手のヒラアジのメッキ道鍛練中

千葉県をホームにライトタックルのルアーフィッシングしてます。特に外房のメッキはライフワーク・・・かな?(^^;

0928 ディープフロンティア惨敗

2008-09-28 22:53:25 | 2008今日のメッキ
0928 今週こそ家族サービスに徹するつもりでしたが、前日に爆釣メールをいただいてしまうと・・・(~o~)
前日にせがれと約束していた「Wii」を購入。
→せがれは2人、コントローラーは2個。
→おやじがいると順番が回ってこない。
→そこで、せがれはない知恵をふりしぼって考えた。
→「おとーさん釣り行ってきていいよ!」
→「それでは、お言葉にあまえて。(^^)」
あらゆる環境を味方にして、今週も出撃となったのでした。(~o~)

08:30 チョイ寝坊でポイントに到着すると、なんだか水面がザワついてます。
タックルを準備しながらチラチラと水面をうかがっていると、目の前で「ジュボッ!」(@@;
メッキでもなく、シーバスでもなさそうですが、なんだかそれなりにデカそうです。(^^;
3lbのメッキタックルをセットしてしまったので、とりあえずこれでファーストキャスト。
「ゴンッ!」いきなりヒットしてしまいました。(@@;
フルキャストの先でキラキラ光りながら暴れてます。
「あれっ?メッキかな?」と思った次の瞬間、ジィィィ~~~~!
3lbラインをずいぶん出されてようやく上がってきたのは、35cmのサバ君でした。(^^)
どうやら、港内にシラスが入っているらしく、サバの群れがこれを追っているようです。
しばらくすると、第二クール突入。
ゴンッ!→ジィィィ~~~→フッ?・・・・・・あれぇ~~~(T_T)
今日メインに使おうと思っていた虎の子のダイビングビートルをむしりとられてしまいした。(><)
4lbラインに変えて2本追加したところで、またもやブレイク。
やっぱり、3lbや4lbの使い古しラインで太刀打ちできる相手ではなさそうです。
「こんちくしょー、PEでブイブイいわしてやる。」
PEで2本取ってロストルアーの敵討ち、とりあえず気が済みました。(~o~)
 ふだんはPE使わないので、ヒットの衝撃は快感です。(~o~)

さて、本業復帰でメッキを探します。
今日のテーマは「ディープ」、いつものポイントばかりじゃ能が無いし、ディープにはデカイの居そうですから。(^^;
いつもはやらないような場所ばかりを、メタルジグとシンキングディープミノーで探りますが・・・
「サバが入ってメッキが散ってしまった」ことにして、次のポイントに移ります。(^^;

次のポイントでも、同じようにディープを専門に攻めてみますが、・・・反応なし。
更に次のポイントでも、その次も、そのまた次も・・・とにかくディープ専門に狙ってみますが、チェイスすらありません。
「いつも通りのポイントを流していたら、とっくに釣れてただろうなぁ~・・・えぇ~、もう14:00?。」
このままディープフロンティアをするか?、ボウズ回避で癒しポイントに行くか?
・・・悩んだ結果、癒してもらうことにしました。(~o~)

14:30 いつもの癒しポイント到着。
一投目からチェイスしてきますが、相変わらずサイズは物足りないヤツばかり。
 さすがに10cmを切るヤツは見かけなくなりました。(~o~)
いくつか取って、少し沖目にキャストすると、けっこういい引きのヤツがヒットしました。
 ここでは、これでも大きい方です。
どうやら、お兄さんチームが沖目を回遊していたようで、この一匹を皮切りに確変モード突入です。(^^)
ほとんど20cm絡みのギンガメばかり6連発でした。(^^)
 携帯変えたので、少し画像がまともになりました。
ここでは、13匹取って半日分のイライラをすっかり癒してもらったのでした。(^^)

最後に、夕まずめのハイテンションメッキを探しにポイントロードすることにします。
一ヶ所目は、チビメッキが何回かチェイスしましたが、お呼びでないので早々に見切って次へ。
二ヶ所目は、チビメッキとコトヒキが入り乱れてチェイスしてきます。
足元まで追わせて強引に食わせますが、なぜかヒットするのはコトヒキばかり。(T_T)
ここも深入りせずに次のポイントへ。
既に日没後で薄暗くなった中、最後のポイントで活性の高い群れを引き当てました。
今日一の22cmと、21cmを2つ。(^^)

ディープの新たなポイントは見つかりませんでしたが、秋サイズのメッキに癒してもらえたので、また一週間仕事がんばれそうです。(~o~)
コメント (9)

elfin Fish と Migty Pepper 35

2008-09-27 01:23:07 | お気に入りのメッキハンター

このカテゴリー久々の更新です。(^^)
今シーズン(2008年)の房総メッキは、一ヶ月ほど遅れてスタートしました。
当然、メッキの成長も例年より遅めで、9月末だというのにまだ10cm級のチビメッキがいたりします。(^^;
今回は、このチビメッキ対策ミノーのおすすめ2品です。(^^)

ここで、
「10cmメッキなんか釣ってどうするの?」・・・と言う方は、内容がセコ過ぎますので他の記事をどうぞ。(^^;
「10cmメッキでもがんばりまっせー。」・・・と言う方は、そのままお読みください。(~o~)

メッキは好奇心旺盛なので、体長と同じくらいのルアーでもチェイスしてしまいます。
しかし、安定してバイトを稼ぐには、さすがに「体長の1/3以下」のルアーが望ましいと考えます。
小型ミノーと言えば、「50mm」が代名詞的なサイズですが、これを3倍すれば「150mm」・・・普通に釣れるチビメッキのサイズです。
しかし、これより小さい「100mm」のメッキとなると、なかなか釣れないイメージではないでしょうか?
時期によっては、150mmメッキより100mmメッキの方がはるかに多いこともあるはずですから、これを釣るにはルアーサイズを合わせてやることが必要となります。

一つ目は、タックルハウスの「elfin Fish」41mmのミノーです。
 ナチュラル系のカラーが揃っているのも嬉しいです。(^^)
トラウト用としてelfinシリーズで発売されているルアーの中で、最もオーソドックスな形状のミノーです。
ストリーム仕様の設計となっているそうで、ローリングアクションを中心になんとも軽やかな泳ぎをしてくれます。(^^)
細めのリップは、「水を逃がすのが得意」というイメージで、小刻みなトゥイッチから理想的なヒラ打ちアクションが生まれます。
また、チビメッキは直線的に加速する動きにもよく反応するので、「ファーストリトリーブ&ストップ」といった使い方も効果があります。
飛距離が稼げてトゥイッチ抵抗が少ないので、チビメッキを想定する時のパイロットルアーとしてもおすすめです。(^^)

もう一つは、ティムコの「Migty Pepper 35」です。
 従来サイズ(70mm?)は、シーバスでお世話になりました。(^^;
従来サイズは「しっかり泳ぐ」感じのシーバスミノー?なので、このサイズも「水をしっかり掴むのが得意」なイメージです。
しっかり泳ぐ優等生なので、トゥイッチで誘う場合は、少し強めにはじいてダート幅を長く取るのがおすすめです。
そして、「elfin Fish」より小さくまた先行深度が取れることから、スレて沈んでしまったチビメッキに使うのが効果的だと思います。(^^)

「elfin Fish」で一群れから2つ3つ取って、スレてチェイスがなくなってきたら「Migty Pepper 35」でもう1つ2つ追加する。
・・・なんてのが理想ですね。(^^)

コメント (6)

0923 伊豆詣2日目

2008-09-24 22:47:44 | 2008今日のメッキ

0923 毎年「伊豆詣」は車中泊して翌日の午前中も楽しんで帰ってくることにしてます。
・・・というよりも、当日は疲れ果てて帰ってこれないからなんですが。(~o~)
日没までメッキやって、町営の温泉にゆっくり浸かって、常夜灯のある明るい港に車をつけて、
缶ビール1本飲んだら翌朝までグッスリです。(^^;
それでも、年々車中泊では一日の疲れが取れなくなってきました。・・・もう立派な中年ですから。(~o~)

そんなわけで、06:30にポイントの目の前で起床。(^^;
一年に一回しか使わない歯ブラシを引っぱり出して、歯磨いて顔洗ったらいざ出撃です。
とりあえず、昨日実績のあったお手軽なポイントから攻めてみます。
干潮でかなり干上がってますが、昨日メッキが出てきた所はなるほど変化があるのがよくわかります。(^^)
何ヶ所かで反応があって、ストラクチャー周りからサイズまちまちのギンガメの群れが出てきました。
 昨日の群れとは別の群れが入ってきたようです。
 伊豆にもこんなのいました。40mmミノーの威力!(^^)
干潮にも関らず、朝一の小一時間で5つゲット、昨日よりはるかに効率のいい釣りができました。(^^;

今日は午前中あがりなので、一ヶ所に長居せずポイントを流しながら戻ることにします。
昨日流してもほとんど反応のなかったポイントばかりですが、今日は狙いを変えて群れを探してみます。
う~ん、・・・それにしても、いない。(~o~)
実は、前日に野地さんからヒントとなるキーワードをいただいて、自分なりに噛み砕いてメッキを探してみたのですが、・・・
どうやら、キーワードの解釈を間違ったのかもしれません。(~o~)

10:30一つもメッキを探せず、ついに最後のポイントに到着してしまいました。
ここは初めて来る港ですが、港内にメッキがたまりそうな条件があちこちにみられます。(^^)
伊豆詣最後の期待を込めて岸壁沿いにファーストキャスト!
ルアーが着水すると同時に、10cmほどのメッキ?の群れが30匹ほどワラワラと沸いてきました。(@@;
・・・が、ルアーの数センチ手前でピタッと止まって帰って行きます。???
しかも、このメッキ?何だか色が違う。・・・赤いメッキ?っていたっけ???
次のキャストで魚を足元で浮かせると、赤いメッキの正体がわかりました。
ルアーに付いてくる無数の魚は、なんとぜ~んぶ放流物のマダイのお子ちゃまでした。(^^)
それにしても、毎キャストぞろぞろとルアーを追いかけてきて、中にはつっつくヤツもいます。
こうなると、私の小物族の血が・・・騒ぐぜぇ~~~。メラメラメラ~。(~o~)
何度か見切られるうちに、ヤツラのツボにはまるアクションを見つけ出し、釣ってはいけないと気にしながらも5連続ゲットでした。(^^;
 赤いメッキ。放流物なんで釣っちゃいけませんよ~。(~o~)

その後、時間いっぱいまで港内を探って歩きましたが、どこへ行っても赤いメッキのオンパレード。(^^;
シャローで単発の小メッキを一つ取りましたが、結局、赤いメッキにからかわれてタイムアップとなってしまいました。

今年は、台風一過で厳しい条件ではありましたが、なんだかんだで二日間存分に「聖地のメッキ」を楽しませてくれました。
最後に、海に、川に、そして温泉に最敬礼しながら、聖地伊豆を後にしたのでした。(^^)

コメント (4)

0922 2008年の伊豆詣

2008-09-23 22:17:32 | 2008今日のメッキ

0922 私は房総がホームですが、「関東のメッキの聖地は?」と聞かれたら、迷わず「伊豆」と答えるはずです。
なんと言ってもポイントが多彩で、特に河川内が狙えるのが魅力的です。・・・水もきれいですし。(^^)
そんな伊豆に、毎年この時期「伊豆詣」と称して出かけておりますが、今回は雨の影響で予想以上に厳しいロードとなってしまいました。(T_T)

前日の夜から出発して、千葉市内から250km,4時間弱のロングドライブです。・・・いつ来ても遠い。(T_T)
02:00頃到着して、とりあえず「夜メッキ」を狙って見ることにします。
明るいライトのある橋の下に出ると、「ジュボッ」っという音があちこちで聞こえます。
いやな予感がしましたが、とりあえずいつもの3lbタックルでメッキミノーをキャスト。
1回、2回、3、ゴンッ!(@@;
一瞬メッキかと思いましたが、その直後にドラグがジィィィ~。・・・やってしまいました。(T_T)
ルアーロストがいやなので、ラインがチリチリになるまでドラグ使って取りました。フッコ君50cm。
その後、もう一発・・・これはフックアウトしてくれました、他にはセイゴ、マルタ40cm。
・・・何釣りにきたんだかわからないので終了、雨も降ってきたので朝まで仮眠です。(^^;

ぐっすり眠って06:30起床、いよいよ今年の伊豆メッキロード開始です。(^^)
とりあえず、ダメ元で川をのぞいてみますが、案の定ドロ濁りと一面のゴミ浮きで見込みなし。(T_T)
仕方なく漁港ロードに出てみますが、干潮も重なってメッキの姿はさっぱりです。
1ヶ所だけ4-5匹の群れが2回チェイスしましたが、最後のバイトに持ち込めずノーチャンス。(T_T)

メッキどころか外道のチェイスもないまま8ヶ所目、時刻は既に10:00近くになっています。
やばそ~な雰囲気がただよい始めたところで、ようやく伊豆ロードの初メッキが出てくれました。(^^)
ダツを避けてファーストキャストを足元へ落としたのが正解だったみたいです。
次のキャストでヒットルアーはダツの餌食となってしまいましたから。(T_T)
 一匹釣るのに3時間半もかかりました。(T_T)

10:30に本日の目的地に到着。
ここの河川はそれほど濁ってないようですが、いつものポイントを流しても河川内にメッキの姿がありません。
水温低下か?濁りを嫌ったか?ベイト不足か?・・・
川筋を流していると、ルアーの後で何回もギラッとします。
どうやら、流れの深みにかなりの数のセイゴの群れがいるようですが、なかなかバイトしてくれません。
流れに乗ったルアーの数センチ手前まで来ては、こちらをバカにするように見切ってくれます。
こうなると、小物族の血が騒ぐぜぇ~。メラメラメラ~~~(~o~)
色々やった結果、「流れより早くリトリーブしてピタッ!」これでへそ曲がりのセイゴ君も口を使うことがわかると、バタバタと6連発でした。(^^;
 食いしん坊君。腹がいびつに膨らんでるのわかります?(^^;

11:30になりましたが、実はまだメッキ一つだけだったりします。(^^;
あわてて目ぼしいポイントを流していくと、河川内のシャローとサーフでなんとか一つずつ出ました。
  ロウニンもギンガメもサイズはイマイチ。

釣れないので、昼飯の時間を返上して更にポイントを流していきます。
相変わらずメッキのチェイスはほとんどありませんが、ルアーの後に見慣れないヤツ発見。
3回目のキャストでまんまと食わせて取り込んでみると・・・珍客でした。(^^)
 魚種調査中。(^^; ストライプのないヤツは房総にもいますが。
そして、更に珍客連発。(~o~)
 いくら川だって、アナタ本気ですか?オイカワ(~o~)

15:30までに小場所で居付きのロウニンを3つ追加しましたが、やっぱり群れのチェイスはありません。(T_T)
ここで、最初の河川ポイントに戻ってみると、先程よりかなり濁りが取れてきてます。・・・さすが伊豆。
こうなれば、いつもの所にメッキの群れも入ってきてるかも?
流れのヨレの中を通すと、今日初めてみる10匹以上の群れらしい群れがチェイスです。(@@;
あっという間にスレてしまいましたが、画像を撮る時間を惜しんでキャストを繰り返し、なんとかこの群れからチビロウニン4つでした。(^^)
 外道の画像ですが、↑の画像と水の色違うでしょ?(^^)

16:30いよいよ夕まずめのゴールデンタイムです。
群れが港内にいる気配がないので、ラストはお出かけ想定でサーフのシャローに賭けてみることにします。
ポイントに着くと先行者1名、隣でやらせていただく了解を得て波打ち際にキャストするとすぐヒット。(^^)
2-3匹の群れがパラパラと回っているようです。
小さいのを3つ取って、日没ギリギリになってようやく本日最大の21cmがヒットして、2008年の伊豆詣を締め括ったのでした。(^^)
 これで最大。いつもならこれがレギュラーサイズなのに。・・・
(先行の方へ:後から入って釣ってしまいました、ごめんなさい。m(_ _)m)

数もイマイチ、サイズもイマイチでしたが、厳しい条件の中でもむりやり結果を出すことができたので、自分では合格点をあげることにします。(^^)
来年はいい条件の日に来れるよう、一年間日頃の行いを正しておきまーす。(~o~)

コメント (7)

記事訂正のご案内

2008-09-19 00:00:38 | 今日のネタ
記事訂正および加筆のご案内です。
9月16日の記事「腰抜けって何?」において、私の至らぬ表現から誤解を生じることとなり、関係各位に多大なご迷惑をおかけすることとなってしまいました。
あらためて、関係各位に心よりお詫び申し上げるとともに、誤解を招かないよう記事の修正と加筆を行いました。

修正前の当該記事をご覧になった方々>
お手数ですが、今一度修正および加筆記事を再読いただき、「記事の内容が特定のロッドに対する誹謗中傷を意図したものではない」ことをご確認お願いいたします。

私の不手際から、ここをご覧の皆様にもお手数をおかけすることとなり、誠に申し訳ございません。
本件を反省し、今後軽率な表現・発言がなきよう努力いたします。
今後も「手のヒラアジのメッキ道鍛練中」をどうぞよろしくお願い申し上げます。m(_ _)m
コメント (5)

・・・ということで、NEW ROD購入

2008-09-16 23:56:58 | 今日の釣りネタ
前の記事の通り、長年愛用したロッドがジョイントのメンテナンス不足のため、アクションの違和感を感じているようで、今シーズン後半の釣行に若干不安があります。
・・・ということで、NEW RODを購入することにしました。(^^;

現在のロッドはメンテナンスに出すとして、これから始まるシーズン後半戦用のロッドを選定してみました。(^^;
選定コンセプトは、
「4lbラインで7cmまでのミノーをしっかりトゥイッチできて、ヒットした後はそこそこ曲がって楽しめる。」
ということにしてみました。(^^)

バスロッドからトラウトロッド、メバルロッド、エギングロッドに至るまで、ありとあらゆる6-7fのロッドを振ってみました。(^^;
そして、消去法で最後に残ったのが「SHIMANO CARDIFF XT 60L」となったのでした。(^^)
ちょっと硬過ぎたかなぁ?とも思いますが、20cmのメッキを最低ターゲットに想定してみました。(^^;
使ってみた感じは想像通りでしたが、さすがに15cmのメッキではちょっと物足りないアクションのようです。(~o~)

2008年の後半戦も、これでガンガンいきますよぉ~。(^^)
コメント (6)

腰抜けって何?

2008-09-16 23:32:25 | 今日の釣りネタ
現在メッキに愛用しているロッドは、5シーズン目となる「●●●」と言うロッドです。
これは、小型ミノーをトゥイッチするための専用モデルとして開発されたもので、メッキをやるには快適そのもの。(^^)
なんと言っても専用設計だけあって、至れり尽くせりと言うか、かゆいところに手が届くと言うか、・・・とにかくいいロッドです。

ところが、さすがに丸々4シーズン以上使い倒しているので、最近バットパワーが弱くなってきたような気がします。
このロッドに限ったことではありませんが、振り抜けが悪いというか、ロッドティップが戻ってくれないというか・・・
自分では、こんな現象を「腰が抜ける(ように感じる)」としてなんとなく認識していましたが、この現象の詳細についての知識は未だにありません。
「おそらく、長年使うことによるカーボンの繊維疲労だろう」なんて考えてましたが、本当のところはどうなんでしょう?

<後日記>
記事作成当初は本文中に具体的なロッド名を記載しておりました。
しかし、記事の読み取り様によっては「このロッドが特徴的に腰が抜ける」とも受け取ることができ、ロッドの製作者および関係各位には多大なご迷惑をおかけすることとなってしましました。
決してそのような意図がなかったことをお伝えすると共に、至らぬ表現から誤解を生じたことを心よりお詫び申し上げます。

疑問に思っておりました「腰が抜ける(ように感じる)」現象につきましては、諸先輩方より情報をいただき、下記のように整理して理解いたしました。
①一般的に「ヘタリ」や「腰抜け」と言われている現象は、ジョイントのガタツキからくる感覚的なものがほとんどである。
②ロッドを使用すればジョイント部分は必ず磨耗するので、定期的なメンテナンスが必要となる。
③このメンテナンスを怠ると、ジョイントのガタツキが早く進行してしまう可能性がある。
④ロッドを長く使用することで、カーボン繊維の微細な断裂があったとしても、人間の感覚で判断できるほど柔らかくなることはない。

以上のように理解したことをご案内するとともに、記事内容が特定のロッド性能によるものでないことを明言いたします。
あらためて、ご迷惑をおかけいたしました方々にお詫び申し上げます。m(_ _)m
コメント (5)

奇跡の生還

2008-09-14 09:39:41 | 今日の釣りネタ
スロープでメッキを狙っていると、ルアーの後方から水面を裂くような三角波が襲ってくることがあります。
・・・そう、これダツの攻撃です。(^^;
ヤツの歯はとんでもなく鋭くて、あの長い口にこれでもかってくらい並んでます。
しかも、釣れるとローリングするので、あの口ばしにラインが絡まることがほとんど。
フックだけを咥えたはずなのに、ブレイクされてしまうこともしばしばです。(T_T)

今回もそんな感じで、うまくルアーがぶら下がっていることを確認してから取り込んだのに、足元まで寄せたら突然ローリング。
「やめてくれぇ~!」
思わず声が出ましたが、時すでに遅し。
巻きついたラインが歯に触れてフッと軽くなってしまいました。(T_T)
「俺のルアー返せぇ~!」
と言っても、釣られたダツが聞いてくれるわけがありません。(^^;
ルアーをぶら下げたダツは、ピョンピョンとジャンプしながら猛スピードでスロープを戻って行きました。(T_T)

しかし!
ここでとんでもない奇跡が起こりました。(@@;
5mほど逃げたダツが、スロープの先の水面でバシャバシャと暴れて動かなくなりました。???
「掛かり所が悪くて失血死でもしたかな?」
よく見ると、私のルアーをぶら下げたままビニールゴミに突っ込んだらしく、しっかりフッキングして身動き取れなくなってます。(~o~)
慌てて別のルアーを付けて、ビニールゴミごとダツを回収・・・いや、ルアーを回収。(^^;
持っていかれたはずのルアーが奇跡の生還を果たしのでした。(~o~)
 だいぶでかくなってきたので、これからが大変です。(T_T)
コメント (6)

0913 ロウニンDAY

2008-09-14 08:24:35 | 2008今日のメッキ

0913 せっかくの連休ですが、後半に台風の影響がありそうなので、とりあえず連休初日に出撃してみました。(^^)
例年より1ヶ月ほど遅れてスタートした今年の房総メッキですが、10cm↓がいるかと思えば20cm↑も出始め、なんとも狙いを絞りづらい状況です。
20cm↑が釣れ始めたと言うことは、そろそろ港外への「お出かけ」も始まってしまうかもしれません。
ポイントが絞りづらい時期は、自然と探し歩く距離が長くなって、メチャメチャ疲れるんですよねぇ~。(~o~)

09:00 朝起きて潮も見ずに出撃したら、ド干潮に到着してしまいました。
こんな時はどうせ釣れないので、気になるポイントのボトム形状やストラクチャーを視察です。(^^;
これをやっておくと意外な発見があったりして、釣れた理由が納得できたり、後々ムフフな釣果につながったりします。(^^)
気になるポイントを3ヶ所ほど確認して、10:00頃まずはマイクロメッキの本命ポイントからスタートです。
いないことはないんですが、2-3匹の群れがストラクチャーに着いている感じで、なかなか本気チェイスしてくれません。
「一撃必殺」のつもりで細かいストラクチャーを叩き流して、午前中の釣果はマイクロ君12匹、・・・まずまずってとこです。(^^;
  相変わらずこのサイズがいます。(^^;
 知らないうちにこっちの方が大きくなってたりして。(~o~)
 こんなのも釣れました。イケカツオ。・・・ちいせぇ~。(^^;

ポイントを移動してスロープ中心に流してみますが、潮位が足りないのかまだ群れがスロープを意識していないようです。
しかたなく港内のヘチをネチネチと釣り歩くと、足元から意外といい群れが飛び出してきます。
・・・が、これはほとんどが15cm級のロウニンの群れで、こいつはメッキの中でもかなり手強い相手です。
とにかく動きが早くてルアーの周りをヒラヒラとチェイスしますが、憎らしいほどルアーを見切ってくれます。(^^;
「あっ!」「うっ!」「食えぇ~っ!」「こんちきしょー!」・・・まぁ、これはこれで楽しいんですが。(~o~)
 このくらいのロウニンはメッキの中でも最も手強い相手です。(^^)
 一匹ずつリリースすると釣れなくなります。これがおすすめ。
港内のヘチを釣り歩くとスロープよりはるかに長くなるので、なんだかんだでこのサイズのロウニンを15匹追加でした。(^^)
ここで、・・・???
本日の釣果は一番上画像のマイクロギンガメ一匹を除いてぜ~んぶロウニン、26/27ってのはちょっとしびれます。
これがどういう意味か・・・メッキをやっている方ならなんとなく想像つくと思いますが、どうやら「お出かけ」が始まったようです。
これが始まると群れをさがすのが一気に難しくなってしまいます。(T_T)
一ヶ月遅れて始まったとはいえ、もう9月中旬なので順当といえば順当かもしれません。
今後は港外も探し歩かなければなりませんが、とりあえず今日は港内にロウニンがいるので、これに専念しちゃいまーす。(~o~)

15:00になるとスロープにもいい感じで潮がかぶり始め、ブレイクラインの真上で派手なバイトをしてくれます。(^^)
相変わらず、どのポイントもロウニンの群ればかりで良型のギンガメには出会えません。
この時期の20cm↑はほぼギンガメなので、今日の釣果は全部20cm↓ってことになります。(^^;
途中、ロウニンの群れの中からグッドサイズのカスミが出てくれましたが、ここまでのロウニン比率は34/36、なんとも驚きです。
 19cmのカスミアジ。これ、20cm↑のギンガメより引くんです。(^^)

いくつかポイントを流してラストスパートするつもりでしたが、・・・
なんと、祭礼中のエリアに突っ込んでしまい、そこらじゅうお御輿だらけ。(@@;
前後をお御輿に挟まれ身動き取れなくなって、期待のゴールデンタイムにロッドを振れません。(><)
ようやくの思いで祭礼エリアを抜け出しましたが、日没までにあと一ヶ所回れるかどうかの時間しかありません。(T_T)
一発勝負でトワイライトメッキポイントに移動しましたが、・・・
本日は、トワイライトパーティーの開催はなかったようで、そのまま日没ゲームセット。(T_T)
なんとも尻すぼみな終わり方でしたが、今回はそれぞれのポイントに対応してそれなりに結果が出せたので、満足できたってことにしましょー。(~o~)

<残業>
メッキが終われば当然アジングでしょ。(^^;
ってことで、18:30から近くのポイントでアジングをスタートしました。
・・・が、今日は月が大きいのと、潮の下げが早いのとで、なんとも釣りにくい環境です。
案の定、そこそこの潮位がある時間帯だけポツポツあたって、20:00にはもう無反応。
サイズもまちまち16-17cmから25cm↑まで、6つ取るのが精一杯でした。
でも、釣れたアジはどれも体高があって見るからに美味そうな金アジばかり。(^^)
そろそろ、本格的にアジングを始める時期になってきたようです。(^^)

コメント (7)

60,000アクセスのキリ番やりまーす。

2008-09-08 01:16:55 | 今日のネタ
いつもご覧いただく方々、またコメントをいただく皆様、ありがとうございます。m(_ _)m
前回のキリ番がキャリーオーバーとなったので、60,000アクセスでキリ番プレゼント実施いたしまーす。(^^)
カウンター60,000を踏んでいただいた方は、この記事にコメントください。
ささやかですが、「ルアーグッズ豪華?10点セット」を用意してありますので、お送りさせていただきます。
私が使いきれないモノばかりですが、「要らんものの押し付け」と言わず、もらってやってください。(~o~)
皆様、キリ番ゲットに振るってご参加ください。
コメント (12)