出撃でした。(^^)

07:00 いつものポイントからスタート。
潮位があってスロープにもしっかり水が被っていて、そこそこゴミも浮いていて、ベイトもチラホラ。
これ以上ない好条件なんですが・・・、肝心のメッキがいません。T_T
やっぱり、まだ群れが接岸してないんですよねぇ~。
・・・もう8月上旬だと言うのに。

07:30 海水浴客が押し寄せる前に、公園の駐車場に車を入れて、潮位のあるドブを打ってみます。
前回も釣れたポイントなので、メッキがいることはわかっているのですが、潮位のある状況ではどうなるのか?
・・・グーフーの猛攻を受けて敢え無く退散でした。(~o~)

~~~ ポイントチェック ~~~ ポイントチェック ~~~

そう、釣りをしているわけではなく、ポイントチェックをしているだけなのです。
接岸遅れとは言っても、昨日、今日、さっき到着したメッキもいるんじゃないか?
そんなフレッシュランを見つけるためのポイントチェックをしているんです。
自分への言い訳・・・むなしい。T_T

10:30 2時間以上も探し回ってメッキの姿すら見られないと、自然と実績ポイントに足が向いてしまいます。(^^;
他にあてもないので、今日は干潮のドブでメッキの移動をじっくり検証してみることにしました。

これまでの釣果を潮時プロットすると、水深の浅い小河川では干潮前後の最下流に釣果が集中しています。
あくまでも、経験から染みついているポイント選定・潮時選定ではありますが、この傾向は仲間内でも共通しています。
それでは、なぜド干潮の最下流にメッキが集まるのか?
考えやすい仮説は、「ベイトが移動するから」というもの。
ド干潮の溜り水に、水面を覆い尽くすようなイナッコの群れがいるのは、よく見かける光景です。
そういうベイトの移動に吊られてメッキも移動すると考えるのは順当とも言えます。
しかし、河口が開いていて溜り水にならないような小河川でも、干潮に下流に集まるメッキの行動は共通していたりするのです。
そこで、こんな仮説を立ててみました。
そもそも汽水が好きで河川に入り込む習性があるメッキは、汽水に向かう本能を持っていることになります。
「走汽水性」とでも言うのでしょうか?・・・そんな単語はググっても出てきませんが。(^^;
これは本能による行動なので、DNAに刻まれて脈々と累代されている遺伝的性質と言えます。
しかし、汽水は潮位の変化によって干上がってしまう可能性があるわけで、汽水を好む魚にとっては危険な場所でもあるわけです。
その危険性を回避しながらDNAを累代するには、「干上がるような場所に長く居続けない」本能行動が必要になるのでは?と考えてみました。
こう考えると、ド干潮には最下流に降りてくるというメッキの本能行動が、アングラーにとって一つの「狙い」になりうると考えたわけです。
・・・まぁ、汽水を好むベイトも同じ行動をしているんですけどね。(^^;

ド干潮の二時間前、ポイント入りして投げずに干潮を待てるわけもなく、とりあえず目の前にキャストしてしまいます。(~o~)
コンッ!(@@;
 いきなり釣れてしまいました。(^^;
干潮前で降りてきた魚なのか?、それともここに居残っていた魚なのか?、検証と考察には都合が悪いので忘れることにします。(~o~)

11:00 15分に一回くらいのペースで、目の前の最下流の深みを叩いてみますが、さっきの出会い頭を除いてチェイスもバイトもありません。
他にすることもないので、仲間のLINEに「干潮待ち」「必ず来る~~~」とコメントを入れると、貞子だとバカにされます。(~o~)
 貞子ちゃうわ!(~o~)

11:30 潮時のド干潮の30分前ですが、ついにソコリとなってこれ以上水際が引かなくなりました。
河川内の魚が感じている「ド干潮」はこのタイミングのはずです。
15分間隔の定期観測で、イナッコの群れの中に20mmのジグミノーを放り込むと、プルンッ!(@@;
 キターーーーッ!
とんでもなくお豆なヤツが釣れてしまいましたが、これが狙いの行動とリンクしているかどうか何とも言えないところです。
まぁ、既定サイズ以下ということで、これも忘れることにします。(~o~)

11:45 降りてくるとしたら、目の前のポイントの最も上流側で最初に釣れるはずです。
(実は、この時、到着したての青服さんが最下流に入っていたのです。)
上流側の水際に立って、今度はちゃんと?30mmのミノーで流芯の深みを狙います。
着水直後のトゥイッチで、コンッ!(@@;
「キターーーーーーーーーーーッ!」
 ホントに来ました、メッキが降りてきたんです。(@@;
画像撮ってバケツに一時キープして、もう一度流芯の深みにキャスト、コンッ!(@@;
「もう一丁キターーーーーーーッ!」
 いやぁ~、これは間違えなく降りてきてます。(@@;
更に、最下流でやっていた青服さんも上流側に合流して一匹。

メッキの本能行動かどうかは別としても、このタイミングでメッキの群れが上流側から降りてきたのは間違えありません。
なぜそう言い切れるかというと、一匹目が釣れたタイミングで青服さんが最下流でやっていましたが、チェイスもバイトもなかったとのこと。
ところが、上流側で二人で3連発して最下流に移動したら、二人ともチェイスが頻発したのです。(@@;
・・・二人して掛けそこねましたが。T_T

これが摂餌目的によらない本能行動かどうか?
そんなことは、これ以上いくら検証してもハッキリするわけではありません。
でも、新たな視点がこれまでと違う狙いを生み出すとしたら、アングラーにとって仮説と検証は意味のあるものになるかもしれませんね~。(^^)

18:00 干潮のドブではいい釣りをしたつもりでしたが、それ以降は何事もなくいつものダメダメロードに逆戻り。T_T
いよいよメッキを諦め・・・たわけではないのですが、夕まずめの回遊ポイントでショゴを狙っている自分がいたりするわけです。(~o~)
 まぁ、釣れれば嬉しい。(^^)
 今年はショゴも貴重な釣果ですから。(~o~)

一日中ロードして、豆メッキ4つ。
でも、この4匹のメッキは今後の自分の釣りに大きく影響する4匹と信じて、本日の房総ロードを終了したのでした。(^^)


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ ブログランキングに参加しています。このバナーを「ポチ」として応援お願いしまーす。m(__)m

コメント

0803 房総メッキ開幕宣言!

2016-08-08 22:47:53 | 2016今日のメッキ

0803 水曜日ですが、有休消化でお休みです。(^^;
7月上旬に一番メッキを釣って以来、チラッと見かけることはあっても、釣れそうな魚にはさっぱり出会えません。
そうこうしているうちにもう8月、あらためて臭いポイントを総流しするつもりで、平日の房総ロードへいざ出撃でした。(^^)

07:30 ショゴの様子もうかがいながらのスロープポイント。
ポッパーを投げたいのをグッとこらえて、まずはマイクロミノーで長いスロープを一流し。
2~3キャストしたところで、久々のメッキチェイスです!(@@;
・・・が、30mmミノーでもムリっぽい超マイクロ君。
「早く大きくなってくれよぉ~。(^^)」
ショゴもお留守のようなので、次。

08:00 ベイトっ気があるので、ちょっと寄り道でセイゴ狙い。(^^;
スロープのブレイクライン先で、サスペンドミノーをトゥイッチしてロングポーズを入れると、ゴンッ!(@@;
 狙い通りに出ると相手は何であれ嬉しいものです。(^^)

08:30 干潮前の小河川ポイント。
例年、早い時期にマイクロメッキが入るポイントですが、今年はまだメッキを見かけていません。
残り水の溜まりに30mmミノーを放り込むと、チェイス、チェイス、チェイス!(@@;
「おぉぉぉ~~~!キタ、キタ、キターーーー!」
いきなり10cm↓の超マイクロメッキが5~6匹で追ってきました。(@@;
本気で
ルアーを追うメッキを見たのは、今シーズン初めてかもしれません。(^^;
しかし・・・、ルアーに絡むところまではいきましたが、バイトには持ち込めず。
「いやぁ~、小っちゃかったなぁ~、次で掛けないとスレちゃいそうだなぁ~。」
どうしても取りたいので、次のキャストはマイクロ君対策に作った20mmのジグミノーに変更します。
 マイクロ対策で作ったこんなヤツです。(^^;
あまりにも小さくてアクションしないので、ロッドをビブラートさせて水面直下を走らせます。
「またキターーーー!」
同じ群れがもう一度チェイス、何とかバイトに持ち込もうと、更にロッドアクションを入れたところで、コンッ!(@@;
超マイクロ君の下からちょっとお兄さんサイズが出てきてひったくっていきました。(^^)
 ヤッター、やっぱりメッキはサイトに限る。(~o~)

画像を撮って一時キープして、二匹目のどじょうを狙います。
先ほどと同じコースへもう一度。
チェイス、チェイス、チェイス!(@@;
そして、再びコンッ!
 いやぁ~、小さくてもやっぱメッキのヒットシーンは最高!(^^)

さすがに5~6匹の群れはスレてしまいましたが、別のコースへキャストするともう一群れ出てきました。
今度はチェイスした超マイクロ君がそのまま、コンッ!
 これは小さ~~~い。(~o~)
反則ギリギリのルアーですが、いいんです、楽しくメッキが釣れれば。(~o~)

09:00 上機嫌のまま隣の漁港。
干潮でほとんど干上がってますが、ドブの払い出しに30mmミノーを通すと、またもやメッキのチェイス!(@@;
あまりにも浅すぎて、2回チェイスしておしまいでした。
でも、なんだかあちこちでメッキが見られるようになってきました。(^^)
まだ数釣りできる状況ではありませんが、ひとまず、2016年の房総メッキ開幕宣言としておきましょう。(^^)

09:30 そのまま漁港の最奥へ移動して、今度はショゴを探してみます。
いた、いた、いました。(^^)
港の真ん中にちょうど10匹の群れがボラになって浮いてます。
ぶらさがっていた30mmミノーをフルキャスト、ピピピッとアクションを入れると群れごとすっ飛んできました。(@@;
ゴンッ!
 朝から狙い通り連発で、出来すぎ~。(^^)
次のキャスト・・・さすが毎日叩かれているヤツらだけあって、もうチラ見するだけです。
さて、次はどう攻めようか?
まだ浮いているので、シンペンのテロテロトゥイッチで攻めてみます。
 これ、意外と効くんですよぉ~。(^^)
さすがに、二つ取るともう群れが沈んで見えなくなってしまいました。
こうなったらワインドの出番です。(^^)
 ボトムまで沈めたワインドのアクションで、まんまと一つ追加でした。(^^)

さて、ここまでは順調すぎるほど狙い通りが続いていたのですが・・・
エリアを変えたら、とんでもないことになりました。T_T
濁って生臭い水、漁港一面のゴミ、ベイトっ気まるでなし、きびしぃ~~~。T_T
夕まずめまで粘ってみたものの、マイクロセイゴがいくつか釣れただけ。
まぁ、今日の釣りは09時までってことにしておきましょう。(~o~)
なにより、房総メッキ開幕です。
今シーズンも思いっきり楽しんじゃいましょー。(^^)


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ 2016年の房総メッキ、いよいよ始まりました。「ポチ」して開幕をお祝いしましょー。(^^)

コメント (8)

0723 ショゴいねぇ~2回分。T_T

2016-08-05 00:07:54 | 今日の釣りネタ

0723 ショゴバトル関連で4つも記事アップしたら、それ以降めんどくさくなってまたおサボリでした。(^^;
7月にポツンと一番メッキが釣れたものの、それ以来、仲間内でもメッキの目撃情報すらありません。
メッキが到着するまでは・・・やっぱりショゴを狙うしかないですね。(^^;
ってことで、いつものように、メッキの様子をうかがいながらのショゴロードとなったのでした。(^^)

07:30 朝一で前週のショゴポイントに入ってみましたが、な~んにも反応なし。
やっぱり、ショゴバトルの釣果はまぐれ当りだったのかもしれませんね~。(^^;

18:00 この時期、スロープからセイゴとチンチンが狙えるポイント。
まずはポッパーでシャローのチンチンを狙います。
ポコ、ポコ、ポコ、・・・モヤモヤ・・・パチャ!(@@;
「おぉ~、出たっ!・・・けど乗らない~~~。」
「うぅ~、また出た!・・・けどやっぱり乗らない。」
「あ゛~、どうしてコイツらフック咥えてくれないの・・・。T_T」
釣れれば嬉しいターゲットなんですが、精神衛生的にはうかつに狙わない方がいいかもです。(~o~)
チンチンポッピングは3バイトで諦めて、自作のミノーでセイゴを狙います。
プルッ!(@@;
 30mmミノー投げればこうなりますよね。(^^;

~~~ 中略 ~~~ 中略 ~~~ 中着 ~~~ 

13:30 エリアを変えて、ショゴ着きの係留船周り。
ポッパーで様子をうかがっても、レンジを下げてミノーで探ってみても、ま~ったく反応なし。
でも、そんな時は・・・やっぱ、ボトムまで落としてワインドでしょ。(^^;
 ようやく出ました。本日の一匹目。(~o~)

~~~ 更に中略 ~~~ 更に中略 ~~~

15:30 漁港の奥まったポイントで、ヘチ着きのショゴを狙ってみます。
もう、魚が見えないのでワインドでしか釣れる気がしません。
ヘチ打ちで漁港をグルリと一周するほど叩いたところで、ようやく2匹のショゴがチェイス!
 激しいアクションでその気にさせて何とかゲットでした。(^^;

~~~ またもや中略 ~~~ またもや中略 ~~~

18:00 何ヶ所か回りましたが、この日はどこへ行っても魚っ気のない漁港ばかり。T_T
仕方なく、先ほど一匹だけショゴが釣れた港に舞い戻って、トワイライトポッパータイムです。(^^)
ポコ、ポコポコ、ポコ、ポコポコ・・・バシャ!(@@;
「よし出たっ!乗った!・・・かな?」
 水面を割って出たのは・・・お呼びでないヤツでした。T_T
以上、0723のダメダメなショゴ沈釣行でした。T_T


0730 この時期は、懲りもせず毎週出撃なんです。(この時期だけじゃないんですが。(~o~))
先週と同じコースでショゴ・メッキロードをスタートします。
最初のポイントは・・・いつもの通りスカ。
いよいよ、ショゴバトルの釣果は、神憑り的なまぐれ当りってことになってきますね。(^^;

08:30 精神衛生的に悪いのはわかっていても、ここに来るとやってしまいます。
そう、チンチンポッピング。(^^;
ポコ、ポコ、ポコ・・・モヤモヤ~~~。
「ほら、出ろっ!そら、食えっ!・・・あ゛~~~。T_T」
何をどうしたらフッキング率を高めることができるのでしょう?
どなたかレクチャーしてください。m(__)m
気を取り直して、スロープからサスペンドミノーでセイゴ狙い。
ゴンッ!(@@;
「キターーーー!狙いすました一発!・・・んっ?じゃないの?」
 狙うと釣れない、狙わないと釣れる、天邪鬼君でした。(~o~)

~~~ ま~ったく釣れない ~~~ ま~ったく釣れない ~~~

15:00 結局、先週釣れたポイントで、先週釣れたような釣り方をしているワタシ・・・我ながら志が低い。T_T
ところが、先週と違うのは、そこそこベイトっ気があること。
・・・で、足元までワインドしたルアーにグリングリン絡んで来たのは、珍しいことにイトヒキアジ!(@@;
確かに、ヤツらはワインドのような縦アクションのフェチではあるんですが、今日の絡み方は半端じゃないほど。(~o~)
なにせ、ワインドさせている私のラインに長いヒレが絡まっているくらいですから。(~o~)
ゴンッ!・・・やっぱり。
 釣れたというより絡みすぎて掛った・・・って感じですね。(~o~)

15:30 しばらくワインドを続けていると、ルアーの後でギラギラッとしたような・・・。
少しだけワインドのレンジを上げてみると、案の定5~6匹のショゴがルアーに絡んでいます。
イレギュラーにワインドさせてロングフォールさせると、まんまとヒットでした。(^^)
 サイトのワインドも興奮しますよぉ~。(^^)
この絡みでショゴの群れにスイッチが入ったのか、突然ボイルが出始めます。(@@;
2ヶ所あるブイのどちらかで、3分に一回はド派手なボイルとなるのですが、ブイとブイの間は40mほど。
どちらかに的を絞ると、その反対側でボイルする・・・よくある話です。(~o~)
仕方がないので、ブイとブイの間に立って両方に届くルアーをぶらさげます。
ボックスの中で一番飛びそうなヤツ・・・クリポの大でした。
・・・で、次のボイル。
ロングキャストでボイル直撃!・・・にもかかわらず、ルアーが水面に出た瞬間にド派手なバイト。(@@;
 いやぁ~、こういう釣りは満足感高いです。(^^)
 ワインドに戻してもう一つ釣ったところでスイッチOFF。

いる所にはいる、いない所にはいない。
いても食わなかったり、いれば無造作に食ったり。
一日中ロードしても2~3匹、でも、一攫千金当てればウハウハ。(^^;
相変わらず神出鬼没でツンデレなショゴ君ですが、この時期手強い相手だからこそ熱くなれるんですよねぇ~。(^^;
皆様も、そんなショゴ君に勝負を挑んでみてはいかがでしょうか?(^^)


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑↑↑ これを「ポチ」っとしていただくと、管理人のモチベーションが↗↗になります。(^^)

コメント (2)